スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終日はランド初体験

8/1(土)
今年のTDR家族旅行も、ついに最終日。

DSC_1328[1]_convert_20150819101706

最終日の今日は、ディズニーランドに行きます。
部屋から名残の景色を眺めながら、帰り支度。

DSC_1331[1]_convert_20150819101746

こちらはイッツアスモールワールドとトゥーンタウンです。
シェラトンからだと、裏側の仕組みが丸見えなのがまた楽し♫
10時過ぎ、荷物をまとめてフロントへ。
チェックアウトが意外と混んでいたので、会員特権・SPGカウンターへ。
「こちらでチェックアウトできますよ。ただし会員専用ですが・・・」と言うお姉さんに、どうだ!とばかりヒラ会員カードを見せつけチェックアウト終了。

DSC_1333[1]_convert_20150819101816

ついでにベルデスクで、荷物も預かってもらいます。
いつもなら最終日は、車に荷物を詰め込んでパークの駐車場へ向かうのですが、今日はホテルの臨時駐車場。
臨時駐車場は、チェックアウト後も24時まで無料で停められるそうなので、今日もいつもどおりリゾートラインでパークへ行き、閉園まで遊んでからホテルに戻って帰ることに。
ちなみに今回リゾートライン4日券を買いましたが、ほぼ毎日ホテルとパーク2往復という行動パターンの我が家には、かなり助かりました 当たり前のことながら、これは日数多ければ多いほどお得になりますね。

DSC_1334[1]_convert_20150826114953

ロストリバーの裏側。映画「インディ・ジョーンズ」の撮影セットも、こんなだったのかしらん
写真だとわかりにくいですが、レイジングも見えます。レイジングからも最初の方、落ちる手前でシェラトンが見えますけど、たぶんその時なんでしょうね♫
そして下の緑地が、たぶんアナ雪エリア。
てことは今度はアナ雪エリアの裏側も見えちゃうってことですね

DSC_1336[1]_convert_20150826115014

さてチェックアウトして、11時。
今年最後のディズニーランドにやってきました
今日の大目玉は、スプラッシュマウンテン
実は我が家、もう数年前からUが「今年は乗る」と出発前は意気込むものの、現場に来たら途端に「やめとく」になったり、スペマンやビッグは大好きになったKKが、「ふわっと落ちるのはダメ~。カリブどまり~~」だったりで、ランド3山の中では一番身長制限ゆるいアトラクにも関わらず、1度も乗ったことがなく
それが今年は、KKがやけにタワテラに乗りたがったりして風向きが変わり、このたびついに初スプラッシュ!
シーでは断固タワテラ拒否だったUも、スプラッシュなら乗ったことないのにソラで歌を歌えるレベルで好きなのでにーちゃんの説得に「あ~でも怖い!どうしよう怖いな~~」と、怖がりながらもOK

DSC_1074[1]_convert_20150814091106

しかし、今日は土曜日しかも既に11時。今スプラッシュFPを取ったら、次にFP取れるのは13時。下手したら他のFPは軒並み発券終了になってしまうのでは・・・
と、スマホで確認してみると、安定の夕方まで発券チーム・スターツアーズやホーンテッドはもちろん、バズやビッグサンダーなどもまだまだ順調に発券中
いずれも2時間後でも十分取れそうな時間帯だったので、本日1発目のFPはスプラッシュに決定
クリッターカントリーは遠いので、男衆にぴゃ~っと取りに行ってもらい、ママは途中で、こちらも皆のご要望・キャラメルポップコーンを補充しつつ、ゆっくり向かいます。
ほどなく合流。FPは17:30~18:30だったそうです。
一大ミッションを終えたら、そろそろお腹が空いてきた一行。
まずはお昼を食べようと、手近にあるこちらのレストランへ。
スプラッシュが初めて≒クリッターカントリーもほぼ初めてなので、こちらのレストランもお初です。どんなお店かな~?♫

DSC_1344[1]_convert_20150826115224
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

おやすみなさいディズニーシー

7/31(金)21時40分。
我が家のストームライダー・ラストフライトを終えて、やってきたのはこちら。

DSC_1307[1]_convert_20150819091836

センターオブジアースSB20分。
このアトラクにいたく惚れ込んでいるKK、初日の夜はSBが締め切られていて乗れなかったので、リベンジです
去年はこの時間になると、ほとんど入口に人がいなかったものですが、今日はずらり。今年のセンターはほんとに混んでるな~
でもSBはまだ受け付けていて、ほ~よかった。KK勇んで並びます。
しかしUは、「センター怖いからあんまり乗りたくない。さっき乗ったからもういいでしょ
そうね~ママもKK同様、いたく惚れこんでるアトラクだけど、さっきも乗ったし並んでまで乗らなくてもいいかな(ここらへんがKKと違って年寄り)。じゃあUはママと待ってましょうか。

DSC_1309[1]_convert_20150819091933

というわけでママとUはお留守番。
しかしこのがら~んとした空間で、2人ぽつーんとただ待ってるのもなあ

DSC_1308[1]_convert_20150819091956

「この空間もちょっと怖いけど、出歩いてにーちゃんたちと生き別れになるのも怖い」
と、あくまで動こうとしないU。大丈夫だってば今年はスマホもあるから、生き別れにはなりません
あそうだ、じゃあUの好きなあそこに行ってみましょうかね。あれならすぐ近くだし。
と向かった、今年のシーのママU最後のアトラクは~?

DSC_1312[1]_convert_20150819092035

「クイズこのアトラクはなんでしょう」写真、再び
これでわかった人は、たぶんネモ船長だと思います海底2万マイルです。
センターに乗ってるパパKKと生き別れになるのを恐れるUも、ここなら安心のご近所アトラク、加えてSB5分、Uも大好きということで
この時間はほんとに人がいなくて、SB5分というより移動時間5分という感じ。派手な螺旋階段をぐるぐる降りていって、通路にある手の込んだ小道具を眺めるヒマもなく通過して、潜水艦に乗り込むまでで5分という。
それだけきっちり作ってあるアトラクなんですよね~。 その分、乗る前までもそうだけど、潜水艦に乗り込むと、つくづく思います。「もったいないな~~~」と。
それだけきっちり作ってあるっていうのに、どーも詰めが甘いというか(前の潜水艦がレールに吊られてるのなんて、見せちゃいけないレベルでは)。スリルや内容が中途半端なために、せっかく気合入れて作った制作物を活かしきれてない感じがするのが非常ーにもったいないです 

とはいえUはこれ好きだし、ママも久々に乗ったら、途中が予想外に派手で、「これってこんなハラハラワクワクのストーリーだったの」と今更知って驚きましたが
もうちょっと派手に、例えばガクガク揺れるとか、ニモみたいに海底の爆弾が次々爆発してスピードアップするとか、なんかもう一声あれば、ミステリアスアイランドのツートップになれるかもしれんのに。惜しい
とも思うけど、でも子供が安心して乗れるアトラクとして、このまま残っていて欲しい気もするしなあ。電車、船、路駐車専門だったKKが、初めて乗ったFPアトラクも、この2万マイルだったしね

センター好きが嵩じてミステリアスアイランド、ひいてはネモ船長まで好きになりつつあるママ
人もいず、誰が見るわけでもないのに素晴らしいミステリアスアイランドの夜景を眺めていると、ますますその魅力のトリコになっていく思いなのでした。

DSC_1315[1]_convert_20150819092114

そして時刻は閉園間近。
センターに戻ると、さすがにあの行列は消え失せて、もはやキャストさんの方が多いくらい。
それでもちらほらと来るSBゲストをまだ入れつつ、時計で時間をきっちり計っていて。
22時ぴったり、締め切られました。
その後も何やかやと忙しそうなキャストさんたちを眺めながら待つことしばし。
10分くらい過ぎて、パパKKが出てきました。
さ~てじゃあそろそろホテルに戻りましょうか。

DSC_1316[1]_convert_20150819092140

今年のシーはこれで終了。
名残惜しいな~という気持ちと、満足満足という気持ちと。
半分ずつ抱えながら、出口へ向かいます

DSC_1317[1]_convert_20150819092219

KK&Uはけっこう満足満足みたいで
ラストにセンター乗ってリベンジも果たせたし、2万マイルにも乗れたしということで、悔いはないみたいです

DSC_1319[1]_convert_20150819092237

来年はタワテラかな?

DSC_1320[1]_convert_20150819092306

どこをとっても綺麗なシーの夜景を、飽きることなく目に焼き付けながら。

DSC_1323[1]_convert_20150819092346

ミラコスタ通りまで来て思い出します。配布用のかさばるお土産は、今日のうちに買っておくつもりだったことを
(そうしてチェックアウト後もホテルに預けて、帰るまで身軽に動く予定)

DSC_1324[1]_convert_20150819092435

お土産屋さんって23時くらいまで開いてるのかと思ったら、意外とそんなことはなく
「出れるけど入れない」みたいなお店が並ぶ中、かろうじて1カ所だけ開いていたお店の出入り口からシュッと入り込み、配り物系お菓子をものすごい勢いで積み重ねてレジへ もう数さえあればなんでもいいという感じです
(にも関わらず自分ちのおやつクッキーは「こっちの方がおいしそう」としっかり選んで買うあたり

DSC_1325[1]_convert_20150819092415

明日はいよいよチェックアウトか~。
と、フロントを歩きながら感慨深く、トスティーナで夜食やビールなどをチェックしながら部屋へ戻ります。
最初は3泊シェラトンなんて飽きるかな~と思ったママですが、やっぱり連泊はラクですね~♫ 時間的・物理的にもラクだけど、何より「明日もこのままでいいんだ~」という、心理的な余裕がより寛げるというか。シェラトン自体に不満がないというのも大きいですが。
ちなみにフロント向かいのカフェ&パン屋さん・トスティーナでは、夜はコンビニ弁当みたいにパックされたチャーハンやチンジャオロースなど、なぜか中華系夜食が店頭に並びます。パパによると、1杯500円の生ビールもあったとかなかったとか(うろおぼえ)。こういうのとっても助かりますね

TDRの夜景も今年最後。
灯が落ちて、眠りにつくシーを眺めながら、おやすみなさい

DSC_1327[1]_convert_20150819092530

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

鳴り止まぬ拍手とピーナツを

7/31(金)20:40頃

ファンタズミックが終わって、やってきたのはこちら。

DSC_1298[1]_convert_20150819091629

レイジングスピリッツです
夜のレイジングは綺麗ですね~
乗ってる時も夜の方が綺麗だと思います。TDRの夜景一望だし(直後に落ちるけど)、霧の出るところが赤や青にライトアップされるので、昼間より雰囲気抜群
今回は20:00~のFPを使って乗ります。
ただし男衆だけね 今回もママは念のため乗らずにおきます。

DSC_1300[1]_convert_20150819091647

ライドが飛び込んでくる直前、シュカーーッと音を立てて霧が吹き出すのを眺めて待ってると、横には小学校中~高学年くらいの兄妹。
夜で薄暗いこともあり、またママにはアジア系=日本人に見えてしまうこともあり最初は普通に日本人だと思ってたのですが、どうも話している言葉が英語。ライドが霧に突入するのを、「ヘイカモンなんちゃらかんちゃらthree、two、one、yeah~~~」みたいな。
TDRに遊びに来るアジア系=中国人、というイメージもママにはあったんですがけっこうフィリピンやシンガポールなど、英語圏のアジアの国々からも来ているんでしょうかね~?

DSC_1295[1]_convert_20150819091546

そのうち我が家の男衆が戻ってきたので、「この子たちはいつ親と合流するのかしら」と若干思いつつロストリバーを出て。
向かったのは、近未来的な夜景が美しいポートディスカバリー。
狙いはもちろん、ストームライダー! 我が家の乗り納めです。

DSC_1302[1]_convert_20150819091741

こちらもTDLのスターツアーズ同様、夜になればFPいらずの待ち時間なので、昼の間はセンターなど他のFPを取ることに専念。
センター、インディ、レイジング等、今のKK&Uが大好きなFPアトラクが、ついこないだまで全滅だった頃は
「とりあえずストームライダーのFP取っとけ」
という感じで乗りまくってたものですが。
KK&Uの成長につれて、去年あたりから、我が家のストームライダー率もぐっと減りました。
とはいえ、来たら乗りたい、そして乗れば確実に楽しめるアトラクであるのは、以前と変わらずです

このアトラクがとりわけ好きな男衆は、初日の夜にも乗ったそうですが、ママは今回が今年最初で最後。
初日に乗った男衆も、「乗り足りない~。あと2~3回は乗りたかった」
この、めっちゃ大掛かりなウェイティングルーム=ストームディフューザーの解説を見るのもこれが最後。これを見ると「めっちゃ気合入れて作ったんだなTDS」というのがよくわかります。
今回は、我が家が見る時は必ずお姉さんだった解説員が、初めてお兄さんだったこと、及び画面で挨拶するデイビスを見て「デイビスってこういう顔だったんだ!初めて見た」という声を聞いたのが印象的でした 願わくばこういう人が今後増えて、大人気の中で終了しますように
(とはいえあのデイビスのルックスはルパンみたいでママもイマイチ 声からするとどうしても、前髪下ろした戦国バサラみたいなカッコイイお兄ちゃんが浮かんでしまうのよね~

容については、これまたもう何度も書いたことですが、ゲートが開いて、厳かに曲が始まるオープニングから、飛び立った時のワクワクシーン、イルカの頭上を空中遊泳するシーン、最後に音楽がピタッと決まって終わるところまで、とにかく音楽がもう最高!!!
ママ的にはストームライダーって、この音楽を映像とともに体感するためのアトラクでした。
ショーもそうだけど、音楽を体中で聞くと、すごーーく感動するんですよね。
あ、もちろん、ストーリー展開や、嵐の中での雨や爆弾(=ディフューザー)といった特殊効果、忘れちゃいけないキャプテンデイビスも最高ですけど(やっぱりどうしてもイケメンが思い浮かんでしまう

「すごい濡れた~~~」「これ絶対楽しいよ!なんでなくなっちゃうのかな~~~」「これで最後か~」「もう乗れないなんて信じらんないね~~」
等々、皆で堪能しつつ残念がりつつ、気象コントロールセンターを出ると、光が眩しい夜のポートディスカバリーからひときわ明るく、夜空へ伸びる一筋のサーチライト。

ほんとお世話になったなあストームライダーには。
でもやっぱりもったいないな~~。こんなに気合い入れて作った、オリジナルアトラクなのに。
日本にしかない、シーを代表するアトラクの1つなのに。

という思いは今も消えませんが。
しかしデイビスならそんな無粋なことは言わず、きっと笑ってお別れするわね

みんな楽しんでくれたよな? こちらストームライダー2キャプテンデイビス、オーバー。 じゃあな!

DSC_1304[1]_convert_20150819091800

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ファンタズミック!

7/31(金)20:10
パークの照明が落とされ、真っ暗になった中で、歓声とざわめきと音楽が満ちるハーバー。
やがて暗闇から、ミッキーの青い帽子がどーんと現れて。
ファンタズミックの始まりです

今回は、去年よりもリドアイル寄りの立ち見にしたせいか、帽子も近く水面もよく見え、臨場感ありました やっぱりこのショーは、迫力を感じたいなら、帽子やドラゴンに近づいた方がいいですね♪
このショーでママが大好きなのは、ライオンキング&スティッチパート

DSC_1258[1]_convert_20150819090846

ライオンキングは、なんといっても主題歌の、オープニングからサビへダイレクトにつながるところがもう♪
雄大なショーが、ハーバー中に響き渡るこの歌のおかげで、さらにぐおーんと広がるような感覚に襲われるのがたまりません
実はママ、ライオンキングの主題歌「サークルオブライフ」って、このファンタズミックで初めて知った曲なんですがその時は「この部分を聞くためだけにファンタズミックのCD買おうかしら」と思ったくらい(のちに曲がわかって、ライオンキングのCD飽きるほど堪能しました

そこから一転、斬新なショーに様変わりするスティッチの「ハワイアンローラーコースターライド」!
スティッチはそれほど好きじゃないんですがある種荘厳ですらあるライオンキングの歌を、打ち消すかのようにギュイーーーンと鳴り響くギターサウンド、それに合わせて縦横無尽に駆け巡るレーザー光線が、もうひたすらカッコようて
この曲も聞いたことなかったんですが、あまりにもカッコいいんで検索し、「ハワイアンローラーコースターライド」という曲名だとわかったものの、原曲を聞いてみたらちちち違う! なんだこの椰子の木陰でお昼寝してるみたいなハワイアンは~~
ファンタズミック版は、かなり大胆にアレンジしてたんですね このギターバージョンは、私が検索した限りではファンタズミックでしか聞けないっぽいので、ショー中は耳を皿のようにして(?)堪能してました

DSC_1259[1]_convert_20150819090903

その後のジーニーやプリンセスパートなどもそれぞれに良いのですが、この一連の風船パートあたりでママ的には一度おなかいっぱい状態になります
「飽きる」というのとはまた違って、それぞれ素敵な一品なんだけど、あまりにも次々と出されるので、ちょっと思考停止状態になってしまうんですよね。プリンセスとかひたすらうっとりパートだから余計に
ちなみにUは、ジーニーパートがショー中一番好きだそうです。確かに花火が上がったりして一番派手よね

そんなぼーっとしてるゲストの横っ面を、いきなりひっぱたくように始まるのがヴィランズパート
火山もぼわっと火を噴いて、うーんやっぱり炎はいいわ~~
水面に燃え広がる炎は、何か人間を覚醒させる力を持ってますね

DSC_1267[1]_convert_20150819090946

今回は、ドラゴン対決を近くで見ようと思ってこの場所にしたわけですが、しかし鏡が活躍するあたりで、「あれ?ちょっと場所取り失敗?」と
鏡に対して斜向かいなので、悪役たちが鏡に映らず、帽子に映る映像を見て過ごすことになるんですよね(しかもそれもきちんと見えないという) Uとか「ね~鏡が喋ってない~~
かといって鏡の映像が見える場所にすると、鏡から遠く離れてしまうというジレンマ なかなか難しいもんです

DSC_1273[1]_convert_20150819091043

しかしおかげでドラゴンはバッチリ
我が家史上、最大に近いところで見ました。ゆ~っくり首をもたげて登場するところでは、一同思わず「おお~~」

DSC_1275[1]_convert_20150819091112

派手~~~

DSC_1277[1]_convert_20150819091158

けどわりとあっさりドラゴンを倒して、ショーはエンディングへ。
なんかね~、派手なわりに「漠然と倒した」って感じがしちゃうんですよね。マレフィセントの絶叫&断末魔の表情は、目と耳に焼き付くレベルなんだけど 「間」がないせいかな?
倒した瞬間にもっと炎ゴーッとか火山が噴火するとか驚かせて、その後に音も動きもない真っ暗闇状態を数秒入れるとか、なんかそういう間を置けば、その後のエンディングの祝祭感もより印象深くなると思うんだけど。

DSC_1285[1]_convert_20150819091317

けどこれも我が家史上最大に近く見えたので、細かいこたいいや
キャラがご挨拶に回り始めると、ああもうすぐ終わりだなあ~という気分に。

DSC_1284[1]_convert_20150819091249

やがて一番のクライマックス
真っ白ミッキーが現れ、花火もボンボンと上がって、空と海を彩ります

DSC_1288[1]_convert_20150819091348

ハーバーにはシュプレヒコールのように
「イマジネーション! イマジネーション!」
力強くも高らかと繰り返す歌声。

DSC_1290[1]_convert_20150819091417

「イマジネーション!ハハッ」
ぼぼぼぼぼん! 終了~~~

いいショーを見た~~、という感動と虚脱感に包まれながらも、でもやっぱり終わり方も漠然としてるな~としつこく思うママ ここだけはブラヴィッシーモを真似してほしかったとか。
ブラヴィッシーモは、中だるみするわ強風バージョンが悲しすぎるわ、更にはいつも強風バージョンだわと当たり外れが大きすぎたので、ショーとしての完成度なら、ママ的には圧倒的にファンタズミックに1票です。
ですがブラヴィッシーモはラスト、「ブラヴィッシーモ!ハハッ」直後にハーバー大炎上さらに間髪入れずにドーーンという爆発音&白い火花が散るバチバチバチッという効果音・・・で終了~~~なのがもう身震いするほど、非常ーにメリハリ効いていて
そのおかげで、見終わったあとの感動も水増しされてた気がします クライマックスの花火も、気のせいかブラヴィッシーモ完全版の方が多かったように思えるし、「イマジネーションハハッ」も、ブラヴィッシーモの時より元気ないぞもっと声出して行こうとか思ってしまうのは、たぶんファンタズミックの終わり方が、比較的漠然としてるから。あるいはママが単に炎好きだから

って本当に個人的な感想、かつファンタズミック自体は素晴らしいと思ってるのですが。
色々言っても我が家的には、シーに行ったら(ショーにはあまり興味ない男衆ですら)一度は見たい、豪華絢爛ド派手なショーであることは間違いないです

さてファンタズミックが終わって20時半。
夜の乗り放題タイムを迎えて、一行は奥地を目指します。

DSC_1292[1]_convert_20150819091530

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーの夜が始まる

7/31(金)18時頃。
17:15~のビッグバンドビートが終わって、アメリカから奥地へ向かいます。

DSC_1243[1]_convert_20150819090439

そういえば、そろそろ夕飯の時間帯だけどどうしようか?
この後はファンタズミックもあるし、食べるなら今のうちだよね~。
しかし暑かったせいか、一同あまりお腹が空かず。KKは「シーにもランドのクリスタルパレスみたいなバイキングあるんでしょ? そこはどう」
うーんでもセイリングデイはこの時間、ディナーPSの真っ最中だからけっこう待つんじゃないかな? 第一あんまりお腹すいてない時にバイキングはもったいないな~

セイリングデイはママもかねてから興味あったのですが、いっつも「PS取るなら櫻やカナレット」になっちゃって、まだ一度も行ったことがないんですよね。
KK&Uがそれほどバイキングに食いつくなら、次回こそはここのPS取るぞ~

「屋台で何か軽く食べる程度でいいんじゃないか。ポートディスカバリーのウインナーはさんだパイとか、うまかったよな~」
とパパが思いつき、なるほどそれは名案 けどポートディスカバリーにそんなのあったっけ?
ママ「ポートディスカバリー?ミートパイならあるけど」 パパ「違うってあっただろウインナーのやつが」
KK「ウインナーのパンならロストリバーの方だよ」 パパ「ロストリバーでそんなの買ったことないぞ。それにパンじゃなくてパイな」
「絶対違う」とママKK内心思いながら試しに通りかかったポートディスカバリーでミートパイを買ってみたら、パパ案の定「あれっ?これ?
「でもこれもうまいな」と、4人で2個のミートパイをたいらげながらロストリバーへ行き、ユカタンソーセージドッグを買うと、パパ案の定「おおこれこれ♫」

これは我が家1~2回買ったことがあります、もちろんロストリバーでね
ソフトフランスパンに、香草が効いていてこころもちしょっぱめなソーセージが包まれているだけの、ごくシンプルなパンですが、我が家のお気に入り
けっこうボリュームあるので、昼夜レストラン利用だとあまり買う機会もないのですが、こういう時には食事がわりにもなってぴったりです
Uも含めて、1人ソーセージドッグ1本+ミートパイ半分食べたら、皆ほどよく満腹になって、夕飯はいいやという気分に
ディナーを済ませて乗ったのはこちら。

DSC_1244[1]_convert_20150819090332

クイズこのアトラクはなんでしょうみたいな
あまりいい写真がなかったのでクイズでごまかしてますインディです。
食べてすぐだと酔うかな~と、ママ若干心配でしたが、なんとかOKでした
乗りながらKKいわく「前から思ってたけど、インディ似てないよね」
言われてよくよく見てみると・・・ほんとだほとんど誰このおじさんレベル
声と雰囲気のおかげで、今までインディと疑いもしなかったけど、全然ハリソンフォードじゃないことに今更気づきました てかなんでこんな似てない人形にしたんだろう??

乗り終わったらUのご希望により、レイジングFPも取得。
時刻は20:00~21:00。うん、ファンタズミック終わってから乗るのにちょうどいいわね
そうこうするうち、もうすぐ19時。
おっ、あれに乗れる時間だぞ♫ と勇んで向かったのはこちら。

DSC_1247[1]_convert_20150819090533

クイズこのアトラ(ry
ほんとボケボケでしょーもない写真ですがこれらを見るとテンション上がるので、あえてアップ

DSC_1248[1]_convert_20150819090554

というわけで、センターオブジアースでした。
しかもママ的には待ち望んでいた、今年初めての夜センター
センター好きなママKKはうっきうきですがUは「やっぱり怖い~~~」と引き返したくなってきた様子。
レイジングは今年初めて乗った途端に大好きアトラクになったUも、センターは怖さが違うようです。
じゃあこの後はUの好きなアトラクに乗りましょうということで手を打ち、何かが待ち構えているような抑えた音楽と、ネモ船長の低音ボイスに包まれた洞窟から、いよいよエレベーターに乗り込みます

DSC_1250[1]_convert_20150819090612

内容は、もうしつこいくらい何度も書いたのでやめときます
もしよろしかったら、1日目及び昨年のレポをご覧いただけたら幸いですm()m
ただやっぱり、夜の上空から一瞬俯瞰するシーは素晴らしかった~~&センター最高ということで。

DSC_1251[1]_convert_20150819090640

センターに乗り終わると、時刻は19時20分くらい。
ファンタズミックまで約1時間。Uの大好きアトラク・2万マイルが、スマホだとSB5分。
2万マイルはここからすぐだし、この時間ならファンタズミックまで十分間に合うわね。
じゃあママはテキトーに場所取りしてるから、終わったら電話してね~

DSC_1252[1]_convert_20150819090704

ボケボケ写真が続きますが どこで見ようかな~?と場所を探しつつ、火山の麓からイタリア方面へ向かいます。
対岸のフォートレス付近もポンテベッキオ橋も、この時間、まだまだ1列目で見れそう。
けどやっぱり、もうちょっと正面に近い方から見たいかな~。
途中、橋の上から見たタワーオブテラーの上に満月が出ていて、なんとも完璧な眺めになってたので一枚

DSC_1255[1]_convert_20150819090724

もっともママの腕だとこのテイタラクですが
線路沿いには、立派なカメラを構えた人たちが撮り鉄のように群がっていて、やっぱり満月のタワテラを撮ってました。
この人たちが撮った写真はきっと、そのままポスターにしちゃいたいくらい、雰囲気あるタワテラなんだろうな~

似合いすぎる月とタワテラを眺めながらアメフロ入口まで来ると、さすがにここら辺は人口密度が違う!
暗がりの中、ざわめき行き交うゲストたちに混じって、あちこちに立っているキャストさんが声を張り上げ、「こちらは現在○○のご案内をしておりま~す!」
ああいいですね~~。活気あふれるこの感じ、夏の夜♫

去年見たのは、ミッキー広場からポンテベッキオへ向かう道に入ったすぐあたり。
わりと前の方で座って見れたものの、始まってみたらショーがえらく遠くに感じたものでした
なので、今年はもうちょっとリドアイル側がいいな~と、これ以上はイタリア方面に行かず、ここら辺で場所を探すことに。
リドアイル内はぱっと見、既に人いっぱい。しかしリドアイルへの通路にあたる場所は、立ち見になるためか1列目もまだガラガラ。
おおここいいんじゃない? 手すりによりかかって見れるし、リドアイルを斜めから見下ろす場所だからUにもハーバーがよく見えるし。

ということで場所決定。
パパからも電話があり、20時前に無事合流。
やがて20:10、ファンタズミック開始です

DSC_1256[1]_convert_20150819090800

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

BIG BAND BEAT

7/31(金)16時半頃。
涼しい館内から1歩外に出ると、とたんにもわっと身体を押し包む、昼間いっぱいかけてあっためられた夏の夕風。
ミッキーバス&リゾートラインで、シーに再入園します。

DSC_1231[1]_convert_20150819090009

夏16時半のシーは、まだまだ休日真っ最中という感じ。
とはいえ昼間の、あの痛いほど照りつけてくる真夏の直射日光は既に勢いを弱めていて、こころもち柔らかくなった陽射しと蒸し暑い空気が、夕方の訪れを予感させます。
夏の夕方って、昼間がお祭りみたいに暑いせいか、一種独特の寂しさがある気も。

DSC_1232[1]_convert_20150819090056

さて我が家が目指すはアメリカ、NYはブロードウェイ
初「ビッグバンドビート」です。
17:15~回なので、30分前に行けばいいだろう(というか30分以上は並ぶ気なし)、もしそれで17時の回が締め切られてたら諦めよう、と。
とことん、並んでまでショーを見ようという気はない一家です

DSC_1233[1]_convert_20150819090118

そういえば、アトラク目当てでアメリカ方面に行くのも随分久しぶりです。
歩いてたら、ショーに向かうダンサーさんたちとすれ違いました。

DSC_1234[1]_convert_20150819090136

これはたぶんトロピカルスプラッシュなのよね?
今回シーの水かけには一度も参加しなかったのですが、これで我が家的には「シーのショーも見た」ことに
印象としては、女の人は皆さんぱっと華やかなのに、男の人は皆さんドリカムみたいというかいや別にドリカム中村さんに華がないとかそんなわけじゃ決して

DSC_1236[1]_convert_20150819090155

そうして到着した劇場前は、うわっ長蛇の列が座り込んでるよ~~~
やっぱりこれくらい気合い入れて待たないと見れないんだな・・・と納得して引き返そうとした時、「まもなく開場しま~す。みなさん立ってお待ちくださ~い」
えっもう開場してくれるの? しかも「17時の回、まだ並べますよ。どうぞどうぞ」
おお~ラッキー♪ BBBって、よっぽど早くから並ばないと見れないような印象だったけど(だから抽選の方がありがたいと思ってた)、今日はやっぱり空いてるのかな? それともよっぽど前方の席目当てでなければ、そんなに早く並ばなくてもOKなのかな??

DSC_1239[1]_convert_20150819090216

とはいえ10分くらいは、そのまま外で待って気がします。 タワーオブテラー眺めながら
「夜はあれ乗ってみるか? けっこう空いてるみたいだし」
と、なぜかえらく乗りたがってるKK初め、皆でUを誘いますが、U断固拒否 そりゃそうだ、KKだって小3でタワテラは絶対無理だったもんね。というか去年までは「絶対やだ」だったよね
そういえばUも、去年怖がってたレイジング、一昨年怖がってたビッグサンダー、ともに今年は「もっと乗りたい」だもんな~。わからないもんですね~。

そのうち入場が始まりました。
初めて入る「ブロードウェイミュージックシアター」。アメフロ好きとしてはこの建物自体が楽しみでしたが、第一印象は「あれっ?」
前やってた「アンコール」は、見たことないけどきらびやかなショーというイメージがあったので、もっとこう金の装飾に赤いビロードといった、いかにもTDR流の豪華な内装(=よく見るとショボいけど、カメラを通すと本物の一流劇場みたいに見える)かと思ってたんですが。
実際は、よく見なくてもショボいというか、経年劣化した昭和時代の大映画館みたいな印象だったのが、ちょっと意外でした これって、この時代のNYの劇場がこんな感じだったのかしらん?

席は自由だったので、ど真ん中後方の席へ。前が通路なのも見やすいかなと。
席に落ち着いてみると、椅子の感じとかますます映画館や市民文化ホールみたい
しかし内装や雰囲気こそ「あれっ」でしたが、その大きさ、席の多さにはびっくりしました。下手な自治体の市民会館より大きなハコモノが、パークのほんの一部エリアの、さらにほんの一アトラクという感じで普通~にあるんですもんね。

始まりを待つ間
「「ビッグバンド」とは、1920年代くらいにアメリカで流行した、(ピアノだけとかトランペットだけといった単体じゃなく)大編成形態によるジャズのことらしい」
「今あるポピュラー音楽すべてのルーツとも言えるらしい」
等々、主にwikiによるうろ覚え合戦。KKは「ジャズっていうかラグタイムのことじゃなかった?」と言いますが、ごめんママには「ラグタイム」ってのがなんだかわからなくて(wikiによると「ラグタイム」とは、ビッグバンドが主流になる前の一時期流行った、いわば「ジャズのルーツ」的音楽らしいですが、その音楽が耳によみがえってこないのでやっぱりわからない

「要はビッグバンド=ママの父ことじーちゃんが好きそうな音楽ってことだな?」
と、ママ的には何かつかんだ気がしたところで、幕が開き、ホールに大音響が満ちあふれ。
ああ~~やっぱしじーちゃんが好きそうな音楽だった てかこれ実際に家でかけてたよ。うわ~なっつかし~~。これじーちゃんに見せてやりたかったな~~喜びそうだな~~~。
KKはもちろんパパ&Uも「あっこれ聞いたことがある!」 つかみはOKという感じです
ママ的には、昔懐かしいナンバーを力強くプレイするバンドの後ろに、いかにも昔のアメリカっぽいロゴで「BIG BAND BEAT」と掲げられているのが、「おおっ」となんだかすごい感動でした

で、そのまま持ってかれるかと思ったんですが、これって「演奏会」というよりはやっぱり「ショー」なんですね。
歌やダンスとかそっちの方が前面に出ている感じで、ここら辺はやっぱり「ディズニーだなあ」と。「ショー」に徹している、「見せる」ということをすごく考えて作ってる、という雰囲気がビシバシ。
それはそれで良かったんですが、我が家全員アメリカ的ミュージカルショーみたいなのの良さがあんましピンと来ない一家なので個人的には「もっと演奏そのものを見たかったな」とも。
特に途中の女の子パート(「アイラブピア~ノ~♪」とか)では、バンド完璧に見えなくなっちゃうもんね せめてピアノの人にはスポットを当て続けていてほしかった

とはいえ、やっぱり生演奏はよかったです
特にビッグバンドの方々! ピアノもドラムもベースもサックスもトランペットも、それぞれに素晴らしい演奏をしつつ、パフォーマンスがまたそれぞれ
おかげでいかにも楽しそうに演奏しているように見えて、客席もつられて盛り上がってしまうんですよね
だんだんだんだん音が小さくなっていって、それが「来るぞ!」ってところでどかーんとフルボリュームで来るところなんかもう! シンガーさんたちはもちろん、全身で演奏しているようなバンドマンたちの熱演もあいまって、生の醍醐味! 思わず鳥肌が♪
ミッキーのドラムも、ミッキーはもちろんすごかったですが、ママ的には後ろのドラムの人に目が釘付けでした ほとんどヨシキが降臨したかと(昭和しかわからないネタかしら

終わりはもちろん場内大拍手でしたが、そこに加えてヒューイヒューイと口笛が鳴るのが、なんか会場見渡して「すごいな」と ほとんど、ここはNY?ってほどの盛り上がりで!
ゲストに外人さん多数だったのかな? 日本人にはこういう時に口笛を鳴らすっていう発想はないもんね
そんな感じで、時々「じーちゃん・・・」と偲びながら大盛り上がりで楽しんだビッグバンドビートでした

DSC_1242[1]_convert_20150819090253

ビッグバンドを見てからアメフロを歩くと、こんな景色あれこれもまた、旅情ひとしお

DSC_1240[1]_convert_20150819090236

次は北米から南米へ飛びます

DSC_0998[1]_convert_20150806094054

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

真夏の欧米秘境でお買い物

7/31(金)13時頃
腹ごなしと時間つぶしを兼ねてNYへ。
イタリアからアメリカへお買いものに行きます。
にしてもザンビーニ裏手のイタリアの路地は、ほんとどこを見ても素敵ですね~

DSC_1213[1]_convert_20150819085043

こんな水飲み場(手洗い場)まであったりして
異国情緒ね~♫

DSC_1214[1]_convert_20150819085253

アメリカの風景も素敵です
時代は明治~大正頃の、NYにあるマクダックスデパート。
ここで、「Uがシーで買うもの」と決めていたダッフィーちゃんを買います

DSC_1215[1]_convert_20150819085533

「ランドではスティッチぬいぐるみ、シーではダッフィーのキーホルダーを買う
と、出発前に散々変更してはやっと決まったU@小3男子。
そのチョイスがなんだか女子みたいで可笑しくて
「へ~じゃあママもジェラトーニのキーホルダーとか買っちゃおうかな~♪」
と、女子としてあくまでも冗談のつもりで言ったら、Uが待ってましたとばかり食いつき
「ママ一緒に買おう!ママがそっちでUがダッフィーね!絶対ね!」
ということになってしまったのでした。 
たぶんこれは、「あらあらママとお揃いがいいのねウフ」ではなく、「Uの物はUの物、ママの物もUの物」という物欲のなせるわざって気がします~

マクダックスにはダッフィー関連がずら。
座ってるのがいいか立ってるのがいいか、この顔がいいかあっちのいいかe.t.c..全キーホルダーをチェックする勢いで、真剣に吟味するU
やっと決まって、「ママもジェラトーニ買って!」
「え?そんな約束してたっけ?」とかうやむやにしてバックれちゃおうかな~と当初は思ってたママ だってママ的にはジェラトーニって、ダッフィー以上にピンと来ないというか、非常ーにぶっちゃけたところを一言で言うと「けっ」ですから
しかしそんなママですら、シーの中にいて、こういうかわゆいグッズがこれでもかと並んでるのを眺めてると、そうねえ1つ買ってもいいかなという気分になってしまうのは、ディズニーマジック?

というわけで、ダッフィーとジェラトーニをぶらさげて、守銭奴おじさんのデパートから出てくる一行。
デパート前には、守銭奴らしくコインが積み重なってる水場がありましたがそこにはこんなプレートが。

DSC_1216[1]_convert_20150819085602

「Naturally Pure Hudson River Water」ですって!!
NY好きには見過ごせません! まさかランドのミシシッピ川みたいに、本当にハドソン川の水が入ってるのかしら!?!?

ここでママ思い出します。そうそう今年は「ビッグバンドビート」見てみようと思ってたんじゃないのと。
NY好きな一家、というかママですが、ブロードウェイ劇場には入ったことなかったんですよね。ジャズには興味ないし、その前のショーみたいなやつはもっと興味なかったしで(オフブロードウェイっぽいショーなら見てみたいかもと思うけど)
しかし最近、KKがどんどん音楽に目覚めてきたんで、じゃあ一度こういうジャンルも聞いてみたらと せっかくプロによる生演奏を聞く機会があるんだしね♫
にしてもTDRって、常時こういうショーをやってるってのが改めてすごいですね~

しかしこれは基本、抽選。
もっとも「絶対見たい」じゃなく、「一度見てみようか」程度の一家としては、「当たれば並ぶことなく見られる、外れたら別のことに時間を使える」という抽選制度は、わりとありがたいシステムです。くじ引きの楽しさも味わえますしね♫

「確かここが抽選所だったはず
と、男衆を引き連れてアイス屋さん方面まで来たママ。あらここ何年か前のハロウィンの時に抽選したとこだわ。
と思い出しながら中に入ろうとしたらなんと、「ビッグバンドビート本日抽選なし」
えっそんなことがあるの!? 夏休みなんてオール抽選かと思ってたのに。 じゃあ今日は空いてるのかなあ??
しかし抽選じゃないと、並ばなきゃいけないなあ。暑い中あんまし長時間並ぶのはヤだなあ~。
公演時間を見ると、このあと15時台、17時台、18時台とあるみたい。
じゃあ涼しくなった17時台の30分前くらいに行ってみて、もし中に入れそうだったら見てみることにしましょう

DSC_1219[1]_convert_20150819085620

時刻はそろそろ13時半。
次のFPが取れそうな時間になったので、奥地へ移動します。

DSC_1220[1]_convert_20150819085640

やっぱりフォートレスあたりの景色はいいな~~~

DSC_1221[1]_convert_20150819085702

中世っぽい感じと、溶岩でできた奇観のミックスが、なんともいい雰囲気なんですよね~
真夏の眩しい陽射しも、景色を綺麗に見せるのに一役買ってました。おかげで暑かったけど

DSC_1222[1]_convert_20150819085742

13時40分頃インディFP取得。時間は確か18:00~19:00くらい。
17時台のビッグバンドビートが17:45に終わるから、その後インディ、そして18:50~のセンターFP、その後1時間くらい場所取りしてファンタズミック・・・かな。 おおけっこういい感じのタイムスケジュールじゃない?

ちなみにこれ↓はその時KK&Uが見つけたトカゲです
ロストリバーなんていうあまりにも似合ってる場所にいたもんで、「小道具かな?」と思わず指でつついてしまいました
(そしたらダッシュで逃げていって、「本物だ」と逆にびっくり

DSC_1223[1]_convert_20150819085806

さて取るものは取ったし、もうホテルへ避暑しに行きましょう。とにかく暑くて暑くて
ミラコスタ通りは、避難民ならぬ避暑民の群れ 比較的休憩場所が多いシーでも、午後14時はこの状態です
「そんな中ホテルへ行ってクーラーの効いた部屋で休むなんて、まるでお貴族様?」
と、一瞬アントワネット気分を味わいますが次の瞬間には「明日の我が身」という言葉が浮かんでガクゼンとします 何せ明日はチェックアウト。昼間優雅に戻って休めるのも今日限りですからね~~

DSC_1226[1]_convert_20150819085830

我が家の大好きアトラクを指さしながら

DSC_1228[1]_convert_20150819085911

タワーオブテラー、今年は初体験なるか!?

DSC_1227[1]_convert_20150819085851

ホテルに一歩入ると、ひんやり~~~
年寄りパパママはもちろん、KK&Uも「はぁ~~」と安堵のため声が出ます

DSC_1133[1]_convert_20150807081340

部屋のドアを開けると、いつものことながら掃除も済んでいてぴっかぴか
「ありがたいわ~~~」と思わず主婦の実感が飛び出すと、すかさずパパが「うちにもこんな人がいるといいな」 ほんとよね~~~と力強く同意しておきました
Uは買ってきたダッフィーキーホルダーを仲間に加えて、さっそく撮影会です。どうもUは、ぬいぐるみ大好き自撮り大好きという、女子みたいな男子で
(ちなみにスティッチ以外は、Uがわざわざ家から持ってきたもの そしてダッフィーにだっこされてるミニダッフィーがキーホルダーです)

DSC_1229[1]_convert_20150819095541

ついでにこちらがジェラトーニ。
グッズにはあまり興味がないママですが、いやあディズニーものぶら下げてディズニーの中を歩くのって、なんだか浮かれ気分になるんですね~♪
パークでミッキーの耳つけたがる人の気持ちが、ようやくわかった気がしました(来年は耳デビューか?)。

DSC_1343[1]_convert_20150819085933

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーのおいしいもの

7/31(金)11時半過ぎ
センターオブジアースのFPを取ります。時間は18:55~19:55。
しっかし一昨日もそうだったけど、センターFP進み具合は、他のアトラクに比べ図抜けてますね
トイマニはまあ別格として、インディやレイジング、タワテラやマーメイドシアターなどもせいぜい昼下がりくらいの時間帯なのに、ここだけ既に夜。センターファンとしては「そうでしょうそうでしょう」と嬉しいのも確かではありますが

DSC_1208[1]_convert_20150819084839

FP取ったら、センター入口で男衆をしばし待ち。
ここは日陰の上、洞窟からひんやりした風が吹き込んで来るので、こんな暑い日はもうここから動きたくなくなります
同じ人が大勢と見えて、洞窟前には人いっぱい。
そしてここでもやっぱり外人さん多数でした。座ってる両側が外国語という。
センターファンとしては、ここでもやっぱり嬉しくなってしまうのでした

やがて男衆と合流して。
時刻は12時。そろそろお昼を食べようかと、イタリア方面へ向かいます。

DSC_1209[1]_convert_20150819084915

イタリアへの道すがら、見つけて嬉しかったのがこれ↑
カプチーノポップコ~~ン
いつから復活してたんでしょ? 全然知らなかったので嬉しかったです♫
(確かここのワゴン、去年まではブラックペッパーだかチーズ&ハラペーニョだったか、お酒のつまみっぽいフレーバーだった記憶が)

カプチーノポップコーンといえば、ポートディスカバリー
我が家がシーに来始めた頃は、そういう決まりでした
その頃はまだKKが小さかったので、我が家がシーに来て乗るものといえば、電車、船、そしてアメリカの路駐車。
それでもけっこう楽しく、というかむしろ、ママ的には「ディズニーシー」と言えばまずその頃の景色が浮かぶほど、とても楽しかったものです ママのシー好きは確実にその頃培われたものだと思います
中でも、アメリカの路駐車←→電車でポートディスカバリー、は当時よーく往復したおなじみ路線で。
そうしてポートディスカバリー駅に降り立つと、当時あたり一面に漂ってたのがこのカプチーノの香り
おかげでこの香りに触れると、当時のポートディスカバリーの、ひいてはシーの情景が、シーでの忘れかけてた我が家の思い出シーンあれこれが、ふっと肌感覚で蘇ってきて、いやもう懐かしいったら。
味もおいしかったのよね♪ 昨今のチョコレートやストロベリーみたいに味や香りもしつこくなく、ほどよい甘さと苦味がちょうどよくて。シー以外ではお目にかかれないポップコーンだったしね~。

といった思い出話をワゴン前でひとくさりしてたら、KK&U「買おう買おう
スティッチバケツに入れてもらい、久しぶりに食べます。
ああこの味この味♫ 思いがけず再会してうれしいわ~~
記憶に残ってないらしいKK&Uも「これうまい!!」とバクバク。そうでしょうそうでしょう

しかしちょっと食べたらさらにお腹がすいた一行。
「ここでいんじゃね。席いっぱいあるしうまかったし」
と入ったレストランは、ポップコーン売り場からすぐのこちら。

DSC_1211[1]_convert_20150819085001

「クイズこのレストランはどこでしょう」みたいな写真になっちゃってますけど
でもここの2階はほんとどっかの街角みたいで、いい感じですよね~~ こんなカンカン照りじゃなければ、ぜひここで食べたいくらい♪
(こんなカンカン照りの中ここで食べている人も若干名いましたが、なぜだ?ガマン大会か??と私らびっくり

というわけでやってきたのは、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテでした。

DSC_1210[1]_convert_20150819084940

ここのクリームパスタが我が家のお気に入りで
今回は、4人全員クリームパスタに、男衆全員ミネストローネ、さらにつまみとしてエビとゴボウのフリットを一皿。これがおいしいと聞いていたので、かねてから食べてみたかったのよね~♪
12時ちょうどなのに、テーブルは選び放題で、レジも2~3組並んでるくらい。
これはピーク時にしか行けない我が家にとって、かなり高ポイントです 食べたい時に食べたいところで、待たずに座って食事が出来るありがたさよ

クリームパスタは相変わらずおいしく、家でできそうでできなさそうな味。
牛乳系をベースに、粉チーズやバジル風味を加えるとこれになりそうな気がするのですが、「ん~何かが足りない」「あれ、今日はこっちの方向へ行っちゃった?」と、家人には作るたび違和感表明されます
(まあ作ってる自分も「何か違う」と感じてるのでむべなるかなですが)。
で今回も、再現すべくよーく味わってたら、KKがミネストローネについてきた粉チーズを、「これすっごくうまい!!
ママは料理では使うものの、粉チーズってあんまし好きじゃないのですが、KKいわく「味も匂いもうちのと全然違う!軽くてさっぱりしてる!」
あっじゃあもしかしてクリームパスタの中にも入っているであろうこのチーズが味の決め手!?
そういえばここは提供明治。なるほど明治の乳製品か~(「そのわりに店にヨーグルト置(ry」byヨーグルト好きなパパ

ミネストローネも、男衆が好きなので家では作るものの、ママ自分ではあんまし好きじゃなくて
今回も男衆が全員飲んでましたが、「うちのとは違う。カナレットとも違う」
ママがひっくりかえってた1日目、男衆はカナレットでもやはりミネストローネを頼んだんだそうです。ほんと好きね~
その男衆いわく、「カナレットのは野菜の味が濃い。ザンビーニのはさっぱりしてる。どちらもそれぞれにうまい」とのことでした。ママも一口もらってみましたが、うん、確かにトマト濃厚って感じではないわね。トマト苦手な人はこっちの方がいいのかも?

そしてエビとゴボウのフリットは、おいし~~~(ゴチ@岡村)
「この暑さだと、あっという間に酔いが回りそうだから」と、念のためアルコールは頼まなかった大人チーム、「これをつまみにいっぱいやりたいな」
ほんとに、お酒のつまみにぴったりという味で。特にゴボウが絶品で、ゴボウの甘さと風味がすごくおいしく感じられるという これも家で作ってみたいけど、やっぱりできそうでできなさそうな味だなあ。

DSC_1212[1]_convert_20150819085021

食べ終わったら13時。
外に出ると、いよいよ陽射しも暑さも絶好調の時間帯です 
この後は腹ごなしも兼ねて、インディFPゲットしに行くかたわら、アメリカでお買い物。
真夏のイタリア~アメリカ~アマゾン周遊の旅です。あっついわ~~~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーの朝は遺失物センターから

7/31(金)
今年のディズニー家族旅行も、早3日目です。
おはようTDR♪ 今日もいいお天気ね

DSC_1341[1]_convert_20150819084147

昨日いろいろ協議した結果、今日はシー、明日はランドと、1日ずつ行くことに。
4dqyパスポートなので、3日4日目は両パーク行き来可能なのですが、行ったり来たりすると結局、FPがうまく取れなかったり移動時間がかかったりで、かえって非効率的になりそう。
なので今日は朝から晩まで、インディやレイジングやセンターに乗りまくるつもりです ってまたかい

DSC_1342[1]_convert_20150819084205

朝の恒例行事・オアシスへ行って洗濯しつつ、昨日同様1Fのショップで朝ご飯調達。
ついでに2Fのドラッグストアにも寄って、凍ったペットボトルも買い込みます。
何しろ今日は朝っぱらから、昨日までとは違う夏の日射し ドラッグストアのおばさんも「今日は暑いわよ~~。最高気温36度くらいになるって
夏の会津盆地では連日36度なので、数字そのものにたじろぐことはありませんが、昨日までのTDRが32~3度の曇り空だったので、「もうここに来るまででも暑くて」と話すおばさんの言葉に、改めて褌を締め直す気分 よっしゃ~来いや夏将軍~~

部屋に洗濯物を干したら、朝食のかたわら、朝の準備開始です
ちなみにシェラトンのバスルームには、物干しひもがついてます。カーテンレールと平行してぴーっと伸ばすタイプ。
ひもが細いので、下着など軽いものはこちらで。ジーンズなど大きいものは荷物置きに並べて、バルコニーに出して干してました 連泊だと、乾燥機をあまりかけなくても、これで充分乾きます

またまた氷を持ってきて、水筒チェック、タオルチェック、緑のちかちかチェッ~ク(何?)・・・とやってると、Uが「ね~Uのカメラがない~~~」 
あわてて部屋をバタバタやりますが、ほんとだない~~~
最後に使ったのはいつか、目撃者たちの証言等々から、どうも昨夜のエレクトリカルパレード~スターツアーズの間に忘れた可能性が高いとの結果が出ました 昨夜に引き続き、またランドで忘れ物か~
じゃあ今日をランドにして、シーは明日にするか? いや明日は土曜日、シーは混むだろうとの予想のもと、今日をシーにしたからできれば変更はしたくないな。 
じゃあとりあえず朝一でシーの遺失物センターへ行ってみて、こっちじゃわからないと言われたらテキトーな時間にランドへ行ってみることにしよう

基本、TDRでの忘れ物帰還率をかなり信頼している一家なので、Uも含め、なくしたとはいえけっこう悠長です
「昨日のKKのリュックもあったし」「去年のUのよっしーも送られてきたし」「数年前の俺のビデオカメラも外人さんがキャストさんに届けてくれたし」と、こもごも言い合って不安を払拭する一同。 ていうか忘れ物多くないですか男衆

DSC_1192[1]_convert_20150819084258

というわけで10時半ちょっと前、シー入園です。
まずはエントランスを入ったところにある遺失物センターへ。
ここはガイドツアー受付などと一緒になってるカウンターなので、特に朝はけっこう時間がかかりそう。
なのでママが残って手続きし、男衆は一足先に奥地へ行ってもらって、好きなFPを取っててもらうことに。
受付の人いわく、ランドでの落し物もシーから問い合わせることができるということで、一安心
カメラのメーカーや特徴、最後に撮ったと思われる写真や、忘れたと思われる場所や時間などなどの手がかりを、問われるままに伝えたら、しばし待機です。
待ってる間、日本語でお客さんをさばいたと思ったら、次のお客さんでスパッと中国語に切り替えて対応するキャストさんや、テキパキと備品を準備して次々出動するガイドさんたち等々が、なんとも頼もしく印象に残りました

やがてキャストさんが戻ってきていわく
「それらしいカメラをランドの方で保管しているそうですが、一番新しい写真を確認したところ、エレクトリカルパレードではなく、白いシャツに青いズボンの男の子だということで」
う~む確かにうちに男の子はいるな。そして服装も一昨日のUに似てはいる。でも一番新しい写真は、昨夜のエレパレだと思うんだよな~。カメラの特徴があんましないから、決め手に欠けるな~~

今すぐ現物を確かめたい気持ちに襲われますが、でもまあそれらしいカメラがあるってことは、そのまま保管しておいてもらえばいいわけで。
もしそれがうちのカメラじゃなかったら、それはもう、今更何をどうすることもできないわけで。
いずれにしても今すぐ行かなきゃいけない必然性はなし

という結論に落ち着き、頃合いを見計らってランドに行く旨キャストさんに伝えると、「じゃあランド外で受け取れるようにしておきましょうか」
遺失物センターはメインエントランスに入ったところオンリーかと思っていたのですが、入園口手前にもう1つあって、指定すればそこに遺失物を移動してもらうこともできるのだそうです
それはちょっと時短になるかな、とランド外で確認・受け取りできるよう手配してもらい、さらに「念のため」と、遺失物問い合わせ電話番号を印刷したカードも頂き(これは後にちょっと活躍)、手続きは終了。
さあシーへ行くわよ~

DSC_1194[1]_convert_20150819084319

わ~~暑い! まぶしい!! シーが広がってる!!!
初日は1分1秒でも早くFPを撮るべく、とにかく先を急いでいた&体調不良で、あんまり景色を味わう余裕はなかったママ
今日はゆっくり、シーを味わいながら奥地へ向かいます。おかげで3日目レポは、過去に何度も撮ったような風景写真がやたら多いですが、それだけ余裕があったということで、どうかご了承を

DSC_1196[1]_convert_20150819084604

パパに電話すると、レイジング前にいるとのこと。
センター・インディ・レイジングのうち、次のFPを最速で発券できるレイジングFP11:30~を取った後、どこかのレストランで休憩しようと思ったら、開店前だったので仕方なく日陰で待機しているとのことでした そうか~ユカタンとかって、10時台だとまだ開いてないのかしら。

DSC_1197[1]_convert_20150819084628

レイジング前で無事合流。
インディもレイジングも、11時だと早くもSB50。 我が家的にはとっても並べません
ここら辺はFPや閉園前にして、まずは涼みに行きましょう と向かったのはもちろんここ。

DSC_1204[1]_convert_20150819084724

安定の避暑地シンドバッド5分待ちです 終わりの場面ですが
いやママ、「航海」がテーマのアトラクに「日本通運」というスポンサーがくっついてるのが、パズルがハマったような快感があって、好きなんですよね~
(あと、サーキットのブリジストンとか、センターの第一生命とか、モンスターズインクのパナソニック電池とかね♪)
今日は同じ5分待ちでも、一昨日とは違って列は1つだけ。
一昨日よりは空いている、というか、通常通りの空き具合、ということかしら?

DSC_1202[1]_convert_20150819084658

出たところのアラビア風景がちょっと気に入ったので

DSC_1205[1]_convert_20150819084747

ママ的には、イタリア・アメリカ・フォートレスの景観がいずれも甲乙つけがたく、次点にミステリアス。
マーメイドの景色はなんかランドっぽい、アラビアの景色はなんか怖い(あのシャランシャランした音楽とかがちょっと怖くて たぶん半分はアルカイダやISISのせい)ので、個人的にあまり好きじゃないエリアなのですが、アラビアはたまーに、こういうふうに角度によってとか、あるいは思わぬ小道にとか、視点が変わるとふいに心惹かれる景色に出会うことがありますね

避暑地で涼んで出てくると、時刻は11時半になるところ。
レイジングFPの乗車時間であると同時に、次のFPが取れる時間でもあります。
ママは一昨日のレイジングで決定的に体調不良になったので、今日もレイジングは念のためパス 
なので男衆が乗っている間、ママは次のFPを取りに行くことにします センターかインディ、どっちがいいですか男衆? あもちろんタワテラでもいいですよん(これは今回、KKが非常~に(なぜか家族全員で)乗りたがっている一方、Uが断固拒否していて、旅行中隙あらばKKとUの間で勧誘合戦が繰り広げられているアトラク
スマホで発券状況を見てみると、インディのFP14:30~15:30。センターのFP18:50~19:50。
ここから近くて、比較的すぐFP乗車できるのはインディの方だけど、インディFP取っちゃうと2時間後には、センターFP終了してそうだなあ。逆にインディFPなら、センターFP取った2時間後でもまだ残ってるのは確実。
てことで、ママはミステリアスアイランド行き決定。んじゃセンター前で待ち合わせね

DSC_1206[1]_convFPert_20150819084813

時に立ち止まってあちらこちらの景色を眺めつつ、火山の麓へ向かいます。
しっかし今日は暑いな~~~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランド夜編

7/30(木)20:10
エレパレが終わったら、夜の乗り放題タイム♪
狙いは、リニューアルしたジャングルクルーズです

しかしスマホサイトで見てみると、まだまだSB40分。
「新ジャングルクルーズは夜がキレイ」と聞いてやってきた、私たちのようなご新規さんが大勢いると見ました
じゃあもう少し後にするか、ということで、もう1個のお目当てであるこちらへ。

DSC_1168[1]_convert_20150814121811

スターツアーズ5分待ちです。
こちらはストームライダーに並んで我が家の男衆大好きアトラク 昼はぼんぼんFP出してて、日が落ちればSB5分になるという運営状況もほぼ同じ。
今回のスターツアーズも、「夜になったらFPいらずだから」と、昼間のSB30分の間は別のFPを取りつつ、乗るのをガマンしていたのでした

しかしママは確実に酔うので、乗るのはパパKKUで。
これは待ち通路から内容まできっちり作ってあるアトラクなので、たとえSB5分でも、男衆が乗り終わって出てくるまで20分はかかります。酔いさえしなければママも大好きアトラクなんだけどな~

待ち時間の間、そういえば夕飯まだだったな、と思いついて、トゥモローランドテラスでハンバーガーを買っておきます。
14時過ぎにクリパレで食べ放題したせいか、ママはまーだお腹がすかないので、とりあえず男衆用にビーフとチキン1つずつ。ここのハンバーガーは、パンも分厚く中身もしっかりしていて、マックよりは全然おいしいと思います
ソフトランディング前に戻って、ソフトクリームを食べるべきか食べないべきか、などと悩んでいると満足げな顔の男衆が帰還してきました。
なんでも今回は、レイア姫あり、ヨーダありで、最後は皆が出迎えてくれるというエンディングだったそうです。Uいわく「今までで一番面白かった!」とのこと

時刻は20時40分。ハンバーガーを食べ歩きしながら移動します。
と言っても、パパもやっぱり「バイキングで食いすぎた」と手が伸びず。KK&Uもあまりお腹が空いていないようですが、「一口食べてみたい」と試しにかじってみるKKと、にーちゃんの真似なら何でもしたいU。
歩きながら2人の間で、ビーフとチキンのハンバーガーが行き交い、結局2つともぺろっと完食したのみならず、「チキンの方がおいしいね もっといっぱい買ってくればよかったのに」
「よく食うなあ」「食べ盛りってやつだねえ」と苦笑いする、少食年寄りチームでした

さてトゥモローランドからシンデレラ城方面に出ると、ワンスアポンアタイム真っ最中
しかし「ショーを立ち見」という概念はまったくない我が家
考えるのは「今ならワンスの最中で空いてるんじゃないか?」のみで、ワンスをチラ見しながら通路を横切ってジャングルクルーズへ向かいます。

DSC_1170[1]_convert_20150814121906

横切りながらの我が家の感想、「このショーってここからでも充分じゃないか?」
通路だからなのか、わりと皆さん、前の人との間隔空き空きで見てらっしゃるんですよね。横切るのに人と触れることがないくらい。
なので目の前を人の頭で遮られるってこともあまりなく、たとえあっても別な場所へ移動可能という感じで、比較的見やすい状況な気がしました。もっともこれはあくまでも、「ショーが終わったら混むから急げ」とチラ見で通過、しかもそれでけっこう「見た」ことになってしまうという、ショーよりアトラク派の感想ですが

DSC_1173[1]_convert_20150814122123

そして到着した新ジャングルクルーズは、期待通りSB20分
とはいえ我が家的には、けっこう長めの待ち時間です
が、この後はビッグサンダーFPもあるし、ワンスの途中でこの時間なら、たぶんこの後もそんなに短くならないだろうということで、並んじゃうことに。たぶんこの時が、今回のTDR旅行中一番長い待ち時間でした。

並んでる時に、突然KKが「あれっ!背負ってたリュックがない
言われて初めてその他3人も「あれっ!そういえばなくなってる
けっこうデカいリュックなのに、揃って気づかないもんですね~
KKいわく、スターツアーズに乗るまでは背負っていた、スターツアーズで降ろしたことを覚えているとのこと。
じゃあスターツアーズか? と、すぐにでもトゥモローランドへ確かめに行きたい心境になりますがせっかくのジャングルナイトクルーズも捨てがたい。 今を逃すと時間的に、ビッグサンダーで終了になっちゃいそうだしなあ
協議した結果、「大丈夫、TDRなら忘れ物はほぼ戻ってくるから」と、今までの経験から無理やり安心して、とりあえずジャングルにとどまることに。

不安なことがある時特有の、胸のゾワゾワを抱えながら行列に並ぶことしばし。
しかし船に乗り込むと、ゾワゾワを忘れてワクワクし始めるのはディズニーマジック?単純なだけ?
夜がキレイとの新ジャングルクルーズ、乗ってみた感想は、確かにキレイでした~ 特に前評判が高かった蛍のシーンや神殿などは、やっぱり「おおっ」と感動するくらい、一番印象に残ってます。
(写真撮影OKなので、ここらへんいっぱい撮ったのですが、見事にピンボケで お見せできないのが残念です)

別な意味でもう1つ印象に残ってしまったのが、これまたTVなどでよく紹介されていた、ライオンキングのシーン。
私はこの歌のオープニングとサビが好きなので、「おおっ!」度もひとしおだったのですが、同時にナレーションに「んん~?」とも
このシーンは、壮大なサークルオブライフをBGMに、シマウマが殺されちゃってるところなんですが、その時のナレーションが、「これはみんな役者さんなんですよ~。皆さん熱演ですね~」(うろ覚え)

何ごまかしてんのよ。なんで「シマウマさんに合掌チーン」の方向に行かないのよ。
という違和感が、自分の中でどーにも生じてしまって消化できず
いやもしかしたらこのナレーションは、別に自然の掟をごまかしてるわけじゃなく、自然の掟を知り尽くした上でのジョークなのかもしれませんけど。BGMを利用して「ライオンキングの実写版なんですよ~」みたいな。あともちろん「子供向けの配慮」と。

でも個人的にディズニーものってけっこうイジワルというか、例えばホーンテッドマンションやカリブの海賊のあれこれとか、あるいはこのジャングルクルーズでも、サイに追い詰められてる探検家とか、首持ってる原住民とか、わりと笑えないシチュエーションをジョークとして見せちゃうという、実にブラックな笑いを散りばめてあるのが特徴で。
しかもそれを、子供が遊ぶ遊園地で「夢と魔法だねハハッ」とか言いながらやってるのが念入りにブラックだわ(でもそんなところが良し)。
と思ってたので、なーんか違和感というか残念でした
何より、「これを演技というのは、ジョークじゃなくて単なる「嘘」だろう。子供にもシマウマにも失礼だろう」的な、たかがアトラクのナレーション1つにそんなムキにならなくてもという、我ながら青臭い感想まで湧いてしまうのが困りもの

DSC_1183[1]_convert_20150814122145

軒並みピンボケの中、唯一ピントが合ったのがこの果物屋さん↑なんですが、これももうすっかり「果物屋」さんに転職しちゃったんですね 「ON SALE」なんて看板まであって。
まあ果物屋さんの登場以来、「みんな役者さんなんですよ~」方面へ行くのは既定路線だったのかもしれませんが。
個人的には「子供向けの配慮」というならむしろ、あの探検家の方を「みんな役者なんですよ~」にしてほしかったわ。中身子供としては、あれはかなり怖いシチュエーションなのよね~救いがなくて
(しかしそう思うとカリブの海賊なんて、よくあの内容のまま残してあるなあ

そんなこんなで、色々な意味で印象に残ったジャングルナイトクルーズを終えて
速攻トゥモローランドへ戻ります
時刻は21時過ぎ。おそらく1時間前にここに置き去りにしたと思われるKKのリュックは、果たしてあるや否や!?

相変わらずSB5分で、リニューアル前のように人影がないスターツアーズのキャストさんに、用件を伝え、特徴を伝え、時間や座席の位置などを伝え。
「あ~ハイハイあれね~」
と、すぐに判明するかと思いきや、意外と時間がかかり
他のキャストさんを呼んで報告を受けたり、中に入って出てきてはまた入ったり、再度特徴などを聞いてどこかへ連絡したり。
あれ? もしやリュック消失?? あんなに大きいもんがすぐ出てこないってことは、誰か持ってっちゃった???
「TDRならほぼ出てくる」と思ってただけに、ショックも大きく
しょうがないか・・・とあきらめかけた時、キャストさんがリュックを手に、「これですね~」と登場 それです! わあありがとうございます

やっぱりTDRでの落とし物・忘れ物帰還率は高いですね 
キャストさんの見回りなどのシステムがきっちり行き届いているのか、はたまたゲストの皆さんが夢の国にいて心優しくなっているのか
そして、昨夜の救護室行きの時も思いましたが、「何かあってもTDRならきっと大丈夫 ちゃんとしてるから」という安心感・信頼感がゲストの方にも、というか少なくとも我が家には、今までの体験から培われているんですよね~。
ゲストにそう感じさせるって、すごく重要なことだけど、実現するのはすごーく大変なことだと思います 

そして時刻は22時前。
FP使って、本日最後のアトラク・ビッグサンダーへ行きましょう。

DSC_1453[1]_convert_20150814122313

ママはもちろんお留守番。
男衆を見送って、そのままビッグサンダー前で座って待っていたら、やがてパーク中に「東京ディズニーランドは、まもなく閉園いたします」のアナウンスが。
しかしまるで朝の10時のように、お客を中に入れるキャストさん。「ビッグサンダー、まだ入れますよ~。乗りませんか~」との呼び込みまで
乗り終わってきた若人たちが、「まだ乗れるって!乗ろうよ!」と、退出口からSBルートまでダッシュして連続乗りするのは、「これぞ若さ」って感じでうらやましいですね~ 
そんな中、ついに「東京ディズニーランドは、本日閉園いたしました」のアナウンス
しかし驚いたことにキャストさん、「ビッグサンダー、まだ乗れますよ~」
なんでも今日は、昼間一時運営休止していて(確かに我が家もスマホで見ていて、「まだ復旧しないな~FP大丈夫かな~」と気をもみました)、そのお詫びに終了時間をちょっぴり遅くしていますとのこと。へ~すごいなあ
22時を10分くらい過ぎて、ビッグサンダーのゲートも閉まり、男衆も帰還。
夜のビッグサンダーはすっごくキレイだったそうで、去年までは苦手っぽかったUが、「明日も乗る」と息巻いていました

明日あさっては両パーク行き来OK。しかしなーんも決めていません
ホテルのコンビニで、ビールやスープパスタ、レトルトお茶漬けなどを買い込んで。
最初はどっちへ、FPは何を取る、等々、明日の予定を話しつつ。
2日目の夜は更けゆきます

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランドエレパレ編

7/30(木)19時頃
ランド再入園します。
パークは灯りがともり始めて、刻一刻と夜の闇が濃くなっていくところ。
入園口には輝く「The Kingdom of Dreams and Magic」

DSC_1140[1]_convert_20150814120910

「Dreams and Moneyの間違いじゃないの」
などとひねくれ一家は冷笑しつつ入園後はトゥモローランドを目指します。
狙いはリニューアルしてキレイになったという噂の、エレクトリカルパレード
根性なし一家は、いっつも手近なトゥモローランドで鑑賞です

DSC_1141[1]_convert_20150814120928

通りかかったモンスターズ・インクは、なんとSB35分
イマイチ空いてるのか混んでるのかよくわからなかった今日のランドですが、やっぱり空いてたのかな~? それともモンインの人気がなくなっただけ?

さてエレパレですが
我が家はいつもスタージェットとトゥモローランドテラスの間あたりで見ることになってます
たぶん、パレード到着時間が遅かったり背後のレストランが明るかったりで、ここら辺の人垣が比較的薄いので、遅くに行ってもわりと前の方で見れるという、根性なしな理由によると思われます
今回も吸い寄せられるようにスタージェットに向かっていき。
スタート30分前を切っても、ここら辺はまだ座り見2~3列目。
根性なしには相変わらずラクな場所でしたが、はっきり言ってここはオススメできません
というのも、始まってからわかったのですが、ここはちょうどスピーカー同士の狭間にあたるのか、2つの音が混ざっちゃうんですよね~~
向こうのスピーカーが始まりの音楽を鳴らしている時に、あっちのスピーカーではまだ園内BGMを流していたり。ブルーフェアリーが、あのエレパレテーマ曲をバックに現れたと思ったら、あっちのスピーカーでは今頃ファンファーレが鳴り響いたりといった具合で、非常ーに気持ち悪かったです 

しかし、リニューアルしたフロートが次々と目の前にやってくるうち、いつしか音楽の不具合は気にならなくなり。
というか耳が勝手に、シンクロしている方の音楽だけを拾うようになり(?)
気づけばどっぷりとエレパレに浸っていました♪
撮影係のパパはもちろん、Uもパパからガメてきたカメラで何やら撮影

DSC_1144[1]_convert_20150814121040

やっぱり、エレクトリカルパレードと言えば、これですね!

TOKYO DISNEYLAND ERECTRICAL PARADE
DREAM Lights

ああ今ランドにいるんだわ~~~

DSC_1148[1]_convert_20150814121104

写真はぼけぼけだったので載せませんでしたが最初のブルーフェアリーや光の騎士の時点で既に、「おおっリニューアル大成功」と感動!
羽や発光がすっごくキレイで、目を奪われました。

DSC_1152[1]_convert_20150814121153

リニューアルしたエレパレで一番印象に残ったのが、先頭のブルーフェアリーチームとともに、中盤のピーターパン。
この海賊船がかっこいい~~~
赤バックのドクロが、カリブの海賊っぽいんですよね♪

DSC_1153[1]_convert_20150814121211

前から見ても横から見ても、去って行く後ろ姿も、全方位的にかっこよかったです

DSC_1154[1]_convert_20150814121246

トイストーリーやモンスターズインク、アラジンなど、この前のリニューアルで加わったフロートは、元々がリニューアル済みみたいなもんなので、新たな感動はさしてなく
この旧リニューアルグループの中では、個人的にはクラッシュ&ニモが好きなのですが(フロートがじゃなくて、映画がね ほんとに、煮物アトラク・・・じゃなくてニモのアトラクが独立してできるんなら、こんなにうれしいニュースはなかったのにな~)、なんだかニモパートのとこだけ地味で小さいフロートに感じて、こないだリストラされたカタツムリフロートみたいに見えてしまうのが残念でした

DSC_1157[1]_convert_20150814121327

ラプンツェルは、映画を見たことないせいか、これまたさほど感動はなく
「うん、きれいだね」という感じ。

DSC_1159[1]_convert_20150814121354

そしてトリを飾る、イッツアスモールワールド!
序盤のブルーフェアリー&騎士、中盤の海賊船に続く、感動フロート群でした

DSC_1161[1]_convert_20150814121551

最初はね、「おお!きれいになった!!」という普通の感動だったのですが。
それに加えて真っ白に輝く時の美しさ、そこから色が戻った時の美しさなどなど・・・が合わさるともう最高

DSC_1162[1]_convert_20150814121608

DSC_1164[1]_convert_20150814121626

この月と太陽の新デザインは、ひときわ気にいりました

DSC_1165[1]_convert_20150814121702

特に太陽のデザインがとてもツボ
以前はBGMでようやく「そういやこれスモールワールドパートだっけ」と思い出すような感じでしたが、この太陽のおかげでかなり「おおこれぞイッツアスモールワールド」という感じに

DSC_1166[1]_convert_20150814121720

ああ~、終わっちゃったな~~

DSC_1167[1]_convert_20150814121740

終わりの寂しさを吹き飛ばすように、さあ夜の乗り放題へ繰り出しますよ~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランド午後編

7/30(木)13時頃。
ホーンテッドFPの時間ですが、その前にお昼を食べようか?
と、あちこちのレストランをちら見しながら、トゥモローランドからファンタジーランドへ向かいます。
しかしこの時間はランチタイム真っ只中! 当然ながらどこもけっこう混んでます。
通りかかったKKが「ここ雰囲気良さそうじゃない? 入りたい」と言い出し、Uも「えっバイキング? Uもバイキングがいい」と乗ってきた「クリスタルパレス」は、行列ずらりでSB30分。
「なんでこんなに混んでるの?」と我が家が毎回不思議がってる「クイーンオブハート」も、もちろん外まで行列。ここは11時頃、スモールワールド乗ってる頃から行列ズラリで、なぜそんなに人気があるのか、ほんとに不思議です

けど2人とも、そんなにクリスタルパレスに食いつくなら、PS取っとくべきだったかな~。
今年は食費を抑えるべく、PS取れるレストランは予定なしだったからね~ そもそも気づいた時には、ランドシーともに全レストラン全時間帯で満席だったし
唯一PS取ったのはシーのカナレットだけど、これも出発2週間前くらいになってKKが「あそこよかったよね~。また行きたい」と急に言い出したため
こちらは幸い、出発2日前くらいにぽこっとキャンセルが出たのでなんとかPS取れたけど、それ以外はほんとに、いつ見ても、「パーク内の全レストランの全時間帯満席」でした(パーク外のホテルレストランはまだOKでしたが)。

しかしどんなレストランも、時間帯をずらせば待ち時間なしなのはTDRレストランの法則
クリパレも、13時台で待ち30分程度なら14時には待ちなしになってるはず。
ここはレストラン後回しで、まずはホーンテッドFPに行きましょう 

DSC_1098[1]_convert_20150814092026

というわけでやってきたホーンテッドマンション。
意味なく青髭の墓碑を撮ってみましたがこういう小ネタが散りばめられていて、物語を知っている人のみ「おっ」と気づくところが、いかにもTDRのアトラクションという気がします
ちなみにママは子供の頃、気づけばストーリーを知っていた「青髭」ですが、パパKKUは知らないそう へ~ママは女子の間で怪談が流行った時に、この話も出てきたもんだけど(他にも「早すぎた埋葬」とか「なんとか夫人(名前失念)」とか、ヨーロッパ怪奇趣味系の話でけっこう盛り上がった記憶が)、男衆はあんましそんなことはないのかしらん?

ホーンテッドマンションの中身は相変わらず、何回乗っても心惹かれる造形です
今回面白かったのが、最初の「伸びる絵」の部屋からライドに乗る時。
皆が出るのをのんびり待ってから退室したら、当たり前ですが一番最後。背後はもちろん前方のライド乗り場まで、我が家以外人がいない状態になっちゃって
これがもう、ゾワゾワしましたね~♪ ゴシック的な装飾も効いていて、背後を振り返っては「なんか後ろに誰かいそう」「これぞホーンテッドマンション」と、本来の雰囲気堪能しました

ホーンテッドを堪能して、出てきたら14時。
クリスタルパレスに行ってみたら、案の定行列なし
待ち時間ももちろんなくて、すぐテーブルへ。

DSC_1099[1]_convert_20150814115302

ここは数年前の夕飯で、一度入ったことがあります。
その時もPSなしでしたが、20時半頃でやっぱりガラガラでした。
お料理は「まあ普通のバイキングかな」という感じですが、店内の雰囲気がいいんですよね♪ 欧米列強による南方植民地文化っぽくて(と、意味なく雰囲気悪くなりそうな言葉を使ってみる

DSC_1101[1]_convert_20150814115343

お料理は、和洋中ホットミールコールドミール・・・と、必要なものは一通り揃っている感じ。
驚かしはないけど安定の万人向けといったお料理が並んでいて、我が家のようなバイキング好きにはほどよく満足 もっともパパは「明治のくせにヨーグルトがない」とボヤいてましたが
そうよねえ、せっかくスポンサーなら、ホテルの朝食みたいにヨーグルト取り放題とか、牛乳使った料理やスープ増やすとか、「That's 明治」的に宣伝かねて個性を出してもいいと思うわ。
ともあれ、ママはいまいち食欲が戻らないのでサラダ系専門でしたが、男衆は煮込みやローストポークなど、肉系がうまいといっておかわりしてました。

DSC_1100[1]_convert_20150814115324

細かいメニューはもう忘れちゃいましたが 普通の「ビーフカレー」の他に、子供向けに「甘口カレー」があったこと、及び補充がえっらくこまめで、中にまだ1/4くらい残っていても新しく取り替えたりしていたのが印象に残りました。そうそう、ケーキの種類も豊富で、ちょっとした「ケーキ食べ放題」みたいなお皿になってる人も見かけました(食欲なかったのが残念

DSC_1102[1]_convert_20150814115359

満腹になって外へ出ると、ちょうどお店の前を夏祭りフロートが通っていくところでした。
わあまたキャラに会えちゃった♪

DSC_1110[1]_convert_20150814115520

そしてまた水を浴びせられる
ほどよく濡れて、楽しかったです

DSC_1105[1]_convert_20150814115502

さて時刻は15時。
次はビッグサンダーFPですが15:45~なので、微妙に時間が余ってるな~。
じゃあ近場で空いててUが好きな、あのアトラクへ行ってみましょうか。

DSC_1113[1]_convert_20150814115544

Uのみならず皆が大好き、カリブの海賊
これもホーンテッド同様、何回乗っても飽きない、長老アトラクですね~。ま年1ゲストなので飽きるほど乗ってないってのもありますが
個人的にこの中で一番好きなのは、リニューアルしてできた、天井が高くて海賊船同士が戦っているあのシーンです。いきなり空間が広くなって、海賊船がやたら存在感あるのと同時に、映画の荘厳なBGMをガンガン鳴らしていて、すごくカッコいい

DSC_1115[1]_convert_20150814115644

カリブを堪能して、ビッグサンダーへ向かうと15時半。
FPまで、まだ15分ほどあるので、向かいのシューティングギャラリーで一遊び
KKは日頃のゲームのたまものかこういうのはめっぽう上手で、見事に全弾命中させてました
(そしてバッヂはUのものに

DSC_1116[1]_convert_20150814115659

やがて時間になったので、男衆はビッグサンダーへ。
ママは酔うのが怖かったので待機です。
余談ですが、子供たちの気遣い方もそれぞれで、KKは「乗ってみようよ。ビッグサンダーなら連続乗りじゃなかったらたぶん大丈夫だよ」と、1人待つ寂しさの方を重視して、ママのやる気を引き立てる方向。Uは「ママ乗らない方がいいよ。また気持ち悪くなっちゃうよ」と、酔った時の苦しさの方を重視して、安全志向で禁止する方向。この違いは性格の違いなのか、はたまた親が知らず知らずのうちに違う対応をしていたのか??

DSC_1119[1]_convert_20150814115816

とりあえず、ママは念のため乗らないで、男衆が乗ってる間、古きアメリカ西部をお散歩して過ごします。
ウエスタンランドは、表通りも素敵ですが、川べりに行くとまた素敵

DSC_1118[1]_convert_20150814115759

人が少ないこともあり、落ち着いていて、独特の風情があります。

DSC_1117[1]_convert_20150814115717

やがて「楽しかった~~♪」と、男衆が戻ってきました。
ビッグサンダー好きなKKや、最近ジェットコースターOKになったパパはもちろん、去年までは「好き」と言いつつ腰が引けていたUまでもが、「面白かった!!」「もう1回乗りたい!!」
ちょうど21:30~22:00という最終FPを発行していたので、一応取っておくことにしました。
たぶんその時間ならSBでも待ち時間なさそうだけど、昨日のセンターが21:40でSB終了だったのを思うと、22時ギリギリに行っても確実に入れるのはありがたいかなと。

さて時刻はそろそろ16時。
他に乗りたいもの、すなわちロジャーやスターツアーズなどはまだ待ち時間長いので、夜廻し。
これは避暑地でしばしお休みかなとホテルへ向かいます。
今年は曇り気味で、去年より日射しがきつくなく、歩き回るのは比較的ラクなのですが、そうはいっても中休みできるのは身体にとって格別にラク♪
ついでに入り口付近のお土産屋さんで、出発前からUのご所望だったスティッチぬいぐるみをお買い上げ。
「おもちゃは各パーク1個だけ」とお約束しているので、念入りに、お店中をくまなく見て回ってUが吟味している間、ヒマをもてあましたママKKは、「わさわさ動くスティッチが群れをなしてオラフを取り囲むの図」とかを作って楽しんでました

DSC_1121[1]_convert_20150814115901

がら~んとした空間を夏の蒸し暑さが包み込んでる、夕方間近のディズニーランドステーションから

DSC_1123[1]_convert_20150814120053

シーが向こうに見える、ベイサイドステーションへ。

DSC_1129[1]_convert_20150814120143

冷房効いたお部屋で、夜のパレードまでゆっくりしましょうね

DSC_1137[1]_convert_20150814120259

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランド午前編

7/30(木)11時頃。
ランド入園です。

DSC_1073[1]_convert_20150814114625

基本シー好きなママですが、このゲートを見るとやっぱり、「おお来たな~~」とテンション上がるものが
まずはKKの希望により、スペースマウンテンFPを取得します。
この日は11時に取って、11:50~のFPでした。

DSC_1075[1]_convert_20150814091128

スペースマウンテンのくせにSB90分は混んでるけど、スペースマウンテンとはいえこの時間に次のFPが1時間後とは空いてるな~。
って結局、混んでるのか空いてるのかどっちなのかという
そうそう、トゥモローランドに来たついでに、ワンスの抽選もしていきましょう。
もっともこれは、去年3回抽選、うち1回はこの抽選のためだけにランドとシーを往復したにも関わらず、3回ともはずれたというシロモノ
なので、まあ今回もダメだろうねと言い合いながら「スタート」ボタンにタッチしたら、案の定はずれーー
皆「やっぱりな」と、さほどがっかりもせず、もはや諦めの境地です。数年後に人気が落ちるのを待つしかないですね

さてじゃあスペマンまで1時間、どこにいようかな?
とりあえずシンデレラ城方面へ向かい、お城の周辺で売ってるリトルスティッチまんみたいなのをつまみ食いしながら、そこらのエリアをうろついてみると、イッツアスモールワールドが10分待ち。
いつも20分待ちなので、「空いてるね」と入ろうとしますが、KKが難色を示します。「ここって20分待ちとか言って、いっつも長くなるんだよ~。今回も中はきっと混んでるよ」
確かに10分待ちの割にはベビーカーがずら。しかし他に乗るものもないので、入口のキャストさんに「ほんとに10分ですか?」と念押ししてから入りました(「ほんとに10分です」と力強く返してくれたキャストさんの手前もあり

結果はほんとに10分でした
スイスイ進んで、「やっぱり今日は空いてるんじゃない?」と言ってたら、塩素臭漂うエリアまでたどり着いてびっくり、乗り場が4ヶ所、フル回転(いつもは2ヶ所くらい)。う~ん今日は果たして混んでるのか空いてるのか?

DSC_1079[1]_convert_20150814091231

乗り場がフル回転だけあって、スモールワールド内は船が大渋滞
元々がゆったりアトラクですが、いつにもましてゆ~ったりと見て回ります。
しかしいつも思うんですけど、最後が真っ白になって言語も統一ってどうなんでしょうね それまでの地域色豊かな色鮮やかさが消え去って、無味乾燥な白一色になるよっていう、実はすごい皮肉を込めて作ったのかしらんとか
なまじ渋滞して船が停まり気味だっただけに、そんな余計な裏読みまでしてしまった今年のスモールワールドでした だってほらディズニーピクサー映画とかなんて、けっこうそういう二面性があるというか、裏メッセージが込められていたりするじゃないですか。まピクサーとディズニーとは思想も時代も別物なのかもしれませんが

DSC_1080[1]_convert_20150814091343

出てきたら11時50分。次のFPが取れる時間です。
すぐお隣&我が家みんな大好きアトラク&この次のFPもすぐ取れる時間帯ということで、ホーンテッドFP取得。
時間は12:45~と、やっぱり1時間後には次のFPを取れる算段。
極力並びたくない一家としては、いかに次々とFPを発券していくか&どの時間帯でFP2時間待ちの人気アトラクを組み込むかが勝負という感じになってくるので、ホーンテッドやスターツアーズのように、たとえSBが30分切ってようと、1時間後のFPだろうと、構わず黙々と発券し続けてくれるアトラクはうれしい限り しかも決してつまんないアトラクじゃない、どころか我が家ではランドアトラク上位の人気を保持し続けてるアトラクですからね~

ちなみにホーンテッドSB、この日は常に25分という感じ。
例年40分くらいはあることを思うと、う~ん今日はやっぱり空いてるのかな? そしてこのSB時間でもFP出すなら、SB40のロジャーにもFPつけていいんじゃないかな?
さておき、ホーンテッドのFPが取れたということは、スペースマウンテンFPの乗車時間になったということで。
トゥモローランドまでお散歩がてら戻ります。

ピーターパンはいつの間にか工事中になってました。
これは単なる改装? それとも新ファンタジーランド建設の一環?

DSC_1081[1]_convert_20150814091521

お城の裏側から、夏祭りがチラ見できました。
男衆が水かけ好きじゃないので、今年の我が家はランド・シーともに水かけ参戦予定なしです。数年前は必ず持参したカッパも、もはや持ってきてないという

DSC_1082[1]_convert_20150814091545

トゥモローランドでは、スティッチバケツが売っていて、Uがさっそく食いつきます
我が家全員、長らく「スティッチってどこがいいの?」状態だったのですが、エンカウンターができたあたりから、なぜかUが急に「スティッチかわいい」病を発症
まあUは、我が家で唯一「ダッフィーかわいい」病でもありますから不思議はないのですが、おかげで出発時の「必ず買うリスト」に、スティッチバケツ&スティッチぬいぐるみもランクインしてしまい。
このたび無事目的を1つ果たせて、満面の笑みのUでした う~んでもやっぱり、どこがかわいいのかわからない

DSC_1083[1]_convert_20150814091606

スペースマウンテンは、U=怖い、ママ=酔うということで、パパKKで乗ります。しかもママU分のFPを使って連続乗り
ママも昔は、ランドでいっちばん好きなアトラクだったのになあ というか、今でもママ的ランドの中ではスペシャルな位置にあるスペースマウンテンなんだけど、それが「酔うから乗れない」になるなんて、なんとも残念です。正確には、それほど個人的スペシャルなアトラクであってももはや、「たとえ気持ち悪くなってもいいから乗りたい」という無用な情熱を燃やす気がなくなってるのが、なんとも侘びしく残念というか

DSC_1084[1]_convert_20150814091623

パパKKが乗ってる間、ママUはビッグサンダーのFPでも取りに行きましょうか。
と、の~んびりウエスタンランドへ向かいます。
通りかかったスティッチ・エンカウンターはさすがの混み具合。
でもオープンしてまだ2週間の夏休みでSB80分って、意外と大したことないな~。モンインなんて200分超えてたもんね確か(トイマニは言わずもがな)
スティッチ愛に溢れているUも、これには入りたくないそうで。なんでも「指名されてお話なんてヤダーー」なんだそうです スティッチ愛に溢れてないその他家族には、このFP取らなくていいのは助かりますが
ちなみにこの「指名されてお話するアトラクのどこがいいのか」という感覚は、我が家の男衆全員がそうで おかげで我が家はタートルトークも1度入ったきりです。クラッシュ自身はいいキャラだと思うんだけどね~

DSC_1085[1]_convert_20150814091642

トゥモローからウエスタンへ行く道は、夏祭り開催中につき通行止め
警備しているキャストさんに、他の行き方を聞いてみたら、「ここを通るのが一番早いですね。もうすぐ終わるので少しだけ待っててください」
Uは「ええ~」ですが、ママは水かけ決して嫌いじゃないので、「ラッキー♫ チラ見していこう」

DSC_1086[1]_convert_20150814091700

ほどなくショーは終了し、「よかったもうすぐ通れるよ
と言ってたら、こっちはフロート退出口だったんですね

DSC_1089[1]_convert_20150814091752

思いがけず次々とキャラ達を見れて、ママ的には更にラッキー♫
一方、心配性のUは「早くしないとパパとにーちゃんがスペースマウンテン乗り終わって行き違いになる~~」と一人気をもみ 大丈夫スペマンそんなに早く終わらないから

DSC_1092[1]_convert_20150814091811

さらに思いがけず、水も浴びせかけられる
我が家的には、というかママU的には、これで今年の夏祭りにも参加したことになりました

DSC_1093[1]_convert_20150814091832

そんな感じでのんびり到着したビッグサンダーは、まだ12:40。あと5分待たないとFPが取れん
仕方ないのでUと2人、スティッチの口に手を突っ込んでポップコーン食べつつ発券機の前で待ってたら、機械の前にはなにやら何度もFP取り直しては首をひねっている家族連れ。
あ、これは同じくFP発券可能時間前で、「これはFPじゃありません」の紙を印刷し続けている一見さんだな
ヒマなので、「あの~たぶんまだファストパスの発券時間じゃないんだと思いますよ」と声をかけてみたら、顔を見合わせて首をかしげる御一行。あっさてはシェラトンに引き続き外人さん!?
ここはシェラトンを思い出して英語か? と、「え~とタイム!タイムトゥあ~ゲット!ザファストパス!イズ イズ え~とノーイエット!」
と言い切った後、おお英語で文章を言えたわ~としみじみ自画自賛してたら、中の一人が「日本語でオネガイシマス」
もしや日本人!? それとも英語が通じなかった!?
いずれにしてもママ的には非常ーに小っ恥ずかしい状況ですがFPを見せつつ再度日本語で説明したら、納得した様子で去っていかれました。う~む真相はどっちだったのか
そんなことしてる間に我が家の発券時間も来て、無事ビッグサンダーのFPゲット。時間は15:40~でした。

それにしても、今年は去年に増して外人さん多数だった気がしました。
去年だったかインディ前のベンチで、右も左も前も外国語に囲まれてびっくりしたことがありましたが、体感では今年はそういうシチュエーションもごく普通にあちこちで、という感じで。
更にママ的には、今年はアラブ系の人が多い気がしたのが印象的でした。
今までもいっぱいいたのに目に入ってなかっただけかもしれませんが、なんだか今年は上から下までベールをまとった女の人を多数見かけて。しかもベールの上からミッキーの耳つけてる人多し
どうも私、「アラブ系女性のベール=抑圧の象徴」という勝手な印象(=これを偏見という)がぬぐいがたくあって。
なのでその「抑圧装置」にミッキーの耳とかついてると、「おおハジけてるなあ」と、ハジけ具合も2倍増しに見えてしまうんですよね ハジケてる人を見るのは好きなので、いい光景だなあなんて
(しかし1~2日目こそ、アラブ服を見て「あんな服、暑くないのかなあ」と言ってた我が家ですが、この後、夏の日差しも強烈な36度超えの3~4日目にシー&ランドを歩いてたら、「あのベール日除けにいいなあ」と羨ましがるように やっぱりその土地の民族衣装って、その土地ならではの理由があってそうなってるんでしょうね)

さてトゥモローランドに戻って、パパKKと無事合流。
2回連続乗ったKKの「すごい楽しかった!!」は納得としても、最初の頃は「ジェットコースター乗ったことなくて苦手なんだよな~」なんて言ってたパパが「これ楽しいな~♫ ちょっと長いけど」と言ってたのにはびっくり 車に酔わない人は老化も遅いのかしら?
というところで時刻は13時前。次はどうしようかな?

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シェラトンでの朝

7/30(木)8時
昨日は思いもよらぬ体調不良で、せっかくのシーの夜を救護室で過ごすハメになったママ
今朝はバッチリです さっそくコインランドリーへ洗濯に行きます♫
オフィシャルホテルでコインランドリー完備なのは意外と珍しく・・・というか、シェラトンだけかも? ディズニーホテルならランドホテル、パートナーホテルならパーム&ファウンテンやエミオンなどにもありますね。
着替えが増える夏の旅行、特に連泊には、コインランドリーは強い味方です

シェラトンでは、グランカフェ横のオアシス棟にコインランドリーがあります。
エレベーターで1階まで降りたら、フロントへ向かって行きます。
この廊下、2階はミッキーポスターなんかが飾ってあってポップな感じですが、1階はシックです。

DSC_1058[1]_convert_20150814090621

この椅子から眺める景色はこんな感じ↓
この写真は2階ですけど、シーが見えます♫

DSC_1138[1]_convert_20150807081445

宿泊中、いつだったかこの1階で、立食パーティーみたいな準備をしていたのが非常に印象的でした。
KKと眺めながら「一般人は入れない、秘密クラブのパーリーかな?」とか

DSC_1139[1]_convert_20150807081509

こちらが1階ロビー。
2階とはかなり違って、重厚な雰囲気です。リゾートホテルっぽい2階と比べると、ほとんど別ホテルみたい。
1階フロアはバンケットなど宴会部門で使われることが多いので、内装もそれにあわせているんでしょうね。

DSC_1059[1]_convert_20150814090643

2階ではお土産屋さんやカー用品ショップなどがあるところも、1階ではブライダルカウンターや日比谷花壇など、いかにもな感じ。

DSC_1060[1]_convert_20150814090704

ここを曲がるとやっと反対側のエレベーター エレベーターから直進するとグランカフェです。
シェラトンはS字型の両端にエレベーターがあり、シー側の部屋からグランカフェへ行こうとするとこれだけ歩くことになります

DSC_1061[1]_convert_20150814090731

グランカフェの向かいがオアシス入口。
8時頃だとこの背面に、朝食待ちの列が階段の上からずら~りとできてます

DSC_1062[1]_convert_20150814093700

子供が好きそうなオアシスのパットゴルフ。
実際ここで遊んでる親子連れの方も散見しますが、夏は暑いこともあって比較的空いてます。

DSC_1063[1]_convert_20150814090757

まっすぐ行くとオアシスカウンター。
兼24時までやってるコンビニです。
上記のゴルフも含め、舞湯やプールなどオアシス施設利用の受付、及びペントンなどシェラトングッズやおみやげ、軽食などをここで買えます。

DSC_1064[1]_convert_20150814090820

ママは洗濯ついでに、ここで朝ごはん調達。
ちなみに2階にもドラッグストアがあり、そちらもドリンク軽食(ただしおにぎりなど生ものはなし、凍ったペットボトルは逆に2階にだけあり)などの他、医薬品や日用品、傘や靴といったお助けグッズも種類は少ないですが置いてあります。営業時間も含めて、うまく使い分けると便利です

DSC_1065[1]_convert_20150814090845

オアシスカウンター向かいの階段を上ると、ゲームセンターや子供用写真館、そしてやっとコインランドリー~(なぜか写真に写ってませんが右側の白い一画がそうです)
乾燥まで含めると、30分~1時間は優にかかるので、洗濯中はこの経路を何度か往復することになります。もうちょっと近いとよりありがたいんだけどね~

DSC_1066[1]_convert_20150814090903

そんなこんなして、コンビニ飯を食べつつ今朝のランド入園準備をしていたら、突然ドアがガチャ&「あ、まだですか」
ハウスキーピングのおばさんでした びっくりした~~~
そうよなあもう9時半なのに、いまだのろのろと部屋にいるなんてうちくらいよすみませんという気持ちになりつつも、一応一流ホテルって触れ込みなのにいきなり開室&「まだですか」はどうよと思う気持ちも一方に いやまあ単純にびっくりしたんですが

びっくりしつつ、水筒に氷をつめるべく部屋を出たら、そこにちょうど別のハウスキーピングさんが「おはようございます」。おはようございますすみません製氷機ってどこですか?
と聞いてみたら、「せー・・・ひょー??ごめん日本語わからない」
ええっ外人さん!? あ、ちょうど向こうからさっきのおばさんが来るわ何でもないですいいですすみませんでした。
で、同じことを先ほどのおばさんに聞いてみたら、「せー・・・ひょー・・・? コーリ・・・??」
ええっあなたも外人さん!? さっきの人もそうだけど、「おはようございます」とかの定型文は完璧な日本語なのに
じゃあ英語か?と、「アイス!アイスキューブ!」とかカタコト(しか出てこないのが悲しい)でやりとりした結果、「オードリンクに入れるアイスね」となんとかわかってもらえ(英単語の発音は当たり前ですが私なんかより完璧)、案内しましょうかあそこよエレベータのすぐ横と、カタコト日本語で無事教えてもらうことができたのでした。おかげでお互い笑顔になれたのに加え、3連泊中このおばさんとは、朝会えばお互い笑顔で挨拶を交わせるようになったのはうれしいおまけ

しかしそうか~、今のシェラトンって(というかもしかしたら昨今の巨大ホテル多数って)こうなってるのね~~。
いきなりガチャ&「まだですか」が妙に納得とともに、チェックイン時の「掃除が終わったら教えてください」とかの電話を思いだしたりして、ホテル内部は色々大変そうだな~、お互い意思の疎通が難しくて、細かい行き違いとか多々ありそうだな~なんて思ってしまいました。

それはともあれ
水筒OK、タオルOK、おやつのピーナツOK(誰)と、準備も終了。
10時過ぎ、ホテルを出ます。うん、今日のミッキーバスは酔わないわ

DSC_1067[1]_convert_20150814090925

ベイサイドステーションからは、工事中のベイNKホテルがよく見えました。
ついに取り壊しが始まったのね。跡地は何になるんだろ?

DSC_1068[1]_convert_20150814090943

シェラトンの入口脇も工事中です。
このおかげで、我が家の車は現在臨時駐車場にいるわけですが、なんでもこの工事、「シェラトンアネックス」を作っているんだとか

DSC_1072[1]_convert_20150814091046

スティッチのリゾートラインに乗って、さあいよいよランドに向かいます

DSC_1069[1]_convert_20150813211430

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

今年のホテル紹介・・・でシーの夜は唐突に終了

7/29(水)14時過ぎ
シーの駐車場からホテルへ向かいます。
余談ですが駐車場、いや~日陰に停められるって素晴らしいですね♫ 去年の夏は屋上で、しばらく乗り込めなかったくらい車があっつく熱されてたものですが今年はすんなり~

そのかわり(?)ホテルへ行く途中でなぜか道に迷い、気づけば昼下がりの浦安住宅街をぐ~るぐる。舞浜駅はすぐそこで、ホテルもTDRもおとなりさんってくらい近くにあるはずなのに
なのに道に1本入ると、TDRの姿どころか気配すら消え失せ、ほんとに日常ーーーの住宅街が広がってるんですねー 通学路があったり、白いタンクトップ着たじーちゃんが、玄関先で水まいてたりとかして
これはこれで、地方在住ゲストにとってはTDR的非日常を裏から味わえる感じがする楽しい体験ですが、しかしさまよい走って時刻は既に14時半過ぎ。いかんせんそろそろホテルに着きたいぞ。なんとかこの住宅街ラビリンスを抜け出せないものか

と焦るうちに突然ぽこっと住宅街を脱し、ピンクのクラブリゾート、丸い舞浜ホテルと、見慣れたオフィシャルホテル群が。あ~よかった。しかしさっきの街はいったいなんだったのか。(なんだったのかって普通の住宅街ですけど

というわけで、結果的にちょうどよい時間になった15時頃。チェックインしたのはこちらのホテル。

DSC_1132[1]_convert_20150807081317

やっぱり今年もシェラトンでした~
入口に車を停めると、荷物を下ろしてくれる人が2~3人わらわらと。
うち1人が「今立体駐車場を工事しておりまして、駐車できる台数が少なく、もし遠くに停めてもいいというお客様には、現在シャトルバスで行く臨時駐車場をお願いしております」。
あくまでもお客の自由意思で、従来通りホテル直結の駐車場に停めることも可能。だが臨時駐車場に停めれば駐車料金無料。チェックアウト後も24時まで無料。難点は、立地がシャトルバスで片道15分はかかること、及びそのシャトルバスも15分に1本程度しか出ていないこと。
等々の説明(勧誘?)を受けますが、我が家の場合「3泊」+「一度停めたらおそらく車の出し入れは帰るまでしない」=臨時駐車場のデメリットよりメリットの方が大きいと思えたので、即OK
特に「チェックアウト後も1日無料」というのはいいですね♫ 我が家はチェックアウト後も夜までしつこく遊び倒す予定なので、3泊分の駐車料金のみならず、最終日のパーク駐車料金も無料になるのは予想外の幸運に思えて

というわけで、荷物を降ろした後パパが車を臨時駐車場に停めに行ってる間、ママKKUはチェックイン。
わあこの入った瞬間のひんやり香る空気、この青と茶色の薄暗い空間、トスティーナやゲーム台(?)等々、すべてが見覚えあって懐かしいわあ あれこんなコーナーあったっけ?(意外と覚えてない

DSC_1134[1]_convert_20150807081358

15時を少し過ぎた程度だったせいか、チェックイン列はなし。というかロビー自体にゲストの姿があんまないぞ
去年の部屋が景色も広さも微妙~になんだかなだったので、空いてそうなのを幸い、今年はチェックイン時に「できればシーが目の前に見える部屋で」とお願いしてみました。
ママ的には、シェラトンといえばこの「目の前にシーがどーん」だし(だからシェラトン好きなのよね)、今回は3泊と長いので、できれば好きな景色の中で過ごしたいと。

SANY0683_convert_20110810094850.jpg
こちらは4年前くらいの写真

とはいえあくまでも「できれば」「空いてたら」で、できなかったらいいですでお願いしたつもりだったのですが、フロント係のお姉さん、すごく一生懸命調べてくれて
先輩に聞いたり、どこかに電話して「じゃ掃除終わったら教えてください」とか、なんかえらく大変そう(フロントのお姉さんいわく「3泊とも空いている喫煙の部屋がなかなかなくて」とのことでした。なるほどそうよなあ、喫煙部屋もえっらく減ったみたいだし
で、しばしの後、「シーが目の前ではないんですけど、当初の部屋よりは近いところに1室お取りできました」と無事に部屋確保 
「ただベッドが4台入っているので、ちょっと手狭かもしれませんがよろしいですか? ベッドは荷物置きとしてでもソファとしてでもご自由にお使いください。もし狭かったら撤去しますが」
撤去なんてとんでもない!ありがた~く使わせていただきます
(後に駐車券の手続きで再度フロントを訪れた時、お姉さんがこちらを覚えていて「部屋いかがでしたか? 狭くありませんでした?」と最後まで気遣ってくださいました。こういう気遣いってうれしいですね

荷物も後から届けてくれるとのことで、ひと安心してロビーでパパを待つことしばし。
30分後、パパと合流したら部屋へ向かいます。
今回は5階のスタンダード。どれどれどんな部屋かな~??

DSC_1047[1]_convert_20150807081613

おお!いいんじゃない?
(写真はくつろぎまくった後に撮った1枚なので、すでに汚部屋ですが

DSC_1048[1]_convert_20150807081730

確かに「目の前にシーがどーん」ではありませんが(むしろ「目の前にシンデレラ城」という感じ)、去年よりはシーが近くて、ママの大好きなインディの裏側とかがしっかり見えるし

DSC_1049[1]_convert_20150807081748

反対側は順番に、クラブリゾート、舞浜ホテル、サンルート、倉庫です。

DSC_1051[1]_convert_20150807081829

ベッド4台入る分、去年の部屋よりは若干広いし、1人1台ベッドが使えるのもお得な感じ♫
(と最初は思ったのですが、Uはママとの添い寝がいいそうで、結局4台目のベッドはソファ&物置と化しました

DSC_1046[1]_convert_20150807081552

アメニティはこんな感じ。
すべての部屋にレギュラーコーヒー&コーヒーメーカー完備は、シェラトンのうれしいポイント
紅茶は2種、ノンカフェインのコーヒーや緑茶のティーバック、さらにはいろはすも1日4本。
さすがに3泊分計12本持って帰るのは重いので滞在中にガンガンいろはすでコーヒー淹れてました。TDR旅行中、これが一番贅沢を感じる瞬間だったかも

DSC_1052[1]_convert_20150807081854

バスの方は、相変わらず品薄です
ドライヤーが新しくなったことと、石鹸がなくならなかったことがうれしかったかな
シャンプーやボディーソープ等は、クラブフロア以外はバス備え付けなのですが、この香りがもう「うわあシェラトンだ~」という感じで。
個人的にはシャワーが、強力ミストタイプに切り替えられるのも、シェラトンのうれしいところです シャンプーの香りもそうですが、なんか「昔ながらのホテルだな~」という感じがして。

DSC_1130[1]_convert_20150806215338

さてホテルで2時間ほど休んで18時過ぎ。
この後は、18:55~のセンターFP、19:30のカナレットPSの予定なので、そろそろシーに再入園します。
リゾートラインの駅まではもちろんミッキーバス

DSC_1055[1]_convert_20150813211305

ところがこのバスが、ママの車酔いを再び誘発
ホテルからベイサイドステーションまでは、距離が短い分、めっちゃ急角度で右に左に、ぐーるぐる曲がります。ぐええ気持ち悪い~
(普通の状態ならまず酔う距離じゃないので、車酔い体質の方もご安心を
ヨレヨレしながらなんとか電車にも乗って、18時半。
メディテレーニアンハーバーまではたどり着いたものの、ママこれ以上歩けません くそ~シーがいっちばん綺麗な時間帯のセンターが~~無念だ~~~
仕方ないので、「センターは怖くてもう無理~」と言い張るUとママはイタリアでお留守番。パパとKKでセンターに乗ったら、ここに戻ってきてみんなでカナレットへ、という予定に。

パパKKを見送り、アイス屋さんのテーブルに突っ伏したら最後、もうママ動けない~~
ほんとだったらこんな別行動時は、Uが好きな2万マイルなり、マグダックスなりあちこちお散歩して、ママUともどもシーで楽しむのに、ごめんね~U~こんな暑いところで身動きとれないまま、ただただ退屈と不安なだけにさせてしまって
汗ダラダラしながら心配そうなUが不憫で、せめて少しでも快適なところでパパKKを待とうと、19時頃、カナレットへ移動することに。
ゼーハーしながらお店に到着し、PSにはちょっと早いけど、訳を話して休ませてくださいと頼んだら、さすがTDR、ウェィティングスペースのソファに案内してくれて、袋に詰めた氷をいくつも持ってきてくれるやら、「横になっても大丈夫ですよ」「救護室へご案内しましょうか」と、いたれりつくせり
19時半頃、お店でパパKKと合流し、ママは救護室へ行くことに。男衆は食べたら閉園までテキトーに遊んでるということで、助かるわ~~

というわけで、ママは数年前の「ビッグサンダー酔い」以来の、2度目の車椅子&救護室と相成ってしまいました。
状態もその時とほぼ同じ すなわちベッドに横になった途端、めまいと震えがガクガクきてしゃべれない~~
ああランドならともかく、いっちばん素敵な夜のシーでこんなテイタラクなんて、非常ーーーに無念だ~~
救護室の中は、基本白くて静かで、ここだけTDRの時空間から切り離されてるという「別世界」感がハンパなく。
ただ、白い部屋でベッドに横たわってうつらうつらしていたら、ものっすごい爆音や轟轟とした音楽、そして「イマジネーション、ハハッ」というミッキーの大声とかが聞こえてきて、「ああ今シーにいるんだな~」という不思議な臨場感がありました。

これだけママ的には派手な症状なのにも関わらず、2時間ほど休むとけろっと治ってしまうのも、「ビッグ酔い」と全く同じ。
21時半、ひと寝入りして復活
白く静寂な別世界から出ると、目の前はオレンジ色の光が煌くメディテレーニアンハーバーです うお~非日常から非日常へ戻った~~
すっかり人も少なくなったカフェ・ポルトフィーノ前を通り過ぎ、思いついてマンマで夕飯を買っておきます。あんましお腹すいてないけど、ちょっとは胃に入れとかないとね。余ったら朝ごはんにもできるし。しかしカナレットの夕飯とはえらくかけ離れちゃったな~
ついでにダッフィーカップのゼリーも買い、マンマ前のテーブルに落ち着いて、夏の夜のあたたかいざわめきに包まれながら、なんとなく穏やか気分でシーを体感します。パパKKUは楽しめたかな~?

まだまだ行き交う人が途切れない22時近く、「センターSB、21時40分で受付終了してた」と不完全燃焼顔のKKを先頭に、男衆が帰ってきました。え~去年なんてギリギリまで入れたのに、今年は混んでるのかな~??
カナレットで食べたあれこれ、その後乗ったストームライダーや2万マイルなどの感想などを聞きつつ、ホテルに向かいます。最後だけは(KK的には)不完全燃焼だったけど、初日のシーは皆とりあえず楽しく過ごせたようで、よかったよかった
よーし明日のランドは、ママも体調万全にして挑むぞ~~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーお散歩

7/29(水)11時ちょっと過ぎ
取得したセンターオブジアースFPは18:55~19:55。
おお夜景も見れて、PSした夕飯の時間にもかからない、ちょうどいい時間だ。
けどセンター、インディやレイジングに比べてFPの進みが異様に早いな
もちろん今朝はSB停止の影響も大でしょうが、FP時間だけ見ると、センター人気ぶっちぎりという感じ。
去年の夏は、そう思ってたら意外とインディの方が混んでいたという感じだったんですが、ここら辺の予想はなかなか難しいですね。

DSC_1033[1]_convert_20150806095517

今朝はインディ・レイジングと、1時間後に次が取れるFPを優先して、ガンガンと乗ってきましたが、ここらでさすがに、次のFPを取れるのは2時間後という通常コースに。
今が11時ってことは、次は13時過ぎか~。センターはもちろん、インディやレイジングも残ってるか微妙だな~。
何より今、乗るものが何もないぞどこへ行こう?
おなかも空いたし、今のうちにお昼を食べとこうか

DSC_1037[1]_convert_20150806214056

と、ロストリバーの装飾を眺めながらやってきたのは、ミゲルズではなくポートディスカバリーのホライズンベイ。
もちろんキャラがいる方ではありません。11時のホライズン通常コースはレジまでノンストップ(どころか「やっぱりこれも取ろう」と逆行すらOKの空きっぷり)でしたが、キャラダイコースは行列が店外まで溢れていて、一目見ただけで「だめだこりゃ」と
ステーキ、フライ、サラダやデザート等々、各々好きなお皿を取って席に着きます。

ここはテーブル案内はもちろん、手がいっぱいだったり子供だったりすると、キャストさんがプレートを席まで運んでくれたりするのがありがたいお店ですね~。
しかしママは、食べ物の匂いをかぐと途端に気持ち悪くなる状態で なんとか海鮮サラダだけは食べましたが、く~~シーでパワー満点状態じゃないのが残念だ~~

お昼食べ終わってもまだ12時。
う~んFPはまだ取れないし、SBはどこも混んでる時間だし、一同そろそろ恋しくなってきたホテルも、チェックインは15時からだしなあ
仕方ない、FP取れる時間になるまで、Uご希望のちょっと涼める休憩所へ行きましょうか。

DSC_1036[1]_convert_20150806214119

再びロストリバー装飾を眺めながら、プラプラと歩いて。
やってきたのはアリエルのプレイグラウンドです
お疲れKKとレイジング酔いが治らないママはここにへたりこみ、今年はパパがU番として頑張ってくれました
「楽しかった~♪ でもまだ物足りない」と、一周して戻ってくるもまだ元気いっぱいのUに再度つきあい、縄ばしごから細々した仕掛けまで、フルメニューをすべてこなすパパありがとう おかげでママKKともにちょっと復活
ちなみに「並べるくらいの待ち時間だったら、ついでに休憩がてら並んでみよう」と覗いてみた新マーメイドラグーンシアターは、SB50分
我が家的にとっても並べる時間じゃないので、パスしました

DSC_1038[1]_convert_20150806214235

アンダーザシーで遊ぶうち、時刻は13時。ようやく次のFPが取れる時間です。
ですが、インディFPは夕飯の時間、レイジングFPはホテルで休みたい時間にかかるのでヤメー そもそも朝からハイスピードで回っていたために、今やもう奥地まで往復する気力がないという まあここら辺の奥地アトラクは、閉園間際になればSB20で乗れるしね。
とりあえず通りすがりにストームライダーのFP14:05~を取りつつ、出口に近いイタリア・アメリカ方面へ向かいます。ストームライダーに戻る気力があれば乗るし、ホテルに行きたくなったらFPはステー これも夜には5分待ちアトラクなので、乗りたかったらその時乗ればいいしね~

DSC_1039[1]_convert_20150806214305

というわけでポートディスカバリーから、久しぶりにダッフィーエリアを通ってアメリカへ。 
いや~ここはほんとにダッフィーエリアですね~~ 確か昔は「ケープコッド」って名前じゃなかったっけ?(あ今もか しかし「ダッフィーエリア」としか呼ばぬ我が家
我が家で唯一ダッフィー愛保持者であるUと、ダッフィー愛はあまりないけど人気のショーは見てみたいミーハーママの間では出発前、「あそこのハンバーガー屋さんでやってるダッフィーショーも見てみようか」という会話も交わされていたのですが、実際に通りかかってびっくり!すんごい行列 13時というお昼時ということもあるんでしょうが、相変わらず人気なんですね~~

DSC_1041[1]_convert_20150806214328
非ダッフィーエリアも混在しているのが、独特の雰囲気を醸し出してるんですよね

そして久しぶりのアメリカは、わ~~やっぱいいな~~
大好きなここら辺の景色の中を歩いていると、早朝のミラコスタを見た時と同様、シーにいる実感がわいてくるのと、夢みたいで実感がわかないのが同時にやってくるような、不思議な感覚が再度

DSC_1042[1]_convert_20150806214415

DSC_1043[1]_convert_20150806214439

お昼は食べたばかりですが、とりあえずどっかのお店に入って水分補給&時間つぶししよう
ということで、久しぶりのこちらに。

DSC_1044[1]_convert_20150806214500

NYデリです。
ここはサンドイッチはもちろん、トレーもポスターもアメリカっぽくて、しかも昔のアメリカっぽくて、雰囲気ありますね~♫
メニューの表示板とか、スタバや何かで見慣れた今では珍しくもないデザインですが、前は「わ~ほんとにNYのデリカテッセンみたい♫」と、すご~く感動したものです
とはいえ一同お腹はすいていなかったので、名物のサンドイッチは食べずにジュースだけ。
そろそろFP14:05~のストームライダーに乗れそうな時間になってきましたが、やっぱり「もう往復したくない。それよりホテル行きたい!」に衆議一致し。
ちょっと早めだけどチェックインしてもらうか、と車へ向かいます。
出発前、散々悩んだ今年のホテルは果たしてどこか。乞うご期待(!?)

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

センター・インディ・レイジング

7/29(水)9:10
インディFP9:50~10:50取得。
わあい開園1時間後なのに、まだ1時間足らずで次のFPが取れちゃう時間だ これはやっぱり、いかに朝トイマニに人が流れているかという証なんでしょうかね~。
今日は薄曇りにつき、あのカッとくる真夏の陽射しがなくて「去年に比べると今回は歩きやすいね~」と言いながら、次はミステリアスアイランドへ移動。
陽射しは楽なものの、蒸し暑さは強烈で、火山のひんやりした洞窟の中に入ると無条件にホッとします。ここに入った途端、暗がりの中ゴウーーーンという重低音が終始響いているのも、世界がガラっと変わったような、胎内回帰したようなで、なんだか落ち着くポイント♫

朝は停止していたセンターですが、今は無事復旧。
みんなでFPエントランスから入ります。
我が家の中では、特にママKKが、も~~うこのアトラク大っ好きで ママなんか、入り口横の岩に刻まれた炎文字のロゴを見ただけで「うわあああ」とトキめいてしまうという
KK的にはこのアトラク、「男のロマン」なんだそうです 乗ってる時のスリルも好きだけど、並んでる時のネモ船長の研究の数々とか、もうたまらないんだそうで。まあわかる気はするけどね~

DSC_1015[1]_convert_20150806094721

「そういやここを見て回るツアーがあるそうじゃない?」
と、ママがうろ覚えの豆知識を振ってみると
「知ってる!冬の休止中の時でしょ!? いつかその時期に行ってみたいな~。これとかキャストさんに解説して欲しい
と、ぱしっと食いつき いつの間にそんなことまで調べてたとは! どうやら本気で好きなのね
「この卵! これ地底世界にも出てくるよ。 この本何て書いてあるのかなあ。よくできてるなあ」
等々、皆でQラインを堪能してテラベーター。ああ足元の風が涼しいわ~♫ 作りはなんというか「いかにも騙そうとしている」感アリアリだけど(そこがまた微笑ましくてよし

DSC_1016[1]_convert_20150806094739

テラベーターを降りると、そこは地底発掘現場。KKに言わせると「男のロマンが凝縮している場」
一応女のママにはちょっとわかりませんがこの無闇に壮大な空間と機械の数々からは、確かに「もうたまらん」な雰囲気を感じ取れる気はしますね、若干
そもそも音がいいんですよね~~♪ あの入口の洞窟を満たしている重低音が、もっと存在感をまして、ドーーーーン・・・響いているのが
KKいわく「もしもランドやシーに音楽が鳴ってなかったら、景色がかなり変わるだろう」とのことですが、ほんとに、全然別物の場所に思えてしまうでしょうね~

とか言ってるうちにライドです。わあまた1列目だ~今日はなんという幸運(もっとも親は2列目ですが
「最前列は景色がきれいだよ~~やったねUラッキー」と、ちょっと怖がってるUの気を引き立てつつ出発。
あの格調高くもの悲しい音楽が流れる中、地底のヘンテコ生物をゆ~っくり見て回ります。
う~む相変わらず、肉眼で見るとちゃちい上に、ぽにょんぽにょんとか変な効果音までくっついてきて、どこまで本気で騙したいのかよくわからないレベル(そこがまた微笑ましくてよし
しかしこのアトラクが本領発揮するのはこれから! というか、この気の抜けたプロローグがあるからこそ、この後の展開がスリル2倍増し
ビービービー「火山活動発生、火山活動発生」と鳴り響くエマージェンシーコールにちょっぴりギョッとし(しかしまだまだ余裕)、心持ち暗くおどろおどろしくなった地底世界で、スピード出てきた地底装甲車の横から突然炎が (「あっつっ!!」) と思うまもなくラーバモンスターキターーーーー!! と同時にいっきなり走り出す地底装甲車あああこの「今急加速してますよ!!」と告げるヒュイーーーンというエンジン音がもう、ほんとに背筋ゾクゾクするほど辛抱たまらん!!! うおっ煙が吹き出し、周りが見えない!!!いや見えてきた!!!前方に白い光が!!!うわ来るよ来るよ右を向けキターーーーーーシーだああああああああ
と感激した途端、どだだだだーーーーんと奈落の底へ 一瞬真っ暗になるも、ものすごいスピードで緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ(それは昭和の歌謡曲)。うわーーーカッコいいーーーーカッコいいよーーーセンターオブジアースーーーーー
と叫ぶうちに、ガガガガッとライド終了~~~

いや~~ほんっっとにカッコいいアトラクだと思います
最初のチンタラから一気にヒュイーーーンと加速、そのまま超高速で駆け抜け、飛び降り、そのまま何のフォローもオチもなく終了という、この振り返りもしない潔さがなんとも男前なアトラクというか そういえば故ナンシー関さんが、当時池袋から新宿まで延びていた埼京線を「高田馬場だの新大久保だのには停まりもしない。男らしい」と評してましたが、それと同じ感動がこのセンターにもあります ってセンター=埼京線説 いやもうほんと惚れますわ~センターオブジアース

DSC_1017[1]_convert_20150806094832
降り場のこのメッセージも、ほんとそうだよなというか、そう信じて生きていきますというかで、なにげに好きです
願わくばカールじいさんの奥さんみたいな心境で息を引き取りたいとか

ママと同じくらいセンターに惚れてるKKも、乗り終わった途端「次は夜乗ろう!夜がまたいいんだよね~
だよね~ じゃ時間を見計らってセンターFPもう1度だね
さて時計を見るともうすぐ9:50。早くも次のFPを取れる時間です。
次のFPはUの希望もあってレイジング。スマホで公式見ると、こちらはまだ10時台のFPを発券中で、1時間後にはまた次のFPが取れそうです。
おおその頃センターFP取れば、今が夕方前のFP発券中だから、ちょうど夕暮れどきにさしかかりそうだ、よしよし
しかしいまだ午前中のインディやレイジングFPに比べ、センターFPは頭抜けて進みが早いですね~。まあ朝センターSBが止まってたのも大でしょうが、もしやセンター、奥地では一番人気だったり?(去年はインディの方が待ち時間長かった気がするんだけど)

DSC_1018[1]_convert_20150806094931

ミステリアスから再度ロストリバーへ戻って。
9:50、レイジングFPを取り、そのままインディに乗りに行きます。
レイジングFPはこの時まだ10:40~11:40。とはいえ待ち時間はインディともに70分で、朝は空いてる奥地といえど、さすがに開園2時間後は、もう乗り放題タイムは終了した様子。
ところでレイジングスピリッツは比較的FPの進みが遅いアトラクで、だからSBも少ない人気薄アトラクと思われているふしがありますが。
意外とそんなことはなく、SBだと結構待ち時間発生します。
これはたぶん、アトラクの性質が比較的若者向け=若者(≓FP取るより体力で長時間並んじゃう人々)が多いからじゃないかと思います。ランドも例えば、待ち時間はスプラッシュの方が長いのに、FPはプーさんの方が早くなくなるなんて現象がよく起こりますが、これも発券数の違いとともに、長時間は並べない子供連れが多いアトラクは、FPで乗る率が高いんじゃないかと。何が言いたいかというと、この推測が正しければ、FPがなくなる順序≒自分のFP取るべき順序が、ある程度導き出されるかなあというわけで

DSC_1020[1]_convert_20150806095011

さて10時頃、FPでインディに乗車です。ママは今年お初ですが、男衆は早くも2回目。
これは今までKKが飽きるほど乗って、やっとKKが飽きたと思ったら今度はUが飽きるほど乗って・・・と、親的には2倍飽きたと言っても過言ではないアトラク
(パパいわく「去年インディばっかり10回くらい乗ったから、今年のセンターが楽しい」
今年はUがレイジングに開眼したので、そんなにインディに執着していないのが幸いです。
とはいえやっぱり、乗ればよくできてるなあと感心するアトラクなのは相変わらず
ママ的には、スリルあるわりにマウンテン系ほど酔わないのもありがたポイントですね。

DSC_1022[1]_convert_20150806095057
ネモ船長のところもそうですが、こういう小道具系はいかにもディズニー流こだわりですね~

今回「へ~」と思ったのが、待ち通路で配られ、乗り場付近で回収される「安全点検の位置が変わりました」みたいなチラシ。
「おなじみの黄色いベルトを確認するより前に、一度車が動きます」という、何か深い意味があるのかもしれないけど私らからしたらわりとどーでもいいというお知らせなのですがそんなことわざわざチラシ作ってまで告知するのがまた、「なんかTDR、今までと違うわ」って感じでちょっとびっくり。

DSC_1023[1]_convert_20150806095134

乗り終わってインディ横のトイレに行ったら、新スポンサー花王による「ミッキー型の泡が出る石鹸マシン」がありました。
手をかざしてみたら、細いマヨネーズみたいなのがうにょうにょ~んと出て、仕上がりは「ミッキーと思えばミッキー・・・かな」という感じ

DSC_1010[1]_convert_20150806094512
朝一なのでこの状態ですが、夕方にもう1度行ったら、マシンの下が失敗による泡だらけでした

このあとはお馴染みの休憩所へ。
すなわちシンドバッドです。ロストから近くて涼しくてすぐ乗れるという、この利便性は何物にも代えがたい魅力アトラク(中身もそれなりに魅力ですと言い訳
今日も安定の5分待ちでしたが、入ってびっくり2列になってて、乗り場も2カ所! え~じゃあ今日はけっこう混んでるのかなあ??
インディで、ほんのちょっと酔いがぶりかえしてたママ(これはあくまでも個人的な体調不良によるもので、本来なら車酔い体質保持者でもほとんど酔わないアトラクですのでご安心を)、シンドバッドでしばし涼めて体力回復、ありがたや~
ほんとにシンドバッドっで、暑い時寒い時ヒマな時体調不良の時e.t.c.それぞれに助けてくれるありがたアトラクです。中身もそれなりに魅力ですと再度言い訳

DSC_1028[1]_convert_20150806095328

出てきたら、ジャファーとジーニーがいました。
ジャファーの人垣が薄いのでさっそく1枚
と思ったら、意外とチビッコたちに人気で見た目怖いのに。
「そういえばKK&Uが小さい時もよく譲ってもらったなあ」と、せめてもの恩返し気分で子供たちに順番を譲りながら、懐かしい思いで眺めていたら、ジャファーさんこちらに向かって厳かに手招き&キャストさん「呼んでますよ♪」
あら優し~見た目怖いのに(←しつこい)

ジャファーさんが優しいのをいいことに、未だ体調不良のママはジャファーさんの腕を杖代わりにして1枚
撮り終わった後「ありがと~~」と離れたらジャファーのやつめ、ママがつかまってたとこを、汚れを祓うように厳かに払いやがりました。くっそ
キャラのこうしたなりきり具合は、ほんとに「プロ」って感じで素晴らしいですね
そんなこんなしてたら10:40。
FP時間になったのでレイジング乗車です。
しかしインディ2回乗ってセンター乗って、合間にカーペットやシンドバッド乗ってさらにレイジング2回乗ってまだ10時台って、すごいな 例年のシー半日分が、この朝の2時間に凝縮という感じ
この密度の濃さも一因でしょうか、今回のレイジングはママ的に来ました 酔いがこれでカンペキにぶりかえし
そもそもレイジングはインディ同様、酔いやすいママも比較的酔わないアトラクだったはず。インディと違ってけっこう落ちたり左右に振られたりする本格コースターではあるものの、インディ同様スピードはないし、安全バーが上からがっしりタイプなので、体はそんなに振られないし、何よりすーぐ終わっちゃうしなので。
(その点スペースマウンテンなんか「降ろして~ぎぼちわるい~」と叫んでも叫んでも終わらないという長~いアトラク)。
しかし今回は、最初に落ちる1回目がもんのすごくふわっとすること、及び1回転した後の左右揺すぶり攻撃がテキメンに 1回転自体は全然たいしたことないんだけどなあ。
普段ならなんてことないアトラクも、前夜から続く治りきらない車酔い、及びほとんど徹夜明けや運悪くピリオド2日目といったコンディション、なのにこの真夏日戸外で歩きっぱなしの乗りまくり、さらに加齢&日頃の運動不足といったしょっぱい理由等々によって、致命的アトラクになるものですね~ 同条件の皆様、どうぞ無理せずパークを満喫してくださいね

DSC_1032[1]_convert_20150806095445

とりあえず、そぞろ歩くうちに気持ち悪さは収まって一安心。
次のFPが取れる時間になったので、さっそくミステリアスアイランドへ向かいます。目的はもちろん「夜のセンターFP」です

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

朝は奥地から!

7/29(水) AM8時
一路プロメテウス火山へ向かう我が家
目的は、男衆はセンターSB。ママはその間にインディFPゲットです
しかし、これが、遠い~~~
覚悟はしていたつもりなんですが、それにしても地球儀を超え、ミラコスタ通りを通り抜け、ハーバーに着いてもまだスタートラインというのは
気持ちは一刻も早く奥地へ到着したいところですが、ママあまりに疲れて、ゼペットさんの元でちょっと一休み

ちょうどもう帰る時間だったみたいで、扉の向こうにファウルフェローとかぞろぞろ消えていくところだったのですが、ゼペットさん、一緒に写真を撮らせてくれようと、「あの、ちょっと待って・・・みんな・・・」と一生懸命手で呼びかけるも無視されすごーく申し訳なさそうに、やさしーく私らの相手してくれたのでした。もうゼペットさんてば、素敵だわ

ゼペットさんのおかげで疲れもちょっと癒やされたママ、ザンビーニ横の階段を上りきったところに待ち受ける坂道で、再び息も絶え絶えです 酸欠のあまりゆうべの車酔いがここらでぶりかえしてきたりもして 男衆は全然余裕なのが非常ーにうらやましい!
それでもなんとか火山までたどり着き、到着したセンターはなんと一時運営停止・FPのみ発行
うおうなんてこった と一瞬ひるみますが、しかし石油の一滴ならぬTDRの朝の1分は血の一滴 「よし男衆はインディSBだ!ママはセンターFP取って後から行く」と即座に目的変更!
「わかった」と、お荷物もといママを置いていけるのを幸い、ぴゃ~っといなくなる男衆、早い ママはFP取って、気分もゆったりとインディへ向かいます。
よかった~センターが休止中で。最初にインディFP取ろうとしてたら、ママ途中でぶっ倒れてたかもしれん
ちなみにセンターFPは、9:10~10:10でした。よしよし1時間後にはインディかレイジングが取れるな♪

DSC_0994[1]_convert_20150806093808

ミステリアスアイランド方面は、案の定の空きっぷり。
ロストリバーへ向かう道すがらのポートディスカバリーも、ほとんど人がいない状態でした。

DSC_0995[1]_convert_20150806093845

の~んびり歩いたおかげで気持ち悪さもおさまり、ほどなくロストリバーデルタ到着。インディはまだSB5分でした。
とはいえ男衆が出てくるまでたぶんあと15分くらいはあるな~。どこで待ってようかな~?
おおあったあった、こういう空き時間にぴったりの場所が、すぐお隣に♪

DSC_1000[1]_convert_20150806094120

8時15分スタートで、現在8時13分、SB5分。
まだ2~3組くらいしか並んでなくて、これはチャンスだわ入ってみましょう
ママはこういうキャラグリ施設みたいなのって、入るの初めて。 というか我が家全員、ランドの「ミッキーの家」すら入ったことがないというテイタラク 食事や散歩のついでにキャラに会うのは好きなんだけど、並んでまでキャラに会うこたないだろうという一家なのよね~

で、初めて入ってわかったのですが、ここって本当に「キャラと写真を撮る場所」なんですね
って何を今更当たり前なことをですが、もっとこうベッタベタとしゃべくりあったりサインもらったり、あ~もうおなかいっぱいじゃあ最後に写真でもっていう、濃い場所かと思ってたので、けっこうあっさり写真撮っておしまいなのが意外でした。たまたま前に並んでたのがあっさりした人たちだっただけかもしれませんが
とはいえ、ちゃんとミッキーとしゃべってる人ももちろんいて、あっそういえばこういう時ってミッキーに何言えばいいんだ!?しまった~KK&Uと一緒に来てたら場が保つのに、1人じゃどうすれば!?

と、物見遊山気分でふらっと入ってしまったがために、直前になって焦ってる内に順番が来てしまい
思わず飛び出したファーストコンタクトは「初めまして。お会いできて光栄です」with最敬礼
こんな不自然なご挨拶でも、さすがスーパースターミッキー、ハグして迎え入れてくれました。もしかしたら初対面の不審者に対して、ピストルとか持ってないかボディータッチしながらさりげなく確認するという、アメリカ流ご挨拶だったのかもしれませんが
キャストさんにスマホを渡して、無事写真も撮ってもらい、またまたハグでお別れ。
さすが紳士だわ~ミッキー こういうので一気にディズニーマジックに引っかかっちゃうのよね~

DSC_0999[1]_convert_20150806094140
ちっちゃく載せてみたり

インディ前でニヤニヤと写真を眺めているうち、男衆も「1列目だった~♪」と楽しげに帰ってきました。
「見てみて♪」とママも写真を見せびらかし(しかし全然うらやましくなさそうな男衆 つい数年前まではKK&Uも、キャラを見れば駆け寄っていったもんですが)、次なるはお隣のレイジング
こちらも8時半現在、SB5分。とんとんと乗れて、まったくもってトイマニ様々です

DSC_1001[1]_convert_20150806094328

去年は夜でも暑かったレイジングですが、今年は涼しい~~♪
去年はKKがこれに散々ハマって、何度も連続乗りしたものですが、これは見た目の激しさとは違い、距離は短いし安全バーがしっかりしているしで、ママでも酔わないアトラク
なので今年はUも、お初に挑戦してみることに!
出発前は怖がっていたUも、KKにーちゃんに散々勧誘されるうち、ちょっと乗ってみようかなという気になってきたらしく。
「ドキドキする~~~」と騒ぎながら案内されたのは、おおインディに引き続きまたもや1列目
これは屋根がない乗り物なので、1列目だとひときわ景色がいいんですよね~♪ 「わあなんていい景色♪」と思った途端に落っこちるという仕組みもまた素敵
ちなみに1回目に落ちるときは、けっこうふわっと来ますね~。それ以外は(1回転自体も)さほど激しさを感じず、あのボシューっという霧の中に突っ込むときもひたすら気持ちよく 願わくばもうちょっと涼しいといいんだけど(「そりゃダメでしょう火の神と水の神なんだから」@KK)
ちょっと心配していたUは、なんとドハマリ 「もう1度もう1度」で、次にインディFPを取った後はレイジングFPと、自動的に決まりました(元からそのつもりではあったけど)
しかし、ジェットコースター系は苦手なタチと思ってたUが、これほどレイジングを気に入るとは。 子供の成長というか変化って、ほんとに突然かつ読めなくて、そのたびごとに「こっちが勝手に思い込んでた」ってことに気づかされて、あわてたりしてます。

DSC_1003[1]_convert_20150806094306

さてレイジング乗り終わって、次のFPが取れる9:10には、あともうちょっと時間があるな~。
次はインディFPだから、何かここら近辺のアトラクに乗って時間つぶしを。いやレイジング連続乗りはやめときましょうよU 後でFP取るからさ~
と、レイジングから歩いて行くと、自動的にお隣のフライングカーペットへ。

DSC_1005[1]_convert_20150806094407

こちらもまだSB5分。というか待ってる人は1組だけ。
朝早い奥地ってせいもありますが、このアトラク自体、だいぶ空いてきた印象ですね。
ママは酔いそうで、いつもなら遠慮するアトラクなのですが、せっかくだしと、今回久々に乗ってみました。
2×2の4人乗り。前列にママUが乗って高度を上げ下げ、後列にパパKKが乗って傾きをコントロール。
けっこう景色が良くて気持ちいいですが、Uが高度をぐーんと下げるたびにふわっとくるのが困りものでした。
(しかしアトラク乗るたびに酔いを心配しなきゃいけないって、もはや遊園地に来るトシじゃないってことでは

DSC_1009[1]_convert_20150806094449

なんとか酔わずにシーの景色を堪能したら、ちょうど9:10。
ロストリバーに戻ってインディのFPを取ったら、まだまだ行きます 次はさっき取ったFPで今年初センターだ!

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

5たび!東北道からTDRへ

7/28(火)20時
今年の夏も、5回目のこの時がやってまいりました
ある意味、パークにいる時よりもワクワクする、年に1度のTDRへの出発時間
今年はパパが早めに帰れるとのことで、当初は「じゃあ夕方から行こうか」「そしたらたっぷり仮眠できて楽だなー」と大人たちは言ってたのですが、子供たちは「ええ~出発は夜がいい~~」
KK&Uいわく、真夜中の高速を夜通し走り続けて、夜明けのTDRを迎えるのがまったくもってワクワクするのだそうです まあなんとなくわかるけどね~

というわけで、夏の長い日もようやく落ちた20時頃、会津若松出発
車が動き出した途端、「東京の~高層ビル~あれが東京の~♫」というKK&Uによる自作の歌が車内に響き渡ります 浮かれポンチぶりが伺えますね
車は南会津方面~白河ICへ向かいます。白河ICからなら会津若松ICからよりも安く早く、去年みたいに分かれ道で失敗さえしなければ、日付が変わる頃にはもう浦安入りしているはず。
はず、なのですが、今年も失敗 ママのスマホナビがどうにも経路案内してくれず、色々いじくっている間に、峠道に迷い込むわママ車酔い発症するわで、しょっぱなからつまづきます
く~~こうならないよう、那須や日光へ行く時にこの経路は散々確認したのに、まさかの本番で迷うとは 大丈夫か~~今年のTDR~~~(このおかげで案の定ある事件が勃発してしまうのですが、それはまた後ほど
とりあえず車酔いでどもならん状態になったママ、しかし自分で運転さえしていれば酔わないので運転交代し、ママが気合で車を走らせる間、パパがママスマホと格闘することしばし。
グーグルマップを色々いじくって無事スマホナビ復活~ 1時間ほどロスしたものの、なんとか白河ICから東北道に乗ることができました
「やっぱり何かしらアクシデントがあるね」とKKに言われながらほどなく那須高原SAに到着。

DSC_0970[1]_convert_20150804210857

ここもKK&U的に外せないポイント。なんでも夜中ここに寄ると、「今TDRに向かっている~」という非日常感が沸いてきてワクワクするのだそうです まあそれもなんとなくわかるけどね~

DSC_0969[1]_convert_20150804210826

ここは夜遅くなっても、売店も食堂も充実しています。
ちょっと(?)遅い夕飯をここで摂って、那須観光気分と夏の夜の空気を満喫して。

DSC_0968[1]_convert_20150804210749

さ~~~いよいよここからはノンストップで行きますよ~~~東京へ!東京ディズニーリゾートへ!!
東北道を走りながら、いくつかあるJCTで必ず出てくる「東京↑」の文字を見るたび、大人は「近づいてるよ~~」と心躍らせ、KK&Uはここぞとばかり「東京の~♫」を合唱し。
ついに最後のJCT「川口JCT」で、東北とはしばしの別れ 首都高S1に入ります。

DSC_0974[1]_convert_20150806093358

この時点で日付が変わりますが、「で、スカイツリーはまだ?」と、まったく寝る気配のないKK&U
江北JCTを越えて、中央環状線C2に入ると、あたりはいよいよ都会の夜景に様変わり。川沿いに一面きらめくマンションの灯りがキレ~~イです KK&Uは「さあ来たよU歌うよ!」と「東京の~高層ビル~ 右にも~(右にも~)左にも~(左にも~)東京の~高層ビル~」と、ついに輪唱を交えて歌い始める有様

DSC_0979[1]_convert_20150806093422

ひっどい写真が続きますが、この「地方在住者が年1TDRへ行く時のワクワク感」を少しでもリアルにお伝えしたく 
ママもこの景色を見ると、毎年の事ながら「東京に来たな~~」という実感がじわじわと。KK&Uの「東京の歌」を聞きながら、東京の夜景を眺めていると、おお夜空に周回する白い輪っか2本
「スカイツリーだ~~~!!」
これが見えたらTDRはもうすぐ!
ほどなく葛西JCTから湾岸線に入り、さあ今年も来ましたよ~~~

DSC_0984[1]_convert_20150806093504

コンビニで翌朝用のおにぎり等買い込んで、AM1時。TDS到着です。
駐車場待ち列は2列目半ばくらい。なるほどこのくらいの時間だと2列目なのね。
新しく停まった車に、係員さんが1台1台「駐車場5時半開場です」と知らせて回ります。係員さんも夜通し大変だ~
私たちはその時間まで仮眠しましょう。おやすみなさ~い

DSC_0986[1]_convert_20150806093526

コンコンと窓をノックされる音で目が覚めると、駐車場の係員さん
「まもなく駐車場開門しま~す」

DSC_0988[1]_convert_20150806093610

おお既に周りは夕方並みの明るさになっていて、後ろも横もあらゆる地方ナンバーの車いっぱい。
アイドリングの音に包まれながら、順番に車を進めます。
去年は遠くて日射しがあっつい最上階に廻された、シーの立体駐車場(ま停車したのが11時前後でしたからね
今年はさすがに日陰が涼しい1階部分、しかもメインエントランスへもすぐの場所に停められてラッキー♪
男衆には引き続き寝ててもらい、ママだけそ~っと並びに行きます。

DSC_0991[1]_convert_20150806093655

うわ~~ミラコスタ見ると、「今シーにいるんだ~」という実感が沸いてくるような、でも夢みたいで実感がわかないような、そんな不思議な気分。
ちなみに向こうに並んでいる人たちは、ディズニーホテルのノースゲート入園待ち列です。
我が家が並ぶ一般枠も、さすがにこの時間なら屋根のあるところも選び放題。夏は開園前も日射しが強烈で、待ってる時から熱中症になりそうですからね~
途中おにぎり取りに車に戻ったり、トイレに行ったりしながら過ごすことしばし。けど今年は曇り空なこともあり、座ってるだけで汗が伝い落ちた例年よりは涼しくて、入園待ちが比較的ラクでした。
そうこうするうち7時頃、男衆とも合流。入園1発目のアトラクを何にするか、ゲート目前にして話し合います。

我が家はこれまで、初日は必ずランドだったのですが、子供の成長に従い、去年あたりから「シーの方が好きなアトラクが多い」状態となり。
すなわちトイマニ ではなく、インディ・センター・レイジングといった、奥地絶叫系です トイマニは我が家では「一度乗ったらもういいや(それよりセンターとインディだよ!)」という、モンスターズインクみたいなアトラクに成り下がってます
てことは逆に言えば、お寝坊一家が朝5時から並べる唯一の日・初日をシーに持ってくれば、開園直後のおそらく8割が向かうと思われるトイマニを尻目に、奥地で浴びるほど乗り放題になるのでは。
という予想の元、今年は初めて初日をシーにしてみたのでした。

で、初めて知ったんですが、シーって「開園前のキャラのご挨拶」がないんですね!(日によるのかな?)
そして代わりにというか、白い楽団とともにミッキーとミニーが出てきて、銅像後ろの舞台で何やらショーが始まったのには驚きました。しかもそこらで見ていた、アーリーエントリーで一足お先に入園済みのゲストを舞台に上げて
去年あたりから「走らないでね」という看板を掲げたキャストさんが出現したりして、安全対策にかなり本気を入れてきた感のあるTDR。これもその一環なのでしょうかね~? しかし見た限り、朝の激戦の前にはそのショーですら人が集まらず、効果は上がってなさそうでしたが
もったいな~い、ミッキーミニーと一緒に舞台に上がれるなんて、一生の思い出になりそうなのに。
とか語り合ってる我が家も、入園したらミッキーガン無視で奥地へ向かうつもりなのは言うまでもなく

もう1個地味に驚いたのが、開園直前、キャストさんがすべての列を巡回して、「お客様はどちらから入園されますか? ではもう少しこちらに並んでください」等、いちいち改札口(というのかな? チケット通すところ)を確認すること
確かに、開園前は列がぐちゃぐちゃなのをいいことに、後ろや横に並んでた人が、ゲートが開いた途端さっと前に入っちゃうなんてことは、今までもよくあった気がします。私も、横が柱などで人が並んでいないスペース等、微妙な位置に後から来て1番前に並んだ人や、さらにその後に列ができたりすると気になって、「この人はどこから入るつもりだろう。悪いが私の前に入れるつもりは一切ない」と、目つき悪くなりながら観察しつつ、インドの行列のようにびっちり前の人にくっついて入園待ちした記憶も いえインドに他意はありませんが
そういったトラブルを未然に防ごうと、これまたTDRが本気を入れてきたんでしょうか。なんとなく、TDRの姿勢諸々が「今までと違うな」と感じられました。って私が知らないだけで、前からやってたのかもしれませんが

そして時刻はついに8時!
案の定ミッキーには目もくれずプロメテウス火山へ向かってレッツゴーです 遠いな~~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。