あやめの町・新発田

新潟市から新新バイパスを約30分、終点で降りるとそこは新発田です。
新発田城にはその昔、あやめがずら~りと咲いていたそうで、別名「あやめ城」。市花もあやめで、五十公野(いじみの)公園にて季節になると毎年行われる「あやめ祭り」は、花好きな方なら一見の価値ありという、まさに「あやめの町」。しかし今回の記事にはあやめ、まったく出てきませんので念のため

さてこないだの週末、そんな新発田の母ことばーちゃんちへ行って来ました。
少し遅いお彼岸ということで、父ことじーちゃんのお墓参りです。
ちなみにじーちゃんってこんな人でした↓

IMGP0845_convert_20120405170234.jpg

バンツマ、アラカン、片岡知恵蔵、大河内伝次郎e.t.c...昔のシャシンがとにかく好きだった人で。
洋画も好きでしたね~。チャップリンのサイレント映画とか、ゲイリー・クーパー、クラーク・ゲーブルといった時代の。
もしよろしければ、じーちゃんの満州ティーンエイジャー時代の話など(「じーちゃんの昭和」)も見ていただけると、父に成り代わって狂喜乱舞いたします

IMGP0844_convert_20120405170210.jpg

さてそんなじーちゃんが眠ってるお寺は、新発田・長徳寺。
堀部安兵衛ゆかりのお寺として、市内史跡めぐりスポットの1つでもあるようなないような(四十七士ファンでもないと、あまり訪れないような気もするので

IMGP0840_convert_20120405170105.jpg

なぜここが「ゆかりのお寺」かと言うと、この「堀部安兵衛手植えの松」があるから。
彼が故郷・新発田を出立する前、菩提寺であるここ長徳寺に、この松を植えていったのだそうです。
もっとも本物の、江戸時代から生きていた(と言われていた)手植えの松は数年前惜しくも枯れてしまい、現在あるのはその子供ですが。
代替わりした当初は、ほんと細っこくてチビっちゃくて「こ、こんなかわいくなっちゃってるけどいいの!?」という感じでしたが(先代の松はさすがにどっしりと立派でしたから)いつのまにこんなに成長~!?

IMGP0839_convert_20120405170043.jpg

新発田って一応城下町なわりに、歴史上の有名人とかあんましいないので、堀部安兵衛は新発田の観光産業にとって貴重なキャラ。
市内小学校でも「安兵衛太鼓」とか、名前を冠した活動があったり、四十七士の討ち入り日には、長徳寺などで「義士祭」が行われたりします。
なので「新発田の有名人と言えば、堀部安兵衛と三田村邦彦」というのが新発田人の合言葉なのですが(?)、会津に引っ越したらな~んと「堀部安兵衛は会津で生まれた」という説があって。
ぬお~~貴重なキャラが!こっこれは新発田、アイデンティティの危機!?
なんでも会津坂下の方に、堀部安兵衛が生まれた「貴徳寺」というお寺があるそうで、それによると安兵衛はここで生まれ、母は幼少時死亡。後に新発田藩を出奔してきた父もやがて亡くなり(両親の墓もその「貴徳寺」にあるそう)、孤児になった安兵衛は、新発田在住の祖父に引き取られた・・・ということだそうです。
じゃあ「新発田ゆかり」はとりあえず名乗っといてもウソじゃないのね。あ~よかった(でも明らかに新発田滞在年数は会津を下回ってると思うけど
↓のお堂は、中に四十七士の人形が飾ってあり、普段はこうして門外不出ですが、上記「義士祭」の日には開放されて灯明がともされます。

IMGP0842_convert_20120405170148.jpg

しかしそんな史跡はどこ吹く風、今年の大雪の名残で遊びまくるKK&U↓
このお寺、さすが堀部安兵衛の頃からあるだけあって、「文化」「嘉永」なんてお墓がゴロンゴロン。しかも区画整理なんて概念があんまりなかったのか、目指すじーちゃん墓まで「安政」のお墓をまたいだり「文久」のお墓に足を取られたりしながらのお参りです

IMGP0841_convert_20120405170126.jpg

ところでお墓に行く前、近所の「とんとん」という、新潟の、主に下越なのかな?で展開している、農家産直スーパーみたいなお店でお花を買っていきました。

IMGP0831_convert_20120405165904.jpg

倉庫みたいな広い店内は、切花ももちろんだけど、野菜や果物の種類が豊富!ここで初めて見たっていう野菜とかも多々で。
加工食品も個人で作っているものが多くて、手作り漬物とか、さすが米どころらしくピンクやグリーン、茶色などのお餅各種なんかも。
おみやげに最適なデザートや、手作りスイーツなどもいっぱい。

IMGP0834_convert_20120405165942.jpg

試食が充実してるので、KK&Uもこのお店が大好きです
(下は笹ダンゴの試食です。おいしそうに見えないのは写真のせいです

IMGP0835_convert_20120405170011.jpg

こういうお店を見ると、今回の原発事故がつくづく残念でなりません。
こういうお店が福島にあったら、きっと同じくらい多種多様な福島物産がずらりと並んでて
「ほら見てよ、福島はおいしい物こんなにいっぱいあるんだから♪」
と、新発田とんとん同様、誰はばかることなく胸を張ってたはずなのに。

というわけで、久しぶりの新発田でした。
新発田城の写真で〆たかったんですが、撮り忘れたのでまた今度
スポンサーサイト

テーマ : 新潟県 - ジャンル : 地域情報

コメント

じーちゃんのビデオ

なんと!なんと!
じーちゃんの部屋 ウチの父ちゃんの部屋と同じだ!笑
2枚目の写真の右側の、ずらりと並んだビデオ我が家にもあります
手書きのラベルもある?
ウチの父ちゃんも筆でタイトル書いてたよ!
なんか、うちの父ちゃんと、はみちゃんの父ちゃん気が合いそうだね
(本棚までウチのと似てるし・笑)

ウチの父ちゃんはエノケンが大好きだった!
寅さんも好きだったし、洋画も邦画もジブリ映画も好きでビデオいっぱい撮ってたよ
しかし。今となっては大量のビデオの処分に困ってるi-230
父ちゃん。カメラも写真も好きだった
返還前の沖縄の写真。たいしたモノじゃないけど
いつかブログにアップしようと思ってたんだ
近いうち、載せるよ。そしたら見に来てね
沖縄の写真ね、少ないの。なんでだろう?と思ったら
8ミリカメラも撮ってあったよ!i-183

Re: じーちゃんのビデオ

え~~~ほんとに!!!
趣味が同じだったのかな!?なんかすごいうれしいんだけど~~~i-237
手書き、書いてたよ~i-237 音楽テープとかダビングした映画ビデオとか、そうそうアルバムとかもね。戦後、ひそかに看板描き屋さんとかになりたかったらしい(^m^)
字が残ってるのはうれしいよね。写真とかよりワンランク肉体っぽいっていうか。

でもジブリが好きなんて、すごいよ!脳みそが柔軟な父ちゃんだったんだろうね♪
うちもそういえば「千と千尋」だけは好きだったみたいだけど。
ビデオ、うちも処分できなくてあんな感じに(^^;) たまにはじーちゃんのかわりに鑑賞してやろうかとも思うんだけど、いかんせんいっぱいありすぎてね~
お父さん、返還前の沖縄行ったんだ!うたちゃんの沖縄好きは、もしかしてお父さんの遺伝?
返還前の写真、見たい!すごく貴重だよね。ていうか私もその頃の沖縄、行ってみたかったよ~~

No title

って、KGB48に突っ込み忘れた~~i-237
目がその文字列を見ることを拒否したのかな・・・(^^;)

こんにちは。新発田のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです

Re: タイトルなし

はじめまして。コメントありがとうございます。
萌音さんも新発田の方ですか?なかなか味のある町ですよね新発田って♪

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する