スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49号線の車窓から~西会津で沖縄編

49号線の会津~新潟間をひた走るレポ続編。
今回は西会津町に入ったところから始まります。

IMGP1744_convert_20120628103515.jpg

走っていくと、やがて片側全体が見事な崖鑑賞ロードに。
う~んいい崖出してる(@みうらじゅん)海沿いじゃないけど。
車窓越しの写真だと雄大さが伝わりませんが、なんか神秘的なほど岩肌が続いていて、しかもその色がちょっと薄緑なんですよ~。
折りしもこんな看板も立ってたりして、ますます異世界に入り込んだ気分。

IMGP1743_convert_20120628103534.jpg

「カランカランゴオ~ン」てのがまた間抜けでいいですね

IMGP1746_convert_20120628103455.jpg

「Nawa」じゃないの~?どうして「Tsuna」なの~?

IMGP1742_convert_20120628103556.jpg

蝶の楽園なんてのもあるそうですすごいぞ西会津!
国蝶ってオオムラサキだったんだ~

IMGP1739_convert_20120628103644.jpg

西方街道との分岐点。
つっても、ここ通るまで「西方街道」って知りませんでしたが、昔は新潟から持ってきた塩を、この西方街道で南会津の「お蔵入り」へ運んでいったそうで、通称「塩の道」。
「お蔵入り」とは南会津の田島町周辺のことだそうです。江戸時代は幕府の天領だったことからこの呼び名が生まれた様子ですが、「お蔵入り(に運ばれる塩)」って、なんか庶民の羨望というかプチ怨恨がこもってる気が心なしか

IMGP1582_convert_20120628103711.jpg

今までは「新潟・西会津↑」だった道路標識も、県境の町・西会津町に入って、ついに行先は「新潟↑」のみになりました。
お、「道の駅にしあいづ」とあります。
休憩がてら、ちょっと寄ってみましょう

IMGP1804_convert_20120705090010.jpg

立派なトイレ完備の、かなり大きい道の駅です。
おやっ赤ベコのお尻の横に立ってるノボリ「沖縄・宮古島」とあるぞ!?

IMGP1731_convert_20120628103754.jpg

何でも西会津町は、沖縄・宮古島市と友好都市関係なんだそうで、この道の駅でも沖縄物産売ってるんだそうですヘエ~~~ちょっと入ってみよう

IMGP1787_convert_20120705085437.jpg

にしてもでっかい道の駅だなあ
福島らしく(?)線量計をバックに撮ってみました
けど0.078。けっこう低いでしょ?

IMGP1805_convert_20120705090026.jpg

上はここからちょろっと行った「上野尻」駅近くにかつてあったという、古い道路標識。「平」っていわき市の地名です。
歴史ある物件なので、こうして道の駅で保管しているそう。へ~道路標識をね~。
しかしこうして見ると改めて、福島県だけど浜通りより新潟の方が近いんだな~というのがわかりますね(特に西会津は県境の町ですしね~)。
ちなみに会津若松はここから30kmくらいなので、新潟へはだいたい110km、いわきへはだいたい130kmくらい?

IMGP1803_convert_20120705085955.jpg

さてでは入ってみましょう。
赤べこの鉢がかわいいですね
向かいに「寺泊」のポスターも貼ってありますが、いっくら新潟の方が近いとはいえ、さすがにここから寺泊はかな~り遠いと思います~
おっ地図の隣に、西会津のお祭り一覧が

IMGP1801_convert_20120705085936.jpg

「なつかしカー」とか「フォルクスワーゲン大集合」みたいな車関係のお祭りが多いのは、峠だからかしら?(ダウンヒルは俺に任せろみたいな
そして桐ゲタ関係も多し!桐ゲタはいてマラソン大会しようなんて、よくそうゆうことを思いつくもんです しかもめっちゃうるさそう
大山まつりでは「一生に一度はどんな願いも聞いてくれる」そうです。早まる前にここへゴーですね

IMGP1788_convert_20120705085459.jpg

中はこんな感じで、広~~~い
やはり下道派の白根のジジババちゃんは、会津に来てくれた帰りには必ずここに寄って会津土産を買っていくそうですが、納得の品揃えです。お菓子も野菜も民芸品もお酒も、そして西会津町のマスコットキャラ「こゆりちゃん」ぬいぐるみもご覧のとおり満載

IMGP1790_convert_20120705085532.jpg

福島(会津)本も各種ありましたよ

IMGP1789_convert_20120705085516.jpg

ところでお目当ての宮古島ブースは・・・?おっあったあった!

IMGP1791_convert_20120705085738.jpg

って、いきなりブレた写真でゴメンナサイですがm()m
予想以上に大きいスペースでした!(てっきりテーブル1個分くらいのスペースかと思ってたので

IMGP1798_convert_20120705085855.jpg

入り口にいるのは宮古島出身シーサー。
2年前の「いい夫婦」の日に夫婦で(?)来たのだそうです
これも売り物!

IMGP1794_convert_20120705085811.jpg

またボケボケ写真ですがなかなかの品揃えです
さすがに生ものは置いてないですが、スパムや沖縄そば、グアバジュースやさんぴん茶、もちろんちんすこうや紅芋タルトなどもあって、そこらの物産展顔負け!さらに物産展より安い!!(タコライスとか、物産展で買うと500円以上しますが、ここは1箱350円とほぼ現地値段
レジ前には、塩ちんすこうや紅芋タルトのバラ売りもあって、わ~まるで沖縄の個人商店みたいじゃないの ドライブのおともにぴったりです♪
そして個人的に一番感動したのはこれ↓

IMGP1793_convert_20120705085754.jpg

マブヤーシリーズがっ
こ、こんなのがあったのね 「ガナシータコライス」はもちろん即買いです
「クーバーカレー」は、子供向けカレーなのに「激辛」ってのが、マジムンらしい邪悪さでいいですね

IMGP1795_convert_20120705085825.jpg

宮古島の砂も・・・
サラッサラのパウダーサンドです。これ沖縄に恋焦がれてる人には涙そうそうモンだな~

IMGP1799_convert_20120705085923.jpg

先ほどのいい夫婦シーサー横には、オリオン&ブルーシールが入った冷蔵庫があるのですが↓

IMGP1796_convert_20120705085841.jpg

「幸せの扉(入り口)さあどうぞ」って
愛らしすぎる~可笑しすぎる~~
先ほどのお祭り一覧でも思いましたが、もしかして西会津って、なんだかすごくオチャメな町なんじゃありませんか?
西会津雪国まつりに行った時も、このオチャメさを生むだけの底力=精神的余裕がある町っぽいなんて思ったものでした)

そういえば西会津って確か、沖縄本島の大宜味村とも長年交流があったはず。「西会津雪国まつり」には大宜味村の方々が、あのさっむい冬に、そしてその直後「放射能に汚染されてるかもしれない青森の雪で沖縄っ子が遊ぶなんて断固拒否!」なんて騒ぎになったこのご時節にも関わらず、はるばる参加してくれてましたm()m
基本雪深い会津地方の中でも、山深く新潟との県境である西会津は、降雪量が一際多い町。沖縄との交流は、お互いにきっと良きカルチャーショック体験になるのでしょうね

さてさて買うもん買ったし、ドライブ再開しますか
おっとついでに、外の会津マップも見てみよう

IMGP1734_convert_20120628103846.jpg
↑喜多方市です。お蕎麦のおいしい山都町、見えにくくてすみません
えっ小野小町って、晩年は喜多方に住んでたの!?(と驚いてwiki見たら、「小野小町の墓」とされるものは、なんと一府九県にあるそうで

IMGP1733_convert_20120628103829.jpg
↑今この「よりっせ」ってとこにいます
そういえば走ってる途中「大山まつり」のノボリがずら~っと立ってる横道があったけど、この大山祇神社の大祭だったのかな?

IMGP1732_convert_20120628103813.jpg
↑一休さん(?)が指さしてた柳津町。
地熱発電所(東北電力)なんてのがあるんですね!これからの期待が高まる分野!?

IMGP1738_convert_20120628104015.jpg
↑熱塩加納町。これまた見づらくてすみませんm()m
案内文には「古刹示現寺前に温泉が開けた、会津統治発祥の山里。」とあります。「統治」って「湯治」の変換ミスですよねたぶん
喜多方市は去年一度だけ行きました♪ラーメン食べに
案内文の通り「いたるところで多様な風情の蔵に出会え」て、とってもいい感じの町でしたが「レトロ横丁」なんてのもあったのね!これはリベンジしなければ

IMGP1736_convert_20120628103939.jpg
↑塩川町。ここは名前はよく聞くけど行ったことない町。
「阿賀川舟運の拠点」の名前が「塩川」か~。これはやっぱし塩の道・西方街道同様、川路でも塩その他を運んでたってことですね?新潟の阿賀野川から、阿賀川と名前が変わるここ福島まで、「会津の物流を支えた」と言われるほどメイン的に。
そうか~海のない会津じゃ当時、塩(及びおそらくは海産物全般)は新潟から調達してたのか。どうでもいいけどやっぱり会津の「こづゆ」って、新潟の「のっぺ」から来たんじゃないか?とまたまたここで思ってしまいました(いやあの丸麩がね~どうも新潟のっぺに入ってるイクラの代わりじゃないかと思えて仕方なくてね~)

IMGP1735_convert_20120628103922.jpg
↑そして会津坂下。私的にはすっかり「安兵衛通りとばんげばんげ定食がある町」
大きくて歴史ある町っぽいな~と思ったら、なるほど宿場町だったのか おお立木観音ってこれね!

さてしばし会津トリップ気分を味わったら、再度ドライブ開始

IMGP1587_convert_20120628104038.jpg

新潟県・阿賀町にある角神温泉&ホテル角神の看板。
県境に近づいてきたんですね~

IMGP1588_convert_20120628104123.jpg

↑写真が遠いですが、西会津町のキャッチコピー「100歳への挑戦」です。
西会津町はこのコピーのもと、色々な制度や施設を整備して、主に高齢者医療に取り組んでいるそうで、町内の大きい交差点にも「100歳への挑戦」という大きな看板が出ていたりします。
しかし道案内の都合上なのか、よりによってその看板を背景に「○○○様 行年○○歳 告別式コチラ→」なんて看板が出てたりする皮肉な光景もあり

IMGP1589_convert_20120628104140.jpg

遠くに見える山、まだ雪をかぶってますね~
会津磐梯山なんかとっくに青山になってるんだけど、てことはこれはよっぽど高い山なのかな~?何ていう山だろう??
ちなみに道路にささってる赤白棒は、雪国経験者なら誰もがご存知「スノーポール」です。冬はここまで雪が積もるんですね~

IMGP1729_convert_20120628104206.jpg

これで何個目のトンネルかな?「車トンネル」を超えて(しかし49号は、磐越自動車道よりトンネルは少ない気がしました)。
しばらく走ると・・・

IMGP1592_convert_20120628104232.jpg

ついに県境到着!
ここから先は新潟県です。
通り過ぎてから後ろを振り返るとこんな感じ。

IMGP1728_convert_20120628104300.jpg

ここで福島県とはしばしお別れです
この近くにあった空き地(?)には、こんな看板が向かい合って立ってましたよ。

IMGP1726_convert_20120628104319.jpg

IMGP1727_convert_20120628104338.jpg

しかし「狐の嫁入り行列の似合うまち」とはどんな町なのか?町民もれなく狐顔とか?
という興味と期待を胸に車は阿賀町に突入します
次回からは新潟編で~す!
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

楽しい旅日記ありがとうございます

(以前コメントアップに失敗したみたいなので再度でごめんなさい)西会津町と宮古島市が友好都市だとはしりませんでした。しかも、あんなにたくさんの商品が。
四十年前の日本復帰の頃からすると隔世の感があります。福島の仮設住宅でゴーヤーが植えられていて、しかも「ゴーヤー」と言ってくれる(以前は苦瓜とか霊芝でした)のを聞くと涙がでそうになります。日本本土に対する劣等感を植え付けられてきた私たちより以上の世代からすると、沖縄も役に立てるんだって。
生活感覚に基づくブログ、とても勉強になります。ありがとうございます。いつの日か直接お話が聞けたらと夢見ております。

Re: 楽しい旅日記ありがとうございます

わ~~宮城先生からコメントいただけるなんて!!感激です♪お忙しい中わざわざ見てくださって、しかもコメント、本当にありがとうございますm()m(なのにお返事が遅くなってしまって大変申し訳ないです(汗))
仮設住宅にゴーヤーがあるんですか!エアコン状況が厳しいからなのでしょうか(緑のカーテン?)。しかも食べきれないほど実がなるし、ほんと大活躍ですね(^^)v
うん、やっぱりゴーヤーは「ゴーヤー」ですね♪「苦瓜」はゴーヤーが浸透した後に知った名前ですし(「へ~沖縄だけのものじゃなかったんだ~」と逆に驚いたものです(^^;))、「霊芝」は初めて聞きました!なんだか不思議な呼び名ですね、中国の果物みたいな。

えっ宮城先生の世代でも、本土への劣等感が!?それは意外でした。。。というのも沖縄にハマり始めた頃、「これが沖縄だ!どうだ!」というパワー溢れる本や音楽(たぶん宮城先生と同世代の方々の??)に触れて、それで更にハマった感があるので。でも確かに、そういうふうに「沖縄としてのアイデンティティ」をガツーンと打ち出すっていうのは、本土に対するアンビバレントな感情がそれだけ強く底にあるからだ、というのは、自分のことを考えてみてもわかる気がします。。。
余談ですが会津は「「先の戦争」と言えば戊辰戦争を指す」というジョークがあって(笑)。これも「恨みつらみを忘れて平常心で相手と向かい合えるのは、戊辰戦争を忘れた時、他人事になった時だけなのかもしれない」なんて最近思ってしまいました。それでいい・・・のかな?とか思いつつ。

こちらこそ!本当にありがとうございます!!こうして見て頂けたのはもちろんですが、何よりはるばる沖縄から何度も東北、福島においでくださって、おいしそうな沖縄そばやジューシーなどをm()m 本業でお忙しいのにm()m 住んでる私の方が逆に何もしてなくて、恥ずかしいくらいです(汗) 本当にありがとうございます!!!
私個人としては、福島(会津)に住んでいて放射能を心配することはほぼないという感覚です。元々オーガニックとかエコとかに、さほど興味なかったこともあり(^^;)
福島って、浜中会津で本当にきっぱり分かれてるんですよね~。浜通りと会津ではもう気候が違う(^^;)、浜はほとんど関東と同じ太平洋気候、対して会津は新潟に近い盆地。さらに歴史も違う。気候と歴史が違えば生活様式も、すなわち文化・習慣・考え方も変わってくる。今回浜通りで若い方が何人も津波で亡くなったのですが、皆さん宮城県の自動車教習所に行っていた方でした。浜通りでは、宮城や茨城の方が近いんですね。逆に会津は、ちょっとした買い物なら新潟へ行く人が多いです。(中通りは詳しくないのですが、福島・郡山という県を代表する商業都市があるので、ほとんどここで済んでしまって、浜通りや会津に行くのはレジャー・観光という感じじゃないかな??)
という感じなので、個人的には、会津は今回の原発事故に関してはなんだか「遠い」という感じです。ここら辺は沖縄とも似ているのかな?と思ったり。基地を抱える中部と、それが来そうな北部、わりと無関係な南部。なんだか浜中会津を思ってしまいます。もちろん基地のある町でもない町でも、人によって関わりの度合いは違って一言では言えないのでしょうが、でもそんなところまでも似ている気がします。
とはいえ、いくら「遠い」という感覚でも、メディアでの情報量が他県とは段違いなので「同じ福島」という感覚はとってもありますし、親戚がいたり避難してきている人が身近にいたりして、他人事ではない感覚も、他県と比べれば強弱の差はあれあると思いますが、やっぱり会津-浜通りは距離的にも心理的にも遠い。浜通りで震度5なら会津は震度3ですからね~;;一番神経質になってしまうのはむしろ「他県からの福島(会津)に対する風評被害」かも(^^;)。
もっとも会津も、数値で言えば関東のホットスポットと大して変わらないのですが、他が高い中で突出して低いのと、他が低い分高さが目立つのとでは、同じ数値でも受け止め方がどうしても変わっちゃいますよね。私的にはいずれにしても気にする数値ではないという感覚ですが、ここら辺は県内でも人によって感覚が違う感じです(でもまあ会津程度なら大丈夫っていう人が多数だとは思いますが)。
そういう微妙な感じなので、今回の原発事故とか被災地に対しての距離の取り方というかスタンスが、どうしたらいいかよくわからない部分があります。「同じ福島」という他人事じゃない感はあるのですが、かといって当事者=被災者とは絶対に言えない感覚もある(私とか特に転勤で来たので)。むしろ風評撲滅のために「会津は全然放射能の影響受けてませんよ」と積極的に言いたい気持ちすらあるけれど、それはまかり間違えれば「自分とこ(だけ)は大丈夫」って言ってることになっちゃわないか・・・?という。
ここら辺は、幼稚園ママさんとかとも、あまり突っ込んで話す機会がないです。「なんとなく大丈夫」という感じでそれぞれの生活を営んでいるというか。ただやっぱり、浜通りや中通りから会津に避難してきた方は、放射能を私とかより現実的に考えてるというか、「低くなってきたなんてウソ。あんな線量高いところに実際問題として帰れるわけがない」とシビアに受け止めてる方が多い気はします(私が楽天的過ぎるのか、会津にいるので感覚が遠いせいかわかりませんが)。

わわわ気づけばすっごく長くなっちゃってる(汗)
「福島の一住民の声」のつもりでしたが、書けば書くほど「人それぞれだよなあ」という気持ちが強くなってしまって;;宮城先生ならこの感覚、きっとわかってくださると甘えて書いてたら、ますます長くなっちゃって何言いたいんだかわからないような(汗)。
いつか私も直接お会いできたらと夢見ております♪できれば先生の授業を受けたいくらい!先生のお話を聞くと、原発事故や米軍基地その他に共通する「ここまではわかる。ここから先はわからない(≒わかりたくない)」という思いの原因とか、それを乗り越えるためのキーが増えそうな気がして。
ともあれ本当にありがとうございました!!!先生のブログもいつも楽しみにしてます(^^)/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。