裏磐梯でハッピートラベル

GW、始まりましたね~♫
我が家も関東の親戚が遊びに来てくれることになり。
で、急遽GWの宿探しをしたのですが、こっれっがっなかなか
せっかく会津まで来てくれるんなら、やっぱり東山温泉よねと検索してみたら、全館満室
じゃあちょっと足を伸ばして芦の牧温泉にするかと検索してみたら、これまた全館満室
ちなみに東山も芦の牧も、決して極小温泉街ってわけじゃなく、旅館の数もそこそこあります それがぜーんぶ
仕方ない、普通のホテルでいいかと、懐かしのフジグランドやワシントンなど、若松市内のホテルを検索してみるも、これまた全滅
七日町の老舗旅館「渋川問屋」を筆頭に、安いだけがとりえのビジネスホテルみたいなのも含めて、市内の宿泊ほぼ全部検索してみたのですが、ぜーんぶ
ここらでそろそろ力つきそうになりますがそっそうだ若松がダメでも、大ホテル完備の猪苗代&裏磐梯エリアがあったじゃないのと検索してみると、大ホテル小ホテル軒並み満室
七つ森や磐梯表裏の膨大なペンション村も1軒1軒見てみるも、全部
さささ最後の手段で喜多方だ結果はもちろん

どうですこのの嵐
同じGWでも、天皇誕生日(と昭和世代はつい呼んでしまう)や、連休後半の5/5、6あたりならまだしも空きがあるのですが、5/2~4、とりわけど真ん中にあたる5/3は、ま~どこのサイトからどう検索しても全館満室です。いや~GWってこんなんなるんですね まあ今年は5連休だし、例年以上に人出が多いんだろうなあ。
(しかしいまだ風評から完璧に立ち直ったとは言えない福島県民にとっては、これはやっぱりうれしい悲鳴

とはいえ、ここはミラコスタのキャンセル拾いで鍛えたママ 暇があればスマホで直営サイトはもちろん、じゃらん等あらゆるサイトでこまめにチェックしてると、ぽつり・・・ぽつり・・・という感じで「残り1室!」と出てきます。
しかしこれがまた、足元を見られまくりというか、お値段バカ高 東山や芦の牧の有名旅館や、裏磐梯の巨大ホテルなども、ぽろっと出たりしてましたが、5人部屋だと1泊10万超えたりして笑うーいや笑えない 12月末に泊まった裏磐梯ホテルの「リフト券&朝食付きで1人7000円」の世界はどこへ行ったのだーーー

と、そんなこんなでチェックしまくってるうち、なんとか裏磐梯の可もなく不可もなくというホテル予約に至りましたふー
こちらも普段はめっちゃ格安で、格安なのに可もなく不可もなくだから相対的に評価が高いというホテル。てことはGW価格で泊まる向きには、相対的に評価がイマイチになる恐れもありますが、もうここまで来たら「取れただけで十分」ということで納得してもらおう だって1泊10万はヤでしょ?

さてそんな、「普通の時期なら格安で泊まれるのに」あるいは「この値段なら普通の時期のあのホテルに泊まれちゃうのに」とお嘆きの裏磐梯ご旅行予定の方々へ、朗報!!!
今日から「裏磐梯ハッピートラベルチケット」(第一期)が発売されます!
これは、裏磐梯の宿泊が1人なんと5000円割引になるチケット
を2500円で買うというもの
なので、実質割引は2500円ですが、しかし5人1室なら12500円割引ですよ これは使わない手はない

使うにあたっての条件(例えば使える宿泊先とか予約方法とかその他もろもろ)があるので、詳しくは「裏磐梯ハッピートラベルチケット」をすみずみまで確認、時には宿泊先や自治体にも確認してみてくださいね♫
私も無事発券できました~~~ 「全国で先着6000名」というのがえらく不安だったので、発売開始時間の10時ぴったりにコンビニに行ったら、「ただいま回線が混み合ってます」でもうダメかと(すぐさま中止して再度番号入力したら大丈夫でした

このバカ高いGWはもちろん、夏休みにも使える「裏磐梯ハッピートラベルチケット」、もしも「今年は裏磐梯へ行ってみようかな」という方がいらっしゃいましたら、ぜひどうぞ♫
(5/21追加:こちらのチケット、5/18に完売したそうです。秋の紅葉~スキーシーズンに使える「第2期ハッピートラベルチケット」が10/5から発馬予定です)

DSC_0746[1]_convert_20150501114417
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する