スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じーちゃんの昭和

お前たち人間には信じられない光景を俺は見てきた
オリオン座の肩の近くで炎を上げる戦闘艦・・・
暗黒に沈むタンホイザーゲートのそばで瞬くCビーム…
そんな記憶もみな、時とともに消えてしまう
雨の中の涙のように・・・


私の父ことじーちゃんが、83歳で亡くなりました。
昭和2年1月1日生まれ(と公式ではなってますが、昔はいい加減だったらしいので実際はどうだか
昭和元年は12月最後の1週間しかないので、実質昭和の始まりとともに人生の幕が開いたようなもの。

7歳で母親を亡くし、父親との、ちょー貧乏&侘しい2人暮らしの中で見た、戦前新潟(紫雲寺)の、のどかな農村風景。
戦雲高まる中で渡った満州。その光景、生活。終戦後の混乱。
親戚に置いていかれ仲間たちと必死の思いで日本に帰り着くまでのドタバタ劇、等々・・・

じーちゃんの記憶の中にあった、これら「かつては確かにあった光景」が、じーちゃんの死とともに消滅してしまうのはもったいない!

だってあまりにも興味深い光景なんですもの。
こういう時代を、ついこないだみんなで経験したなんて、信じられない。
ついこないだ、だけどあまりにも違いすぎるからあまりにも遠くて、つい忘れてしまう時代の出来事。
けどどっか確実に地続きな光景も存在する時代の出来事。

「ブレードランナー」のレプリカントが見た光景は、レプリカントの死とともに永遠に消え去ってしまったけれど、幸いじーちゃんは、生前に思い出あれこれを書き残していました。
なので、じーちゃんが消えた今でも、その光景は蜃気楼のごとくではありますが、読むたびウッスラとよみがえります。同時に娘としては、見たことなかった若かりし頃の父親の姿もね(書き残すって大事ですね!!)

ということで(?)じーちゃんの書き残しをぽつりぽつりとアップしたいと思います。
あくまでも個人の主観たっぷりの記録ですので、史料的価値があるかどうかはギモンですが、「昭和史」にほんの少しリアルな色を足すための、画材の1つになることができたら幸いです。
(尚、タイトルは私が勝手につけたものです。また、旧仮名遣いや漢字表記は現代式に改めました)

昭和2年~15年
「俺、誕生」
「純情可憐な幼少時代」
「ハハ、シス」
・「泣き笑いビンボー暮らし~入学はしたけれど
「泣き笑いビンボー暮らし~悟り」
「泣き笑いビンボー暮らし~学用品」
「泣き笑いビンボー暮らし~学校生活」
・「小学校時代は神童!?」
・「I.C先生の思い出」
「明治男のど根性~盗電騒動」
「明治男のど根性~おカイコ様騒動1」
「明治男のど根性~おカイコ様騒動2」
「明治男のど根性~不倫騒動」
・「越後の四季」

昭和16年~20年
「高等科卒業~訓練所へ」
「満州鉱工青少年訓練所」
「満蒙開拓青少年義勇団の思い出」
「ヤマトバタラキ」
「一路満州へ」
「昭和製鋼・実教寄宿舎」
「実教寄宿舎・教習生の生活」
・「寄宿舎の思い出」
・「新入生はつらいよ」
「鞍山昭和製鋼所~鉄の都よ高炉の炎」
「昭和製鋼~頭が良くてはつとまらぬ!?」
「昭和製鋼~金と命の交換仕事」
「昭和製鋼~二き三すけ」
「悠然たり赤トンボ~鞍山の空襲1回目」
「悠然たり赤トンボ~鞍山の空襲3回目」
「徴兵検査」
「ついに赤紙!?」
昭和20年~
「ソ連軍との遭遇~時計編」
「ソ連軍との遭遇~女編」
「八路軍あらわる」
「八路軍入隊!?」
「八路軍入隊~O君の死」
「O君の死~続き」
「八路軍からバックレろ!その1」
「八路軍からバックレろ!その2」
「今度は国民党!?と思ったらブタ箱へ!」
「いよいよ引き揚げ!」
「ついに引き揚げ!・・・と思ったら」
「祖国目前・・・斃れた人々」
「さらば満州!」
「闇屋稼業」
以下続く
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き! - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。