スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に帰ってきてね

昨日近所のスーパー「原信」に行ったら、軒並み品薄で、「さては買い置き集団が現れたか!?」と思ったら、地震による運送困難のためでした。
日本海側である新潟は、今回地震の影響はわりと少なく、また原信も比較的、地産地消に強いイメージがあったんですが、それでも尚この状況とは、被災地はもちろん、そこに近い東北各地は今どれほどの。そして今後どれくらい影響は続くんでしょう。

新潟地震の時痛感したんですが、いくらTVで有用な情報を流し続けても、被災地には届かないんですよね。ライフライン断たれちゃうから。現在の状況、予測、判断などは、被災地発で遠い場所にどんどん流されるけど、それを一番欲しているはずの被災地にこそ入らない。ここら辺のジレンマは、どうしたらいいんでしょうね?

実はうちらが今度引っ越すところは福島で、でもまあ山側だから引越しに影響はさほどないだろうと楽観的だったのですが、今日Uの入園準備のことで現地の幼稚園に電話してみたら、やっぱり道路がところどころ壊れているところもあって、物資の運送も滞ったりしてるとか。
でも電話が通じたことに何より安心しました。福島市内の親戚とは、まだ連絡取れないままだから。。

さて今日は朝から引越し会社の見積もり。
この「サ○○」の営業マンがもうマンガに描いたような営業マンで、じゃあこのあと別なとこに見積もってもらって、その結果・・・と言うと、おもむろに上司?に電話をかけ
「会社の方も、返事を待つ時間があまりないということで、この際この値段にします!(と一気に7万円ダンピング)ここで今決まらなかったら、今回の話はナシにしろということで」
私が読んだマンガではこの後「今かけてた電話、天気予報じゃないのかね?」「こりゃまだ何万円か隠し玉持ってるね」という流れになるのですが、まあそれはカンベンしてあげましょう 何回も見積もりしてもらうのもめんどくさいしね。
じゃあこちらにお願いしようかな~と言うと「ありがとうございます。じゃあ午後の○○さんは今お断りしてください。電話番号はこちらです」おお~目の前で別会社を断らせる!すごいな~~。この強引な手口の数々、普通だったらそれだけで私的には「アヤシイ会社」リスト入りよ~。それともこれくらいが普通なのかしら?地域差?

「○○引越しセンターはもう潰れそう」とか「××運送は引越し作業員がシルバー人材」とか、うそかほんとか楽しい話を聞かせてもらった中に
「3軒くらい自衛隊のお宅にも見積もりに伺ったんですが、やっぱりみんな奥さんが引越し手続きしてました。ダンナさんが地震で現地に行ってて、引越し日にも帰れなそうということで」
そっか~そうだよね。うちのダンナも、長引くことはあっても早く帰れることはないって言ってたもんな~。
ダンナも今日から1週間(で終わるかな?)岩手入りです。ダンナは道路や川関係なので、どこの道路がダメになってるかとか、どこがガケ崩れ起こりそうかとか、危険そうなところを調べなきゃいけないという。携帯もイマイチ使えないので(災害時にあんなに使えないシロモノだったとは!)「便りのないのは元気な証拠」と思うしか。どうか余震が起こりませんように。
と祈るにつけ、被災地の家族と連絡取れない方々、原発やその他被災地で働いている人たちのご家族等々の不安・心配はどれほどかと、言葉を失います。
でも自衛隊の人たちも救助に行ってるし、ダンナたちも応援に行ってるし(私はTVで見てるだけですが)、世界各国からも救援が来ているので、がんばってくださいね。と言っても届かないけど、みんな無事に家族と再会してね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。