スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のランドはとってもラブリー

4/30(土)9時半頃

「明日は連休中日だから早起きして行かないと
と意気込んで寝たはずが、やっぱり我が家の朝はこんな時間
売店でおにぎりやジュース、そしてママ的に忘れちゃいけない酔い止め薬などを買って。
(ちなみに売店は朝8時から回転していて、品揃えもしっかり準備OKでした
お部屋でテキトーに腹ごしらえしたら、チェックアウト。
チェックインの時、「それにしてもちっちゃいチェックインカウンターだな~」と思ったら、チェックインとアウトは別カウンターなんですね
ああそういえばこのチェックアウトカウンター、見覚えあるわ~♫ 前に泊まった時、ここで「今日は駐車場空いてるので、閉園まで泊めておいても大丈夫ですよ」と言ってもらえて、「さすがオフィシャル!」と驚いた記憶が。今は昔ね~
ともあれ懐かしのカウンターでチェックアウトが終わったら、さあ今日はランドへゴーです

DSC_1914[1]_convert_20160502150529

誘導され停車したランド駐車場は、うお~~~入園口が遠い~~~~~
すぐ横はもうオフィシャルホテル群です さすがGWの、しかも中日のこんな時間に来ると、こんな端っこになっちゃうのね

DSC_1915[1]_convert_20160502150616

てくてくと歩いて10時頃入園すると、わあ春のランドってこんなお花畑なんだ~~
「TDRは植栽もすごい」という話はよく聞くのですが、夏TDR専門でイマイチ実感がなかった我が家。
春に来て、やっとそれを体感できました。入園した途端ディズニーアニメの世界に入ったような、かわいらし~雰囲気になってます

さて我が家の入園1発目FPは、スペースマウンテン
「乗りたい」「近い」「すぐ次のFPを取れる」「でもSBで乗るとけっこう並ぶ」
ということで、即座に
ちなみに、他に狙っていたアトラクその1・ビッグサンダーは「スペマンの後でもFP残ってる」、その2・バズは「夜になったらたぶん空く」ということで、後回し。
スペースマウンテンのFPは、10時半頃で11:55~12:55でした。
SBは90分とけっこう混んでるのに、いつもながらここのFPの進み具合の遅さには癒されます 多分、バズやプーさんといった子供向けアトラクじゃなく、体力ある若い人向けアトラクなので、並んで乗っちゃう層が多いんでしょうね。シーにおけるレイジングみたいな(?)

DSC_1918[1]_convert_20160502151706

無事FPも取れて、さてじゃあ何に乗ってようかな?
通りすがりのスターツアーズで待ち時間を見ると、ほ~SB20分。連休中日なわりには意外と大したことない待ち時間な上に、乗り終わってくるとたぶんスペマンFPにちょうどいい時間だ。
これが大好きな男衆も、「20分なら色々中見れるからサイコー あんまり空いてるとすぐ乗り場に着いちゃって逆につまんないんだよね」と、スターツアーズファンならではのコメントを発し、SBへ。
車酔いするママはこのアトラク、念のためやめときます 一応酔い止め薬持参とはいえ、この後にスペマンが控えてる事を思うとね~

DSC_1917[1]_convert_20160502151554

待ってる間お散歩してたら、通りすがりのポップコーン屋さんでR2D2ポップコーンを売ってて、おおこれね♫
発売当初、「何時間待ち」とか「数日で完売」とかすごいニュースばかりが飛び込んできて、「たかがポップコーンになぜそこまで」と呆れるママを尻目に、「だってR2D2だよ。気持ちはわかるよ」「Uも欲しい!!」と、なにげに欲しがってたKK&U。
通りかかったR2D2しょうゆバター味(だったかな?)は、さすがにその頃よりは落ち着いた感じでしたが、それでもママを呆れさせるのに十分な行列の長さ
「ポップコーンごときにこれほど行列する人の気がしれない」とか思いながら尚もお散歩していると、行く手に今度はキャラメル味のR2D2。
こちらは1列に長く伸びてるしょうゆバターと違って、うねうね折りたたまれてる列。見た目が短かったのでうっかり並んでしまいましたが、その後キャストさんが「ただいま20分待ちになりま~す」と言っててガクゼンとしました まったく、ポップコーンごときにこれほど並ぶ人の気がしれません
けれど思ったよりスパスパと列は進み、たぶんSB10もないくらいで無事ゲット
スターツアーズから戻ってきたKK&Uが「あっR2D2買ったんだ!!」「キャラメル味食べたかった!!」と口々に満足してるのを見たら、並ぶ人の気も知れました
(ちなみに今回はKKがスパイになったそうで わ~それは見たかった!)

DSC_1919[1]_convert_20160502151738

スペマンFPにはまだちょっと時間があるので、シンデレラ城あたりをお散歩。
わ~ここらへんもかわいらしいですね~~~
昨日みたいにガッツリ強風でもなく、陽射しは小春日和で春風涼しく。なんて中でお花畑とシンデレラ城を見ると、なんだか「ディズニーランド」っていうイメージそのものな感じ♫

DSC_1920[1]_convert_20160526102716

ちなみにこの映し方はKKに教えてもらいました
「こうやると、花の中にシンデレラ城が建ってるように見えるんだよ」ということで。
へ~と感心したら「ネットでは有名な手法だよ」とのこと

DSC_1924[1]_convert_20160502152020

後ろにはグミ屋さん。
とは言わないな でもまあグミを売っていて。
「あっそういえばシーでグミ買おうと思ってたのに忘れてた」とここのお店見て思い出したママ。シーのグミケースが妙に好みでね~♫

DSC_1921[1]_convert_20160502151916

しかしランドのグミケースは、ミッキーミニーのイースターエッグ型。
ありゃあ可愛すぎてママの好みとは全然違うけど、グミ好き男衆が「何買ってんの?えグミ?やった~」と食いつきがよかったのでよしとしましょう

DSC_1923[1]_convert_20160502152001

買うと、そっけない袋に収まったグミ&ケースを「自分で入れてね」って感じで渡されて拍子抜けなのですが(「このグミ絶対100円くらいだよね」@KK)。
これをケースに入れるのに「ママ下手、貸して」とひと騒ぎしたり、歩きながらポイポイ食べられたり、わりとおいしかったり、ミッキー柄の当たりが出たり(「このミッキーで+200だよね」@KK)と、予想外に楽しめた上に、帰ってきてからも予想外に重宝されていて(R2D2のバケットなんか放置状態なのに
今もKK&Uがポイフルとか買ってきては、ケースに入れて食べてます、ランド気分で♫

DSC_1922[1]_convert_20160502151941

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーのラストはラストフライトで

4/29(金・祝)19時頃

アトラク乗り放題を期待してやってきたマーメイドラグーン。
外が夜風で凍えるレベルだったので、中に入るとそのあったかさに思わずほっとします。耳にすると「うわ~来たんだ~♫」とざわっと来るアンダーザシーの音楽の中で、色とりどりの光が動いているラグーンの眺めも、懐かしさひとしお

しかし肝心のアトラクは、時間がまだ早かったのか、ファンタズミック中止で人がアトラクにバラけているのか、フグやクラゲはまだ30分
いつもなら同じくらい混んでるフィッシュコースターだけは15分でしたが、そうでしょうこの寒空ですもの
「久しぶりに乗りたい!」ということで寒空の下、男衆は乗りに行き、その間ママはトイレへ。
トイレにはキャストさんがいて、「こちらシーで一番多いトイレになりま~す」とご案内しながら列を捌いてました。さすがGW、トイレ行列にキャストさんがいる光景は初めてでした
にしてもマーメイドラグーンのトイレって、いつもわりと混んでる印象があったので、シーで一番多いのがここだとは、意外でした。

30分待ってまで他のアトラクに乗る気はしないので、フィッシュコースターだけ乗ったらマーメイドラグーンはおさらば
お隣アラビアで、これまたお久しぶりの回転木馬に乗り込みます。

DSC_1885[1]_convert_20160502145015

Uがここのジーニーではなく、なぜかグリフィン(という、鳥と四足が混ざったようなモンスター)をいたくお気に入りで。
待ってる間は数匹いるグリフィンの場所をチェックして、いかに速やかにゲットするか、念入りに作戦を練っていました
ちなみにSBは10分で、待ってる人もさほどいず。Uも無事グリフィンゲット(というか、そもそもグリフィンに執着する子がそんなにいないような
ここのドンシャラランとしたアラビア音楽、ママ的には「どっか気味悪~い」と思えるのですが同時にやっぱり「シーにいるんだな~」とも感じるBGMではありますね~♫

時刻は20時。
4人で「1杯のかけそば」ならぬ「1本の餃子ドッグ」をしたとはいえ、そろそろ小腹が減ってきた我が家。
どうせヒマだしということで、近くのカレー屋さんへ。
我が家決してアラビアに入り浸ってるわけじゃないのに、席が多いせいかカレーというメニューが無難なせいか、なぜか高確率でここで食べてる気がするお店です(お助けアトラク・シンドバッドのせいもあるかも
この時も、夕飯のピークからちょっと過ぎた時間なせいか、早くもレジもテーブルも空き空き。シーにはこういう便利な大型レストランが各ポートに必ず1個あって、ほんとに助かります。
パパは3種のカレー、ママはチキンの辛口、KK&Uはチキンの甘口を。
それぞれにおいしかったです。ちなみにチキンの甘口と辛口とでは、もう別物のカレーってくらい、味が違ってびっくり

DSC_1890[1]_convert_20160502145117

食べ終わって、時刻はそろそろ21時。
行くあてもなくさまよい「センターはどうだろう?」とミステリアスアイランドに行ってみると、うわあまだ80分待ち
普段ならこの時間、とっくに5分待ちになってそうな2万マイルも15分待ちで、さすがGW
「でもここならSBルートも、センターみたいにネモ船長の研究グッズが見れていいかも」
というわけで2万マイルに並ぶことにしました。21時半~のFPは用無しに

しかしSB15分だと、ネモ船長の研究ルートまでは伸びていないんですね 何もない通路を微妙に長く並んだだけで乗り場へ行ってしまったのは残念でした
いつもは、パパKKがセンターあたりに乗ってる間、Uと一緒に真ん中席に乗ってるか、KK&Uが真ん中席に乗ってあれこれ反応するのを微笑ましく眺めるかの2万マイルですが、今回は15分並んだこともあり(?)「どんなアトラクだったっけ?」と、左側席にパパと並んでわりと真剣に見てたら、意外と面白いアトラクであることに気づき
左側をこんなに真剣に見たことがなかったので(そしてそんなに真剣に見る必要もなし)初めて見るような造形物がたっくさんあり、「けっこう色々作りこんであるんだね~」「先頭しか見たことなかったけど、脇の席も面白いんだな」と、親も新鮮な気分で楽しめました。

出てくると21時半、2万マイルのSBも既に5分待ち。FPは完璧に不要でした
「そういえばマジックランプも久しく乗ってない」
ということで、再びアラビアへ。
マジックランプは25分。待てない時間ではないので並びますが、ここでKKが公式見ながら
「今ならストームライダーが待ち15分。時間も短いし、マジラン見て1日が終わるより、どうせなら最後にストーム乗って終わりたい」と。
ストームライダー・ラストフライトなら全員異議なしということで、途中で列を抜け、ポートディスカバリーへ。
(パパママ年寄りチーム的には「帰り道にも近いしな」という体力なしな理由も加わり
我が家的には、これで最後最後と言い続けてたぶん3回目くらいのしかし本当にこれで最後の、ストームライダーです。

DSC_1895[1]_convert_20160502145349
その割には、何を撮りたかったんだかって写真がラストで残念ですが
一応「THE CENTER FOR WEATHER CONTROL」の文字を焼き付けとこうとしたんだと思います、見えないけど

本日最終フライト(か、その1個前)だったせいか、我が家同様「乗り納め」な人も多かったみたいで。
「こちらストームライダー2、キャプテンデイビス、オーバー。じゃあな」
と最後にデイビスがキメた後は、船内に沸き起こる大拍手
花道を皆で拍手で送れて、よかったな~~

DSC_1897[1]_convert_20160502145415

さてではホテルに戻りましょうか。

DSC_1898[1]_convert_20160502145435

昼間のうちは時間に追われて、あまりじっくり見れなかった15周年船。
夜はひときわキレイですね~~~~~
色が変わるたびに雰囲気も変わるので、4人各々見飽きることなく、船の周囲をあちこち移動しては、しばらく眺めていました。

DSC_1900[1]_convert_20160502145544

リゾートラーナーでは、久しぶりに1列目に乗って。

DSC_1902[1]_convert_20160502145644

オークラの場合は、歩いた方が早いかもしれないミッキーバスにも乗って。
(「だって来たら一度は乗りたいじゃん」@KK&U)

DSC_1905[1]_convert_20160502145808

22時半頃、ホテル到着。
この時間は夜食バイキングをしているレストランの、ちょっと横の方では、「そこまでがっつり食べたくない」「が、部屋でお酒&軽食程度を楽しみたい」向けに、こんなバーカウンターが出てます。
飲み物とともに、焼きそばやカツサンドなどが若干。

DSC_1908[1]_convert_20160502145855

「梅酒ソーダ」の文字を見たとたん、お部屋でいっぱいやりたくなったママ
基本下戸なのですが、「ホテルの部屋で、楽しい1日を反芻しながら1杯」の図を思うと、非日常的幸せ気分がより高まる気がして
パパも同じくなのですが、値段表を見て「ビールたっけーーーー これなら部屋の缶ビール飲む方がまだ安いだろう」
「お部屋備え付けの飲料=バカ高」としか思ってなかったママは、「ええ~~冷蔵庫の中の飲んじゃうの~ 贅沢~~~!!」

DSC_1907[1]_convert_20160502145832

そして部屋に戻ってきたら、パパの言うとおり、缶ビール500円(だったかな600円だったかな?)、そして缶の氷結は300円台でした。しまったこっちでもよかったな
とはいえ、梅酒ソーダおいしかったし、バーテンダーさんに作ってもらうのがまた非日常という感じがして、よかったです
水平線の向こうに浮かぶトーキョーシティの灯を眺めながら、乾杯

DSC_1909[1]_convert_20160502145937

枕元には折り紙が。オークラベイはイルカなのね
泡風呂にも入ったら、さて明日は連休中日のランド! 早起きしなきゃだよ~おやすみなさ~い

DSC_1913[1]_convert_20160502150501

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シー再入園

4/29(金・祝)17時すぎ。

シー再入園すべく、ホテルを出ます。
「ミッキーバスを待つより、歩いてった方が早いだろう」
ということで、目の前のリゾートゲートウエイ駅まで歩いてったのですが、いやこれがほんとに早くて!
いつもシェラトンの、けっこう長いぐねぐね坂を歩くのに慣れていたため、坂のない直線道路だとこんなに近くてラクなのかと♫

DSC_1863[1]_convert_20160502141654

駅から見たシェラトン、アネックス棟がかなりできつつあって、一同「おお~」と。
「けっこうでかいね」「あれっバルコニーなくない!?」「その分安いのかな?」「部屋の広さは同じくらいっぽいな」
等、口々に見たままを語り合います。

DSC_1864[1]_convert_20160502141720

リゾートライナーは、車両ごとに「ウイッシュ」が違うらしく。
ふ~ん赤は愛なのね。ってこれ絶対ミニーちゃんでしょ
クリスタルウイッシュ、今回は下調べもなく見たこともなくなので、「なんかミシカっぽい役割分担があるらしい」くらいしか知らないのです

基本ショーには関心ない我が家ですが、今回全てのショーが強風キャンセルだったことで、「我が家にはなくてもいいが、パークにはあった方がいい」と、逆にショーの存在感を再認識しました(まあショーに限らず、自分に不要と思える存在の全てがそういうもんかもしれませんが
今日みたいに昼も、とりわけ夜もショーをやってないって、たまにしか来ない我が家には異例なことで、「ハーバーショーを何もやってないと、妙にしーんとしてて侘しいな」と。
なんかこうパークの特別感、祝祭感が目減りしちゃうんですよね。ブラヴィッシーモ強風ver.もかなり侘しかったけどそれでもやってないよりは華やかでした。

DSC_1865[1]_convert_20160502141824

再入園すると、時刻は17時半すぎ。
レイジングとセンターのFPが、ともに17時半~18時半くらいの時間帯なので、ほぼ連続乗りになります。
しかし老体ママに「連続乗り」は「無茶」の響き
まレイジングの後が1回落ちるだけのセンターなら大丈夫だとは思うけど、念のため無茶はやめときましょうかねえ
(「なんでさっき売店で酔い止め買わなかったの」@KK←あっその手があったか
センターはママも乗る気まんまんなので、ミステリアスアイランドまで一緒に行って、んじゃママここで待ってるねいってらっしゃ~い

DSC_1867[1]_convert_20160502141847

さて男衆が戻ってくるまで、何してようかな。
通りすがりの2万マイルが、まだFP発券しているのに「さすがGW!」と驚いて、とりあえず取っときます。
2万マイルの場合、同じ「まだFP発券してるんだ~!」でも、トイマニやセンターとは意味が真逆になるのが面白いところ

DSC_1869[1]_convert_20160502141926

あっそういやここらへんに餃子のお店があったよね
ちらっと見ただけでもいい雰囲気で気に入ったんだけど、夏だったんで暑くてやめたお店。あそこでお茶でもしてようかな~♫

DSC_1872[1]_convert_20160502142120

と洞窟への階段降りてやってきたのは、ノーチラスギャレー。
薄暗くて、ミステリアスアイランドならではの無機質なロマン漂う空間が、なんともツボです
ここって餃子のお店だと思ってたら、今は餃子ドッグのお店になってたんですね こっちで買う方が空いてそう。
この時も空き空きで、「非常食用に買っておこう」と餃子ドッグ1本(うちは誰かしら突然「おなかすいた~」と言い出すので油断ならないのです)、そしてコーヒーでも・・・と思ったら、あらっマスカット味のアルコール!?へ~おいしそ~~
シーのカクテルメニューは毎回楽しみなママ♫ ですが基本下戸なので、「買いに行かなきゃ」というほどでもなく、「通りすがりにおいしそうなカクテルが売ってたら飲んでみたい」程度。
今回はまさにそのパターンで、もちろん飲んでみました
味は期待通り、おいしかったです♫ ぶどう&ライチ味のサワーという感じで、下戸でもくいくいイケちゃう軽さ ただ夕方になっていよいよ強風が冷たくなり、氷入りのドリンクを飲むには寒かったのだけが残念でした

やがてスマホに連絡が来て、18時半前、地上で合流。
お待ちかねの、センター夜ver.です
夜景というより夕景でしたが、ちょうどシーに灯がともり始める、これまた素敵な時間帯。
上空から一瞬見渡すハーバーは、やっぱりキレイでした~~~ 願わくば今度できるソアリンで、シーの上空飛んでくれないかしら

センター乗り終わると、時刻は19時頃。
「そろそろフグやクラゲも空き始めてるんじゃないか?」
ということで、今回初めて足を踏み入れる気がするマーメイドラグーンへ。
宮殿の建物、リニューアルしてたんですね 夜のライトアップが思いがけずキレイで、4人並んでぱしゃぱしゃ撮影しまくりました
(そのわりにこんな写真でスミマセン

DSC_1877[1]_convert_20160502142300

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

今回のホテルは久々の

4/29(金・祝)14時半

TDSから、車でホテルへ向かいます。
本日のお宿は、我が家の定番シェラトンではなく、こちら!

DSC_1862[1]_convert_20160502141630
到着した時写真を撮り忘れたのでこちらは再入園時のリゾートライン駅から。
お隣のベイNK跡地は、すっかり更地になったんですね~

シェラトンのお隣にちっちゃく佇んでる(ように見える)ホテルオークラ東京ベイです。
ここはかつて1度だけ、まだUが生まれてない頃に泊まったことがあります。
お部屋をアップグレードしてくれたこともあり、設備や雰囲気ともに「いいホテルだな~。機会があればまた泊まりたい」と好印象だったホテルでした。

んが! オークラって高いんですよね
お隣シェラトンの方が常に安い上、子供向け設備が色々揃ってるので、小さい子連れ連泊には何かと安心な気がして、常にそっちに泊まってるうち、いつしか我が家では「TDRならシェラトン」が家訓になってしまいオークラはそれ以来すっかりご無沙汰。
春のオフィシャルは夏以上にバカ高値で、今回のオークラも、これが夏TDRみたいに3泊だったらまず泊まらないという値段だったのですが
「まあ1泊だし、KK&Uも大きくなったし、こんな時こそお試しでオークラもいいんじゃない?今回はシェラトンもバカ高だし、その差額も3000円くらいだし」
というわけで、およそ10年以上ぶりのオークラ泊が決定したのでした
(その直後シェラトンが差額6000円まで落としてきた時は悩みましたが結局変更はせず。ほんとシェラトンは出発直前までコロコロ値段を変えるので油断できません

車は順調にイルカの門へ。
「巨大ホテル2つに挟まれたプチホテル」
という印象のオークラですが、近づくとイルカの門が見上げるほどでっかくて、意外と圧倒されます。「広いスロープをうねうね~と上っていくとホテル玄関」という開放感ある作りのシェラトンはまた違った、ちょっとゴージャスかつ独特の格調高さが。
そこからちょっとまっすぐ行くともう玄関。到着と同時にドアマンがさっと現れて、速やかに荷物を下ろしてくれます。TDRくらいしかお泊まり旅行しない我が家的には、こういう場面でも「ああTDRに来たんだな~」と

パパは駐車場へ車を置きに行き、ママKKUはチェックインへに。
フロントの写真は、またまた撮り忘れちゃったのですが、なんか「記憶にあるとおり」という感じでした。
玄関から迎え撃つように正面にフロントがあって、シェラトンとかと比べたらカウンターもロビーも格段にちっちゃくこざっぱりしてるのですが、「狭苦しい」とか「無機質」というのとは全然違う、「あ、なんか素敵~♫」と、ぱっと見で思うような、そんな感じ。
(ちなみにKKは覚えていないそう。まあ3~4歳くらいだったしね~

チェックインしてるとフロントの人が、おもむろに部屋の写真パネルを取り出しながら、「今回ご予約はこちらのお部屋ですが、+6000円でこちらの「デラックスジュニアスイート」に変更できます」
あっこの部屋、まさにあの時アップグレードしてくれた部屋だ!もっともあの頃は「デラックス」なんて自称してなかったし、差額もなかったけど!(←) わあ懐かしいな~~~
「この部屋だよ~KK覚えてる?」「覚えてないけど、良さそうな部屋じゃん」「うん良かったよ~。入った瞬間感動したもん♫」
などとひとしきり盛り上がり、「・・・しちゃう?
まあ思い出の部屋だし、3泊なら無理だけど1泊だしね~。うまいことTDRの魔手に落ちてる気もするけどいっか~変更しちゃえ
(もっとも貧民としては「1室ですよね。1人6000円じゃないですよね」と念押しするのだけは忘れませんでしたがハズカシ~)

そうそうチェックインの際、ワンハーモニー特典のドリンク券もついてきました。
AM11時~PM11時の間(だったかな?)1階のレストランでお好きなドリンク1杯どうぞという券ですが、ありがたいことに有効期限なし! これは大事に取っといて、夏にでもタダ飲みしに来ようかな(←こういうとこが貧民

やがてパパも合流。
「ここの駐車場いいわ~近くて」とのことでした。こじんまりホテルならではのメリットですね
(こじんまりと言っても客室数427なので、そこまでちっちゃいわけじゃないのですが)
これまたこじんまりしたロビーで、しばしソファに座ってベルさん待ち。
時刻は15時ですが、チェックインに来る人もあまりいず、静か~な感じのロビーでした。白が基調なところに、中庭に面しているので陽光で明るく、なんとも穏やかで落ち着いたひととき。

やがて現れたベルボーイさんに案内され、8階へ。
エレベーターを降りてからは右折し左折しと、け、けっこう歩くのね
けどそういや客室数500のミラコスタだって、遠い部屋はけっこう遠いもんなあ。オークラはお隣が客室数800の巨大シェラトンだから、必要以上にこじんまりと感じちゃうだけなのよね。
「それにしてもまだか?」と思い始めた頃、ようやくお部屋到着。
さあ思い出の部屋、あの時の感動よ再び

DSC_1852[1]_convert_20160502141312

あれっ?
写真が酷くて実際よりも雑然とした部屋に見えてる気がしますがこんなに酷くはないです ただ第一印象はパパママともに「あれっ?」でした
あれっこんなに狭かったっけ?あの時はすごい広くて素敵に感じたんだけど。
そう、あの時はパパママ&幼稚園児KK添い寝だったので、ソファセット置いたスペースが素敵にゆったりと、贅沢空間として感じられたのです。
が、4人家族となった現在、そこには3台目のベッドがどーん。すっかりでかくなった子供たちもどーんどん。
おかげで今や、狭い部屋に無理やりソファ&テーブル&人間を詰め込みましたみたいな、なんともせせこましい部屋になってしまったのでした うむ~これが家族の歴史というものかねえ

DSC_1859[1]_convert_20160502141554

ちなみにこの部屋には、ごく小スペースですがバルコニー(というかベランダ)がついていて、風に吹かれながら海を直に眺めることができます。
前に泊まった部屋にはなかったような気がします。というかそもそも、オフィシャルでバルコニーがあるのは、シェラトンとクラブリゾートだけかと思ってました

DSC_1857[1]_convert_20160502141534

部屋はソファセットそのまま入れてあるのでキツキツですが、その分椅子が多くて、座るところやちょっと物を置くところなんかに不自由しなかったのはグーでした
ホテルによっては、4人だとけっこう椅子が足りなくなるパターン多いんですよね。収納も2箇所あってよかったです。

ところでオークラベイのウリと言えば、大理石のバスルーム
どれどれさっそく見てみましょう

DSC_1853[1]_convert_20160502141340

ドレッシングルームつきなのがなんとも素敵 これはジュニアスイートだからなのかな?
ミラー横にはシャンプー類のミニボトルと、わ~~これこれ!小皿に散りばめたアロマのチップ
「こんなの置くなんて、素敵~~~」と、前泊まった時一番感動したのがこれだったのよね。変わらずあって嬉しいわ~~♫

DSC_1854[1]_convert_20160502141359

アメニティも各種揃ってます。
このオークラのポーチも、「わあまだ健在だった~」と嬉しい一品。もちろんさっきのシャンプーボトル初め、ここらへんの化粧水とかぱんぱんに膨らむまで詰め込んでお持ち帰りさせて頂きました(←ここらへんが貧(ry
シャンプー類、前は確かミラショーンで、オッシャレ~と思ったけど、変わったのね。

DSC_1861[1]_convert_20160502141442

バスタブにはブラインドがついていて、オープンにすると「寝そべるあなたと海を眺めながら素敵なバスタイム」になります。
が、そこを通過しきった4人家族だと、見える景色は単なる汚部屋

DSC_1856[1]_convert_20160502141420

ちなみにこのブラインドはUが気に入って、「ストームライダー発進!」と言いながら上げ下げしてました。とことん色気とか無縁な我が家です
湯船につかりながら音楽も聴けるそうで、これはパパKKが「おお~♫」と楽しみにしてましたが、いざお風呂に入る時には忘れてました
シャンプー・コンディショナー・ボディソープは資生堂。
「資生堂アロマなんちゃら」というシリーズみたいなのですが、これが香りはもちろん、洗い上がりがしっとりして、「さすがいいもん使ってるな~」と。
「1分でお湯がたまります!」とベルボーイさんが豪語していたバスタブのふちには、バスジェルも人数分。
この泡風呂もオークラ宿泊の楽しみの一つです♫ 家でやると、お湯につかりながらばっしゃばっしゃかき回して、さながら草津温泉のお湯もみのごとしなのですが(そこまでして家で泡風呂するか)こちらはほんとに1分でお湯がたまるくらい水圧が強いので、あっという間に泡風呂完成 やっぱり泡風呂っていうのはこれが正しい姿よね

DSC_1860[1]_convert_20160502141505

ドリンクカウンターには緑茶と紅茶のティーバックがあり、紅茶用の砂糖や煎茶はホテルオリジナル、ティーカップはノリタケでした。
う~む資生堂といい、国産で固めるあたりがやっぱり「オークラ」って感じするなあ。ジャパニーズプライド(?)。
と思えば紅茶だけはロンドン・アーマッド。しかしこれまた「紅茶といえばイギリスだろう」という古い時代の日本人的価値観みたいなもんが現れてるようで、オークラらしい気が。
どうもママ、地元が大倉喜八郎出身地なせいか、その血縁であるオークラは、こういう「おっとりした頑固さ」もなんか好ましく、肩入れしたくなっちゃいます

しばしお茶を飲み、海風に吹かれと、リラックスタイムを過ごしたら、あっそうだ今のうちに売店行って、食料買い込んでおこうかな。
売店は、レストランやフロントともに1階にあります。
いや~やっぱり(シェラトンと比べて)小さいホテルはラクです歩く距離が少なくて。もうすぐそこに売店がって感じなんですもん♫
ここはほんとに「売店」、それも広さや見た目、雰囲気等々「病院の売店」そのものです。
「オークラにはコンビニがない」というクチコミを見ましたが、ここに来れば医薬品含め、一通りは揃ってるのでとりあえずご安心
「パンやおにぎりといった軽食がない」という声もありましたが、16時頃だと、おにぎり各種やヤマザキみたいな市販のパンが、お菓子やカップヌードルとともに、トレイ2つ分くらいは並んでました(値段もコンビニ価格)。けどこの量だと確かに、閉園後は厳しいでしょうね
ちなみにレストラン前のベーカリーコーナーでは、ホテルメイドのパン等も売ってるのですが、私が見た16時頃にはカレーパンが残っているのみでした 
飲み物も普通に。ただしアルコールはクチコミどおりありません それ以外のソフトドリンクならたぶん不自由はしないかと。

とりあえず夜食用におにぎりやジュース等買い込み、部屋に戻ったら、あっパパ寝とる
もうそろそろFPの時間だよ~再入園しよ~~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ミラコスタのランチブッフェ

4/29(金・祝)12時頃。

意味なく文明国イタリアにやってきた、奥地原住民一家
乗りたいアトラクや入りたいお店があるわけじゃありませんが、ここらへんは景色を見てるだけでいいですね♫ 「シーに来たな~~」という実感が沸いてきて

「この景色を眺めながら、しばしお茶でも
と、アイス屋さんのテーブルに座ってみますが、ここはちょうど風の通り道なのか、吹きっさらしで、さ、さむ~~~い
夏TDRの時には、たとえアイス屋さんでも暑そうに見えて座りたくなかった屋外席ですが、今日は寒くて座っていられないとは、残念だ~
「仕方ないから屋内にするか」と、ポルトフィーノ方面へ避難しますが、ちょうどお昼時とあって、レストランは外にはみ出るほどの大行列
しかしここら辺に来ると、広場なせいか寒風は若干収まったので、手近なマンマ・ビスコッティのテーブルでくつろぐことに
この強風の中、ハーバー周辺では15周年ショーを待つ人たちが座り込みを
人垣も薄いし、「まず中止だろうな」と思える状況なのですが、そこをあえて座り込んで待つ人たちの姿はなんというか、背中に「殉教」という文字が浮かび上がってそうな

DSC_1848[1]_convert_20160502140909
こちらはミラコスタから見た殉教者の方々
 
マンマの店内も行列でしたが、ここはセルフのパン屋さんにつき、比較的さくさくと列が進むので、待ち時間はさほどでもなし。
各々コーヒーやパンナコッタなど好きなのを選んで(ポートディスカバリーのミートくるみパイもあった)、春の陽射しも眩しいハーバーを眺めながらお茶タイムです♫ ああくつろぎの時~~
しかしKK&Uはくつろぎを通り越して、退屈&眠くなってきたようで、毎年恒例・真昼間の「そろそろホテル行かない?」
ええ~まだ12時半よ~。この後お昼の予約もしてあるし、食べてから行こうよ。そうすればチェックインの15時ぴったりよ。

それまでの暇つぶしにと、ここらへんのお土産屋さんをぷらぷら見て回ることに。
ここでなぜかUが「ぷーさんかわいい」病を発症!
元々物欲強い上にぬいぐるみ大好きなUではありますが、なぜにシーで突如ぷーさん病にかかるのか
「じゃあホテル行く時まで気が変わらなかったら買ってもいいよ。ただし自分のお金で
と、ちょっとクールダウンをはかり、ついでにお散歩&アトラクで更なる冷却することに。
こんな時ヒマな時、暑い時寒い時等々、思いつくアトラク№1と言えば、もちろんあそこ

DSC_1840[1]_convert_20160502140531

シンドバッドです
そういう便利な使い方をしているせいか、ママはいつしかここの人形たちを見ると、「ああ今シーにいるんだな~」とメディテレーニアンハーバーと同じくらいの実感が湧くようになってしまいました(他のアトラクだと「今センターにいるんだな~」とか「ストームに乗ってる~」という感じなのですが)
しかし今日はさすがのシンドバッドも、なんと!待ち15分
本日の我が家最長待ち時間を、よりによってシンドバッドで達成です。というか我が家のシンドバッド歴としても、SB15は初めてな気が(SB10ならわりとありましたが)。
おかげで初めて見る通路とかあって、ちょっと新鮮でした 絵がかけてある通路まで来ると「やっとここだ」と懐かしく思えたり

DSC_1842[1]_convert_20160502140631

ところでシーでは現在、15周年イベントということで、「お店で売ってるぼったくり価格の棒を近づけると、光が出たり音が出たりするようなしないような大型オブジェ」(←ママ的理解)が各ポートに設置されているのですが。
上の写真はそのための行列遠景です
私が見た限り、時間帯もあるのでしょうが、ここアラビアもその他でも、軒並みびっくりするほどの行列でした。時にはポップコーン行列と混ざってすごいことになってたり、更にはポップコーンだけでも長蛇の列だったりと、とにかくGWのTDRは行く先々で行列という印象でしたね~
(「今年のGWは空いていた」という説もありますが、たぶん「3連休×2と細切れ」「「連休中日の天気が悪かった(特に5/3~5)」「ゲストも混雑しそうな日を避けるようになった」等々のためかな~と思ってます。ネットの普及率に伴い、混雑情報の普及率も大幅にアップしたおかげで、逆に昔より混雑パターンが読めなくなってきてる気がしますね。とりあえず今年の4/29は、体感では激混みではないものの、けっこう混んでたという感じです)

シンドバッドまで来たついで、通りすがりのレイジングでFP取っといて、さてじゃあお昼にしましょう。
ちなみにレイジングは、こんな混雑日でも比較的FPの進みが遅く、13時半頃の発券でまだ17:30~18:30。SBは80分でした。
再びてくてくとイタリアまで戻ってきたら、今日のお昼はここ!

DSC_1847[1]_convert_20160502140850

オチェーアノのランチブッフェです。
最近のTDR旅行では、KK&Uが大きくなったのを幸い、PSは取らずに、食事の時間をずらしたりして適当にやってたのですが、さすがに今回はGW。PSなしではマジで食料難民の危険性が
と、すごく心配だったママ 朝晩はなんとかなるとして、せめてパークが一番混む時間帯であろう昼間だけはPS取れないものかと、出発直前まで公式予約サイトを眺めてたら、ぽつりと出てきたんですねここが。
もっともPS自体は、特にホテルレストランなら、カンナやエンパイアグリルなどを初めとして、それまでにもぽつりぽつりと出てたのですが(ちなみにパーク内は常に全滅状態で、たま~~~に出てきたのが北斎とクリスタルパレス)、我が家がシーへ行く日にシャーウッド空席とか、べッラヴィスタ出たけど時間がイマイチとかで、なかなか予約に至らず。
で、出発直前にやっと、今日はオチェーアノ・ブッフェ、明日はシャーウッドガーデンの、ちょうどいい時間のPSが取れて。
おかげで予算は微妙に跳ね上がりましたがあわよくばここでぱつぱつになるまで食べといて、夕飯はホテルでおにぎりとか安く済まそうという魂胆もあり
ともあれ久しぶりのミラコスタ、さらにはミラコスタとランドホテルのブッフェ食べ比べ、楽しみです♫ 果たして軍配はどちらに!?

DSC_1844[1]_convert_20160502140808
この子供用ランチョンマットも、久しぶりに再会して懐かしい気分♫
イタリア語なのがまた、ミラコスタ~って感じなんですよね。

受付で名前を確認されたら、席に案内される前に、「今日はショー中止ですがそれでもいいですか(意訳)」と念押し。
更には席についてからも、ドリンクメニューを持ってきたお姉さんが「今日はショー中止(ry」と再度念押し。
この厳重ぶり、なにか 「ショーのためにPS取ったのに見れないなんて~」と、たらふく食べてから騒ぐ人でも過去にいたんでしょうかね? 確かに我が家も、ブラヴィッシーモ目当てで初めてディナーコースをPSした時は、「強風バージョンだったら半額にしてほしい」と切に願ったものでしたが
しかし今回の我が家は「食料難民回避」が一大目的だったので無問題 どれどれお料理はどんなかな~? さっそくレッツゴー
(相変わらず、ヘボい写真ですみません

DSC_1845[1]_convert_20160502140831

一通り食べてみたところ、ミラコスタはやっぱりシーフードに力入れてるのかな?シーだけに。
という印象でした。特に魚介類を使った冷製がママ的にはどれもおいしく、テーブルには前菜が入ってた空のグラスがずらりと
その代わりというのか、ホットミールは我が家的にはどうもイマイチで。肉や魚とか、あんまし「わあこれなんだろ食べたい♫」という見た目でもなければ、味も決してまずいわけじゃないけど「ふ~ん」みたいな(我が家けっこう、バジルやニンニク風味のグリルとか好きな方なのですが)。
もっともホテルの、しかもこういうブッフェみたいな大量作り置き料理というのはどうしても、温かいものよりは冷たいもの、メイン系の肉や魚より前菜やデザートの方が、味も見た目もおいしくごまかせるのは、仕方ないところではありますが。
お姉さんが切り分けてくれる鯛のパイ包みは一瞬「わあ♫」でしたが、食べてみるとちょっとぐっとくる味で、お代わりはパス。なんかこう、昭和時代のバタークリームが思い出される味でねえ
個人的には、ピザやラザニア、ラビオリといった、子供ウケするイタリアンももっとあればいいのにな~と思いました。カプリチョーザに行ってくださいと言われればそれまでですが
というわけで、時にダメ出しを挟みつつも心ゆくまで食べまくり、ママ的には「珍しいお料理いっぱい食べられて良かった。特に前菜はうまし」、パパKK的には「ん~微妙」ブッフェ=「カレーやたこやき食べ放題なバイキング」であるUには「食べたいものがあんまない」(ハッシュドビーフなのがちょっと残念だったね)という感想になった、久しぶりのミラコスタランチブッフェでした。う~ん夕食代は浮かなそうかな

DSC_1849[1]_convert_20160502141002

食べ終わって外に出ると、時刻もそろそろ14時半頃。
Uの「ぷーさんかわいい病」がまだ治ってなかったのでお約束通り自分のおこづかいで買い終えたら。
さあお待ちかねのホテルに行くわよ~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。