スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北道からミラコスタへ

7/26(火)
22時、いよいよTDRへ向けて出発!
途中、ガソリン入れたりコンビニ寄ったりで、23時頃、磐越道の会津若松ICに。
今までは新潟在住につき、関越道オンリーだったのですが、今回初めての、磐越~東北道経由TDR行きです。ドキドキ

昼間なら雄大な姿を一望できる会津磐梯山も、今日は真っ暗。
磐梯山~猪苗代湖を経て、郡山市内に。そして郡山JCTで宇都宮方面へ。いよいよ初めての東北道に入りました!
あとはS1(=首都高川口線)入り口である川口JCTまでひたすら走るだけ。
関越道と比べると、距離も100kmほど短く(てことは時間も1時間ほど短く)、道も広く勾配も緩やかで、全体的に走りやすい印象。なんというか、東北道が大動脈なら、関越道は血管の1つって感じ

そのせいでしょうか、夜中の東北道って、トラックが多いんですね~~
「これだけの物資をトラックで運んでるんじゃ、地震になったら一発で物資が途絶えるのも無理ないわ」と、夜中にしみじみと語り合うくらい、前も後ろもトラックいっぱい。SAから本線に合流するところでも、トラックの路駐行列がずら~りで、ちょっとこわかったです

那須高原や日光など、どこかおなじみの地名に「へ~こんなとこにあったんだ~」と驚きながら、2時近く、埼玉入り。
それまで山で真っ暗だったのが、埼玉に入ると急に視界が開けた感じになるのは、東北道も関越道も同じですね。
川口JCTでS1に入り、その後は江北JCTでC2に。
この「S1」「C2」という言葉を覚えとくと、TDRには楽に行き着けることに、最近気が付きました
ここまで来ると、さあ~今年も見えてきました、眼下に広がる都会の夜景!
この、一面に散らばる光の粒々が、好きなんですよね~(ダンナは「節電してないじゃん」と文句つけてましたが
イルミネーションにうっとりしつつ真夜中の首都高を走り続けるうち、葛西臨海公園の観覧車が見えてきたら、湾岸線の浦安ICです。
ああ~今年も来れたんだな~

「東京に入ったら起こして」と、出発前KK&Uが懇願していたので、ほんとは寝ていてほしいところ、軽く一声だけかけてみたら(「起こしたけど起きなかったよ~」というための大義名分)、おわっすっばらしい寝起きの良さ!
「あっスカイツリーが見える!」「「←東京ディズニーリゾート」だって!」「着いた~!」
と、1秒で覚醒
キャーキャー東京見物しながら、車は高速を降りて、ミラコスタへと向かいます。

午前3時頃、ミラコスタ駐車場到着。
当然ながら人影はナシで、適当に、エレベーターにほど近い空いてる場所に。
空きはそこここにありましたが、車はわりと停まっていました。近県ナンバーが多かったのが意外。
KK&Uがトイレに行きたいということで、ミラコスタに入ってみることに。

SANY0459_convert_20110801203134.jpg

夜中3時のミラコスタロビーは(これまた当然ながら)誰~~もいなくて、音もなくて、でもあの船と匂いと照明だけは普段通りで、なんだか不思議~
フロントに1人いたお姉さんに聞いてみたら「入館は6時からですが、お手洗いはいいですよ」ということで、ありがたく拝借。
エントランスあたりのトイレに比べると、格段にゴージャスっぽいのが気分いいですね(よく見るとちゃちいけど

SANY0458_convert_20110801203052.jpg

車に戻って、しばし仮眠。
KK&Uがまた寝てくれて、心底ほっとしました~
行く前は猛暑だったので「車じゃ暑くて寝られないぞ。エアコンつけっぱなしってのもどうかな~」と心配していたのですが、今日は涼しくて、快適に車中泊できたのもラッキーでした

6時ちょっと前、ママだけ再度ロビーへ。
宿泊者特典・アーリーエントリーの抽選のためです
今日は10時開園なので、あまり混まない気もするのですが、せっかく早く着いたんだから一度参加してみようと。
先ほどまでの異空間ぶりとはうってかわって、ロビーには既に家族連れやグループが何組も。すでに「活動時間が始まった」って感じの空気です。
ソファに座って待っていると、ホテルの人の「これから抽選を始めます。抽選を行う方はお集まり下さ~い」との声。
そちらの方に向かうと、今回抽選参加者は私含めて3組だけでした。うーむますます参加する必要なかったんじゃ?
トランプを引いたら、私が一番大きな数 ということで3番目に並び、なんとフロアに体育座りして(!!)ここで10時まで(!!)待ちます。
しかしミラコスタって、一応高級ホテルのはずなのに、そこの床に直座りってどうなんでしょう?格式も何もあったもんじゃないですね(「だったら立ってお待ち下さい」と言われればそれまでですが

待つところがまた、冷房がモロに当たるところで、寒いこと寒いこと 真夏の炎天下に待つよりはラクですが、トイレが近くなって困りました ちなみに入園待ちの時は、必ず1人は残らなければいけないので、私みたいに1人の時は、隣の人に断って短時間で行って帰ってくるといいと思います。

8時くらいからはダンナKKUも合流して、館内をお散歩したりミッキランジェロを見たり。
このころになると、もうロビーもフロントも、人が入れ替わり立ち代りという感じで、いつもの賑やかさが戻ってきています。
9時過ぎ、キャストさんに率いられて、1階の再入園口前に移動します。
ここで改めて宿泊者確認。この時不在だったりして確認できないと、せっかくホテルの床にベタ座りして(←しつこい)長時間待ったのがすべてパーになるので、ご注意。

さあ時刻は9時40分。5分早まって、入場です!

SANY0461_convert_20110801203208.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。