スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廊下橋ゆく花月夜

会津若松、4月末日現在最高気温28度
早くも浜通りと気温逆転して(例年6月くらいのはずじゃ)、昼間はもう初夏! 当然桜も終わってしまいましたが。
さかのぼること1週間くらい前、久しぶりに鶴ヶ城の夜桜見物してきました

DSC_0707[1]_convert_20150424093953

そもそもは2月くらいだったか、会津在住のとある方のお葬式があって。
その方は和歌や書を嗜んでらしたそうで、祭壇の横にも、生前自ら詠みかつ素晴らしい筆致で書かれた歌が、でっかい屏風にどーーーんと飾ってあったのですが、それがこちら↓

鶴ヶ城 廊下橋行く花月夜 今宵逢う人 皆美しき

DSC_0718[1]_convert_20150424094249

なんとも雄大艶やか、そして故人のお人柄が偲ばれるような優しい歌だな~~~
と、しばし書に見入っていたら、数年前一度だけ見て感動した、鶴ヶ城の夜桜風景、すなわち闇に赤く浮かび上がる廊下橋、水面に映る真っ白な桜並木、光りながら舞い散る桜吹雪、それらの中を幸せそうに笑いさざめきながら行き交う花見客多数・・・の光景が、でっかい屏風ごしにばーーーっと再現されちゃって
春になったら実物を見に行きたい!と強く思ったものでした
(ほんとは昼の桜も見たかったんですが、今年は桜の見頃の時期が雨とかぶっちゃって、やっとお花見日和になったと思ったらすでに葉っぱ飛び出しという その点夜桜は、多少の葉っぱも見た目ごまかせるのがいいですね

DSC_0701[1]_convert_20150424093835

というわけでやってきましたお久しぶりの鶴ヶ城。
いつもの南門から真っ暗な城内へ入っていくと、おおっ向こうの方がはんなりと明るく

DSC_0672[1]_convert_20150424093354

ちなみに両側は夜のお墓です
なので余計に、このライトアップがありがたい気分

DSC_0675[1]_convert_20150424093444

お墓ゾーンを抜けると、左側一面が桜満開広場
お掘に面したところまで行くと、「鶴ケ城 夏草刈りて明るかり」という句が刻まれた石碑があります。
秩父宮節子妃御成婚の喜び=「賊軍」のまま死んでいったつわものどもの無念が晴れた喜びを詠った句だそうですが、そこらへんから廊下橋を眺めるとこんな感じ

DSC_0743[1]_convert_20150424094942

眼鏡橋、とは言わないな「棒2本橋」か?(風情なさすぎ) でもちょっといい眺めでしょ
そんな廊下橋を桜に見え隠れさせながら、お城に向かって歩いていきます。

DSC_0741[1]_convert_20150424094907

南門から廊下橋へ向かう道は、すっばらしい桜並木です
頭上が一面、桜で覆われる感じで♫

DSC_0739[1]_convert_20150424094848

桜越しの月
ほんとは切り裂くような三日月夜だったんですが、カメラのせいでおぼろ満月になってます

DSC_0726[1]_convert_20150424094509

桜越しのお城も
気分は花札で「桜の二十文」が来たような感じです

DSC_0728[1]_convert_20150424094550

そぞろ歩くうち、到着~

DSC_0725[1]_convert_20150424094449

鶴ヶ城 廊下橋行く花月夜 今宵逢う人 皆美しき

DSC_0720[1]_convert_20150424094324

立ち止まる人多数、撮影する人多数。
みんなニコニコしてます ま怒りながら夜桜見物する人もそういないでしょうしね
赤い欄干越しに眺める、水面に映える桜はほんとに異世界の美しさで。
「おお~」「きれいね~」等々、そこここから声が上がってました。

DSC_0719[1]_convert_20150424094307

といっても私のカメラではこんなテイタラク
肉眼で見る美しさをお伝えできないのが残念です

DSC_0723[1]_convert_20150424094405

葉桜時期の花見特典! お堀を一面覆う花筏
この写真ではなんか赤潮めいたネガティブ光景になってますが実物はもっと綺麗ですと力説

DSC_0721[1]_convert_20150424094339

さてでは橋を渡って、メインスポットへ向かいましょう。
おっ、桜の向こうにお城が見えてきましたよ

DSC_0715[1]_convert_20150424094154

ライトアップされているので、真っ白なお城がひときわ明るく輝いて浮かび上がってます

DSC_0694[1]_convert_20150424093642

ここでも「今宵逢う人 みな美しき」です
みんな笑顔で楽しそうに行き交ってます。

DSC_0695[1]_convert_20150424093714

ついにご対面鶴ケ城。
いつ見ても綺麗なお城ですね~~~

DSC_0696[1]_convert_20150424093740

今年は「天守閣再建50周年」ということで、色々イベントも企画されているようです。
来る時に通った「鶴ケ城 夏草刈りて明るかり」の頃は、実際は石垣が残るばかりだったのですね。

DSC_0706[1]_convert_20150424093936

お城の向かいはこれまた見事な桜満開広場で、平日にも関わらず夜桜酔客多数でした
こういう、人が幸せそうにざわざわしてる空気っていいですね~♫

DSC_0700[1]_convert_20150424093819

「みな美しき今宵逢う人」たちを眺めながらの、鉄門の桜。
ちなみに「てつもん」じゃなく「くろがねもん」です念のため

DSC_0702[1]_convert_20150424093853

八重桜かな? ここだけつぼみ越しに見るお城。

DSC_0703[1]_convert_20150424093918

さてでは帰り道に向かいましょう。
おトイレがちょっとアレですがここの桜並木も素敵です

DSC_0708[1]_convert_20150424094016

名残惜しくお城を振り返りつつ。

DSC_0711[1]_convert_20150424094038

廊下橋まで来ると、おお~JKだJKだ(←オヤジか
女子高生が夜桜見物とは、今の子って風流なのね~~

DSC_0717[1]_convert_20150424094231

鶴ヶ城 廊下橋行く花月夜 今宵逢う人 皆美しき・・・

DSC_0727[1]_convert_20150424094536
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。