スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基準値超えのお米

ひたすら残念としか言いようがないニュースですが。
仕方がないとしか言いようがないともいうか。
色々思うことはありますが、結局この2点に集約されるので、他に言うべき言葉もなく。

ただひとつ「政府が出荷停止を決めた」ということで、誤解されてないか?と思ったことだけ。
この地域一帯のお米は、もともと出荷予定ではありませんでした。

 福島県産の新米について全農福島県本部は、販売するのは放射性物質が「不検出」とされたものに限定する方針を決めた。10月14日、河北新報が報じた。12日に佐藤雄平知事が「安全宣言」、全48市町村で今年産米の出荷が可能になったばかり。市場や消費者の目はなお厳しく、安全性をアピールしてなんとか販売につなげようという苦渋の選択だ。

国の暫定基準値は、1キログラム当たり500ベクレル。「不検出」というのは、機器の検出限界値(5~10ベクレル程度)以下、誤差の範囲で「ゼロ」と認定されたもの。

福島県の検査は、1174地点で行われ、すべてで国の暫定基準はクリアした。うち、964地点(82.1%)が「不検出」だった。福島県の「不検出」の精度は他県(20ベクレル)より厳しいことから、「不検出米」認定の線引きについてはさらに検討する。


つまり、210地点のお米は未出荷で、そのうちの1つがここだったわけです。
今回のことで正式に上からストップがかかった形なわけですが、それはあくまでも形式・表明で、それ以前に県のJAは、実質こちらの地区(やNDより高い数値が出た地区)のお米は出荷してませんでした(たぶん)。
だからこのお米も「自分ちで食べようと思って保管しといた」のですね。

もちろん、そうは言ってもすべてのお米を検査したわけではありませんから、10ベクレル以上の数値のお米は、中には当然のように混じってるかと思います。けど少なくとも「他の流通米も、検査をすり抜けて500超なんじゃ!?」って可能性は・・・う~んいくらズサンな検査だったとはいえかなり低いと思います。210地点のお米ならありうるかもしれませんが、それは売ってない(はず)ですから。

JAを通さないお米はわかりません。けど少なくとも、スーパーに並んでる範囲に、それほど高濃度のお米はない、んじゃないかと。

もっともこれは、福島の風評被害を少しでも払拭したいがゆえの意見なので、偏ってることは大いに認めますが。
ただ「政府が大波地区のお米出荷停止→じゃあ今までは出荷してたのか」という誤解がもしあったら、どうか安心していただきたいなと。安心できるかどうかはともかく

訂正:先ほど福島民報読んだら、上記のように「不検出のもののみ限定発売」ではなく「不検出のものから優先販売」とありました。確認不足、すみませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。