スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか不思議な会津村

鶴ヶ城などがある会津若松市街地から、猪苗代湖方面へ向かって49号線を走ると必ず目に入る、高崎観音のような巨大仏(高崎観音よりは小さいけど

どうやら「会津村」というテーマパーク(?)らしいのですが、何か見るものや遊ぶものがあるわけじゃない、単なる「庭園」らしく。
「行ってみる~~?」「でもなーんかつまんなさそうだよね(駐車場も常にガラガラだし)」ってことでずーっと行かなかったのですが、夏休みのヒマな週末、ヒマをもてあましたあげく行ってしまいました

SANY0322_convert_20110906093037.jpg

入り口を見てびっくり!テーマパークかと思ったら、半分お寺なんですね
だから高崎観音があるのか(いや高崎じゃこっちは子供抱いてるし)

SANY0323_convert_20110906093125.jpg

こちらがお寺&観音様↑
おお~近くで見ると、さすが大きいなあ~
受付の人が「あの観音様、中を登れるのよ~♪」と余計なことを・・・いやいや親切に教えてくれたおかげで、KK&Uはもう登る気マンマン
しかし途中で「もう歩きたくない~」「ね~ダッコ~」と泣き顔になるKK&U&「アンタらが登るって言ったからでしょ~」とバテバテで逆ギレする自分たちという地獄絵図が容易に想像できるパパママは「まーまー登るのは帰りにして、まずは中を見て回ろう♪」と、あわよくばそのまま忘れさせようと先を急ぎます

SANY0325_convert_20110906093204.jpg

半分山の上なので、なかなか見晴らしも良いです。
このきれいに整備された区域はほとんどこの「会津村」。めっちゃ広いです!
「この炎天下、あそこまで歩くのか・・・」と、歩かないうちに熱中症でくらっとなりそうですが、行きは下り坂なので意外とラク
とはいえやっぱり歩くので、足腰弱いご老人や小さい子連れグループなどには園内を巡回する2階建てバスがオススメです。

SANY0332_convert_20110906093500.jpg

坂道を下りきると急に視界が開け。
この芝生、すごいな~~~。よくわからないけど、さすがお寺って感じが。
近くから高崎観音(だから高崎じゃ)の正面顔も見えます。

SANY0326_convert_20110906093231.jpg

すぐそばにはこんな庭園も。
わ~~なんかステキなとこだな~~

SANY0327_convert_20110906093306.jpg

大きい池には鯉がいて、橋のたもとには鯉のエサも売ってます。
料金箱にお金を入れて、勝手に戸をあけてエサを取るという、仏の御許で己の良心が試されるエサ箱でした

SANY0331_convert_20110906093346.jpg

鯉の口が「なんとなく人の顔に見えるような気がしませんか?」
どれどれ??

SANY0330_convert_20110906093421.jpg

「気のせいじゃないですか?」
あ、でも写真だとタコチュー宇宙人みたいに見えなくもないかな?
実際に見ると、口が大量すぎてちょっと気持ち悪い上に、それがエサを求めて上を下への大騒ぎなので、顔どころか「ああこの生物の業からオサラバしてるのは仏様ばかりなり」といったところまで考えがすっ飛んでしまいます

SANY0333_convert_20110906093525.jpg

ここまでで、早くも汗だくだくの喉カラカラなので、向こうに見えるお茶屋さんに避難
わ~いカキ氷のハタもあるぞ~~♪

SANY0334_convert_20110906093759.jpg

ここはお土産屋さん圏お食事処圏休憩所。
冷えたお茶をサービスしてくれるのがうれし~~
ここで売ってるお漬物あれこれを、お茶請け&試食として出してくださいます。
抹茶やイチゴ、あずきの氷などを各々頼んで涼をとりつつ、鯉を見ながらお漬物をつまむひととき。お茶うけにお漬物って、大内宿でもそうだったけど、個人的にはいかにも「昔ながらの農村」って感じがします。
しかもこのお漬物がどれもけっこうおいしくて、試食品なのに遠慮せず平らげる一行
「お客さんはやっぱり減ったね~~。会津の方はそんなに放射能高くないのにね」とは、ヤな顔ひとつせず、じゃああれもこれもと出してくれたおばさんの言葉。私はまたいつもガラ空きなのかと思ってたわ
KKのご要望により、こんにゃくにごぼうを包んだピリ辛風味のものとか、お米と一緒に炊き込むとあっという間に赤飯が!みたいな古代米とか、予想外にお買い物してしまいました

SANY0335_convert_20110906093642.jpg

お茶屋さんを出ると、あたりは一面のあやめ!
他にもこんなふうに、まるで野生みたいに一面のあじさいとか

SANY0337_convert_20110906093839.jpg

なんてことない路傍にも、こんなふうに花がいっぱいとか。

SANY0339_convert_20110906093919.jpg

私たちが行った時は7月ならではの景色でしたが、春や秋にはまたがらっと眺めが変わるんでしょうね~

SANY0336_convert_20110906093719.jpg

「一面あじさい」の近くにあった涅槃仏。
ただの庭園じゃなく、時々こういうふうに突然「仏教」が出てくるのが、「会津村ってなんだか不思議な場所だな~」という印象を抱かせます。
さてここからは、最初下って来たところを登るので、もう暑いわ疲れるわ
さっきお茶屋さんで涼んだばかりなのに、入り口近くのお土産屋さんへまたまた避難です
ここでも冷たいお茶を恵んでくださるのがありがた~~い♪
「会津ってこんなに暑いんですね~!!」「暑いんですよ~!!去年もすごくて・・・」とか、お店のお姉さんと会津の暑さ寒さについて、盛り上がることしばし(いかにお客さんがいなかったかという

SANY0341_convert_20110906093953.jpg

暑さのあまり、思わず買ってしまった会津うちわ。裏は白虎隊です
絵に描いたような会津みやげって感じですね(実際絵に描いてあるけど)。変わった会津みやげとしてはこんなのも↓

SANY0340_convert_20110906094021.jpg

みちのく戦隊・フクシマン!(聞いたことないけど
こーゆーのに目がない私、買おうかどうしようか真剣に迷いました
ちなみに隊員は「ピーチピンク・赤ベコレッド・白虎隊ホワイト」だそうです。ああ~バカバカしくてそそられる~~

このお土産屋さんの横から「子供広場」へ行けるらしく。
歩いてくと、わ~またまた全然違った景色が。しっかし広いなあ会津村。

SANY0343_convert_20110906094056.jpg

古い民家を何軒か移築してあったり、村祭りで使うようなお神楽の舞台が復元されてたりして、もしかしてこっちエリアが本来の「会津村」なんじゃないのかな??

SANY0344_convert_20110906094124.jpg

「お神楽」って、こないだ偶然、神明神社の夏祭りで見ました。
新潟の白山神社や諏訪神社でもやってたのかな?私はこないだ見たのが生まれて初めてだったので、なんだかすごくカルチャーショックでした。
神社の周辺に夜店がいっぱい出て、普段は静かな夜の神社も人で賑わっていて、灯で照らされた舞台では静かに能を舞っていて。
「ああ、お祭りってこういうもんだったのか」
なんて思っちゃいました。神様と人間がその地域を一緒に作ってきた(っていう意識がある)んだなみたいな。昔の村って、どこもこうだったのかしら?地域限定??

SANY0345_convert_20110906094206.jpg

昔の農家、復元かと思ったらどうやら本物みたいです。
道具や何かも置いてあって興味深し。

SANY0346_convert_20110906094233.jpg

3~4圏あるうち、1軒だけは「どうぞ中にお入り下さい」という太っ腹な展示方法!
中の家財道具なんかもそのままで、しかも部屋にまであがりこんで、座布団に座ってご覧下さいという。すごい!

SANY0348_convert_20110906094306.jpg

すっごく興味深かったんですが、基本的に閉め切ったままである上に道具そのままだと、なんかこう、いかにもついさっきまで人がいたのが荒れ果ててるって感じがして、なんかちょっとコワイです。「念が残ってる」みたいな気がしちゃって(あ、私は霊感ナシです
奥の部屋なんか、ちゃんと仏壇とか神棚まであるんですもん。しかもそれが、先の震災や余震のためなのか、ガタガタ崩れてたり、色々落ちてたりしたのを見たら、とっても座布団しいてくつろぐ気にはなれませんでした すっごく興味深かったんですけどね~~

SANY0353_convert_20110906094443.jpg

子供はハナから「怖い怖い」と言って近寄らず
滑り台やシーソーなどの遊具で遊んでました。う~む子供広場にしては、ちょっとショボイな
 まあ子供は広いところでキャーキャー遊べれば満足だからいいんだけど。
シーソーの後ろには、ミニSLの跡らしきものもありました。

SANY0354_convert_20110906094523.jpg

ゴーカートもあったみたいですね。な~んかこう「失敗したテーマパーク」という印象は否めないわ
でもなんかこの寂れた感じと、昔の記憶のともしびみたいな「村」の風景と、子供がキャッキャと遊ぶ風景は、不思議とノスタルジックな感慨を呼び起こします。私的には、庭園よりもこっちの方が好きかもだなあ。子供も楽しんでるし♪

SANY0349_convert_20110906094401.jpg

↑KK撮影「ここで見つけた変わったトンボ」
ほんとだあまり見たことないトンボだわ、グロくて

ここで3回目のジュース休憩を取り、さて楽しかったね~帰ろうか・・・と言った途端
「大仏登ってない~~~」@KK&U
ま、まだ忘れてなかったか・・・しぶといな・・・

どうせ帰り道だし、ということで、親は心で泣きながら寄ってみることに。
観音様の入り口を入ると・・・

SANY0355_convert_20110906094658.jpg

いきなり仏像ワールドが!
なんかもう、お寺じゃん。いやお寺だってわかってたけど、それにしてもこんなにお寺だったとは!(←意味不明
ご本尊(?)の両側には、干支の仏像がずらり。

SANY0358_convert_20110906094907.jpg

ボケボケでスミマセンが、壁には一面に「○○観音」の名前と、イベント時(法事?)の写真が。

SANY0356_convert_20110906094755.jpg

すっかり怖くなったKK&U、おかげで「やっぱり登らなくていい」となったのはありがたや
「でも鐘叩いてみたい」ということで、外にいる受付のおばさんに聞いてみたら「どうぞどうぞ」
というわけで、アトラク気分でローソクつけて、カーンと一声。静まることしばし。
こんなとこまで来て鐘を鳴らしたがるなんてよほどのブッディストだと思われたのか(違います単なるアトラク気分です)、あるいはよほどヒマだったのか、先ほどのおばさんが入ってきて「いいお顔してますよね、この仏様」
なんでもこのご本尊(?)、木の一本造りで、それまでは高崎観音のミニチュア(だから高(略))だったのを、最近中国で新しく作ってもらって置き換えたのだそうです。へ~わざわざ中国から
側にはこんなのもありました↓

SANY0359_convert_20110906095007.jpg

3人目ができても困るので、心をこめないでさすってきました
TDR旅行を控えていた今回、ついでにおみくじ引いてみたら、ママKKの旅行運は「益なし、やめた方がよい」Uの旅行運は「発熱や怪我の恐れあり」(パパは引かず)。TDR旅行ダメ出しされた~~~
しかし行ってみたら大変楽しいTDR旅行で、怪我や病気もなく帰ってこれたので、皆様どうか変なおみくじ出ても気落ちなさいませんよう

といった感じで、なんだか不思議ながらも面白かった会津村でした。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。