ある日のボーイズトーク

U「今日幼稚園で○○ちゃんが怒られて泣いちゃったんだよ。女の子ってすぐ泣くよね~Uは泣かないのに(ドヤ顔)」
KK「あ~そんなこと言ってられんの今のうち。女子チョーこえーから。女の方が強いから」
U「強くないよ。すぐ泣くもん」
KK「小学校になったらメッチャ強いから。こないだなんか足とか蹴ってくるんだよ。すげー暴力」
(ママ:何して蹴られたの?)
KK「え?いや~ま~色々とね」
(ママ:どーせスカートめくりとかでしょ)
KK「(心底バカにしたように)ハア?そんなバカなことするわけないじゃん。○○君と××君と一緒に、無理やり絵を見ようとしたら全員蹴られた」
(ママ:そりゃ仕方ないわ)
KK「でもすげー力なんだよ!「おわっ」ってこんなふうに(と床に倒れる真似)転がっちゃったよ 女って暴力!」

去年くらいから「女は暴力」が、女子を評する唯一の言葉だったKK@現在小5。
こっちへ引っ越してきたら「男子はみんな君づけだし、女子は暴力振るわないし」と驚いてましたが、どうやらそれはお互い遠慮しあってた時期だけだったらしく
今やともに蹴られる男友達がいることと、蹴っとばしてくれる女の子がいることに、ママ的にほんとに安心したボーイズトークでした
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する