スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤大根

村上に来て初めて&よく見る食べ物といえば。

1つは「トチもち」(加工してトチ大福とかね)。ちょっとウッディで素朴な香りがなんともいえずグー

もう1つは、赤カブの酢漬け。
トチもちは通年売ってますが、赤カブはこの季節ならではの味。
新潟では主に村上以北、山形とかでも名産みたいですね。新発田や新潟ではあんまり見かけないので、流入してきた東北文化が、村上で止まったのかな?
初めて食べたのは3~4年前、子供の同級生のおばあちゃんにいただいたものだったんですが、これが甘酸っぱくて大変においし~♪
以来大好物。ご飯時はもちろん、おやつやデザートとしてもポリポリ。

が、あんまり既製品を買いまくってるとお金がもったいないので、今年はついに自分で漬けてみよう!
と、たくあんすら作ったことないのに、無謀にも思い立ち、さっそくスーパーへ行くこと2週間前。
しかし意外にも赤カブ未入荷。ちょーっとだけ時期尚早だったらしく。
かわりに毎日必ず売ってたのが「赤大根」。これもあまり見たこと無いシロモノですが、なんとなく代用できそうかな~?

IMG_6155[1]_convert_20101221094016

名前は「赤大根」ですが、実際は薄紫色。
普通の大根よりちょっと寸胴で、1本100円。安い!

切ると、放射線状に紫の線が!

IMG_6156[1]_convert_20101221094056

これを適当に切って、たっぷりの塩で水抜き。

IMG_6157[1]_convert_20101221094129

じゅうぶん水を抜いた方が、漬かりも早い気がします。
けどうちには重石みたいな漬物用品がないので、こんな感じで半日ほど放置↓

IMG_6158[1]_convert_20101221094212
なんちゅーテキトー具合でしょう。メロンパンナちゃんも笑ってますよ

で、水抜きして大根がしんなりしたら、これまた酢をテキトー、砂糖をテキトーに、どっぱどっぱぶち込んで。
本当は「酢○グラムに対し砂糖○グラム」とかあるんでしょうが、うちにはハカリもないので、指でなめてテキトーに好みの甘さになったらOKってことで
私的には「こんなに入れるか!?」てくらい砂糖入れました。漬物ってけっこう糖分過多なのね~
ここで一工夫として、梅干に入ってるシソもちょっくら。これで風味が格段にアップ!すると思う・・・
これをビニール3重くらいにして、冷蔵庫へ。
一応重石もあったほうがいいかな~?てことで、上からソースやケチャップ、「ご飯ですよ」なんかの瓶詰めを総動員してギュウギュウと乗っけといて

・・・とまあ、こんなウルトラスーパーテキトー漬けにも関わらず、1週間もすればそこそこおいしくできあがるのがありがたや~
皮や中身から色素がカンペキ溶け出して、一律きれ~いな紅色になったら食べ頃(シソを入れなくても、きれ~いに染まります) 
甘梅味のシソと、残った漬け汁=甘梅大根ジュースもまたうまし!
どうぞ一切れ、お試しください。

IMG_6160[1]_convert_20101221094246


ちなみに赤大根にはもう1種類、皮がきれ~いに真っ赤で、中は真っ白な「紅化粧」という銘柄も売ってました。
こっちは若干高くて150円。
試したところ、こちらは酢に漬け込んでも赤カブみたいに染まらないんですね。薄く切って、赤と白を活かしたなますみたいに食べる方がいいみたい。
どちらも、大根特有の苦味が少なくておいしいです。
とはいえ、狙いは赤カブ!昨日やっとスーパーで見かけたので、今年中に1度はトライするぞ~
スポンサーサイト

テーマ : 新潟県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。