ETVを見なかったけど雑感

昨日、ETVで福島の米農家さんを特集してたそうですね。半年間密着取材して。
私は見てなかったんですが、さっきネットでまとめ記事みたいなのを読んだら、わきあがる1つの感想が。

粘土すごい

ってそれだけかーい!!
いえね番組見てなかったんで、自分でも感想のポイントがずれてる気はしますが
しかしほんとに一番印象に残ったのがこれでした

いったん粘土に吸着されたセシウムは、ゼオライトまいてもプルシアンブルーまいても吸着されない!粘土にくっつきっぱなし!
すごくないですか!?これ土壌にゼオライトまいたのと同じでしょう。

それほど吸着率すごいなら、なるほど作物に移行しないわけだわと。
で、それなら無理に土を除去したりしなくても、充分じゃないかと。
要は、土壌がどんなに豊かだろうとやせていようと、あるいは火山灰だの黄砂だの放射性物質だのが混ざってようと、それで作物に問題があるかどうかであって、問題ないならそれはそれでいいんじゃないか?
なんて思ってしまったのでした。

もっとも放射性物質の場合、農家の人の内部被曝の問題が常にあるわけですから、土を除去できれば一番いいに越したことないのはもちろんですけど。
けれどそれが難しいのなら、現時点として、作物にどの程度影響を与えるかで考えちゃ~ダメかなあ???
消費者が「土壌に放射性物質があるところでとれた作物は、たとえNDでもイヤ」と思う気分はわからなくもないけれど、ぶっちゃけそれは「気分の問題」であって。
気分は大事(だいじ)だけど、気分の問題を大事(おおごと)にすると、大事なところを取りこぼして後からしっぺ返しが来るような、そんなことにつながる気もします。

まあ、本当に粘土に放射性物質が吸着しっぱなしで大丈夫なのか、よくわかりませんけど。
さっき書いた内部被曝の問題もありますし、来年再来年どうなるのかも、よくわかりません。
とりあえず「粘土すげーなー」という素朴な感想でした
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

No title

粘土すごっ!

Re: No title

すごいですよね!
そのままずっとくっついてるのかどうかわかりませんけど(汗)
コメントありがとうございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する