スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012会津まつり目前!

もうすぐ会津まつり!
神明通りは既に提灯ずら~り
これを見ると、「いよいよだな~」とワクワクしてきます♪
(しかし写真には提灯まったく写ってなくて、なんだかなですが

IMGP2625_convert_20120913125754.jpg

駅前通りや若松IC出口、城前通りなどには「会津まつり」の旗もずら~り!
お城に直結する北出丸通りもこんな感じ♪

IMGP2670_convert_20120914161130.jpg

余談ですが、この写真撮ったのは、家老・内藤介右衛門の屋敷&庭園跡。
近くには、西郷頼母の屋敷跡もあったりして、ここら辺もしや江戸時代のビバリーヒルズ!?

IMGP2668_convert_20120914161112.jpg

んで、ここの駐車場に車を置かせてもらったのですが。
そこには妙~~~に気になる物件が↓

IMGP2671_convert_20120914161147.jpg

井戸?を封印??なんでこんな厳重に???しかも厳重なわりにはなぜこんな工事中みたいなやっつけ仕事????
と、すべてが不思議でした

それはさておき
今年は、金曜日が提灯行列&会津磐梯山踊り
土曜日が小学生鼓笛パレード&引き続き会津磐梯山踊り
そして最終日・日曜が、先人感謝祭&藩公行列!
楽しみだな~♪今年はどこで見ようかな~?
ちなみに藩公行列のゲスト・噂の刑事トミーは、お城での出陣式・神明通りのリオンドール前・中央通りの愛眼堂前でそれぞれ挨拶するそうです!すごい
なお、上記の各ポイント他数箇所では、行列が通り過ぎるだけでなく、殺陣を演じたりガトリング砲撃ったりなどの出し物もあります。タイムテーブルは
朝8時40分からお城で先人感謝祭~出陣式、10時お城出発
北出丸通りを通って、神明通りリオンドール到着10時半頃
中央通りは午後の部・12時半過ぎ といった感じになってます。ご参考までに。

去年は雨で中止になった提灯行列も、今年は見てみたいしな~。それにお城での「先人感謝祭」てのも気になるわ~。
もともとこの会津まつりは、戊辰戦争で会津が降伏した日付にあわせて行われることからも察せられるとおり、「鎮魂祭」という意味合いもあり。
しかしそれを「先人感謝祭」とネーミングするあたり、プライドというか会津魂だな~
と感心するものの、先人に感謝するいわれのない私あたりがノコノコと行ってもいいのかしら??
とチラと思いますが、ま~会津好きだしお祭りだし、いいわよねと勝手にずーずーしく納得して お邪魔にならないよう、行ってみよう

と、今からあれこれ計画練ってる会津まつりでした♪
ちなみに土曜日には、七日町でこんなお祭りも↓

IMGP2627_convert_20120913130045.jpg

戊辰戦争の頃、トシとともに会津にやってきて、斗南藩まで運命をともにした、新撰組三番隊長・斉藤一ゆかりのお祭りです。
奥様が会津の人だったこともあって、お墓が七日町・阿弥陀寺にあり、当日は墓前祭が営まれるそう。
子連れとしては「アスレチックライダー」や「高所作業車に乗ってみよう」などのアトラクや「B級グルメ」なども気になります

ちなみに斉藤一の奥様、初代は飯盛山で亡くなった白虎隊士の1人・篠田儀三郎の遠縁。2代目の奥様は新島八重の幼馴染で、篭城する八重の髪を切ったという時尾です。たぶん大河ドラマ「八重の桜」にも出てくるはずなので、要チェックだわ

そうそう「八重の桜」といえば、こんなマンガを見つけて↓

清らにたかく ハンサムガール 初回
清らにたかく ハンサムガール 最終回

読んでみたら
「普通~~~の生活してた人たちが戦争に巻き込まれて、お城で篭城したりしてたんだな~~~」
ということが、いつになく実感できて、思わず涙目
ブサイクな八重の、悲しみやかわいらしさ。「私の家族、私のお城、私の会津」という、その思い。
作者の愛情・思い入れが深いんでしょうね~。登場人物の心情がきっちり伝わってきます。
このところ「八重の桜」のロケがあったり、会津祭りが近かったりして、毎日のように見てるお城も、当時と重ね合わせて見るクセがついちゃってるせいもあると思いますが、ここが、今歩いているまさにここが、約150年前のまさに今日この時、戦場になってたんだ~と、このマンガを読んだら一層リアルに感じられて。「廊下橋に敵の首を晒せ」とか、「うお~~廊下橋、こないだUと歩いた~」とかね
もちろん、京都の方では刃傷沙汰がしょっちゅうで、砲術指南なんかが身近で、武士道とかもまだ活きていて、という時代と今じゃ、ベースが根本的に違うとは思いますけど。
思いますけど、でもそんな京都から遠く離れて(ちょうどニュースで、他所の悲惨な状況を見る私たちのように)、剣で切りあうなんていうのは日常的にありえなくて、みんな家が近所で、顔見知り同士で、よく行き来したり、裁縫を習いに行ったり(今ならピアノ教室みたいなもん?)・・・そんな、今の私たちと同じくらい普通~~~のご近所さん生活が、あれよあれよと言う間に一変して、大砲どっかんどっかん飛んでくるお城に立てこもったり、小さい頃から知ってる近所の子たちや家族が戦地に行ったりしたんだな~と。
悔しかったろうな~~わけわかんなかったろうな~~なんでこんなことに!?って思うよな~~

上は、初回と最終回だけですが、無料で読めます。
興味もたれた方、ぜひご覧になってみてくださいね♪私は全部読みたくなって、アマゾンで注文しちゃいました(現在は1巻・会津編のみ。来年2巻・京都編が出るそうです♪)

そんなこんなで楽しみな会津まつり、晴れるといいな~
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。