スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜・第12話

八重の桜・第12話の感想です。

今回はその名もずばり「蛤御門の戦い」。
おとっつぁまや尚さんも言ってたとおり、会津藩成立以来、実にこれが最初の戦なんですよね~。
会津藩最初の戦、最初の勝利、そして最後の勝利でもありました。。。

まずは会津パート。
うらさんもおとっつぁまも、みんないい味出してますね~♪うらさんはいつのまにかすっかり八重さんと仲良くなってて、家族としてのへだてがほとんどなくなってるのが微笑ましいし、おとっつぁまは相変わらずかわゆい 焦って縁談話をまとめようとしていたら、八重に反発されてうっかりエンジンに火が着いてしまう様子とか、手に取るようにわかってほんと「頑固親父のかわいらしさ」が

尚さんが「無茶ですよね」「お断りするつもりでした」とか言いながら、さりげなく八重さんのリアクションを伺うのもまた、手に取るようにわかる心理 でもね~八重ちゃんのような一本気タイプに、そんな揺さぶりは果たして有効なのかどうか ハタからはもうどっからどう見ても「ヘイYOU!結婚しちゃいなよ」な2人ですけどね~

その後、都が戦になった知らせを受けた時なんか、ほんといい感じでしたねこの2人
尚さんが「大丈夫です」と言うと、ほんとに大丈夫だという安心感が家族の中にも広がるし、何より八重ちゃん自身が、尚さんに不安をきっちり受け止めてもらえて安心できるのがよくわかって。
家族のためにあえて気強く「おかしなこと言うもんでねえ。あんつぁまは無事です!」と言わなきゃならない役回りの人は、自分自身の不安や心配をなかなか外に出せないから、こんなふうに受け止めてくれる誰かがいるっていうのは、本当に心の支えになりますよね。やっぱしあんたら、もう結婚しちゃいなよ

と、ほのぼのなのはここまで。
京都パートは、見応えありましたね~。
慶喜公が「どのツラ下げて」というくらい、イキイキといい気分になってるのが、唯一のほのぼのパートでしょうか ほんとにまったく、こいつだけは

あっもうひとつあったほのぼのシーン!戦場で西郷隆盛と再会した覚馬が、笑顔で飛んでくる弓(弾?)をひゅっとよける
「今すごいかっこよかった!」とKK&Uは感心してましたが、こりゃどう見てもギャグでしょう 不思議なとこで不思議なくすぐりを入れるな~このドラマ。
しかしここでさりげなく薩摩の強さを見せつけて、これが敵に回ったらどうなるのか、考えただけで恐ろしいというワンシーンにするのはうまいですね

久坂も嶋田久作もカッコ良く死んでいきましたね。しかし桂小五郎が出てくるのは、ほぼすべてブレーキかけるためだけだな~。この人のことは「エリザベスの友達」としか知らないけど(それはヅラじゃないカツラだ)、すっごい慎重派だったんですね~。ちょっと好感度アップです。女の子に同情して泣くのはやりすぎと思ったけど、死んでいく盟友たちへの悔し涙と思えばまあ納得。

そして今回も安定の殿×帝 殿がもう、衰弱しきってて痛々しかった(を通り越しておっかなかった)ですけど、その分、帝の助け舟が救いの神に見えました 私はかなりの日和見体質ですが、それですら思わず呆れるレベルの、たとえればPTAなんかで役員とかは決して引き受けないくせに決まったことには文句ばっかり言うような(ってレベルが違いすぎる例えでスミマセンが)、そんな日和見公家衆を一言で黙らせてくれて、ほんとに帝ありがとう!!
と感激するにつけ、帝亡き後はどうなるのか、これまた考えただけで恐ろしいですあ~やだわ~~ゾワゾワする~

しかし蛤御門の戦いって、あんまし大河見てないからわからないけど、戦で焼け出された庶民を描くのって、珍しくありませんか?
ノベライズで先読みして「おお八重の桜すごい!」と思ったのが、実はこのシーンでした。普通だったら、ましてこういう有名な歴史イベントだったら、戦闘シーンだけ描いて満足しそうなところ、こういう視点を入れるとは!と。
いや大河に限らず、普通の映画とかでも、例えばゴジラとかエイリアンとかが襲撃してくるところとか、かろうじて逃げ惑う松田聖子その他が描かれたりすることはありますけど、あれは敵の強さを現してるだけで、こういうふうに、「で、その後どうなった」な部分は当然描かれませんもんね、記号だから。

やがて戦もは終わり、京都の童たちに罵倒される会津藩。
ああ~処刑場に曳かれていくアントワネットの光景が再び そういやロベスピエールもそうだったわね。民衆のために革命を始めたのに、いつしか民衆に罵倒されながらギロチンへ行くハメに。
ロベスとかは(ってどうゆう省略)、以前尚さんが言ってた「強い力を持つものは、初めは敬われやがて恐れられ非難される」パターンに当てはまる気がしますが、でも会津藩はちょっと違う気がします。なんとなーくだけど、これは沖縄戦における日本軍の立場に近いんじゃないかと。
覚馬もこの時「えっ俺らが悪者!?」と驚いてましたけど、そもそも戦になったのは長州が都から追放されたにもかかわらず、言うこと聞かずに上ってきたからであって。会津は京都守護職として職務を果たしただけであって。
なのになんでこの戦が「長州のせい」じゃなく「会津のせい」になってしまうのか。それは「自分たちを守りに来たはずなのに、あんたたちが来たせいで逆にこんな惨いことになったじゃないか」という、「約束が違う」的な憤り、裏切られ感のなせるわざじゃないかと。
住民にしたらこの「裏切られ感」っていうのは、敵への怒りよりも大きく許せないと思います。敵が惨い目にあわせるのは当たり前、でも味方がそれをやったら怒り倍増っていうのは、自然じゃないかなあ?少なくとも私はそう思っちゃうなあ。たとえそれが状況的・戦術的に仕方ないことだったとしても。だって住民はそんな状況や戦略なんか把握してないし、仕方ないで殺されちゃたまらんというのも絶対あると思うもんね。ただその怒りは一律ではなく、軍民の間で信頼関係があった人なかった人、「ともに戦う」という意識があった人なかった人などでかなり変わるでしょうけど。
ただし、明治以降の近代市民社会においては「住民=守られる存在」じゃなく、「ともに戦う存在」ってことになりますね。「市民」=「自分たちの町は自分たちで守る」が大前提だから。昭和初期の総力戦なんかまさにそんな感じで(総力戦だから必然的にそうさせられたってのも大でしょうけど)。
しかしその近代化がさらに進んで、各分野が専門化・分業化した時代だと、住民=守られる存在とも、ともに戦う存在とも、どっちともとれそうですね。都合のいいとこ取りして溝が深まりそうというか。
(ていうかそもそも論で言えば、軍隊って決して「住民を守る」ための存在じゃないですしね)

このシーンで存在感あったのが、やっぱり大垣屋清八でした。
「戦するのはお武家さんの商売。そのお武家さんから御用を承るのがわいらの商売や」
というから商人かと思ったら、どうもヤクザ系なお人みたいですね。戦災や震災などでいち早く動くのはヤクザという公式は、こんな昔からあったのか
ノベライズ読んだ時は、清濁併せ呑む感じの、いかにもヤクザな人を思い浮かべてましたが、松方弘樹を通してみたら、想像よりもうちょっと誠実そうな人に見えました。
「せやけど、罪も無い子供らが酷い目に遭うの見ると、つくづく罪深い商売やと思います。これくらいさせてもらわんと、金比羅さんのバチが当たる」
なんてセリフも、ノベライズ読んだ時には、「う~むいかにも煮ても焼いても食えないヤクザ発言だ。ほとんどはキレイゴトなんだろうけど、底には本気でそう思ってる部分があるんだろうな」と、ヤクザの器の大きさとして受け止めてましたが、画面で見ると「ほとんど本気でそう思ってる」という感じがして。
「西洋の学問をしても、町を焼かずに済む戦のやりようは、わからんもんでっしゃろか?」
も、社会の底辺に身を置く立場ゆえの、どちらかと言えばエリート武士より焼け出された子供たちの方と親和性が高い立場からの痛烈な皮肉だと思ってました。けど松方清八だと「勉強しなさい」と、覚馬に優しく指針を示す師匠のように見えたのが不思議。

しかし、この問いの答えはその後150年の歴史を見れば明らかなように「わからない」でしかなくて。
いや、今は経済封鎖とか外資の侵略とか「町を焼かない戦」は色々あるか。町を焼く戦よりは、その方が・・・マシかなあ?程度問題かなあ??

次週はいよいよ八重と尚さんの結婚決定
あのクールな尚さんがどんなプロポーズをするのかと、今からワクワクです♪
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

No title

おはようございます。
会津のほのぼの感と京都の殺伐とした画が対照的で会津もいずれは・・・と考えさせるに充分の描写でしたね。しかも薩摩の絡み方がまた不気味というか。どうしても片面からしか書けないのであまりにも長州がひどく描かれすぎてて庶民の心をうまく取り入れたのでしょうがこれはこれで哀しい場面でした。弾除けはちょっとやりすぎでしたね。(ここだけはほのぼのモード)
実際の京都庶民は金払いの良さから長州贔屓も多数いたと思われ会津で言ったらギョロ目平馬のように庶民と関わりを持っていたのは極僅かだったのもあるでしょうね。ミブロの鴨さんなんかが水戸じゃなくて会津を看板に好き勝手やっていたってこともありますし。
あういう声が多くあったというのも想像できますね。

No title

問題はK&Uさんのまとめの方が、大河本編より面白いという事でござる・・・(^-^;
私は、あんつぁまが弾丸を「ヒョイ」と避けた所で
爆笑してしまった。
NHKって、演出が下々と異なり、独自の道を突き進んでいる気がします。
京都は、昔から公家贔屓、長州贔屓の町なので
大火になった時に、(最初は喜んで迎えたくせにー)会津を憎み出すのですよね。
今の京都にも、その意識は根強くあって
あまり会津に対して同情的でも、親近感があるわけでもありません・・・。
そこのところを、とても丁寧に描いている大河ですよね!

Re: No title

sheyさんこんにちは♪コメントありがとうございます(^^)

ああなるほど!元々京都は長州と仲良かったんですね!
京都の人から見れば、そこに名前も気心も知らないような藩が突然やってきて、町を焼いて長州を追い出してしまったという感じでしょうか。
(そういえば芹沢鴨さんって、今回の大河では出てきませんでしたね)
来たくて来たわけじゃない会津としては辛い立場だなあ(T_T) もちろん一番辛いのは焼け出された人々ですが。

Re: No title

しよりさんこんにちは♪コメントありがとうございます(^^)

面白いと言っていただけてありがとうございますm()m あれこれ思いながら感想を書いてると、「もしかして「清らにたかく」のあのシーンには別の意味もあったのかも」とか考えついたりして、それがちょっと楽しかったりもします(*^^*)(ここ数回は伊東悌次郎君の「死して会津を護る鬼になる」シーンが思い出されて仕方なく)
「弾丸ヒョイ」はおかしかったですね(>▽<) わけのわからないギャグを突然入れてくるNHK恐るべし(^^;)
ああやっぱり、sheyさんもおっしゃってたように、元々京都は長州贔屓だったのですね~
会津は「招かれざる客」か。。。(いや友軍か?)く~あんな思いをしてまで京都守護職を受けたのに(T_T)セツナス
今もその意識が残ってるんですか!面白い・・・けど、なんとなくわかるような気もします。実際問題として、物理的に遠いということもありませんか?関東東北から出たことない私は逆に、関西(と一緒くたな時点で(^^;))=距離的に心理的に「遠い」という印象なので、その反対なのかなとか。
にしても当時の京都の庶民感情がわかると、会津の八重さん&キリスト教の譲さんが京都に住むのは何かと大変だったんだろうな~と、尚更その苦労が偲ばれる気がしました(^^;)

No title

そうそう、そうなんです。
sheyさんのご指摘の通り、長州は宴会好きで金払いの良さからも京都雀に好かれていたみたいですよ。一方真面目を生業とする会津は料亭で宴会、遊郭で色遊びなんてしないので
京都に金を落とさず「無粋な人やななー」って感じでしょうか?(^-^;
京都守護職も後半になると、会津にも不良武士が現れて、その際はキツイお叱りがあったと聞きました。(単身赴任も長引くと辛いですよねー。余談だけど、覚馬の京都妻の件はNHKはどう料理するのかしら?今から楽しみです)
白虎隊は、すごくナイーブで
下手に触ると火傷するぜ。なので
漫画ではあの描き方にしました。
1番描きたかった事は、藩校日新館で教育を受けた会津エリートが、勘違いで腹は切らぬと言う事でした。
長州が、美少年の首を皿に盛り酒盛りをしたと言う事もあり(でも、これら残酷行為は恩師N先生によれば、戦とはそう言うものです。との事です)
それを隊士達は知らなくても、敵の手に堕ちる恐ろしさは分かっていただろうと思うのです。
武士の矜持を守る為に白虎隊士は亡くなったのだと思います。
でも、それを後年戦争賛美や
戦争を鼓舞する為に利用されたのは本当に残念。
K&Uさんの息子さんが
三郎に対して「どうして戦いに行きたがるの?」と疑問を持たれた事が、すごくまっとうに感じました
会津を守ると言う思いで戦い死んだ藩士達の思いが、正しく伝えられなければ。とも思います。
「鉄砲と花嫁」(いきなりのタイトル変更・・・このセンス(^-^;)のレポも楽しみにしています!!

No title

京都がこんなになっちゃって・・・っていう覚馬さんの台詞は、東北がこんなになちゃって・・っていうのとダブりました私グスン
それにしても、京都の人は会津をほんとうにあんなふうにおもっていたのかいなあ=
あと、薩長を結びつけた坂本龍馬がカタキに見えてしまった私です。坂本龍馬の会津観とはどんなだったのかな?

あと、ポストの「山口県民怒り噴出」も読んでいないけれど気になるんだよね~~

Re: No title

>しよりさん
そうなんですか~。
こればっかりはもう(美少年の首とかもそうかもしれないけど)、気風の違い、文化の違いとしか言えませんよね。別に真面目なことは悪いわけじゃないんだし。
覚馬の京都妻は避けて通れない話ですもんね。私も、どんな話になるのかと同時に、しよりさんがそれを見てどんな感想を持たれるかも楽しみです(「清ら」でカットされた時栄さんの描写がどんなだったのか、興味シンシンなので(*^^*))。
にしても、現地に妻を連れて行ったのに浮気してる梶原さんはますますツワモノですね(^^;)。こちらのカップルのことはどの程度描くのかしら?なんだかかなり伏線張ってる気がするのですが。

そうか!そういえばその直前にも「敵の手に落ちるのは会津武士の恥」っていうセリフを入れてらっしゃいましたね!
言われてみれば、「死ぬことの意義=理由づけ」は上級武士としてまず教えられる心構えですよね、きっと。
そしてそういう「心構え」みたいなものは、武士のように生きるか死ぬかだけじゃなくても、私たちの日常にもそれなりにあるものですよね。例えば「辛い時も笑顔を忘れず(なかなかできませんが(^^;))」とか「ネガティブにならない(なかなかできませんが(^^;))」とか、ささいなことだけど各々が「このラインから先には堕ちないぞ」というための矜持。というと大げさですが、心がけ・気の持ちようみたいなもんで。
で、日常なら「ささいな、個人的なこと」で済む矜持が、戦争だとその表出の仕方というか、結果みたいなものが、すごく増幅された形で出てくる。「個人的な心がけ」に限らず、もとからあった人間関係のヒビとか、日常なら問題にならない程度の問題とかが、生きるか死ぬかという非日常の中では、生死に直結する心構えとか、生きるか死ぬかの大問題に形を変えてしまったりする。N先生の言葉を借りればまさに「戦(に限らず、非日常)とはそういうものです」みたいな。

そう思うと、憎むべきは(?)非日常であって、白虎隊が持っていた「矜持」そのものは、決して否定されるようなものではないと思うんですよね。日常でもきっとある程度必要なものだし。
ただ否定できないのをいいことに、それを戦争という非日常を賛美・鼓舞するための材料として使われたり、あるいは逆にそれを厭うあまり「矜持」そのものを否定されたり・・・どっちもかなりの違和感があります。この違和感は私にとって、なんというか、とってもキーポイントなんですよね。「人間とは」を考える上で重要というか(よくわかりませんが(^^;))。
「清らにたかく」が個人的に、その作品世界にすっと入り込めて感動したのは、この違和感を共有していたからかな??なんて、しよりさんのレスを拝見して図々しくも思ってしまいました(*^^*)(上の子も「清ら~」お気に入りみたいです。気づくと私の本棚から消えてるので(^^;)v)。
ここ数回で面白くなってきた「八重の桜」ですが(次回のタイトルはいったい!?)、やっぱり「清ら~」原作で見たかったな~というのが偽らざる本音です(^^;)。

Re: No title

>Kさん
ああ!でももしかしたらその意図もあったのかも。>東北がこんなになっちゃって
戊辰戦争の後は「復興はそう簡単にいかない」っていうのもちらっと描かれるんじゃないかなーなんて思ってます。
京都の人のシーンは、sheyさんしよりさんおっしゃってたように、わりと史実に近い描かれ方みたい;;(いや石を投げたりはしないだろうけど(^^;)) なんかもう色々と切ない立場だわ会津(T_T)
うん、会津視点ではどう見てもカタキの1人だよね、坂本龍馬は(^^;) そういう見方があってもいいじゃんって思うよ。
でも薩摩と長州が手を結ぶって、普通に考えたらありえないことだったんだな~って「八重の桜」でちょっと実感した。龍馬は「八重の桜」でも出てくるそうだけど、どんなふうに描かれるのかしらね?

あれはなんか典型的な煽り記事みたいじゃない?読んでないけど(^^;)
記事がもし本当なら「山口県民って心が狭い」って思っちゃうけど(だって長州のことそんな悪く描いてないじゃんね。これでもダメならもう「薩長視点しか認めない」ってことか?とか)、本当じゃないなら山口も迷惑だろうなと。「心が狭い」とか思われちゃうしさ。そんでたぶん本当じゃないだろし(県民の何%が怒ってるのか、何人に聞いて回ったのかとポストに問いたい)。
第3者が面白がって対立・分断を煽るっていう、さんざん見た構図に似てるな~と思った(^^;)

ポストよ・・・

立ち読みしたけど、たいしたことなかったぞい。
山口の歴史家みたいな人の談話のっていて、「史実どおり」みたいなことかいてあったしな。

私震災後は週刊現代の煽りに怒り、デマを消していくポストは心の支えで、何冊か、保管してあるんだ・・・。でも、編集長がかわったらしいんだよ。ほんと、前のスタンスだったらこういう切り口はナシだろって思ったよ。

「立ち読みしたけどたいしたことない。見出しであおってるアホ」って思ったのは震災後の現代、文春で嫌というほど感じてきた心持ち。ああポストよ・・・2流エロ雑誌に逆戻りかぁ
でも震災後のポストは本当、よかった。

覚馬さんが今頃、脚光浴びているみたいだけれどさぁ私なんてあすなろ白書からチェックしてたんだけれどね!!私の御諏訪太鼓の先生に似てるんだよ。筒井&キムタクより断然よかったね。(筒井君は案外だったな・・・今なにやってんだか)

歴史とまるっきり関係ない話でごめん・・・

Re: ポストよ・・・

ええ~「史実どおり」っていう受け止め方なら、別に怒り噴出でもなんでもないじゃんね(><)見出し詐欺か~~~
私はまさに2流エロ雑誌としか思ってなかったから(だから読んだこともなかった(^^;))、「ああまたよくある煽り記事か。まあポストならアリだろう」とか勝手に思ってたよ;;

けどポストって、震災後はそういうスタンスだったんだ!「文春」とかの、一応ネームバリューある雑誌がデマ記事煽って、ポストが火消ししてたとは意外だ~。2流雑草ジャーナリズムとしての矜恃だったのか(そういうのの存在はどっか信じてる)、あるいは何か政治的・会社的な方針でもあったのか、それともやっぱり編集長の影響大だったのか。

私はあすなろ白書って見てなくて、覚馬役が初対面なんだけど、でも「西島秀俊」って名前は、なーんか聞き覚えがあるんだよね。もしかして、10年か20年くらい前、この人「若手売り出し中」の俳優さんじゃなかった?あんまし主役張ることもなく微妙に消えてった印象だけど。
でもあんなムキムキじゃなくて、どっちかというとひょろっとして線が細い、明らかに優男系の人だったから勘違いかもしれないけど。とにかく今見てる覚馬とは全然違うんだよね~記憶の人は。
ええ~じゃあ太鼓の先生、めちゃカッコいいじゃん!覚馬がバチ握って太鼓に向かう姿を想像すると、けっこうキターーーって感じが(もちろん着物とかジャマなもんはナシで(>▽<))
筒井道隆(だよね?)・・・そういえば新撰組!の時の容保公も彼だったんだよね。確かに今全然TVで見なくなっちゃったね。会津武家屋敷に置かれたサインが悲しいよ(^^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。