浪江焼きそば

こないだスーパーでこんなの発見!

IMGP0732_convert_20120315123616.jpg

東北地方だけで売ってるのかな?全国販売??

ポテト系じゃなく、コーンスナックで、食べた感じは「スコーン・ソース味」みたいな。ソース味好きな方にはオススメです♪
KKのお友達が遊びに来た時に出したら「ああこういう味ね」とか言いながら、5分でなくなりました(いつものことですが)
このごろのお菓子って、値段は据え置きなのに、入ってる量がどんどん減って、たまりませんわ~

「浪江焼きそば」って、実は食べたことないんですよね。
そもそも、焼きそばにもやしが入るのが、あんまし好きじゃなくて(やっぱキャベツと豚肉でしょ)。なんかこう、加熱すると変にすっぱい感じになるじゃないですかもやしって。「もやしと麺だけ」なんて、私的にはチャレンジャー過ぎるとしか。
たま~にスーパーにも「浪江焼きそば」って置いてあるんですが、麺がほんとに太いですね!これまたどちらかと言えば細麺派なので、あまり手が伸びないのですよね~。一度は食べてみたいとも思うんですけど。

太麺と言えば、喜多方ラーメン、及び会津ラーメンも太麺ですね。
実際こちらのスーパーには、見事に太麺ラーメンしか置いてなくて、「やっぱし会津・喜多方は太麺文化なのか!」と、最初はそりゃもうカルチャーショックだったんですが。
お店で食べると、特にラーメンなんかは、熱いスープに入れても細麺より比較的のびないので、最後までシコシコなのがいいですね♪太麺の実力、思い知りました。
が、家で作ると、ど~もうまくいかないんですよね。細麺だと、どんな料理ベタなママでも比較的しゃっきり茹で上がるんですが、太麺はなぜかネトネトしちゃって。鍋が小さいのかな~?それとも蕎麦みたいに、実は最後流水で引き締めるとか?(まさかね

と、試行錯誤しながらも、会津・福島文化を楽しんでいます

そうそう浪江と言えば「鉄腕ダッシュ」!って、原発事故になってから知ったんですが。
こないだの鉄腕ダッシュは良かったですね~。最後、川俣町でヒヨコのマスコットがいっぱい並んでましたが、福島民報で読んだ記事を思い出して、ちょっと涙目。
川俣町=シャモの町。ということで、シャモを育ててる方のお話だったんですが(細部うろ覚え)。
あの大震災の時、卵や孵化したばかりのヒナが、停電で保育器その他が使えなくなったので全滅しそうになり、寝ずの番をしてあっためて守ったんだそうです。あの混乱の中。
しかし春過ぎから、「鶏肉も危ないんじゃないか」と、数値は大丈夫だったにも関わらず問い合わせが来るようになり。。。取引は激減。結局、寝ずの番して守ったヒヨコたちを、10羽、20羽と、自らの手で袋に詰めて「処分」せざるを得なかった、という。。。

「私たちは立ち直った。だから日本も大丈夫。あきらめるな」
というロシアの人の言葉が本当にうれしい「鉄腕ダッシュ」でした。
ダッシュ村がいつか浪江町で復活する日が、来るといいな。。。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

お!これは

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-! あ、こんばんは。

初めて知りましたよ。

浪江焼きそばは進化し続けるのですね。

私は日清のカップ焼きそばタイプを食しましたよ。

Re: お!これは

こんばんは!いつもありがとうございます(^^)
え!カップヌードルでも出てるんですか!!やったね日清v-218
いつか本物の浪江焼きそばと食べ比べてみたいところです。ただもやしがなあ・・・(^^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する