スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラコスタのランチブッフェ

4/29(金・祝)12時頃。

意味なく文明国イタリアにやってきた、奥地原住民一家
乗りたいアトラクや入りたいお店があるわけじゃありませんが、ここらへんは景色を見てるだけでいいですね♫ 「シーに来たな~~」という実感が沸いてきて

「この景色を眺めながら、しばしお茶でも
と、アイス屋さんのテーブルに座ってみますが、ここはちょうど風の通り道なのか、吹きっさらしで、さ、さむ~~~い
夏TDRの時には、たとえアイス屋さんでも暑そうに見えて座りたくなかった屋外席ですが、今日は寒くて座っていられないとは、残念だ~
「仕方ないから屋内にするか」と、ポルトフィーノ方面へ避難しますが、ちょうどお昼時とあって、レストランは外にはみ出るほどの大行列
しかしここら辺に来ると、広場なせいか寒風は若干収まったので、手近なマンマ・ビスコッティのテーブルでくつろぐことに
この強風の中、ハーバー周辺では15周年ショーを待つ人たちが座り込みを
人垣も薄いし、「まず中止だろうな」と思える状況なのですが、そこをあえて座り込んで待つ人たちの姿はなんというか、背中に「殉教」という文字が浮かび上がってそうな

DSC_1848[1]_convert_20160502140909
こちらはミラコスタから見た殉教者の方々
 
マンマの店内も行列でしたが、ここはセルフのパン屋さんにつき、比較的さくさくと列が進むので、待ち時間はさほどでもなし。
各々コーヒーやパンナコッタなど好きなのを選んで(ポートディスカバリーのミートくるみパイもあった)、春の陽射しも眩しいハーバーを眺めながらお茶タイムです♫ ああくつろぎの時~~
しかしKK&Uはくつろぎを通り越して、退屈&眠くなってきたようで、毎年恒例・真昼間の「そろそろホテル行かない?」
ええ~まだ12時半よ~。この後お昼の予約もしてあるし、食べてから行こうよ。そうすればチェックインの15時ぴったりよ。

それまでの暇つぶしにと、ここらへんのお土産屋さんをぷらぷら見て回ることに。
ここでなぜかUが「ぷーさんかわいい」病を発症!
元々物欲強い上にぬいぐるみ大好きなUではありますが、なぜにシーで突如ぷーさん病にかかるのか
「じゃあホテル行く時まで気が変わらなかったら買ってもいいよ。ただし自分のお金で
と、ちょっとクールダウンをはかり、ついでにお散歩&アトラクで更なる冷却することに。
こんな時ヒマな時、暑い時寒い時等々、思いつくアトラク№1と言えば、もちろんあそこ

DSC_1840[1]_convert_20160502140531

シンドバッドです
そういう便利な使い方をしているせいか、ママはいつしかここの人形たちを見ると、「ああ今シーにいるんだな~」とメディテレーニアンハーバーと同じくらいの実感が湧くようになってしまいました(他のアトラクだと「今センターにいるんだな~」とか「ストームに乗ってる~」という感じなのですが)
しかし今日はさすがのシンドバッドも、なんと!待ち15分
本日の我が家最長待ち時間を、よりによってシンドバッドで達成です。というか我が家のシンドバッド歴としても、SB15は初めてな気が(SB10ならわりとありましたが)。
おかげで初めて見る通路とかあって、ちょっと新鮮でした 絵がかけてある通路まで来ると「やっとここだ」と懐かしく思えたり

DSC_1842[1]_convert_20160502140631

ところでシーでは現在、15周年イベントということで、「お店で売ってるぼったくり価格の棒を近づけると、光が出たり音が出たりするようなしないような大型オブジェ」(←ママ的理解)が各ポートに設置されているのですが。
上の写真はそのための行列遠景です
私が見た限り、時間帯もあるのでしょうが、ここアラビアもその他でも、軒並みびっくりするほどの行列でした。時にはポップコーン行列と混ざってすごいことになってたり、更にはポップコーンだけでも長蛇の列だったりと、とにかくGWのTDRは行く先々で行列という印象でしたね~
(「今年のGWは空いていた」という説もありますが、たぶん「3連休×2と細切れ」「「連休中日の天気が悪かった(特に5/3~5)」「ゲストも混雑しそうな日を避けるようになった」等々のためかな~と思ってます。ネットの普及率に伴い、混雑情報の普及率も大幅にアップしたおかげで、逆に昔より混雑パターンが読めなくなってきてる気がしますね。とりあえず今年の4/29は、体感では激混みではないものの、けっこう混んでたという感じです)

シンドバッドまで来たついで、通りすがりのレイジングでFP取っといて、さてじゃあお昼にしましょう。
ちなみにレイジングは、こんな混雑日でも比較的FPの進みが遅く、13時半頃の発券でまだ17:30~18:30。SBは80分でした。
再びてくてくとイタリアまで戻ってきたら、今日のお昼はここ!

DSC_1847[1]_convert_20160502140850

オチェーアノのランチブッフェです。
最近のTDR旅行では、KK&Uが大きくなったのを幸い、PSは取らずに、食事の時間をずらしたりして適当にやってたのですが、さすがに今回はGW。PSなしではマジで食料難民の危険性が
と、すごく心配だったママ 朝晩はなんとかなるとして、せめてパークが一番混む時間帯であろう昼間だけはPS取れないものかと、出発直前まで公式予約サイトを眺めてたら、ぽつりと出てきたんですねここが。
もっともPS自体は、特にホテルレストランなら、カンナやエンパイアグリルなどを初めとして、それまでにもぽつりぽつりと出てたのですが(ちなみにパーク内は常に全滅状態で、たま~~~に出てきたのが北斎とクリスタルパレス)、我が家がシーへ行く日にシャーウッド空席とか、べッラヴィスタ出たけど時間がイマイチとかで、なかなか予約に至らず。
で、出発直前にやっと、今日はオチェーアノ・ブッフェ、明日はシャーウッドガーデンの、ちょうどいい時間のPSが取れて。
おかげで予算は微妙に跳ね上がりましたがあわよくばここでぱつぱつになるまで食べといて、夕飯はホテルでおにぎりとか安く済まそうという魂胆もあり
ともあれ久しぶりのミラコスタ、さらにはミラコスタとランドホテルのブッフェ食べ比べ、楽しみです♫ 果たして軍配はどちらに!?

DSC_1844[1]_convert_20160502140808
この子供用ランチョンマットも、久しぶりに再会して懐かしい気分♫
イタリア語なのがまた、ミラコスタ~って感じなんですよね。

受付で名前を確認されたら、席に案内される前に、「今日はショー中止ですがそれでもいいですか(意訳)」と念押し。
更には席についてからも、ドリンクメニューを持ってきたお姉さんが「今日はショー中止(ry」と再度念押し。
この厳重ぶり、なにか 「ショーのためにPS取ったのに見れないなんて~」と、たらふく食べてから騒ぐ人でも過去にいたんでしょうかね? 確かに我が家も、ブラヴィッシーモ目当てで初めてディナーコースをPSした時は、「強風バージョンだったら半額にしてほしい」と切に願ったものでしたが
しかし今回の我が家は「食料難民回避」が一大目的だったので無問題 どれどれお料理はどんなかな~? さっそくレッツゴー
(相変わらず、ヘボい写真ですみません

DSC_1845[1]_convert_20160502140831

一通り食べてみたところ、ミラコスタはやっぱりシーフードに力入れてるのかな?シーだけに。
という印象でした。特に魚介類を使った冷製がママ的にはどれもおいしく、テーブルには前菜が入ってた空のグラスがずらりと
その代わりというのか、ホットミールは我が家的にはどうもイマイチで。肉や魚とか、あんまし「わあこれなんだろ食べたい♫」という見た目でもなければ、味も決してまずいわけじゃないけど「ふ~ん」みたいな(我が家けっこう、バジルやニンニク風味のグリルとか好きな方なのですが)。
もっともホテルの、しかもこういうブッフェみたいな大量作り置き料理というのはどうしても、温かいものよりは冷たいもの、メイン系の肉や魚より前菜やデザートの方が、味も見た目もおいしくごまかせるのは、仕方ないところではありますが。
お姉さんが切り分けてくれる鯛のパイ包みは一瞬「わあ♫」でしたが、食べてみるとちょっとぐっとくる味で、お代わりはパス。なんかこう、昭和時代のバタークリームが思い出される味でねえ
個人的には、ピザやラザニア、ラビオリといった、子供ウケするイタリアンももっとあればいいのにな~と思いました。カプリチョーザに行ってくださいと言われればそれまでですが
というわけで、時にダメ出しを挟みつつも心ゆくまで食べまくり、ママ的には「珍しいお料理いっぱい食べられて良かった。特に前菜はうまし」、パパKK的には「ん~微妙」ブッフェ=「カレーやたこやき食べ放題なバイキング」であるUには「食べたいものがあんまない」(ハッシュドビーフなのがちょっと残念だったね)という感想になった、久しぶりのミラコスタランチブッフェでした。う~ん夕食代は浮かなそうかな

DSC_1849[1]_convert_20160502141002

食べ終わって外に出ると、時刻もそろそろ14時半頃。
Uの「ぷーさんかわいい病」がまだ治ってなかったのでお約束通り自分のおこづかいで買い終えたら。
さあお待ちかねのホテルに行くわよ~
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。