スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランド夜編

7/30(木)20:10
エレパレが終わったら、夜の乗り放題タイム♪
狙いは、リニューアルしたジャングルクルーズです

しかしスマホサイトで見てみると、まだまだSB40分。
「新ジャングルクルーズは夜がキレイ」と聞いてやってきた、私たちのようなご新規さんが大勢いると見ました
じゃあもう少し後にするか、ということで、もう1個のお目当てであるこちらへ。

DSC_1168[1]_convert_20150814121811

スターツアーズ5分待ちです。
こちらはストームライダーに並んで我が家の男衆大好きアトラク 昼はぼんぼんFP出してて、日が落ちればSB5分になるという運営状況もほぼ同じ。
今回のスターツアーズも、「夜になったらFPいらずだから」と、昼間のSB30分の間は別のFPを取りつつ、乗るのをガマンしていたのでした

しかしママは確実に酔うので、乗るのはパパKKUで。
これは待ち通路から内容まできっちり作ってあるアトラクなので、たとえSB5分でも、男衆が乗り終わって出てくるまで20分はかかります。酔いさえしなければママも大好きアトラクなんだけどな~

待ち時間の間、そういえば夕飯まだだったな、と思いついて、トゥモローランドテラスでハンバーガーを買っておきます。
14時過ぎにクリパレで食べ放題したせいか、ママはまーだお腹がすかないので、とりあえず男衆用にビーフとチキン1つずつ。ここのハンバーガーは、パンも分厚く中身もしっかりしていて、マックよりは全然おいしいと思います
ソフトランディング前に戻って、ソフトクリームを食べるべきか食べないべきか、などと悩んでいると満足げな顔の男衆が帰還してきました。
なんでも今回は、レイア姫あり、ヨーダありで、最後は皆が出迎えてくれるというエンディングだったそうです。Uいわく「今までで一番面白かった!」とのこと

時刻は20時40分。ハンバーガーを食べ歩きしながら移動します。
と言っても、パパもやっぱり「バイキングで食いすぎた」と手が伸びず。KK&Uもあまりお腹が空いていないようですが、「一口食べてみたい」と試しにかじってみるKKと、にーちゃんの真似なら何でもしたいU。
歩きながら2人の間で、ビーフとチキンのハンバーガーが行き交い、結局2つともぺろっと完食したのみならず、「チキンの方がおいしいね もっといっぱい買ってくればよかったのに」
「よく食うなあ」「食べ盛りってやつだねえ」と苦笑いする、少食年寄りチームでした

さてトゥモローランドからシンデレラ城方面に出ると、ワンスアポンアタイム真っ最中
しかし「ショーを立ち見」という概念はまったくない我が家
考えるのは「今ならワンスの最中で空いてるんじゃないか?」のみで、ワンスをチラ見しながら通路を横切ってジャングルクルーズへ向かいます。

DSC_1170[1]_convert_20150814121906

横切りながらの我が家の感想、「このショーってここからでも充分じゃないか?」
通路だからなのか、わりと皆さん、前の人との間隔空き空きで見てらっしゃるんですよね。横切るのに人と触れることがないくらい。
なので目の前を人の頭で遮られるってこともあまりなく、たとえあっても別な場所へ移動可能という感じで、比較的見やすい状況な気がしました。もっともこれはあくまでも、「ショーが終わったら混むから急げ」とチラ見で通過、しかもそれでけっこう「見た」ことになってしまうという、ショーよりアトラク派の感想ですが

DSC_1173[1]_convert_20150814122123

そして到着した新ジャングルクルーズは、期待通りSB20分
とはいえ我が家的には、けっこう長めの待ち時間です
が、この後はビッグサンダーFPもあるし、ワンスの途中でこの時間なら、たぶんこの後もそんなに短くならないだろうということで、並んじゃうことに。たぶんこの時が、今回のTDR旅行中一番長い待ち時間でした。

並んでる時に、突然KKが「あれっ!背負ってたリュックがない
言われて初めてその他3人も「あれっ!そういえばなくなってる
けっこうデカいリュックなのに、揃って気づかないもんですね~
KKいわく、スターツアーズに乗るまでは背負っていた、スターツアーズで降ろしたことを覚えているとのこと。
じゃあスターツアーズか? と、すぐにでもトゥモローランドへ確かめに行きたい心境になりますがせっかくのジャングルナイトクルーズも捨てがたい。 今を逃すと時間的に、ビッグサンダーで終了になっちゃいそうだしなあ
協議した結果、「大丈夫、TDRなら忘れ物はほぼ戻ってくるから」と、今までの経験から無理やり安心して、とりあえずジャングルにとどまることに。

不安なことがある時特有の、胸のゾワゾワを抱えながら行列に並ぶことしばし。
しかし船に乗り込むと、ゾワゾワを忘れてワクワクし始めるのはディズニーマジック?単純なだけ?
夜がキレイとの新ジャングルクルーズ、乗ってみた感想は、確かにキレイでした~ 特に前評判が高かった蛍のシーンや神殿などは、やっぱり「おおっ」と感動するくらい、一番印象に残ってます。
(写真撮影OKなので、ここらへんいっぱい撮ったのですが、見事にピンボケで お見せできないのが残念です)

別な意味でもう1つ印象に残ってしまったのが、これまたTVなどでよく紹介されていた、ライオンキングのシーン。
私はこの歌のオープニングとサビが好きなので、「おおっ!」度もひとしおだったのですが、同時にナレーションに「んん~?」とも
このシーンは、壮大なサークルオブライフをBGMに、シマウマが殺されちゃってるところなんですが、その時のナレーションが、「これはみんな役者さんなんですよ~。皆さん熱演ですね~」(うろ覚え)

何ごまかしてんのよ。なんで「シマウマさんに合掌チーン」の方向に行かないのよ。
という違和感が、自分の中でどーにも生じてしまって消化できず
いやもしかしたらこのナレーションは、別に自然の掟をごまかしてるわけじゃなく、自然の掟を知り尽くした上でのジョークなのかもしれませんけど。BGMを利用して「ライオンキングの実写版なんですよ~」みたいな。あともちろん「子供向けの配慮」と。

でも個人的にディズニーものってけっこうイジワルというか、例えばホーンテッドマンションやカリブの海賊のあれこれとか、あるいはこのジャングルクルーズでも、サイに追い詰められてる探検家とか、首持ってる原住民とか、わりと笑えないシチュエーションをジョークとして見せちゃうという、実にブラックな笑いを散りばめてあるのが特徴で。
しかもそれを、子供が遊ぶ遊園地で「夢と魔法だねハハッ」とか言いながらやってるのが念入りにブラックだわ(でもそんなところが良し)。
と思ってたので、なーんか違和感というか残念でした
何より、「これを演技というのは、ジョークじゃなくて単なる「嘘」だろう。子供にもシマウマにも失礼だろう」的な、たかがアトラクのナレーション1つにそんなムキにならなくてもという、我ながら青臭い感想まで湧いてしまうのが困りもの

DSC_1183[1]_convert_20150814122145

軒並みピンボケの中、唯一ピントが合ったのがこの果物屋さん↑なんですが、これももうすっかり「果物屋」さんに転職しちゃったんですね 「ON SALE」なんて看板まであって。
まあ果物屋さんの登場以来、「みんな役者さんなんですよ~」方面へ行くのは既定路線だったのかもしれませんが。
個人的には「子供向けの配慮」というならむしろ、あの探検家の方を「みんな役者なんですよ~」にしてほしかったわ。中身子供としては、あれはかなり怖いシチュエーションなのよね~救いがなくて
(しかしそう思うとカリブの海賊なんて、よくあの内容のまま残してあるなあ

そんなこんなで、色々な意味で印象に残ったジャングルナイトクルーズを終えて
速攻トゥモローランドへ戻ります
時刻は21時過ぎ。おそらく1時間前にここに置き去りにしたと思われるKKのリュックは、果たしてあるや否や!?

相変わらずSB5分で、リニューアル前のように人影がないスターツアーズのキャストさんに、用件を伝え、特徴を伝え、時間や座席の位置などを伝え。
「あ~ハイハイあれね~」
と、すぐに判明するかと思いきや、意外と時間がかかり
他のキャストさんを呼んで報告を受けたり、中に入って出てきてはまた入ったり、再度特徴などを聞いてどこかへ連絡したり。
あれ? もしやリュック消失?? あんなに大きいもんがすぐ出てこないってことは、誰か持ってっちゃった???
「TDRならほぼ出てくる」と思ってただけに、ショックも大きく
しょうがないか・・・とあきらめかけた時、キャストさんがリュックを手に、「これですね~」と登場 それです! わあありがとうございます

やっぱりTDRでの落とし物・忘れ物帰還率は高いですね 
キャストさんの見回りなどのシステムがきっちり行き届いているのか、はたまたゲストの皆さんが夢の国にいて心優しくなっているのか
そして、昨夜の救護室行きの時も思いましたが、「何かあってもTDRならきっと大丈夫 ちゃんとしてるから」という安心感・信頼感がゲストの方にも、というか少なくとも我が家には、今までの体験から培われているんですよね~。
ゲストにそう感じさせるって、すごく重要なことだけど、実現するのはすごーく大変なことだと思います 

そして時刻は22時前。
FP使って、本日最後のアトラク・ビッグサンダーへ行きましょう。

DSC_1453[1]_convert_20150814122313

ママはもちろんお留守番。
男衆を見送って、そのままビッグサンダー前で座って待っていたら、やがてパーク中に「東京ディズニーランドは、まもなく閉園いたします」のアナウンスが。
しかしまるで朝の10時のように、お客を中に入れるキャストさん。「ビッグサンダー、まだ入れますよ~。乗りませんか~」との呼び込みまで
乗り終わってきた若人たちが、「まだ乗れるって!乗ろうよ!」と、退出口からSBルートまでダッシュして連続乗りするのは、「これぞ若さ」って感じでうらやましいですね~ 
そんな中、ついに「東京ディズニーランドは、本日閉園いたしました」のアナウンス
しかし驚いたことにキャストさん、「ビッグサンダー、まだ乗れますよ~」
なんでも今日は、昼間一時運営休止していて(確かに我が家もスマホで見ていて、「まだ復旧しないな~FP大丈夫かな~」と気をもみました)、そのお詫びに終了時間をちょっぴり遅くしていますとのこと。へ~すごいなあ
22時を10分くらい過ぎて、ビッグサンダーのゲートも閉まり、男衆も帰還。
夜のビッグサンダーはすっごくキレイだったそうで、去年までは苦手っぽかったUが、「明日も乗る」と息巻いていました

明日あさっては両パーク行き来OK。しかしなーんも決めていません
ホテルのコンビニで、ビールやスープパスタ、レトルトお茶漬けなどを買い込んで。
最初はどっちへ、FPは何を取る、等々、明日の予定を話しつつ。
2日目の夜は更けゆきます
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント

No title

初めまして!
いつも楽しく読んでます。

私も去年までは「ショー立ち見」はありえなかった一人ですwが、今年はついつい、何だかウォルトさんの所で三時間待ちまして(良くもったな~&結構楽しかった)、ワンスを鑑賞致しました。
結果、
「最高!!!!!!」の一言に尽きます。
あそこでこのレベルならば抽選で当たった席ならば必ずや更に良いと思うのです。。。
是非是非、お勧めです。

Re: No title

バゲットさん初めまして!
コメントありがとうございますm()m こんなつたない旅行記を読んでくださってうれしいです(^^)

3時間(@o@) すごいですね~~!!!
でもそれを「結構楽しかった」と言えてしまうバゲットさんが素晴らしいと思います。 TDRで過ごす上で、ひいては日常生活でも通用する、極意ですね。私も常にそういう意識でいたいと思うのですが、なかなか(^^;)

確かにワンスは、ちょっと離れたところの方が、花火などの特殊効果も含めた「1つの作品」として全体的に見れてよさそうですよね~。お城に近すぎると、迫力はすごいけど、お城の凸凹が気になっちゃったりもして;;
ウォルトさんのあたりは、全体的なバランスもよく、いい感じに近いので迫力もあるという、まさに特等席かもしれませんね(^^)v しかし3時間か・・・うむーうむー(^^;)

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。