スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津十楽♪

先週土曜日、「会津十楽」に行ってみました♪
これは鶴ヶ城を舞台に、蒲生氏郷時代にタイムスリップしてみようという、今年が初試みのイベント。
「郷人」という、個人的に好きなよさこい集団も出るそうなので、その時間にあわせて鶴ヶ城にインです

IMGP4600_convert_20130914184431.jpg

お堀では、葉っぱが色づき始めてました
「紅葉に包まれる鶴ヶ城」になるのももうすぐでしょうか

IMGP4683_convert_20130914201200.jpg

鶴ヶ城に入るのはしばらくぶりです♪
久々に来たら、お城前の芝生には、ぐわああああたまらんな物がズラ!

IMGP4604_convert_20130914184454.jpg

相変わらず写真がヘタで迫力が伝わりませんが
「葦名家」「伊達家」「蒲生家」「上杉家」(「蒲生家」Ⅱ)「加藤家」「保科家」「松平家」・・・鶴ヶ城の、歴代城主の旗です!有名どころ多々なのがすごいでしょ
今週末に行われる会津藩公行列では、これらの大旗が先頭きって堂々行進してくるんですが、いやもうこの時のカッコよさときたら・・・鳥肌モンです(おかげで旗フェチになっちゃいました~

IMGP4608_convert_20130914184517.jpg

おおステージもできてますね~♪
今日は戦幕フェスティバル、来週は出陣式の舞台です!

IMGP4611_convert_20130914184632.jpg

見物客もけっこうたくさん。
ちょうど、ここら辺のアスファルトに集まってた人たちが、突如鳴り渡る音楽にあわせて芝生広場になだれ込み、「イエーイ!」「ホ~ウ♪」とノリノリで踊り始めたので、「何事か」とガン見してるところです

IMGP4610_convert_20130914184537.jpg

ナレーションいわく「今ハヤリの「フラッシュモブ」をやってみました」だそうです。
ああよく動画サイトなんかで見るアレね~♪
今日のイベントは時代が時代なので、これも今の流行モノというより、「バサラ」とか「かぶきもの」の一環、って感じに見えてしまうのが不思議なタイムイスリップ感。

IMGP4609_convert_20130914184607.jpg

今は芝生ですが、当時はここら辺一帯、本丸の建物がいっぱいあったようで。
今でもこの芝生広場を囲むようにして、お庭跡↓や御三階跡など、色々な碑が立ってます。

IMGP4637_convert_20130914200252.jpg

蒲生氏郷公は、それまで黒川だった町を、自身の出身地にちなんで「若松」と名付け、さらに黒川城を「鶴ヶ城」とし、さらにさらに会津若松の城下町を築いたという、いわば現在の会津若松の基礎を形作ったとも言える殿様。
もっとも蒲生公時代の鶴ヶ城は7層黒塗りだったそうで、江戸時代の白いお城を見慣れた目にはかなり「イギョーッ!」って感じに映ります

IMGP4613_convert_20130914184706.jpg

おおいつの間にか、英・中・韓国語のパンフレットが常備!
大河ドラマによる観光人気UPを実感します♪
ちなみにこの裏は、ボロボロ鶴ヶ城の写真。

IMGP4612_convert_20130914184652.jpg

キレ~イによみがえったんだな~と、改めてしみじみ

IMGP4639_convert_20130914200344.jpg

おっ!ステージでは何やら始まりました。
「戦幕フェスティバル」実行委員長(だったかな??)による、京都で捕まった山本覚馬です

IMGP4633_convert_20130914200154.jpg

この後ムシロを脱ぎ捨て武者姿になり、「進撃の巨人」の主題歌とともにステージを所狭しと駆け回るあんつぁまなのでした

IMGP4636_convert_20130914200216.jpg

こちらは若松出身のシンガーさんなんだそう。
「あかべこあかべこ赤い牛~♪」というフレーズが、今も耳を離れません

IMGP4619_convert_20130914184907.jpg

ドナドナのように悲しげな赤べこソングを背中に、会津十楽の屋台の方へも行ってみます♪

IMGP4622_convert_20130914184950.jpg

冷菓子=アイスクリームは、会津の牛乳「べこの乳」製
下の「会津天宝」はお味噌屋さんで、その味噌で漬けた各種お漬物は、新潟のジジババちゃんに大好評なお土産です♪

IMGP4623_convert_20130914185007.jpg

こちらは甘味処。
この「はっとう」っていうのが気になって食べてみたら、ちょっとウッディな味わいのお餅に、香ばしい黒ゴマ味噌だれがまぶしてあって、おいし~~~
なんでもこれはゴマじゃなく「エゴマ(別名じゅうねん)」、つまり「じゅうねんみそ」をからめてあるんだそうで、生地はそば粉ともち粉をあわせたものだそう。いかにも「山国」系の、素朴な味わいです。
お店の人いわく、一説には「あまりにおいしくて、当時庶民には「ご法度」だったからこの名前」だそうですが、それも納得という感じの、現代のスーパーではあまり売ってない味で、もっとバクバク食べたかったです(1枚がちっちゃくて、一口で食べ終わっちゃう

IMGP4624_convert_20130914172248.jpg

ついでに、きなこをまぶして食べる笹餅も持ち帰り。
これまた餅がびよ~~~んと伸びる柔らかさで、笹の香りとともにおいしかったです
お隣のお店は、生ハム&チーズをその場で切って作る「ザビエルセット・ぶどうジュースつき」。
「お帰りのバスの中でいかがですか~♪」という呼び声とともに、私が見た時はわりと切れ目なくお客さんが並んでいて、皆さん遠くからいらっしゃってくれてるんだな~と、心の中で十字を切りました(蒲生氏郷になったつもりで

IMGP4625_convert_20130914185027.jpg

高山右近のお店もありました
そういやこの人もキリシタン大名だったんでしたっけ?
売ってるものは「南蛮肉鍋」(肉じゃが?)と「南蛮泡酒」(想像つかない)です。

IMGP4626_convert_20130914185102.jpg

加藤清正は馬肉で勝負
ていうかこの人もキリシタン大名・・・じゃないよねえ?? あっもしかして「キリシタン大名」じゃなく「秀吉側」というくくりか!?

IMGP4627_convert_20130914185125.jpg

食べ物以外も色々。
いわき生まれ・郡山育ちのスポーツ用品店「XEBIO」もあります。って平仮名で書くと妙にかわいいな

IMGP4616_convert_20130914184807.jpg

お隣で天然炭酸水「侍魂」もゲット(しかしなんちゅーネーミング
奥会津・金山町では、なんと地下から自然の炭酸水が湧き出てるそうで
炭酸があまりキツくなく、さっぱりとしていて、我が家ではシークワーサー原液なんかを割る時に重宝してます

IMGP4684_convert_20130919125408.jpg

こんな体験ブースも。
ていうか体験だよね?まさか鎧1000円で売ってるわけじゃないよね??

IMGP4615_convert_20130914184745.jpg

今日は芝生がお茶席になってました♪
隣には蒲生氏郷のために建てられた茶室・麟閣があって、こちらでもお抹茶がいただけますが、今日はともに大盛況

IMGP4618_convert_20130914184843.jpg

昭和村の名産品・からむし織り。
からむしってあまり聞いたことない名前ですが麻のことで、越後上布や八重山上布などもからむしを使っているんだそうです。
(なのに写真が小さくてスミマセン

IMGP4630_convert_20130914185208.jpg

城下町のセットみたいな眺めになった、今日の鶴ヶ城♪

IMGP4629_convert_20130914172823.jpg

ステージでは、先ほど華麗な(?)踊りと歌を見せてくださったお2人への表彰式が。
マイクでしゃべってらっしゃるのは、ゲーム「戦国BASARA」のナレーターさんだそう(確かに普通にしゃべっててもイケメンボイスでした
浴衣姿の女性は、「八重の桜」で会津の方言指導をしてらっしゃる方なんだそうです。

IMGP4643_convert_20130914200441.jpg

一際目立っていたこちらは、去年の「戦幕フェスティバル」優勝者
武田信玄と、その息子・真田幸村です
ていうか真田幸村が女の子だったことにビックリ~

IMGP4644_convert_20130914200416.jpg

続いて、今回の「会津十楽」実行委員長・蒲生氏郷さんです
こちらも女性だったんですね~!「会津は幕末だけじゃない」との言葉が力強く
これは滋賀県・三重県とともに、大河ドラマ「八重の桜」ならぬ「氏郷の松」の出番でしょうか
(いやその前に保科正之か?)

IMGP4645_convert_20130914200519.jpg

最後に、コスプレイヤー勢ぞろい。
女子率の高さにまたまたびっくりでした

IMGP4648_convert_20130914200643.jpg

そして次に始まったのは・・・

IMGP4651_convert_20130914200709.jpg

お待ちかね「郷人」!
カッコイイ~~~!

IMGP4655_convert_20130914172354.jpg

実際カッコイイんですよ、イケメン多くて♪
(そっちのカッコよさか~~い

IMGP4664_convert_20130914172606.jpg

会津・下郷を拠点とするよさこい集団「郷人」。
「会津歴史絵巻」とも言うべき豪華絢爛なよさこいには、初めて見た時から目を奪われました!
踊りの途中で大きな「鶴ヶ城」の旗が上がるところなんかもう、背中がゾクゾクするようなクライマックスなんですが、今日は本物の鶴ヶ城と一緒に見れるなんてカンゲキ

IMGP4661_convert_20130914200854.jpg

こんなちっちゃい子たちも
アナウンスいわく「今は総勢80人くらい。上は80歳から、下は0歳まで、どうぞご参加ください」だそうです

IMGP4663_convert_20130914200910.jpg

今回は、「八重の桜」にちなんだ新作も。
ピンクの傘を使った演舞が華やかです
けれど今回はステージが狭いせいか、ちょっと人数少なめだったのが残念でした。一番最初に「郷人」を見た時の、奴隊がいてなぎなたがいて唐人凧が立ち上がって・・・っていう、あの会津スペクタクルの感動が・・・

IMGP4676_convert_20130914201132.jpg

と思ってるうちに、ステージの両側には!
キターーーーーーこれこれ!!!

IMGP4668_convert_20130914172525.jpg

そしてこの翻る旗!!!
ぐあああああカッコイイ~~~

IMGP4665_convert_20130915104358.jpg

ほんとこの、横断幕&旗がバーンと上がる瞬間は、鳥肌立ちますね~~
しかも今日は、後ろに本物のお城つきですもん ああこれを見れてうれしい・・・♪ 

IMGP4669_convert_20130914172640.jpg

「会津十楽」、今年は台風接近により、以後2日間は残念なことに中止となってしまったのですが
来年も鶴ヶ城で再会できるのを楽しみにしています

さあそして今週末はいよいよ「幕末」、会津まつりですよ~~
(厳密には会津まつり(藩公行列)も、蒲生公時代とか斗南藩時代とかあって、幕末オンリーではありませんけど

追記:今年の藩公行列のゲストは、梶原平馬さんと山本みねちゃんだそうです
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

No title

なんとまぁ相変わらず鳥肌よだれもんの催し物で羨ましい限りです。まあK&Uさんのブログのおかげでだいぶ「行ったつもり」になれますけど(^^)
フラッシュモブって言うんだぁ。一つ勉強になりました。
そういえばご当地歌手の歌ってな~んか耳に残りますよね。家に着いてからもエンドレスでワンフレーズが流れ照る感じ。

そういえばいよいよフェスティバルですね。ちょっとばかりゲストの当てが外れちゃいましたがそれはそれ。ギョロ目ヂカラに痺れて来てください。
またしても都合がつかず現地には行けませんがレポート楽しみにしてま~す。

Re: No title

こんにちは~♪
面白かったですよ~会津十楽♪ たぶん来年もやってくれるんじゃないかと思いますので、その時はsheyさん娘さんともども、ぜひ♪
ご当地歌手の歌、面白かったです(>▽<) 赤べこの歌も初めてでしたが、お城ボ君にテーマ曲があったのも始めて知りました!なまじ覚えやすい歌なだけに、ほんと耳に残っちゃって(^^;)

ゲストはね~~~、半分くらい殿のつもりでいたのでショック(T_T)
ですが忙しい芸能人の方が来て下さるだけでありがたいというものなので、楽しんできま~す(^^)/ とはいえ今回はちょうど新潟へのお墓参りと重なっちゃって、どの程度見れるかハラハラですが(^^;)
もしレポできたら、その時はどうか見てやってくださいませm()m &来年sheyさんと会津まつりでお会いできることを楽しみにしてます♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。