スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の鶴ヶ城

記録的な豪雪が続く北日本ですが、実家のある新潟・下越地方は、電話で聞く限りでは今のところ、TVネタになるほどの豪雪ではないようで(もちろん降ってはいますが)、まずは一安心。
ここ会津も降ってはいますが、「雪かき1日3回」はなんとか免れています。
(と書いた途端に、1日3回ペースになりそうな雪が降ってきた今日この頃ですオ~ノ~)

下の写真は、私的・鶴ヶ城を見るにはここが一番なストリートから撮った、冬の鶴ヶ城。
こないだ、わりと雪が解けてきた頃に撮ったもので、今はもうちょっと真っ白なお城になってますが。

IMGP0474_convert_20120125111058.jpg

この道を、もっと近づいてお城をよく見るべく、ずんずんまっすぐ進んで行くと・・・

IMGP0475_convert_20120125111119.jpg

お城はどこっ!?

いえね「近づけば近づくほど、その間に存在する物にさえぎられて見えにくくなる」って、確かに頭ではわかるんですけど、なんかこの道を歩くといっつも不思議で。
「物事は遠くから見た方がよく見える(こともある)」を実感させてくれるストリートってとこでしょうか

お堀が真っ白く凍ってて、冬景色ですね~
ここにはカモがいっぱいいたんだけど、今は1羽も。
足が凍り付いてるカモがいたら「リアルかもとりごんべえ」ができたのに、残念だ~
と残念がってる横でダンナは
「敵の侵入を防ぐための堀なのに、凍ってたら敵が歩いて渡って来れてしまうではないか。いいのかそれで!?」
と実際的な立場から苦言を呈してました。そう言われるとそうだなあ。戦国時代もやっぱり凍ってたんでしょうか?
そういやあの関が原の合戦も、発端は家康がこの鶴ヶ城(の上杉景勝)を攻撃しようとしたことだそうですね(と最近知りました
う~むやっぱり会津は日本史に欠かせない!

IMGP0476_convert_20120125111215.jpg

写真には写ってませんけど、この先には大熊中学校の会津若松分校があります。
私たちが会津に引っ越してきたのと、ほぼ同じ頃(2週間後くらい?)に開校。
会津生活には慣れたかな?雪遊び楽しんでるかな?身内が今この時も原発内で作業してらっしゃるっていう子もいるのかもしれないな。

朝、校舎に入っていくセーラー服の子たちを見かけるにつけ、思うだけで何をするわけでもありませんが、そんなことを思いつつ見送りながら、通り過ぎています。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。