スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廊下橋ゆく花月夜

会津若松、4月末日現在最高気温28度
早くも浜通りと気温逆転して(例年6月くらいのはずじゃ)、昼間はもう初夏! 当然桜も終わってしまいましたが。
さかのぼること1週間くらい前、久しぶりに鶴ヶ城の夜桜見物してきました

DSC_0707[1]_convert_20150424093953

そもそもは2月くらいだったか、会津在住のとある方のお葬式があって。
その方は和歌や書を嗜んでらしたそうで、祭壇の横にも、生前自ら詠みかつ素晴らしい筆致で書かれた歌が、でっかい屏風にどーーーんと飾ってあったのですが、それがこちら↓

鶴ヶ城 廊下橋行く花月夜 今宵逢う人 皆美しき

DSC_0718[1]_convert_20150424094249

なんとも雄大艶やか、そして故人のお人柄が偲ばれるような優しい歌だな~~~
と、しばし書に見入っていたら、数年前一度だけ見て感動した、鶴ヶ城の夜桜風景、すなわち闇に赤く浮かび上がる廊下橋、水面に映る真っ白な桜並木、光りながら舞い散る桜吹雪、それらの中を幸せそうに笑いさざめきながら行き交う花見客多数・・・の光景が、でっかい屏風ごしにばーーーっと再現されちゃって
春になったら実物を見に行きたい!と強く思ったものでした
(ほんとは昼の桜も見たかったんですが、今年は桜の見頃の時期が雨とかぶっちゃって、やっとお花見日和になったと思ったらすでに葉っぱ飛び出しという その点夜桜は、多少の葉っぱも見た目ごまかせるのがいいですね

DSC_0701[1]_convert_20150424093835

というわけでやってきましたお久しぶりの鶴ヶ城。
いつもの南門から真っ暗な城内へ入っていくと、おおっ向こうの方がはんなりと明るく

DSC_0672[1]_convert_20150424093354

ちなみに両側は夜のお墓です
なので余計に、このライトアップがありがたい気分

DSC_0675[1]_convert_20150424093444

お墓ゾーンを抜けると、左側一面が桜満開広場
お掘に面したところまで行くと、「鶴ケ城 夏草刈りて明るかり」という句が刻まれた石碑があります。
秩父宮節子妃御成婚の喜び=「賊軍」のまま死んでいったつわものどもの無念が晴れた喜びを詠った句だそうですが、そこらへんから廊下橋を眺めるとこんな感じ

DSC_0743[1]_convert_20150424094942

眼鏡橋、とは言わないな「棒2本橋」か?(風情なさすぎ) でもちょっといい眺めでしょ
そんな廊下橋を桜に見え隠れさせながら、お城に向かって歩いていきます。

DSC_0741[1]_convert_20150424094907

南門から廊下橋へ向かう道は、すっばらしい桜並木です
頭上が一面、桜で覆われる感じで♫

DSC_0739[1]_convert_20150424094848

桜越しの月
ほんとは切り裂くような三日月夜だったんですが、カメラのせいでおぼろ満月になってます

DSC_0726[1]_convert_20150424094509

桜越しのお城も
気分は花札で「桜の二十文」が来たような感じです

DSC_0728[1]_convert_20150424094550

そぞろ歩くうち、到着~

DSC_0725[1]_convert_20150424094449

鶴ヶ城 廊下橋行く花月夜 今宵逢う人 皆美しき

DSC_0720[1]_convert_20150424094324

立ち止まる人多数、撮影する人多数。
みんなニコニコしてます ま怒りながら夜桜見物する人もそういないでしょうしね
赤い欄干越しに眺める、水面に映える桜はほんとに異世界の美しさで。
「おお~」「きれいね~」等々、そこここから声が上がってました。

DSC_0719[1]_convert_20150424094307

といっても私のカメラではこんなテイタラク
肉眼で見る美しさをお伝えできないのが残念です

DSC_0723[1]_convert_20150424094405

葉桜時期の花見特典! お堀を一面覆う花筏
この写真ではなんか赤潮めいたネガティブ光景になってますが実物はもっと綺麗ですと力説

DSC_0721[1]_convert_20150424094339

さてでは橋を渡って、メインスポットへ向かいましょう。
おっ、桜の向こうにお城が見えてきましたよ

DSC_0715[1]_convert_20150424094154

ライトアップされているので、真っ白なお城がひときわ明るく輝いて浮かび上がってます

DSC_0694[1]_convert_20150424093642

ここでも「今宵逢う人 みな美しき」です
みんな笑顔で楽しそうに行き交ってます。

DSC_0695[1]_convert_20150424093714

ついにご対面鶴ケ城。
いつ見ても綺麗なお城ですね~~~

DSC_0696[1]_convert_20150424093740

今年は「天守閣再建50周年」ということで、色々イベントも企画されているようです。
来る時に通った「鶴ケ城 夏草刈りて明るかり」の頃は、実際は石垣が残るばかりだったのですね。

DSC_0706[1]_convert_20150424093936

お城の向かいはこれまた見事な桜満開広場で、平日にも関わらず夜桜酔客多数でした
こういう、人が幸せそうにざわざわしてる空気っていいですね~♫

DSC_0700[1]_convert_20150424093819

「みな美しき今宵逢う人」たちを眺めながらの、鉄門の桜。
ちなみに「てつもん」じゃなく「くろがねもん」です念のため

DSC_0702[1]_convert_20150424093853

八重桜かな? ここだけつぼみ越しに見るお城。

DSC_0703[1]_convert_20150424093918

さてでは帰り道に向かいましょう。
おトイレがちょっとアレですがここの桜並木も素敵です

DSC_0708[1]_convert_20150424094016

名残惜しくお城を振り返りつつ。

DSC_0711[1]_convert_20150424094038

廊下橋まで来ると、おお~JKだJKだ(←オヤジか
女子高生が夜桜見物とは、今の子って風流なのね~~

DSC_0717[1]_convert_20150424094231

鶴ヶ城 廊下橋行く花月夜 今宵逢う人 皆美しき・・・

DSC_0727[1]_convert_20150424094536
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

星野リゾート裏磐梯ホテル

さて本日のお泊りは、「星野リゾート 裏磐梯ホテル」です。
ホテル名より「星野リゾート」が先に来るあたり、さすがです
こちらのホテルは、旧・猫魔ホテル。1年くらい前に星野リゾートが入って、現在名に改称&営業再開したそうです。
アルツと猫魔は星野リゾートが手がけるスキー場ですが、これでアルツの「磐梯温泉ホテル」&猫魔の「裏磐梯ホテル」と、ともに併設宿泊施設も星野リゾートの管轄になったわけですね。

IMGP8821_convert_20150123093956.jpg

この入口からして↑「おお~なんだか本格的な旅行に来たみたい♫」とテンション上がりますが、中はますます華やかきらびやか 花のオブジェとか、派手かつ工夫が凝らされていて目を惹きます
ホテルお泊り旅行大好きなKK&Uも「TDRのオフィシャルホテルみたい~」「入った瞬間同じ匂いがする~
実はこの2~3か月前、桧原湖に遊びに行った帰りにここのお土産屋さんに立ち寄って、「いつかこんなとこに泊まってみたいよね~♫」と言っていたので、今回はその願いが叶ってもうワクワク

IMGP8822_convert_20150123094145.jpg

ちなみにこの裏磐梯ホテル、スタッフさんもTDRオフィシャルホテル並みで
「このクソ寒い中、外で笑顔を絶やさず客をお出迎えするスタッフ」の存在については前回のレポでも書きましたが、入口に車をつけると、すかさずスタッフさんがお出迎え。1歩館内に入ると、別のスタッフさんが素早くカート持ってフロントへ案内。さらにフロントのお姉さんも含め、それらスタッフの皆さんが常ににこやかフレンドリーという、「とてもホスピタリティあふれるリゾートホテル」という印象でした。
チェックインの間にお土産屋さんへ消えた男衆を、ひたすら笑顔で待ってくださったにこやかなスタッフさんm()mに案内されて、エレベーターは4階へ。
どれどれどんなお部屋かな~♫ とワクワクしつつ、しかーし今回は1人1泊7000円という格安プラン 4人一緒に泊まれる最上階(=5階。ホテルの方いわく、ここらへんのホテルは景観保全のため高く建てられないのだそう)の素敵なお部屋は予約できず、「和室なら1部屋、洋室なら2部屋に分かれていただくことになります」との説明で、洋室2つを予約していたのでした。
「てことはきっと、せっまいスタンダードルームね。部屋にはあまり期待しないようにしよう
と、ワクワクに歯止めをかけて、ドアを開けると~?

IMGP8837_convert_20150123094746.jpg

おお!意外と!

IMGP8838_convert_20150123094804.jpg

意外と広い!

IMGP8839_convert_20150123094825.jpg

ベッドは狭いけど、ソファセット置けて、しかも窓際までぎっちぎちという感じではなく、それなりにスペースがあるので、「予想より広いな」という感じでした

IMGP8833_convert_20150123094456.jpg

さっそくドタバタ

IMGP8834_convert_20150123094522.jpg

テーブルには、定員分のお菓子つき
温泉がウリでもあるホテルなので、ジジババ向けにもということでしょうか、薄ーいダックワーズみたいなサクフワクッキーにあんこが挟んである、和洋折衷スイーツでした。これは下の売店でも売っていて、「裏磐梯ホテルお土産No.1」だそう。

IMGP8840_convert_20150123094901.jpg

水回りはこんな感じ。お風呂とトイレは別で、いずれも広くもなく狭くもなく、特別新しくも古くもなくて、これまたTDRオフィシャルホテルと同じような感じ。アメニティが少なめなのも、昨今のTDRオフィシャル同様かな?
ちなみに裏磐梯ホテルは連泊する際、掃除や追加アメニティなどを遠慮すると、会津名物・絵ろうそくをくれるそうです。ちょっといいサービスですね

IMGP8835_convert_20150123094630.jpg

お茶はこれまた、温泉ジジババ向けか(?)緑茶とほうじ茶のティーバッグ。
しかし水は、ポットに入ってるのも冷蔵庫に冷やされてるのも、というか水道から出る水すべてが、磐梯山・猫魔の湧水だそうです
湧水と聞いてさっそく飲んでみましたが、水の味がわからんママ なるほどそう聞くとちょっと柔らかい感じかな~??というテイタラクでした
ちなみにコーヒーが飲みたい向けには、5階のフリースペースに用意されてます↓

IMGP8844_convert_20150123095134.jpg

ボッケボケ写真でスミマセンがm()m KEYCOFFEEのインスタント・砂糖・ミルク・紙コップが常備されていて、我が家はここから夜景を眺める傍ら、いくつかお部屋に頂戴してきました
(しかし湖には照明とかまったくないので、夜景といってもただ真っ暗なだけです

IMGP8845_convert_20150123095156.jpg

さてお部屋に落ち着いて、コンビニ夕飯で一息ついたらお風呂へ行きます。

IMGP8848_convert_20150123095232.jpg

このホテルには、猫魔ホテル時代からウリの温泉「猫魔温泉」があります。
1階は大浴場、地下に露天風呂。どちらも源泉を引いています。
大浴場の雰囲気は、若干年季が入ったリゾートホテルの温泉という感じ。広くもなく狭くもなく、特におおっと目を引くところも、逆にドン引きするところもなく。泉質のせいか、すごくあったまる気が。
半分湯あたりするほどあったまって個人的にはこれでいいかな~と思うくらいですが、せっかくだから露天風呂にも行ってみたいぞ しかし茹だった体に、露天風呂へ行くための狭く急な階段はなんだかな~
ちょっぴり足元が危うい上に、味も素っ気もない会社の階段みたいで、どうも雰囲気が削がれます
ともあれ階段を降りると露天風呂。地下といっても穴ぐらの中ではなく、純粋な1階です。湯船のすぐ外に雑木林が広がっていて。
夜なので景色はなんも見えませんでしたが、けっこうくつろいでしまいました。木々の間を吹き渡る風の音とちらつく雪の中に包まれて湯船であったまってると、なんとも言えない開放感があります。

IMGP8849_convert_20150123095403.jpg

一夜明けると、窓の外はこんな感じ~♫
って、全然湖が見えませんね 
林の雪景色という感じで、見晴らしはそんなによくなかったかな~
林を眺めながらモーニングコーヒー飲んだら、1階の朝食会場へ。

IMGP8850_convert_20150123095434.jpg

ここはなかなか雰囲気良かったです♫ 全体的に木の色で落ち着いていて広々ピカピカ、いかにもホテルという感じ。
しかし肝心の朝食バイキングはど~もメニュー少なめで、なまじ立派な鉄板でシェフが仰々しく焼いてるのは目玉焼きのみなんて感じなので「夕食バイキングはきっとすごいんだろうな~」と、子供も思わず悟ってしまうという やっぱりこういうところは夕食付きで泊まるべきなのね(お値段跳ね上がるけど

IMGP8851_convert_20150123095604.jpg

とはいえ、卵料理にベーコンフルーツ、煮物和え物おかゆもスープも、と、和洋ひととおり揃っていて(中華もあったかな~??)、我が家的には全然OKでした♫ ただ「おおっ!これはこのホテルならでは」と目を引くような一押しメニューがないだけで
味もホテルの朝食として普通においしく。そうそうパンの種類は比較的豊富でよかったです

IMGP8852_convert_20150123095630.jpg

むしろ一押しとしては料理より、ここでもやっぱりスタッフさん!
宿泊客が一時にどっと押しかける大ホテルの朝食会場では、どうしてもカラに近い状態になってるメニューがあったり、さらに終わり間際になると、そのまま放っておかれたりすることもままありますが、ここはスタッフさんが実にこまめに補充してまわっていて、常に心置きなく料理が取れました。
ほんとにこのホテルは、フロントはじめスタッフさんが素晴らしい

IMGP8853_convert_20150123095720.jpg

朝食会場の外では、地場産の野菜即売会なども。
もっとも我が家はヨークやリオンで常時買えるのでさらっと流し見してこちらへゴー

IMGP8825_convert_20150123094253.jpg

旅行のお楽しみ、お土産屋さん♫
実は昨日もさっそく寄っていて、すでにこんなのを↓買い込んでたんですが

IMGP8855_convert_20150123095752.jpg

って福島土産じゃなく仙台土産ですが 9月にここに来た時パパKKがいたく気に入って、今回もさっそくお部屋で食しました 塩梅食感ともにグーで、後を引きます

IMGP8856_convert_20150123095809.jpg

お土産屋さんは地域色がはっきり出るのが、カルチャーショック好きとしてはたまらないスポットですね
上は、天鏡閣近くの高原にある南が丘牧場製アイスクリーム。那須にある南が丘牧場の支店?支牧場?です
下はカップ麺にもなっていたご存知喜多方ラーメン。ちなみに会津生まれのラーメンチェーン・幸楽園のカップ麺も、会津のスーパーで売ってます。

IMGP8857_convert_20150123095824.jpg

ぷっちょその他、ご当地限定モノあれこれ。福島に限らず東北くくりも多し。
新潟から来ると、新潟って関東にも東北にも長野や富山にも入らず、微妙~な立ち位置なので、お土産も「新潟」オンリーなのが当たり前という感じなのですが、福島(というか東北6県)はやっぱり「東北圏」っていう帰属意識が強いんだなあなんて、お土産屋さんで改めて思ったり。

IMGP8858_convert_20150123095943.jpg

こちらは会津もの。カレー焼きそばやソースカツが有名です。豆麸をたっぷり入れたこづゆはお正月や婚礼などでは欠かせない伝統食ですね。
しかしこの楳図かづおバリの「噴火カレー」は初めて見たな~ アルツ磐梯の食堂にも、山型のご飯にルーをかけるとマグマのごとしという「磐梯山噴火カレー」がありますが

IMGP8859_convert_20150123095955.jpg

こんな会津ものも
自由帳にまでなってるとは知らなんだ

IMGP8863_convert_20150123100158.jpg

ちょっと笑いがスベってる感じの赤べこグッズもあり
「すてベコ」なんて初めて見たぞ、ていうかそもそもなぜ捨てる

IMGP8866_convert_20150123100245.jpg

人気お土産はランキングされて店内に並んでます。
第4位は・・・チョコだったかな?忘れちゃったけどおいしそうだったので写真だけ

IMGP8862_convert_20150123100124.jpg

そして堂々の殿堂入りはこちら!お部屋にあった、あんこはさみスイーツです。たぶんそんな名前じゃなかったと思いますが
個人的には、とっくべっつおいし~~~ってわけじゃないお菓子でしたが(あんこあんまし)、ホテルに落ち着いて一息ついて食べたお菓子を、帰ってから旅行を思い出しながらまた食べると、旅情ひとしおでしょうね~

IMGP8860_convert_20150123100008.jpg

さて買うもの買ったら、チェックアウトしてグランデコへ向かいます。
今朝は昨日とは打って変わってすっごい吹雪! 裏磐梯ホテルのロビーでは、おそらく関東方面への帰るお客さんたちなのかな?雪を吹き上げる除雪車に目を見張って、ぱしゃぱしゃ写真撮ってる人多数でした(雪国ではいたって見慣れた働く車ですけどね

IMGP8867_convert_20150123100314.jpg

にしてもこの吹雪はすごい!
時々こんな感じで、視界0になってしまいます 

IMGP8869_convert_20150123100341.jpg

そんな中でもめげずに2~3回往復
しかしやっぱり、寒いとよりいっそう体力が削られる気がします
そろそろお昼近くになったのを幸い、さっそくセンターの食堂へ避寒

IMGP8871_convert_20150123100407.jpg

ちょうどクリスマス週間だったので、センターにはささやかながらもツリーが
(しかしクリスマスっぽい装飾はこれのみ

IMGP8872_convert_20150123100504.jpg

食堂はこちらです。
写真がひどくてなんだかなですが 中は広々、壁全面に作ってある窓からゲレンデが見えて、明るくいい雰囲気です。

IMGP8877_convert_20150123100537.jpg

メニューは、カレー、麺類、丼もの等々、過不足なく揃っている感じ。特に「山塩ラーメン」という、ここらへんの名産「山塩」を使ったラーメンが名物みたいです。
写真を見ると、会津・喜多方ラーメン特有の太麺が、あっさり塩スープにひたっていて、いかにも美味しそうですがいかんせん高くてこれ以外のメニューも食堂としては値段高めです。まあゲレ食だから仕方ないですね
どうでもいいけどUは、昨日グランデコのショップで買った白熊帽子をいたく気に入り、食べてる間もこんな感じでかぶってました

IMGP8876_convert_20150123100521.jpg

さて腹ごしらえも済み、あったまったら再びゲレンデへゴー

IMGP8885_convert_20150123100721.jpg

午後になったら吹雪もだいぶ収まって、滑りやすくなってきました。
休日らしく賑わいぶりも上々で、中には袋担いだサンタさんのコスプレで滑る人なんてのも

IMGP8886_convert_20150123100737.jpg

しかしさすがに2日連続は疲れたので、我が家にしては珍しく、リフトが動いてるうちに引き上げることにしました。
いや~2日連続だと「お腹いっぱい」ってくらい、滑った~っていう満足感を得られますね~。
グランデコは例年GWまでやっているそうですが(今年は雪あるのかな~??)、我が家のスキーシーズンは終了です。
白銀のゲレンデよまた来年~~ アーンド鶴ヶ城の桜よ今年もよろしゅ~~

IMGP8894_convert_20150123100902.jpg

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。