スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津名物

会津名物と言えば、鶴ヶ城、磐梯山、赤べこ、起き上がり小法師、こづゆ、粟まんじゅう、榮川e.t.c.e.t.c...数え切れないほどあるのでしょうが。
これも「会津名物」の1つ↓

IMGP0629_convert_20120302085216.jpg

霧!

「ナニコレ珍百景」でも以前「霧に沈む町」をやってましたが、盆地ならではの名物ですね~

埼玉時代も川の町だったので、たま~に霧(若干スモッグ混じりだったかも)が発生して、荒川土手の先が見えず「あそこまで行ったら土手がなくなるよ~キャー」と、ランドセル背負った友達同士、ウキウキ登校したものですが
さすがに会津ほど多発しなかったな~。

会津では、おそらく川と空気の温度差が激しくなる時、すなわち気温が下がり始める秋と、気温が上がり始める冬の終わりに、霧が多発するような気がします。去年の秋、毎朝のようにお出迎えしてくれる霧を見ては「会津名物だな~」とカルチャーショックを受けましたが、ここ最近、再び朝霧が多くなりました。
ママなんかは霧でウキウキした子供時代の記憶が残っているので「キャー霧すご~い♪」とか、いまだに毎朝驚いてるのですが、KKは至って冷静に「霧なんてしょっちゅうじゃん」とクールに登校 この差に「やっぱり会津名物なんだな~」とかしみじみ。

新潟では、冬のご挨拶は雷です。「雪下ろし」という雷が「こんにちは~」と鳴ると、次の日からかっなっらっず雪が降り続き、約3ヵ月後「さよなら~」と「春雷」が鳴ると、次の日からぴたっと雪が降らなくなるのです。自然の神秘。

ここ会津の冬は雷ではなく、霧で始まり、霧で終わるんだな~。
どこもかしこも煙ったようで、目はパッチリ覚めているのにどこか景色が遠く感じるような、不思議な空気に包まれながら、もう季節が一巡りしようとしているのを、毎朝実感している今日この頃です。
春が来ますよ~~
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。