スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田ヨーグルトと天守閣

先日、ジジババが来た時に、鶴ヶ城の天守閣に上ってきました。
鶴ヶ城外部については、以前こちらに書いたので、今日は内部の紹介をば!

IMG_6161[1]_convert_20110516134406

天守閣は5層。
期間限定の展示をしてある1Fと、幕末資料あれこれが常設展示してある3F以外は、撮影OKです。

SANY0209_convert_20110621094744.jpg

出入り口で睨みをきかせている(?)武者にチケットを渡して、いざ中へ。
ちなみにこの武者さんたち、会津若松駅や七日町にも時々出没していて、普通~に街中を歩いて移動してたりします 路上で会えたら亡霊を見つけたみたいでラッキー(どこが?

入り口はほとんど地下って感じで、中に入ると「塩蔵」とかあります。
暗闇に佇む人影が!と思ったら、お人形さんでした↓(フラッシュたかないと真っ暗です

SANY0210_convert_20110621095142.jpg

鶴ヶ城は基本、昭和に立て直された新築物件(?)ですが、このフロアは半地下なせいか、当時の石とかそのままな様子に見えます。
少しのぼって1Fでは、その鶴ヶ城の歴史や全体像を、ビデオで軽くお勉強したのち、期間ごとの展示フロアを見て歩きます。
私たちが行った時は「赤がわら」展でしたが、一緒に展示してある兜や剣の方が、やっぱり見て面白いなあ。

SANY0211_convert_20110621095210.jpg

2Fは主に「会津生活の歴史や伝統」ということで、鍛冶や焼き物などの職人文化、赤ベコや凧などの民芸品、お城での暮らしなどの紹介。
実際に触れるものも多いので、子供はこのフロアが一番興味持てるかも。

SANY0213_convert_20110621095321.jpg

銃や刀に実際に触れるコーナー。本物なのでずっしりと重いです。

SANY0219_convert_20110621102713.jpg

お城での生活を覗き見するコーナーでは、これを着て姫様気分(?)で写真撮影も可。
となりでは殿がくつろいでます↓

SANY0217_convert_20110621102630.jpg

3Fに上がると、松平容保公の写真がお出迎え。
この人の写真見ると、なぜかいつもクレヨンしんちゃんのマサオ君を思い出してしまいます なんかこう繊細そうで、この時代にこんな立場になっちゃって気の毒だったなあみたいな。
戊辰戦争へ至る幕末史が、色んな絵や明治天皇や容保公の書などとともに展示されているので、大人にはここが一番興味深いかも。
特に明治天皇の字と容保公の字の違いといったら、なんかここまで性格が違うかみたいな もっとも本物ではないので、単に代筆した人の違いなのかもしれませんが。

SANY0220_convert_20110621102737.jpg

4Fは「会津の四季」ということで、せまい窓から城下を眺めつつ、パネルに描かれた会津地方あちこちの風物詩に触れます。
下の写真は、会津坂下で今も行われている俵引きの言い伝えだそう。
でもネットで検索してみたら、まったく同じ言い伝えで秋田の大綱引きがトップで出てくるんですけど。もとは東北に広くあった風習なのかな?

SANY0223_convert_20110621102819.jpg

こちらは4Fから見た、お城の瓦↓
今年の3月、鶴ヶ城の瓦がオール赤瓦になったのは有名ですが(有名ですか?)、ジジ情報によると、この赤瓦製作・修復を請け負ったのは、新潟・安田の瓦会社だそう。
なんでも昔から「安田と言えば瓦」って有名なんだそうで。へ~~私は安田と言えば、ヨーグルトとサントピアワールドしか知らなかったわ

SANY0224_convert_20110621102930.jpg

近年、安田でも瓦の需要は減っていたので、今回の「赤瓦修復」は、安田の瓦関係者にとってはまさに「思いがけない大仕事」、喜んで引き受けてくれたそうです。確かにこんな何百枚?何千枚?もの瓦、使う機会なんてめったにないよね~。
なんでも代々安田を治めていた安田氏は、上杉景勝の時代、ともに会津に来たという歴史もあるようで。なるほどそこらも汲んで、安田に依頼したのかな。

SANY0226_convert_20110621102958.jpg

やっと来ました最上階。
ここらでじーちゃんはもうバテバテです オール階段(しかもけっこう急勾配)なのがコタエます
会津若松の東西南北一望。風が気持ちいいです おおう学校も幼稚園も会社もうちも見えるぞ~
下の写真は、鶴ヶ城から118号を見てみましたの図です。ってすっごく遠くてごめんなさいね~ 右の白くて大きな建物が、神明通りのTSUTAYA(&リオンドールカルチャーセンター)です。

SANY0228_convert_20110621103050.jpg

ではまた下へ降りていきます。
3F通路では、白虎隊19士の肖像画にご対面です。私の白虎隊に関する知識は、ほぼここで仕入れたもののみ
この肖像画を見るといつも「北朝鮮」の文字が浮かんでしまうのが玉にキズですが、1人1人のエピソードがついているのがいいです。いつか人がいない時にゆっくり読もうっと。

SANY0230_convert_20110621103138.jpg

他にもこんなふうに↑最近復元された「干飯櫓」や「南走長屋」の中に入れるたりもするのですが、ジジババお疲れにつき今回はパス。
他にも3Fあたりで「オリャもういいや。ここまでで」とあきらめてるおじちゃんとかも見受けられたので、お年寄りにはけっこう過酷な観光スポットかもしれません まあ3Fくらいまででもけっこう見たって感じはする(と思う)ので、無理せずマイペースでどうぞ。
ちなみにこちらの長屋に行くには、ほとんどハシゴか!?ってくらい急な階段を上っていかなきゃいけなません。中には確か、おなじみボロボロ鶴ヶ城写真&昭和の鶴ヶ城復元ドキュメンタリービデオ、ここから官軍を鉄砲で狙ったんだろうな~という小さい窓複数、ナギナタや刀などの武器、池田屋事件のミニジオラマ、会津が生んだ歴史上の人物(会津の街中そここにも「町に歴史あり」みたいなタイトルでパネルがありますが、そんな感じ)等々・・・があったかと。うろ覚えですが。

で、帰りにはもちろんおみやげを買って。

SANY0232_convert_20110621103240.jpg

すっごい人!
この日はなんてことない6月日曜日だったんですが、お城もお店も大繁盛って感じでよかったです。
風評被害にもめげず来てくださった皆さん&ジジババに改めて感謝です(そういえばジジババは、会津の町があまりにも通常生活なので、意外&安心だったようです)

IMG_6238[1]_convert_20110517152809

そうそう、会津に越してきて初めて買ったおもちゃが、ここで買った「白虎刀」だったんだよね
というわけで、鶴ヶ城内部潜入編でした。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。