スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南が丘牧場

運動会後の代休は、Uと一緒に南ヶ丘牧場へ行ってみました♪

かねてから行ってみたかった南ヶ丘牧場。
49号線を猪苗代方面へ向かい、白鳥丸が見えてくると、「←天鏡閣」という大きい看板&左へ上っていく分かれ道が。

この分かれ道から先が、ものっすごい悪路でガッタガタ
しかもけっこう長い!「ほんとにこの道でいいの??」と不安になりますが、ところどころある看板に励まされて突き進みます

IMGP2984_convert_20121011121606.jpg

途中、天鏡閣の入り口を通過。
有栖川宮・高松宮の別荘だったという天鏡閣。入り口はめっちゃ山道だったんだけど、天鏡閣に着くと視界がぱっと開けるのかしら?
折りしも、ここのボリュームゾーン的観光客であると思われる5~60代のおば(あ)ちゃんグループが出てくるところで、ママもちょろっと見てみたかったのですが、高価な品物が多数置いてあるんだろうところにUを連れてくのが不安で、素通り~
しばらくガタガタと進むと、着きました~~

IMGP2985_convert_20121011121637.jpg

今日は代休=平日のせいか、駐車場はガラガラ。
第3、第2をパスして、レストラン脇の第1駐車場に車を停められました。

IMGP2986_convert_20121011121650.jpg

ここからの景色は最高
思わず深呼吸したくなります。

IMGP3017_convert_20121011122328.jpg
アルツ磐梯かな?緑に染まったスキー場が見えます

気持ちのいい景色をしばし堪能して、動物方面へ
乗馬やアーチェリーなど、色んな体験が揃ってます。

IMGP2987_convert_20121011121707.jpg

さっそくブタちゃんにエサをあげ
エサを指でつまんであげてたら、指ごと食われました 子ブタでもけっこう痛いので要注意です
てかけっこう皆バトルしながら食べますね。ブタは孔雀に立ち向かうし、孔雀はブタのことつっつくし

IMGP2989_convert_20121011121722.jpg

エサは、やぎ・ぶた・うさぎ・孔雀等、みんな兼用のカプセル入りエサが、1個100円のガチャガチャで売ってます。
入園料や駐車料金は無いので、かかる費用は体験料金やエサなどの実費だけ(そしてこのエサ代がけっこう飛んでく

最初は「かわい~」と言ってたUですが、ブタさんたちがけっこう勢いいいので退散
今回の一番目的「ふれあい広場」に入ります。1人300円。

IMGP2991_convert_20121011121750.jpg

けっこう広いスペースにウサギ大量。
けど広いので、ウサギさんもそんなに狭苦しく感じません(たぶん)。
お天気のいい午後で、気持ち良さそうにお昼寝中のウサ多数でしたが、人(=エサ)を見るとちらちらと寄ってきます。

IMGP2996_convert_20121011121803.jpg
中には立っておねだりするウサギも

の~んびりした雰囲気なので、Uも安心してエサやりにいそしみ

IMGP2997_convert_20121011121830.jpg

通路に置かれたガチャガチャでエサを補充しつつ、エサやりまくり
別料金でウサギ貸し出し=お散歩もできるそうです(Uが食いつくかと思ったら、意外とパス)。
Uは、家ではダッフィーなでさすって「犬飼いたい、お散歩したい」と言いまくってるので連れてきたのですが、本物の動物はちょっとこわいみたい。
今回も「ぬいぐるみが売ってるなら行く♪」ということで来たのでした

IMGP2998_convert_20121011121847.jpg

ウサギにたらふくエサをあげたら、次はヤギ
おおうヤギさんたち、早くもこっちをガン見して待ち構えてるぞ!

IMGP3006_convert_20121011122024.jpg

悪い予感がしましたが案の定;;
入った途端これです。

IMGP2999_convert_20121011121902.jpg

この後Uは逃げようとして転び、エサぶちまけて全部食われました

IMGP3001_convert_20121011121934.jpg
「もうエサないってば~~

ママのエサもあっという間になくなり、Tシャツの裾まで引っ張られ(唾液でベタベタ~)、入り口に殺到するヤギの頭を扉で挟みながらなんとか退散しました
ウサちゃんのあののどかな雰囲気とは、なんとも対照的なヤギさんたち

IMGP3004_convert_20121011121949.jpg
茶色い毛はヒツジさんです。ヒツジの方が若干おとなしく、ドスの聞いた声だったかな?

けれど「えっもうエサ終わり?」って感じで、ネットから大量に首突き出して見送ってるのを見ちゃったら
またまたエサ補充して、ネットごしに。

IMGP3005_convert_20121011122008.jpg
ヤギさんの毛は、ウサギさんよりはるかに剛毛で予想外

そうそう案内板にも書いてありましたが、指でつまんでエサやると、指食われます。
ってブタさんで体験済みにもかかわらず、ウサギでもヤギでも同じことしては痛がる、懲りないママでした エサは手のひらに乗っけてあげましょう

隣は乗馬やアーチェリーなどがありますが、Uパス。
乗馬してる人もいましたが、近くで見ると馬ってけっこう大きいですね~

IMGP3007_convert_20121011122100.jpg

近くには馬車も展示してありました。
アメリカ西部開拓時代、実際に使われた幌馬車だそうです。

IMGP3008_convert_20121011122117.jpg

「ミズーリ州 インディペンデンスを通って、カンザス州、ネブラスカ州、ワイオミング州、アイダホ州、ワシントン州、オレゴン州・・・」
の説明文を読むと、マンガ「メイミー・エンジェル」の「川の向こうに夕陽が沈むオレンジロード。オレンジロードからインディペンデンス、そしてオレゴントレールを西へ西へと・・・」とのくだりが思い出されて、無条件に「わ~」という気分に。
説明文にもあるとおり、当時西部への旅はかなり過酷で、しかも個人的には西部劇とかもあまり興味ないんですが、なぜかある種のロマンをどうしても感じてしまうんですよね~

さて次はUおまちかねのぬいぐるみを買うべく、駐車場隣接のレストランへ行きます。

IMGP3020_convert_20121011122348.jpg

入り口にはオレンジかぼちゃがいっぱい!
こういうかぼちゃって、ハロウィン未輸入だった昔はあまり目にしなかった気がするのですが、先日「会津特産」として売っててびっくり 食べてみたら、皮が緑色のかぼちゃよりあっさり風味かな?という印象でした。

IMGP3010_convert_20121011122153.jpg

レストラン併設の売店には、おみやげいっぱい!
「南が丘牧場」って、本家は「那須・南が丘牧場」らしく、チーズやアイスといった乳製品、ソーセージやジャムなど、共通の南が丘牧場製品がいっぱい並んでました♪

IMGP3015_convert_20121011122259.jpg

こちらは福島ならではのおみやげ・「会津カレーやきそば」と「天鏡閣カレー」、じゃなくて「ケレー」(明治時代はこう言ってたの??)
「明治のドレス試着できます」なんてサービスもあるのね天鏡閣

IMGP3014_convert_20121011122244.jpg

こちらも福島ならでは。かわい~

IMGP3011_convert_20121011122207.jpg

これら数あるぬいぐるみの中から、Uが「これが一番かわいい」と選んだのはこちら。

IMGP3024_convert_20121011122521.jpg

なぜショボーン?てかなぜ牧場でショボーン売ってる??
まあ確かにかわいいけどさ、安いし

IMGP3016_convert_20121011122313.jpg

ここでは「アイス作り」「バター作り」なども行っていて、ママはひそかにこれが目当てだったのですが、あかべえを偏愛しているUは「やるなら赤べこ
赤ベコ絵付けなら若松市内でできるわーいと交渉決裂し、飲むヨーグルトやアップルパイとともに帰路につきます。

IMGP3026_convert_20121011122541.jpg

下り道からは湖が。
爽快な青♪

IMGP3029_convert_20121011122556.jpg

放牧場も名物のソフトクリームもスルーだったのが後から悔やまれましたが のんびり楽しめた秋の南が丘牧場でした
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。