スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大興奮の怒れる神々!

8/1(金)20:30
ファンタズミックが終わって、奥地へ向かってる我が家です。
ママKKはFPでレイジングへ、パパUはその間お隣のジャスミンやシンドバッドへ。
もともと絶叫系はあんまし得意ではなかったのが、ここ数年でインディジョーンズ→ビッグサンダー→スペースマウンテン→センターオブジアースと、着々と絶叫レベルをアップさせてきたKK 今回出発前からセンターと並んで「乗る」と意気込んでいたのが、このレイジングでした。なんでも「先輩がすごく面白かったって言ってたから」だそうで。
いざ目の前で360度回転を見たら「やっぱりやめとく」になるかな~?とも思ってたのですが、決意は固く
ママもお初なので楽しみです ただママ的にはこうゆうジェットコースター系、年々酔いが増してるのが一抹の不安でもあり

DSC_0438_convert_20140825165431.jpg

レイジング前でパパUとはしばしお別れ
いや~夜のレイジングはきれ~いですね~
遺跡が色とりどりの光に照らされていて、雰囲気抜群
待ち通路(というかこのアトラク全体)が面積ちっちゃいこともあって、「インディのスピンオフアトラク」みたいな感じがしました。
ちゃんと発掘用具もあったりして

IMGP7858_convert_20140825165658.jpg

とはいえTDR初日、「あたり一面真っ暗な自然の中で、灯がぽつんとあったらどういうことになるか」という恐怖を身をもって味わいながら、深夜の東北を走ってきたママとしては「虫がいないのがさすがTDR、映画のセットだね~。リアルっぽいけど嘘なんだよね」と、原住民側(?)として一言言いたく
KKは「どれが火の神と水の神なんだろう?」と、これまた興味津々で探していました。なんだか向かい合わせて置いちゃいけないものを置いちゃったんだっけ?

IMGP7855_convert_20140825165622.jpg

「とりあえず、こんなこと↑してたらバチもあたるだろう」な石像はじめ、コーンスターチとか色んなもんが無造作に置かれていて雰囲気満点の映画セットをあれこれ見ていると、おおっここにも途中退出口が!

IMGP7857_convert_20140825165639.jpg

お初のママKK、期待と恐怖が高まります
やがて乗り場に来ると、おわっしょっぱなにして一番前!?
「これはちょっとすごいよ!!」と、スペースマウンテン前のようにハイテンションになる2人。
レイジングの一番前は、センターみたいに屋根のある車じゃないので、視界を遮るものがなんもないんですよね~♫ バーが上からがっちりタイプなのにも「緊張する~~~!!!」と、もうすべてのことにハラハラワクワク
期待と恐怖が最高潮になったママKK、最初のガタコト昇っていくところで早くも「うひょ~~~」とおたけび上げてます。実際この角度のキツさはTDR随一なのでは!?
なんとか頭を持ち上げようと無意識に頑張ってたママKK、「頭を後ろにつけてください」というアナウンスで素直に脱力。あら頭くっつけたらなんかラク~♫
すっかりリラックスして頂上に行ったら、わああああシーがキレイだ~~~~~~ 何しろ視界が開けてるので、シーの夜景がもう最高にキレイに見えます これだけでもレイジング乗る価値あるわ~
と感激してたら、いきなり落ちるトロッコ!ひえ~神様そんな急に~~ 再度夜景が見えてキレイだな~~と一息ついた途端またまた落下 神様怒ってる~~~
加えて右に左に振られますが、しかしこれ、上からがっちりバーで固定されてるので意外と酔いませんね フィッシュやガジェット、マウンテン系といったコースターだと、もろに上体を振られて酔いに直結してしまう(のを避けるために、肩にガチガチ力を入れて前方バーにつかまっているのですが、そのおかげでよけいに酔ってる気も)のですが、レイジングは上体及び頭がバーに挟まってる感じなので、カーブでも頭をバーに寄りかからせることができて、必要以上に振られることがないのでとってもラク~♫
やがて「おっここは今までとは違うぞ」的な急カーブ落ちに入った途端、ぶしゃーと青い煙が!「うわ~~~」と叫んでたら、え?え?これが一回転??なんだあこれなら全然平気
「面白~~~い」とコーフンするママKKの前に、またもやぼしゅーっと今度は赤い煙が!「あっつっ!」「何これあついよ!」とびっくりしてるうちに、乗り場到着。は~~~~(脱力)

IMGP7862_convert_20140825165718.jpg

「面白い!これ面白い!!」「全然酔わない!なんてステキ!!」と、ママKKともに感動しながら出てくると、時刻は21時過ぎ。手元には21:15までのFPがもう2枚。
「もう1回乗る」と、すぐさまFP乗り場へ向かいます。うお~まさかの初レイジング連続乗り KKの背中を追いながらビッグサンダーの悪夢をちらりと思い出すママですがでもこれはたぶん大丈夫だな

2度目はもう、「シーの素敵な夜景が見えたら落ちる合図」「変なカーブのとこに来たらでんぐり返し目前」等々、流れがわかってるので、より安心して乗れました。しかしでんぐり返しはやっぱり、全然でんぐり返ししてる感覚がないな~ ただ目の前一面がレールや車体になるのが不思議なばかりで♫

DSC_0437_convert_20140825165410.jpg
 
「最後の煙、熱かったね~」
「あれが火の神で、最初のが水の神ってことなのかな?色も赤と青だし」
等々、感想を述べ合うも、結局どれが向い合わせに置いちゃった火と水の神像なのかは、わからずじまいのママKKでした 怒りに触れてぐにゃ~っと曲がったレールっていうのは、でんぐり返しの前で確認できたけど
しばし外からあれこかなこれかなと、時折煙の中に飛び込んでいくトロッコを「おお~~」と見送りながらレイジングを観察しまくって
「明日も絶対乗る
と燃えながら、待ち合わせ場所のアラビアへ向かいます。

IMGP7866_convert_20140825165735.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

大興奮・・・でもなかったファンタズミック

8/1(金)19時半頃。
ベネチアを散歩した後は、ハーバーへ行きます。
目的はファンタズミック!
今年はミラコスタの予約もないし(=できなかったし)、初めて地上から見てみようと
以前ブラヴィッシーモをハーバーで見た時、上から眺めるのとでは段違いの迫力で、ファンタズミックでもいつかその臨場感を味わってみたいと思ってたんですよね~♫

IMGP7817_convert_20140822145536.jpg

ベネチアからハーバーに出たら、まだまだそこらへん座り見OKだったので、テキトーに腰を下ろし。へ~今は30分前でも余裕で座れるのね
男衆的には「ショーの間にアトラクへ」なのですが、お疲れモードになったKKはママとともに待つことにし。
パパUはショー開始まで、先ほど通りかかってUが遊びたがってたガリオン船へ行ってることにしました(パパお疲れ!

DSC_0382_convert_20140822150726.jpg

夜のガリオン船も、いい雰囲気ですね~

DSC_0384_convert_20140822151009.jpg

相変わらずの色んな仕掛けで遊んだそうです。

DSC_0385_convert_20140822151147.jpg

ここから眺める対岸のミラコスタときたらもう
ほんとにシーは、どこにいっても素敵な景色だらけです

DSC_0388_convert_20140822151126.jpg

一方ママKKは、ハーバーで稲妻鑑賞してました
いやほんとにこれが、見たことないくらいすごい稲妻で
たぶん日常生活でも、同じくらいの雷は存在してるのでしょうが、TDRみたいに建物のない広~い空の下で、腰を据えて雷を眺める機会はあんまないので、「雷ってこんなにすごいのか」と、ほとんど感動
ある時はプロメテウス火山をバックに稲妻が真横にばーーーっと走り、またある時は大空一面にプラズマ模様が描かれと、まるでファンタズミックの前奏曲のごとく! 周囲の「おおっ」というどよめきも一体感を呼び起こして、ワクワクする稲妻鑑賞タイムでした

IMGP7824_convert_20140825110249.jpg

10分前に無事パパUとも合流し、期待に満ちたファンタズミックの始まり~
ですがこれが、意外なことに、そこまでの感激がなかったんですよね~ 少なくともブラヴィッシーモの時のような感激は(ママは基本、ブラヴィッシーモよりファンタズミックの方が好きなのですが

IMGP7840_convert_20140825110403.jpg
 
なんでだろうな~??たぶん座り見した場所が柵越しで、しかも斜から観る感じだったので遠く感じたからかなあ??
5列目くらいだったんですが、体感ではもっとず~っと遠くに見えました。
それともあの稲妻のとおりの天気で、かなり強風ビュービューだったので花火が少なかったからかなあ???この日は開始直前までキャストさんが「内容を一部変更か、途中中断か、中止する可能性があります」とスピールしてたくらいでした

IMGP7845_convert_20140825110426.jpg

「とりあえず中断や中止にならなくてよかった」と心から感謝しつつ、でも「あれ?意外と盛り上がらないな」とも思いつつ、それでもやっぱり目に焼き付けたいと思ってしまう、シーの夜を彩る一大スペクタクルではありました。
あそうそう、ドラゴンやハットの上のスティッチ、船上の各キャラクターなんかは、やっぱり地上の方が断然近くで見えましたね~

IMGP7850_convert_20140825110448.jpg

ファンタズミックが終わって20時半。
そろそろ帰り支度・・・なわけはなく、これからみんなで奥地へ向かいます

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

夜の始まりはヴェネツィアで

8/1(金)18時。
今日の夕飯はここです!

IMGP7810_convert_20140822145239.jpg

って相変わらずわけのわからない写真ですが、この人が画家のカナレットさんなのかな~?
リストランテ・ディ・カナレットです。
高値設定なのが難点ですが、パスタやピザがうまくて、雰囲気も素敵で、我が家的には「シーに行ったら一度はここで食べたい」という位置づけになってるお店です

DSC_0360_convert_20140822150045.jpg
↑素敵な雰囲気ぶちこわしー
 でもTDRでは非常~~~に兄弟仲が良くなるのが、親的には非常~~~にうれしいポイントでもあり

去年ここのPSが取れなかったこともあり、今年は勇んでPSしようと毎日レストラン予約サイト見てて思ったのですが、カナレットって、人気凋落したんでしょうかね??
私の感覚だと、ここって櫻と並んで「シー一番人気」のレストランなんですが、予約サイトで他店が赤ミッキーの時間でも、ここは青ミッキーってことがなんだか多い気がして。
スマホ公式の「PS状況」でも、櫻やセイリングが8時や9時に受付終了している日に、カナレットは10時近くとか、下手すればまだ「受付中」だったりみたいなことがあって、「どうしたカナレット」と驚きました。
まあザンビーニがおいしくなったからな~。イタリアンなら無理にここを予約しなくてもって感じなのかなあ。他のお店みたいに「夏のスペシャルメニュー」みたいなのを出してないせいかな?

DSC_0369_convert_20140822150333.jpg

でもやっぱしここのパスタはうまいです 種類もTDR内ではさすがの豊富さですしね♫(といっても5,6種類ですけど
「おっ今焼いてるあのピザがうちのじゃないか?」なんて、作ってるとこを首伸ばして覗き込みながら、ピザも一緒に堪能して、さらにパパママともに基本は下戸なのに白ワインなぞも注文しちゃって
どうもここに来ると、この華やかでありつつくつろいだお店の雰囲気にあてられて、ついつい「かんぱーい♫」なんてグラスをあわせたくなっちゃうんですよね パパ的には「TDR旅行の中日」=「車を運転しなくていい日」というのも大だそうですが

IMGP7808_convert_20140823213531.jpg

それにしてもこのお店は、ほんとどこを見てもいい雰囲気♫
と、キョロキョロ店内を見回してると、おやっこれまた雰囲気のいい運河べりの窓の向こうに、記念撮影する人が多々。
(写真↓ではよく見えませんけど

IMGP7805_convert_20140822145019.jpg

あっもしやあそこが、色んな意味で今話題のジェラトーニ壁画か~~~!
ダッフィーですら比較的どうでもいいママにとっては、今回のジェラトーニちゃん出現=「あざといな」の一言なのですが
しかし同時にミーハーとしては、話題のものは一目見ておきたいという野次馬根性もあり
「食後のお散歩がてら行ってみようよ~」と男衆にお願いして、行ってみました♫

IMGP7811_convert_20140822145311.jpg

食べ終わった頃には陽が落ちてて、いっそう素敵な夜景になってるベネチア。
ここらへんは昼も素敵な光景ですが、夜のあの灯りの連なりもたまらないんですよね~~~
写真がボヤボヤで素敵さが伝わらないのだけが無念です

IMGP7812_convert_20140822145328.jpg

ディナー後のお散歩にはぴったり
な光景を堪能しながら歩いてると、人がちらほらと固まってる一角があって、おおここか!

DSC_0374_convert_20140822150223.jpg

壁画としてだけ見るなら、思ったほどの違和感はないなというのが個人的第一印象でした。
色調がふんわかしてるので、周りの景観と意外と調和してるし、画家設定なのも「カナレットがらみ?」と思えばベネチアらしいと言えば言えるかも??
ただこの壁画より前面にかぶさって見える、「グッズ販売」とか「それでまたゲストに散財させて一儲け」といった余計な絵柄がね~、違和感発生源なのよね~~
(加えて今度は彫刻家設定になったそうですね。カナレットのようにここベネチアを愛し描き続け・・・みたいなキャラかと無理して思ってたら違いました

IMGP7814_convert_20140822145430.jpg

ちなみにこのジェラトーニちゃん出現場所は、ゴンドラ乗り場へ向かう橋のこっち側で↑
そこから後ろを振り返るとこんな感じ↓

DSC_0377_convert_20140822150245.jpg

う~んやっぱし、この景色だけで充~~分素敵だと思うけどなあ、ここら辺は

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

やっぱりストームは欠かせない

8/1(金)16時過ぎ。
ポートディスカバリーに到着したママKK、まずはストームライダーのFPを取ります。
時間は16:40~17:50。良いわあ30分後のFPでもまだ発券してくれるなんて
ストームやマジックランプなどの劇場型アトラクは、個人的にはSB30分以上なら、FPの方が絶対ラクだと感じます。劇場型だと、待ってる間動きがないので、SB時間が比較的長~く感じるんですよね~
その点FPなら、タイミングあえばすぐ入れちゃうのがありがたいです。とはいえ劇場型だと、FPでも平均10分くらいは待ちますが

IMGP7797_convert_20140822144809.jpg

スマホの公式サイトを見ると、今日はこの時間でもまだストームライダーの他、マジックランプとレイジングのFPを発券中。
えっレイジング残ってる!?KKが今年、センターと並んで乗る宣言してるアトラクじゃないの あーでも今から取ると、ちょうど夕食~ファンタズミックにかかっちゃうな~。ストーム乗り終わってから取りに行こう。

IMGP8114_convert_20140918102226.jpg

やがてインディに乗ってきたパパUと無事合流。
すっかりインディに乗り慣れたU、今回は写真のところでカッコよく指を立て「GJ」とキメようとした瞬間、車が揺れて指が鼻に入り、痛恨の豚鼻写真になってしまったそう
パパケータイで撮った写真にひとしきり笑い、ミストでひとしきり遊んだあと、FP時間になったストームライダーへ。

IMGP7796_convert_20140822144643.jpg

我が家の定番・ストームライダー。
もう全員、すべてのセリフを覚えてしまって「乗り飽きた」ってくらいなんですが(Uなどセリフが入ってないCDを聞きながら「近道しようぜ」「でいーびす」「先に行ってるよ~♫」等々、声色を使ってアフレコしてるレベル)、雨が降ったり爆弾が降ったり、横の窓の景色が動いたり椅子が動いたりと、比較的ハデで「ちゃんとしたアトラクに乗った~♫」という気分になれるので、我が家全員とりわけ男衆がわりと好きなアトラクです。我が家的には、シーに来てこれに乗らないのは、なんかもったいない気すらしてしまうという
ママもこの音楽を本場(?)で聴けるのが楽しみで♫ 何度も書いてる気がしますが、ママ的にはストームライダー=画面にあわせて音楽を鑑賞するためのアトラクです。ほんとここの音楽が大好きなんですよね~~~ 特に発進時の、ゲートが開くシーンや、イルカの上を飛んでいくシーンなんてもう、何回乗っても背筋ぞわぞわ
(ちなみにママにとってのミシカもこんな感じで、「音楽を鑑賞するためのショー」というか「この音楽があるから2倍3倍にも素晴らしく感じるショー」でした。イコール「時に鳥肌立つくらい素晴らしいショー」って意味合いでもあり

IMGP8151_convert_20140823131503.jpg

乗り終わると17時過ぎ。
スマホでレイジングのFP時間をチェックしてみると、おお今からゆっくり行けばちょうどいい時間帯
というわけで、ゆ~っくりロストリバーまで行って、レイジングのFP取得。時間は20:15~21:15です。
「Uは乗らない!」と頑固に拒否ですが、インディのFPはとうに終わっちゃって他に取るFPもないし、一応4枚発券しておきましょう。余ったら余ったでいいしね

DSC_0350_convert_20140822145802.jpg

時刻は17時半。
18時にレストランのPSがあるので、またまたの~んびり歩いて港へ向かいます。
う~んフォートレスエクスプロレーションのあたりも、やっぱり心惹かれる景色だな~♫
中世っぽい建物とか旗とか、「私的シー濃度」が比較的高めな空間というか

IMGP7802_convert_20140822144857.jpg

こんなところにまで溶岩が
KKに言われて初めて気づきましたが、TDRのこういうこだわった遊び心がたまらない

IMGP7803_convert_20140822144923.jpg

高濃度なシーの景色の中を、イタリアまでの~んびり歩いて、今夜のレストラン到着です。

IMGP7804_convert_20140822144954.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

大興奮の地底旅行!

8/1(金)15:30 シーに到着。

DSC_0327_convert_20140821173000.jpg

しかし今度はのんびりシーを歩いてる時間はありません。
FP時間が、パパUのインディ15:30~16:30はいいとして、ママKKのセンター14:50~15:50!
最近FPが厳しくなって、1分でも時間に遅れると入れないという話も聞いたので、パパUとはポートディスカバリーで待ち合わせすることにし、ママKKはハーバーからミステリアスアイランドまでダッシュ

IMGP7767_convert_20140814162452.jpg

というと素早そうですが、実際にはママのダッシュ=KKの早歩きというテイタラク
しかも、そんな早歩き速度で必死にダッシュしても、息が切れて次にはカメのような速度で歩いてるママ。ダメじゃんかえって遅くなってるじゃん
ぴゃ~っと走ってってセンター乗りたいけど、ママも心配だという感じで、急ぐに急げず、振り返りながら先を行くKKに、足を引っ張って申し訳ない思い これでKKがセンター乗り損なったら、後悔してもしきれないわ~
「わ、悪いけど、先行って、キャストさんに、後から1人来るけど、待ってて一緒に乗っても、大丈夫か、聞いてみて。もしダメなら、KK1人で、乗ってて」
と、息も絶え絶えに伝えると、KKも「わかった!」と頼もしく答え、ぴゃ~~っと おお~速いな~~ 今回のTDR旅行は、KKの体力がほんと心配だったんだけど、今んとこ大丈夫そうで、ほんとによかった
その後も、通常人の早歩きになったりカメになったりしながら、ママもなんとかセンター到着。よかった~インディじゃなくて これでロストリバーまでとか、考えただけでぞっとするわ~
時間も心配したほどじゃなく、まだ15時40分すぎ。は~~よかった~~~

IMGP7785_convert_20140820105829.jpg

運動によるドキドキと、期待&恐怖によるドキドキの二重奏になりながら、ついにセンターオブジアース入場
ママKK、センターはこれが2回目です。1度、まだUがベビーカーだった頃、パパママKKで乗ったらその後我が家では誰も「乗りたい」という人がいなくなったという
(そういえばその時、怖がるUの身長を無理やり測って、未来へのFPを発行してくれたキャストさんがいらしたのも、懐かしい思い出です 使わないままなくしちゃったけど
しかし絶叫系好きなママは、けっこう快感だった記憶があって、機会があればもう1度と長らく思っていたので、今回KKが乗る気マンマンだったのは、ママには予想外の喜びでした~♫ KKに湧いたチャレンジ精神への喜びもさることながら。

IMGP7787_convert_20140821173305.jpg

ここの待ち通路も本格的で、KKがさっそく食いつきます。
広く薄暗くて雰囲気十分の洞窟の中には、厳かなテーマ曲が流れていて、ところどころにあるネモ船長のラボには、変な動物の瓶詰めや、心惹かれるメモ書きその他。
いかにも「昔のSF」っぽい雰囲気でしっかり作られていて、KKと口々に「こういうのがTDRはすごいよなあ」と。
ママ的には、この長い待ち通路の間に息を整えることができるのもうれしいポイントでした ビッグサンダーとかだったら、たぶんあのまま乗って酔っ払うこと確実(もっともセンターは最後の一瞬だけなので、そもそもそんなに酔わないアトラクではありますが)

IMGP7788_convert_20140822090900.jpg

テラベーターに乗ったら、乗り場まではもうすぐ
郡山のふれあい科学館みたいな、これまた雰囲気ばっちりのエレベーターです。たとえが地元ですみませんが
降りるとそこはもう、地底発掘現場。
ポートディスカバリーのようなトゥモローランドのような、ちょっと郷愁あふれるSF的マシンをバックに、巨大な地下世界どーん!

IMGP8019_convert_20140823201302.jpg

「よく作ったなあ」と、またまた感心して下を覗き込むと小銭が投げてあったりして、「ここでもか!」とKKと大笑い
日本の風習なのか世界共通なのか、TDRでも「水のあるところ小銭あり」という感じで、景観度外視して必ず小銭が投げ込まれているのが、TDRを力尽くで民間信仰の場に変身させてるみたいで、かねがねおかしくも不思議だったのですが、まさか地底でもとは 「どうやって回収するんだろう」とはKKの素朴な疑問

そして、ついに来ました地底走行車 「うわ~~ワクワクする~~~」と、さっきから上がりっぱなしの2人のテンションもここでMAX
最初はゆ~っくりで、地底の宝石・鉱石群を鑑賞。ああそういえば一番最初に乗った時って、ママはここを見るのが一番の目的だったのよねえ、すっごくキレイだって聞いたから
でもこれ、肉眼で見ると驚く程ちゃっちくて ミラコスタや、いやTDR全体がそうだけど、肉眼だとめちゃめちゃ作り物っぽいのに、カメラだとすごく本物っぽく見えるっていう、「映画の手法」ここに極まれりみたいな(そこがまた好きなんだけど
引き続き出てくる、地底のなんかよくわからん生物たちも、これまたちゃっちくて、笑わせたいのか怖がらせたいのかという
「こういう生物Uが好きそうじゃない?」「海底2万マイルみたいだよね」 そういやここもネモ船長の管轄だったっけ
「ドラゴンが出てくるあたりからヤバイんだよね」「ドラゴンはまだかドラゴン!」と、地底をゆ~っくりジャーニーしつつもワクワク待ち構えてたら、うおっあっつっ 突如ランドの夏祭りみたいな火柱が!!「うわびっくり!!」とか言ってたら来たよ右側からドラゴンが!!ドラゴンじゃないけど!!
「キターーーーーーーーーーーーーーーーー」
と心臓跳ね上がった途端、鳴り響くブザー!爆走し始める走行車!!噴出されるガス!!!「うわ来た来たよこれ!!!」「来たね!!!来たよ!!!」と、ママKK、おたけびっぱなし ママの記憶ではこの白いガスに巻かれながら、気づけばぽーーーん、って感じだったけど、違いました。白煙は数秒で、あとは真っ暗な中を、ものすごい勢いでぐるぐる移動している感覚があるのみ!しかし昼間なので、うおおおおと叫びながらも前方を睨みつけてると、やがてトンネル出口のように真っ白な光が差し込んでるのが見えてきて「あそこだ~!来るぞ~~~~~!!!」
反射的に体を浮かせて、飛び出し体勢を整えると同時に、目に飛び込んできたのは

わ~~~~~~~~~
シーだ~~~~~~~~~~

と叫んだ瞬間、車はどごごごーと奈落へ転落。キャーこの一瞬は目をつぶらずにいられない!でも見た!前はなんだか茶色い屋根の連なりしか見えなかったけど、今回はザンビーニあたりの景色が俯瞰で見えた!!気がする!!
その後超スピードで駆け抜ける緑のミステリアスアイランドもチラ見して(「見えた!見えた!」とKKも大コーフン)、やがてずががががっと、乗り場到着。はあ~~~~(脱力)

「すごい!!すごかった!!もう1度乗りたい」「乗ろう!!あの景色をもう1度見たい!!絶対乗ろう
と、乗り終わったあともボーボーと燃えっぱなしなママKK
なかなか鎮火しないまま、あそこがよかったここがすごかったと口々に感想を叫び合いつつ、パパUとの待ち合わせ場所・ポートディスカバリーへ向かいます。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

FPの取り方が問題だ

8/1(金)12時、ザンビーニブラザーズリストランテ。
ランチタイムにも関わらず、レジもテーブルも待ちなしですぐ座れたのはすごくありがたかったです。
「こういうとこがシーはいいんだよなあ。すぐに休憩できるところがいっぱいあって、しかもどこもわりと雰囲気良くて」
と、席についてシーをほめたたえあいますがもしかしたらこれはたまたまこの時空いてただけだったのかも?

DSC_0282_convert_20140821112618.jpg

さっきユカタンでがっつり肉食べてきた遺跡調査隊としては(そういやプリマハム提供だった)あんましおなかが空いてなく、ただこの真夏の直射日光と、昨日からの全身筋肉痛から逃れるべくお茶するのが目的だったのですが、せっかくだからなんかつまもうと、4人でパスタも1皿。
このクリームパスタは、去年食べたら意外な美味しさで、それまで強固に思い込んでいた「ザンビーニ=まずい」という固定観念を打ち砕いてくれたもの。
今回も、みんなおなかいっぱいなはずなのに、食べ始めたらあっという間になくなって、「1人分食べたかったな」というひもじい感想まで飛び出すほど。シーに来てまでの一杯のかけそばは侘しさひとしおです

DSC_0284_convert_20140814223657.jpg

さて次のFPは何取りましょう?と、食べながら計画。
さっきインディに乗る前=11時過ぎに取ったFPは、センター14:50~15:50が2枚、インディ15:30~16:30が2枚。
次のFPは、センターやインディ以外なら2時間後、すなわち13時過ぎに全員分取れますが、同一アトラクのFPは乗車時間にならないと取れません。
というわけで、取り方は以下の2つ。

・13時過ぎに、全員で乗れるストームライダーかマジックランプのFPを取る
(タワテラやレイジングもありますが、KKUのどちらかあるいは両方が拒否

・13時過ぎに、インディとセンターのFPを2枚ずつ取る。この場合、11時にインディFPを取ったパスポートでセンターを、センターFPを取ったパスポートでインディを取るべし
(もしもどっちのパスポートかわからなくても、FP発券機に読み込ませれば、無事に発券されるされないで判別できるので大丈夫ですが

2番目の場合、13時すぎだとインディやセンターのFPは夕飯やファンタズミックにかかりそうだなあ。最悪、発券終了してるかもだし。まあそしたらみんなでストームあたりのFPにすればいいか。
しかし中途半端にどっちか(あるいは両方)取れたら、昼間にみんなでストームとかに乗れなくなっちゃうな~。まあ並べばいいんだけど、この暑い中ストームにSB30分はヤだなあ。
どのみち13時過ぎまでは何かして時間潰さなきゃだなあ。どこ行こう?

なんて考えてると、お約束でだんだんめんどくさくなってきた我が家
この炎天下に、積極的に乗りたいものもないのに歩いていってはSBというのが今は苦痛で、「センター&インディまでホテルがいい」。
そうね、センターFPは~15:50、インディFPは~16:30までだから、今から15時くらいまでホテルで休めればちょうどいいかもね。そんで夜の乗り放題タイムに備え、体力回復よ~♫

DSC_0289_convert_20140821112644.jpg

というわけで、何かの参考になるかと煩雑なことを書いてみましたが、結局はホテルで中休みという結論になったのでした
ザンビーニ裏から出口へ。
ここらへんも、個人的にシーで好きなスポットの1つです 

IMGP7779_convert_20140821113126.jpg

小道を囲むように並ぶ石造りの建物が、とっても風情あって

IMGP7777_convert_20140821113050.jpg

ほんの小さい区域なんですが、リアルに海外の一都市にいるかのような旅行気分♫
私にとってのシーの魅力って、こういう「(時間や空間含め)異国情緒が味わえる場所」ってのが大なんですよね~

IMGP7778_convert_20140821113109.jpg

12時半頃シーを出て

DSC_0292_convert_20140821112708.jpg

13時頃ホテル着。
この時間帯で、あまり利用する人もいないのか(そりゃミラコスタ通りがこの↑閑散ぶりですしね)、ベイサイドステーションにすべてのオフィシャル行きバスがずら~りと停まっていたのは壮観でした

IMGP7783_convert_20140821113224.jpg

ホテルではいつもどおり、オアシスで洗濯しつつ、コーヒー入れて景色眺めてのんびり♫ パパKKはお昼寝
オアシス往復の傍ら、「THE SHOP」というオアシス1Fにあるコンビニで、夜食兼あすの朝食のおにぎりなども仕入れておきました。
シェラトンには、このオアシスコンビニともう1軒、フロントからディズニーストアへ向かった先に、ドラッグストアを兼ねたコンビニがあり、扱うものや営業時間などが微妙に違います。おにぎり・サンドイッチやアイス、シェラトン製品などのおみやげは、24時までやってるオアシス側に、医薬品や日常的な消耗品、凍ったジュースなどは22時までのドラッグストアにあります。サンダルや傘といった、突発的事態にちょっと助かるものもあったかな。もちろん、ジュースやお菓子など、共通して置いてあるものも多々です。

そうこうするうち15時過ぎ。
いよいよUのお楽しみアトラク、そしてKK的今回の大目玉アトラクに向けて、ホテル出発です

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

やっぱりシーが好き

8/1(金)11時。
時刻はそろそろ次のFPが取れる時間。
例年なら次のFPもインディですが、今年はセンターにも乗りたいKK&インディにだけ乗りたいUと、好みが分かれたので、次は分割方式で すなわち、2枚はセンター、2枚はインディ。
ママがこれらを取ってくる間、男衆は近場のアトラクで楽しみ、インディの時計前ベンチ(←ケータイという連絡手段がなくなったので、この厳密さ)で待ち合わせするという形に。
インディの近場ですぐ楽しめるアトラクといえば、我が家的にはこれ!

DSC_0237_convert_20140814222455.jpg

シンドバッド5分待ちです
SB時間の短さもさることながら、この涼しさがたまりません ママKKU的にはこの歌と内容も、意外と見てて飽きず(スモールワールドよりは断然好き)、パパ的には意外と長く涼める休憩所ということで、我が家ではすっかり「困った時のシンドバッド」というありがたいアトラクになってます

IMGP7893_convert_20140901100120.jpg

ママはその間、まずはミステリアスアイランドに行ってセンターFP2枚、ついでロストリバーに戻ってインディFP2枚を発券。
その後はインディ前のベンチを陣取り、パパKKUを信じてひたすら待ちます 暑かった~~

この時お隣では中国語(か韓国語。ママには同じように聞こえてしまう)グループが何やら楽しそうに何やら報告し合っていたのですが、そのうち反対側のお隣さんも、中国語か韓国語グループと合流。
「おお両側が外国語とは、なんだか海外旅行気分だな~♫」と思っていたら、加えて目の前にも中国語か韓国語でしゃべりまくるグループが立ち止まりと、ついに全方向を外国語で囲まれることに
TDRに外国人ゲストは決して珍しくないのは承知ですが、これほど「ここは日本か!?」と思ったのは初めて!

この後も何度か思いましたが、今年は今までになく外国人ゲストが多いような気がしました。
我が家は福島県在住で、アルツ磐梯など県内の観光施設で外国人を見かけると、「危ないと言われてる福島にわざわざ滞在ありがとう」→「福島はそんなに危なくないと信じてくれてありがとう」と思ってしまうクセがここ数年でついちゃったのですが今回もそんな感じで「原発事故から3年たって、やっと外国も「日本は大丈夫」と思う人が多数になったのかなあ」と、中国語か韓国語にステレオで囲まれながら、うれしくありがたい気持ちになってしまいました

DSC_0242_convert_20140814222542.jpg

11時半。パパKKUと無事合流しインディに。
去年おととしとハマりまくって、飽きるくらいインディに乗ってたKK。今年はやっぱり半分飽きてて、待ち通路に施された工夫の方にもっぱら重点を。
1年越しの「真実の口」(じゃ絶対ないと思うけど我が家的には「嘘つきは手を噛まれる」ことになってます)にももちろん手を突っ込んで、今年は目潰しもしてみました って神の怒りに触れるんじゃないか~~!?

DSC_0250_convert_20140819225337.jpg

去年初乗車したUは、骸骨や蛇やビームやセリフ数種類やe.t.c...すべてを覚えてるせいか、もうまったく怖くないらしく。
ママがどーにも生理的に怖い吹き矢のところで、耳ふさいで乗ってたら「え?これが怖いの?」とUに盛大にバカにされました。だって吹き矢が耳の奥つきささりそうな音じゃな~い!?
乗り終わったあとはお約束の「もう1度もう1度」でした。はいはいFP取ったから午後からね~

写真を提示してあるあたり(だったかな?)でこんな黒板を見つけたKK、「これユカタンの外にあった柱じゃ!?」とまたまた食いつきます
今までこんな黒板の存在にまったく気付かなかったパパママUもつられて、解読しようと雁首並べて
結局よくわからないままでしたが、「エルドラドキャンティーナのミゲルに確認すること」なんて言葉があるのが見えますね。これはユカタンだけじゃなく、ミゲルズにも行っとくべきか!?

DSC_0257_convert_20140814222753.jpg

さてインディに乗り終わったら、後はセンターFP&インディFPまで、はっきり言って時間つぶし
しかし他にKK&Uが乗りたいアトラク・レイジングやマーメイドのあれこれは、あんまり並びたくない待ち時間だし、何より昨日の筋肉痛を引きずっているところにこの陽射しで、早くも疲れかけてるので、手近な船でとりあえず港に戻ることに。

DSC_0262_convert_20140814222901.jpg

我が家の男衆特にパパが、意外と好きなアトラク・トランジットスチーマーラインは、SB5分。
乗ってみると、夏場は意外と蒸し暑くて、「快適な船旅」ならシンドバッドの方に軍配が上がるのですが、あっつい中ハーバーまで歩かなくて済む=その時間ゆっくり休憩できるというのは、やっぱりありがたいアトラクです。景色もいいしね♫

DSC_0271_convert_20140814223125.jpg

今回は、見送ってくれる船員さんも操縦する人も、全員女性でびっくり
昔はここ「男の職場」って印象があったのですが、いつの頃からか女性が増えましたよね~。なんだかジャングルクルーズみたい。
そういえば逆に「女の職場」という印象があったホーンテッドマンションでは、前回も今回もおじちゃんキャストさん複数で、これまたびっくりしたものでした。そしてどちらのアトラクも、それが意外と似合ってるんですよね~。特にホーンテッドは、キャストさん=メイドさんというイメージがあったので最初こそ驚きでしたが、意外とおじちゃんだと執事とかの亡霊ぽくて、これはこれでアリだなと
今回の蒸気船も、何か途中トラブルがあったみたいで、バックしたり汽笛を鳴らしたりと調整していたのですが、お姉さんがクールに船を操る姿は、なんだかカッコよかったです
(でも個人的には、ジャングルクルーズだけはお兄さんキャストの方がいいなとなぜか思う

IMGP7774_convert_20140821113004.jpg

12時頃、メディテレーニアンハーバー着。
わ~~やっぱり好きだな~~~ここらへんの景色
シーならどこをほっつき歩いてもどこに佇んでいても、それだけで満足というくらいシー好きなママですが、やっぱりここハーバーの眺めは「象徴」って感じで格別かな~~。
いやでもNYの雰囲気も格別だし、ベネチアの夜景も捨てがたいし、それ言ったら夜のポートディスカバリーの色鮮やかさだって、いやいやガリオン船の夕暮れをお忘れか、ちょっと待てミステリアスアイランドを無視するのはわしが許さん(誰?)
キリがない上に変な人まで憑依してきたので以下省略しますがほんとシーの景色はどことっても甲乙つけがたいということで

DSC_0276_convert_20140814223518.jpg

ちょうど水かけショーが終わったところらしく、地面が打ち水したように黒く濡れていました。
しかしまさに「焼け石に水」状態で、屋外に出た途端この暑さに負けた我が家
ここらに並んで乗りたいアトラクもないし、とにかくどっかで休憩しようと、お腹もすいてないのに手近なザンビーニへ。
なんか今日は休憩してばっかだわ~

IMGP7776_convert_20140821113030.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーは素晴らシー

8/1(金) TDR旅行2日目
今日は1日シーの予定です。
U大好きアトラク・インディに加え、KKの希望でセンター、レイジングなど、今年は今までになく人気アトラクを乗りまくるつもりなので、目標8時入園 てことは7時半には到着 てことは7時前には起床
「絶対無理でしょ」と確信しながら、疲れと筋肉痛に全身包まれて昨夜就寝したものですが、案の定起きたのは開園30分後
ホテルのドラッグストアで筋肉痛の薬を買い、出発前に皆で塗りたくって、なんとか9時にホテル出ます(我が家にしてはこれでもかなり頑張ってる方
お久しぶりのリゾートラインに乗って、9時半シー到着。

IMGP8049_convert_20140818121706.jpg

わ~~~~~~~
シーだ~~~~~~♫

DSC_0199_convert_20140814221743.jpg

ママはシーが大好きなので、眼前に広がるメディテレーニアンハーバーを見ただけで感無量
実際にこの景色の中にいるっていうのがなんだか夢みたいに思えて ロストリバーまでの道すがら、あちこちキョロキョロしてはシーを満喫します

IMGP7933_convert_20140901100838.jpg

ミラコスタの一部が外壁補修中で、こんなんなってるのも目を引きます
テラス部分も幕にすっぽり覆われていました。

DSC_0205_convert_20140814221803.jpg

ポンテベッキオを歩いていくと、ちょうど夏の水かけショーが始まるところで、これで我が家的には「シーの夏イベントも制覇した」ことになりました(えっこれで
しかしここら辺、ご覧のとおりで、もう始まった今からでも、1列めでのんびり見れそうな雰囲気。
個人的には、このガツガツしてない、のんびりした雰囲気がまた「ああシーだな~」と

DSC_0206_convert_20140814221821.jpg

TDRは好きでも嫌いでもない、基本私たちが行きたがるから付き合ってくれてるパパも、歩きながら「やっぱりシーはいいよなあ」
パパはひそかにカメラ好きなのですが(しかし今は家計が火の車なので購入不可)、その点シーは写真を撮りたくなるような景色が多く、歩き=単なる移動であるランドに比べて、歩いてるだけで気持ちいいのだそうです。
ですよね~~~ ママも一言一句まったく同じよ~♫ うれしいわ~~~パパも着々とTDRの魔の手に陥ってくれて
(というわけで今回の旅行記は、パパが撮った写真多数です。なんかえらくこまめに写真撮ってて

DSC_0211_convert_20140814221911.jpg

そして見えてきました目的地。
我が家的に(中でもU的に)「これに乗らなきゃ始まらないアトラク」インディジョーンズです
10時に着いて、FPは11:10~12:10。おおまだ2時間以内とはありがたい
早くも暑くなってきたので、FP取ったらインディに乗るまで、お隣のレストラン「ユカタンベースキャンプグリル」で避暑することに。
ここは、インディを始めとするロストリバーデルタの遺跡を発掘してる人たちのベースキャンプ。というか遺跡の中にレストラン作っちゃいましたみたいな。
なので、お店の周りは遺跡がゴロゴロ

IMGP7759_convert_20140814162145.jpg

遺体もゴロゴロ

IMGP7760_convert_20140814162200.jpg

遺体の造形もさることながら、周りに置かれた発掘用品や装飾品など、見れば見るほど芸が細かい
TDR独特のバックグラウンドストーリーに、今年はえらく興味を示しているKKにとっては、ロストリバーのこうした遺跡オブジェは宝の山のごとくで、遺跡の装飾や副葬品など、あれこれ見比べては「こっちの遺体はなんか意味ありげ」「この模様は向こうにもあった」などなど、仕掛けられた謎を解き明かす楽しみ堪能

DSC_0213_convert_20140814221935.jpg

謎を解き明かそうと、あちこち調査しては語り合う遺跡発掘隊(?)。
しかしよくわからないまま、とりあえずベースキャンプにてブランチ

DSC_0225_convert_20140814222223.jpg

10時過ぎという中途半端な時間なこともあって、広ーい店内はがらんがらん。
パパママともに、これもシーの方がランドより好きな理由です。休憩所になる大レストランがいっぱいあるという。
もちろんランドにも大レストランはいっぱいあるのですが、お店の席数が全体的に(昭和時代なこともあって)シーより少なめなせいか、にもかかわらず入園者数がシーより多いせいか、好きな時にぷらっとお茶して一休みといった自由な行動が、ランドではシーよりできない印象があるんですよね

IMGP7764_convert_20140814162316.jpg

男衆は肉っぽいスペシャルセット(遺跡調査は体力使うもんね) ママはウインナつまみにキウイモヒート。
モヒートは大好きだけどキウイはいまいちなママとしては、「今年はキウイモヒート」と聞いた時には「買わなくていいや」と思ったものでしたが、目の前で売ってるとついね
味も、思ったよりキウイキウイしてなくて、さっぱりと飲みやすかったですが、しかしやっぱり個人的には去年のライムの方がよかったな~

DSC_0215_convert_20140814222106.jpg

このお店は外観も内装も、お隣インディから地続きの遺跡っぽさなのですが、ここで旅行前にネットで聞きかじったトリビア「ユカタン店内には、「若さの泉@インディ」への入口がある」だけを、かろうじて思い出したママ。
KKに言うとえらく興味を持ったらしくて、あそこかここかと店内のあちこちをUも一緒になって指さしまくり。
やがて「あれじゃないの!?」と推定したのは、この壁↓

DSC_0227_convert_20140814222324.jpg

「上に何か字が書いてあるし、横の神様っぽい絵が表にあった遺跡と同じ」等々、さっきあれこれ観察した成果を発揮して、お店を出る間際には「店員さんにちょっと聞いてみてよ~」とまで訴える食いつきっぷり
「なんか恥ずかしいよ~マニアみたいで」とか言いつつ、ママが手近なキャストさんに聞いてみると、このキャストさんがまた「来たよこの質問」といった食いつきっぷりで「そ~うなんですよ~。実はあそこが若さの泉の入口なんです」。 おお~~KKビンゴ
「あまりにも多くの人が押し寄せてきたので封印してしまったんですが、今でもあの向こうに若さの泉はあるんですよ~!私も泉のパワーをもらえるんじゃないかと、あそこのテーブルはこまめに拭きに行ったりしてます♫」
と、もうロストリバーデルタにおけるキャストさんの鏡みたいな説明を
「よろしかったらあそこのテーブルでお写真も撮りますから、また後でいらしてください」というお言葉までいただいてお店を後にしましたが(しかし結局再訪せず)、インディ好きな方はぜひどうぞ!きっとキャストさんが「待ってました」というノリで案内してくれます

DSC_0232_convert_20140814222406.jpg

さて時刻は11時。そろそろ次のFPが取れる時間です。
うーん次はどのアトラクにしようかな?

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

夏ランドの夜は花火大会もあり

7/31(木)19時半。
すっかり夜になったランドを、トゥモローランド経由でトゥーンタウンへ向かいます。
昼間は25分待ちで素通りしたサーキットが、今は10分待ちだったのでちょっと寄り道。
暗闇の中で「バルルル」と鳴り響いてるここのエンジン音は、なぜか私的「夏TDLの夜の空気」を思い出させる音No.1です。

IMGP7737_convert_20140814161527.jpg

トゥーンタウンに着いたら、さっそくU大好きアトラクNo.1であるこれに!

IMGP7739_convert_20140818093722.jpg

って、またわけのわからない写真が出てきましたがロジャーラビット5分待ちです。
夏休みの日中なんかは40分待ちになってしまう、意外と人気なアトラク。確かに乗り心地はプーさん(をもっと邪悪に激しくした)みたいで面白いし、こういうポスターみたいに待ち通路もシャレを効かせた工夫がてんこ盛りで好印象なのですが、しかしいくら工夫が施されているといっても、これに40分待って乗るのは辛いので、ここはやっぱり朝か晩がベスト 私たちもここぞとばかり連続乗りです

DSC_0141_convert_20140814160733.jpg

来たついでに、これは昼間でも全然OKなトゥーンタウンのあちこちで遊びまくり。
夜のトゥーンタウンは、昼に比べると人が少なくて、ちょっぴり侘しい雰囲気すらあったりしますが、夜景はさすがTDRらしい美しさ♫

DSC_0144_convert_20140814160815.jpg

そうこうするうち、時刻は早くも20時半。
そろそろ帰り道へと、ファンタジーランドからお城方面へ向かっていると、おわっシンデレラ城がなんかカラフルだぞ

DSC_0158_convert_20140814160948.jpg

おお~~これがワンスアポンアタイムか~~~
と言っても、今いるところからは肝心のマッピング映像は全然見えませんが華やかなライトアップや花火を見ているだけでもなんか楽しいので、ちょっと座って見ていくことに♫

DSC_0164_convert_20140814161047.jpg

ファンタジーランドはお城の裏側なので、映像はもちろん音楽すら聞こえませんが、その分、時々なんの脈絡もなく花火がドカーンと上がってびっくりします 気分は「ワンス鑑賞」というより「花火鑑賞」

DSC_0169_convert_20140814161137.jpg

ワンスの最中、シンデレラ城を彩るサーチライトは、私たちが今いる右側・白雪姫と↓

IMGP7742_convert_20140817172907.jpg

左側の↓フィルハーだったな?の建物後ろから照射されているのですが

IMGP7744_convert_20140817172923.jpg

ここから時々どどどどんと連発花火が上がるので、これまたけっこうびっくりします 「うわっいきなり両側から花火が!!」みたいな。
「シンデレラ城の花火大会」を味わいたい方には、予測不可能な臨場感があるお城の裏側もいいかもです

DSC_0149_convert_20140818094352.jpg

最後の方なんかこんな感じで、なんだかもうシンデレラ城爆発状態

DSC_0173_convert_20140814161249.jpg

「でもやっぱり次は正面から見たいな」という結論になりながら見終わって、時刻は21時。
パパのスマホで公式サイトの待ち時間を見てみたら、スペースマウンテン30分待ち。
「30分なら待ってでも乗る」と意気込むKKはパパとトゥモローランドへ。
さっきスペマン乗り終わった後じわじわと酔いに襲われたママは、まだスペマンが怖いUとともに、ここら付近のアトラクにでも乗って、30分くらいしたらスペマン出口で待ちあわせすることに。

IMGP7751_convert_20140814161844.jpg

ママU本日最後のアトラクは、ピノキオ5分待ち。
白雪姫がすっかり怖くて気に入ってしまった我が家 しかし今日は白雪姫は休止なので、「これも怖いらしいよ」というUの言葉に従い。
ええ~ピノキオ?怖いどころか、なんかしょぼくてすぐ終わっちゃうイメージがあるけどな~~
と思って乗ってみたら、なるほどちょっと怖いかも いや怖いまでは行きませんが、夜に人形だけが動いてる狭苦しい空間にいるという、そうちょうど「閉園間際の貸切スモールワールドの不気味さ」みたいな感じが、確かにちょっぴし
「Uの言ったとおり、ちょっと怖かったでしょ(ドヤ」と言いながらトゥモローランドに移動して、ついでにUご希望・リトルグリーンメンのバターしょうゆポップコーンも買って、ついに初ミッション!ママがケータイ壊したことによる「連絡手段なしでひたすらパパKKを待つ」発動

DSC_0137_convert_20140818093521.jpg

スペマン出口にきっちり陣取り、パパKKを見落とさないよう、楽しげに出てくる人たちをガン見しながら待ってると、心配性のUは早くも5分ほどで
「ねーまだ来ないよーー」「Uたちのこと、探してるのに見つからないんじゃないのーー」そして「このまま会えなくなったらどうするのーーー
と、トイレも我慢してスペマン出口から動かない心配ぶり。もちろんママの「気を紛らわすために、あそこのお土産屋さんでも覗いてみようか」なんて発言は、「何を言い出すのかこのママは」という顔でスルー。
あ~でもそういやママも子供の頃はこんな感じだったかもな~。親が待ち合わせ中にフラついてると「生き別れ」、親が帰ってくるのがちょっとでも遅いと「家出した」と、とにかく心配になったもんです これはつまり、子供がいかに受身の立場で、周りの環境に自分の存在がいかに左右されるかっていうのを本能的にわかってる証なのかもですね。ま子供に限らず、自然界における人間の存在ってのがそもそもそうゆうもんなのかもしれませんが。

「まあまあポップコーンでもおたべなさい」「・・・」みたいな感じで待ってると22時頃
「やっぱりスペマンはすごい
と大コーフンでKKたちが戻ってきて、初ミッション「信じて待つ」は無事クリア
Uも速攻でトイレに行ってさてじゃあ出口に向かいましょうか。
あたりはさすがに人も少なくなってきてますが、驚いたことに22時過ぎたのに、スペマンやモンインなどはまだSB可能で、「ただいま25分待ちで~す」などの呼び込みを(思わずアトラク入口の時計を二度見してしまいました
これはワンスで帰りが激混みになるのを回避するための非常措置なのかな?
KKがもう1回乗りたそうでしたが、明朝8時開園のシーへの余力を残すべく、今日は帰りましょう。
いや~それにしても、8時開園で閉園まで遊ぶと、充実するけど疲れますね~~

DSC_0179_convert_20140814161357.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

昭和になったディズニーランド

7/31(木)17時半頃、ランドに再入園した私たち。
目指すはここです!

DSC_0078[1]_convert_20140814153917

ってよくわからん写真ですが今年のランドでKKが一番楽しみにしていたアトラク・スペースマウンテン。
それまではビッグサンダーざんまいだったのですが、去年スペマンに目覚めてしまったらKKいわく「今はもうビッグサンダーなんて ┐(´ー`)┌ 」とのこと
しかし今年やっとビッグサンダーに乗れるようになった状態のUは、スペマン断固拒否
スマホの公式サイトで見ると、Uの大好きアトラクその2・カリブが5分待ちなので(ちなみにその1はロジャー)、ここでママKKとパパUで別行動、すなわちパパUは、ママKKが来るまでカリブ連続乗りして過ごすことに。

DSC_0174_convert_20140814161306.jpg

ここに入ると、KKは大興奮 
ママも若かりし頃、このアトラクがランドのトップ人気だった時代を肌で思い出して、やっぱり興奮してしまいます この音と暗さ、このコカ・コーラの看板、そしてこの表示がもうスリリングで

DSC_0079[1]_convert_20140814153941

「怖くなってきたでしょ~?ほんとに怖いんですよ~~??引き返すなら今ですよ~~~???」
と、親切な顔して恐怖を煽ってるとしか見えない「途中退出口」(しかも3ヶ所もある
「ほんとに怖いんだ」と間に受けてドキドキしてしまう私のような人間は、これでますます興奮してしまうわけです

DSC_0177_convert_20140814161340.jpg

これはやっぱり、発進時が最高
両側にランプがいっぱいついてて、なんだか「昔のSF旅行が始まる的ワクワク感」、そうちょうど「銀河鉄道999」の電源ONシーンを思い出すみたいな(例えが昭和なのもスペマンらしさってことでひとつ
走り始めると、個人的には最初のうちこそ「星がキレ~~イだな~~~」と、スピードも相まって快感なのですが、途中からガンガン急カーブ&落下によるフワ感に襲われ続けて、しまいには「もういいよ~長いよ~~」と叫びながら乗ってます 乗り終わった時には、頭コーフン足ふわふわ
KKももちろん大コーフンで、「すごい!これはやっぱりすごい
そして「短い!もっと長く乗っていたい
ああ若さって素晴らしい。思えばこれがランドのトップ人気だった時代は、ママも「全然足りない!もっと長く乗っていたい」と心から願っていたものでした。まさか自分がこれを「長い」なんて感じる時が来ようとは、想像すらできずに

DSC_0126_convert_20140814160359.jpg

「夜SBが空いてたらもう1度乗る」と燃えるKKとともに、パパUチームのいるカリブへ。
なんでも、スマホ公式では5分待ちだったカリブ、着いてみたら20分待ちで、1回しか乗れなかったのだそう。
あっもしかしたら夏5チケットで、17時過ぎあたりは突発的に(特に入口に近いアトラクは)混むのかな!?
とりあえずPS時間の18時になっちゃったので、お隣・ブルーバイユーへ。

DSC_0132_convert_20140814160500.jpg

相変わらずのいい雰囲気
この雰囲気を写真に収めようとスマホを出したママ、なんと落下させて画面が動かなくなってしまいましたーーーオーマイガーーー
お料理もそっちのけで復旧させようと頑張りましたが、タッチパネルが効かないのでいかんともしがたし
以降ママはショックで、せっかくのこの景色も鮭グラタンも、心から味わえなかったのが、今になって無念です(特に鮭グラタンは、魚の風味とホワイトソースの二重奏で、心身ともに元気じゃないとちょっとグッとくる味

DSC_0131_convert_20140814160444.jpg

スマホが壊れて今直接的に困ることは、さっきみたいに別行動した時、待ち合わせなどの連絡が取れないこと
特に生まれた時からケータイがあって当たり前のKK&Uは、「ケータイなしに別行動なんかして、一生会えなくなったらどうするのー」と、今生の別れみたいな絶望に陥ったみたいですが、年寄りパパママは「この際、昭和を思い出そう」と
すなわち、待ち合わせ場所を「カリブ」とかアバウトな決め方じゃなく、「カリブの入口の旗の下」レベルまで厳密に決める。そして待ち合わせ場所に着いたら絶対そこを動かない。どんなに不安になっても「相手は絶対ここに来る」と信じて待つ。
この「信じて待つ」というのが意外と難しく、互いの絆が試される行為なのですが、思えば昭和の待ち合わせってこれが普通だったんだよなあ。今じゃ考えらんないな

DSC_0134_convert_20140814160616.jpg

「もしもアクシデントが起こって待ち合わせ場所にたどり着けなかったら」「待ち合わせ途中でうっかりはぐれちゃったら」
等々、そうは言っても不安は尽きませんが、「困った時はキャストさんだ」と、最終的にはキャストさんに丸投げすることを決定し
決意も新たに(?)ブルーバイユーを出たら、外は人がわんさか&エレクトリカルパレード真っ最中。
この後にワンスが控えているためか、あたりはいつものエレパレ以上の混雑ぶり。
ですが思ったほど密集してないな もっとこう「立錐の余地なし」って感じかと思ったけど、これなら今からここらで待ってれば充分見れそう。
しかし「待ってまで立ち見」という選択肢はまったくない我が家、考えることは「今ならもしやアトラク乗り放題!?
というわけで、夜のざわざわした雰囲気の中、エレパレを追いかけるように、トゥーンタウンへ向かいます。

IMGP7738_convert_20140814161555.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

今年のホテルもやっぱりここ

7/31(木)13時半。
出発前まで散々悩みまくったホテルは、今年もやっぱりここになりました~

DSC_0118_convert_20140814155524.jpg

シェラトングランデ東京ベイです。
といってもシェラトン泊は今日明日だけ。あさっての土曜は高くて手が出ず、安定の良心的価格ルミエール西葛西に移動しますが

IMGP7871_convert_20140815175645.jpg
(ちょうど幕張メッセで宇宙博をやっていて、今年はその展示がしてありました)

今年の夏オフィシャルは、7月宿泊まではまあまあ安いものの、それでも7月末の宿泊となると、6月くらいにはだいたいどこも3万以上の価格設定になり。8月宿泊分になると、さらにプラス1~2万という感じ。
シェラトン早割90日前とかだと、7月末までなら2万円台、8月でもお盆以外の平日なら3万台で取れますが、今年の我が家は当初は7月末に行く予定はなかったので、ちょっと出遅れて早割30で予約(シェラトンは、早割とそうじゃない時の価格の落差がえらく大きいです。というかそもそもオフィシャル全体が、オンシーズンとオフシーズンでは価格差センターオブジアースなわけですが
しかし出発2週間前を切ったあたりから、今日すなわち7/31(木)がどこもえらく安くなり、オークラでは「スポットデイ」として3万円切り、クラブリゾートやサンルートなどではこの日だけなんと1万円台。
かな~り心揺らぎましたが、しかし金曜、土曜となるごとに、倍くらいの値段になっていくので、1泊だけじゃあな~と予約に至らず。慣れ親しんだホテルの方が何かと安心で後悔も少なそうという、シェラトンに対する信頼感も大きいですが。
さらに出発1週間前になって、近畿日本ツーリストから、この日のシェラトンがオアシスパスつき駐車料金無料で3万円切りプランが出て
速攻でこの日の予約を取り直すとともに、これでシェラトンに心が定まったわけなのでした。
にしても、混雑時期=価格変動が激しい時期のホテル予約はほんと、出発直前までチェックしないとですね

DSC_0110_convert_20140815180747.jpg

さてシェラトンについたものの、時刻はまだ13時半すぎ。
チェックインは15時からなんですが、フロントでチェックインできるか一応きいてみたところ
「(トリプル喫煙パーク側の条件で)今すぐ入れるお部屋が5階のスタンダードなんですが、それでよければ」とのこと。へ~~~こんな時間でも、チェックイン可能なんだ~
いっつもスタンダードで予約するも、いっつも無料アップグレードしてもらってて、スタンダードに泊まったことが実は一度もない私たち。今回は普通のスタンダードというのがちょっと残念でしたがこの時間から部屋で休めるならまあいいや~♫
トスティーナで各々冷たいジュースを買い込み、いざ初めてのスタンダード部屋へ。

DSC_0071[1]_convert_20140814153747

初めてのスタンダードは・・・せ、狭い!
室内の作りはどこもだいたい同じなのでそんなに狭さを感じませんでしたが、バルコニーに出たらすごく狭かったです。眺めも、周囲の部屋に囲まれてるような圧迫感があって。

IMGP7876_convert_20140815175850.jpg

シェラトンはS字型の建物につき、Sの内角に当たる部屋だと、どうしても周りの部屋たちに囲まれるつくりになってしまって、実面積も狭くなっちゃうんですよね~。
なのでこれは決して「スタンダードだから狭い」というわけじゃなく、おそらくどのフロアでも内角部屋なら同じ感じかと思われます。
実際シェラトンは、子供向けやコーナールームなど特殊な仕様でない限り、基本の作りは変わらないので、部屋の当たり外れは比較的少ないホテルだと個人的には思います。アメニティやお茶セットなども、クラブフロア以外は基本同じですしね。

DSC_0075[1]_convert_20140814153826
(そういえば今年は、寝巻きが夏らしい浴衣になってました)

「やっぱり15時からのチェックインにするべきだったか」などと言いつつも、冷房のきいた部屋でベッドに転がると、ああ~至福~~~
夏のTDR、特に休憩できる場所が少ないランドは、気温と人出がそんなでもない朝と夜にFPやSBで乗りまくって、暑さと行列でどもならん日中は、オフィシャルなどの近場に避難というのが、やっぱりラクだな~と再確認しました。

DSC_0322_convert_20140815180406.jpg

部屋備え付けのコーヒーメーカーでコーヒーを淹れ、シャワーを浴びている間に、KKは爆睡してしまいました。
最近めっちゃ体力の落ちてるKK(しかもほとんど徹夜明け)が、果たして夏のTDRで動き回れるのか、ひそかに心配していたのですが、今のところ元気でよかったです
パパはさっそくオアシスパスを使って大浴場へ。午後14時という、ホテル的にはエアスポットな時間帯なこともあってか、貸切だったそうです。「けどあれじゃ夜は狭いだろうな~」とはパパ談。
ママUも洗濯がてらオアシスへ。オフィシャル唯一のコインランドリーの存在も、ママ的シェラトンの決め手なんですよね~♫
コインランドリーも舞湯同様、夜にはえらく混みますが、この時間は待ちなしで洗濯機乾燥機使い放題です。
Uは部屋についてた「UFOキャッチャー無料券」を使って、ナムコランドでひと遊び。ここにUが偏愛する「妖怪ウオッチのメダルダウンロードスポット」があったのは思わぬ喜びでした なんせ会津にはナシで、新潟のナムコでは「一番近いのは三条市です」と言われ、ガックリしたしろものでしたからね~
我が家は行きませんでしたが、プール利用する人もけっこういるようでした。近場のビジターさんなのか、母子グループでプール上がりみたいな方たちも、オアシスの行き帰りに何組か見かけて。いいな~プールだけとかで簡単に遊びに来れるのって(いやもしかしたら、普通に遠方からの宿泊客なのかもしれませんけど)

IMGP7880_convert_20140815180133.jpg
IMGP7881_convert_20140815180158.jpg
IMGP7882_convert_20140815180210.jpg
IMGP7885_convert_20140815180228.jpg

コーヒー飲みつつパークを眺めて、午後の暑い時間帯をホテルで涼んでると、やがて時刻は16時半。
そろそろ夕方の陽射しになってきた中、ランドに再入園することにします。

DSC_0120_convert_20140815180815.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

続・ランドの朝はアトラクざんまい

7/31(木)AM9時半。
FPでプーさんに乗車します。

DSC_0063_convert_20140814155020.jpg

Uがプーさんにプチハマリしているので(このアトラクのセリフも一人で実演してるなあそういえば)、我が家的には欠かせないアトラクですが、夏場は涼所としても欠かせないアトラクです
冷房の効いた待ち通路で、最近TDRの「ものづくりへのこだわり」に興味を持ってるKKは、あちこち見ては「イギリス空軍の飛行機だ!」とか、「この絵本全部手描きかなスゲー」等々。なるほどそう言われると、あらたな発見があって面白いな~♫
直結してるお土産屋さんも、「そういやこだわってるな~。イギリスっぽい絵だし」なんて、あらためてあちこちしげしげと眺めては、今までとは一味違った楽しみを味わいました。

DSC_0046[1]_convert_20140814153152

外に出ると途端にあっつい
ビッグサンダーまでの時間潰しにどっかで涼もう!!
と、出たばかりなのにお隣の涼所へ。

DSC_0070_convert_20140814155105.jpg

イッツアスモールワールド5分待ちです。
なんの変哲もないアトラクながら、個人的にはここに入った途端にぶわっと漂う塩素の匂いをかぐと、「わ~TDLだ~♫」という思いが押し寄せてきて、それだけでうれしくなってしまうアトラク 色んな意味でディズニーランドの象徴的アトラクですよね

DSC_0022[1]_convert_20140814153250

乗り終わったらちょうど10時。
ビッグサンダーに向かうかたわら、通りすがりのホーンテッドマンションでFPゲットしておきます。
時間は10:50~で、おおまたまた1時間以内に次のFPを取れる~♫
今年はスターツアーズやホーンテッドなど、例年途中でFP発券終了か、下手すりゃ最初から発券しないようなアトラクも、30分後に乗れるようなFPをどんどん出し続けてくれてるので助かります 通常のFPだと、大抵次のFP取れるのは2時間後、同一アトラクならそれに乗り終わるまで軽く数時間後と、下手すれば2時間後には全FP終了してるかもという時間帯なので、こういうふうに短時間でぽんぽん取れるFPアトラクは、夏などの混雑時期には非常にありがたいです。

DSC_0053[1]_convert_20140814153421

歩いてたら、ホーンテッド横から夏祭りのフロートが出てきました!
今年の夏祭りは抽選もないし、噂ではこの暑いさなか熾烈な場所取りが繰り広げられてるとのことなので、もともとショー好きでもない我が家は、すっかり見る気をなくしていたもの
なので、こうして思いがけずちら見できてよかったです♫ ここでは水かけもキャラもありませんが、我が家的にはこれで十分「ランドの夏イベントを体験した」ことに

DSC_0050[1]_convert_20140814153326

ハーメルンの笛吹き状態で、ぞろぞろとフロートの後にくっついていきウエスタンランドで夏イベントとはお別れ

DSC_0056[1]_convert_20140814153457

10時半頃、我が家的には「まさかの全員でビッグサンダー」です
乗り場に来たら「やっぱりUはパパとロジャ~~」とか言い出すかなと思ったのですが、意外にUの決意は固く、「だからUはこれ大好きなんだってば」と列へ。
乗ってる間も後ろから「たのし~~~♫」というUの声が聞こえてきて、どうもほんとに克服したみたいです(が、インディのような「もう1度」発言は出ず
ママもひそかに、自分が酔うんじゃないかと心配だったのですが、「FP2枚使って走って連続乗り」なんてゆう無茶な乗り方をしなければ、なんとか醉うまでには行かずに済むアトラクですねこれは。3回くらい落ちるところをうまくやりすごせば無問題
(しかしジェットコースターの落ちるところが、快感じゃなく「やり過ごす」なんつーガマン大会になってしまうあたり、老化って悲しいとつくづく思います
もともとこのビッグサンダーは、KKがおととしあたりまでドハマリしていて「もう1度もう1度」だったのですが(Uがこわくて乗れなかったので、UのFPを使って連続乗りしていた)、去年スペースマウンテンに目覚めたkkいわく「もうビッグサンダーは卒業した」。
今はアトラクのスリルそのものよりも、待ち通路の「TDR流こだわり」や、そこから西部開拓時代といった背景に目が行くようで、オブジェのあれこれを眺めながら「アメリカのディズニー第1号があるカリフォルニアも、もとはゴールドラッシュで」なんて話をしてると、なんだかしみじみと楽しい というか、こういう楽しみ方もできるようになったんだな~なんて感慨深いものが

DSC_0058[1]_convert_20140814153531

出てきて、軽くシュ=ティングで遊んでたら、時刻は11時前。
お昼にはちょっと早いですが、混まないうちに、手近なとこでランチを済ませちゃうことにします。
我が家的には「ハウスのカレー屋さん」で通っているハングリーベア。
「シーのカスバをもっとレトルトにした感じ」「辛口でも甘い。というか辛口自体がない(甘口or中辛のみ)」という評価で、決して好きでも嫌いでもないのですが、わりと座席多めで冷房も効いてるので、お昼あたりにウエスタンランドをうろついてると、ついつい入ってしまうレストランです。
(とはいえ混雑時期は、11時過ぎるとけっこう混雑してきて、座れてもあっつい屋外になりがちなのでご注意 この日も私たちが出る頃には、レジは長蛇の列&屋内は満席案内がかかってました)
そして全員中辛を頼んでびっくり!けっこう辛い!というか、味付けはすご~く甘いのですが、意外な辛さが口の中に立ち上って、「甘い!けど辛い!」というわけわからん感想になりました 前からこんなに辛かったかな~?進化したのかな~??
(TDRの食べ物は、昔に比べてほんとおいしくなったと、ここ数年毎回1度は思います

DSC_0059[1]_convert_20140814153551

ここまで、コーフンしてるおかげで寝不足&猛暑をものともせず、我が家的にはかなりハイペースで廻ってきたわけですが。
いったんレストランに腰を落ち着けてお昼を食べてしまったら、コマがパタリと止まるがごとく、たちまち襲い来る疲労と眠気
なんとなく「次はホテル」な雰囲気になってきましたが、いかんいかん!まだ11時台!おっ次のFPももう取れるぞ今ならスペースマウンテンFPお昼すぎ。「え~ご飯食べたばっかでスペースは乗りたくない」
そうね確かにちょっとデンジャラス じゃあ取り敢えずホーンテッドに行こう

DSC_0094_convert_20140814155309.jpg

というわけで11時50分、FPギリギリあたりでホーンテッドマンション。
これは一時期、トリックアート好きなUがハマってたもんですが、今はもう卒業したらしく、あまり執着なし(「今はロジャーとカリブだよ」@U)
とはいえこの独特の雰囲気と造形は、ママも含めて家族全員わりと好きで、来たら乗りたいアトラクの1つです。最初の「伸びる絵」とか、描かれてる一族が全員頭オカシくて、その意味不明さが何度見ても魅力的だったりするんですよね♫

さて時刻は12時ですが、取得済FPもなし、今取りたいFPもなし。
男衆の大好きアトラク・スターツアーズあたりなら、今すぐFPが取れてすぐに乗れそうですが、なぜかUが拒否。「だってスパイに選ばれたら恥ずかしいもん」
まず選ばれないから安心して乗ってきなさい。と説得してもダメー。
気温も人口密度もぐんぐん上昇してきて、並びたくない寝不足チームには厳しい時間帯に突入し始めました う~んホテル行くにはまだ早いし、どっかにいい避難場所はないか!?

DSC_0098_convert_20140815225506.jpg

ありました~~フィルハーSB15分待ち♫
いやここ、避難場所なんて言ったら失礼なほどきっちり作られた内容で、個人的には大好きアトラクなんですがカントリーベアとは違ったふかふかソファや、心地よい音楽&大画面、一度に多数の収容可能といった充実の設備がね~。つい「車中泊ゲストのためにありがとう」という気分になってしまうんですよね~

DSC_0103_convert_20140815225545.jpg

というわけで、素敵な音楽を聞きながら、すっかりアラジンとともに意識が空に飛んでたパパママでした(KKも若干) あ~気持ちよかった♫
さてフィルハーを出ても、時刻はまだ12時台。
ですが、とにかく暑いしどこも混んでるし、もうスペースマウンテンのFPだけ取ったら、あとはホテル行って休んでよう(「やった~ホテルホテル」@KK&U)
と、ゆっくりランドをお散歩しながら出口へ向かいます。
おお~ジャングルクルーズ、リニューアルオープンが楽しみだな~

DSC_0069[1]_convert_20140814153706

これが旧・キャプテンEO、未来のスティッチか。しかしなんで今更スティッチなんだろうね~

DSC_0020[1]_convert_20140814152243

スペースマウンテンのFPは、今取ると17時半~18時半頃。
うん、18時に夕飯のPSもあるし、ホテルで一休みして再入園するのにちょうどいい時間なんじゃない?
あっそうだ!通りかかったついでにワンスの抽選も今しておこう
ショー好きじゃない我が家も「これは見たい」と(特にパパが)かねがね言っていた、ワンスアポンアタイム。
しかしこれはか~な~り当たらないらしいからね~。しかも当たらなかった場合、混雑度がハンパなくて快適に見るのはほぼ不可能らしいからね~~。まず当たらない&見れないと思ってね~~~
と、念を押して抽選場へ。
去年の夏より格段に人が少なくて、抽選自体はラクラクでしたが、抽選はハズレでした~~
あ~~~残念すぎる~~~!! まあいいや、あさって以降に期待

ワールドバザールで、手品好きなUお約束のマジックショップに立ち寄り。
さっそく1個マジックグッズを買ったりしながら、一行はホテルへ向かいます。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランドの朝はアトラクざんまい

7/31(木)AM8時、ランド入園。

ところで入園直前まで迷っていたのが、本日1発目のSB&FPをどのアトラクにするかということ。
(SB=スタンバイ=アトラクに直接並ぶことで、FP=ファストパスです。以下すべてこの表記に統一しますm()m)
youtubeやCDで飽きるほど予習して、「おじいちゃんおじいちゃん」から始まるすべてのセリフを日々1人で実演しているUが、出発前「今年は絶対乗りたい!」と宣言していたのが、我が家お初のスプラッシュマウンテン。
しかしこのアトラク、数日前から公式サイトの待ち時間をチェックして見てると、ど~も見た感じ「ランド1番人気」くらいの待ち時間なんですよね。
私の感覚では、夏休みにSB100分超えるアトラクといえば、家族全員で乗れるプーさんやモンイン。もちろん水浴びできるスプラッシュも大人気ではありましょうが、だいたいこの3つが並列してるかな?という印象だったのですが。
今年の待ち時間を見ていた限りでは、常にスプラッシュが突出して100分超。一方プーさんやモンインは意外と常に100分に届かず、逆に今までFP対応アトラクの中では決して人気高とは言えなかったスペースマウンテンやバズ、ビッグサンダーあたりのSBの方が、モンインを軽く追い越してたりして、貴重な朝一の時間帯をどう動くのが最適か、いまいち読みきれないままだったんですよね~。
さらに公式サイトをガン見していると、どうやらバズやマウンテン系はやっぱり機動力のある若い人が多いのか、朝がーっとSBの待ち時間が増えるけど、FPのハケは意外と遅い一方、おそらく子連れが多いのであろうプーさんやモンインあたりは、SBこそそれらのアトラクに遅れを取る時があるものの、FP取ってのんびり乗ろうという人が多いのか、わりと早めにFPがなくなりがちという傾向も見えてきた気が(気のせいかもですが

といったママの研究結果(←ヒマ人)を受けて、さてではスプラッシュにもプーさんにも(@U)、バズにもビッグサンダーにも(@KK)乗りたい我が家としてはどう動けばいいか、加えて「スプラッシュには乗りたくない(@KK)」「ビッグサンダーには乗りたくない(@U)」という細かい希望をうまく調整しつつ乗るにはどうFPを取っていったらいいか、入園前まで家族会議。
ところがランドを目の前にしたら、Uがスプラッシュ断固拒否!
あ~そういやインディもそうだったわね。出発前は散々乗りたい乗りたい言ってたけど、いざ目の前に来たらこわくなっちゃって(一度乗れば、次から取りつかれたように「もう1度もう1度」なんだけど
さらに飛び出す我が家的びっくり発言「Uはビッグサンダー大好きだよ♫」
うそだああ~去年1度乗ったらめっちゃ固まって、以降1度も乗らなかったじゃん
と、皆にステレオで突っ込まれますが、Uのビッグサンダー乗車の決意は変わらず。おおでもそれならちょっとFP取りやすくなってラッキーだわ♫ ビッグサンダーは5番人気くらいだから、急いでFP取らなくても余裕だしね

というわけで、その他もろもろ考慮し(まくったあげくめんどくさくなっ)た結果、入園したらママはプーさんFPゲット&男衆はバズSBという、去年とまったく同じ行動に決定
さっそくママは颯爽と、というわけにはいかず、1年歳取ったぶん去年よりさらにヨボヨボと、遠~~いファンタジーランドまで歩いていきます

DSC_0008[1]_convert_20140814151903

ルールを守ってダッシュしないのではなく、ダッシュしたいのに老化でできないのが朝から悲しい気分
それでもなんとか9:00~10:00のプーさんFPゲット。おお去年より早い時間帯だなあ。これは朝5時から皆で並んだおかげか、はたまた去年より空いてるのか?
(と思ってよく考えたら、単に今年の開園時間の方が早かっただけでした~

DSC_0009[1]_convert_20140814151956

さてママがヨボヨボとFP取ってる間、男衆はまずSB5分のバズに乗り・・・

DSC_0022_convert_20140814154659.jpg

その後SB5分のスターツアーズにも乗ったそう。

DSC_0021[1]_convert_20140814152352

予想では、バズが下手したらSB20分になるんじゃないかと思われたので、意外とさくさく乗れてよかったです♫
KKが乗るつもりのスペースマウンテンも、今はまだこんな感じ。おおこの分なら、今日中にFPは取れるな

DSC_0015[1]_convert_20140814152104

ママは確実に酔うので乗れないスターツアーズ出口にて、涼みながら男衆と待ち合わせ。
やがて、まったく酔わなくてうらやましい男衆が出てきていわく、「前見たのと同じだった
え~~何十種類だかあるはずなのに、しかもうちらなんて年に1度しか見ないのに、そんなヤな偶然もあるのね~
さて9時開園の例年だと、ここらで休憩を兼ねたブランチタイムになるとこですが、今年はランドホテルのコンビニで既に朝食を済ませた我が家。ノンストップでガンガン行きます お次はここ!

DSC_0034_convert_20140814154807.jpg

Uの大好きアトラク・ロジャーラビット5分待ちへ。
これも昼間には40分超と予想されるので、今のうちに乗っとかないとです。

DSC_0039_convert_20140814154845.jpg

回転系に弱いママはしかしここで戦線離脱して、ビッグサンダーFPを取りに行くことに。
時刻は9時ちょっと前。FPは指定時刻の1分前でも取れないので、それまでママはお隣のシューティングギャラリーで暇つぶし兼腕だめし
しかし結果はこんなでした これはないわーー絶対機械の故障だわーーー

DSC_0028[1]_convert_20140814173817

グーフィーに説教されながら、取得したビッグサンダーのFPは、スペマン同様まだそんなにハケてなく、10:00~11:00。わ~いまた1時間後にFP取れる~~♫
我が家が他に取りたいFPは、遅くまで残ってるはずのホーンテッドやスペースマウンテンだけなので、後は乗りたいやつをその都度取ってけばいいわね

DSC_0029[1]_convert_20140814152547

男衆たちに電話してみると、ロジャーに乗り終わったあとガジェットに乗ろうと思ったら、SB20分であきらめ、今はドナルドのボートにいるとのこと。
AM9時過ぎて、そろそろ園内も混み始めてきたのかな?

DSC_0036[1]_convert_20140814152920

デイジー号で合流して、しばし水辺でひと遊び。
わ~なんだか懐かしいな~ 昔、KKがアトラクこわくてほとんど乗れなかった頃は、ここらに入り浸って遊んでたもんです。あの頃はボートの中に滑り台とかもあったわよね確か。

DSC_0046_convert_20140814154941.jpg

続いて、これまた懐かしのチップとデールの家で、久しぶりにどんぐりバター製造にいそしんだり。

DSC_0040[1]_convert_20140814153020

路駐車とか、なんかもう泣けてくるほどの懐かしさ!
我が家にとってのTDRって基本、こういう路駐車やら船やら電車やらに乗って楽しむための場所だったんですよね。なんだかふっと当時にタイムスリップ感覚

DSC_0042[1]_convert_20140814153054

ひとしきり屋外で遊んで、暑くなった私たち。
「そろそろ涼みに行こう」と9時半頃、トゥーンタウンのお隣・プーさんへ向かいます。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

よたび!東北道からTDRへ

7/30(水)21時。
今年もいよいよ、年に1度のTDR旅行の日がやってまいりました
今回は水かけ参戦予定ナシなので、いつも大荷物の原因だった大判タオルや手持ちの着替え、レインコートなどは一切なし。さらにKK&Uも大きくなったので、各自の持ち物は各自のリュックサックにと、ママ的にはすごく身軽な感じ♫
というわけで、スーツケースと、数日前にディズニーストアで買った、我が家的には「なんかショボくなった」という感想の、QRコードつきマルチデーパスポートなどをつめこんだバッグを持ち、車は夜の会津若松を出発~

KK&Uが、もしかしたらTDRのパークよりも好きかもしれない「TDRへ向かう夜のドライブ」
我が家は例年、会津若松ICから郡山JCTを経て東北道を行っていたのですが、これは遠回り(というか、三角形の直角を行く感じ)だったことを、今年ようやく知り
今回は、人づてに聞いた未知の経路、すなわち「一般道で白河ICまで行き、そこから東北道に乗る」で行ってみることにしました

戊辰戦争で(っていきなり戊辰戦争とか出されてもという声は重々承知ですが)、ここが破られたために会津が悲惨な戦場になったと言っても過言ではない白河の関。
古くから奥州(=東北)と関東を結ぶ関で、現代はラーメンでも有名。県は福島ですが隣はもう関東・那須高原です。会津若松からだと、三角系の斜辺を行く感じなので、やった~これで高速料金がちょっと安くなる上に、早く着いて睡眠時間も確保~~~

車は夜の下道を、大内宿のある南会津・下郷町を目指していく感じで進みます。
夜の南会津は真っ暗で、そのためたまにあるコンビニは、そこだけ真昼のようにあっかる~いアンド蛾がワンサカ コンビニの前、一面が茶色く、砂かと思ったら大量の蛾が踏み潰された跡だったと知った時には、「すごい所だ」と子供らと感心しました(クワガタとかがコンビニ前に普通~~にいるのにも感心

そんな「秘境」(?)を味わいながら、夜の山道を走っていると、KKいわく「・・・なんかTDRに行くって感じがしない」
確かに、このままTDRじゃなく新潟の実家へ到着してしまいそうな田舎の暗闇 いや大丈夫よ会津から白河へはすぐなんだから(だから戊辰戦争では、あっという間に西軍が会津の城下へ(ry)、もうすぐ高速に着くはず・・・

はず・・・なんですが、それにしても遠いな~~。道路標識はもう「会津田島」で、しかも「この先魚沼」って新潟県になってるし
ここらでようやく「あれ?」と不安になり、スマホで位置検索してみると、うお~~分岐点を1時間も通り過ぎて走ってた~~~ マジで新潟コシヒカリの里へ着いてしまうところだった~~~

結局、往復2時間をロスして、あの「蛾のコンビニ」まで蛾とともに舞い戻り、24時過ぎ、なんとか白河ICにたどり着いたのでした ああ~今年はAM1時くらいにゲートに着いて5時間くらい寝ようと思ってたのに、また徹夜か~~
「人から聞いただけの道は地図で確認してから走ろう」「スマホという文明の利器をもっと使いこなそう」という、至極尤もな結論を語り合いながら、車はようやく東北道へ(「やっとTDRに行く雰囲気になってきた」@KK

これまたKK&Uが楽しみにしていた、真夜中の那須高原SAでしばし休憩し(KK&Uいわく、すごく非日常な感じ&TDRへ向かう夜のドライブ気分が味わえるのだそうです。わかる気はするわ~)。
さあここからはいよいよノンストップで浦安を目指します 宇都宮を通過し、川口で首都高S1に入り、江北JCTで中央環状C2、そのまま小菅JCT、堀切JCTと、「ああ今年も来たな~」という懐かしさを喚起させる景色を次々と走破
ママ的には、育ちが川口、大学時代のバンド活動が四ツ木なので、その意味でもここらへんは毎年懐かしさひとしおです。 「友達と、夜明けの高速を路上から見上げながら歩いたな~」とか その高速に、今は子供連れで乗ってるのが、真夜中という頭が非日常モードなせいもあってなんとも不思議。 

DSC_0005_convert_20140814154520.jpg

大河を挟んで、マンションの灯が星を散りばめたように延々と続く東京下町の夜景を堪能し、スカイツリーの白い2本線を眺めたら、ついに湾岸線・葛西JCTです!来たーーー今年もキターーーーー

DSC_0008_convert_20140814154551.jpg

7/31(木)AM3時、ランド駐車場前に到着。
うお~既に4列目 つくづくあの2時間は痛かったが、まあいいやとりあえず3時間ほど寝よう。
と寝る体勢に入ったとたん、なんと駐車場開門 ええっAM3時半!?今年はえらく早いな~~

DSC_0001[1]_convert_20140814151612

周りはまだ夜ですが、今年は8時開園でもうすぐ入場始まるだろうし、今から下手に寝るより、いっそ5時くらいから並んじゃおうかな~
と、AM5時頃、刻々と明けていくランドを眺めながら、今回初めて荷物検査前の行列に参戦
既に行列ができていて、しかもAM5時なのに並んでる方々が大人も子供もAM7時のようにスッキリとした顔をしているのが、ネボスケにはもはや驚嘆の域です。
ここにママだけ並ぶつもりだったのですが、同じく「寝られない~」ということで、寝たんだか起きたんだかわからない感じの男衆3人もやがて合流し、これまた今回初めて、全員揃って荷物検査&6時にゲートが開き皆で入園待ち。え~~寝なくて大丈夫~~??

DSC_0013_convert_20140814154630.jpg

しかしこれがTDRの魔力 到着日はママKKUともに、睡眠時間2~3時間でもなんとかもつんですよね~~ワクワクしてて♫ あ、パパだけは船こいでましたけど
一応KK&Uともども、長い待ち時間に備え、各自のゲーム機をリュックに持参してきてたんですが、気分はTDRを眼前にしてゲームしてる場合じゃないだろうみたいな 日陰でもだんだんむしあっつくなる夏の朝日の中、ランドホテルで調達してきたおにぎりを朝ごはんにしながら、ひたすらワクワクとくっちゃべる、正しい年1TDRゲストな私たちなのでした

DSC_0006[1]_convert_20140814151833
ちなみにランドホテルのコンビニ↑は、宿泊者以外も利用できる上、値段や品揃えが比較的普通~若干TDR料金なので、朝の長い待ち時間を潰すには格好のスポットでした

いよいよ暑くなってきた7時半頃、キャラもお目見え。
ってえらく早いな7時半って そしてなんだかキャラが少ない感じ。プーさんや海賊といったミッキーフレンズ以外のキャラが、今年はあんましいないわ~。
とはいえこの時になると、周囲から湧き上がる歓声もあいまって、私たちの「いよいよだ~」も最高潮♫
QRコードのパスポートを握り締め、AM8時、入園です!

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

帰ってきました~~

夢の国から、1週間ほど前に帰ってきました~~~

帰ってきてからなんだかんだでパソコン触る時間が取れなかったのですが、これから少しずつ、今年も長~い旅行記UPするつもりです
と言っても今回の旅行は、今年の夏ならではの物事あれこれは見事なほどにガン無視。すなわちランドの夏イベもシーの水かけもワンスもかき氷もジェラトーニちゃんのアイスもラストミシカもe.t.c.e.t.c...すべて未体験なので、夏TDRの旅行記としては極めて情報量少ないシロモノになってしまいそうです
もっとも、そのかわりレイジングやセンターやインディについては熱く語り尽くす予感がしますが、う~むそんな今更なレポ、果たして需要があるのかどうか

そう、今回はKK&Uともに初アトラクに目覚め、やっと「遊園地」としてのTDRとりわけシーを楽しみ倒してきた気がします。たぶん10年以上前、シーが開園した時に皆様が味わった興奮を、我が家も今やっと
KK&Uで乗りたいアトラクが違うので、今回はいつにもましてFPを駆使することになったのですが(違うFPを2枚ずつ発券とかね)、そこから得た教訓 混雑時に行く皆様、少なくとも行く1週間くらい前になったら、ことあるごとにスマホを覗いて、TDRの待ち時間サイトをチェックしとくといいですよ!これで当日、いつごろどのアトラクで何時のFPが発券されるのか、何時頃にどのアトラクのFPがなくなるか、つまり何時にどのアトラクのFPを取っていけば皆でうまい具合に乗れるかというのが予測できて、現場で時間を無駄にする率が低くなる気がします。もちろん当日は、片手に待ち時間サイト必須で 特に今年の夏は、ホーンテッドやストームライダーなどは発券すらされなかった(か、しても半日で終了してしまう)ここ数年とは違い、わりと夜までがっちりと発券している感じなので、FPの取り方で回り方もかなり変わってくる気がします。

しかしミシカが見れなかったのだけは残念だったな~~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。