スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪苗代リゾートで初・林間コース

週末、またまた子連れスキーに行ってきました(お金が飛んでく~

福島のスキー場の豊富さに、今更ながら目を奪われ、あちこち目移りしている私たち。今回は、猪苗代に行ってみようかと
猪苗代は、中級者コースが充実している「ミネロ」に、子連れ・初心者向けの「中央」&「葉山」と、複数のエリアを抱える大スキー場。
裏磐梯からの帰り道、おっきいスキー場がナイターの灯に照らされていて「おおここが猪苗代か。けっこう良さそうじゃん♪」「会津若松からも近いしね~」
雪質は裏磐梯より劣るとのことですが、ここ数日けっこう降ってるので大丈夫でしょう。と、磐梯河東ICから高速に乗って(ほんの1区間)、お昼頃、初・猪苗代スキー場へ♪

案内板に沿って進んで行くと、やがて見えた「ミネロ駐車場」しかし「満車」!
そのすぐ先の駐車場(兼レンタル屋さん)も満車。商売熱心な客引きのおじさんが
「この先みんな満車だよー。でもうちでレンタルすればここに駐車できるよー。中で借りると値段が倍だよー。入り口へは300mくらい歩くだけだよー」
と、あれこれ説明してくれますが、ナイター時間はレンタル不可なこと、及び入り口も見えないところから300m(?)歩くのが辛かったのでパス。
そのまま直進してみると、「中央駐車場」&「(葉山ゲレンデ側の)西駐車場」ともに案の定「満車」

「やっぱり早起きしないとダメなのかな~」と嘆きつつ、初・猪苗代スキー場からあえなく退散。
「隣のスキー場行ってみるか」と、予定変更して「猪苗代リゾート」へ。

猪苗代リゾートは、猪苗代よりさらに会津若松側。ちょうど、アルツ磐梯と猪苗代の中間に位置していて、「猪苗代リゾートホテル」が隣接しています。
「猪苗代リゾートホテル」と言えば、私たちにとっては「あの震災」。
猪苗代湖に遊びに行ったGW、たまたま日帰り温泉で立ち寄ったこのホテルは、その頃浪江町の避難所でもあったのでした。
気さくに話しかけてくれたおじさんは、ここが5ヶ所目の避難所とのことで、「ここは天国だ」と言ってたっけ。
パリッとしたYシャツ&ボトムスで「アハハ自営業だよ。Yシャツだけはきちんとしてないとイヤなんだ」と、気概溢れるおじさんでした(てっきり出張中のサラリーマンかと思ってた)。どこかでお元気かな~?

と、そんな感慨にふけりつつ、到着しました「猪苗代リゾートスキー場」。
駐車料金千円(土日祝)を払って中へ入ります。ちなみに裏磐梯は無料、アルツはモバイル会員でこれまた無料だったので、なんだか高く感じるわ

IMGP0386_convert_20120116124846.jpg

駐車場隣接のセンターで、Uのレンタル一式。
そこからゲレンデ&リフト券売り場へ向かうのですが、ここがけっこう急な雪道で、今更ながら「裏磐梯はラクだったな」と。
ただしリフト券はちょっと安めで、ファミリー券などはないけど、5時間券なら他スキー場のファミリー券とほぼ同額でした♪
ちなみに、猪苗代スキー場はナイターやってるけど、こちらリゾートでは、今季ナイターはやらないそうです。

IMGP0387_convert_20120116124920.jpg

さてではリフトに乗って、出発
ここのリフト、上昇角度がすごいです 乗り始めはそうでもないけど、途中から見上げるほど上に登って行く感じ。
山を一筋切り開いてリフトをつけましたって風情なので、よけいそう感じるのかも。

IMGP0390_convert_20120116124942.jpg

初心者コースは、この山道リフトに交差しつつ、ぐねぐねと下っていきます。
時々リフトから見える初心者コースは、ほんとに山道って感じで、面白~い

IMGP0414_convert_20120116125622.jpg

初心者コースなので、ご家族連れがけっこう滑ってました♪
林間コースって、一度行ってみたかったんで、楽しみです

IMGP0415_convert_20120116125654.jpg

到着しました!
今まで山だったのが、ぱっと視界が開けて、見晴らしいい~~!

IMGP0419_convert_20120116125933.jpg

けど雪質はイマイチかな~ けっこうサクサクのガツガツ。
ここは、左側のパノラマコース、正面のゲレンデ方面、右側の林間コースへの分岐点になっています。更に上行きのリフトへ乗り換えることも可能(チケット売り場横からは、山頂行きのゴンドラも出ています)
私たちはもちろん、右の林間コースへ。
景色を堪能しつつ左に曲がると、そこからは延々と林道が。

IMGP0397_convert_20120116125219.jpg

両側木々の中を滑っていくのは、新感覚で面白かったです♪ 広々としたゲレンデにはない冒険気分というか。
リフトの下をくぐるのも初めて

IMGP0406_convert_20120116125413.jpg

ただし、ほんとにすぐ両隣が雪をたっぷりかぶった木々なので、強風でも吹くと目の前が真っ白になります!
「前が、前が見えない~~!」とオタケビを上げながら進むことしばし(これがまた冒険気分を盛り上げ)
この日は風が強かったのか、わりと常にそうなのか、今までになく寒かったです。北向きの裏磐梯よりあったかいはずなんですけどね~。

IMGP0402_convert_20120116125325.jpg

このコースは、ご覧のとおりの狭さなので、あまりスピードは出せません。前後に人がいると怖いので。
加えて思いっきり緩い!この林間コースは長い中級コース迂回路なので、途中何ヶ所かで広いコースに合流するのですが、そのあたりではあまりの緩さに止まってしまうほどです。
ま、その方が安全ではあるのですが、私たちみたいにゆっくり行くと、ほとんど歩いてる距離の方が長いんじゃないかしら?
おかげでママも、ここではパラレルオンリー、Uもついにボーゲンを覚えました~

IMGP0425_convert_20120116130127.jpg

KKはいつの間にか、ズシャーズシャーと平地を滑ってくあの移動方法(呼び方わからず)をマスターしていて
「すごい!それママに教えてよ。どこにどう力を入れるの?」と聞いたら「え?これできてるの?これでいいの?」と自分で半信半疑しつつ
「どこに力を入れるっていうか普通にさ~。人のを真似すれば自然とできるよ」と、運動神経いい人ならではの答えが返ってきました(ママも真似してるつもりなんだけど、進まないよ~

IMGP0404_convert_20120116125344.jpg

最後だけはゲレンデを滑るのですが、うわ~やっぱしコンディション悪いな~。ガツガツで、枯れ草や、下手すりゃ土面までアイスバーンの下に見えてるところも
ここだけはUも、パパと一緒に滑りましたが、林道コースはほぼボーゲンで単独滑走OK
KKもママをとっくに超えて、時々後ろ向き滑走とか、緩い林道ならではのフリースタイルを楽しんでるし、いや~1回行くごとに子供に手がかからなくなるもんだな~

IMGP0423_convert_20120116132656.jpg

途中、センターハウスで休憩。
ケーキなんかがあるところが、ちょっとリゾートって感じがしなくもないと言えるような言えないような
KK&Uは入り口のたこ焼き屋さんで売ってたチョコバナナをいたく気に入り、各々2本完食
ここのたこ焼き屋さん、DJお姉さんによると「今年もやってます!猪苗代リゾートスキー場名物」だそうで、確かにおいしいそして10個入って500円は安い

IMGP0411_convert_20120116125549.jpg

そうそう、ここのスキー場、DJさんがいるんですね!(写真下右のブース↓)
「栃木の○○さん「今年も来ました!猪苗代リゾートサイコー」ありがとございま~す。曲は「ロマンスの神様」」
とか延々やっていてビックリしました
見た目や設備はあんまりリゾートじゃないスキー場ですが、こういう放送がガンガン流れていると、気分だけはなんだか「バブルで浮かれてた頃のスキー場」で、ちょっとリゾートって感じがしなくもないと言えるような言えないような

IMGP0408_convert_20120116125501.jpg

そんなこんなで、休憩挟みつつ、初・林道コース、堪能しました♪
けど今回は、歩く距離が長くて疲れたな~~
ゲレンデまでの上り下り(距離はめっちゃ短いですが)と、あの緩すぎる緩さ、そして雪質に
「やっぱりうちらは裏磐梯がいいな」
との思いを強くしたのでした 
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。