新島八重の生誕地

会津名物(?)霧が毎朝のように発生し、いよいよ秋も深まってきた感のある今日この頃。
鶴ヶ城の葉っぱも、チョボチョボと赤くなりはじめました

IMGP3054_convert_20121017092423.jpg

桜の雲に浮かぶ季節や、夏の緑に包まれる季節、白亜のお城に様変わりする季節と、それぞれに魅力的な鶴ヶ城ですが、紅葉に染まるこれからの季節もまた格別です
余談ですが、秋になったらお堀のカモがめっちゃ多くなってて
前は1チーム(5~6羽)くらいだった気がするのですが、最近はお堀も観光シーズンのごとく何チームもいて、見た目が賑やか

IMGP3047_convert_20121017092359.jpg

さて最近、このお堀からも程近い場所に、こんな看板↓がお目見え。
ここら辺はKKの通学路でもあり、よく通る道なので、ある日突然現れた立派な看板にびっくり!
この近辺とは聞いてたけど、こんな小道の先にあったのね~
というわけで秋晴れの中、お散歩がてら行ってみました。

IMGP3045_convert_20121017092330.jpg

意外とすぐ着きました
一般個人宅の門に、看板と石碑が立ってます(この方の名前がモロバレになるので、写真はナシ)
玄関先が観光スポットって、すごい状況だな~住んでる人 「八重の桜」放映開始を、会津でもっともドキドキしながら待ってる人の1人かもしれん
看板によると、会津関係じゃなく、同志社関係によって作られた碑なんですね。

IMGP3040_convert_20121017092304.jpg

118号に戻って、お城の方へ向かうと、こんな看板↓も。
これは以前から立っていて、ここだけじゃなく神明通りなどにも各々の古地図が設置してありますが、「八重の桜」関連で脳内人名図鑑が増えた今、看板に鼻先くっつけるようにして見てみると(←不審者)なかなか興味深いです♪

IMGP3056_convert_20121017092452.jpg

北出丸から伸びる甲賀町通り=当時は家老屋敷が立ち並んでいたあたりを見てみると、「西郷」「内藤」そして「山川」と、聞き覚えのある名前が。

IMGP3058_convert_20121017124557.jpg

へ~ここに大蔵&捨松&健次郎たちが住んでたのね~。
現在で言えば、鶴が岡茶寮の先から第二中学あたりまでかな。

IMGP3066_convert_20121018154106.jpg

私的には値段がおっかなくて入れなそうな鶴が岡茶寮↑
ですが佇まいがなんだか武家屋敷っぽくて、タイムスリップ感覚を味わえます♪
この先を行くと、年代物の赤レンガ門柱が印象的な第二中学。山川家跡はおそらくこの道向かいあたりのスペース。

IMGP3067_convert_20121018154205.jpg

と思ったらやっぱし。第二中学横には、こんな案内が立ってました。
この「まちに歴史あり」シリーズ、町のいたるところで見つかるのが面白いと同時に、会津の歴史ネタの豊富さに感動します。

IMGP3068_convert_20121018154136.jpg

翻って山本家跡あたりを見てみると、おおっ「高木」「日向」の文字を発見!(「現在地」の隣ブロックです)
しかし肝心の「山本」及びご近所だった白虎隊士「伊東」は見つけられず
ちなみに「日向」とは、八重の幼馴染ユキ。「旧・薩摩藩士と結婚した第1号」でもあり、後に新島夫妻が北海道へ再会しに行きます。
「高木」とは、やはり八重の幼馴染で、後に新撰組・斉藤一の奥さんとなり、篭城戦では八重の髪を切ってあげたという時尾。
ユキと八重はともに、時尾ばーちゃんの裁縫教室に通っていたそうですが、なるほどこの地図見ると、ほんとにみんなお隣さん同士だったんだな~

IMGP3060_convert_20121017152005.jpg

山本家のあたりも家老屋敷も、基本的に戊辰戦争でみな焼けてしまったのですが、区割りは今でもわりとそのままなので、オーバーラップさせやすいです。
城南通りとか、もろ外堀だったんだ~ じゃあ「g.u.」は武家屋敷で「西松屋」は町屋か

IMGP3062_convert_20121017152053.jpg

上の地図の「現在地」と「日新館」間の通りには、現在こんなオブジェ↑が立ってます。
(あいづっこ宣言もあるな

IMGP3063_convert_20121017152113.jpg

この通りは、お城がめっちゃよく見えるビュースポット
今でこそ「ハリウッド化粧品」ですが当時はこの左側一帯が日新館だったはず。

IMGP3038_convert_20121017092141.jpg

山本覚馬や川崎尚之助も、日新館への道すがら、こうしてお城を眺めたのかしら?
などと、楽しいバーチャル会津散歩でした。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する