スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のホテル紹介・・・でシーの夜は唐突に終了

7/29(水)14時過ぎ
シーの駐車場からホテルへ向かいます。
余談ですが駐車場、いや~日陰に停められるって素晴らしいですね♫ 去年の夏は屋上で、しばらく乗り込めなかったくらい車があっつく熱されてたものですが今年はすんなり~

そのかわり(?)ホテルへ行く途中でなぜか道に迷い、気づけば昼下がりの浦安住宅街をぐ~るぐる。舞浜駅はすぐそこで、ホテルもTDRもおとなりさんってくらい近くにあるはずなのに
なのに道に1本入ると、TDRの姿どころか気配すら消え失せ、ほんとに日常ーーーの住宅街が広がってるんですねー 通学路があったり、白いタンクトップ着たじーちゃんが、玄関先で水まいてたりとかして
これはこれで、地方在住ゲストにとってはTDR的非日常を裏から味わえる感じがする楽しい体験ですが、しかしさまよい走って時刻は既に14時半過ぎ。いかんせんそろそろホテルに着きたいぞ。なんとかこの住宅街ラビリンスを抜け出せないものか

と焦るうちに突然ぽこっと住宅街を脱し、ピンクのクラブリゾート、丸い舞浜ホテルと、見慣れたオフィシャルホテル群が。あ~よかった。しかしさっきの街はいったいなんだったのか。(なんだったのかって普通の住宅街ですけど

というわけで、結果的にちょうどよい時間になった15時頃。チェックインしたのはこちらのホテル。

DSC_1132[1]_convert_20150807081317

やっぱり今年もシェラトンでした~
入口に車を停めると、荷物を下ろしてくれる人が2~3人わらわらと。
うち1人が「今立体駐車場を工事しておりまして、駐車できる台数が少なく、もし遠くに停めてもいいというお客様には、現在シャトルバスで行く臨時駐車場をお願いしております」。
あくまでもお客の自由意思で、従来通りホテル直結の駐車場に停めることも可能。だが臨時駐車場に停めれば駐車料金無料。チェックアウト後も24時まで無料。難点は、立地がシャトルバスで片道15分はかかること、及びそのシャトルバスも15分に1本程度しか出ていないこと。
等々の説明(勧誘?)を受けますが、我が家の場合「3泊」+「一度停めたらおそらく車の出し入れは帰るまでしない」=臨時駐車場のデメリットよりメリットの方が大きいと思えたので、即OK
特に「チェックアウト後も1日無料」というのはいいですね♫ 我が家はチェックアウト後も夜までしつこく遊び倒す予定なので、3泊分の駐車料金のみならず、最終日のパーク駐車料金も無料になるのは予想外の幸運に思えて

というわけで、荷物を降ろした後パパが車を臨時駐車場に停めに行ってる間、ママKKUはチェックイン。
わあこの入った瞬間のひんやり香る空気、この青と茶色の薄暗い空間、トスティーナやゲーム台(?)等々、すべてが見覚えあって懐かしいわあ あれこんなコーナーあったっけ?(意外と覚えてない

DSC_1134[1]_convert_20150807081358

15時を少し過ぎた程度だったせいか、チェックイン列はなし。というかロビー自体にゲストの姿があんまないぞ
去年の部屋が景色も広さも微妙~になんだかなだったので、空いてそうなのを幸い、今年はチェックイン時に「できればシーが目の前に見える部屋で」とお願いしてみました。
ママ的には、シェラトンといえばこの「目の前にシーがどーん」だし(だからシェラトン好きなのよね)、今回は3泊と長いので、できれば好きな景色の中で過ごしたいと。

SANY0683_convert_20110810094850.jpg
こちらは4年前くらいの写真

とはいえあくまでも「できれば」「空いてたら」で、できなかったらいいですでお願いしたつもりだったのですが、フロント係のお姉さん、すごく一生懸命調べてくれて
先輩に聞いたり、どこかに電話して「じゃ掃除終わったら教えてください」とか、なんかえらく大変そう(フロントのお姉さんいわく「3泊とも空いている喫煙の部屋がなかなかなくて」とのことでした。なるほどそうよなあ、喫煙部屋もえっらく減ったみたいだし
で、しばしの後、「シーが目の前ではないんですけど、当初の部屋よりは近いところに1室お取りできました」と無事に部屋確保 
「ただベッドが4台入っているので、ちょっと手狭かもしれませんがよろしいですか? ベッドは荷物置きとしてでもソファとしてでもご自由にお使いください。もし狭かったら撤去しますが」
撤去なんてとんでもない!ありがた~く使わせていただきます
(後に駐車券の手続きで再度フロントを訪れた時、お姉さんがこちらを覚えていて「部屋いかがでしたか? 狭くありませんでした?」と最後まで気遣ってくださいました。こういう気遣いってうれしいですね

荷物も後から届けてくれるとのことで、ひと安心してロビーでパパを待つことしばし。
30分後、パパと合流したら部屋へ向かいます。
今回は5階のスタンダード。どれどれどんな部屋かな~??

DSC_1047[1]_convert_20150807081613

おお!いいんじゃない?
(写真はくつろぎまくった後に撮った1枚なので、すでに汚部屋ですが

DSC_1048[1]_convert_20150807081730

確かに「目の前にシーがどーん」ではありませんが(むしろ「目の前にシンデレラ城」という感じ)、去年よりはシーが近くて、ママの大好きなインディの裏側とかがしっかり見えるし

DSC_1049[1]_convert_20150807081748

反対側は順番に、クラブリゾート、舞浜ホテル、サンルート、倉庫です。

DSC_1051[1]_convert_20150807081829

ベッド4台入る分、去年の部屋よりは若干広いし、1人1台ベッドが使えるのもお得な感じ♫
(と最初は思ったのですが、Uはママとの添い寝がいいそうで、結局4台目のベッドはソファ&物置と化しました

DSC_1046[1]_convert_20150807081552

アメニティはこんな感じ。
すべての部屋にレギュラーコーヒー&コーヒーメーカー完備は、シェラトンのうれしいポイント
紅茶は2種、ノンカフェインのコーヒーや緑茶のティーバック、さらにはいろはすも1日4本。
さすがに3泊分計12本持って帰るのは重いので滞在中にガンガンいろはすでコーヒー淹れてました。TDR旅行中、これが一番贅沢を感じる瞬間だったかも

DSC_1052[1]_convert_20150807081854

バスの方は、相変わらず品薄です
ドライヤーが新しくなったことと、石鹸がなくならなかったことがうれしかったかな
シャンプーやボディーソープ等は、クラブフロア以外はバス備え付けなのですが、この香りがもう「うわあシェラトンだ~」という感じで。
個人的にはシャワーが、強力ミストタイプに切り替えられるのも、シェラトンのうれしいところです シャンプーの香りもそうですが、なんか「昔ながらのホテルだな~」という感じがして。

DSC_1130[1]_convert_20150806215338

さてホテルで2時間ほど休んで18時過ぎ。
この後は、18:55~のセンターFP、19:30のカナレットPSの予定なので、そろそろシーに再入園します。
リゾートラインの駅まではもちろんミッキーバス

DSC_1055[1]_convert_20150813211305

ところがこのバスが、ママの車酔いを再び誘発
ホテルからベイサイドステーションまでは、距離が短い分、めっちゃ急角度で右に左に、ぐーるぐる曲がります。ぐええ気持ち悪い~
(普通の状態ならまず酔う距離じゃないので、車酔い体質の方もご安心を
ヨレヨレしながらなんとか電車にも乗って、18時半。
メディテレーニアンハーバーまではたどり着いたものの、ママこれ以上歩けません くそ~シーがいっちばん綺麗な時間帯のセンターが~~無念だ~~~
仕方ないので、「センターは怖くてもう無理~」と言い張るUとママはイタリアでお留守番。パパとKKでセンターに乗ったら、ここに戻ってきてみんなでカナレットへ、という予定に。

パパKKを見送り、アイス屋さんのテーブルに突っ伏したら最後、もうママ動けない~~
ほんとだったらこんな別行動時は、Uが好きな2万マイルなり、マグダックスなりあちこちお散歩して、ママUともどもシーで楽しむのに、ごめんね~U~こんな暑いところで身動きとれないまま、ただただ退屈と不安なだけにさせてしまって
汗ダラダラしながら心配そうなUが不憫で、せめて少しでも快適なところでパパKKを待とうと、19時頃、カナレットへ移動することに。
ゼーハーしながらお店に到着し、PSにはちょっと早いけど、訳を話して休ませてくださいと頼んだら、さすがTDR、ウェィティングスペースのソファに案内してくれて、袋に詰めた氷をいくつも持ってきてくれるやら、「横になっても大丈夫ですよ」「救護室へご案内しましょうか」と、いたれりつくせり
19時半頃、お店でパパKKと合流し、ママは救護室へ行くことに。男衆は食べたら閉園までテキトーに遊んでるということで、助かるわ~~

というわけで、ママは数年前の「ビッグサンダー酔い」以来の、2度目の車椅子&救護室と相成ってしまいました。
状態もその時とほぼ同じ すなわちベッドに横になった途端、めまいと震えがガクガクきてしゃべれない~~
ああランドならともかく、いっちばん素敵な夜のシーでこんなテイタラクなんて、非常ーーーに無念だ~~
救護室の中は、基本白くて静かで、ここだけTDRの時空間から切り離されてるという「別世界」感がハンパなく。
ただ、白い部屋でベッドに横たわってうつらうつらしていたら、ものっすごい爆音や轟轟とした音楽、そして「イマジネーション、ハハッ」というミッキーの大声とかが聞こえてきて、「ああ今シーにいるんだな~」という不思議な臨場感がありました。

これだけママ的には派手な症状なのにも関わらず、2時間ほど休むとけろっと治ってしまうのも、「ビッグ酔い」と全く同じ。
21時半、ひと寝入りして復活
白く静寂な別世界から出ると、目の前はオレンジ色の光が煌くメディテレーニアンハーバーです うお~非日常から非日常へ戻った~~
すっかり人も少なくなったカフェ・ポルトフィーノ前を通り過ぎ、思いついてマンマで夕飯を買っておきます。あんましお腹すいてないけど、ちょっとは胃に入れとかないとね。余ったら朝ごはんにもできるし。しかしカナレットの夕飯とはえらくかけ離れちゃったな~
ついでにダッフィーカップのゼリーも買い、マンマ前のテーブルに落ち着いて、夏の夜のあたたかいざわめきに包まれながら、なんとなく穏やか気分でシーを体感します。パパKKUは楽しめたかな~?

まだまだ行き交う人が途切れない22時近く、「センターSB、21時40分で受付終了してた」と不完全燃焼顔のKKを先頭に、男衆が帰ってきました。え~去年なんてギリギリまで入れたのに、今年は混んでるのかな~??
カナレットで食べたあれこれ、その後乗ったストームライダーや2万マイルなどの感想などを聞きつつ、ホテルに向かいます。最後だけは(KK的には)不完全燃焼だったけど、初日のシーは皆とりあえず楽しく過ごせたようで、よかったよかった
よーし明日のランドは、ママも体調万全にして挑むぞ~~
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント

No title

K&Uさん、こんにちはi-179
お盆で帰省しているうちに旅行記が進んでいて嬉しい反面、一気に読むのがもったいないとも思ってしまいます(笑)

今年もシェラトンだったのですねi-197シーに近いし、スタンダードでも広いし、コインランドリーはあるしで過ごしやすいホテルですよねi-189ちなみに、この日の14時40分ころまで我が家はシェラトンにいましたi-278K&Uさんご一家と逆に臨時駐車場に車を取りに行っている夫をロビーで待っていました。あと少しですれ違っていたかもしれませんね~i-189

そして、せっかくのシーでの時間が体調不良で楽しめず残念でしたi-241でも翌日には回復されたようで良かったですi-228私もはるか昔10代の頃ランドの救護室にお世話になりましたi-229救護室のキャストさんも優しくて感動したり、夢の国の裏側が少し見られて嬉しかったりで、今では貴重な思い出ですi-235


>>sizrさん
息子さんはもう回復されているでしょうか?今週はお天気が不安定なようなのでsizrさんと旦那様も体調を崩されませんように…。残りの日程を皆様で楽しんでください(*^_^*)

Re: No title

ゆうさんこんにちは~♪
帰省お疲れ様でしたm()m 今年のお盆の頃は早くも猛暑が一段落した感があって、お墓掃除もちょっとラクでしたね(>▽<)

はい、今年もやっぱりシェラトンでした~。しかもゆうさんと同じく臨時駐車場♪(ゆうさんが臨時駐車場の話題を出された時は、鋭い!とどきっとしましたよ~(>▽<))

え~~そうだったんですか(@o@) じゃあうちが浦安住宅街で迷子になってなければ、もしかしたらロビーですれ違っていたかもですね(><)残念 あ、でももしかしたら住宅街方面でダンナ様とはすれ違ってたのかも?(^^;)

ゆうさんも救護室でお世話になった過去があったのですね~。救護室って、夢の国の中にあるような、別なような、なんだか不思議なところですよね(>▽<)
私も今回再びお世話になってしみじみ思ったのですが、たとえ体調悪くなっても、TDRにいるんだから大丈夫という安心感があるんですよね~。前もお世話になったことがあるからという体験から来るものもあるのでしょうが、ハードやソフトのシステム&ノウハウともにちゃんとあるから、キャストさんに助けを求めたら、あとはお任せしておけば万事いいようにしてくれるという信頼感とセットになってるというか。
具合悪い時に、どっかでこういう大船に乗ったような安心感があるのは、心理的にけっこう助かりました。こういうところも、旅行先の選択ポイントとしては(特に小さい子連れや高齢者連れの旅行などでは)大きいんでしょうね~

ほんとにお盆明けあたりから、お天気が変わりやすくなりましたね~
ゆうさんご一家、sizrさんご一家、皆様体調管理を万全に、残りの夏を乗り切りましょうね♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。