2012会津藩公行列・後編

2012年・会津藩公行列。
本陣の旗とともにやってきたのは、もちろん・・・

IMGP2888_convert_20120927132519.jpg

松平容保公!
馬上の人は曾孫さん、すなわち会津松平家14代目です!

IMGP2889_convert_20120927132544.jpg

おっとリオンドール前では、青龍隊&朱雀隊による鉄砲が!
すっごい音です

IMGP2894_convert_20120927132704.jpg

容保公が、馬の首筋をポンポンと叩いてなだめてました

IMGP2892_convert_20120927132857.jpg

鉄砲が終わって、再び行列が動き出します。
次は最後の会津藩主、若殿・松平喜徳公。
最後の将軍・徳川慶喜の実弟でもあります。

IMGP2895_convert_20120927132735.jpg

この方はほんとに不運だな~という感じで。歴史の影にモロに隠れちゃってるし。
しかしそれを「若殿」としてきちんとスポットライト当ててるとこは、さすが会津まつりと(私は会津まつりのおかげで、この人のこと知りました
扮しているのは若松二中の生徒会長です

IMGP2896_convert_20120927132750.jpg

続いて、神保内蔵助&萱野権兵衛の家老チーム。
そして後ろからは白虎隊が!

IMGP2897_convert_20120927132921.jpg

若松二中の皆さんです。
しかし女子率が高いな~

IMGP2898_convert_20120927133052.jpg

一人ひとり、腕に白虎隊士の名前をつけてたんですね

IMGP2899_convert_20120927133027.jpg

おっまたカッコいい旗が来ましたよ♪
奥羽越列藩同盟旗をなびかせ、会津に馳せ参じてくれたこのチームは~!?

IMGP2901_convert_20120927133120.jpg

長岡軍銃士隊です!
演じるは米百俵まつり実行委員会の方々。

IMGP2902_convert_20120927133223.jpg

葵のご紋のもと、ともに戦った東北チーム、奥羽越列藩同盟・計31藩(新発田藩とか寝返っちゃったけど
「負けるべくして負けた」感はありますが、もしこれが勝ってたら、今の東北はどうなってたかな?あんまし変わらないかな??

IMGP2903_convert_20120927133254.jpg

さて長岡と言えばガトリング砲!
この人↓山本帯刀の指揮で披露されます。

IMGP2904_convert_20120927133323.jpg

当時は日本に3つしかなかったガトリング砲、うち2つを河井継之助が持ってたとか。
なるほど連発銃ですね~。

IMGP2908_convert_20120927133407.jpg

こちらが河井継之助。
長岡市議会の議長さんだそうです。

IMGP2909_convert_20120927133501.jpg

続いて容保公の義姉・照姫の輿車が。
照姫、キレイですね~

IMGP2911_convert_20120927133558.jpg

ヘンリー・スネルとおけいさん。
スネルは列藩同盟にガトリング砲などの武器を調達した商人、おけいさんはスネル家の子守です。
彼女のお墓がカリフォルニアで見つかったことで、戊辰戦争後スネルとともに海を渡った、おけいさん含む会津人たちの存在が、初めて明らかになったのだそう。

IMGP2912_convert_20120927133625.jpg

後ろには中野竹子と娘子隊が続きます。

IMGP2913_convert_20120927133656.jpg

中野竹子は、ちょっとツンデレっぽい感じでした
黒木メイサみたい!?

IMGP2917_convert_20120927133820.jpg

生徒会長=中野竹子に率いられ、若松商業の皆さんが行進してきます。

IMGP2916_convert_20120927133844.jpg

その後ろからは薙刀隊。
会津なぎなたスポーツ少年団です。

IMGP2920_convert_20120927133959.jpg

幼稚園にも「団員募集」のポスターが貼ってあって「さすが会津」と思ったものですが、動きが練習を積んでる人たちならではで、ピシッとしていてカッコイイ 人数も多いので迫力です!
ポスターによると練習場所は鶴ヶ城の武徳殿だそう。う~む練習場所もかっこいいぞ

IMGP2923_convert_20120927134041.jpg

次は玄武隊。
基本「隠居世代の留守備」チームですが、戊辰戦争では戦死者も出ました。新島八重の父もその1人とのこと。

IMGP2922_convert_20120927134126.jpg

家老・内藤介右衛門。
西郷頼母の跡をついで白河口の総督になったり、西郷家同様に家族が集団自刃したり、色々エピソードもあるようですが、私的にはこの方の屋敷跡「白露庭」の駐車場にある井戸が、何よりも気になって

IMGP2926_convert_20120927134342.jpg

会津若松市区長会による玄武隊。
さすがにジジばっかです

IMGP2928_convert_20120927134415.jpg

おっいよいよ来ましたよ!
待ってましたの芸能人ゲストが

IMGP2929_convert_20120927134440.jpg

トミーだ~~~

IMGP2930_convert_20120927134513.jpg

白羽ゆりさんって知らなかったんですが、こないだNHKの歴史モノで、鹿鳴館の花・山川捨松をやったそうですね
さすが芸能人笑顔が美しいです。
 
IMGP2932_convert_20120927134528.jpg

遠くて挨拶はイマイチ聞こえなかったのですが、クールな印象は「不揃いのリンゴたち」と変わらず
(スミマセン、国広富之と言えば「噂の刑事」または「ふぞろい」という
「八重の桜」では、国広富之さんが「横山主税」を、白羽ゆりさんが「山川大蔵の妻・登勢」を演じます。乞うご期待!

IMGP2937_convert_20120927134715.jpg

続きましては「新島八重とその家族」。
山本覚馬が、ちょっと前のロンブー淳みたいでした イメージ違いすぎる~

IMGP2935_convert_20120927134645.jpg

続いて「会津は新島八重だけじゃないぜ」との意気込み溢れる、「会津ゆかりの偉人(女性編)」。
ていうか会津ではもともとこの方々の方が、「郷土の誇り」という感じで新島八重より有名だったような印象が。
鶴ヶ城かどこかで、この方々がパネルになってるのを見た記憶があります(が、新島八重はそこにいたかな~??)

IMGP2938_convert_20120927134741.jpg

戊辰戦争後の貧民・孤児を救済した、喜多方出身・瓜生岩子。
会津女学校・若松幼稚園を設立した、海老名りん。
津田梅子とともに海を渡った帰国子女、山川捨松。
「小公子」などの翻訳で知られる、若松賤子。
ハンセン氏病患者を献身的に看護した、井深八重。
井深八重はちょっと時代が下りますが(明治30年生まれ)、他は新島八重と同時代人で、やっぱり戊辰戦争をくぐりぬけてきた人たちです。

IMGP2940_convert_20120927134822.jpg

捨松キレイだな~ 晴れてるところでドレス姿を見たかった!

IMGP2941_convert_20120927134847.jpg

最後は会津新撰組!
会津藩士と運命をともにした新撰組三番隊組長・斉藤一を頭とするグループです。

IMGP2942_convert_20120927134919.jpg

会津新撰組同好会の方による、斉藤一。
沖田や土方に比べ、イマイチ知名度が低いのが残念です(単に私が知らなかっただけ!?)
銀魂に出てくれないかな~

IMGP2944_convert_20120927135024.jpg

「誠」の旗を翻して、行進します。

IMGP2945_convert_20120927135047.jpg

お囃子車が来て、今年の会津まつりも終了
会津藩公行列、堪能しました~~~

IMGP2948_convert_20120927135144.jpg

寂しい気分をふっとばす忍者がサイコー

IMGP2952_convert_20120927135208.jpg

雨の中を行列してくれた皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございましたm()m
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する