2年ぶりのアクアマリン♪

いいお天気だった先週末
急遽みんなでどっか行くか?ってことになり、KK&U「マリンピア!マリンピア!」
ええ~マリンピア、新潟じゃん遠いよ~。あっそうだ久しぶりにアクアマリンはどうよ?
と言ってから「新潟よりも遠いんじゃ?」と気づくママですがKK&Uは既に「アクアマリン!!!」と目がハート。
というわけで、アクアマリン福島に行ってきました♪
パパはお初、ママKKUは2年ぶり。そうちょうど、あの震災5ヵ月後以来です。
あの時はアクアマリンはもちろん、周辺もきれいに整備されていて、ぱっと見津波が来たなんて感じさせない景色でしたが(たった5ヶ月で)、それでも小名浜港には船が積みあがってたり、信号機がオール止まってたりと、そこここに少しずつ跡が。
それらがどれくらい消えたのかも、ちょっと見てみたいなと。

会津からいわきは、遠いです
特に郡山JCTからは、IC間が妙~~に長い気がして。
救いは2車線あることですね。ほぼ同じ時間かかる会津~新潟間は、基本1車線の磐越道なので、それに比べるとストレスフリー♪
小野ICで「阿武隈洞」の表示なんかを見て「あっここ、昔俺が行きたかったところだ!」とパパが盛り上がったり(後にアクアマリンでひそかに阿武隈洞のパンフ&割引券をゲットしてた)、「南相馬・双葉↑」の看板を見ては、「先生元気かな」とKKと小学校時代の担任だった先生を思い出したり。
その先生は、ものっすごく個々の生徒に対して真剣な方で、気力体力時間のほとんどを生徒に捧げてるんじゃないかと思うくらい(生徒たちにGTOと呼ばれていたことからもその片鱗がうかがえます)。
双葉町から会津に避難していて、会津の小学校に勤務していらっしゃったのですが、被災のあれこれ、元の小学校との連絡あれこれ等、おそらく膨大なことを抱えつつも会津の小学校ではGTOを貫き、しかも大家族全員で住める借り上げor仮設住宅が若松市内にないことから、広~い会津地方の一画から毎朝2時間かけて、冬は車の中で日の出を見ながら、通勤してらっしゃるという;;親はほんとに、頭が下がるばかりです。

と走っていくうちに、いわき湯本IC到着♪
ここから、ヤシの木が並ぶ通りを、一路小名浜へ
ここら辺に来ると、遠景に山ってもんがまったくないことに、「あれっ?」と軽くカルチャーショックです うちの方は、四方どこを見ても必ず山影があるので、無意識に目がその景色を覚えてるんですよね

IMGP5048_convert_20130929115553.jpg

さて会津若松から約2時間。
到着したアクアマリン周辺は、きれ~~~~いでした~~~
倉庫前に積みあがった船も、壊れた信号機も、なんもナシ!
「なぜいわきにシャア・アズナブル関連施設が?」と、当時は復興前で、地図の名前だけ見て不思議がってた「ら・ら・ミュウ」も、看板がどーんと!(ガンダム施設じゃなくお土産屋さんらしいと後日知り
アクアマリン横の港には、海上保安庁の真っ白い船が停泊してたり、こじゃれたレストランがあったりして、なんだか素敵な雰囲気
大水槽のガラスが割れるほどの濁流がここに押し寄せたなんて、とっても信じられないような景色です。

IMGP5046_convert_20130929115514.jpg

あ、これは残すことにしたんですね。
津波の高さ威力を伝える、ぐにゃっと曲がった看板。。。

IMGP5051_convert_20130929115619.jpg

しかし今日は、ガレキの向こうにいっぱい観光バスが並んでます♪
そういえば2年前に来た時も、県外ナンバーの車がいっぱい停まってたな~

IMGP5050_convert_20130929115607.jpg

入り口までは、子供たちが描いた大漁旗がずら~~~りと!!
今日の青空とあいまって、壮観でした♪

IMGP5053_convert_20130929115637.jpg

まずは生きてるものを含む、化石コーナー
最初のこの部屋に入っただけで「もはやマリンピア新潟を超えている」と思わされるのは相変わらずです

IMGP5055_convert_20130929115701.jpg

シーラカンスに力を入れてる水族館なので、シーラカンス化石も色々。

IMGP5054_convert_20130929115650.jpg

生きた化石・カブトガニも泳いでます。
これがまた小学生男子のようにハツラツと泳いでいて、なんだか笑ってしまう
(なんか水の底で長老のようにじーっとしてそうじゃないですか「生きた化石」とかって

IMGP5057_convert_20130929115731.jpg

エスカレーター脇に、唐突に展示されてる頭蓋骨を眺めながら上階へ

IMGP5059_convert_20130929115744.jpg

上階は福島県の川コーナー。
「準絶滅危惧種」という赤字が多いな~
皆で「準絶滅危惧種の魚はどれだ!?」と探しあいます

IMGP5063_convert_20130929115902.jpg

スタッフさんが餌をやっていました。
大きいスポイトで、赤い汁をジャッと。
と思ったらこれは「あかむし」という、蚊の幼虫なんだそうですウゲゲゲ大量の幼虫見てしまった;;(虫ニガテ

IMGP5064_convert_20130929115916.jpg

大水槽を上から見るコーナーも。
このイワシの群舞は、どんだけ見てても見飽きませんね~

IMGP5062_convert_20130929115848.jpg

見飽きないといえばこちらも!
「水鳥」の一種だそうですが、空を飛んでるかのように水中を泳ぐのが、まるで眼球が騙されているような感覚
(しかもツバメのようなスピードで、下はやっとブレずに撮れた貴重な1枚

IMGP5068_convert_20130929120002.jpg

ここからは屋内へ。
ここもまたまた「マリンピアを超えている」と感心するエリアです とにかく立派でピカピカで。
驚くべきことは、震災5ヶ月後で既に、今と変わらぬピカピカ具合だったことです 復興にかけた尽力が伝わってくるような。

IMGP5070_convert_20130929120033.jpg

先ほど見た、泳ぐ鳥・エトピリカが日本で絶滅しそうという展示などの他、小名浜の水も
めっちゃ冷たくて「秋だなあ」と。

IMGP5071_convert_20130929120052.jpg

小名浜の放射線量、2年前は数値が出てた(けど低かった)記憶がありますが、今は全部「検出せず」です
「汚染水問題」とか最近オリンピックがらみで耳にしましたけど、これ見たら「「漏れてる」つっても事故当初のあの状況に比べたら「漏れ」のレベルがもう全然違うんだな」との思い新た。
放射能についての展示も新設されてました。

IMGP5073_convert_20130929120122.jpg

相変わらず、見分け方がわからない北極vs.南極
説明を聞いたときは「なるほど!」と思うんだけど、忘れちゃうのよね~

IMGP5075_convert_20130929120138.jpg

次は亜熱帯コーナー。
福島の川コーナーもそうですけど、外光を採り入れ植物を配置するという、一つの世界を作り上げて見せ方にこだわってるのがマリンピアと違ってすごいなあと。

IMGP5076_convert_20130929120156.jpg

キレ~イなランプ各種も飾られてました
いろんな色のガラスや貝を貼り付けてあるんですけど、全部ここらの海から調達したものなんだそう

IMGP5080_convert_20130929120226.jpg

大水槽では、カツオのアート作品の向こうに、水槽の掃除人発見!
この水槽、2年前に来たときは単なる「水槽が左右に分かれてトンネル状になってるデザイン」と思ってたんですが、単なるデザインじゃなく「親潮と黒潮がぶつかりあってるさま」を現してたんですね~!(超いまさら
いつだったかTVで西田敏行さんが「福島の海はね、親潮と黒潮がぶつかる最高の漁場なんですよ。だから福島の魚はうまい。そういう誇りを持って皆さん漁をしていたんです」と言っているのを、かたわらで浜通りから避難中の猟師さんがうんうん頷いているシーンを見て、ああアクアマリンの水槽ってこれだったのか、と。

IMGP5081_convert_20130929120239.jpg

今日はうちらが行くのが遅かったので閉店してましたけど、大水槽を見ながら食べられるおすし屋さんなんていうシャレたお店も発見(前もあったかな~??)

IMGP5083_convert_20130929120253.jpg

おいしいお魚が続きます 次はサンマ♪

IMGP5093_convert_20130929120505.jpg

ってボケボケ写真ですみませんがm()m 水槽でサンマを飼育するのはかなりの難易度らしく、水族館で見れるのは貴重だそう。
この時はちょうどエサの時間で、いっせいにとぐろを巻く(?)サンマの大群は壮観でした!

IMGP5096_convert_20130929120537.jpg

巨大ミズダコも歩き回ってました
このどよ~んとした動きを見てると、欧米人がタコを気持ち悪がるのが皮膚感覚でわかる気も

IMGP5100_convert_20130929120652.jpg

こちらも新設コーナー。アクアマリンと「友好館提携」を結んでいる各地の施設をパネルで紹介しています。
てことはもしやアレも・・・おおあった!!

IMGP5098_convert_20130929120622.jpg

さっきから何度かマリンピアdisってたかもですがこれはいわば「故郷への甘え」で単純なアゲサゲポイント関係なく、マリンピアは好きな水族館です。だって故郷新潟の水族館ですもの
福島の人にとってのアクアマリンも、きっとそういう存在なんでしょうね
その水族館同士が友好関係なのは、やっぱしうれしいです

IMGP5099_convert_20130929120636.jpg

マリンピアについての説明ではなく、「アクアマリンに助けてもらったこと」を列挙しているのが、新潟出身者としてはまた「いいぞマリンピア」と
いやほんとに、あの「開館時間中に大水槽の魚全滅」は、県民衝撃のニュースでしたね~

IMGP5102_convert_20130929120706.jpg

向かいのタッチプールでもひとしきり。
お願いだからママにナマコをつかませようとするのはやめて
(ヒトデとかなら平気なんだけど・・・なんでナマコってあんなにブキミなの

IMGP5105_convert_20130929120720.jpg

蛇の目ビーチへの通路壁面は、子供たちが作った海産物貼り絵でいっぱい♪
「これは明らかに間違ってる」とか「同じ名前発見!」とか言いながらビーチへ向かいます。

IMGP5108_convert_20130929120805.jpg

今日は午前中、KKの部活が終わってから来たので、目玉の「釣って食べるコーナー」も終了、ビーチもそろそろ後片付けという時間でしたがそれでもひとしきり水遊び。
さすがに秋の夕風が寒いくらいだったので、こないだ来た時みたいに「服を着たまま水没」という事態にはならず、ほっとしました

IMGP5109_convert_20130929120831.jpg

最後にシーラカンスコーナー。

IMGP5110_convert_20130929120846.jpg

お土産屋さんとは別に、ここにも各種おみやげがあるんですね~♪
(ってせっかくシーラカンスに力を入れてる水族館なのにパネルとか見ちゃいない
KKはアクアマリンシャーペン、Uはシーラカンスストラップを。

IMGP5111_convert_20130929120859.jpg

ママ向けにはこんなお土産も
てかシーラカンス調査に行ったついでにこんなんゲットしてしかも売ろうとは、なんて柔軟な発想

IMGP5112_convert_20130929120918.jpg

金魚はなぜかじっくり観察して

IMGP5113_convert_20130929120933.jpg

ここはほんとにいい感じのスペースですね~♪ 木目で、光もたっぷり入って、キレイで。
水族館というより、カフェとか劇場みたいな雰囲気。

IMGP5115_convert_20130929120949.jpg

出てくると、早くも夕暮れ!

IMGP5118_convert_20130929121023.jpg

ついでに隣で夕飯食べてこうと、「小名浜美食ホテル」へ。
ちなみに隣にはアクアマリン2号館・うおのぞき(という子供が楽しめる施設)もあるんですが、もちろん閉園時間

IMGP5120_convert_20130929121155.jpg

ステキなレストランみたいな外装を一歩入ると、中は不思議なお土産屋さん。
駄菓子屋さん&昭和のコインゲームやインベーダーゲーム(KK&Uがここで大ハマリ)があったり、オシャレな生活雑貨を売ってたり。
食品土産はここ「小名浜美食ホテル」土産以外にも、北海道・沖縄・イタリアe.t.c.各地のお土産も。
あっ八重の桜グッズもあったー

IMGP5124_convert_20130929121423.jpg

レストランは2階に、イタリア料理とお寿司ダイニングがあります。
どちらもおいしそうな魚介類たっぷりで、ん~迷う~♪
多数決では「やっぱ寿司」、U1人が「ハンバーグ=洋食」だったのですが、お寿司屋さんにあった「いわき名物・カジキメンチ」で手を打つことに

IMGP5131_convert_20130929121647.jpg

お店はこんな感じで、いい雰囲気♪
アクアマリンもそうですけど、どこもかしこもピカピカなのがいいですね それだけ復興してから時が浅いということでもありますが。
さっそくいわき名物カジキメンチ、そして忘れちゃいけないメヒカリをば♪

IMGP5128_convert_20130929121536.jpg

メンチでかっ!!
そして揚げたて熱々で、おいし~~~!!!
カジキなのに全然魚くさくないのが不思議。というか肉のメンチカツよりあっさりしていて、なのにちゃんとメンチの味がするのが不思議 これは肉メンチより好きになる人多いかも
メヒカリも初めて食べたんですけど、これまた不思議な魚ですね~ 唐揚げで食べたんですが、頭から丸々食べても苦味やクセが一切ナシ!かつ白身であっさり風味なのに、脂が乗っててコクがある ワカサギとかよりボリュームもあって、なるほどこれはおいしいお魚だわ~~~♪

IMGP5130_convert_20130929121614.jpg

と、食べてるうちに続々来ました。パパのは写ってないけど海鮮天丼(あなごが特にうまい)、Uはお子様セット、KKはなんと寿司&そば&天ぷらの超ゴージャスディナーしかも全部食べて「まだ寿司1貫くらい入る」と言っていたのには驚きだ~~!いよいよ食べ盛り突入か
(ってママにシーラカンス寿司を食わせるなU~
メインはもちろん、小鉢のひじきもおいしかったです♪海産物で揃えてあるのも港のレストランぽくていいですね

IMGP5136_convert_20130929121730.jpg

久々の家族総出で「やっぱりたまにこうして出かけると楽しいね♪」などというKKのセリフに「だね~♪」と相槌打ちつつ、おいしいお魚たらふく食べて、満腹になって車へ。
「これはシーラカンスなのか?メヒカリなのか?」と、ライトアップされた夜のアクアマリンを眺めながら、帰って来ました~
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

連続投稿失礼!

俄然マリンピアの方が近いでしょうにお疲れ様でした。
うちは何とマリンピア日本海とマリンピア松島と大洗水族館の三つの水族館のどこに行ってもほぼ同じ距離です。(行く当てもないのに何故かグーグルで調べて±10kmで三箇所収まっていたので驚いたことがあります)
これらの水族館に比べると華やかさがないですがアクアマリンもいいですよね。俺もやっぱり金魚に目を奪われ滞在時間の大半をあそこで過します。

Re: 連続投稿失礼!

こんにちは~♪こちらにもコメント、ありがとうございますm()m
いえいえマリンピアとほとんど変わりませんよ~(^^)v あ、もしかしたら距離はマリンピアの方が近いのかもですが、鬼の磐越1車線が私を阻む(T_T)v
ええ~!っていうことは、新潟・茨城・宮城!?もしや郡山って、東日本のヘソに位置するのでしょうか(@o@)
私はマリンピアしか知らないのですが、アクアマリンは十分華やかだと思います~♪マリンピアは日本海のせいか昔ながらの水族館なせいか、内容はけっこう盛りだくさんなのに、どうも「暗い」って印象があって;;「で、でもイルカショーがあるもんねっ」が心の支えです(^^;)
あの金魚のところはほんといい雰囲気ですね~。明るくて、くつろぎチェアなんかも置いてあって♪
とはいえ金魚コーナーで大半を過ごすとは、sheyさんかなりのつわものとお見受けしました~(>▽<)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する