スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KKの補習騒動

KKの小学校ではこの2学期の終わり数日、希望者に放課後「補習授業」を行ってくれます。
ここの学校は、歴史が古くて自負=熱意があり、礼儀作法や授業にも熱心という印象を、転校した時から持っていましたが、このお知らせプリントを見てまたまた「普通なら「塾へ行きなさい」になりそうなところ、わざわざ先生が居残って補習授業か~。さすがこの学校だ」と、ちょっと感動
余談ですが、首都圏の公立中学校に通う姪っ子は、公立高受験の際、「学校の勉強だけしていても受かりませんよ。学校でやらない問題が出るから」と「学校の先生」に言われたそうで しかもオソロシイことに、これが「常識」だそうで
こんなセリフを常識として生徒に教えなきゃならない学校の先生・・・気の毒すぎてお釣りが来ます そりゃ先生の自負=熱意も失われるでしょうて。

ともあれ、ただでさえテストの点が80切るKK、これに参加しない手はないと
「「希望する」に○でいいね?」
と、単なる確認のつもりで聞いてみたら、まーーーーーゴネることごねること

「なんでー!?なんで補修なんか受けないといけないの!?」
だってせっかく学校がやってくれるってのに
「関係ないよ!KKはしたくないの!だいたい希望者でしょ!?」
でもみんなけっこう受けるみたいじゃん
「みんなはみんな、KKはKK!なんでみんながするからってKKがしないといけないの!?」
みんながすることはKKもしといた方がいいって。KKが勉強できるならともかく、テスト80切ってるんだからますます置いてかれるよ
「じゃあ自己学習の時間増やす!明日から漢字1P多くやる!それでいいでしょ!?」
またまた~
「どうしてKKのこと信用しないの!?!?(激怒)」
だって今まで何度・・・
「だから今度はちゃんとやるって言ってんじゃん!!!ママはどうしていっつもKKを信じてくれないの・・・(ここら辺で涙目)」
それはいっつも裏切られてるから、と言いたいのをこらえ じゃあ何でそんなに補習受けるのヤなの?友達が補修に出たら遊べなくなるんだから、一緒に出た方が楽しいと思うけど
「楽しいわけないよ勉強だよ!?帰り真っ暗になるんだよ!」
みんな条件同じじゃん
「みんなはみんな、KKはKK!なんでみんなが~」(以下ループ)

しかし「みんなはみんな、自分は自分」とか「どうしていつも信じようとしないのか」とかは、確かに一部痛いところを突かれたって感じがして「ここをウヤムヤにすると、先々しっぺ返しが来るかも」なんて、ちょっと迷いが生じてしまいます。
が、同時に「出ーたー若さにありがちな名言集」とか「おおKKもこういうことを言うようになったか~ママも昔はよく・・・」とか、積極的にウヤムヤにしたい気持ちも確かにあり

とりあえず、収拾つかないので「じゃあまあもう少し考えましょう」ということで、「希望する」に○したプリントは少し寝かせておき、KKに持たせて「あっ提出するの忘れちゃった♪テヘ」となるのを恐れたママが、提出期限日にこっそり事務室に持っていったわけですが(←とことんKKを信用してないママ

そしてこないだ、初めての補習日。
さぞかしブーブー言いながら帰ってくるかと怯えてたら、妙にテンション高く帰宅したKK
「補習、クラス全員出てたよー!KK出てなかったらKYになるとこだった!あーよかった!!」
「帰り道?真っ暗で何にも見えないからすげー面白かった!みんなでキャーキャー言いながら帰ってきた!」

なべて世はこともなし、かな~??
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。