スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休はアルツ磐梯♪

こないだの3連休は、アルツ磐梯へ行ってきました♪

IMGP3408_convert_20130215095946.jpg

いいお天気でよかった
若松市内からだと、県道64号を、突き当たりまでまっすぐ行きます

IMGP3411_convert_20130215100026.jpg

T字路で49号・郡山方面へ。
途中で左に曲がると日新館です↓
八重の桜でも、ここの孔子像にお参りする容保公のシーンがありましたね♪

IMGP3413_convert_20130215100108.jpg

49号から、ゴールドライン方面へ。
ここまで来るとアルツはもうすぐです♪

IMGP3414_convert_20130215100136.jpg

ほらほら!テンションあがる看板群が

IMGP3418_convert_20130215100238.jpg

「七つ森ペンション」とかの看板もテンションあがります

IMGP3419_convert_20130215100306.jpg

しばらく行くと、アルツ駐車場到着~
相変わらず昼過ぎ到着なので、もちろん第3駐車場です

IMGP3421_convert_20130215100342.jpg

しかしここはシャトルバスが出ているので、移動がラク~♪
ちなみに駐車場入り口で「モバイル宝」会員証を見せると、駐車料金1000円もタダになります

IMGP3424_convert_20130215100531.jpg

というわけで着きました~!1年ぶりのアルツ磐梯♪
おお!けっこう混んでる~~

IMGP3438_convert_20130215100837.jpg

板を立てかけるところがないくらい♪
しっかしほとんどスノボだな~~

IMGP3443_convert_20130215101044.jpg

ぱっと見、スノボ7割、すんごい短いフィギュアスキー1割(めっちゃ難しそう)で、カービングスキーは2割、しかもほとんど子連れだぞみたいな。
今や普通のスキーやる人って、スキー全盛の頃に青春を過ごしたパパママ世代だけなんですね
(カービングですらない長~い板かついでる、うちのパパみたいなのもたま~にいますが、もれなく「そろそろシニア料金?」っぽいのが悲しい

IMGP3442_convert_20130215101008.jpg

キッズエリアも大盛況↑
ゴンドラも待ち行列発生してました↓
さすが3連休!

IMGP3436_convert_20130215100824.jpg

リフトもひさびさの行列で!
「○○クワッドはまだ空いてま~す♪スタンプラリーもやってるので、皆さんぜひ行ってみてくださ~い♪」
と、アルツの係員さんが、猪苗代リゾートのDJさんばりに浮かれた放送を繰り返してました
なんか、この浮かれ具合を聞いてると風評被害が収まりつつあるのかな?という感じがヒシヒシとしてきて、うれしい!!!すっごくうれしい~~~~~

IMGP3423_convert_20130215100512.jpg

私たちは、クワッドなんぞで行くコースには用はないので、おとなしく初心者コース用ペアリフトに行列して
(スキー実習では、クワッドとゴンドラにしか用はなかったというKKはブーブー言ってたけど
だ~って初心者コースですらこれですもん↓

IMGP3452_convert_20130215101236.jpg

途中でヘタってる人々の多さよ
いやほんと、アルツの初心者コースって、ここ1本しかないくせに、途中がやたら急坂なのよね~~

IMGP3453_convert_20130215101301.jpg

ちなみにリフトの反対側、去年はモーグルだったけど、今年はおっそろしいジャンプ台になってました
しかも皆さん、そこで華麗なワザを次々とキメていくのが素晴らしい

IMGP3426_convert_20130215100644.jpg

さあ着きました♪
よーし行くぞ~~~

IMGP3434_convert_20130215100710.jpg

猪苗代湖を眺めながらビュンビュンと

IMGP3430_convert_20130215100657.jpg

いやママの脳内ではビュンビュン滑走してるんですけどね。パパKKに言わせると「どうやったらあんなに遅く降りてこられるんだ」というテイタラクらしいです
ええ~~そお~~?途中の急坂なんか「うおりゃ!どうだ!」と、雪山と体が水平になりながら颯爽と滑ってるイメージなんだけど(でもボーゲン)。
ともあれアルツの急坂は「雪山に呑まれちゃダメだ!雪山に挑むつもりでいかないと!」という思いを奮い立たせてくれます。
ていうか初級者コースにそんな大げさな思いが必要なあたり、アルツおそるべし

IMGP3435_convert_20130215100744.jpg

しかし、そんなふうに初心者コースと格闘しているのはママだけで
去年はアルツじゃほとんど滑れなかったUも、いまや恐怖心はすっかり克服してしまったらしく、ママの目から見てもママより上手
何度目のリフトだったか、隣をすごい勢いで子供が滑ってきて「こういう子供があぶないんだよな~」とニガニガしく見たらUだった、ということもあった今回
もとより「ゴンドラコースが一番面白い」というKKなんかはもう「初級は飽きた」とのことで、パパと一緒にクワッドとゴンドラの旅へ出ることに。
ママUは命のキケンがあるので、その間、初の林間コースへ行ってみました。あの急坂をUと一緒に滑るなんて、考えただけで大惨事が起こりそうだもん
初級者コースから、磐梯温泉ホテルやキッズコース至近に直結する林間コース。KKいわく、スキー実習で先生が「別名スケーティング練習コース」と言ってたそうですが、それくらいゆるいならママUにもってこいでしょう 
と思って行ってみたら、ゆるすぎ ほんとにスケーティング練習コースでした いやこれはキッツイわ~~~
急坂をビュンビュン滑りたかったUに文句を言われつつ、ぜーぜークロスカントリー(?)して到着した麓には、ちょうど旅を終えたパパKKの姿が。
こちらはこちらで、パパは各1回ずつ転んで谷にハマり、そこから抜け出すのにえらく難儀したそうです う~むKKももう「父を越えた」か

IMGP3439_convert_20130215100914.jpg

というわけで、子供の成長に目を細めながらも疲労困憊したパパママは「もっと滑りたい」というKK&Uに懇願してレストランへ。
アルツには磐梯食堂などのレストランの他、こんなふうに↑↓軽食ワゴンなんかもいくつか出てますが、お気に入りは出口に面したカフェ。
つけパンつきのスープ各種とか、見た目がやたら本格的なケーキセットとか、ちょっとした休憩にグーなのよね

IMGP3440_convert_20130215100929.jpg

と思ったら、新しいカフェになってました
今度のお店はやたらカナダ推しで(名前もカナダの町名。なんでも苗場スキー場にもあるお店とか)、TV画面はカナダのゲレンデ、店内にもカナダの旅行パンフレット、メニューはもちろんアメリカ風で、メイプルクッキーやチョコバー、カナディアンクラブのカクテルなんかもあるぞって感じで、なんかオサレ~
しかし実質本位のオババの目には、オサレでメニューが減った目くらましをしてるわねとキラーン ソフトドリンクとか軽食とか、明らかに前の方が多かった気がするわ~。スープも日替わりで手抜きしてるし、写真とは量が違うし(オババは言いたい放題
と文句言いつつ、タコライスみたいな一品をはじめ、がっつりと「食事」してしまった我が家でした
カナダだからってわけじゃないでしょうが、テーブルはなんだか外人サンが多くて、ここでもまたまた「風評被害がおさまってきたのかな~」と。まほとんどはこちらに住んでる人たちだと思いますけど、外人サンが多いと、「海外から見ても安心ぽくなってきたのかな」とつい思ってしまいますね~。 

IMGP3451_convert_20130215101211.jpg

そんなこんなで休憩を挟みつつ、今回もリフト終了まで滑りまくってきたのでした
さて久しぶりのアルツ、結論としては・・・「やっぱりうちはグランデコだな」
上中初級、すべてのコースが同じクワッドやゴンドラで行けて、ママUみたいなへたっぴでも安心して滑れるという点、我が家にぴったりフィットなのはグランデコかなと。アルツの近さは捨てがたいんだけどね~~
アルツは我が家(というかママU)よりもうちょっと上手な人向けかな~?実際アルツで滑ってる人、みんな上手で驚きました。子供ですらボーゲンで滑ってる方が少ないという

IMGP3455_convert_20130215101325.jpg

駐車場に着くと、いつの間にかナイターの灯で照らされていたアルツ磐梯。本当にキレイ
このナイターゲレンデの灯って、美しさに加えて、私的に「会津の景色」で
年末年始とか、夜に県外から会津に入って、ここアルツや猪苗代スキー場の灯が山の間に見えると、「ああ会津に着いたな~」と
「次はいつ行く?」と言いながら、すっかり暮れた夜道を帰ってきた連休初日でした。
(ほんとはこの後、絵ろうそくまつりにも行くつもりだったのに、疲れてパス

IMGP3457_convert_20130215101355.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。