スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津は日本の雛形か!?

ってやたら大上段から構えたタイトルですが。
単にこないだ会津まつりで「トミーフード」を見ての思いつきなんですけど

「トミーフード」に「懐かしの味・ミートやきそば」ってのがあったんですが。
これは「イタリアンじゃないのか~!?どっちが本家なんだ~!?」と、新潟人ならおそらく過半数がつっこむと思われる一品。
で、食べ比べる前に事前調査(=単にネットで検索)してみたら、やっぱりそれを調査した方のブログがあって、それによるとど~~も新潟の方が本家らしいぞ、と。
ちなみに「会津村」その他では「会津の味・カレーやきそば」などのノボリも見かけますが、これも「新潟のイタリアン」の流れを汲むものらしく。

IMG_0117[1]_convert_20111003124357


新潟関連ではもう1個、春の鶴ヶ城で見かけた驚愕の看板が。

IMG_6219[1]_convert_20110517152015

「笹団子は新潟のソウルフードじゃないのか~!?どっちが本家なんだ~!?」
と、これまた新潟人なら叫ぶであろう看板ですが、wikiなんかを見ると、どうも会津まつりにもいた新潟出身・上杉景勝が会津に持ち込んだのではと言われるとか言われないとか。なるほど~なんだか納得。

あるいは、会津の町を歩くと「会津ラーメン」(てのがまた、喜多方ラーメンとどこが違うのか素人にはイマイチ判別不可能)のノボリや看板とともによく見かける「会津名物・ソースカツ丼」

IMG_0115[1]_convert_20111003124330

カツ丼と言えば卵とじ派な私には、「確かに珍しいな~。でも福井にもあった気がするな~」
で、またまたネットで検索してみたら、福井だけじゃなく、色んな地域が「ご当地」として名乗りを上げているらしく。
まるで新潟における「ぽっぽ焼きvs.蒸気パン」や「セイヒョーvs.ダイイチのもも太郎」みたいに、どーでもいい熱いバトルになっているらしいのが面白いです
wikiで見た限りでは、どうも発祥・早稲田→福井→その他というラインが濃厚なのですが、その中に「(会津は)「ソースカツ丼に最初にキャベツを入れた町」として、店舗が伝統会津ソースカツ丼の会を結成し、町おこしをしている」という一節が!
「会津は歴史のある町」「白虎隊精神(=ならぬことはならぬ)が息づく町」とかはよく聞くけど「最初にキャベツを入れた町」って、ああ~~会津のイメージがガラガラと~ いやこういうどーでもいい情熱、好きですけどね(しかしどういう経緯で会津に伝わったかは不明)

他にも、ひそかな「会津名物」として忘れちゃならないのが「カツギョーザ」

SANY0187_convert_20111003114636.jpg

単なる揚げ餃子かと思ったらさにあらず!見かけはトンカツ。しかし齧ると、しゃぶしゃぶのように薄~い肉にギョーザの具が包まれているという、まさに「カツギョーザ」。ギョーザ好きにはたまらん一品
食べるたびに「果たして正解はトンカツソースか?それともやっぱり醤油がベストか?青じそポン酢も捨てがたい」と悩ましいのも味わいが増します
会津に来て初めて「カツギョーザ」を知った私、「なるほどこれは「会津名物」だ」と信じてたのですが、これまたネットで検索してみると、なんだか「栃木県」にヒット多数。
栃木と言えば、ご存知「餃子の町・宇都宮」を有する県。う~~むこれはやはり、隣県・栃木から伝わって「会津名物」になったってのが真相か??

というわけで、主にB級グルメに関する限り「会津名物」=「よその名物を自分とこのって言ってないか?」という疑惑が今んとこぬぐえないのですが
しかしこれは別な言い方をすれば「柔軟性があって進取の気性がある」ってことでもありますね。
一概に「何これヘン」とか「うちには合わないよ」なんて決め付けず、いいと思ったらどんどん取り入れてしまうという。

ここで面白いのが、だからと言って土地柄も柔軟で「OKOK細かいこた気にすんなガーハッハ」みたいにあけっぴろげかというと決してそうでもない、むしろ逆ということです。
俗に「会津の三泣き」と言われるほど、進取の気性どころかそう簡単に他所を受け入れない性質ってことに、公称ではなってるようで(もっともこれは昔のことって気がします。今は観光地なので余所者にも慣れているし、学校や幼稚園でもママさんがた皆さんそんなに固まってないですしね)。
この性質はやっぱり、山に囲まれた盆地ゆえだったんでしょうかね~?領主が変わったり、旅人が訪れたりして「文物」としての異文化は来ても、山という天然の城壁に守られたおかげで、本質的な(それは往々にして「外敵」という形を取って現れる)異文化との接触はなく、自分たちの文化・生活を長らく保ってきたゆえの。

あら?こういう場所、なんだか知っているような気がするわ。

海に守られたおかげで、異民族支配の副産物ではなく「文物」としてやってきた、仏教や文字、車などその時代時代の最新技術。
それら異国の文化を、いいと思えばどんどん取り入れ、さらには独自のアレンジまで加えてしまい(まるでソースカツ丼のキャベツのように?)、ついには「自国ブランド」として逆輸出するほど自分のものにできてしまう、柔軟な進取の気性。
かと思えば、海に守られたゆえの「島国根性」と揶揄されるほど、時に閉鎖的で余所者をうけつけず、しかしいったん懐に入ってしまえば、「会津の三泣き」のごとく心地よい。というのもその閉鎖性は、単に穏やかで遠慮深い性質から来るだけのものなので他意はなく、「俺が俺が」とガンガン行くより和を重視するという、長年の生活の知恵の裏返しでもあるから。
そう、まさに「日本」そのもの!?

こうした性質は良し悪しでしょうが、個人的にはこういう「日本」のイメージ、とっても好きなんですよね~
ルールや理念よりも合意を重視して、穏やかでありつつ融通無碍、変幻自在なのにどっか独特な個性とポリシーがある。
まるで、水が海になり雲になり雪になっても、水は水であるがごとく(?)
「日本オリジン」にこだわるあまり、排他的・独善的になったりする国粋主義とはまったく逆の意味で、こういう「優しい日本人」像、好きだわ~。あくまでも像、イメージですけど。
「会津名物」笹団子やカツギョーザに、会津の歴史や地勢や友好関係といった、「会津そのもの」が現れているように、「何でも受け入れる雑多な日本」の中にこそ、真の日本の姿が浮かび上がる!?

もっとも「「日本」を失っても日本人は日本人たりうるか」という壮大なテーマを描いた「日本沈没」その「第二部」では「日本を愛するように他の国を愛する。それは実体験として他国を知らないからだ。だからそうした理想を語ることが出来る」と、コスモポリタンに対して、自らは決してそうはなれないと悟るナショナリストが痛切に語っていますが。

はっ気づけばミート焼きそばから何千光年もへだたってしまいました
こういう焼きそばみたいな各論1コからできた総論てのは、たいてい「大風呂敷」以外の何物でもないので、あんまし気にしないでくださいね
ともあれ、引っ越してきて早半年になる会津は、相変わらず興味深いものがテンコモリ、見所いっぱいの好きな町です
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。