瀬波も震災の影響が

私なんかは若いので(って昭和オババですが)、転勤と言ってもたかが数年、しかも日本の裏側に行くわけでもなく、すぐお隣の県ですぐ来れるんだからノープロブレムとか、あっさり思ってたのですが、やっぱり老いた7~80歳は、その数年でどれほど体が衰えるか、その距離が心理的にどれほど遠いか、などなどから、若い私(←超カンチガイ)なんかよりずっと切実に「転勤」を「別れ」と感じてしまうのでしょうか。私もいつか、今の親たちの心境を切実に実感する時が来るのでしょうか。ああ大日本海の波は、今日も昨日と同じくただたゆたい・・・(なんのこっちゃ

というわけで、今日は旅館「大清」で、「しばし別れの杯をwithジジババ」。
ダンナ実家のジジババちゃんが、瀬波温泉まで泊まりに来てくれました。
「大清」は、設備は若干古いですが、その分リーズナブル、露天風呂は無いけどお風呂からは日本海が一面ザザーン。ということで、ジジババちゃんお気に入りの旅館です。

部屋から見えるのは海と夕陽のみ(あ、粟島の島影もあるな)、そして今日の夕陽は、灰色の空をバックに、燃えるように真っ赤な色でした。うーん雄大!

という旅館なんですが、実は行ってビックリ!なんと宿泊客はうちらだけ!震災の影響で、うちら以外は軒並みキャンセルだそう。
風評被害?うーんそれもあるんでしょうけど、一番はやっぱり近隣・東北からのお客さんなのかな・・・?いつか、いつか落ち着いたら、また瀬波温泉で、いっとき疲れを癒してくださいね。
そしてもし東北6県以外に在住で「こっち方面はキャンセルした方がいいのかな?」とご心配の方々、新潟以北の日本海側は、幸運なことにあんまし影響ありませんでしたので(長岡以西は、長野震源の余震が若干活発ではあります)心配ご無用安心しておいで下さい。今なら空いていて部屋で騒ぎ放題ですよ~(←ここぞとばかりにドッタンバッタン遊んでたKK&U

いやほんとに、お風呂は誰もいないわ、レストランはヒマそうだわでビックリしました。
あ、でも日帰りらしきお客さんはわりといらっしゃったから、たまたまうちらがお風呂に入ってた時間が誰もいなかっただけかな?とりあえず「この雄大な日本海を独り占め~~~」という気分に浸りたい方がいらしたら、ぜひどうぞ
ちなみにこのレストランでは、生簀のイシダイやアワビ・サザエなんかをその場で取ってお刺身なんかにもできます。しかしアワビって、生きてるのを見ると三葉虫みたいでグロテスクですね(と、さりげなく食欲なくす発言

夕食も、今までと比べると、ちょっと「仕入れが難しいのかな?」という感じになっており。とはいえかなーりおなかいっぱいになるのは変わらないので、これまた心配ご無用です。

それにしても、どんな大災害が人々に起ころうと、夕陽や海は変わりませんな~。やっぱり自然は恐いです
スポンサーサイト

テーマ : 新潟県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する