スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目終了

タワテラのSBも初めてなら、そもそもアトラクに60分も並ぶことが初めてのママKK。
もっともKKは以前から、センターSB80などを見ては「これくらい友達となら並んじゃうよ。だって並んでる間も楽しいもん♪」とか言ってて、長いSB自体には抵抗ないようですが。
しかし今日の相手はママ さぞかし楽しくないんじゃないかな? 旅行とかと違って、ただ立ってるだけの1時間、ママと並んでもつまんないだけなんじゃないかな~~~

DSC_1309[1]_convert_20170802204033

と、実は一人グルグルと心配していたママ。
が、そこは我が家のTDRトリビア王1位&2位のKK&ママ
初めて見る外のSBルートで、横断幕や新聞を訳しあったり、FPの時は通過するだけだった内部のあれこれを逐一発見しあっては、BGSを完成させようと語り合ったりしてると、意外とあっさり時は過ぎ。
「60分って言ってもあっという間だね♪」という言葉をKKから聞けた時は、安心&嬉しかったです
(実際にも40分くらいで済みましたが
もっともこれはKKが気を遣ってくれたおかげも大いにありですが。
加えて、ハイタワーがレイジングあたりをうろちょろしてくれてたのも、かなり大でした
おかげで、レイジング~インディのトリビア~インディ映画の時代背景及びタワテラ時代の日本と、話が明後日の方向までふくらんで、少なくともママはこの待ち時間、とても楽しかったです
こういうあたりも、よく出来たアトラクだなあと。

DSC_1311[1]_convert_20170802204059

やっぱりママはプレショーのシリキが好きかな~
あの、ぎろりぎろりとこっちを見渡してから、歯をむき出してニヤ~~と笑う、あの笑顔が最高にキュートというかなんというか、妙に心に残る笑顔で
KKはプレショーのハイタワーが好きだそうです。「必死に忠告してくれていい人だ」と。
(KKはアナ雪でも、ハンス王子が一番かわいそうだと言う男
巨大像の中にひそむシリキの目とか、どのエレベーターがどんな落ち方かとか、倉庫に入ってからもあれこれ話してるうち、あっと言う間にエレベーター前。
「この調子なら「最後にみんなでインディ」も叶えられるんじゃない!?」と、並んでる間、パパUに「待ってて」ラインを送っておいて。
さあいよいよエレベーターに座ります。ああこの、ずざーっと後ろに下がる一瞬が怖い!
ママの頭の中にはその瞬間、死刑執行台の踏み板の上に移動した図がまざまざと浮かんでます ここの部分の床が抜けて下に落ちるんでしょわかってるんだから と思ったら上に上がったーーー命拾いーーーでもその分落ちる距離が長くなるーーー。わーシーの夜景だ綺麗だな~~でもやっぱしセンターの方が爽快だな~こっちは割れたガラスが邪魔だし視界が四角くてTV見てるみたい。と思った瞬間ぎあああーーーーーーーーーーー
この「ぎあーーーーーーーーーー」の長さは、私的TDRアトラク内トップいやスプラッシュと双璧かな? 落ちてる間中は声出しっぱなしにして、恐怖を紛らわせます。
車やジェットコースターが落ちる時の、フワっという浮遊感で車酔いが発動するママですが、このタワテラでは酔いません。
落ち過ぎてもはや「フワ」じゃなく、「背筋がゾッとする」の「ゾッ」が一気に100個くらい来た感じ、それが車みたいに前後左右に振られることなく、純粋ゾク感だけが落ちてる間持続するのみなので、多分だけど、車酔いする人でも、このアトラクは大丈夫なんじゃないかな~?
ちなみに、「大丈夫ママのカバン重いから」なんてナメくさって、座った時にちゃんとしまっとかないと、落ちてる間隣の席へぶわっと飛んでったりして、怖いやら慌てるやらで無駄に大騒ぎです(←経験談)あ、上がった。ちょっとほっとしたけど上がったってことはまた下がるんでしょやだあああ。
というみんなの思いが「ひょあ~~~」という力の抜けた声になって、真っ暗闇のそこここからひょあ~~上がってく~もういいよ~~うわ来たぎあああーーーーーーーーーーーーーあ?あ--------ーーーーー
あんまり長すぎて、途中あ?まだ?と我に返ってしまうほど2度目の落ちは長いです。この2度目の「ぎあーーーーー」は私の知る限り、確実に、TDR内アトラク最長!
エレベーターによって落ち方が違うとも言われますが、少なくともママKKの場合、覚えてる限り常に2度目が異常です
ここを過ぎると、「あと1回でしょ」と終わりが見えてくるので、怖さも薄らぎ。
実際、3度目は落ち方も軽いので、「ああ景色が見えた。これで終わりだ」という安心感とともに落ちていきます。
いや~楽しかった~~ KKが大笑いして拍手すると、エレベーター内に拍手が満ちて、後ろの誰かが「いいね、このグルーブ感」。
のちにKKはこの時のことを、「にーちゃんがみんなの心を一つにしたんだ」とUに向かって自慢してました
さあ次はいよいよラストアトラク・インディです

DSC_1070[1]_convert_20170731175937

アメリカからポートディスカバリー経由で向かっていると、途中のニモではSB30。
時刻は21時半とっくに過ぎてますが、人がまだ次々並んでいて、列を締め切っていない様子。
「帰りがけに並んでみようか」
と言いながら、ロストリバーへ急ぎます。
「そんなに急がなくても大丈夫だよ」
とKKは言いますが、時刻は21時45分。もし間に合わなかったら、Uの希望「最後はみんなで」が叶わなくなっちゃう
そうよね、せっかく年に1度の家族旅行だもん、最後はやっぱりみんな一緒に楽しんで終わりたいわよね
心はすっかり小田和正の明治安田生命CMになって、急ぎロストリバーへ向かうと、KKの言う通り、余裕の22時前でインディ到着&パパUとも無事再会。
「よかったね!最後にみんなでインディ乗れるね♪」とママが満面の笑みをUに向けると、パパ&Uいわく
「ママとにーちゃんが来なかったら、2人でインディ連続乗りしよう♪」と楽しみにしてたんだそうです はい感動CM撤収~~

DSC_1074[1]_convert_20170812223555

(最後にみんなで)インディを堪能して出てくると、22時。
「そういえば、来るときニモ入れそうだったんだよ」
と、ポートディスカバリーの方へ行ってみようとすると、そっちにはキャストさんがばっちり立っていて、笑顔で
「さすが、ちゃんと封鎖してるんだ~」
と感心して、ミステリアスアイランド方面から帰ります。
同じ写真を毎晩撮ってる気がしますが最後の夜も
なんてキレイなんでしょ、ねえネモ船長

DSC_1316[1]_convert_20170802204358

去年、KK&Uが「モビリス!」とやってるのが楽しそうだったので、今回はママも、2万マイル前で手を振ってるキャストさんに元気よく「モビリス!」。
通りすがりのおばちゃんに突如怒鳴られたキャストさんは、一瞬うろたえた様子でしたが、すぐに「おおっ」と顔を輝かせ、あわてて「モビリ!」と返した後、「おお~~!!」ともろ手を挙げて感激してくれました。もうちょっと近くにいたらハイタッチでも交わす勢い
昔のシーのガイドブックなんかだと、「モビリスと声をかけてみよう」とか必死に宣伝してたような記憶があるんですが、今はやる人もあんまりいないんでしょうかね~
(シーの方でも「あの頃はまだ肩に力入ってて、恥ずかしい設定考えちゃった」って黒歴史扱いだったりして)
声をかけると、「こんな辺境の廃れた風習やる客が、まだいたんだ!」と喜んでくれるかもしれないので是非言ってみてください♪左手を右肩につけてね

DSC_1317[1]_convert_20170802204424

アクアスフィアプラザ・ナイトが流れてます
あ~切ない。けどこれからまだランドへ行くので、切なさが若干誤魔化されます。ランドと言っても駐車場ですけど
楽しかったね~。久しぶりにモンインとプーさん乗れたし、シーも乗りたい物は全部乗ったし、最後にみんなでインディも乗れたし(←
「U、最後にタワテラも乗りたかったな」「次はやっぱりシー最初の方がいいかも。今回シー全然乗れなかったもん」あんなに乗ったのに?
等々、早くも思い出になってしまった今回のあれこれと、更には次回のことまで喋りながら、リゾートライナーでランドへ。

DSC_1321[1]_convert_20170802204611

ランドの駐車場もガラガラで、さびしいくらい。
みんなもう帰ったのね。
さて、我が家も帰りますか。
でも、また来るよ~


帰ってからふと気づいたこと。
USJ土産・ゴジラキティちゃんをぶらさげたままTDR歩いてた~~~

DSC_1330[1]_convert_20170828171648

おあとがよろしいようでチャンチャン
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。