スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンクリック詐欺発生!

今日パソコンを立ち上げたら、デスクトップに
「アダルトサイトの会員になりましたオメデト~つきましては金払え」
みたいな画面がデカデカと!×を押しても消えない!
驚きのあまり、昨日一番遅くまで起きててyoutubeを見てたKKに
「KKちゃんあなた昨日変な画面を開かなかったですか?」
という趣旨を若干暴言モードで聞いたら、打てば響く早さで
「KK知らない~~KKじゃない~~~
と半泣きで怒鳴って隣の部屋へ。ハイKKに確定
(もう1人の容疑者パパは昨日寝てたし、そもそもパパなら自分のパソコンでやるだろうしね~。以前パパのパソコン借りた時に「お気に入り」を開いたら、そのテのサイト名が画面の上から下までずらずら出てきて呆れ返った記憶が

もちょっと落ち着いて、「なんか「ハイ」とかのボタン押さなかった?」と聞くと、「出てきたから押した」とのこと。
KKは普段見る限りでは、まだアダルトサイトをあえて見たがるほどには、エロ方面に目覚めていない感じなので、まあ何かのはずみでクリックしちゃったか、あるいは単純に興味本位でクリックしてみたか程度なんでしょうが、
「あやしいのはクリックしちゃダメっていつも言ってんのにKKのドアホウが
「いややっぱ普段から監督不行き届きなことのツケだ。そばで見てない時は禁止するべきだった
「それにしてもクリックで同意してしまった以上、お金は払わなきゃいけないんだろうか」e.t.c.e.t.c.、しばらく心は鳴門の渦潮状態

確かこういう「イマドキの詐欺」時は、消費者センターかなんかに電話すんじゃなかったっけ?と「有料サイト 詐欺」とかで検索してみると、警察や消費者センター等、各種機関の連絡先が一発!おお心強い。
さっそく消費者センターに電話してみて、色々聞いてみると、つまるところ「こちらから連絡しない」「無視する」に限るそうです。
「子供が同意のボタン押しちゃったみたいで、同意=契約成立ということにならないでしょうか」と聞くと
「未成年が契約できてしまうHPの仕様がそもそも問題。ちゃんとした会社なら未成年なら解約に応じるのに、自動解約しかないなんてのが、ちゃんとしてない会社の証拠だからご安心」
電話の人は年配のおばちゃんで、落ち着いたお答えを聞いてるうちに、こちらもちょっと安心気分に。やっぱり肉声は力強いですね。

対処法を教えてもらい、気持ちも落ち着いたところで、KKにも経過を説明(=説教)。
とにかくこういうのはさわっちゃダメ。クリックはもちろん、その後お金を振り込んだり、問い合わせ電話かけるなんかはもってのほか。相手は詐欺の悪い会社なんだから、逆にどんどん「払えーー」っていう脅しがが来ちゃったりするから。
「KKもういい~。聞きたくない~(半泣き)」(フフフ脅えてるなーイヤーな感じを実感してるなーヨシヨシ
まあ聞きなさい。さっき電話した消費者センターのおばさんが、こんな相談を教えてくれたよ。高校生のお母さんからなんだけどさ。
高校生の子が、やっぱしこんなふうにして変なサイトに登録しちゃって、あわててそこに乗ってる電話番号に電話しちゃったんだって、解約してくれって。そしたら向こうは「解約してやるから、住所氏名電話番号、学校や担任の名前を教えろ」って。
普通はさ、大人だったらここで「ヤバイ」と気づくんだよ。こんなん教えたらエライことになるって。
でもその子は高校生だし、まあ親には秘密にしときたいし、なんとか必死で解約したかったんだろうね~、ぜ~んぶ教えちゃったんだって。
そしたら大変、電話は来るわ、学校には知られたって言って「学校にも行けず泣いています。どうしたらいいでしょう」って。
だからね~KK。クリックする前でもした後でも、あやしいかな?と思ったらまず相談よ。必ずその道のプロがいるはずだから、困った時はまず周りに言ってみて。

と言いながら、「そうだ。これを一番伝えたかったんだ」。
この春転校を控えたKKに、何か困ったことがあったら「周りに伝える」という手段があることを絶対に覚えててほしかった、覚えてても言い出せないというのは、絶対に避けたかった。
ママも鳴門の渦潮だった心が、消費者センターに電話した後では「よっしゃあ来いやー悪徳業者ーー」という気分になったもんね(←単細胞)。外に伝えることで、解決策は見えてくる・・・
と思うそばから、親に相談していた、学校にも相談していた、周りはみんな知っていた、なのに・・・という子もいたことを思い出したりして・・・軽く無力感。
でもま、行ってみないとわかんないもんね!経験的に、先取りでうんと心配しておくと、意外と心配したことは起こらない法則があるので(そのかわり、思っても見なかったことが起こったりするけど)、今は飽きるほど心配しとこう♪

とりあえず解決策はわかったので、あとはセカンドオピニオンすべく(?)、ネットサーフィン。
ためしにそのサイトにあった電話番号で検索してみたら、うお~~う出るわ出るわ「ワンクリック詐欺」のタイトルがずら~~り。サイト名を変えても電話番号は変えずとは、なぜ?
振込先にあった会社名を検索してみたら、意外とマトモなHPが。ちゃんと「沿革」だの「組織図」だのあり、支店も地図つきでいっぱい。でもイマイチ、何をやってる会社かはっきりせず。ちゃんと「採用」ページまであるのが驚き、てかコワイ!(同名の違う会社かもしれないけど、振込先の地名とか業種の説明(漠然としてるけど)とかからすると、な~んかココくさい感じが)

というわけで、今回ネット&消費者センターで仕入れた「これは」というポイントをご紹介。
・どうしたらいいでしょう?
「無視。くれぐれも相手に電話してはいけません。あなたの電話番号その他個人情報がもれる恐れがあります」
「お金を払うのはもってのほかです。いいカモと見なされます」

・プロバイダ会社から個人情報を引き出されませんか?
「プロバイダ会社は、相手がたとえ警察や公的機関でも、裁判所など定めた書類がなければ教えません。悪徳業者にそうした書類を用意することはできません」
・一応クリックして「同意」したわけで、契約したことにならないでしょうか?
「契約には本人確認が必要です。クリックだけではできません。例えば他の人のパソコンを借りたら、この場合、クリックした本人ではなく、パソコンの所有者が契約者となってしまいます。そんな契約は無効です」
・それでも向こうからなんか書類や電話が来たらどうしましょう?
「気になることがあったらその都度、消費者センターや最寄の警察などに相談しましょう。くれぐれもこちらから相手に連絡するのはやめましょう」
・デスクトップの画面を消すには?
「タスクマネージャーで「タスクの終了」をすれば、次に立ち上げなおすまでは画面が消えています。しかし中に入っているのは変わらず、そのままだと最悪、メールアドレスなどを抜かれることもあります。なので「コントロールパネル」の「システムの復元」で、感染以前の日時に復元しましょう」

まあ今回は、KKが本格的に色気づく&親に何も言わなくなる時期の前に、こうした落とし穴をKK自身が体感できたってことで、良しとしましょうかね~チャンチャン
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。