おやすみなさいディズニーシー

7/31(金)21時40分。
我が家のストームライダー・ラストフライトを終えて、やってきたのはこちら。

DSC_1307[1]_convert_20150819091836

センターオブジアースSB20分。
このアトラクにいたく惚れ込んでいるKK、初日の夜はSBが締め切られていて乗れなかったので、リベンジです
去年はこの時間になると、ほとんど入口に人がいなかったものですが、今日はずらり。今年のセンターはほんとに混んでるな~
でもSBはまだ受け付けていて、ほ~よかった。KK勇んで並びます。
しかしUは、「センター怖いからあんまり乗りたくない。さっき乗ったからもういいでしょ
そうね~ママもKK同様、いたく惚れこんでるアトラクだけど、さっきも乗ったし並んでまで乗らなくてもいいかな(ここらへんがKKと違って年寄り)。じゃあUはママと待ってましょうか。

DSC_1309[1]_convert_20150819091933

というわけでママとUはお留守番。
しかしこのがら~んとした空間で、2人ぽつーんとただ待ってるのもなあ

DSC_1308[1]_convert_20150819091956

「この空間もちょっと怖いけど、出歩いてにーちゃんたちと生き別れになるのも怖い」
と、あくまで動こうとしないU。大丈夫だってば今年はスマホもあるから、生き別れにはなりません
あそうだ、じゃあUの好きなあそこに行ってみましょうかね。あれならすぐ近くだし。
と向かった、今年のシーのママU最後のアトラクは~?

DSC_1312[1]_convert_20150819092035

「クイズこのアトラクはなんでしょう」写真、再び
これでわかった人は、たぶんネモ船長だと思います海底2万マイルです。
センターに乗ってるパパKKと生き別れになるのを恐れるUも、ここなら安心のご近所アトラク、加えてSB5分、Uも大好きということで
この時間はほんとに人がいなくて、SB5分というより移動時間5分という感じ。派手な螺旋階段をぐるぐる降りていって、通路にある手の込んだ小道具を眺めるヒマもなく通過して、潜水艦に乗り込むまでで5分という。
それだけきっちり作ってあるアトラクなんですよね~。 その分、乗る前までもそうだけど、潜水艦に乗り込むと、つくづく思います。「もったいないな~~~」と。
それだけきっちり作ってあるっていうのに、どーも詰めが甘いというか(前の潜水艦がレールに吊られてるのなんて、見せちゃいけないレベルでは)。スリルや内容が中途半端なために、せっかく気合入れて作った制作物を活かしきれてない感じがするのが非常ーにもったいないです 

とはいえUはこれ好きだし、ママも久々に乗ったら、途中が予想外に派手で、「これってこんなハラハラワクワクのストーリーだったの」と今更知って驚きましたが
もうちょっと派手に、例えばガクガク揺れるとか、ニモみたいに海底の爆弾が次々爆発してスピードアップするとか、なんかもう一声あれば、ミステリアスアイランドのツートップになれるかもしれんのに。惜しい
とも思うけど、でも子供が安心して乗れるアトラクとして、このまま残っていて欲しい気もするしなあ。電車、船、路駐車専門だったKKが、初めて乗ったFPアトラクも、この2万マイルだったしね

センター好きが嵩じてミステリアスアイランド、ひいてはネモ船長まで好きになりつつあるママ
人もいず、誰が見るわけでもないのに素晴らしいミステリアスアイランドの夜景を眺めていると、ますますその魅力のトリコになっていく思いなのでした。

DSC_1315[1]_convert_20150819092114

そして時刻は閉園間近。
センターに戻ると、さすがにあの行列は消え失せて、もはやキャストさんの方が多いくらい。
それでもちらほらと来るSBゲストをまだ入れつつ、時計で時間をきっちり計っていて。
22時ぴったり、締め切られました。
その後も何やかやと忙しそうなキャストさんたちを眺めながら待つことしばし。
10分くらい過ぎて、パパKKが出てきました。
さ~てじゃあそろそろホテルに戻りましょうか。

DSC_1316[1]_convert_20150819092140

今年のシーはこれで終了。
名残惜しいな~という気持ちと、満足満足という気持ちと。
半分ずつ抱えながら、出口へ向かいます

DSC_1317[1]_convert_20150819092219

KK&Uはけっこう満足満足みたいで
ラストにセンター乗ってリベンジも果たせたし、2万マイルにも乗れたしということで、悔いはないみたいです

DSC_1319[1]_convert_20150819092237

来年はタワテラかな?

DSC_1320[1]_convert_20150819092306

どこをとっても綺麗なシーの夜景を、飽きることなく目に焼き付けながら。

DSC_1323[1]_convert_20150819092346

ミラコスタ通りまで来て思い出します。配布用のかさばるお土産は、今日のうちに買っておくつもりだったことを
(そうしてチェックアウト後もホテルに預けて、帰るまで身軽に動く予定)

DSC_1324[1]_convert_20150819092435

お土産屋さんって23時くらいまで開いてるのかと思ったら、意外とそんなことはなく
「出れるけど入れない」みたいなお店が並ぶ中、かろうじて1カ所だけ開いていたお店の出入り口からシュッと入り込み、配り物系お菓子をものすごい勢いで積み重ねてレジへ もう数さえあればなんでもいいという感じです
(にも関わらず自分ちのおやつクッキーは「こっちの方がおいしそう」としっかり選んで買うあたり

DSC_1325[1]_convert_20150819092415

明日はいよいよチェックアウトか~。
と、フロントを歩きながら感慨深く、トスティーナで夜食やビールなどをチェックしながら部屋へ戻ります。
最初は3泊シェラトンなんて飽きるかな~と思ったママですが、やっぱり連泊はラクですね~♫ 時間的・物理的にもラクだけど、何より「明日もこのままでいいんだ~」という、心理的な余裕がより寛げるというか。シェラトン自体に不満がないというのも大きいですが。
ちなみにフロント向かいのカフェ&パン屋さん・トスティーナでは、夜はコンビニ弁当みたいにパックされたチャーハンやチンジャオロースなど、なぜか中華系夜食が店頭に並びます。パパによると、1杯500円の生ビールもあったとかなかったとか(うろおぼえ)。こういうのとっても助かりますね

TDRの夜景も今年最後。
灯が落ちて、眠りにつくシーを眺めながら、おやすみなさい

DSC_1327[1]_convert_20150819092530
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する