スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸上自衛隊新発田駐屯地祭

わが幼少のみぎり-新発田歩兵16連隊により、年に一度、大がかりな祭りのごとき記念行事が催されていた。
これが「招魂祭」とか「軍旗祭」とか言われたものである。
近郷近在の老若男女ことごとく、手に手をとってどっと繰り出し、初夏の一日を楽しんだもんだ。

会場(連隊前広場)には数多くの出店が出張り盛況を極め、多くの見物人の人気を呼んでいた。
小生なども関心の半分がそちらにあり、金の持ち合わせはなかったが、見て廻るだけで結構楽しかった。
兵隊も演芸や仮装行列など、様々な趣向を凝らし、連隊あげての大イベントだった。
中でも印象に残っているものに、大勢の兵隊が素っ裸の全身に墨を塗り(もちろん隠すべきところは隠している)槍や盾を持った土人に扮装し、ドラ声を張り上げて歌っていた。

私のラバさん 酋長の娘
色は黒いが 南洋ぢゃ美人
赤道直下 マーシャル群島
椰子の木陰で テクテク踊る

何とも長閑でほほえましく、佳き時代を彷彿とさせる。

「大きくなったら何になる」
と聞かれ、青っ洟こすり上げ
「陸軍大将」
などとヌカしていた遠い日の-思い出の一コマである





・・・と、いきなりジジイの繰言が始まって、何事かとお思いでしょうが
2010年5月中旬、KK&Uとともに、初めて行ってみました陸上自衛隊新発田駐屯地祭。

新発田駐屯地の歴史は長く、明治から昭和20年までは新発田歩兵16連隊が、戦後は陸上自衛隊が、新発田城の隣(というか一部)に置かれ、現在に至っています。
上の回顧録は、昭和2年生まれの私の父(以下「じーちゃん」)が、戦前の新発田駐屯地祭(当時は「軍旗祭」)の様子を書き残していたもの。
思いっきり「土人」とか言ってますが、昭和ヒトケタの時代感覚ということでひとつ

FH000003_convert_20100923135608.jpg

さて現在の新発田駐屯地祭は。
例年5月の土日で、1日目は戦車も出動する市内パレード、2日目はテロリストを捕まえるなどの訓練風景や防大ドリル等を観覧できるのが午前中、午後からは戦車や飛行機、各種武器などが一般公開され、触れたりします。
「戦車に乗れたりするからKKやUは喜ぶんじゃない?兵隊さんと遊んだり、出店もいっぱいあってお祭りよ~」
とは、新発田在住の私の母(以下「ばーちゃん」)。兵隊さんと遊んだりって言い方がまたアナクロですが、なんだかおもしろそうだな~
「おもしろいのは2日目の午前中よ~。色んな出し物がいっぱいあって」
とのことでしたが、なんだかんだしてたらもう午後(我が家はいつもこのパターン)
で、2日目の午後から行ってきました。


駐屯地の周りは車もいっぱい人いっぱい。
普段はまず見かけない制服制帽の自衛官(たぶん当日の交通整理係)が、駐屯地前のコンビニでおべんと買ってたり。
「陸上自衛隊新発田駐屯地祭」の看板が飾られた入り口を通ると、すごい人。
ほとんどマニアかじーちゃん世代なのではと思ってたけど、意外と私たちみたいな家族連が多し。たぶん何割かは自衛隊員のご家族だと思いますが。
中に入っていくと、トン汁、焼きそば、フランクフルトe.t.cと、各種屋台がずら~り。
わ~~ほんとにお祭り

FH000008_convert_20100923135933.jpg

料理するのは野営用のバーベキューコンロ(というのかなこれ?)。
安田の方にはどでかい演習場があり、そこで自衛隊がコンロを並べてバーベキューしてるところを、私たちもサントピアワールドに向かう道すがら、見たことがあります(もちろんバーベキューパーティーしてたわけじゃなく演習の一環です)
遊園地への平和な道のりに、突然出てきた「戦争」の風景は、かなりインパクト大でした。

FH000004_convert_20100923135725.jpg

サントピア途中の演習風景はかなり「戦争」って感じでしたが、こちらはもうほんとにお祭り。
黙々と売るチームや、威勢のいい呼び込みをするチーム等、屋台もそれぞれ個性があり、見た目も坊主頭のお兄ちゃんなこともあって、歩いてるうちになんかこう、だんだん軍隊というより高校の文化祭みたいに見えてきます 高校の体育会系だった同級生とかを思い出すな~みたいな。

FH000007_convert_20100923135850.jpg

上の写真にウェイトレスさんが写ってますが、女性隊員ではありません
私は常々
「自衛隊と言えば女装、新発田祭りのパレードと言えば、自衛隊の女装パレード」
と思ってたのですが、これ見て「やっぱり

余談ですが、新発田祭り2日目に行われる仮装パレードには、毎年新発田駐屯地も参加していて、お祭りを盛り上げてくれます。
昔はものすごく大勢出ていた記憶があるのですが、近年基地の規模縮小により、以前より参加人数が少なくなったらしく。
じーちゃんの私見によると
「(戦前の)新発田の三大祭りといえば、加治の花見、軍旗祭、そして新発田祭り」
だったそう。

FH000001_convert_20100923135511.jpg

上の写真に写ってるのが、新発田のシンボル、新発田城です。
昔は周囲にあやめが咲いていたことから「あやめ城」とも呼ばれていました。
今でもあやめは新発田市花となっています。

自衛隊の敷地は新発田城の一部とは聞いていましたが、壁とかさえぎるものがなく、敷地にそのままお城が立っているようなつくりに驚きました。
お城の石垣とか触り放題です(←さっそく触った人
屋台のくじ引きで弓矢のおもちゃとかをもらった私たち、お城の横の広場で遊んだり、焼きそばやフランクフルト食べたりして、ピクニック気分。
いや~ほんと、暑いくらいいいお天気だし、老若男女いっぱいいて、のどかなお祭りでした。
KKは、迷彩服や戦車やといった洪水は、やっぱりどっか禍々しいというか、そこはかとなく不安になるらしく
「次は戦車さわりに行こう戦車
とミーハーに誘う私に
「なんでママは基地とかそういうのが好きなの」
え~だってめったに本物見れないじゃ~ん。
でもそういう反応、親としてはちょっと安心でもあり。

FH000002_convert_20100923135530.jpg

屋台には食べ物やくじ引きの他、こんな感じで自衛隊グッズを売るお店も。
「ブルーインパルス」刺繍の帽子や服飾などの正統派から、お菓子や栄養ドリンクなどの庶民派みやげまで。
ダンナのおみやげに、缶に駐屯地の写真がプリントされた栄養ドリンクを買ってみました。
自衛隊御用達だと思うと、なんかすごく効きそうな気がしますね~
(ダンナによると「まずくはないけど、すごく甘い」とのことでした


次は戦車体験その他です
スポンサーサイト

テーマ : 新潟県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。