初イクスピアリ

海賊ショーを見終わったら、急に一杯やりたくなったパパ&ママヨホー
手近なザンビーニで、パパはビール、ママはフローズンカクテルで乾杯です♪
ザンビーニの夏カクテル、レモン味の氷が爽やかで、毎年楽しみ

DSC_1122[1]_convert_20170801131601

ザンビーニ裏にも、ランドのようにクレーンが
おおこれが、ママKKUが首を長くして待っているソアリンか~
ママ的にはソアリン、トイマニ初登場時を上回る凄い状況になるのではという悪寒が、今からしてならないのですが
う~むやっぱしFP取るには、ミラコスタに泊まらなきゃかな~

DSC_1124[1]_convert_20170801131720

さて時刻は16時近く、次のFPを取れる時間。
今日はわりと空いているのか、こんな時間でも、トイマニ・ニモ・センター以外のアトラクは未だ発券中。
その中で、既に取得済のセンターFP&タワテラFP、及び夕飯のPS時間とかぶらない時間で、かつ一番早く乗れるFPは~?
これだ!

DSC_1125[1]_convert_20170801131753

これ乗ったら、閉園時間まであと1時間半。SBであれこれ乗る感じかな? うん、いいんじゃない
おそらく本日最後のFPを無事取って、さて次は何する?
実は今から1時間後、我が家は怒涛のミッションを控えています
すなわち
17時25分~18時25分 センターFP
17時30分~18時30分 タワテラFP
18時20分 カナレットPS
全部かぶってるやんけ~ 無理無理どれか1個諦めないと。
う~ん取った時は大丈夫だと思ったんだけどねえ。 大丈夫だよ、1時間あればアトラク2つは回れるよ走れば。 いや回れるって言ってもそれは、17時25分ぴったりにセンターに入って、すぐ乗れればの話だろ。 その後タワテラに乗ったとしても、カナレットに間に合うよう出てこれるかどうか。 タワテラとカナレットなら近いじゃん。 うーんまあセンターからカナレットよりは近いけど。 まあ最悪、カナレットは捨ててNYデリ。 やだーーーー
……等々の議論の結果「イチかバチかだ!ガンガン行くぜ」の策を採ることに(←要は何も考えず、ひたすら急ぐ

とりあえず、最初のセンターまで何してる?
あと約1時間、けっこうまとまった時間が空いてるな。
じゃあこの2日間探しているKKのスマホケース、あれを探しにパーク外に行ってみる? ほらランドの近くにあるでっかいショップ、あそこならあるかもよ。
ええ~時間ないのに大丈夫? 今16時だから、行って戻ったらちょうどいい感じじゃないか?
無駄足だと困るので念のため、パークからボンボヤージュに電話してみました。
すると(我が家にとってのみ)驚きの新事実が判明!

「こちらで取り扱っている商品は、パークに置いてある品物と同じなので、パークになければこちらにもないかもしれません。
新潟のディズニーストアで見た商品?でしたらイクスピアリのディズニーストアの方にあるかもしれません」

えっ「ボンボヤージュ」ってディズニーストアじゃなかったの!? ていうかディズニーストアって、パーク商品も含めた「ディズニーグッズ全般」を売るお店じゃなかったの~!?
この世に「ディズニーストアの商品」と「パーク商品」の2種類があることを、初めて知った我が家でした
そうかあ、新潟ストア行くたび「なんか品薄だよね。アトラクグッズ全然ないし」「仕方ないよ。田舎の小売店じゃ」とかdisってたのは、とんだ濡れ衣だったのね~ごめんなさいね~~新潟店
さておき、ディズニーストア・イクスピアリ店への行き方も教えてもらい、よしじゃあ行ってみましょう

イクスピアリは我が家お初
いつも聞くだけだった、「JR舞浜駅、イクスピアリ、ディズニーアンバサダーホテルへおいでの方は」のアナウンスに従い、リゾートゲートウェイステーションで初下車。
気分は未知の領域への第一歩です。
ほーここが、へー、とキョロキョロしながら「←イクスピアリ」の表示に沿って歩いていくと、パイレーツオブカリビアン最新作の広告が増えてきて。
気づけばいつの間にかでっかい駅ビルみたいな空間にいる我が家。おおもしやここがイクスピアリ
電話のお姉さんによる道順を思い出し、更に急いでいるのでそこらの人にも聞きながら、ディズニーストア無事到着

DSC_1126[1]_convert_20170801132138

うお~やっぱり新潟のディズニーストアよりでっかいなあ(←当たり前すぎて脱力する感想
商品のありかが一目で把握できる新潟ストアに慣れてると、まずはスマホケースのコーナーを探す旅に出なければならない広さだけで、「さすが本家」と圧倒されます。
幸運なことにスマホケースは、けっこう入口近くにあってホッ
そしてKKのお目当て・アリスのスマホケースも無事発見~
これがまたママ的には、「え」ていうくらい乙女チックで
KKいわく「男がこういうのをあえて持つのが意外性」 そ、そういうもんですか
(最近ではこういう時、「今の若い子はそうなのかもしれないねえ」と、何でもジェネレーションギャップにしてしまう老化現象がめっきり増えたママ

その横ではパパまで「理想のスマホケース」を見つけてしまったらしく
なるほど確かにパパがずっと欲しがってた黒い手帳タイプ、ツートンカラーも洒落ています。ちらりとついてるミッキーシェイプもキャラキャラしていず、ぱっと見ディズニーグッズに見えない&シックなアクセントになってていい感じ
しかしその「理想のケース」、ミニーちゃんの赤いケースとセット販売、バラ売り不可だそうで。
結果、「ママも使わない?」と、タナボタ的にママも買ってもらっちゃいましたイエイ

DSC_1328[1]_convert_20170816221844

ちなみにこの「理想のケース」、台紙をはぎ取ってひっくり返したら、けっこうデカデカとミッキーが描いてあって、軽くショックを受けるパパ
けど、白でさっと描いたデザインなので、むしろそれもオシャレな感じよ♪

一人何も買わなかったUですが、この「物欲の神殿」で我が家の物欲王Uが、「Uも(欲しいものないけど)買うーーー」とならなかったのは、ちょっぴり成長が伺えて、ママうれしい
まあUはこないだ新潟店で、アリスのスマホケースを散々悩んで買わなかったにーちゃん尻目に、ドナルドの財布を衝動買いしたからね、もういいよね 「うん、Uはランドでハンバーガーバッグ買う」あ、それがあったか

さて買うもの買ったら用はない! イクスピアリとはオサラバだ@バルボッサ
時間は16時半過ぎ。 おおちょうどいいね、今から行けば17時過ぎにはセンター到着だ♪
目的を無事果たせた満足感でリゾートゲートウェイステーションへ向かうと、壁にはパークの大きなマップ。
あれ、でもレイジングがないな。 うわアメリカすっかすか あっベイNKだ! ねえストームライダーが飛んでる~
と、ワイワイ間違い探ししながら下を見ると2001年。 シー開業当時の地図でした。
そうか、イクスピアリが前年に開業して、この年ついにシー開業。 同時に各エリアが鉄道で結ばれ、この一帯が堂々「東京ディズニーリゾート」になったのが、この2001年なんだなあ。

DSC_1128[1]_convert_20170815161925

マップはクリックすると大きくなります。
「2001年TDRの旅」、どうぞお楽しみくださいませ♪
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

パイレーツサマー

ハーバーに戻ってくると、辺り一帯は人でごった返し。
夏のショー・パイレーツサマーが、そろそろ始まりそうです。
CMからしてカッコ良さそうで、一度見てみたかったママ。
パイレーツオブカリビアン好きな男衆に訴えて、皆で見ることにしました。
とはいえステージ付近のめぼしいところはもう激混みで、パパ&KKはともかく、ママ&Uには全然見えない&水に濡れたくない男衆なので、ザンビーニ横の階段に座って眺めることに。

DSC_1091[1]_convert_20170731180935

ショーが始まるのを待っていると、背後から海賊たちが次々と現れ。
階段をふらりと歩きながら、立ち止まってキャストさんのフリして交通整理したり、子供を見れば「あたしたちの仲間にならないか~い?」とか声をかけたり
辺りをアトモスのような空間にしながら、ステージに到着し、いつの間にかショーが始まっていました。
派手な音楽と装置でバーンと始まる従来のハーバーショーではなく、お客さんとの距離が近い「小劇場の舞台」みたいな始まり方が、なんだか新鮮。

DSC_1094[1]_convert_20170731181427

が、バルボッサの乗るブラックパール号が音楽に乗って現れると、一気に「ハーバーショーが始まった!」って感じがします。
このブラックパール号、黒い帆をなびかせた黒い船ってのがまた、最高にカッコよくて
やっぱりTDSのショーは水面使ってこそね~♪ そして大音響の音楽と。
ただ唯一残念だったのは、この音楽。せっかくのバルボッサ登場シーン&本編開幕シーンでもあるわけだから、お馴染み「彼こそが海賊」とか、あるいは「カリブの海賊」バルボッサシーンで流れてる「黄金のメダル」とか、とにかく「キターーー」って感じの音楽で、バーンと盛り上げてほしかった

DSC_1100[1]_convert_20170731181500

話の筋は正直、よくわからなかったのですが
ざっくり理解した感じだと、バルボッサ&その手下たちが、「海賊になるための修行=水かけ」を観客に施すという。
だけどこの修行てのが、「右から大波だー!」バシャ~「嵐が来たぞー!」バシャ~てゆう、昔KK&Uとこういうごっこ遊びしたなあ幼稚園の頃という低レベルな修行で
せっかく渋い声のセリフ&カッコいい海賊たちなのに、勿体ない😣
けどまあこのパートは無理やり水かけ祭りにもっていきたいだけだからね、仕方ないね
そのうちジャックも現れて、軽く戦闘が始まったかと思うと、すぐ終わり。
って、あれっ炎、あれでおしまい!? 「海賊」で「映画の主要登場人物たち」で「ハーバーショー」なら、もっとド派手に、特殊効果使いまくりの一大スペクタクルシーンになるかと思ってたのに、戦闘は終わって「宴会だー」だって
ま、まあこのパートは無理やり水かけ祭りにもっていきたいだけだからね、仕方ないね

DSC_1113[1]_convert_20170731181754

文句言いながらも水かけが始まると、座って見てるのがもったいない気分になるママ。
いや~あの船からの砲水がもう、見てるだけでワクワクしてね~
ねえママちょっと行ってきていい? だってさ~せっかく水まいてるんなら、お土産がわりにやっぱ濡れてみ(「早く行ってこい」@男衆)
というわけで、手近なところに紛れ込みます

DSC_1111[1]_convert_20170731181641

でもママが見てたとこは、水はそんなにかからなかったかな~。ホースの水がたまにどしゃっと来るくらい。
特に船からの砲水は、階段からはけっこう遠くまで届いているように見えたんだけど、あれかなり前にいないとダメですね。
そうこうするうちにショーは終盤になり、いつの間にかジャックがブラックパール号に。

DSC_1107[1]_convert_20170731181608

正直、ジャックやバルボッサも、いつ来ていつ去っていったのか、まったくわからなかったのですが
海賊たちも(ということは自動的に観客も)バルボッサからジャックに鞍替えし、また旅に出よう、みたいな展開で船は去りゆき、ショーは終わり。
ミシカみたいに豪華絢爛で、カッコいい海賊たちが繰り広げるド派手でクールな一大ハーバーショーを期待していたママ的には、若干肩透かしでもありましたが
最後、伏線が回収されて火山が噴火するところや、「ポルトパラディーゾとはおさらばだ!」という台詞、「お前たちのキャプテンは誰だ~」「ジャ~ック」等のコール&レスポンスに合わせて打ちあがる砲水、そして何よりも、待ってましたの「彼こそは海賊」が、(やっと)ハーバー中に響き渡ったあたりは、「これよこれが見たかったのよ!」とゾクゾクしました

DSC_1114[1]_convert_20170731181851

「任務を果たした」って感じで、颯爽と去っていく海賊さんたち。
びっしょびしょです

DSC_1121[1]_convert_20170731181929

ちなみに階段で合流した男衆の感想は
パパ「うーーーーーん
U「ジャックって言ってるけど偽物でしょ?
KK「それにしても手のひら返しがひどすぎる
でした

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーの奥地あれこれ

カレーを食べ終わったらレイジングです
や~ほんと、アラビアとレイジングは近くていいなあ

DSC_1065[1]_convert_20170731175800

おっやったね先頭だ♫
前列にKK&U、後列にパパ&ママが座って出発です。近年は、センターもスペマンもビッグもロジャーも、みんなこの座り方です
このアトラク、最初はチンタラなので、景色を楽しむ余裕があります。レイジングは屋根がないので、先頭だと眺めもひとしおなんですよね♫
(ちなみに男衆によると、一番前でも視界の悪いビッグサンダーなんかだったら、むしろ後ろであればあるほど遠心力で楽しいそうです)
おっシェラトンが見えた!向こうからも今こっちが見えてるかな?と思った瞬間落ちるーーーギャ~
2回ほど落ちてフワッとなるのが、車酔い体質者は場合によって酔いを誘発されるレイジング。
そのためママもこのアトラクは若干苦手だったのですが、今回すっごく気持ちいい箇所発見!
それは2回落ちたあと。3回目の落ちと見せかけ、一気に急加速して先の見えないカーブに突入!あっこれはもしやアレに向かってるのか!?わーやっぱりそうだキター一回て~~ん
センターもそうですが、この、目指す一点のために速度全開で突っ込んでいくというタイプに、どうにもシビれてしまうママ
(あ、アトラクの話ですよ現実世界でそんな刹那的なのはイヤだなあ
今までは、その前段階で軽く気持ち悪くなってたり、その後の一回転の方しか覚えていなかったりで、このシビレポイントに気付かなかったのですが、今回のライドで思いがけなくレイジングの魅力に開眼しました
ちなみにトリビア王KKによると「TDR最速アトラクションランキング中、レイジングはスペースマウンテンを抑えて第3位」なんだそうです
おおやっぱりあの一回転に突っ込んでく時か。 あそこカッコイイもんなあ
TDRでは絶叫系のわりに地味な印象のアトラクですが、ランドの有名どころを抑えてランクインしているあたり、なかなかの実力保持者だったんですね

DSC_1066[1]_convert_20170731175833

最速ランキング第3位・レイジングのあとは、堂々・第1位のFPを取るべくミステリアスアイランドへ。

DSC_1067[1]_convert_20170731175909

それはもちろん、ザジャーニートゥザセンターオブジアース!
(と無意味に本名で呼んでみる
こっちは図抜けてFPの進みが早いですね~
この夏休み期間中、FP終了こそトイマニやニモの方が早いですが、SB時間はセンターの方が長い時が何度かあってびっくり
「さすがにトイマニ人気も落ち着いてきたから」とか、「一度に入れる人数がニモは多いから」とか、理由は様々でしょうが、センターファンのママとしては「そして何よりも、センターファンが多いから」を推したいところです

DSC_1070[1]_convert_20170731175937

センターのFPを取ったら、再度ロストリバーへ戻り。
Uが絶賛大ハマリ中の、インディです。
KKも昔は散々ハマってたものですが、今は「飽きた」と。まあ「そりゃ飽きるでしょう」ってくらい乗ってましたからね
けど確かにインディって、スリルを煽るアトラクなわりには、揺れやスピードなどで訴えてこないので、慣れるとけっこうつまんなく感じちゃうかもですね。
同じお化け屋敷でも、ホーンテッドみたいに視覚効果で「ほ~」と感心させるタイプだと比較的面白さが持続するんだけど、激しい体感で怖がらせるタイプなのに、その体感がイマイチだと、どうもね。
とはいえ、中身はホーンテッドやスターツアーズ同様、もんのすごく本気で作ってあって、その情熱にはやっぱり、何度乗っても心打たれます。
「飽きた」と言うKKも、このQラインのあれこれは未だ心惹かれるらしく。TDRトリビア王には、雑学の宝庫らしいです
乗り終わった後にまで、こんな文書が提示されているあたり、さすがの芸の細かさですね~

DSC_1074[1]_convert_20170812223555

さてインディに乗り終わったら、タワテラFPを取るまで、やることなし。
なんて時には迷わずカリブ、じゃなくて本家シンドバッドへ
ロストリバーのすぐお隣という利便性も、奥地原住民な我が家にはグーです

DSC_1075[1]_convert_20170812223626

いっつも夏のうだるような暑さにやられて、逃げ込むように乗ってるせいか、今日みたいに涼しさも体力もそこそこある時だと、なんだか「シンドバッドに乗ってる」って気がしませんでした
毎回「助かった~」って感じな雨も、今日は「さっむ」だけで。
ってとことん真夏の救護室としか思ってない感想なわけですが、言い換えれば我が家にとって「この上なくありがたいアトラク」「なくてはならないアトラク」って意味ですと言い訳
さて奥地もそろそろ飽きてきたので、船で文明世界へ行きましょう。

DSC_1077[1]_convert_20170812223650

到着して気づいたけど、文明世界もやることないのよね
昨日から引き続きKKが探してる、スマホケースでも見に行く?

DSC_1084[1]_convert_20170731180518

イタリアのこじんまりした脇道には、なぜか妙にしっくりくるパイレーツ幕のもと、局所的に人がどっさりたむろってました
ママがトイレに行ってる間、偵察しに行ったKK&Uによると、「海賊たちがいた」「カリブのフォトスポットもあった」。
あ、雑誌に載ってた、あの犬が鍵くわえてる名シーンの? わ~写真撮ってくればよかったのに。
と言ったら、「すごい行列になってた」。
へ~。なんだかんだ言っても、人気あるのねカリブって

DSC_1078[1]_convert_20170812223715

KKお目当ての、アリスのスマホケースはここにもなく。
ていうかアリスならたぶんランドの方があるわよね。明日もう1回、ランドで聞いてみたら?
と、にーちゃんがスマホを探している間、UはUで、唐突にミッキーバーガー形のポシェットが欲しくなったと。
うむ~そもそもなぜハンバーガーをポシェットにするのか? そしてなぜUはこんな不思議なものが欲しくなるのか?
「だってランドにはもっと大きなハンバーガーバッグがあったんだよ。でもシーにはなかったから代わりにこれ買う。でもバッグもランドで買う」
答えを聞いてもよくわかんないので、本当にシー土産はこれでいいんだな? 後悔しないな? と念押して買いました
ちなみにお盆休みにはばーちゃん家にぶらさげてったので、今んとこ後悔はしていないようです。う~むなぜハンバーガー

DSC_1085[1]_convert_20170731180555

そうこうしているうちに13時半過ぎ。
やっとタワテラFPを取れる時間です。
無事ミッションクリアしたら、小腹が減ったとのことで、男衆大好物のパイを食べにポートディスカバリーへ。

DSC_1090[1]_convert_20170731180843

このパイです。
多分、近くのマンマ・ビスコッティでも売ってると思うのですが、「ダメ。ポートディスカバリーのあそこで買うからおいしいの」@U
という謎理論その2が返ってきたので、わざわざ電車に乗って買いに行きます

DSC_1089[1]_convert_20170812223818

ちなみにこれが、さっき買ったハンバーガーポシェット。
パスケースにもなっていて、雨模様が続いた今回、濡れてくちゃくちゃになりやすいパスポートやFPなどは、Uが厳重に管理してくれたのはありがたかったですが。
どこがいいんでしょうね?これ
(見てると笑えてくるのがもしかして、「かわいい」分野に入るとか??)

DSC_1088[1]_convert_20170812223743

久しぶりに乗ったこの電車も、リニューアルされていたようで、中がなんだか新しい感じ。
何より冷房が! 冷房が効いてて涼し~~~
確かこの電車、20世紀初頭設定なのをいいことに、冷暖房とかおかまいなしだったような。
昭和人パパ&ママなんかは「そうだよなあ、昔の電車ってこうだったよなあ」と、蒸し暑さのあまり遠い目になったりしたものでしたが、さすが平成も代替りしようかという今日このごろ、ついに全車両冷房完備になりましたか

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

2日目はシー

10時頃、シー入園。
旅行2日目、しかしシーは今年初です
お久しぶりねマリタイムバンド

DSC_1058[1]_convert_20170731175443

パイレーツサマーのタペストリーがカッコイイ
写真ではカッコよさがまるで伝わらないけどカッコイイ~~~
リゾートライナーから見えた時点でもう、「おお~やってる!」とテンション上がりました

DSC_1059[1]_convert_20170731175510

惜しむらくは左側のお店が工事中で、微妙~にそっちが気になってしまい、せっかくの迫力がイマイチ
こちらは、ステラルー(やっと覚えた)を販売しているお店らしく、外にも屋台出してぬいぐるみを売ってました。
ええ~意外とあっさり買えちゃうのね なんかダッフィーみたいなプレミア感があんま無い?

DSC_1082[1]_convert_20170731180445

さあ来ましたよ。これからどこ行く?

我が家の場合、シーの目的はセンター・インディ・レイジング、そして去年から加わったタワテラ。
毎度変わり映えのしないラインナップです
しかしこの時間、そこらへんのアトラクは既にSB1時間前後なので、FPで廻ることにします。
さてどの順番でFP取っていきましょうか? スマホで待ち時間を確認してみると…

レイジングFP:この時間、すぐ取ってすぐ乗れる
インディFP  :この時間、レイジングに次いですぐ取って(若干)すぐ乗れる
センターFP :この時間、FP取ったら次のFP取れるのは2時間後。 そしておそらくお昼を目安に、発券終了する。
タワテラFP :センターと同条件。 ただしFPはおそらく午後まで発券している。

ということで、今回はレイジングFP→インディFP→センターFP、その2時間後にタワテラFPと相成りました。
よしじゃあ最初はロストリバーね。 あ、ちょうど船が5分待ちだ。 あれで行こう

DSC_1060[1]_convert_20170731175603

シーの初日は我が家の場合、朝からSB5分を目指して奥地へ一目散なのが常。
なので、こんなふうに初日の朝から(朝?)のんびりと船旅するのは、なんだか新鮮です♫
イタリアを出航したらいつものように、「ようこそ、ディズニーシートランジットスチーマーラインへ!」と船内に響く聴き馴染んだ声…あれっ声変わった?気のせい??
声もセリフも、特別変わったようには聞こえないのに、耳に覚えているアナウンスとは微妙~に違うので、KK&Uと、「変わった?それとも変わってない?」と言い合ってたら、ポートディスカバリーで判明
そう、「気象コントロールセンター」にまつわる話が全部、「海洋生物研究センター(だっけ?)」に置き換わってたんですね。
そうかあ、ニモ開業と同時に船のアナウンスも録り直したのか。芸が細かいなあ。

船から見た新生ポートディスカバリーは青が基調で、見た目爽やかな、いい感じ
「時間があったら乗ってみる?」と、実物を見ながらKK&Uに聞いてみると、ニモにさほど思い入れがない反面、熱烈なストームライダーファンだったKK&Uは
「ニモは別になあ。なんでストームライダーなくしちゃったんだろうね」「時間があったら乗ってみてもいいよ。でもたぶん時間ないよ」
と、旅行前と変わらない食いつかずっぷり
ママもストームライダーの音楽とデイビスは好きですが、同時にニモもかなり好きなので、個人的には時間があれば乗ってみたいところ。
雑誌とか見た限りでは、ママの希望にわりと近いアトラクみたいだし 加えて音楽に、ママ的TDR音楽ベスト1「ニモエッグ」が使われてたりしたら、もう最高
とはいうものの、このFPのために、他のFPが2時間取れないのは、やっぱりもったいなく感じるしなあ。
ストームライダーみたいに、夜になれば10分待ちってこともないだろうし。やっぱり来年以降かな?
(そしてママの予想では、意外と早くストームライダー状態になる気もするのよね
劇場型大容量アトラクの定め&今ではニモってそれほど人気コンテンツじゃない&ラスボス・ソアリンの登場というトリプルパンチで)

DSC_1063[1]_convert_20170731175629

様変わりしたポートディスカバリーを通過して、船はロストリバーに到着。
まずはレイジングのFPを取ります。
おおさすがレイジング、30分で乗れる=次のFPを取れる時間帯だ、いいぞ
てことはあと30分、微妙な長さの空白時間だな。何しよう?
とKK&U、「おなかすいた!
まったく~、2人ともちゃんとパン食べてこないから
まあレストランも空いてる時間だし、今のうちお昼済ませちゃいましょうか。

DSC_1064[1]_convert_20170731175734

ということでやってきたのは、なぜか毎年一度は入ってしまうカスバフードコート。
たぶん場所がいいんですよね。我が家が入り浸ってるロストリバーとシンドバッドの近くだから
それとやっぱし、カレーの吸引力ね。ママも献立に困るとついカレーにしちゃったりするからなあ(←それがカレー好きな男衆を生むのでは
10時台だと、さすがに空き空きで、パパは甘口・辛口・シーフードの3種のカレー、ママは辛口チキン、KK&Uは甘口チキン。
食べ始めたら次のFPを取れる時間なので、ちょっくらインディでFPゲットしてきて(こんなところが便利な場所
ここは、甘口と辛口でもう全然別モノのカレーなところが面白いです。
そして我が家の男衆の意見では、「甘口の方がうまい
昔のハングリーベアなんかだと、「甘口だと甘すぎて食えたもんじゃない」なカレーが出てきたものですが、同じハウスなのに時代は変わりましたね
確かにここの甘口は、適度な辛さとまろやか~な甘味。 対して辛口は、最初は辛さが濃くておいしいのですが、おなかいっぱいになってくると酸味が優って、とんがった味に感じます。
ごちそうさまでした

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

朝のひととき

2017年7月27日(木)、我が家の夏ディズニー旅行2日目です。
おはようディズニーシー(の裏側) 今日はあなたのところに行くわよ~♫

DSC_1271[1]_convert_20170802201100

と朝の挨拶をしますが、シーはとっくに開園していて、既にレイジングからは「キャー」なんて楽しそうな声まで聞こえてきます。
そうそうレイジングからシェラトンが見えると、落下する合図なのよね って我が家完璧に出遅れてるやないか~い

DSC_1268[1]_convert_20170802200940

我が家の中では比較的な早起きなママ&U。
いつもならUがヒマを持て余し始める頃ですが、さすがお子様御用達オフィシャル。ここには「キッズステーション」という強い味方があり
パパ&KKが起きるまで、Uは部屋でテレビ、ママはオアシスへ洗濯に。

DSC_1043[1]_convert_20170731170642

洗濯のかたわら、ドラッグストアで朝ごはん調達。
このお店は、こういったパンやカップ麺など、比較的日持ちするものが置いてあります。
おにぎりやサンドイッチなど、基本当日限りの食物は、新装開店したザ・ショップにあると思います。
(がこの時は、リニューアルオープン前で利用できず😢)
どうせパンを買うなら、と、ついでにトスティーナでもパン購入。

DSC_1042[1]_convert_20170731170618

この時間はトスティーナも、朝食のための行列ができています。
が、グランカフェほどではないので、朝は軽めでいい方、手早く済ませたい方はこちらもアリかもですね。コーヒーとか種類豊富ですし。
ママみたいなテイクアウト客は、脇から店内に入ってパンを買って帰ります。
ハムチーズクロワッサンとか、チョコクロワッサンとか、おいしそうだけど油分高めなパン多々なのがネックです

DSC_1044[1]_convert_20170731170735

シェラトングランデ名物(?)館内2フロアぶち抜きの滝。
の前に、読めない漢字の看板があったので思わず
隣の看板は「李」さんで、じゃあ人名?海外ツアーの待ち合わせ場所か何か??
パークはもう、当たり前のように外人さんいっぱいで、ベンチの四方から聞こえる外国語にいちいち驚いてた数年前なんて今は昔、てなくらいです。
パークもそうならホテルももちろんで、この看板どおり、ロビーですれ違う家族連れの、体感では半数くらいが外国語しゃべってるし(お国に帰ったらすごい金持ちなんだろうなあと、すれ違いながらいつも思う)、朝廊下で挨拶を交わすハウスキーピングの人たちは、ほぼ100%外人さん。
エレベーターも半分リニューアル工事中で、軽く不便だったのですが、リニューアル済のエレベーターは、アナウンスが英語のみに変更。
会津にいると、昭和とさほど変わらない感覚なので、たまに東京都心部とか、あるいは日光東照宮とか、そしてここ東京ディズニーリゾートとかに来ると、平成日本の「あと3年で東京オリンピックだ!」と浮き足立ってる時代の息吹に触れる思いです。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

初日終了

ブルーバイユーを出ると、あたりはすっかり夜

DSC_1024[1]_convert_20170731165458

早くもスペマンFPの時間なので、トゥモローランドへ。
スペマンエスカレーターを降りたところからは、夜のパークに輝くスタージェットと、その向こうに噴火するプロメテウス火山がくっきり。
夜空をサーチライトが縦横無尽に駆け巡っていて、おおそうかファンタズミックの時間だ
と、FP通路を歩きながら眺めていたら…

DSC_1028[1]_convert_20170731165525

突然スタージェット大爆発
これは写真の腕が悪いせいで、肉眼ではもっとちゃんとしたパイロに見えます
けど、こんなふうにはっきりシーの花火が見えたことは、今までなかった気がして、「おお~」とびっくりでした。

DSC_1031[1]_convert_20170731165710

スペマンに乗ってしまうと、あとは他に乗りたいものなし。
乗るならU的にはプーさん、KK的にはスペマンだそうですが、どちらもまだまだSB1時間前後。
いつもだったらここらで乗ってそうなサーキットもないし、シンドバッドカリブはさすがにお腹いっぱい。、
ピノキオやらガジェットやらは「別に乗らなくてもいい」そうで、ええ~空いてるのはたぶん今日限りだよ? 乗っとかなくてもいいの?
と念押ししますが、「別にいいや」とのことで。
じゃあホテルに戻ることにしましょう。その分、明日のシーは(我が家にしては)早く行けるかもしれないしね。

DSC_1033[1]_convert_20170731165758

部屋に戻ったら、順々にシャワーを浴びて。
このシャンプーの香りがまた、「ああシェラトンに来たな~」と実感させます
今年はなんと異例なことに、エアコンつけると寒く感じるという! 夜もスイッチ切ったまま寝ました。
ホテルで、しかも夏なのにエアコンなしで過ごすなんて、今回が初めてでした

DSC_1034[1]_convert_20170731170159

さーて明日はシーだ♫ 早起きできるかな? 

DSC_1036[1]_convert_20170731170249

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ブルーバイユー

今日の夕飯はこちら。
独特の雰囲気が、カリブ好きにもそうでもない方にも人気な、昼間入っても夜の店・ブルーバイユー

DSC_1012[1]_convert_20170731162947

ランドでは、KKの希望が「ブルーバイユー」、Uが「ブルーバイユーかクリスタルパレス」。
ということで初日はブルーバイユーをPSすることに。
何しろブルーバイユーはPS激戦区。しかし初日なら水曜なので、激戦でも比較的PSしやすいであろうことに加え、クリスタルパレスはブルーバイユーよりPS取りやすいので、たぶん3日目金曜以降の混雑日に回しても取れるだろうとの目論見で。

ところがパークレストランは、出発前からちょくちょく公式の予約サイトをチェックするも、ランドもシーもいつ見ても全滅。かろうじてホテルなら、という状況(そのホテルも、21時~とかそんな時間が圧倒的)。 仕方ない、あとは当日予約に賭けるのみだ
という訳で、今日の午前中、現地入りしてからスマホで確認。
してみたところ案の定、ランドレストランは軒並みPS枠が空席。
だったものの、ブルーバイユーなどの人気どころは、空きが16時とか中途半端な時間帯のみ。
で、午前中カリブに乗った時、試しに直接店頭に行って聞いてみたら、「18時半なら空いてます」というお答えが
(もしかしたら私がスマホで見落としてたとか、時間差で表示されてたとかかもしれませんが)
なので、お目当てのPSが事前に取れなかった場合、当日直接お店で確認するのもいいかもです、ご参考までに。

DSC_1013[1]_convert_20170731163044

さて何年ぶりかのブルーバイユー。
入ったらあれっ?このお店もなんか変わった? 

DSC_1020[1]_convert_20170731165120

提灯とか、内装もそうだけど、特筆すべきはテーブル! 軒並み大きい角テーブルになってる
これは、2人でオシャレに楽しむよりも、例えば3世代とか大人数グループにも広く対応したいという、いわばファミリーレストラン路線へのシフトかしら? と邪推。
我が家的には、今まではカップル席だった川べりも4人がけになったおかげで、初めてここに座ることができて、ありがたい変化でした

DSC_1016[1]_convert_20170731165055

メニューは、夏の海賊コースと通常コースの2種類。あ、キッズコースもあります。
どちらも値段は同じですが、メニューを開いて軽く目ん玉飛び出しました。うそ4000円超えてる! 前は3000円台だったのに~
アラカルトも一応ありますが、コースで出る料理と同じな上、そこにドリンク等つけていくとコースの方が安くなるという意味のなさなのでオススメできません
鮭がごろっと入ったグラタンとか、単品ならではの料理がなくなっていて残念&安く済まそうと思っていたママ的には大誤算でした
あのグラタンもう1度食べたかったのにな~。こんなところでも経費削減か
ママ的には、小学生Uがいっちょまえに大人と同じコースを選択かつペロリと完食したのも、+3000円の大誤算でした

DSC_1021[1]_convert_20170731165153

だからパンの写真はもういいって
こちらのコース、どっちかを選んでもいいけど、ミックスして選ぶこともできます。例えば前菜は海賊、メインは通常みたいな。
ですが、全体的に海賊コースの方が美味しそうだったので、みんなほとんどそっちから選んだような。
特に海賊コースのメイン「オマール海老とローストビーフのなんちゃら」は、メニュー写真を見て「うお~オマール海老でっけ~。しかも牛肉つき!?食べたい!」と我が家全員、盆と正月が一度に来たかのような勢いで注文
お皿の中央に鎮座するオマール海老を、恭しくひっくり返したら、ただの殻だった時の落胆たるや

DSC_1022[1]_convert_20170731165219

横にちんまり添えてある、エビフライ前みたいなヤツらが中身です。たぶん中身違うと思うけど味は甘味濃厚で美味しかったです
あ、デザートだけ、ママが通常コースの「チョコレートプディング」にしたかな。
けど想像していたチョコレートババロアじゃなく、けっこうどっしりしたチョコレートケーキで、味は美味しかったけどテキメンにお腹いっぱいに
食後のデザートとしてなら、これもやっぱり海賊コースのシャーベットの方がよかったかな~

ちなみに、コース料理は最低でも1時間、我が家みたいにだーらだーら食べてると2時間近くかかります。
我が家も当初はリニューアル・エレクトリカルパレードを見越して、18時半のPSをしたものの、「どうせ雨で中止でしょ」とのんびり食べてましたが。
もしもこのあと絶対はずせない予定でもあったら、気が気じゃなくてせっかくの(バカ高い)料理、味わうどころじゃなかったかもしれません
もしもコースレストランをPSするなら、次の予定はPSから2時間くらい見ておいた方がいいですね

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランド再入園

小降りになった雨の中、16時すぎ、ランド再入園。

DSC_0994[1]_convert_20170731162213

お目当てはもちろんこれです!

DSC_1030[1]_convert_20170731165642

これに乗り倒すのが目的で朝一ランドを目論んだはずなのに夕方になってやっと、今年初乗車
ママは酔い止めを再度ガリガリむさぼり食いながら、いよいよ乗車です!
うむ、やっぱりママ的には、ビッグサンダーより酔わないわ
単に酔い止めが効いてるだけかもしれませんが、これって基本的に「急旋回、急加速」はするけど、「急降下」は意外としないんですよね。
なので、ふわっと気持ち悪くなることがなく、ただひたすら疾走する快感があるのみ。スピード好きにはすごく爽快な乗り物です
(と言っても最高速度は、TDRの基本ぬるいアトラクの中でも、たったの4位だそうですが
プラス、真っ暗なので景色で酔わない&星が綺麗なので見とれる方に集中しちゃうっていうのも大きいと思います。
男衆は無論、これに数年来食いついてるKK、今年はこれが一番ハマってるというU、これは意外と気に入ってるパパと、総出で盛り上がり(そのための朝一ランドだったものね)、乗り終わったら即、FP取得。

DSC_0995[1]_convert_20170731162242

と言っても、次に乗れるのは20時すぎですが
しかし、こんな王道アトラクなのに16時過ぎでもFPを発券してるのが、スペマンのありがたさ

DSC_0996[1]_convert_20170731162321

出たら、ハピネスイズヒアのフロートが通過するところでした。
なにげに我が家、これ見たの初めてです

DSC_0999[1]_convert_20170731162447

「せっかくだから」とママが立ち止まって見てるとしかし、「早く~~!」と見向きもしない男衆
「パレード終わったら、またアトラク混むよ! 今のうちに早く行かないと!」
と、すっかりナチュラルボーン「ショーよりアトラク派」であるU@小5の正論に反論できず、着いたアトラクはこちら。

DSC_1002[1]_convert_20170731162557

Uの言うとおり、昼間は常時SB30のロジャーも、この時は確か15分くらいだったかな~?
我が家と並行しつつ、トゥーンタウンの大きい扉に次々吸い込まれていくフロートを、「ほら見てあそこに入っていくんだね~」などと、スキあらばパレード見物に持ち込もうとするママの言葉に、もはや男衆耳を貸さず、建物の中に入っていきます待って~
このアトラクは、ポップで邪悪な空間がママ的にわりとツボではあるのですが(プーさんの夢部分を100倍濃縮したような邪悪さ)、同時に、酔い止めを飲んでも酔っちゃうんじゃないかと不安になるくらい、激しく回るアトラク。
今回はUがなんでも「にーちゃんと乗る」なので、ママはパパと乗ったのですが、それを幸い、回りだそうとするハンドルを必死に阻止して、動きを常に一定に保つという、KK&Uのビデオ撮影をするパパにとっては内助の功を発揮しつつ、酔いも最小限に抑える妙技に成功
(と自慢してたら、「あれ自分でハンドル動かさなければ回らないよ」とKKにクールに言い放たれました。え、そうだったの?

DSC_1004[1]_convert_20170731162624

お久しぶりのトゥーンタウンには、101匹ワンちゃんが。あれこんなの前いたっけ?
そしてここでも現実世界バッチリ。

DSC_1005[1]_convert_20170731162748

ウエスタンランドを通りかかると、去年も見たアトモス手品が♫
これ面白いですよね~ 手品だけでも面白いのに、話術がさすがプロ
パレードには見向きもしない男衆も、こういうアトモスではしばし足を止めます

DSC_1007[1]_convert_20170731162810

トゥーンタウン~ウエスタンランドをはるばる経由して到着した目的地は、ここ。

DSC_1011[1]_convert_20170731162915

これでわかったあなたは、たぶんバルボッサですね!(←意味不明
我が家のランド内シンドバッド、別名カリブの海賊です もっともこっちのお宝は友達なんぞじゃなく、きちんと宝石や黄金しかも全体的に呪われてますが
夕飯のPSまで少し間があるので、ここで時間つぶしです。
今回は、デイビージョーンズの霧のところで、ぽたっと水滴が落ちてきて、なんか汁になったデイビージョーンズがかかったようなヤな気分でした(イカ墨じゃなくてよかった

DSC_1015[1]_convert_20170731165023

おっと、そうこうするうちにPSの時間だ。
ディナータイムといきましょう

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

今年のホテルは

我が家のディズニー旅行だと、ホテルはほぼ毎回シェラトンなのですが、今年はここです!

DSC_1041[1]_convert_20170731170443

このお神輿を見て「懐かし~~~」と思ったあなた、きっとこのホテルの常連ですね
そう、ゾウリムシのようなこの模様といえばずばり

DSC_1039[1]_convert_20170731170536

シェラトングランデ東京ベイです。
今年もです

DSC_1053[1]_convert_20170731171056

この景色をまた見たくてね~。
ついついここになってしまうのよね~~~

DSC_1149[1]_convert_20170801133522


部屋の中はごく普通のスタンダード、アメニティも特に変わりばえしないので、あまり写真撮ってません
(あ、でも紅茶がディルマじゃなくBOHになってたな)
こちらは夜に撮ったものですが、エキストラベッドが2つあるのがお分かりいただけますでしょうか
それでもテーブル置けて、スーツケースも広げられるあたりはさすがなのかもしれませんが、正直、ベッド4つだとやっぱり狭いです
いえね、これが添い寝するのも怖いようなシングルベッド4つでいっぱいな部屋なら諦めますが、小学生なら余裕で添い寝できるベッドサイズなのになぜだあシェラト~ン

と、愚痴り終わったところでさあお楽しみ♫バルコニーに出てみましょう

DSC_1055[1]_convert_20170731171151

おお~~見える! 見えるぞ~シーの裏側が~

DSC_1054[1]_convert_20170731171124

もちろんランドの裏側だってバッチリさ

DSC_1049[1]_convert_20170731171032

このハリボテ具合が好きでね~~
「ぷっディズニーなんてただのハリボテじゃん」って嗤いたいわけでは決してなくまるで映画のセットみたいな作りをこうして目の当たりにすると、なんだかリスペクト混じりの感動が湧いてくるのです。
たぶん、「映画への愛」「映画のような世界を本気で作ろうとする情熱」e.t.c...が伝わってくるからかもしれません。

DSC_1048[1]_convert_20170731171004

そしてどどん! サーキット跡地の現在の様子も丸見え。
これハコモノが出来上がってきたら、シェラトンから撮った写真がインスタで大流行したりして

DSC_1032[1]_convert_20170731165734

ところで、パークほどではありませんが、シェラトンもいたるところで変化の真っ最中でした
上は夜撮った写真ですが、どでかい立体駐車場がめでたく完成!その向こうには稼働した新棟が。

DSC_1037[1]_convert_20170731170316

オアシス棟1Fのザ・ショップは、本館へお引越しのため閉店。
我が家が行った時は新装オープン前につき、パンやドリンクは2Fのドラッグストアしか利用できず、ちょっと不便でした

DSC_1038[1]_convert_20170731170509

本館1Fには新しい簡易レストラン・ガレリアカフェが
朝オアシスのコインランドリーへ行く時、よくここの前を通ったのですが、グランカフェの朝食に長蛇の列が並んでいる時でも、ここはほぼ行列なしでした。
品数は少なめみたいでしたが、入口の黒板を見た限り、ブッフェとしては最低限揃っている感じで、中にはフレンチトーストなんて心惹かれるものも。
「出遅れた!行列に並びたくない!でも朝ごはんはとりあえず食べたい!」なんて方にはここもアリかと
ちなみにここでは缶ビールや缶チューハイも売っているので、買っていって部屋で飲むこともできます。
時間は23時半くらいまでだったかな?ザ・ショップと併用すると良さそうですね。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランドあれこれ

スペマン未だ復旧せず。
イコール我が家的には、乗るものがなし
というわけで、ヒマつぶし兼お土産屋さんが空いてるうちにと、KKがかねてから気になっていたスマホケースを探しに、ワールドバザールへ。

DSC_0962[1]_convert_20170731161225

いつもぴしっとした制服姿の楽団が、この夏は打って変わって祭囃子の奏者姿で登場
これ以降も滞在中、今年はいつもより出番が多いんじゃないか?っていうくらい、ワールドバザールではしょっちゅうお囃子を耳にして、そのたび夏祭り気分になりました

DSC_0964[1]_convert_20170731161200

マジックストアのディスプレイ手品も、変わってたんですね。
ボールの時もわからなかったけど、このミニーちゃん浮遊手品も(店先で雁首揃えて見つめたにもかかわらず
)タネがさっぱりわかりませんでした。

DSC_0966[1]_convert_20170731161247

KKお目当てのスマホケースは見つからず。
仕方ない、我が家的ランドのシンドバッドでも行こうか? ここから近いし。

DSC_1010[1]_convert_20170731162852

ということで到着したシンドバッド。じゃないカリブ
シンドバッド呼ばわりですが、我が家全員これ大好きです(シンドバッドもそれなりに好きですと言い訳
なんかこう、人間が持つ、悪に魅了されてしまうサガみたいなもんを見せつけるタチの悪さと、何回見ても飽きないくらい念入りに作り込まれた内容、及びそんな魅力的なアトラクなのに待ち時間が少なくてすぐ乗れるというお手軽感が、とっても大好き
今回はシーのパイレーツサマーがらみで、謎解きマップというのも乗り場で全員に配ってましたが、「謎解きに時間をかけるならその分アトラク」な我が家は、チラ見して終わってしまいました
(なんか、宝物のところにあるQRコードをスマホで読み込むと、スマホ画面でご褒美がもらえる感じみたいですってざっくり過ぎ~

カリブが終わったら、次のFPが取れる時間。
ですがスペマン止まってるし、とりあえずビッグサンダーFPでも取っときましょう。
その後FP取ってあったバズに乗るべく、トゥモローランドへ。

DSC_0972[1]_convert_20170731161339

KK&U、パパ&ママで乗り込みます。
ママはこういうゲーム系苦手なので、手近な的をとにかく乱打。
してたら、終わり間際にどっかでレア的に当たったらしく、自己最高15000点を記録
「さっきまで4000点だったのに」と、僅差で敗れ去ったパパを悔しがらせることができました
(でもママ的には4000点でも「けっこう稼いだな~」と自画自賛レベルです

そして気づいたら、スペマン復旧してました。ノ~~~
SB早くも60超。FPはついさっきビッグサンダー取っちゃったのであと2時間取れず。く~無念
とりあえず、近場で別の宇宙旅行することに。

DSC_0980[1]_convert_20170731161506

これまた、よく出来てるのに待ち時間5分という、我が家の(男衆が特に)大好きアトラク・スターツアーズ。
ママも決して嫌いではないのですが、確実に酔うのがタマにキズです。
この後ビッグサンダーも続くので、ママはここらで酔い止めを取り出します

DSC_0982[1]_convert_20170731161526

酔い止めドロップをガリガリ食べながら乗車するママ
酔いはするものの、いたるところ本気でSF映画のセットを作り出そうとしている気迫は伝わって来るので、男衆ほどではないですが、ママもそれなりに好きなアトラクです。
中でも好きなのは、あのワープシーン 青をバックに、星がびよーんとなるあの場面がもう、美しくて懐かしくて♪
昔「ヤマト」とか「999」みたいなSFアニメ花盛りだった頃、小学生ママはワープシーンに魅せられたものでした。
その、子供時代の憧れシーンを、こうしてVR体験できるようになったとは、いい時代になったものだ、といつも軽く感無量なのですが、しかし一番酔うのも、このシーンなんですよね なかなかうまくいかないもんです。
(そういえばアニメのワープシーンでも、登場人物が「うっ…」って感じだったなあとか、これまた懐かしく思い出す

DSC_0983[1]_convert_20170731161544

↑通路などにも使われているこの光の縞々がまた、いかにも「昔考えた感じのSF」ぽくてツボ♪

DSC_0958[1]_convert_20170731160935

ところで、今回ランドに来て驚いたのが、大規模工事中につき、あちこち様変わりしている景観
スタージェットの向こうに、いっさい目隠しなく、普通~~な感じで火山やタワテラがあるのにも驚きましたが、サーキットのところにクレーンがモロ見えでびっくり

DSC_0984[1]_convert_20170731161647

その向こうにオフィシャルホテルまで見えて、更にびっくり

DSC_0991[1]_convert_20170731162013

「TDRは決して外の世界(=ランド内の別世界&ランド外の現実世界)を見せないよう、計算しつくして作られている」
っていう神話に感動したママとしては、けっこう衝撃でした。
もちろん、この神話はあくまでも「建設当初の話」であって、外の世界がどんどん発展して高層ビルが立ち並ぶ今となってはもう、過去の話ではありますが
また、「その精神を受け継ぐ我ら、意地でもクレーンを見せないぞ」とばかり、空を覆うような囲いを作ったりするのもまた本末転倒というか、逆に危険だし余計な大工事になるしで、必然的に、こうしてある程度現実が見えちゃうのは、もう仕方ないことではあるのですが。
ぱっと見、「隠しきれない」じゃなくもう「隠す気がない」、「仕方ないだろ見えちゃうもんは」って言ってるみたいな。いやそのとおりなんですけど、それって「こだわり」とは真逆の「投げやり」なのでは、とか。

DSC_0986[1]_convert_20170731161717

今年はサーキット跡地に加え、門がなくなっただけなのにがらっと変わった気がするトゥーンタウンや、我が家のお助けアトラク・スモールワールドがしばらく消滅したり、目立つ場所にある回転木馬が大きく囲われていたりと、年一ゲストの目には「いたるところ怒涛の変化」という感じだったので、余計に衝撃だったのかもしれません。
回転木馬なんて、薄い膜の向こうに、職人さんが歩くシルエットまで見えるんですもん まあそれはそれで、興味深い眺めではありますが
いずれにせよ、「今ランドは色んな意味ですごく変化している真っ最中なんだな」というのを、目の当たりにしたような気分でした。

DSC_0989[1]_convert_20170731161849

さてそんなランドの中で、相変わらず乗るものがない我が家
雨のおかげか、体感では比較的空いてる今日のランドですが、それでもお昼真っ只中のこの時間、ロジャーなどFPなしの人気アトラクはやっぱり、軒並みSB20~30。
さ迷い歩いている時、「夏祭りは悪天候のため中止になりましたが、この後ミッキーたちがご挨拶に来ま~す(意訳)」というアナウンスを何度か聞いたので、ショーに並ぶのをやめた人たちがアトラクに流れたのかもしれませんね。
(ちなみにこの日、夏祭りショーは全回中止で、ウエスタン&ファンタジー~トゥモローをやたら往復する我が家は、このアナウンスしょっちゅう聞きました。肝心の「ご挨拶」は見なかったけど
「仕方ない。20分くらいなら乗ろう
とやってきたのはこちら

DSC_0987[1]_convert_20170731161822

今年はわりと、いつ見ても13分待ちだったのに、我が家はよりによって一番混んでいる時間帯に乗車です
さておき、ここもやっぱり、毎年乗っても飽きないアトラクですね~
我が家的には、入った途端「ああ涼しい~~~となる真夏のお助けアトラクでもあるため、より好印象がインプットされてる気もします
が今年は、入って初めて「さ、寒い~」。
何しろ例年なら35~6度もあるあるな夏ディズニーが、今日はなんと最高気温25度! 「なんか夏にディズニー来た!って感じがしない」と、家族全員でなんだか不思議な感じ。

DSC_0988[1]_convert_20170731161759

さて時刻はランチタイム。
「カルツォーネ食べたい」派と、「ハンバーガー食べたい」派に分かれた我が家。
とりあえずピザ屋さんでカルツォーネを頼みつつ、ママはハンバーガー屋さんへひとっぱしり ついでに「ピザ屋にハンバーガー持ってってもいい?」と、まるでマックでモス食べていいかと聞くような変な人ですが、一応ハンバーガー屋さんで聞いてみます
ハンバーガー屋さん即ちトゥモローランドテラス曰く、「トレイのまま持ち出し自由。もちろんピザ屋さんで食べるのも自由。トレイ?ピザ屋さんに置いといてくれればいいですよ
とのことで、なんとプレキシブルなシステム!助かります

DSC_0990[1]_convert_20170731161934

食べてるうちに、やっと次のFP発券時間。
このためにトゥモローランドでランチしたと言っても過言ではない我が家、即座にスペースマウンテンのFPを取りに行きます
(どんだけスペマン乗りたかったのかってゆう

DSC_0992[1]_convert_20170731162050

スペマンFPを取ったら、今日2度目のビッグサンダー。
早くも酔い止め効果が薄れたのか、ママちょっとふわっと来てしまいました
ママ的には、スペースマウンテンより体感では激しくないのに、絶対こっちの方が酔います。景色が激しく動くためか、落ちるのが多いせいか。

DSC_0993[1]_convert_20170731162131

さて取るものは取ったし、乗るものも乗ったしで、そろそろホテルへチェックインしに行きます
(あ、写真に写ってるホテル↑じゃないですよ念のため

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

今年はランドから開始

8時半、開園と同時にランド入りした我が家。
まずはモンインFPを目指します。

DSC_0944[1]_convert_20170731160613

主にKK&Uの希望により、最近は「朝一シー」が続いていた我が家。
しかし今回は珍しく、KK&Uが「今度は朝一ランドがいい」と。
我が家のTDR旅行では、徹夜で並ぶ初日以外はたいていお昼近くに入園するので、2日目以降に回されていたランドが、最近消化不良ぎみだったそう。
で、「今年はランドでアトラクお腹いっぱい乗りたい」「モンインもプーさんも久しぶりに乗りたい」「だけどスプラッシュは怖いからいい」ということになり
じゃあ通りすがりにモンインFPを取りつつ、初日一発目はプーさんSBかな。まあ朝一ならFPもSBもし放題だろうから、そんなに攻略法考えなくてもいいわね♫

DSC_0945[1]_convert_20170731160634

到着したプーさんSBは、さすが朝一、SBまだ14分。
「おおイーヨーだ♪」
と喜んだのもつかの間、目の前でボードがパタパタっと「20」に変わってしまい
「これならFPで後回しにして、別なアトラク回った方がよかったかな?」
と、朝の貴重な20分間を行列しながら思ったり(やっぱり攻略法は大事ね
が、プーさんSBは何気に初めてだったので、庭園みたいなSBルートは興味深くもありました。ベンチまで置いてあったりして、至れり尽くせり
凝りに凝りまくった内装や、老若男女にちょうどいい楽しさを与える適度な動きなど、やっぱりプーさんはよく出来たアトラクだなあと、久しぶりに乗って再確認しました。

DSC_0948[1]_convert_20170731160703

プーさん堪能して、さてじゃあスペマン乗り放題へ……と思ったらなんと!スペマンシス調とな
じゃあしょうがない、スペースがダメでスプラッシュ乗りたくないなら、残りはこのマウンテンだ

DSC_0950[1]_convert_20170731160727

ここで雨ビッグを楽しみつつ、スペマン復旧を待つことにしましょう。
雨ビッグは面白いよ~♫ ママ若い頃乗ったんだけど、「もう降ろしてくれ~~」って感じでね 顔に叩きつけられる雨で、息もできない目も開けられないっていう、未体験の領域が……
と力説すればするほど引いていく男衆 そういえばうちの男衆は水かけ祭り嫌いだったっけ まあいいや乗ってみましょう

DSC_0951[1]_convert_20170731160748

しかし今回は、雨が若干小降りになったので、そこまでスリリング・ビッグではありませんでした(と残念がるママと、胸をなでおろす男衆
5分待ちだったので、プーさんに引き続きこちらも初めてSBで乗ったのですが、初めて見る機材(?)が色々置いてあって興味深いと同時に、ビッグサンダーってほんとこういうの凝ってるな~と改めて感心。

DSC_0952[1]_convert_20170731160818

雨ビッグが終わって、トゥモローランドへ来てみると、うむ~スペマン未だ復旧せず。
取るFPないので、バズのでも取っておきましょう。
そのまま、時間になったのでモンインへ。

DSC_0954[1]_convert_20170731160846

わ~モンイン、久しぶりだなあ
我が家ではモンイン、映画はもちろんですが、その主題歌(「君がいなけりゃ」)も大人気です。
アメリカのスタンダップコメディアンコンビが、舞台の上で掛け合いで歌っているような雰囲気で、なんともおしゃれかつハートウォーミングな歌ですよね♪
余談ですがママは三谷幸喜映画が好きなのですが、あの人の映画って、内容はもちろんですが、エンドクレジットで流れる音楽がまた如何にも昔のアメリカ映画の、そうたぶん三谷さんがもっとも影響を受けたビリーワイルダーとかの頃の、ロマンチックコメディ映画を彷彿させるような音楽で、それがとってもグー
見終わった後「いい映画を見たなあ」というほのぼのした幸福感に包まれるのは、あの音楽の力も大きいと思うのですが、モンインの主題歌も、とってもそれを彷彿とさせます♫

DSC_0955[1]_convert_20170731160911

久しぶりのモンインアトラクでは、KKによるトリビア「ここのどこかに隠れミッキー
ということで、キャストさんまで加わって、あそこだこっちだと大騒ぎする我が家でした
(ていうか老眼パパママにあれは無理無理

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

8たび!会津若松からディズニーへ

我が家の会津から東京ディズニーリゾートへの旅も、早8たび!
今年の夏も夜22時近く、会津若松出発です

ここ数回は、磐越道の会津若松ICには乗らず、甲子道路経由で白河ICから東北道に乗ってます。
その方が、郡山JCTで東北道に乗るより、時間も値段もかからないんですよね
というわけで、鶴ケ城を左側に、真夜中の118号をどこまでも南下していきます。
雄大な渓谷が真っ暗闇の口を開けている芦ノ牧温泉を南下し。
昼間とは打って変わって車の通りの絶えた大内宿や塔のへつり入口も南下し。
すっかり寝静まった湯之上温泉も南下し。
合間に街灯のない山道をいくつか南下し…いったいどこなのやらという地名を訳もなく並べてみましたがつまりはディズニーへ向かう浮かれ気分とは真逆な感じの闇深な地帯を次々に南下して、車はついに甲子道路へ。
この甲子道路、関東から会津方面へお越し頂く方にはお馴染みかと存じますが、会津盆地を形作る山を貫通して関東へ向かうためのでっかい山道、我が家的にはいわばラスボスです 夜の山特有の深い闇と濃い霧が待ち受ける甲子道路をひたすら走り続け、おっ周りがなんとなく人里っぽくなってきた!おお白河ラーメンの看板が!ついに白河ICか! さあ高速に乗るわよ~

DSC_0902[1]_convert_20170731151124

白河ICから高速に乗るとすぐ、那須高原SAです。ほんとにすぐお隣はもう関東なんですよね。
那須は我が家、ヒマな週末とかによく行くのですっかりお馴染みです。殺生石とか、なぜかもう3回くらい行ってる気が
しかしその際は下道で行くので、こうして高速のSAに寄るのはTDRに行くときのみ。
なのでここに来ると、「那須に来たな~」よりも、「今TDRに向かってるな~」との幸せ感が条件反射的にわいてきます

DSC_0904[1]_convert_20170731151444

駐車場には、長距離トラックがずらり。
真夜中の東北道は、前も横も大きなトラックがそびえたっていて、その中に混じって走ってると気圧されるものがあるのですが、同時に、こうして夜を徹して各地へ物資を運び続けるライフラインとしての心強さも感じます。

さて那須高原を出発すると、名前だけ知ってる黒磯、これまた3回くらい行ってお馴染みな東照宮の町・日光、一度食べてみたいラーメンの町佐野と、徐々に東京に近づいていきます。
埼玉県は久喜に入り、浦和料金所を経て、川口からいよいよ首都高へ。

DSC_0907[1]_convert_20170731151654

毎度のことながら、首都高S1に入ると、「TDRに向かってるな~」気分もますます高まります。
まもなく江北JCTで、首都高S1から、首都高環状線C2に乗り換え。

DSC_0912[1]_convert_20170731151812

C2に入ると景色が(会津在住者の目には)一気に都会の夜景に様変わり

DSC_0914[1]_convert_20170731152504

「綺麗だな~~」と、いつも感心しながら走っています

DSC_0928[1]_convert_20170731152844

どこまでも広がるマンション群の灯と、遠くに浮かぶ赤い航空障害灯の光。
「TDRに向かってるんだな~」が、ついに「(TDRのある)東京に来たな~」に変わるひととき
(地方民にとって舞浜=東京ってことでひとつ

DSC_0915[1]_convert_20170731152615

遠くに見えていたスカイツリーが、だんだん近づいてくるころ、湾岸線に入り。

DSC_0920[1]_convert_20170802221352

午前3時近く、ランド駐車場前に到着です
この時間だと4列目くらいかな~と思ってたら、意外やまだ2列目

DSC_0934[1]_convert_20170731152926

駐車場ゲートオープンも5時半と、体感ではかなり遅め。(GWだと3時4時くらいだった気が)
オープンした時でも4列くらいしか並んでおらず、空かずの料金所で手持ち無沙汰な係員さんが3人ほど、こちらに手を振ってました(ヒマだからって仮眠できないのね
手荷物検査オープンも6時半で、おや今日は空いてるのかな? まあこの後雨予報だもんね。
雨に備え、屋根のある激戦区を場所取りすべく、勇んで並び始めた時もこんな感じで、人少な!

DSC_0935[1]_convert_20170731153533

無事にゲート前に陣取ってしばし。
7時ごろ、予報通り土砂降りの雨が襲います
しかし屋根という最強味方がついてる一帯は、余裕で朝ごはんタイム。
我が家的に雨はむしろ「これで酷暑&混雑のパークは免れたかな」という喜び材料でもあり
腹ごしらえしながら、入園後の行動を再確認します。

DSC_0942[1]_convert_20170731153623

といっても今回の予定は、「モンインFPを取ったら、みんなでプーさん。その後スペースマウンテンを飽きるほど乗る
という、要はスペマン乗ればいいだけなので行動計画も何もあったもんじゃないのですが
さあキャラが出てきたらそろそろの合図
カッパを着こみ、8時半、開園です!

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行