オチェーアノ~シェラトン

オチェーアノのランチブッフェは出発前、ランチの子供無料券がもらえると聞いて、13時40分にPSを入れておいたもの。KK&Uもバイキング大好きなので好都合♪
けど今からじゃ~着くのは14時だな、大丈夫かな?と、リゾートライナーに乗りながら冷や冷やしましたが、その一方、予約時の電話では
「13時30分までは満席ですが、それ以降ならどの時間帯でも大丈夫。ただし最終入店は14時半まで。食事は15時まで(というか、15時になると料理を片付ける)」
と言われていたので、遅くなる分には大丈夫かな?という気も。

到着したのはやっぱり14時ちょっと前でしたが、無事PSが活きていて、あ~よかった。ありがとう
お料理は・・・既に忘れていますが、実はオチェーアノのブッフェであまり「おいしい」と感動したことなかったママ、今回はやたらめったらおいしかったです ちょうどおなか空いてたことが一番の要因でしょうが
「子供無料の分、ドリンクも頼んじゃえ!」と、KK&Uはそれぞれフィガロ&クレオズ、ママはアンダーザシーというカクテル(パパはこのあと車担当なのでナシ。すまぬ)を頼んだら、結果的に子供料金と同じくらいの値段になっちゃいました でもおいしかったな~アンダーザシー。色もきれいで♪
フィガロは、そういや今回サローネに行かなかったな~と思って注文したのですが(実はママが飲みたかった?)、サローネのものより一回り大きかった気がします。

SANY0597_convert_20110802000555.jpg

ひたすら食べていたら、キャストさんが回ってきて
「この後14時40分からサマーオアシススプラッシュがあるので、テラスを開放します」とのお知らせ。
そういやここパールだし、コースのテラスから見れるかも。
当初は13時40分入店予定だったので「14時半ごろにはお店を出て15時にチェックインして」と、オアシス観賞はまったく眼中になかったのですが(こういうのは、見るより参加するもんよね)、ショーが始まるんなら見ていきましょうか(「ええ~早くホテル行こうぜ~」とは、「水かけの何が楽しいのかさっぱりわからない」というパパ いや一度水かかるとね~、なんかハマるのよね~)

そのうちドンドコドンドコと音楽が聞こえてきて、KK&Uはさっそくテラスへ
親にも聞かず、手を取り合って行くあたり、成長したな~
そのうちUがトコトコ戻って来たので、ママも一緒に行ってみました。

SANY0599_convert_20110802000616.jpg

やっぱりこういうショーは「見るより参加」の人が多いのか、途中で行っても余裕で入れるくらい、間隔空き空き(以前ブラヴィッシーモを見た時は、一度そこに立ったらもう動けないってくらいぎっしりでした)
KKはしっかり1列目に陣取ってました ママはその後ろの段にのぼり、しばしオアシス鑑賞。
ちなみにオチェーアノのテラス、1列目は小学校高学年KKならなんとか手すりの上から見えるけど、幼稚園児Uは手すりの狭い隙間から覗く感じ。後ろの段に上っても、Uの背だと前の人の頭で見にくいので、抱き上げないと厳しいです。
さてオアシスは後半になると、ホースを持ったダンサーさんが前から後ろから水をかけまくって、観客大騒ぎ!(あ、水はテラスまでは来ません、念のため)
その中でひときわママの目を引いたのが、「スラムダンク」の安西監督を20歳くらい若くして頭をちょっと薄くしたような、推定年齢40代半ばのおじさん。にもかかわらずすべての振り付けをカンペキに覚えているという! 曲に合わせて顔の横で両手をヒラヒラさせつつ、水浴びながらぴょんぴょん回ってました
推定40代半ばのおじさんに恥を忘れさせる!これぞTDRの魔力?それとも単に、そのおじさんの問題?
席に戻ってダンナに「普通の社会人っぽいおじさんが、振り付けカンペキでくるくる回ってたよ~♪」と報告したら「会社や何かと私生活を、きっちり切り離せる人なんだろうな~。うらやましい」と、なぜかしみじみしてました
さてショーも見終わったしたらふく食べたし、そろそろシェラトンへ移動しましょう。

SANY0687_convert_20110810094946.jpg

15時半頃、シェラトン到着。
相変わらずきれいで広々、かつ茶系のためにどこかシックなロビー。この時間帯、人も少なくてすぐチェックイン。
今回は、1日目じゃらんのスタンダードトリプル、2日目は同じだけどJTBのスタンダード朝食付き。バラバラに取ったので、フロントで連泊扱いにしてもらいがてら、「できればパーク側で」と伝えたら、パソコンをかちゃかちゃしながらホテルの人「添い寝のお子様含めて4名様ですね・・・今ちょうどパーク側で、トレジャーズルームという眺望のいいフロアの、ベッド4台のお部屋が空いているのですが、いかがでしょう」
えっあの~今回1日目は17000円で2日目は27000円のお部屋なんですがそれでも・・・?と、金額まで伝えて確認したら「はい、そのままで」
それなら何の異論があろうものか。ありがとうございます!!と大喜びでチェックイン終了。TDRのオフィシャルホテルって、リピーター獲得競争がよほど激しいのか、こういうことがよくありますよね♪
ちなみに我が家、シェラトンでは、コーナー、オーシャン、グランデと、過去3回くらいこうしていいお部屋に案内してもらったことがあります。なので「オフィシャルの中でも比較的アップグレードしてくれるホテル」との印象はありましたが、それはあくまでもKKが未就学児だった頃=パークが空いていた時期。こんな夏休みで、しかも連泊でもアップグレードなんて、やっぱりお客が戻ってないのかな~と、喜びつつ若干心配になったのも事実でした。

SANY0685_convert_20110810094922.jpg

8Fで降りると、そこはオレンジ色の中にペントンがワンサカいるという、なんかがちゃがちゃした感じの・・・もとい、賑やかで楽しげな世界。
個人的にはトレジャーズって「子供だましの内装で料金ぼったくるフロア」という印象なのですが 案の定子供はだまされて、このがちゃがちゃした内装に「うわ~い♪」と、すっかりテンションUP 家で「トレジャーズ」のオンラインゲームなんかもよくしているので、ペントンに親近感持ってる様子。
部屋に入っても「うわ~い椅子がペントン壁がペントン♪」と大喜びです

SANY0679_convert_20110810094732.jpg
(↑帰る前に撮った写真なので、寝乱れてますが

SANY0682_convert_20110810094823.jpg

よくよく見ると、備え付けシャンプー(←個人的にはこれがあると一気にビジネスホテルって感じがしてしまいますが)のところに踏み台があったり、テーブルが丸かったり、トイレに緊急用コールボタンやおまるがあったりと、内装でごまかした「だけ」ではなく、ちょっと感心。

SANY0681_convert_20110810094759.jpg

しかしママ一番の感激はやっぱりこれ↓

SANY0683_convert_20110810094850.jpg

部屋からシー一望!
ミラコスタのハーバービューとはまた違ったシーの景色が見渡せます
あ、もちろんシンデレラ城やランドホテルなども見えますよん
ミラコスタではシーの表の顔が見えますが、シェラトンでは裏も見せてくれるのが、シー好きにはまたたまらないという♪

SANY0678_convert_20110810094655.jpg
プロメテウス火山の裏側♪

SANY0677_convert_20110810094623.jpg
インディジョーンズの裏側

SANY0676_convert_20110810094600.jpg
レイジング及びアラビアの裏側(ビッグサンダーも見えますね)

SANY0675_convert_20110810094537.jpg
イッツアスモールワールド&トゥーンタウンの裏側

こうして見るとTDRって、ほんと映画のセットですね~
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する