スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11in鶴ヶ城

こないだ、幼稚園のお迎え帰りにヨークベニマルでお買い物してたら。
「キャンドルカバーを描きませんか~?」
と、道行く買い物客に呼びかけるお姉さんの声。
なんでも、3月11日に鶴ヶ城でこんなイベントをやるそうで。

IMGP0700_convert_20120308104257.jpg

ここで灯すキャンドルのカバーに、絵とかメッセージとか描いてみませんか?ということらしいです。
こういうことに目がないUは、さっそく「描きた~い♪」

私にとって、3.11(=津波・震災被害)って、なんというか「遠い」んですよね。。。
その頃いた新潟は、揺れはしたけどライフラインは生きてたし。
救援活動に行ったダンナも予定日数で無事戻ってきたし。
当初は連絡取れなくてやきもきした、伊達市のばーちゃん実家もみんな元気だったし(電気屋さんなんですが、停電断水もなんのその、自家発電で地下水くみ上げて電気もつけて普通どおり生活してたそうです。電気屋さん最強だな~
スーパーとか品薄にはなったけど、なきゃないでいいなっていう物がほとんどだったし。
計画停電とかも、意外とあっさり終わったし。
ガソリン行列も新潟では起こった記憶ナシ。村上だけかなあ?でもお隣の山形でも行列発生していた(ダンナ談)のに、なぜこっちは起こらなかったのか、今でもナゾです。隣であっても東北圏か否かで違うのかな?あるいは人口密度の差?
そんな感じだったので、「3.11の時は大変だった」という実感がないんですよね。。。
もちろん、TVは全国・ローカル関わらずず~~っと震災報道だったし、市内に避難所も開設されて、寄付や募金もあったりしたけど、「新潟が、自分の周りが大変なことになった!」という実感は。。。

なので、こういうイベントに、どう考えても当事者じゃない私みたいなのが、イベント気分で行くのもどうかとは思いつつ。
思いつつもやっぱり、参加したい気持ちもあって。

その頃一番気になったのは、既に転勤先として決まっていた福島の被災状況&放射能で、実際「単身赴任したら?」なんて話も外野からはあったのですが、わりと早いうちに「会津は比較的OK」という情報は入ってたので、引越しの予定自体は変えることなく。
実際、4月3日(だったかな?)に引っ越してきたら、「3月は大変だった」と聞いたガソリンも、どのGSでも「フル」と看板が出てたし(というか、わざわざ「フル」入れられますよ~という看板が出ているのが、新潟から来た目には「そんなに大変だったのか!」と驚きでもありましたが)、スーパーも物によっては新潟より豊富で。
放射能も、わりとず~っと「0.18」~「0.15」くらいで、「これくらいなら大丈夫」としか思えず。
ただ「会津って道路状態悪いな~ボコボコで」と思ってたのは、今思えば地震の被害だったのかもしれません。。。
会津って盆地のせいか、浜通りや新潟で地震が起こっても山がせきとめるのか、意外と揺れないんですよね。浜通りが震度5なら中通り震度4、会津震度3みたいな。
てことは3月の震災では会津も震度5強くらいはあったわけで。実際、会津坂下の方とか昔ながらの家々も多いので、建物倒壊率はかなり高かったようです。

しかし新潟では、そんなに被害でなかった(むしろその後の長野地震の方が、長岡とか大変だったと思う)ので、生活感覚は新潟の時と同様、3.11前とほとんど変わらない感じで、今に至ってるんですよね。。。

これは4月になってから来たっていうのが大きいと思います。
転校したての頃は、いつまた大地震が来るかわからないということで、子供たちは全員集団下校&付き添いだったのですが、その時近所の子達に話を聞いただけでも、3月はほんとに大変だったんだなという感じで。
「お店に食べ物がなくて、このままだったらどうしようと思った」って、子供が言うんですもん。「うちのお父さんなんか、ガソリン盗んで警察に捕まっちゃったんだよアハハ」なんて話も。お父さん運転手らしいんですけど、ガソリンがどうしても手に入らなくて、こっそり路駐車からやってるところを、運悪く見つかっちゃったそうです ガソリンの話は、新潟のローカルTVでも「うちはガソリンあったから新潟まで来れたけど、近所にはガソリンなくて避難できないでいる人が今でも大勢いる」なんて話を聞きましたから、「あ、ほんとに大変だったんだ」と(余談ですが転校したての頃、クラスでとある先生がKKに「ガソリン入れられなくて、新潟で満タン入れてきたのよ~。だから助かったわ~」と言ってくれたんだそうです。まだ友達もそんなにいなかった頃、そんな話をしてくれた先生がほんとにありがたく)。
そして放射能も、3月の事故当初には、この会津若松さえ1~2μくらいあったんですよね。それでもまだ低い方で、もっと線量高い地方=震災被害も激しかった地方なんかでは、あの頃はガレキ片付けなどの屋外作業がどうしても多かったわけで。

そんなことを思うと、一番大変だった時期、及びそこから来る恐怖感・不安感を共有してないくせに「会津・福島いいところ♪風評被害許せない!」なんて、勝手に応援団のつもりで盛り上がるのもどうかという気持ちは、常にどっかあるのですが、しかしこの応援したいという気持ちもまた確かなもので。

来て1週間もたたない頃、「とりあえず飯盛山には行っとかないとだろ」ということでお墓参りした白虎隊。
くっだらない話ですけど、私オバケってわりと真剣にこわくて
白虎隊の美談もあんましシンパシーわかないタチなんですが、そんなこと思うと恐れ多いので「あなたがたが愛し守ろうとした会津に、これからお世話になります。見守っててください」と、わりと本気で手を合わせてきたのですが
お世話になるんなら、やっぱこっちも愛し守ろうとしないとバチ当たるだろ、というか白虎隊に怒られるだろ、という思いがヒシヒシと。白虎隊が枕元に立ったらコワイですから
加えて、会津ってほんとにいいとこだな~と、お世辞抜きで思うことが毎日のようにあって。大都会だし。とこないだKKの学校ママさんに言ったら「きっと期待しないで来たからよかったのよ♪」とのお答えでしたが、ほんとにこれほど会津が歴史ある町で、歴史上の有名人がこんなに絡んでて、猪苗代から奥会津まで見所が色々あって、大都会だなんて、まったく知らなかったので、そりゃもう知れば知るほど好きになるという感じで

しかしそれだけだったら、やっぱり新潟時代と変わらなかったかもしれません。
4月3日の引越し日、前泊した会津若松の「中町グランドホテル」で朝食を摂ってたら、テーブルの半分に「大熊町ご一行様」の札が立ってて。
疎い私たちは「確か大変なことになってる町だよな。じゃあボランティアに行く人たちがここに泊まってるのかな」としか思ってなかったのですが、その後引っ越し手続きのために行く先々、すなわち市役所で、銀行で、学校で、幼稚園で、そして落ち着くまでは我が家のお風呂は日帰り温泉だったのですが、東山温泉はじめ各施設で、大熊町始め南相馬や楢葉町などの浜通り及び東北から避難してきた方々と隣り合わせになることが多く。
自分に何も出来ない以上、あまり深く考えないよう、ただ「今福島は大変なことになってるんだな」とだけ受け止めて、ただ会津の町や魅力をどんどん発見していこうと思う日々の中。
震災の影響で、やっとインターネットが開通した5月半ば。余談ですが今思えば、それまでネットに触れなかったのも、過剰に放射能に怯えなくて済んだ要因の1つかもしれません。一番情報が錯綜していた時期を強制スルーしてたわけですもんね。
で、やっと開通したネットで2ちゃんとか見てたら(3月、事故が起こった頃なんか2ちゃねらーと化してた)、ひどい!!!ひどすぎる!!!福島への罵倒が!!!福島こんな大変なことになってんのに、お前らどうしてそんなことを言えるんだ~~!!!
怒りを抑えきれず書き込んだら「危険なのは事実」「お前が福島だからそう思うんだろ」e.t.c.く、く、くやしい!!くやしいけど言い返せないのがまたくやしい!!
精神安定のために、以後あまりこういうのは見ないように書き込まないようにしましたが、この時の(そしてその後も続く)悔しさは、私をはっきりと「福島応援団員」にしてくれました。この気持ちが、郡山やアクアマリンへ行く原動力になり、延長して岩手や宮城を思う、ひいては「故郷」を思う芯になってます。ありがとうあの時のバカたちってなもんです

なので、「3.11」の悲しみは共有できないけど「復興祈願」という気持ちを共有して行ってみようかな。
と自分で自分に言い訳しつつ、ブースでいただいたチラシを眺めつつ、キャンドルカバー製作。
県立博物館で、大熊町・楢葉町・双葉町の写真展示をするらしいんですよね。
見てみたいな。どんな町だったのか。ほんの一時すれ違うだけだけど、同じ町で生活している方たちの故郷。

IMGP0701_convert_20120308104328.jpg

「Uはね~まずピカチュウ描く」
なぜピカチュウ?
「光ビームと、あと炎描いて、それから花火!」
おお景気いいね~
「花火全色使う!」
おお派手でいいぞ~
「それから赤べえと黒べえ」
会津若松IC手前のコンビニに売ってたのよね。鼻先に磁石入ってて、ぶっちゅ~とくっつく、赤べえと黒べえ
「メッセージはどうする?ママ「会津大好き」って書こうかな?」
「ええ~やっぱし「がんばろう福島!」じゃないの?」

5歳児でもすらっと出てくる「がんばろう福島」。
悲しいような、うれしいような。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

再度失礼致します。

再度のご連絡大変失礼いたします。
旅休ドットコムの谷川と申します。
以前にもコメントを行わせていただきましたが、
この度、弊社では国内旅行情報サイト「旅休.com」をオープンさせていただきました。
それに伴い、ブログポータルも開設いたしますので、
是非貴ブログを掲載して頂きたいと思い、ご連絡させて頂きました。
旅行に特化していなければならないということもなく、掲載もちろんは無料ですし、
貴ブログのアクセスアップにもご協力させていただけることをお約束いたします。

☆ご掲載に関しましてご興味がおありの場合、下記よりご登録いただけますのでよろしくお願い致します。☆
↓↓↓
http://tabikyu.com/blog/form/index.php

(※掲載にあたっては「旅休.com」のトップURLをリンクしていただきます。)

また弊社フェイスブックもございますのでコメント等もいただければ幸いでございます。
↓↓↓
http://www.facebook.com/pages/旅休com/138314426278929

その他ご不明点ご質問などございましたらお手数ですが
下記連絡先までお願い致します。
この度は再度のご連絡大変失礼致しました。


【運営会社】
デジタルゲートオンライン株式会社 
担当 谷川
メール:tanigawa@dgo-inc.com
電話:03-5777-0395 
WEB:http://tabikyu.com

Re: 再度失礼致します。

オープンおめでとうございます&ありがとうございます。
登録させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。