ファンタズミック!

7/31(金)20:10
パークの照明が落とされ、真っ暗になった中で、歓声とざわめきと音楽が満ちるハーバー。
やがて暗闇から、ミッキーの青い帽子がどーんと現れて。
ファンタズミックの始まりです

今回は、去年よりもリドアイル寄りの立ち見にしたせいか、帽子も近く水面もよく見え、臨場感ありました やっぱりこのショーは、迫力を感じたいなら、帽子やドラゴンに近づいた方がいいですね♪
このショーでママが大好きなのは、ライオンキング&スティッチパート

DSC_1258[1]_convert_20150819090846

ライオンキングは、なんといっても主題歌の、オープニングからサビへダイレクトにつながるところがもう♪
雄大なショーが、ハーバー中に響き渡るこの歌のおかげで、さらにぐおーんと広がるような感覚に襲われるのがたまりません
実はママ、ライオンキングの主題歌「サークルオブライフ」って、このファンタズミックで初めて知った曲なんですがその時は「この部分を聞くためだけにファンタズミックのCD買おうかしら」と思ったくらい(のちに曲がわかって、ライオンキングのCD飽きるほど堪能しました

そこから一転、斬新なショーに様変わりするスティッチの「ハワイアンローラーコースターライド」!
スティッチはそれほど好きじゃないんですがある種荘厳ですらあるライオンキングの歌を、打ち消すかのようにギュイーーーンと鳴り響くギターサウンド、それに合わせて縦横無尽に駆け巡るレーザー光線が、もうひたすらカッコようて
この曲も聞いたことなかったんですが、あまりにもカッコいいんで検索し、「ハワイアンローラーコースターライド」という曲名だとわかったものの、原曲を聞いてみたらちちち違う! なんだこの椰子の木陰でお昼寝してるみたいなハワイアンは~~
ファンタズミック版は、かなり大胆にアレンジしてたんですね このギターバージョンは、私が検索した限りではファンタズミックでしか聞けないっぽいので、ショー中は耳を皿のようにして(?)堪能してました

DSC_1259[1]_convert_20150819090903

その後のジーニーやプリンセスパートなどもそれぞれに良いのですが、この一連の風船パートあたりでママ的には一度おなかいっぱい状態になります
「飽きる」というのとはまた違って、それぞれ素敵な一品なんだけど、あまりにも次々と出されるので、ちょっと思考停止状態になってしまうんですよね。プリンセスとかひたすらうっとりパートだから余計に
ちなみにUは、ジーニーパートがショー中一番好きだそうです。確かに花火が上がったりして一番派手よね

そんなぼーっとしてるゲストの横っ面を、いきなりひっぱたくように始まるのがヴィランズパート
火山もぼわっと火を噴いて、うーんやっぱり炎はいいわ~~
水面に燃え広がる炎は、何か人間を覚醒させる力を持ってますね

DSC_1267[1]_convert_20150819090946

今回は、ドラゴン対決を近くで見ようと思ってこの場所にしたわけですが、しかし鏡が活躍するあたりで、「あれ?ちょっと場所取り失敗?」と
鏡に対して斜向かいなので、悪役たちが鏡に映らず、帽子に映る映像を見て過ごすことになるんですよね(しかもそれもきちんと見えないという) Uとか「ね~鏡が喋ってない~~
かといって鏡の映像が見える場所にすると、鏡から遠く離れてしまうというジレンマ なかなか難しいもんです

DSC_1273[1]_convert_20150819091043

しかしおかげでドラゴンはバッチリ
我が家史上、最大に近いところで見ました。ゆ~っくり首をもたげて登場するところでは、一同思わず「おお~~」

DSC_1275[1]_convert_20150819091112

派手~~~

DSC_1277[1]_convert_20150819091158

けどわりとあっさりドラゴンを倒して、ショーはエンディングへ。
なんかね~、派手なわりに「漠然と倒した」って感じがしちゃうんですよね。マレフィセントの絶叫&断末魔の表情は、目と耳に焼き付くレベルなんだけど 「間」がないせいかな?
倒した瞬間にもっと炎ゴーッとか火山が噴火するとか驚かせて、その後に音も動きもない真っ暗闇状態を数秒入れるとか、なんかそういう間を置けば、その後のエンディングの祝祭感もより印象深くなると思うんだけど。

DSC_1285[1]_convert_20150819091317

けどこれも我が家史上最大に近く見えたので、細かいこたいいや
キャラがご挨拶に回り始めると、ああもうすぐ終わりだなあ~という気分に。

DSC_1284[1]_convert_20150819091249

やがて一番のクライマックス
真っ白ミッキーが現れ、花火もボンボンと上がって、空と海を彩ります

DSC_1288[1]_convert_20150819091348

ハーバーにはシュプレヒコールのように
「イマジネーション! イマジネーション!」
力強くも高らかと繰り返す歌声。

DSC_1290[1]_convert_20150819091417

「イマジネーション!ハハッ」
ぼぼぼぼぼん! 終了~~~

いいショーを見た~~、という感動と虚脱感に包まれながらも、でもやっぱり終わり方も漠然としてるな~としつこく思うママ ここだけはブラヴィッシーモを真似してほしかったとか。
ブラヴィッシーモは、中だるみするわ強風バージョンが悲しすぎるわ、更にはいつも強風バージョンだわと当たり外れが大きすぎたので、ショーとしての完成度なら、ママ的には圧倒的にファンタズミックに1票です。
ですがブラヴィッシーモはラスト、「ブラヴィッシーモ!ハハッ」直後にハーバー大炎上さらに間髪入れずにドーーンという爆発音&白い火花が散るバチバチバチッという効果音・・・で終了~~~なのがもう身震いするほど、非常ーにメリハリ効いていて
そのおかげで、見終わったあとの感動も水増しされてた気がします クライマックスの花火も、気のせいかブラヴィッシーモ完全版の方が多かったように思えるし、「イマジネーションハハッ」も、ブラヴィッシーモの時より元気ないぞもっと声出して行こうとか思ってしまうのは、たぶんファンタズミックの終わり方が、比較的漠然としてるから。あるいはママが単に炎好きだから

って本当に個人的な感想、かつファンタズミック自体は素晴らしいと思ってるのですが。
色々言っても我が家的には、シーに行ったら(ショーにはあまり興味ない男衆ですら)一度は見たい、豪華絢爛ド派手なショーであることは間違いないです

さてファンタズミックが終わって20時半。
夜の乗り放題タイムを迎えて、一行は奥地を目指します。

DSC_1292[1]_convert_20150819091530
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する