行ってきました綾瀬まつり♫

じゃなくて会津まつり
の中の会津藩公行列だけですけど、今年もなんとか見れました~♫

今年は、いや今年、綾瀬はるかちゃんが来てくれるとのことアリガタヤ~
せっかくだから今年こそは、いい場所で挨拶するところを見たい
と、我が家にしては破格なことに、なんと場所取りしてまで見ようと決意
朝9時前、意気込んで神明通りへ出かけます

DSC_1474[1]_convert_20150924093150

通りすがりに、今朝の鶴ヶ城を一枚。
「え鶴ヶ城?どこ?」という写真で申し訳ありませんが(木立の向こうにちっちゃ~~く屋根が写ってるのが見えますでしょうか)、いつ見ても綺麗なお城だな~と、ほとんど毎日見ているにも関わらずいつも思います
道向かいにはこんな看板もあり(クリックで拡大します)↓

DSC_1475[1]_convert_20150924093247

たぶん鶴ヶ城では、今頃「先人感謝祭」の真っ最中。
そしてこの後の出陣式からはるかちゃんご参加ということもあってか、118号はお城へ向かって歩いてくる人いっぱい。
逆に神明通りへ向かっていく人はほとんどいなくて、やったーこの分なら1列目余裕かも♫
と思いきや、リオンドール前に着いたらすでに1列目は満員 く~朝9時でも間に合わんとは、さすが綾瀬まつり!じゃなくて会津まつり!
仕方ないので2列目のうち、一番本部席に近いところに陣取り、やがてダンナと合流します。
ちなみに我が家の男衆はこういうイベント系は基本興味なくて、今日も子供はお留守番(というかまだ寝てる)。
中でもこういうお祭りには一番興味ないのはダンナのはずなのですが、なぜか今日は、休日の早起きも待ち時間も厭わず、2年連続お祭り鑑賞です さすが綾瀬まつり!じゃなくて綾瀬はるか!
「この障害物が邪魔だな~」「本部席も微妙にあっちだしね~」等々、2人とも待ってる間気になることは綾瀬はるかちゃんの挨拶するところが見えるかどうかのみ
と、やがて行列前の出し物が始まりました

DSC_1477[1]_convert_20150924093325

トップバッターは、福が満開ふくしま隊
原発事故後、歌と踊りでハッピーアイランド福島を全国でPRすべく結成されたチームです。
この方たちの歌う浜中会津の紹介ソングも楽しくて、「そして鶴ヶ城の会津若松市!」ではもちろん大拍手が沸き起こり
しかしママダンナは拍手しながら「う~んやっぱり遠いね~」「あそこで挨拶とすると・・・はるかは後ろ姿か?」等、ふくしま隊の見え方から、はるかちゃんの見え方を予測しては気をもむという

DSC_1476[1]_convert_20150924093309

とりあえず、神明通りで藩公行列をばっちり見るためには
・本部席(=マイクやスピーカーのブース)の周りに陣取る
  =ゲスト挨拶など、行列の見せ場はほぼ本部席の前で行われます
・本部席への視線の間に障害物がない場所を陣取る
  =神明通りには、上の↑茶色い箱がいくつかあるのですが、非常~に視界を塞がれます ていうか去年もこれに苦しめられたのに同じ失敗をしでかすママ
・そのために、早めに家を出る
これに尽きますね。よーし来年のはるかちゃんはベストポジションで見よう(って来年も来るのか??

DSC_1480[1]_convert_20150924093348

おっとそうこうするうちに、次なる催しが。
会津藩鉄砲隊による、火縄銃演武です。
これもなにげに大好き なにしろ音がものすごくて!!
音だけ聞くと、火縄銃もけっこうバカにならんのではと思うくらい、大迫力です。
加えて「なるほど「火縄」を使うから「火縄銃」なんだ~」と、そのネーミングを実感できる点火シーンが見れるのもなかなか貴重かと

DSC_1483[1]_convert_20150924093410

ちなみにこの火縄銃演武は例年、ここ神明通りと中央通りとで行われます(年によって変わるかもしれませんが)。
他にも「白虎隊演舞ならここ」「太鼓ならここ」といったふうに、場所によって出し物が違うので、遠方からお越しの方はぜひHPや市役所、図書館、観光案内所などで、それらの一覧も載ってるまつりガイドニュースを入手の上、今年の観覧場所を決めてみてくださいませ♫

DSC_1486[1]_convert_20150924093447

おっそのうち、沿道に控えていたサムライ集団が動き出しました
これまた大好き、六真企画の殺陣演武です♫
出番直前まで、入り方とか念入りに打ち合わせするんですね~

DSC_1488[1]_convert_20150924093505

今年はまつりガイドニュースに名前が載ってなくて、やめちゃったのかな~?と若干心配だったのですが。
無事に今年もこうして、迫力ある殺陣を見せてもらえました
唯一残念だったのは、やっぱり演じるのが本部席前で遠かったこと。待ってる間は「すぐ道向かい」という感じに思えた本部席なのですが、出し物が始まるとひときわ距離を感じちゃうんですよね~。 よーし来年こそは目の前で

DSC_1489[1]_convert_20150924093526

迫力の立ち回りであったまった沿道には、いよいよお祭り開始を告げるお囃子車が。
会津若松城下町の基礎を作った蒲生氏郷公の出身地・滋賀県日野市からお越しの皆様です
氏郷つながりで遠くからわざわざ。ありがたいですね~ 

DSC_1493[1]_convert_20150924093555

お囃子車が行き過ぎると、やがて向こうの方からぱっからぱっからと疾走してくる馬一騎

DSC_1495[1]_convert_20150924093620

写真ではすっかり歩いてますけど馬が駆けてくる光景ってのはほんとにカッコよくて、沿道からも思わず「おお~」と感嘆の声があがります。
たぶん、戦での早馬を再現したシーンかと思われますが
「申し上げます。まもなく藩公行列が到着します」「うむご苦労」
みたいな小芝居が本部席前で演じられ(しかし去年は2騎だったのに、今年は予算削減か?
さあ会津藩公行列が始まります!

DSC_1496[1]_convert_20150924093639

とはいうものの、どうも今年は、祭囃子~先触れ馬~の感覚が長くて。なんかこう、間延びするな~という感じ(馬も1騎だし)。
音楽も、もうそろそろ小室哲哉「天と地と」がガンガンと流れてもいい頃だろうに、と思っていたら、おやっガンガンと流れ始めたのは坂本龍一「八重の桜」
えっじゃあもしや!?しょっぱなからもう来ちゃう!?!?

DSC_1497[1]_convert_20150924093704

キターーーーーーーーーー

DSC_1501[1]_convert_20150924093900

うわ~~今年は初回ポスターの出で立ちだ~~~
勇ましかった籠城スタイルとは打って変わって、華やか~~♫ かわい~~~~♫ 
ちなみに後日新聞で見たら、出陣式の時は篭城戦スタイルで、てことはパレード始まってからこの打掛を羽織ったのかな?
会津まつり参加だけでもありがたいのに、さらに色んな姿を見せてくれようというそのサービス精神には、ひたすら頭が下がります。
濃紅の着物がだんだん近づいてきて、さあそろそろ挨拶だぞ~果たしてどこに車が止まるのか!?
ダンナと2人、「まだ止まるな止まるなよ」と必死に念を送って迎えた、はるかちゃん挨拶シーンは・・・

DSC_1498[1]_convert_20150925145339

見事に後ろ姿~~~(あでも、たまーに横顔も見えましたよ
しかし去年よりは格段に近いので、「ああ今そこで喋ってる~~」という感動がひとしおでもありました。
ついでに挨拶の内容もやっぱり感動で、「(暑くて)さすけねえか?」なんて会津弁も繰り出してくれたりして 会津弁覚えててくれたのね~~ウレシ~
そして今年も「山本八重」と、わざわざ会津時代の名前を出してくれました。ほんとにお気遣い痛み入りますです。

DSC_1502[1]_convert_20150924093916

やがて車は動き出し、ついに目の前に!
おばちゃんは何しろおばちゃんなので、恥も外聞もなく「はるかちゃーん」 するとはるかちゃんもぱっと振り向いてにこーっとこの笑顔
常にこの笑顔だったという説もありますが、いえいえはるかちゃんはおばちゃんに笑いかけてくれたとおばちゃん信じますフンガー
ほんとにほんとに、会津に来てくれてありがとう

DSC_1503[1]_convert_20150924093934

綾瀬はるかちゃんの笑顔を目に焼き付けつつ、藩公行列はこれからが本番です。続きは次回
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する