スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日食

金環食でしたね~
といっても会津は部分日食で、細い三日月タイプでしたが、欠けていく様子は日食グラス越しにバッチリ見えました

IMGP1251_convert_20120521101307.jpg
↑寝巻きのまま・・・

ところで日食グラス、高いんですね~~~!!!
昨日コンビニで買ったら「1480円です」と言われ、思わずのけぞりました
TVその他で「肉眼なんてもってのほか。下敷きもダメすりガラスもダメサングラスもダメ」と、あまりにも「目が悪くなるぞ~~」と連呼されてるので、一応KK&U用に買ったわけですが(KKが学校に持ってっちゃうので2人分)。
しかし今朝、ゴミ捨てに行くついでに、家に日食グラスがあるにも関わらず肉眼でしっかり欠け始めの太陽を直視してきたママとしては(ワイルドだろ~~?
「おどかしすぎでしょ」
と素朴に思います。

そりゃ~始まりから終わりまで=約3時間弱くらい?じ~~っと肉眼で太陽を見つめ続けたらダメでしょう、てか無理でしょう。まぶしくて見続けてられないわね。
でも「今の欠け具合はどうかな?」みたいな感じで、時々太陽をチラ見したくらいで目がやられるとか、そんなわけないでしょーと思います。
要は「ゲームのやりすぎ」とかと同様、頻度というかバランスなわけで、実際は
「チラ見程度なら下敷きでもサングラスいいけど、じっくり観察したいなら専門のグラスの方がいいですよ」
なはずなのに、なんか「ちらっとでも太陽を見たら網膜がやられるぞ~」と言わんばかりなのがヘンだなーと。

これはマスコミの宿命なんでしょうかね~
「ちょっとなら大丈夫ですよ」とか言おうもんなら、「ちょっと=2時間」みたいな感覚の人が「ちょっとなら大丈夫って言うから信じてたのにダメだったじゃないか」と、目を押さえながら訴えてくるかもしれないし
そんな稀有な例ではなくても、子供とかなんて「ちょっと」なんて言っても歯止めが効かないから、そんなら曖昧な「ちょっとなら」なんてやめて、もう全部禁止にしちゃえ。そう言っとけば後は自己責任で、こっちのせいにはならないから。

みたいな意識が働いてる気がしてなりません。
マスコミがあまりにもそういう意識だから私たちの意識にも刷り込まれちゃうのか、それとも私たちの意識が鏡としてマスコミに現れているのかは、微妙ですが(相互作用なんでしょうねきっと)。
決してそれが悪いってんじゃなく。それが「現代のリテラシー」なんですよね。
「嫌なことは予防したい。もしも予防できずに起こってしまったら原因究明したい」
もっともです。完全同意です。
しかしそれが、神経症的に「予防しなければならない、予防できて当然」まで行っちゃったり、「原因究明」のはずがいつの間にか「責任追及」になってたり、というのは・・・絶対周りまわって自分の首絞めることになると思います。なんか違う、それじゃ行き過ぎあるいは取りこぼし、って感じ。そうした結果、嫌なことを避ける知恵の集積が、気づけば息苦しいレンガのおうちになってて「嫌な世の中になっちゃいましたね~」みたいな。
よりよい社会を目指していても、必ず副作用が出る。副作用を抑えようとすると、また別な副作用がある。皮肉ね~~~~~

こないだの竜巻報道でも、それを強く思いました。
竜巻の被害、形成システムの説明などとともに、大きなポイントとして出ていたのが「なぜ予知できなかったか」。
もちろんそれはそれとして研究してほしいですけど、なんかこう口調が「もっとちゃんと警報とか出してくれ」みたいな憤りが若干こもってるような感じがして、そう感じると「危険は予防できて当然、なのかな~今の社会は。そう信じちゃうと逆に色々大変な気がするけどな~」なんてめちゃめちゃ上の方から思ってしまったり
たぶんマスコミは警報を出す立場、それこそ責任を問われる立場になりかねないので、それを避ける意味もあって必死ってのもあると思いますが(あとそれと同じくらい、使命感もね。これで危険を伝えられなくて被害者が出てしまったら、なんのためのマスコミだというプライドはかなりあると思います)

まあ今は日本全体が自然災害に敏感になってる時期だから、そういう憤りは自然な感情でもありましょうが。
安全に暮らせる社会=危険を自在に避けられる社会は、とってもいいことですよ。長生きできるし。だから昔あった危険を1つ1つ潰して、安全に暮らせる社会を作ってきた結果が現代なわけで。
けど、危険を避けられる社会→危険は避けられて当たり前な社会→危険を避けられなかったらそれは自己責任な社会→それだと困るから自分以外の責任者を見つけたい社会、って、安全ではあっても安心できなさそうね 安全を確保するためには、いつもビクビクと不安に怯えて予防しなければならない。でもそんな風潮のおかげで、この景気停滞の中でも1480円というバカ高い日食グラスが売れてお金がちょっとでも動くんだから、そういう風潮は、実はみんなで望んでることかもしれないな~色々儲かるし。これこそ「避けられない」流れってやつか?

とエラそうに上から批評しつつしっかり流れに乗って買った日食グラスで、欠け太陽を楽しんだママ&Uでした(←こういうタイプが一番流れを定着させるという
KKは「友達と待ち合わせしてるんだ」と、グラス片手に張り切って、いつもより30分も早く家を出ました。早出してでも日食を一緒に見ようという友達がいるなんて、よかったよかった

IMGP1253_convert_20120521101344.jpg
↑家に帰ったら、Uがぬいぐるみにも見せてあげてました
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。