スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のご飯

仕事を始めると、メニューの予定、食材の買い置き、および下ごしらえがけっこう重要になるんだな~ということに気づいた昨今。
ママの仕事は、朝が比較的遅い始まりなので助かるのですが、夕飯はやっぱり時間との戦争
帰宅してからなるべく短時間で夕飯を作るには、私の場合、朝のうちにいかに「後は焼くだけ」とか「煮るだけ」状態にしておくかが勝負のポイントという感じで。

で、1年たってもまだまだ試行錯誤しているのですが こないだ帰宅してからの調理時間(たぶん)過去最短を記録した料理があったので、喜びのあまりご紹介(たぶんとっくにやってらっしゃる方多々だと思いますが
そーれーはータコライス
会津若松では、リオンドールだけが唯一タコシーズニングを扱ってますスバラシー ちなみにどこのリオンドールでも大体、タコシーズニングとともにチリシーズニングや(トルティーヤ皮も一緒になった)タコスセット、タコスソースやサルサソースなども並んでいて、タコベルが若松に上陸するまでは、とりあえずリオンドールでしのげそうです(たぶん永遠にリオンドールでしのぐ予感
ここでタコシーズニングとサルサソースを買っておき、まずレタス千切り→冷蔵庫へ。
そしてトマトダイス切り→冷蔵庫へ。
みじん切り玉ねぎがジャムみたいになるまでよーく炒めたもの→冷蔵庫へ。
私は玉ねぎの食感が苦手なんで、カレーでもなんでもぐっちゃぐちゃになるまで炒めちゃいますが、玉ねぎ好きな人は、みじん切りにした時点で冷蔵庫へ入れちゃっていいと思います。冷蔵庫がオニオン臭くならないよう厳重に。
(てか玉ねぎは必要ないかもです。沖縄のタコライスには入ってないし。我が家は風味&分量アップのために入れちゃいますが
最後に豚でも牛でも、お好きなひき肉を冷凍庫から出しといて、さて行って来ま~す

帰ってきました~
さあここから勝負です 解凍したひき肉と冷蔵庫の玉ねぎを、途中に水とシーズニングと、我が家の場合ケチャップとソースも追加して、強火でがーっと炒めること5分くらい?
お皿に盛ったご飯にこのひき肉をのっけて、冷蔵庫から出した千切りレタス、ダイストマト、そしてスライスチーズをちぎって乗せれば完成です早~い! サルサソースは食卓に置いて、お好みでね

ここにスープを足しても、プラス10分くらいです
アオハタコーンクリーム缶の大1個を、バターでざっと炒めたら、ミルクで伸ばし、塩で味付けするだけ。お好みでホールコーンを投入してもグー ミルク系はピリ辛味を中和してくれるので、タコライスにはぴったりなんですよね
これも朝のうちに作って冷蔵庫に入れとけば、さらなる時短&冷製コーンスープになります。これからの季節にはそっちの方が冷たくておいしいかもですね♫

もう一品
このタコライスであまったサルサソース(サルサソースは瓶詰めなので、開封したら早く食べきるが吉です。冷凍保存という手もあるかもですが)の活用法を考えてたら、わりとおいしそうな料理を思いつき、次の日がお休みだったのをいいことに作ってみたら家族に好評だったので、喜びのあまりご紹介(たぶん「よくある料理じゃん」って方多々だと思いますが
目指すは「ヒメダイあるいはスズキのポワレ」です
なんかレストランとかでよくありそうじゃないですか「こちらヒメダイのポワレでございます」みたいな。よくわかんないけど高そうな感じの
あれを家で、いかに安く簡単に、そしてサルサソースリサイクルのために作れるかという
まずはお魚屋さんで、テキトーな白身魚を購入。スズキやヒメダイがあればいいけど、たぶんないしあっても高くて買わないので、テキトーに安いやつを 
今回は赤魚を選択。タラやカレイでもいけるかもしれません。ただ赤魚が4切れ398円で一番安上がりだったのでね~
つぎにお野菜コーナーで、長ナスとズッキーニ購入。どちらも夏野菜なせいか、このところ比較的安くなってきたのがうれしいです♫ 今回はナス70円、ズッキーニ128円。どちらも少ししか使わないので、1本ずつで十分です。プチトマトも、買い置きがなかったらここで買っときましょう

赤魚は、時間があったらミルクに漬け込み。なかったらたぶんそのままでもいいと思います
フライパンでバターを溶かしたら、赤魚投入。塩コショウ、ハーブソルトなどお好きな味付けしたら、後は蓋をして、表裏ぱりっとなるまで中火で焼くだけです。ポワレってたぶんこういう料理よね。え、違う?
その間にプチトマトをダイス切り。トッピングなので、そんなに量いらず。
ついでに長ナスとズッキーニもダイス切りにして、オリーブオイルで揚げ炒め。途中ニンニクをしこたま入れ、マジックソルトで味付けします。
これもトッピングなので、半分くらいしか使いません。残った半分は、トマト缶と一緒に煮込んでパスタソースか、いや待てオリーブオイルでこんがり焼いたチキンソテーのトッピングにもいいかもな。ソースはこちらもトマトでね。

といった感じにまたまたリサイクル可能 ちなみにチキンソテーも、暇な時にドレッシングに漬け込んで冷凍しとけば、後は焼き色がつくまで焼くだけなので、「帰ってきてからの戦争料理」にぴったりです。つけあわせのレタスやサラダはもちろん朝のうちにね 鶏を塊じゃなく、細かく切って冷凍しとけば、帰ってきてから長ネギと一緒に市販の焼き鳥のタレと炒めるだけで、これまた10分で焼き鳥の出来上がり

そうこうするうち、赤魚がいい感じにぱりっとなったかな~??
魚にしっかり火が通って、「これでOK」と思ったら、お皿に盛り付けです。
魚の皮の上に、ナス&ズッキーニを多からず少なからず、いい感じに乗っけて。
さらにその上にダイストマトもいい感じに乗っけて。
そしてその上に残ったサルサソースを乗っけて。ついでに水菜もちょろっとだけ散らしましょうか。水菜って安いし使いやすいんだけど、すーぐヘタレてしまうのが難点なのよね。ちょこまか使っていかないと。
最後にお皿のヘリに、緑のバジルソースをくる~り。これで「スズキのポワレと思えばきっとそういう味がするはずええきっと」の完成で~す
安いわりに見た目が豪華、そして魚をバター風味、ニンニクやバジル風味、サルサ風味と色んな味で食べられるのがポイント もちろん全部ごちゃ混ぜにして食べても良し

しかし見た目は豪華ですが白米は進まなそうな味なので(パンの方が合いそう)、ご飯は炊き込みご飯に
フェイクな料理に合わせて「松茸ご飯と思えばきっとそういう味がするはずええきっとご飯」、別名エリンギご飯です
昔どっかのTVでやってたご飯で、水をセットしたお米に、エリンギおよび永谷園とかの「松茸のお吸い物」の素を入れて炊くという。あんまりいっぱいお吸い物の素を入れると風味がくどくなるので、人数多いときはお酒や白だし、醤油などで好みの濃さに調節するといいと思います。わあ今日はヒメダイのポワレに松茸ご飯か~すご~い(虚しい上に四季が合ってない

副菜は、前にも書いた気がするブロッコリーとじゃがいものチーマヨ焼きで。これも「あとは焼くだけ」にできる便利料理♫
ブロッコリーとじゃがいもをオリーブオイルで揚げ焼きして、またまたマジックソルト。クレイジーソルトよりも安いのでお気に入りです
それを耐熱皿に入れた状態で出かければ、帰ってきてからマヨネーズとチーズ乗せて焼くだけでOK。子供受けする味なのもグーです ブロッコリーも、一時は高かったけど最近はだんだん値段が下がってきましたね♫ ありがとう夏

などなど、あんまり珍しくもない料理ですが、喜びのあまりご紹介してみました 何か参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。