スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重~会津の花

雑誌「エレガンスイブ」に連載していた「八重~会津の花」。

作者は会津親善大使であり、かつ私の八重への偏見を打ち砕いてくれた、大好きマンガ「清らにたかく」の作者でもある、松尾しよりさん。
八重や会津に関する膨大な知識をお持ちで、さらにそこから導き出される推察がとても説得力あって。
今回はその最終回でした

「八重~会津の花」の、「清らにたかく」と違うところは、現代の語り部・宇内さんが子供に聞かせる八重のお話だということ。
宇内さんの目に映った、3.11後の会津も出てきます。
で、そこに変わらず佇む鶴ヶ城の姿が、今回の最終回に出てきて。
まったく思いがけないことに、そのページを見たら思わずうるっとしてしまいました

IMGP4587_convert_20130830104503.jpg

118号~~~~~!!
毎日のようにここを通り、この眺めを見ています。
(今は夏なので、お城も元気のいい緑の木々に見え隠れという感じですけどね♪)
そして何よりも、これは私が会津に来て、初めて見たお城の姿。
「うおっ!これが鶴ヶ城か~~~」と始めて認識した、その眺め。

前も、八重の桜の感想記事でちょろっと書いた気がしましたが、会津に引っ越してきたのが真夜中だった私たち。
前泊のホテルがわからず、町の真ん中の大通りを右往左往していた時に、ふと気づけば横一面がお堀だった衝撃!
「えっお城ってまさかこれ!?単なる建物かと思ってたのに、これ全部お城!?」
その時私たちがいたのが、まさにこの絵のあたりだったと思います(お城は真っ暗で見えなかったけど)
いや~ほんとにびっくりしたんですよ。「町のこんなど真ん中にこの広さ。まるで町の人みんなでこのお城を守ってるみたいじゃないの」と。
そして次の日の朝、この絵のとおりの姿を見ました。

その後毎日のようにこの道を通り、会津っ子宣言に驚き史跡の豊富さに感心しe.t.c.やっぱり思ったのです。「鶴ヶ城って町の人に愛されてるんだなあ。そういう町っていいよなあ」と。
と同時に、それが町の人以外からも愛されて、つまり鶴ヶ城を見るためにわざわざ遠くからやってくる人も多いということは、町の人にとってどんなにうれしく、ありがたいことかも。

鶴ヶ城に限らず、その町独自のものを愛するのは、その町を愛することと同意で。
ただそのシンボルは会津の場合、やっぱり鶴ヶ城でしょうかね~私的には。
春夏秋冬、お城の眺めで季節の移ろいを感じ、遠足には鶴ヶ城に行き、遊びに来てくれた人には「とりあえず鶴ヶ城行っとけ」って感じで案内し
こういうのを持っている町は幸せだと思います。おそらく町それぞれに人それぞれに、建造物に限らず、「うちの町はこれだよ」って胸を張りたいものがあると思いますが、そういうのを持ってる町がとっても好き

IMGP4586_convert_20130830104432.jpg

ちなみにマイベスト鶴ヶ城ビューは、この絵にある「若松商業高校←」「謹教小学校←」へ入った道です。
さすが元・日新館だけあって、お城がめちゃめちゃよく見えますよ~♪

「エレガンス・イブ」の「八重~会津の花」もしよろしければ、ぜひご覧になってみてくださいませ
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

2013夏TDR家族旅行記・目次

2013年夏の東京ディズニーリゾート子連れ旅行記です。
いつもながら、かな~~り長くなってしまいました

8/1(木)

「三たび!東北道からTDRへ」

「朝はFPと抽選から」

「リニューアルしたスターツアーズは・・・?」

「爽涼鼓舞~ミニー&デイジー」

「今年もシェラトン」

「夕飯はシャーウッドで」

「サーキットで初日は終了」


8/2(金)

「2日目はシー」

「シーの午後はアトラク三昧」

「引き続きシーのあれこれを語るの巻」

「オチェーアノからファンタズミック」


8/3(土)

「3日目はシー&ランド」

「抽選&ビッグサンダー」

「シーで夕飯ランドでアトラク」

「爽涼鼓舞で3日目ファイナル」


8/4(日)

「最終日のサーキットにて」

「スペースマウンテンで昭和を語る」

「シーに移動~♪」

「トロピカル~ザンビーニ」

「シーの夜景散歩」

「ランド退園」

以上です。
いつもながら、こんな長い旅行記を最後まで読んで下さった方に、心から感謝

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ランド退園

8/4(日)20時ごろ、ランド到着。
目的はKKのスペースマウンテンですが、1回目に乗った時、けっこう後から効いてきたママ;;
で、ジェットコースターは基本的に苦手なパパにお願いして、パパKKで乗ってきてもらうことにしました(何年か前に乗った時は、ママ1人平気で、パパKKは口々に「これはすごい」「もう乗らなくていい」だったのになあ
さてママUはその間、どこへ行きましょう?
の問いにU即答「ロジャー!」
去年はホーンテッドにハマってたUですが、今年はロジャーが来ているみたいです。ちなみに去年あれほどインディにハマっていたKKも、今年はなんとなく卒業ムードで。たぶんこうして乗りまくると、来年には飽きているのかもしれませんね

IMGP4547_convert_20130817145949.jpg

というわけでトゥーンタウンへ向かうと、おお!今まさにトゥーンタウンのゲートをくぐってる(ように見える)エレパレが
ママUも、パレードを追いかけるように中へ入ります

IMGP4548_convert_20130817150137.jpg

エレパレもトゥーンタウンまで来ると、終わりが近いせいか通路が狭いせいか、はたまた人垣が比較的薄いせいか、パーク中央でやってる時の「これぞTDRの祝祭!」感が若干下落して、「地域の山車行列」的に見えるのがなんだか新鮮な感覚♪
せっかくだから見ていきたかったのですが、Uが許しちゃくれません 「今なら空いてるでしょ!」と、もはや7歳児にしてTDRの法則=「パレード中はアトラクが空く」をマスターしてしまってるUにぐいぐい手を引っ張られ、着いた「ロジャー」は0分待ち 

IMGP4556_convert_20130817150220.jpg

そりゃそうよね。すぐ横をパレードが通過してる時に、わざわざ乗る人はいませんて
出たらまだエレパレやっていて、「やった~まだ見れる」と喜ぶママに対して、U「やった~まだ0分待ち」。え、まだ乗るの?

IMGP4552_convert_20130817150157.jpg

3度目はさすがにパスしてもらいましたが、これ意外と酔わないんですね
グルグル縦横無尽系なので、連続はキツイかなと思ってたんですが、思ったよりスピードが遅くて。
最初は念のため目を閉じてたんですが、2回目は「ロジャーがだまっちゃいないわよっ」の最初から、「The END」がしゃれてる最後まで、目を開けて見ていることができました。
ていうかちょっと前まではUの方が目をつぶってたのになあ、寄る年波でこんなところからひそかに逆転現象が

IMGP4559_convert_20130817150254.jpg

パパKKとも合流し、近場の「グーフィーのペイントハウス」へ。
ちなみにジェットコースター苦手なパパ「な~んだ全然大丈夫だな」KK「来年から連続乗りはこれにする」と、2人とも意気揚々と帰ってきました。ああ酔わないって素晴らしい
「ペイントハウス」は去年、我が家のTDR旅行の1ヵ月後に完成という心残りなアトラクだったので、今年はできればやってみたいなと。
思ってたんですが、昼間はいつ見ても30~45分待ちで、すっかり忘れてたんですよね
しかしこの時間になると、さすがに10分待ち程度。

IMGP4561_convert_20130817150332.jpg

ひもを引っ張るもの、ボタンを押すもの、回すもの、と3種類の絵の具発射装置があって、それでボンボン絵の具をぶつけて部屋を塗り替えるという。
「トイストーリーマニアみたい」とKKが言ってましたが、確かに得点のないトイマニって感じかもですね♪

出てきたらもう21時近く。
出口へ向かいつつ、昼間取っておいたFPで、最後のアトラク・バズに乗り。
「今年まだポップコーン買ってないじゃん!」
ということで、しょうゆバター味の折りたたみ型バケットをトゥモローランドで、さらにワールドバザール近くでキャラメル味のハピネスバルーン型を、せがまれるまま続けざまに購入。
どうせ家じゃ全然使わないバケットなんですけどね 帰る時間がいよいよ近づいて、親も「もう買いたいものは全部買っとけ」モードになってます

IMGP4565_convert_20130817150359.jpg

その勢いでグランドエンポリウムに入り、すべてのお土産を買い終わって。
でっかいビニール袋を両手にエントランスまで来ると、早くも21時半過ぎです。
この時間になると、もう再入園スタンプも押してないんですね(そりゃそうだ
また来年、ここに再入園できることを願って、しばしお別れ~~

KKが名残惜しむように、ゲートの外にずらりと貼ってあるポスターを1枚1枚撮ってました
「ああこれ乗ったね~」とか言いあいながら、駐車場へ向かいます。

IMGP4568_convert_20130817150544.jpg

これも飽きないアトラクよね。おめでとう30周年な長老アトラクだけど。

IMGP4578_convert_20130817150743.jpg

これは暑かったなあ。クーラーかかってなくて

IMGP4574_convert_20130817150641.jpg

ああこれも乗ったね~♪

IMGP4575_convert_20130817150659.jpg

なんかこれ見ると、そごうデパートのロゴが思い浮かぶのよね 内容も「百貨店」にぴったりな感じだし。

IMGP4570_convert_20130817150600.jpg

出た~我が家の定番アトラク~

IMGP4572_convert_20130817150623.jpg

おお今回開眼したスペースマウンテン!定番なるか!?

IMGP4577_convert_20130817150722.jpg

今年けっこうお世話になったね~ここ。
来年も来れるといいな~~

最後に意味なく、今回買ったトミカ一覧
いつの間にこんなに買ってたんだろう・・・

IMGP4579_convert_20130817150827.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーの夜景散歩

8/4(日)17時半過ぎ。
マジックランプシアターを観終えて、ロスト経由でハーバー方面へ出ます。

IMGP4487_convert_20130817145414.jpg

こんなステキな小道があったのね!
こういうとこがもう、シー大好き
ちょうど鍛冶屋さん(?)が出現してラッキー

IMGP4490_convert_20130817145453.jpg

ロストリバーに行くと、いつもならイタリアに着くスチーマーラインが
「この時間、ケープコッドへの片道運行になりま~す」。
ケープコッドは一周コースの港なんだけど、これから始まる夜ショーとの兼ね合いかしらん?
マクダックスでおみやげを買おうと言っていた私たち、アメリカへ行くならちょうどいいと並びます。
が、この待ち時間がけっこう長くて!20分以上は待ったかな(歩いた方が早かったんじゃ
ロストリバーに着く船は基本、アメリカ方面からやってきてイタリア方面へ向かうので、その船をぐる~っと反転させたり、後から来る船とすれ違えないので、その船が来るまでじーっと待ってたり(田舎で走ってる単線電車みたいだな~)、イレギュラーな航路なので、出発まで時間もかかる様子。
乗り込んで無事出港した後も、ナレーションが途中でぶちっと切られて、以下無言で航海してました
逆コースだから、出てくる町の順番も違うのよね。

P1050354_convert_20130812165506.jpg

正面から迫ってくるコロンビア号。
これはこのコースならではの眺め!?

IMGP4496_convert_20130817145600.jpg

ケープコッド自体も、普段は立ち寄らない港なので、すべてが新鮮な気がした逆コーススチーマーでした。
時間帯がまた、ちょうど灯が綺麗な夕暮れ時で

P1050358_convert_20130812165442.jpg

コロンビア号にはミッキーがいました(写真じゃまったく見えないですけど
我が家未見の「テーブルイズウェイティング」上演中です。夜はキレイですね~~

IMGP4507_convert_20130817145643.jpg

おそらく日露戦争ごろのニューヨーク(いや日露戦争って言われても
向こうにひときわ明るく見えるのは、ご存知トイマニ。というかトイビルトロリーパークです。
あの光を見てると楽しそうで、ふら~っと近づきたくなっちゃいますね♪ 気分は蛾

IMGP4513_convert_20130817145725.jpg

そういえば「タワーオブテラー20分だって」と言いながら駆けていく、おそらくUと同じくらいの姉妹とこの時すれ違い。
Uはもちろん、KKもダメなアトラクなので素通りですが、今回はわりといつ見てもタワテラが空いてた気がします。

IMGP4525_convert_20130817145749.jpg

ここら辺の景色は本当に好きです
昔のNYの写真集みたいな景色の中を、リアルに歩ける感動

P1050372_convert_20130812165639.jpg

と、そぞろ歩くうちに着きましたマクダックス。
非常~~~に物欲の強いUがとっても楽しみにしていたのが、このおみやげタイム
言われるままに買ってるとマジ破産なので「おみやげは帰る前」と決めてたのでした。
(と言ってもカリブのお店とかで、ちょこちょこ買ってたけどね )
親もこのころになると帰るのが寂しくなってるので、ついつい「最後だから心置きなく買って帰れよー」モードになっちゃうんですよね;;帰った後に今度は懐の寂しさで泣くのに

IMGP4526_convert_20130817145805.jpg

クッキーなどの配り物系・箱物系は、この後ランドで買うことにしているので(まだ買うか)、ここではKK&Uのおみやげメインに。
去年はUがぬいぐるみに走り、お財布がかなり痛くなったものですが、今回はなぜかトミカにシフトしたので、だいぶ単価が安くて済みました
「なぜセンターオブジアースやストームライダーのトミカはあるのにインディはないのか」
と、ここ数年来の疑問を今回も語り合いながら店内をキョロキョロしてたら、天井の方にもアンティーク系雑貨がいっぱい並んでるのを発見!しかも値札がついてる
買う気はまったくしませんが、おばちゃんが好奇心でお店の人に「売り物ですか?」と聞いてみると、「飾りですすみません」とのことでした いやこういう遊び心、好きですよ~ たぶんアンティークじゃなく、今=日露戦争時代の最先端ファッションなんでしょうね♪

IMGP4527_convert_20130817145828.jpg

余談ですがお店を出たら、電車が止まってました。
前も一度見ましたが、乗ってる人たちって、どうやって脱出するんでしょうね??この時はまだ乗車してるみたいでしたが。
なにげに途中停止したら一番ヤなアトラクだと思います。特に夏は

IMGP4531_convert_20130817145856.jpg

そのまま歩いてイタリアへ。
「夜のイタリアを散歩したい」と言っていたKK、念願かなって写真をばっしゃばしゃ撮り歩き、「あえて柵の間から眺めた運河」とか、子供ならではの斬新な視点(だけ)が素晴らしい作品が多々生まれました
(下の写真はパパによる「よく見ておけ。これがお手本じゃ~!」な1枚

P1050373_convert_20130812165701.jpg

ファンタズミックを待つ人で埋め尽くされて、ざわざわワクワクとしているメディテレーニアンハーバーを抜け、これにてシーとはしばしお別れ 夜のランドへ向かいます。
再入園スタンプを押しますか?聞かないで切なくなるから・・・

P1050375_convert_20130812165721.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

トロピカル~ザンビーニ

8/4(日)14:45過ぎ
「今ならアレをやってるはず!」というママの希望でやってきたハーバーは、大音響がガンガンと響き渡り、人で埋め尽くされ・・・期待通りアレの真っ最中でした♪

IMGP4448_convert_20130817144517.jpg

そう!シーの水かけ祭り
元はチップとデールがサプライズ的に始めた水かけですが、いつしかすっかり主役級キャラに乗っ取られ(「これじゃボクたちのクールサービスの座が~~」)、いまやシーの夏には欠かせない大規模ショーになりました。今年はガールズチームが女王様のように占拠している模様
途中から行ったので、そうしたキャラたちを間近に見る場所は、もはや近づけない過密ぶりでしたが、シーの水かけの良いところは、そこら辺にテキトーにいるだけでも、ばっさばっさ水を浴びせかけられるとこ

IMGP4451_convert_20130817144624.jpg

「ここら辺はよく濡れるエリアです」という、主にザンビーニ~ポルトフィーノ前では、キャストさんがホースで水を撒き散らしています。キャストさん周りは人が輪っかになっていて、もはや背面でやってるショーなんて見ちゃいない状態ですがホースの威力は人の輪の半径を軽く飛び越えて襲ってくるので、確実に濡れたい人は地面が濡れて黒くなってるところへ行きさえすればOKです なぜ濡れたいのかという根本的な質問はさておき
ちなみに我が家の男衆は、根本的質問保持者なので、ザンビーニ向かいの階段に座ってショーを見てました。こういう人たちもけっこういて、階段~スチーマーライン近辺は鈴なりでした。
(もっとも、今ハーバーを通ろうとするともれなく濡れるので、単に足止め食ってたのかもしれませんが それくらい、シーの水かけはほんとに水かかります)

P1050342_convert_20130812165106.jpg

上の写真は、階段あたりでパパが撮ったものです。
けっこうよく見えますね♪
ママは「せっかくだから濡れたいが、あまりびしょ濡れになっても困る」派なので、ちょろっと濡れては避難したりみたいな感じで参加してました。こういうふうに比較的自由度が高く、途中からふらっと行っても充分楽しめるところが、シーの水かけ祭りのいいところだと、個人的に思ってます

IMGP4457_convert_20130817144715.jpg

水かけが終わったら、服を乾かしがてらパパの喫煙所へ。
ザンビーニ裏手にあるんですけど、ここだけすごい別世界、というか「イタリアの小道♪」って感じで、すっごくいいところ!

IMGP4458_convert_20130817144737.jpg

そしてダンサーさんたちの帰り道でもありました
そういえば初日だったか、21時半頃のファンタジーランドにずらっと行列ができていて、グッズか何かの受け取りかな?と思ったら「ダンサーさんの出待ち行列」だと知って驚いたことがありました。

IMGP4461_convert_20130817144902.jpg

そういえばまだお昼を食べていなかった我が家。
「ついでにここで食べていこう」と向かいのザンビーニへ。
う~んここの2F外観もいい雰囲気だ~~

IMGP4465_convert_20130817144938.jpg

ザンビーニは昔、まだUがこの世にいなかった頃、一度か二度入ったことがあったのですが。
その時のパスタが、基本味にうるさくないパパママをして「まずい」と言わしめたシロモノで
たぶんハロウィンバージョンだったんでしょうが、栗を砕いて作ったようなソースが妙~に甘くて食感悪くて、そもそも細麺でのびてるし、当然ミートソースものびてるし、別にいいけど紙皿だし(うろ覚えだけど)
で、以来一度も入ったことなかったのですが、おとといだったかフローズンレモンカクテルを買いに来た時、ガラスケースを見たらけっこうおいしそうで
「そういえばTDRのご飯って、あの頃よりおいしくなったもんね」と、今回久々の再チャレンジです

IMGP4467_convert_20130817145058.jpg

ピザ、ミートソース、スパボー、名前忘れたけど「人気あるんですよ」とレジのお姉さんがにっこり笑って教えてくれたクリーム系パスタ(おばちゃんという種族は何でも「これ何ですか?」とか恥じらいもなくお店で聞くのよね)、あっまた誰かレモンカクテル頼んでるな
で、驚いたんですが、これらすべておいしかったです ピザもミートソースもうまいし、クリーム系もさすが人気あるのがわかるという感じで(KKが「2杯目をこれにしたい」と言ったほど
お皿も紙じゃなくなったし、いや~ほんとに日々進化してるんですね~~
ちなみに写真のUが泣き顔なのは、お帰りの時間が近づいているのをここでうっかり思い出したからです ほんとにこのUは、旅行中1回は「帰りたくない~~」と泣くのがクセになってるようで

IMGP4466_convert_20130817145004.jpg

さあさあU!次はいよいよUお待ちかねのアレよ!
FP取れなかったけど、Uにはこの最強武器が!

IMGP4470_convert_20130817145152.jpg

ご存知「未来のファストパス」
インディのは「未来の探検なんちゃら」だったかな?アトラクごとに名前やデザインが違って、身長制限で乗れなかった子に、「いつか大きくなったら、みんなで1回乗っけてあげますよ」とキャストさんがくださる、TDRの心意気あふれるFP。
過去にセンターオブジアースとかビッグサンダーとかももらったはずなんですが、みんなどっかいっちゃって なんかこういうのって、大事に取っておくとその後2度と行かないとかになりがちな気が え?気のせい?
で、2年前にもらったこれが最後の未来FPです。Uがもらうことも今後ないので、使うのもこれが最初で最後
FPエントランスのキャストさんに渡すと、身長を計って「お父さんお母さんこんなに大きくなりましたよ~」とお祝いムードにして、日付を書き込んで返してくれます。いい制度ですね~~ もっとも我が家はおととい既に身長制限クリアして乗ってるので、感動は薄かったんですけどこういうのは続けて欲しいと思いました。

IMGP4473_convert_20130817145230.jpg

感動の(?)インディに乗り終わったら、これまたUの大好きアトラク・マジックランプシアターのFPを取り。
お約束のようにシンドバッドにも乗り。

IMGP4477_convert_20130817145327.jpg

しっかしこのチャンドゥってコバンザメみたいな奴だよな~と、いつも思います

IMGP4481_convert_20130817145350.jpg

帰りがけにボールゲームでも、と思ったのですが、あまりにも人いっぱいでやめ~~
マジックランプも見て、17時半ごろ、そろそろ出口へ向かいます。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーに移動~♪

8/4(日)12時。
降りた直後は「すっげー面白かった!もう1回乗りたい!」「ビッグサンダーより酔わないわ!これならイケる!」と興奮状態で言い合ってたものの、だんだん後から効いてきた2人。
さすが腐ってもスペースマウンテンです。てか腐っちゃいないです その威力は昭和のまま。
結局「2回目はやっぱり夜に廻そう」ということで一致し、カリブに連続乗りしていたパパUと合流して、出口へ向かいます。

IMGP4439_convert_20130817144248.jpg

この人たち↑も、見かけると「ああTDRだなあ」という気分が沸き起こる存在ですね♪
ま名前もそのままズバリ「東京ディズニーランド・バンド」ですしね。

IMGP4442_convert_20130817144334.jpg

というわけでやってきたシーでは、とりあえずストームライダーのFPを取ります。
どんだけこのアトラクが好きなんでしょうか我が家は
まあ好きは好きですけどそれ以上に、「やることがない」「でも帰りたくない」「少しでも長くTDRにいたい」という、遠方年1ゲスト魂のなせるわざですねこれは

IMGP4443_convert_20130817144354.jpg

ここからフォートレスへ向かいつつ、通りかかったワゴンで、30周年スーベニアカップを。
中身はカスタードクリーム&フルーツみたいな味で、個人的にはイマイチだったんですが、30周年カップはやっぱし買わないとね
で思ったんですけど、25周年カップと比べて、えらくちゃっちくなりましたね~~~
25周年はもっとでっかくてズッシリしていて、アニバーサリー感ただようカップだったのに、こちらは正直、取っ手が「30」じゃなかったら、他のスーベニアカップと変わりませんて(個人的に、今回一番良かったのはランドの夏祭りカップかな。持ち手がねじりはちまきで、色もグー)。
そういえば前はシーとランドそれぞれ別デザインで出してた夏のプラカップも、いつの間にか両パーク変わらなくなってるし、てかいつのまにかワンコインじゃ買えなくなってるし、そのくせ「光を集めるとなんだかがもらえるハピネスなんちゃら」みたいな、決して安くないお金を使わせようとする企画だけは一生懸命やるし、どうも「ゼニ」関係であまりにもあからさまな感じがするのだけがなんだかなです。もうちょっとうまく隠してくれというか。TDRの「本気で別世界を作ろうとする情熱」は好きなんですけどね~。

IMGP4444_convert_20130817144415.jpg

ついでに、マゼランズ向かいのリフレスコスでお茶休憩。
ここは隠れ家みたいで雰囲気よく、メニューもコーヒー味中心で、我が家比較的お気に入りのスタンドです できれば以前みたいに、コーヒー味のカキ氷も復活してほしいところ。
今回はこんな↑おいしそうなコーヒー味のデザートドリンクがありました(が、30周年スーベニアカップの甘いデザートを食べたばかりで、食指が動かなかったのがザンネン)。
アイスコーヒーや、コーヒーソースつきチュロスなどで休憩した後は、ストームライダーFPの時間まで、向かいのフォートレスでひと遊び。

P1050334_convert_20130812164955.jpg

トイレに寄ったママが一足遅くガリオン船に向かうと、後ろから誰かが肩トントン。
「知り合いかな!?」と思って振り向いたら、そこにはジャジャジャジャックスパロウが「Hello~~」!!!
この時のママのあわてふためき具合をお察しください
ええっちょっちょっと待ってあっ写真えーと写真あーキャナイ!キャナイピクチャーーーーーーー(←意味不明)
キャストさんが、猛り狂う馬をどうどうとなだめるように「あわてなくても大丈夫ですよ」とニコヤカにおっしゃってたのが印象的です だって振り返ったら鼻先にジャックよ~ジョニーデップそっくりなのよ~~
ママのおたけびでパパKKUもやってきて、「What's your name?」「え?え?あーKK!」などのプチ英会話も挟みつつ、無事写真を撮ってもらえたのでした♪
その後優しいキャストさんに「シーにもジャックスパロウがいるんですね~♪」とか、いまだ興奮冷めやらぬ口調で聞いたら、なんでも何年か前からここら辺に出没してるんですってね(そんな前から!?)
「おトイレを出た頃からずっと後をつけてたんですよ~♪」なんて言われて、キャー痴漢みたいじゃなくて思いも寄らぬサプライズ、うれしかったです~~~

IMGP4446_convert_20130817144450.jpg

その後ストームライダーにも乗って、14時半ごろ、ママの希望でハーバーへ向かいます。
目的はもちろん・・・びしょ濡れです

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

ジョーがかわいいじょ~

ダジャレに走ってしまいました
なんというか、こんなダジャレも許されるくらい(と勝手に決めてる)重くもなく、かといって軽薄でもなく、途中10分くらい見れなかったのですが「20時から見直さなきゃ」と思うこともなく(前は、10分見逃したら膨大な情報量を見落して途中合流不可能ってくらい、張り詰めてた気がします。見てるこっちも内容も)、「ああTVドラマだな」と思えました。別に悪い意味じゃなく
そういえば八重ちゃんの着物(グレーに薄紫みたいなの)がステキで、ああ京都に馴染んでるんだな~なんて思いました。

というわけで、今回印象に残ったことも重箱の隅的なことばかりですが、まずオープニング!
なんだか明るくなりましたね~ 「石部桜は消えちゃったかしら!?」と心配したけど、残っててほっとしました。
あの黒が背景の綾瀬はるかちゃんシーンはどうにも違和感あったので、それが消えたのは特に残念ではなかったですけど、はるかちゃんシーンを減らすわけにはいかなかったのか、今までの八重ちゃん百面相が入って、そのかわり福島県民百面相が消えちゃいましたね;;わざわざ公募した一般人が(しかも福島県民が)出るという画期的なシーンだったのに、消えちゃったのは残念でした。
どうせ消すなら、かわりに入れるのは八重ちゃん百面相じゃなく、今まで出てきた人たち・・・すなわち殿や神保親子や田中土佐や風間杜夫や、あと三郎おとっつぁま尚さんうら、絶賛活躍中の山川浩やオニカンなどの若かりし頃、頼母や千恵さんたちや帝や帝都物語や泣く桂ミッチーや・・・そういう、「今までの登場人物一覧」≓「故郷のために戦った人々百態」をぱぱぱぱっと映してくれればなあなんて思っちゃいました。そんであの磐梯山の場面につなげたら、「それらすべてを包み込んで微笑む八重ちゃんが、子供たちとともに傘=花を咲かせる」みたいな感じになったかもしれないじゃないですか ていうか単純に、そういうオープニングなら見るのが楽しみになるし♪たぶん会津編を食い入るように見ていた視聴固定層は大喜びです

もう1コ印象に残った、というかオープニング同様ちょっと残念だったのが、新島七五三太時代の回想シーン。
あれ学校への土地提供の話が済んでから、「そういえば・・・」って感じで、純粋に思い出話にすればよかったのになあ。あれじゃ土地を提供する動機が、「懐かしい思い出の中にいた子だから」っていう、そんな一時の喜びにほだされてみたいな感じがしてしまう あの回想シーン自体は、まだ元気なあんつぁまがいて、懐かしい白い着物の尚さんがいて、まだ敵じゃなかった西郷どんがいて・・・っていう、しみじみしてしまうワンシーンなので、出すのは全然OKなんですけど。

そして最後に、ついに本格始動したジョー!
かわいいじゃないですか♪こういう人好きだわ~~
「学校を見学したら」「え~でも迷惑じゃ」みたいな雰囲気のとこに「私はかまいませんよ」とかさ。「学校に迷惑だっつってんだよ」っていう 見学しに行っても自由気ままな行動で。意外と天然でずーずーしいのに、なぜか憎まれないタイプの人っているけど、ジョーはまさにそんな感じですね たぶん「ウソや計算のない誠実さ」みたいなのが言動の端々から伝わるんでしょうね~
オダギリの、濡れた子犬のような見た目も、それにハマってる気がします。ていうか前にも書きましたけど、この人は直近の前世が「江戸時代、学問をしたくて日本脱出した武士。哲学を修めて帰ってきた」その前の前世が「イタリアの修道士」だそうですから、自分に素直に心のままに演じれば、きっとジョーそのものになるはず(「ていうか「前世」ってさ」てのはさておき
どーでもいい話ついでにどーでもいい感想をもう1こすると、このジョーと八重を見てたら、「典型的なB型男とO型女の組み合わせだ」なんて思っちゃいました って実際の血液型なんざ知りませんけどB型男とO型女は相性がいいって、BRAHMANのTOSHI-LOWさんが言ってました♪あ、ついでに尚さんも、マイペースでこだわり派なあたりB型だなきっと しかしいくらマイペースたって、プロポーズ早すぎ

気になるのは、キリスト教をどこまで、どういうふうに描くのかってことですけど、これは今後のお楽しみですね♪

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

スペースマウンテンで昭和を語る

8/4(日)10時半過ぎ。
サーキットが終わって、男衆が初日、異様にうまいうまいと言って食べていたスターツアーズ隣接のピザ屋さんでブランチ。
が、次に控えるはスペースマウンテンなので、ママは念のためサラダのみ(車酔いとは無縁の男衆はピザ一気食い
パパ&Uはジェットコースター苦手なので、この後はまたまた別行動。
ロジャーSB40分は先日懲りたので、Uのもう1つのお気に入り・空いてるカリブに連続乗りでもしてくるそうです。
ママKKはそのままトゥモローランドに残り、11時半のスペースFPまでしばし待機。
バズの前で待ってたら、20:20~21:20と我が家的にちょうどいい感じのFPが出ていたので、思わず取ってしまいました。今日はこれに乗ったら帰り支度かな~

IMGP4430_convert_20130817144026.jpg

あれ?気づけばいつの間にか、お向かいのスペースマウンテンのエスカレーターに人影なし。そしてキャストさんが何かアナウンス中。
「スペースマウンテンは、ただいまシステム調整しております」
えええ~~~と一瞬ガッカリするママKKですが、続くアナウンス「お手持ちのFPはいつでもお使いいただけます」に、やった~時間無制限チケットになったぞ~~と、逆にラッキーな気分に
こういうとこがTDRはウマイというか、さすが個人の権利を追求するアメリカ仕込みといつも思います。日本仕込みなら「運が悪かった」で済みそうな気がするもんなあ。気のせい?
とりあえず、今スペース乗れないなら、パパUに連絡してシーへ向かおうか。
と相談しているうちに、早くも復旧したらしく その間たぶん20分くらい。
って今11時45分だけど、こんな短時間のシス調でも、しかも11時半からのFPでも、まだ時間無制限なのかしらん??
と聞いてみると、やっぱり大丈夫らしく しかもFPにハンコとか押すわけでもなく、どうやらキャストさんがその時間帯を覚えていて、FPの時間を見て判断するらしく。すごいな~

とりあえず復旧したので、まずは1回、今乗ってみることにしたママKK。
KKは妙なハイテンション。シス調で一度遠のいたことによるサプライズ効果か、はたまた恐怖のせいか、ワクワクとしゃべりっぱなしで、乗る前から空に舞い上がってる感じ
と言うママも今でこそ、ビッグサンダーすら酔うから乗らなくていいというテイタラクですが、昔はTDRでいっちばん好きな乗り物といえばこれ!スペースマウンテンでした
なんたってママの子供の頃って、ヤマト・999・ガンダムといったSFアニメの全盛期 「宇宙」や「星空」みたいなのが、なんだか未来への憧れめいたものの象徴として刷り込み済みだったことに加え、当時それを体感できるような乗り物って、知る限りでTDRだけ、スペースマウンテンだけだったんですよね。いやほんと、その頃のスペースマウンテンって、今じゃ考えられませんけどマジで「最先端!!!」って感じがしたものです。

IMGP4433_convert_20130817144110.jpg

この注意書きとか懐かしいなあ。「心臓病、高血圧、妊婦さんe.t.c.は乗るのやめた方がいいです」みたいなやつ。ビッグサンダーとかにもあるけど、初めて見たのがここだったからなあ。
まだファストパスとかない、長い長ーい待ち時間中、これを長々と見ながら「そんなに怖いんだ~やめといた方がいいかな」「いや大丈夫でしょ~そんな危険なもんを動かさないでしょ」とわりと本気で語り合ったものです これ見るだけでワクワクしたな~~
そういやその時だったか、「大丈夫かな」と怯える私たちの何台か前に到着したライドが、なんと一車両老人ギッシリで
「敬老会の貸し切りか!?」というその図のインパクトもさることながら、「誰も死んでないよ。なら大丈夫だね」と、詰め込まれた老人たちを見ながら胸をなで下ろしたものです
(という話をKKにしたら、舞い上がってるためか大ウケ。たぶんKKも「なら自分も大丈夫」とここで安心したと推測)

IMGP4432_convert_20130817144047.jpg

そんな感じで、通路だけで早くも脳みそあったまってる私たちの前に現れたのは、これまた懐かしの看板。
もう当時は、ジェットコースターの通路にこんな看板があるだけで、そしてその背景が宇宙なだけで「おお最先端!!!」って感じがしたものです
という話をKKにしたら、「え!?このショボい絵が!?(爆笑)」
いやあんた笑うけどねー、当時のスペースマウンテンの画期的なことと言ったら!こんな宇宙っぽい通路、他になかったんだから。そもそも外観からして、他の遊園地になかったし。ほらトゥモローランドで夜とかに流れてる昭和っぽいシンセサイザーの曲とかあるじゃない。
「あ~あの古臭いやつね」
あっさり肯定されてちょっと凹むものもありますがそうそうああいうのなんかもう「なんて未来的」って感じに聞こえたもんよ。そのトゥモローランドの象徴が、このスペースマウンテンよ。もう中のものすべてが「SF的近未来!!!」って気がしたわ~。
と、力説し冷笑されつつ中に入ると、うわ~これこれ~~~

IMGP4435_convert_20130817144203.jpg

なっつかし~~~!いやあこの空間は1歩足を踏み入れた途端「うわあ♪」って感じだったな~~。「やっと乗れる!」っていうのと、「最先端!」っていうのとで。
とママが昭和の思い出話してると、もうすぐ乗れるので今ならどんなギャグも笑えるぞってほどハイテンションになってるKKも食いついて
「この光、これが最先端?(冷笑)」「最先端!(力強く)」
「この足元のライト、これも最先端?(嘲笑)」「最先端!(力こぶ)」
と、昭和の最先端をあれこれ指差しては笑いあう2人。
写真↑真ん中左の、天井からつるされて電気ビリビリしているような「宇宙の新エネルギー(?)」を見て、平成っ子KKは
「あんなの水でやりゃいいのに。すごいちゃちい(嗤)」
と嗤いますが、ママに言わせりゃ、これぞ昭和の空気を今に伝える物件。すなわち「新しいもの」「未知のもの」というイメージが「電気(っぽさ)」にはあったのよ~。
生活のあれこれも、音楽なんかの文化も、最先端は「電気」によってもたらされると信じていた昭和の時代、「電気」と「未来」が「物」に形を変えて、それを手に入れるのが幸せだと信じていた昭和の時代。平成の、もはやそれらの物が行き渡ったために、物欲も上昇志向も消え去って、自然回帰でエコばんざいになった時代にはピンと来ないかもしれないけどね~、ほらあの福島原発、あれもできたのは昭和でしょ、「夢の新エネルギー」だったのよ、そういう時代だったのよ~

と、主観も交えてスペースマウンテンから2光年くらい離れた方向へ会話がすっとんでった頃に、乗り場到着
今回は敬老会ご一行様を見かけることなく、ママKKともにドキドキとスタンバイ。
やがて宇宙の中を縦横無尽に駆け巡ります。
スターツアーズでは「酔っちゃう」と終始目をつぶっているママ、ここでは目をかっと見開いて「何一つ見落とさないぞ」という気合い一発で乗ってます これを見るために乗っているというか、キレイなものを見て酔いをごまかしたいというか
しかし・・・キレイはキレイなんだけど、なんかやっぱりショボいのよね。前にパパKKと乗った時も「あれっこんなにショボかったっけ??」とショックだったのですが、今回もやっぱりそれを再確認しました。ジェットコースターとしては非常にスリリングですけど。
オーロラ(星雲?)も、時々ちょこちょことあるくらいだし、星もプラネタリウムみたいというか、あまりにも作り物感ただようし、しかもどうしてもそこにレールのシルエットがかぶさってさらに興ざめという。
ただ最初だったかな?赤い光だったかに、ばーっと包まれるのは「おお近未来」って感じがしてよかったですね~。願わくば、星もオーロラもそんな感じに、そうスターツアーズのワープシーンのようになってくれると、個人的にもう最高なんですが。

とはいえれっきとしたジェットコースターなんで、乗ってる間はKK「うおーひゃおーー」ママ「もういいよー長いよーー」と各々叫びっぱなし。
降りた後も「いやこれはすごいね!」「ビッグサンダーなんか目じゃない!KK今度はこれにする!」と、体は虚脱状態・頭は興奮状態で通路を歩きながら口々に。
まだスターツアーズやスプラッシュがなかった頃、TDRの一大目玉であった、おめでとう30周年のジェットコースターの威力は、いまだ健在でした。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

最終日のサーキットにて

3晩堪能したシェラトンからのこの夜景も、しばし見納め・・・
って相変わらず堪能できない写真ですが

IMGP4414_convert_20130817143303.jpg

IMGP4417_convert_20130817143357.jpg

IMGP4420_convert_20130817143425.jpg

というわけで、一夜明けて8/4(日)。
ついに最終日です。
今日絶対取りたいFPは、スペースマウンテンだけなので、比較的のんびりと9時半頃チェックアウト。

というかシェラトンでは「チェックアウト」というのがなくなったんですよね。
ここは前払い制なんですが、チェックアウト時までに、冷蔵庫とか追加の利用料金がなければ、そのまま出てっちゃっていいよという
チェックイン時にそう言われていたのですが、なんか不安で、出る時わざわざフロントに立ち寄って「あのーこのまま帰っちゃっていいんでしょうか」と聞いてしまいました シェラトンの企業努力を無にする奴。

IMGP4423_convert_20130817143620.jpg

初日の早朝は、土日の鶴が城会館より少なかった観光バスも、今日はこの通りずらっ!!
うわ~今日も混んでそうだな~~

IMGP4428_convert_20130817143914.jpg

トゥモローランドへ向かう道すがら、見かけた抽選所もご覧の通り。
ただここは常にこの行列じゃなく、時によってどぱっと混んでいたり、がらっと人がいなかったりするのでご安心を

さて今日の狙いは、スペースマウンテンFP!
ビッグサンダーは好きだけど絶叫系は基本嫌いなKKが、昨日何をトチ狂ったか「明日はスペースマウンテンに乗ってみたい」と言い出したのです
実は数年前、リニューアルした頃にも1度トチ狂って乗ったことがあったのですが、以来今日まで乗ってないことから、その時の恐怖ぶりがうかがえます 大丈夫~~?
しかしFP発券機の前まで来ても気が変わらず、どころか乗る気マンマンなので、とりあえず11:30~12:30のFPゲット。
もちろんUは断固拒否なので、KK連続乗り確定です。大丈夫か~~KKそしてママ!?

IMGP4429_convert_20130817144001.jpg

さて時刻は10時頃。
とりあえず近場のグランドサーキットレースウエイ20分待ちへ。

待っている間、印象に残ったのが、車の乗降場にいる小さい女の子と、その子の傍らにしゃがんで(=目線を合わせて)ず~っと話しかけてるキャストさんの姿。
20分待ちにつき、見ることもなくその2人を見てたのですが、やがてその女の子の前に車が止まって、中からおそらくお母さん&姉妹が降りてきて。
そうして今度は、その女の子とおそらくお母さんが車に乗って、今降りてきたおそらく姉妹とそのキャストさんが、先ほどと同じようにお話し始めて。

いわゆる「交代乗車」だったわけですが、その間キャストさんが子供の相手していたことに、なんだかしみじみと感動してしまったのでした
以下、長くなりますがm()m

「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」
という、巷にあふれる「ディズニー感動系」or「ディズニービジネス系」本のハシリではと思われる本があって。
この2巻に、ここゴーカートで働いてた著者の体験として、こういう話があるのです。
ママと小学生低学年男子とヨチヨチ歩きの子が、ゴーカートにやってくる。
男の子は当然ものすご~く乗りたがるんだけど、安全上の規定から3人で乗ることはできない。男の子1人で乗ることも規定上できない。ママと男の子で乗っている間、ヨチヨチ歩きの子をキャストさんが見ていることも規定上できない。
キャストさんは「できません」を繰り返して断るしかなく、ニコニコしてやってきた男の子はやがて泣きながらお母さんに手を引かれ去って行く・・・
断らなきゃいけないキャストさんも辛いんですよね。できるなら乗せてあげたい、笑顔が見たい、キャストだもの@みつを。
この苦しさを上司に訴えた著者は、そこで「本当のサービスとは何か」みたいな話をされ・・・というエピソードなのですが、詳しくはぜひ同書で そしてこのエピソードの最後は
「その後私たちはミーティングを持って、今まで「どう断るか」ばかり考えていたことを見直し(略)、子供一人の場合、やむをえない場合に限り、手の空いているスタッフが特別に一緒に乗車するように出来ないか、などを考えられる機会が設けられるようになりました。
こうして、まだまだ完全ではないものの、少しずつですが、ゲストの「ハートのリスク」を負う対応が出来るようになっていったのです」
で〆られていますが、この本が書かれた後もなお、色々試行錯誤が続けられて、著者の時代にはできなかった「キャストさんが子供を見ている」ことができるようになったんですね~。もっとも私が気づかなかっただけで、もっと前からやってたサービスなのかもしれないですけど。
それだけ多くの、代々のキャストさんが、乗れなくてがっかりする子供のことを、真剣に考えてきたんでしょうね~。
(念のためですが、いつもこういうサービスを行ってるのかどうかはわかりません。1人で小さい子2人以上お連れの方は、乗る前にぜひご確認を!)

そんなことを思って、夏のグランドサーキットレースウエイのようにまぶしい気持ちになって、目を細めてしまったのでした。
どうでもいいけどここのアトラクは、ピカピカの車の照り返しと、つけっぱなしのエンジンと、長袖長ズボンの制服で、夏はキャストさんたち、ひときわ暑そうですよね~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

爽涼鼓舞で3日目ファイナル

8/3(土)21時。
真夏の夜の夢「爽涼鼓舞TheFINAL」開演まで、もう間もなく。
会場にはアナウンスが流れ、辺りはざわめきに包まれた高揚感、そして目の前には30周年のライトアップもきらびやかなシンデレラ城!
初キャッスルショーが「ブレイジングリズム」で、フレイムキャノンに度肝を抜かれ「あれはすごかった」といまだに語り草になってる我が家(Uは生まれてなかったけど)。
期待に満ちたざわざわ声の中で、お城を眺めながら、「あの炎がまたあるらしいよ」「花火どれくらい上がるのかな~」とか話していると、ワクワクしてきます(パパいわく「あとは水さえなきゃな~」

IMGP4312_convert_20130810184009.jpg

以下キャラの判別も出来ないほどのピンボケ写真が続きますがm()mせめて雰囲気だけでも伝わればと。
上手な人の写真だと、キャラはもちろん、夜風やざわめきといったその時の空気まで、くっきりと伝わってくるんですけどね~(パパいわく「だから一眼買って俺が撮影」

と、ついにシンデレラ城の照明が落ち!
待ちかねた観客の「ヒョ~~~」という歓声の中、スポットライトを浴びて現れたのはMC&プルート!この時のプルートはかわいいな~
その後テーマ音楽とともに、満を持して、おととい同様「何様?」って感じで悠々と出てきたのは、もちろんミッキー様!

IMGP4321_convert_20130810184053.jpg

ミッキー様ならまあねえ、あれくらい悠々と登場するのも仕方ないわね~
やがて水の砲撃も始まりましたが、バカみたいに水かけられたD席とは打って変わって、今回E席にはほとんど来ず
最後の、塔からの放水くらいじゃないかなあ水かかったのは。
思い起こせば、何年か前の「クラブモンスターインク」では、A席でガッツリ濡れましたから、夜は風向き的にA~C席の方が、濡れる確率は高いのかも?
(そのかわりD~E席は、濡れる心配なく撮影できるという利点があります あくまでも当日の風向き次第でしょうけど)

ミッキー様パートが終わり、さて最初に出てきたダンスチームはグーフィー&マックス父子。
以下、各パートを見比べた結果の、ごく個人的な感想を。

IMGP4332_convert_20130810184249.jpg

このチームは個人的に、4つの中で一番好きな音楽でした
ストリートダンス系って、それほど好きってわけでもないんですが、これはなんだかアメリカンハイスクール的な感じで。たぶんこの曲だけ聴いても好きになると思います♪
しっかし昼は気づかなかったけど、夜、ライトに照らされた中で見ると、客席はもちろん、おそらくステージにもおっそろしい量の水が襲い掛かってますね~

IMGP4335_convert_20130810184357.jpg

次はチップ&デール&クラリスによるラテンチーム。
チーム名がほとんど「早口言葉か」で、MCが言うたびKK&U大ウケでした
ここは曲がイマイチかな~と思ったのですが、途中の煽り、すなわちあの「ラッセーラッセーラッセーラー」「えらいやっちゃえらいやっちゃヨイヨイヨイ」「ヤッショーマカショードッコイショ」が最高です 
ここを聞くためだけにリピートしたくなる、聞けば体が条件反射的に動き出すっていう。特にクラリスの「ドッコイショ~」にはある種の破壊力がありますね~

IMGP4348_convert_20130817154321.jpg

このラテンな曲にあわせて、お城が「イッツアスモールワールド」的なライトアップされるのもよかったです~♪
派手で、いかにも「お祭り」って感じで。

IMGP4352_convert_20130810184435.jpg

次はミニー&デイジーの女子チーム。
夜は照明のおかげで、昼とはまたちょっと雰囲気が変わりますね♪
お城がピンクになったり、銀粉かけたようにライトがキラキラ~と点滅したりして、いかにも「かわい~」って感じ。

IMGP4354_convert_20130817141937.jpg

照明に限らず、このチームはとにかく「かわいい」その一言
曲もチアガールみたいで、軽快で、一挙手一投足がとにかくかわゆいです

IMGP4363_convert_20130817142526.jpg

最後はドナルド。
この曲はね~~~、個人的にとっても残念でした。
というのも、最初のギターがすっごくカッコいいんですよ!
元々「ドナルドパートはロック」って聞いてたので期待してたんですが、肝心の曲が・・・全然ロックじゃないよ・・・(個人的感想です念のため
最初のギターがカッコいいだけに、なんでこのギターみたいな感じで1曲やらないんだ~と、残念で残念で
てかやっぱし、薄々思ってたんですけど、TDRとロックって、相性あんま良くなさそうですね。イメージも合わないし、基本「つくりもの」≓「ニセモノ」が前提のTDRの中だと、偉そうにしているロックの「ニセモノ」性まで露わになりそうで
(でも何年か前ちら見したハロウィンショーの時の音楽は、すごくカッコいいロックサウンドだったな~)

IMGP4368_convert_20130817142609.jpg

そして見た感じ、ドナルドの回は群を抜いて水量豊富だった気が
他のチームの水爆撃がドンドンドンなら、ドナルドの時はドドドドドドみたいな

と言ってるうちに、悪役登場!
ステージのあちこちから火が噴き出します
やっぱし火が出ると一気にショーが盛り上がりますね~ 夜のショーがいかにも「ショー!」って感じするのは、花火なんかも含めた火の効果が大ですね。

IMGP4375_convert_20130817142704.jpg

ステージ下にもダンサーのお姉さん方がいて、こうして直に客席を煽っているのですが、悪役が出てきた時、このお姉さん方が暗闇の中で「キャーこわ~い」「どうしよう」みたいな小芝居を2人でしてるのに、プロ根性を見ましたというかウケました

IMGP4384_convert_20130817142824.jpg

やがて「みんなも一緒に踊って~」ってことで、会場全体で「ソー!リョー!コブコブ~」。
この歌がまたほんとワクワクしてくる歌なんですよね。元歌の発音が東北民謡なせいか、妙にエキゾチックな力強さがあって(余談ですがこのCD聞いて、東北の発音と沖縄の発音は同じだな~と思いました。基本「アイウイウ」なんですよね)。
この、個人的にすごーく盛り上がる歌にあわせて、会場全体が踊りつつ、水がボンボン放たれ、悪役も頑張って火がボンボン上がり・・・と、心のヒートアップメーターはここら辺で最高潮

IMGP4388_convert_20130817142907.jpg

フレイムキャノンもどーーーん
その瞬間「あっつっ!!」と横から後ろから声が上がってました(もちろん我が家も盛大に)。
これ一発で一瞬、頭から足まで熱に包まれるんですよ~。戦争とかならヤだけど、お祭りだとやみつきになります

IMGP4389_convert_20130817142935.jpg

やがて悪役は消えて、「なんでドナルドをなぐさめる流れになってるの?」とKKすら首をひねったものの取りあえず優勝も決まり、最後は火と水と花火の競演!
そうそう「友情・努力・勝利」なんざどうでもいいのよ。とにかく夏の夜のひとときをお祭り気分で過ごせれば。
(とTDRも言ってるとしか思えないちゃちい友情&優勝シーンでした

IMGP4398_convert_20130817143038.jpg

ちなみに帰宅後、このCDにあわせてフンフン歌ってるパパを2度ほど確認
ショーとか大して興味ない人でもノらせてしまう、真夏の夜にぴったりな、心浮かれるド派手なショーでした

IMGP4403_convert_20130817143117.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーで夕飯ランドでアトラク

8/3(土)15時過ぎ。
ホテルで洗濯したり、昼寝したりと、テキトーに過ごして。
(今日はKKが起きていて、Uの遊び相手となっていたので、ママも腹にダイビングされることなく、優雅にコーヒー飲んで過ごせました
17時半頃、夕飯を食べに部屋を出ます。
シーへ向かうリゾートライナーからは、驚きの光景が

IMGP4274_convert_20130810182532.jpg

衝撃!実はコンクリートの海に浮かんでいたコロンビア号!

と盛り上がるママに
「まさか今まで本当に海に浮かんでると思ってたの?
と、極めてクールなツッコミを入れるKK。くやし~~~

IMGP4276_convert_20130810182605.jpg

18時頃、到着したシーは夕暮れに包まれていました
写真が下手でステキさが伝わりませんがこの、灯がもうすぐともり始める時間帯、夏の夕風の中、沈む夕焼けに照らし出されるメディテーレニアンハーバーの光景にウットリ~

IMGP4277_convert_20130810182630.jpg

あちこちキョロキョロウットリしながら歩く先に現れた、今宵のレストランはここ!

IMGP4279_convert_20130810182659.jpg

レストラン櫻です。
我が家がPS取りたいシーのレストランは、だいたい櫻かカナレットなんですが、出発前、この日この時間の櫻だけが、たまたまPS空いていて。
去年も旅行後半はほとんどシーに入り浸りだったので、今年もそうなるだろうととりあえずPS取ったのですが、結局今回は、櫻で夕飯食べるためだけにシーに来るみたいなことになっちゃいました

IMGP4288_convert_20130810182821.jpg

写真のモデルはアレですがここの料理はほんとにおいしいです♪
(でも前よりちょーっと経費削減してないか?という感想も飛び交った我が家 海鮮ちらしが、盛りをキレイにして量をごまかしてないかとか、スチームボートのスープカップがちっちゃくなったぞとか)
お料理もさることながら、今回の席は奥まっていて、眺めがステキ~~~
おいしいお料理と、暮れゆくアメリカ、ともに堪能しました~

IMGP4286_convert_20130810182731.jpg

19時半近く、満腹になって外に出ると、既にシーは夜。
ヴェネツィアの夜景の中を歩きながら「ここら辺散歩したいな」などとKKは言い出しますが(「夜のアメリカとイタリアを散歩する」は、なぜか今回のKKの目的の1つ)、それにはとっても同意しつつ、この後スターツアーズがあるから明日ね、と出口へ急ぎます。
しっかしほんとに夕飯食べにシーに来ただけだったなあ 贅沢なようなロスタイムなような

P1050256_convert_20130812164404.jpg

というわけで20時頃、櫻から到着したのはここ!

IMGP4300_convert_20130810183012.jpg

今回2度目のスターツアーズです。
もっとも2度目なのは男衆だけで、酔うこと確実なママは、ソフトクリーム屋さん前で待機。
(夕飯直後なので危険度もMAX

IMGP4305_convert_20130810183108.jpg

スターツアーズから出てきた人しか利用しないと言われるここ「ソフトランディング」。
去年までは当然のようにガラガラだったけど、今年は昼間とか行列になってて驚きました~

IMGP4306_convert_20130810183051.jpg

20時半ぴったりにお店が閉まり、意外と夜でも行列が続いているスターツアーズの入り口を眺めてると、やがて男衆が戻ってきました
スターツアーズって、特に混んでる今は、入ってから出るまでに意外と時間かかるんですね~。 
満足げな男衆によると、なんでも今回は海の世界だったそうで、おとといの砂漠の世界とは揺れ方がまったく違う、海の方が面白かったね、ダースベイダーがまた飛び出したe.t.c.口々に楽しさを語ってました
ママはてっきり、椅子の揺れ方は同じで、映像が変わるだけという手抜き仕様なのかとひそかに思ってたんですが、1本ごとに全然違うみたいですね すごいな~~

さて時刻は20時40分。
この後はいよいよ、ママとKKお待ちかねの「爽涼鼓舞」です!(あれパパとUは?
パパは基本、ショーにもディズニーにも興味がない人
シンデレラ城へ向かう途中も「水かぶったら寒いだろうこれ」とかブーブー言ってましたが(確かにこの数日間は、夜になると涼しいくらいでした)、やがてお城に近づくにつれ人が増え、会場周辺まで来るとあたりは文字通り、黒山の人だかり!
お祭り提灯も、お城へ誘うようにずらりとライトアップされていて、この雰囲気に「わ~い夏祭りだ~~」とママKKUはもちろんテンションアップ、パパも「ショーが見れるなら、一眼買っとくべきだったかな~」などと不吉な発言を(それをするとTDR黒魔術から逃れられなくなりそうな気が
というわけで、4人それぞれに期待感に満ち溢れつつ、中に入ります。

IMGP4310_convert_20130810183937.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

抽選&ビッグサンダー

8/3(土)12時半頃。
お昼を食べ終わり、ビッグサンダーFP13:40までヒマをもてあます我が家
なるべく待ち時間が短く、かつ我が家が比較的好きなアトラク、すなわち「カリブ」や「ジャングル」や「鉄道」やe.t.c.あたりで時間を潰したいとこですが、カリブはKKが断固拒否、他のアトラクも今日はこんな感じ↓

IMGP4253_convert_20130810181635.jpg

まあ休日午後という、一番混む時間帯でもありますしね
ここがこれじゃ、ファンタジーランドやトゥーンタウン方面はもっと混んでるだろうし、う~ん何乗ろう。
あっそういえばこのアトラク、我が家未体験じゃない?たぶん異常にショボいだろうけど休憩がてら入ってみよう♪

IMGP4254_convert_20130810181658.jpg

と初めて入ったのはここ!「みずほ証券」です。
違います「魅惑のチキルーム」です。
なんで提供みずほ証券なんだろうな~?全然関係なさそうなのに

IMGP4255_convert_20130810181722.jpg

内容はね~、期待して入らなかった分、普通に楽しめました
カントリーベアをさらにショボく・・・もといアットホームにした感じというか。
むしろ休憩所として期待していたので、冷房が効いてないのがショックでした まあ南国気分のアトラクなので、クーラーでがんがん冷やすわけにはいかないのかもしれませんが、休憩所なのに残念だなと(いや休憩所じゃないから

さて時刻は13時過ぎ。
ビッグサンダーまであと30分強。何乗ろう?
Uはロジャーがいいそうですが、待ち時間40分 1分でも早くビッグサンダーに乗りたいKK断固拒否。
Uの方は去年に引き続きビッグサンダー断固拒否なので、パパUのFPももらい、ここでビッグサンダー組ママKKと、ロジャー組パパUに分かれ、14時くらいまで別行動することに。てかロジャー組はほんとに40分並ぶのかしら~

さてビッグサンダー組は何しようか~?
何か待ち時間が少なくて好きなやつ・・・「あっKKサーキット乗りたい!」
おお~それがあったわね、あれならどんなに長くても20分待ちだろうし。しっかしあんたはいくつになってもゴーカート好きね~。ママ知らないの?あれはレールにぶつからないようにするのが意外とテクニックいるんだよ~
などと言いあいつつトゥモローランドへ。

20分待ちのゴーカートに乗り終わると、時刻は13時半。ま~だちょっと時間あるな~。
ゆ~っくりウエスタンへ向かっていると、通りかかった夏祭りショーの抽選所に、あらっ行列なし。
おととい、抽選がいかに混んでるか、当たるのがいかに運がいいかe.t.c.を力説しつつ夜のショーを外したママ「今空いてるからKKやってみない?」と誘うと、基本ショーには興味ないけどママの力説を聞いてたKK、意外とすんなり寄り道。
「あっもしかして、ここで外したら「だから抽選なんかしなきゃよかったのに~~」って不機嫌モードになって後が大変かも!?」
と、抽選マシンの前に来てからKKの性格に気がついて怯えるも、時すでに遅し
「夜の2回目でしょ!」と、KKがパスポートを読み込ませ、「スタート」を押す間、ママは「当たれ~当たってくれ~~」と、二重の意味で必死に念じます・・・んっ?長いぞ?機械が悩んでるぞ。これはひょっとして・・・

IMGP4256_convert_20130810181816.jpg

以降のKKの機嫌のよさといったら
ママが「夜は昼より競争率高いのに当たるなんてすごい!」「これ見たかったんだ~!まさか当たるなんて、うれし~~」と口を極めておだてまくったからでもありますが(実際夜のショーは見たかったのでウソではない)、ほんと機嫌が悪いとセンターオブジアースまで行ってしまうくせに、機嫌がいいと天高く舞い上がって調子に乗っちゃう性格なんですよね~
おかげでショーにイマイチ関心なかったKKも、自分が当てた夜ショーを見たくなったようで、また1つ今日の楽しみが増えました♪

IMGP4260_convert_20130810181843.jpg

浮かれた勢いで隣のスターツアーズFP発券所にも突入して、19:30~20:30のFPを取って。
お待ちかねのビッグサンダーの時間になりました。

IMGP4262_convert_20130810181949.jpg

ビッグサンダーも混んでました~~
SB時間は3ケタではないものの、FP通路でこんなに行列したのは初めてな気が(とはいえ、入っちゃえばわりとスイスイですが)。
去年、救護室のお世話になるくらい酔って、ビッグサンダーとは永別したはずのママなのですが、「いや今年は大丈夫でしょ徹夜明けじゃないし」と、すっかり喉元過ぎれば状態
とはいえ若干、やっぱり不安ではあったのですが、この行列が、連続乗りする間の適度な休憩時間になって、なんとか「気のせい」とごまかせる程度の酔いで済みました。思えば去年は、降りたとたんにダッシュして2回目に乗るという無謀な乗り方してたもんな~
余談ですが、FP入り口で行列していた時、SB入り口のキャストさんが外人サン2~3人と「ハウメニー?」とか話してて、「さすがキャストさんは英語も話せなきゃなんだね」とかKKと言ってたら、突然キャストさんがどこかに電話し始めていわく、「あの~日本語を話せない外国人ゲストの方が40人乗りたいということで」
すごい数字に思わず笑ってしまいましたが、実際にずらりと外人サンがSBの図は壮観でした
またこの人たちがいかにも陽気なカリビアンで いやカリブ出身かどうか知りませんが、FP列に「ハ~イ」「ハロ~」と口々に手を振って、こちらまでなんだか楽しくなっちゃいました

IMGP4261_convert_20130810181913.jpg

途中、プリンセスをちら見しつつ、待ち合わせ場所の「カリブ」近辺へ。
今回はわりとあちこちでキャラを見かけたのですが、KK&Uが以前のようにキャラに駆け寄っていかなくなったので、ほぼ写真ナシです。
キャラも以前のKK&Uみたいな年頃の子に率先して行くのを見てると、ふと「こうして世代交代しつつ、続いていくんだな~」なんてしみじみしちゃったり

IMGP4269_convert_20130810182301.jpg

カリブ付近では、海賊バンドが演奏中 わ~~ジョニーデップ、見たかったんだ~~~
もちろんジョニーデップではないのですが、顔からチャラい仕草から、すべてがジョニーデップ扮するジャックスパロウそっくりで、いつ見ても感心します。

IMGP4263_convert_20130810182019.jpg

ついでに近くのスタンドで、これまたママがチェックしていた抹茶かき氷をば♪
う~ん今回は、目をつけてたかき氷はことごとく制覇したな~
色んなかき氷を食べて思ったんですが、TDRはどうしてかき氷にゼリーを入れたがるんでしょうね?ランドでもシーでも、底にゼリーが入ってるんだけど、氷がくっついて食感悪いし、いらないと思うんだけどな~
ちなみに、抹茶は好きだけど小豆は嫌いなママ、ためしに「小豆を抜いてもらうことってできますか?」と聞いてみたところ、「小豆抜きですね、ハイ」と、普通~な感じで受け付けてくれましたスバラシ~ 小豆嫌いな皆様、お試しあれ。

ここで、ロジャー、ガジェット、回転木馬などに乗ってきてご機嫌なUと、「ロジャーは40分待ちで乗るもんじゃないな」と疲労困憊したパパと無事合流。
この後は、夕飯の時間までホテルで休憩してましょうね~。夜は長いし
みんなでジャックを見ながらしばし抹茶かき氷休憩して、カリブ横のお土産屋さんでロジャーのトミカを買ったりしながら、リゾートライナーへ向かいます。

IMGP4271_convert_20130810182408.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

3日目はシー&ランド

8/3(土)
昨日わりとウダウダ過ごしたせいか
「今日こそは朝からガッツリ行こう 朝FP取っとかないとまた乗るものがない」
「今日はKKビッグサンダー乗りたい」「Uはインディ
と、珍しく朝からイノキボンバーヘッドのように燃える一家
KKとUの希望を満たすには、今日はランドとシーを行ったり来たりだな よしよしこれでリゾートライナーの1日券も元を取りまくりだぜ~(←ショボい闘魂)

IMGP4208_convert_20130810175756.jpg

というわけで8時半近く、まずはシーに到着。
たぶんインディFPの方が、ビッグサンダーより早くなくなるはずなのでね~。ランドは後回しです。

IMGP4210_convert_20130810175830.jpg

体感では、昨日より混んでいる気がしたシー。
これは開園直後だからか、或いは土曜日だからか!?

IMGP4211_convert_20130810180552.jpg

昼間以降は人だかりの仕掛けも、今はさすがに空いていました。
これに触るなら、朝一がベスト!?

IMGP4212_convert_20130810175909.jpg

ザンビーニ近くの階段では、ショーの準備中。
あのでっかいスピーカーって、普段はこんなふうに収納されてたのね
こういう「風景がボタン仕掛けでぱかっと割れて、そこから隠し機材が」みたいなのは、子供心が刺激されてワクワクしちゃいますね~~ 「ここは映画のセットの中なんだな~」という、TDRのツボみたいなものにも直に触れた気がして。

IMGP4213_convert_20130810175936.jpg

さて8時半過ぎ、到着したインディは、FP9:15~10:15。
「空いてればSBも」と思ってた私たち、SB60分にあっさり出鼻をくじかれます

IMGP4215_convert_20130810180016.jpg

けど、30分後に乗れるFPならまあまあじゃない?さてじゃあどこで時間を潰そうかな~
と、ふらふら歩いてアラビアに来ると、カーペットが待ち5分♪
だいぶ人気薄になってきましたね

IMGP4216_convert_20130810180045.jpg

乗り終わったら当然のごとく、隣のシンドバッド5分待ちに行って・・・

IMGP4236_convert_20130810180133.jpg

9時半インディ。
生まれて2回目のインディであるUも、すっかり慣れちゃって、余裕の乗車でした。

P1050349_convert_20130812165325.jpg

乗り終わったらこれまた当然のごとく「もう1回もう1回」ですが、ん~今FP取るとお昼の時間帯だなあ。たぶんこの時間はランドにいるはず。
しかし今年の我が家には、ひそかに「最強武器」が1枚あるのでね~ 困った時はこれ使いましょう

IMGP4242_convert_20130810180251.jpg

と言うとUも納得して、早くもシー出口へ向かいます。
けど歩くの疲れたので、船に乗って。
(TDRにいる間は、万歩計が毎日2万歩超えでした

IMGP4244_convert_20130810180313.jpg

この船は、我が家の男衆に比較的人気。
「♪海よ~俺の海よ~」という、加山雄三魂を刺激するのでしょうか(そんな魂なくてよし
ママも、ノーチラス号やフォートレス、イタリアなどの景色を独自の視点で見せてくれるこの船は、わりと好きかな?
「スチーマーライン」なのに堂々とこれ↓なのも、ギャグみたいでまたよろし

IMGP4245_convert_20130810180346.jpg

ザンビーニの前を通ったついでに寄り道して・・・

IMGP4246_convert_20130810180423.jpg

ロストリバーデルタのライムカクテル同様、出発前からチェックしていたドリンクget
フローズンレモンカクテルです♪

IMGP4247_convert_20130810180448.jpg

基本的に下戸で、ビールなどお酒の味自体もあまり好きじゃないんですが、ジュースみたいなカクテルなら大好物
というママの舌には、甘酸っぱくて氷がさわやかで、夏のTDRの景色を見ながらこれ呑めるのはサイコーという味でした♪ 個人的にはこのレモンカクテルより、もうちょっと甘さ控えめなライムカクテルの方が、よりさっぱりしていて好きかなという感じ。

しかし、一応アルコール飲料であるこれを持って、ランドに入れるのかな?
とリゾートライナーに乗りながら若干不安になったものの、11時頃、無事ランド入園。ま中身もほとんど残ってなかったですけど(なみなみと入ってたら、やっぱしゲートで止められるのかしら?実験してみたい

IMGP4250_convert_20130810180656.jpg

さっそく直行したビッグサンダーマウンテンは・・・うわ混んでる~
それでもなんとか13:40~のFPが取れて、まずは一安心。
ちょっと早いけど、この混み具合だと今のうちにお昼食べちゃった方がいいかも、と11時半ごろ、近場のハングリーベアへ。

IMGP4251_convert_20130810181540.jpg

レジは混んでましたが、席はまだ空いてました。このお店がオープンした昭和の時代なら驚いたであろう、鍵盤が自動で動くピアノの横
ちなみに私たちが出る頃には、レジは長蛇の列、席が空いてるのはあっつい屋外テーブルのみでした。混雑日は、目標・11時入店ですね。
ママKKUは中辛カレー(ここのカレーは中辛でも甘口)、パパは期間限定の「3種のカレー」でしたが、これは見間違いで、正しくは「30種のスパイス入りカレー」で、しかもオニオンリングやウインナーにチェダーチーズという、いかにもアメリカンというかパパが嫌いな物ばかりというかがどっさり乗っていて、「カスバフードコート」を期待して注文したパパは心折れてました どっちもハウスのカレーなのに味は大違いなんですよね

IMGP4252_convert_20130810181605.jpg

とりあえず満腹になって、さてビッグサンダーまで小一時間。
よく見るとなんだかステキなウエスタンの風景の中を歩きながら、次はどこへ行こうかな~?

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

八重の桜33回

1億2千万人の尚さんファンの皆様、目の充血は治りましたでしょうか
尚さんの涙に、すべて持ってかれた第33回でしたね~~~

今回特に印象に残ったところは3つ。
1つは、征韓論が出た頃の大久保&西郷。
「士族の不平不満を外へそらさなければならない。自分が片をつける」
と、大久保の肩を叩く西郷。何も言えない大久保。
進む道は相容れない2人、だけど誰よりもお互いわかり合ってた2人という感じが伝わってきて。
またまたオカルトですが、前にも書いた「闇の検証」という本の中に、この2人の霊視結果も載っていて、霊能者さんいわく(うろ覚えですが)
「この人(西郷さん)大久保みたいに外国行ってないでしょ。だから「自分にはわかってない部分がある」ということがわかっている。わかっている部分で動く」
とのことで、やっぱり器の大きい人だったんかなあと思ったものですが、吉川晃司が、最初の頃のブラックさに加えて、今はどっしりさも醸し出していて、ますます説得力ある感じがしました。西南戦争が楽しみになってきたというか(「戦にはしない」って言ってたけどね

もう1つは、木戸に直談判しに行く山本兄妹。
やっぱしこの兄妹はすごいなと、色んな意味でしみじみしたのと同時に
「藩を自分たちで壊しておきながら、いまだに土佐だ長州だと藩にこだわってるなんて、笑える~(意訳)」
という覚馬のセリフがもう痛快で 藩を壊された側だから効く皮肉。
ていうか私、明治新政府の内実はよく知らなかったのですが(懐かしの三条さんが大臣になっててビックリ~!しかしあのキャラはなんぞ)、こんなふうに分裂するほど仲悪かったんですね
まあ政治とか、人の集団、とりわけ人を動かす集団に派閥はつきものですし、共通の敵を倒すまではなんやかんやありつつ一致団結していても、敵を失ったとたんになんだかんだをスルーできずに内部分裂するなんてのもお約束の流れですが、明治もそうだったとは。人間の逃れられない法則かしらん?

そして3つ目はもちろん!尚さんとの再会!
そもそも長屋の格子から覗く尚さんが出た時すでに「八重ー後ろ後ろ」と、ドリフ状態で盛り上がった視聴者いや私
期待に満ちて再会シーンを待ちかねてましたが、やられました・・・まさか尚さんの涙を見ようとは
尚さんの言葉のすべてが嘘。真実なのは初めて「さん」抜きで呼んだ「八重」と、抱きしめる手だけ。
ということを八重ちゃんもわかってる。わかってるけど嘘の言葉たちに従うフリをして、お別れして、泣く。
ということを尚さんもわかっている。八重ちゃんがそうして泣いているであろうことまですべてわかっていて、自ら手を放した(放さざるを得なかった)存在の重みを感じて、泣く。

この尚さんの泣くシーンが、もう
八重ちゃんが泣くのはまあ想定内でしたしね。それに八重ちゃんは、もちろん辛いは辛いだろうけど、「受け身の辛さ」というか、彼女のために尚さんがお膳立てしてくれた中での辛さなので、報われなさで言ったら尚さんの方が辛いだろうとか思っちゃうんですよね いや自分の意思とは関係ない「受け身の辛さ」ってのもまた辛いだろうとは思いますが。

「この尚さんは何かに似ている」と思ったら、「エースをねらえ」でした
藤堂さんと尾崎さん。超高校生級のプレイヤーで、いずれは世界へという夢を持っていた彼らが、直接には岡ひろみのために、本質的には先達として後進のための義務感で
「夢をかなえるのは自分じゃなくてもいい。捨て石となった自分たちの背を踏んで世界へ駆け上る奴が出れば」
と、選手になる夢を捨ててコーチとなることを決意するところを、今回の尚さんは彷彿とさせたのです。
もっとも「エースをねらえ」の方は、岡さんと藤堂さんは、選手とコーチとして末永く添い遂げるんだろうなというハッピーエンドの予感がしますし、尚さん的な「失意のうちに」という状況ではないので(むしろ前向きな理由)、実はだいぶ違うんですけど、しかし「人の下に己を沈めた人」「人に夢を託した人」という点が、どうにもね。そして八重ちゃんと尚さんのように、歴史に名を残した人の影には、どれくらい多くの「その人の下に己を沈めた人」が存在するのか、なんてことも。
(「エースをねらえ」では同時に、そうして人に夢を託され、重圧を背負い、1人で戦わなければならない岡ひろみ側の辛さも描いています)

しかし、やっぱし、こんだけ愛し合ってて別れるっていうのは、理不尽だよな~~~
ジョーのハードルがめちゃめちゃ高くなった気がした、今回の八重の桜でした

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

オチェーアノからファンタズミック

8/2(金)19時。
PS19時20分だったのが、ちょっぴり早めに着いてしまった今夜のレストランはここ!

IMGP4127_convert_20130810173910.jpg

ホテルミラコスタのレストラン、オチェーアノです。
前日のレポでも書きましたが、今回は1ヶ月前から出発直前になっても、パーク内レストランのPSは全滅。しかしホテル内レストランなら空いてるぞ状態で。
ここオチェーアノもそうで、しかもコースもブッフェも、意外とファンタズミックを見れる時間帯ですら、日によってはPSが空いていたという。
Uも大きくなったし、今年のファンタズミックは1時間くらい場所取りして、夕飯にNYデリのサンドイッチでも食べながら間近で臨場感を味わってみようかと当初は思っていたのですが、PS取れるなら夕飯をかねてオチェーアノにしちゃおうかな~、さらにショーを見るなら、やっぱり見やすく、少しでも争いが熾烈じゃないテラスの方がいいかな~~、と、どんどん予算オーバーして 結局コースを予約したのでした。
(そしてオチェーアノのブッフェを見たら「ブッフェが良かった~」と言うに違いないKK対策のために、前日はシャーウッドをPSしておくという念の入れよう

IMGP4128_convert_20130810173942.jpg

席に着いたら案の定「ブッフェがよかった~」とKKに言われましたが、コレクタブルグラスで手を打つことに
しっかしこれが1800円ってボリすぎでしょ とやっぱり思います
肝心のお料理は、特に前菜はほとんど忘れちゃったのですが、おいしかったと思います(←当たり前)。
我が家全員に特に好評だったのが、パン

IMGP4129_convert_20130810174040.jpg

たぶん最初に出てきたので異様においしかったのだと思いますが(空腹は最高の調味料)、結局3回もおかわりしちゃいました パンにつけるソースもおいしかったな~♪

ママの予想では、メインが終わって、そろそろデザートってあたりでショー開始かな?だったのですが、のんびり食べてたせいか、魚を食べ終わったあたりで早くもテラスへの案内が!
オチェーアノのコーステラスからは、ブラヴィッシーモを一度見たことがあったのですが、その時はがっついているのは我が家だけで、皆さんわりと余裕でゆったりと出てきた感じ。
なので今回は余裕でいたら、意外と皆さん素早かったです!そういえばブラヴィッシーモの時は、始まってもう5年くらいたってたもんな~
幸いテラスに近い席だったので出遅れることなく、はじっこ1列目に場所を取れました。Uには身長的に、ひな壇よりも手すりの隙間から覗く方が見えやすいかな~と思ったからなのですが、手すりが太いので視野が狭く「見にくい」とのことでした。小さいお子さんは、やっぱり抱っこの方がいいかもですね。

IMGP4132_convert_20130810174119.jpg

サーチライトが夜空を駆け巡り、始まったファンタズミック!
この高く伸びるサーチライトが、ブラヴィッシーモの頃から一貫してすごーく好きなんですよね~♪「おおいよいよだ~♪」とワクワクしちゃって

IMGP4150_convert_20130810174548.jpg

以下、遠くピンボケ、さらに少しでもピンボケを阻止しようと手すりの上にカメラを固定して撮ったら、すべての写真に手すりが写り込んだという最悪な写真が続きますが平にご容赦をm()m
(一番好きなのが、ライオンキングからスティッチへ至る流れなんですが、見事にヘボ写真揃いでUP断念しました 雄大な「サークルオブライフ」と、めっちゃカッコよくアレンジしてある「ハワイアンローラーコースターライド」が最高です

IMGP4158_convert_20130810174854.jpg

ところでオチェーアノのテラスって、ショーが近いんですね~!!
今までファンタズミックを見たのは、アラビア側テラスと3階バルコニーなんですが、「2階だとこんなに近く見えるのか」と驚くくらい、間近に感じました。
今まで「キノコキノコ」と子供たちと笑ってたキャンドルも、今回はキャンドルにしか見えなかったし
船の上にいる人やキャラも、今回初めて判別できました(表情とかまでは見えませんけど)。

IMGP4159_convert_20130810174916.jpg

鏡が出てくると、またまた「おおいよいよだ~♪」とワクワク
悪役≒炎が出てくると、条件反射的に盛り上がるものがありますね♪
前半の、「ディズニー映画の集大成」部分ももちろん好きですけど

IMGP4167_convert_20130810175030.jpg

鏡≒ドラゴンもやっぱり近く見えた気がしますね~
ヘボ写真だとちっちゃいですけど
アースラ&魔女の、めっちゃノリノリで悪役張ってるところが好きです

IMGP4168_convert_20130810175059.jpg

ドラゴンが火花を噴いてたわけじゃなく、ミッキーの攻撃がドラゴンに当たって火花になってたんだと、今回初めて知りました

IMGP4172_convert_20130810175155.jpg

派手でよいわ~♪

IMGP4173_convert_20130810175221.jpg

けど倒した後が、意外とあっさりですよね。
「勇気を出して、やればできるんだね!ハハッ」みたいなミッキーのありがちな〆があって、フィナーレへ向かうと勝手に思い込んでたので、漠然と倒し終わった感じがして「あれっ?」と拍子抜けでした。

IMGP4176_convert_20130810175254.jpg

そしてここでも「オチェーアノは近く見えるなあ」と。
キャラが誰だかわかる上に、最初はいたミッキーがさりげなくいなくなってるなんてとこまではっきりわかって「おお!」と感激(ていうか、今までは何を見てたのかとゆう

IMGP4178_convert_20130810175342.jpg

やがて、噴水が上がって花火が上がって・・・

IMGP4183_convert_20130810175501.jpg

「もっと花火上がればいいのに。いっそ火山も噴火させちゃえばいいのに」
とか言ってるうちに、どんどん花火が上がり始め・・・

IMGP4185_convert_20130810175528.jpg

終了~~~

IMGP4187_convert_20130810175553.jpg

けど最後だけは、「ブラヴィッシーモ!ハハッ」とともに一瞬ハーバーが火の海になって、どーんという轟音で終了というブラヴィッシーモスタイルの方が、個人的に盛り上がるな~、と思いました。
他は断然ファンタズミックの方がいいと思いますけど(いまだに覚えている、ブラヴィッシーモ強風バージョンの悲しみ

IMGP4189_convert_20130810175629.jpg

というわけで「ああ~終わっちゃったね~」と言いながら、再度お料理へ。
お肉パートからの再開ですが、このローストビーフ!さすがシャーウッドの食べ放題ローストビーフとは肉質が違いました 「ランプの部分」とのことですが、そのせいでしょうか、おいしかったですね~♪
(願わくばこの肉をシャーウッドのソースで食べたかった)

IMGP4195_convert_20130810175710.jpg

最後のカプチーノまで堪能して、気づけば周りのテーブルがもはやガラガラ。
って我が家もしかして2時間過ぎてたんじゃ
ショーもお料理も満足して、21時半ごろ、ホテルに向かったのでした。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

引き続きシーのあれこれを語るの巻

8/2(金)17時ごろ。
シーのアトラクはまだ続きます 次は本日2度目のストームライダー!
ほんとに、我が家はどんだけこのアトラクが好きなんだって感じですがFP発券もなくて5分待ちだったのでね~

IMGP4091_convert_20130810173244.jpg

このアトラクは、個人的に音楽が最っ高です
「すごーくちゃんと作ってある映画音楽」という感じ。「内容自体ももちろん素晴らしいんだけど、この音楽のおかげでより感動的な映画になってる」的な。そうちょうど個人的には「アポロ13」みたいな♪
最初の飛び立つシーンから、無事帰還するところまで、音楽がそのシーンをますます盛り上げて、ちゃんとした映画を1本見たな~みたいな感動が、乗り終わった時に沸くんですよね。最後、「こちらストームライダー、キャプテンデイビス、オーバー」みたいなセリフとともに、ジャジャジャジャンとオーケストラ音楽が閉まると、気分は「ヒョ~」とスタンディングオベーションです ま「酔わない」ってのも私的に大ですが

IMGP4112_convert_20130810173631.jpg

次はミステリアスアイランドに移動して、まだまだアトラクは続きます
「夜になれば5分待ちなのに~」と皆に言われながら、どーしてもこれに乗りたいUの希望で向かった20分待ちアトラクは、これです!

IMGP4095_convert_20130810173351.jpg

これです!!

IMGP4093_convert_20130810173322.jpg

いつまで引っ張るのだ
これです!

P1050248_convert_20130812164301.jpg

ご存じ「海底2万マイル」。
決してここまで引っ張るようなアトラクじゃないんですけど、今回20分待ちで乗ったら、初めて長い待ち通路に廻されて(いつもは乗り場へ直行)。
いや~~~こんなに工夫を凝らした待ち通路があったんですね こういう待ち通路は個人的に、いかにもTDR流「本気の遊び心」を感じて好きなのもさることながら、飾ってあるあれこれが、また「大航海時代的SFぽさ」で、いっぺんでツボりました 惜しむらくは、こんなに気合い入れて待ち通路を作ったのに、普段空いてるのであまり見てもらえないことでしょうか

IMGP4094_convert_20130810173337.jpg

「2万マイル」内に限らず、ここミステリアスアイランドは全体的にそんな感じでステキですよね~~~
アメリカやイタリア、またはその対岸のフォートレス周辺など、シーの景色はどこも甲乙付けがたいステキさですが、ここもまた妙~に心を奪われる場所です。おそらくは「たかが遊園地なのに本気でこの景色を作り出した、その情熱」に心打たれるというか。

IMGP4107_convert_20130810173454.jpg

途中のミストスポットには欠かさず寄って

IMGP4092_convert_20130810173300.jpg

18時ごろ、マーメイドラグーン「スカットルのスクーター」15分待ちへ。

IMGP4111_convert_20130810173614.jpg

このためだけにラグーンへ行くのはどうかってくらい、なんてことないアトラクなんですが、Uがこれに乗りたがってたのと、他に乗るものが我が家的にいよいよ尽きてきたので
一見、車酔い体質保持者には厳しいぐるぐる系ですが、大きく一方向に回るのみなので、酔いやすい人も目をつぶってればたぶん大丈夫だと思います。降りた後ちょっと千鳥足になりますけど

IMGP4108_convert_20130810173524.jpg

トンネルを抜けると、そこは別世界。
シーの、このトンネルがまた個人的にツボです 昔好きだったマンガ「血とバラの悪魔」を思い出しちゃって
昭和の小学生女子に愛されたマンガ家・高階良子さんの、江戸川乱歩「パノラマ島奇談」を原作にした恐怖マンガ。自分の頭の中にある「テーマパーク」(という言葉も当時はなかった)をこの世に出現させるためなら殺人もいとわず、みたいな、よく言えばウオルト・ディズニー的アーティスティックな(いやウォルトは殺人はしちゃいませんが)、普通に言えば偏執狂的悪人が主人公なんですが
この主人公が目指したものが、まさにこれ!海の世界とか花の世界とか色々あって、1つ1つの世界が独立して果てしなく広がってる(ように見える)。なのに要所要所にあるトンネルをくぐると、そこはもう別世界で、「ああっ!今まで私たちがいた場所はどこへ行ってしまったの!?」とヒロイン驚愕みたいな。夜には花火も上がったりして。
これ読んだのは小学校の頃でしたが、「行ってみた~~~い!!!」と強烈に思ったものです(なので未だにこうして覚えている
まさかこんなんが実際にこの世に出現して、実際に体験できる時代になるとは、思いも寄りませんでした♪
ほぼ同時代の日本人とアメリカ人が(乱歩とウォルトは7歳違い)、東西に分かれて似たような「テーマパーク」を考えついてたというのも面白いですね~。ま「パノラマ島」の方は、ディズニーよりもっとおどろおどろしい感じ、しかもすべての視覚効果が「パノラマ」で説明されているという、もし実現したら色んな意味でアヤしいパークになってそうなシロモノですが

IMGP4113_convert_20130810173757.jpg

さて私たちは、トンネルをくぐってイタリア方面へ。
PS時間にはちょっと早めですが、夕飯のレストランへ向かいます。

IMGP4121_convert_20130810173816.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

シーの午後はアトラク三昧

8/2(金)12時半ごろ。
ランチはお久しぶりのホライズンベイ・キャラクターダイニングにしましょうか♪すぐそこだし。
とママKKUが盛り上がる横で「キャラが来ると落ち着いて食えないんだよな~。何か話さなきゃって気を遣うから」と、1人ぶつぶつ言ってるパパ 大丈夫だってば向こうはプロのエンターテイナーなんだから、大船に乗ったつもりでいれば

と、キャラダイ入り口に向かうと、なんと待ち40分
パパの懇願より、キャストさんの「40分待ちです」の一言の方が、制止力強い我が家
パパの笑顔とともに、横の普通コース0分待ちへ移動。
(しかしお昼時なのに0分待ちというのもすごいな)

IMGP4074_convert_20130806205814.jpg

相変わらず何を撮りたかったのかわからない写真ですがたぶんお肉を注文すると出される黄色い札を写したかったのかと
いつからか、ホライズンベイやポルトフィーノあたりのお店で、ステーキやスパゲッティを頼むと、こうした「お待ちくださいの札」、すなわち「注文を受けてから作ってます」というシステムになったんですよね。
私も記憶にありますけど、以前はホリイさんいわく「いったん大量に作って置いといた冷めた料理を、注文を受けてもう1度温め直して出すシステムなので、こんなにまずくなる」という見本のような料理だった気がします 企業努力は日々続いているんですね~
 
IMGP4078_convert_20130806205901.jpg

お昼を食べたら腹ごなし
というわけじゃないですけど、マーメイドラグーンで「アリエルのプレイグラウンド」。
こういうとこに来ると、やっぱしもうちょっと兄弟の年が近かったらよかったかな~と若干思います。KKがUの年のころは、時間の許す限り縄ばしごとか周遊したものですが、今はKKが飽きちゃって、Uが心ゆくまで遊べてない感じ(でも兄ちゃんに置いてかれるのがヤなので、兄ちゃんのペースで廻る下の子あわれ まそういう経験の積み重ねで、下の子は空気読む能力に長けるのでしょうけど)

この後ママの希望で「マーメイドラグーンシアター」も見ました
これ大好きなんですよね~♪ 「アンダーザシー」の部分がもう、何度見ても見飽きない
ミシカ好きな人は、きっとこれも好きじゃないかな~となんとなく。
そういえばミシカも終わって、これもリニューアルするそうですが、どんなのになるんでしょうね~。どちらも好きだっただけに、楽しみ半分不安半分;;

IMGP4083_convert_20130806205948.jpg

それからアラビア行って、お決まりのシンドバッドに・・・

IMGP4086_convert_20130806210027.jpg

・・・キャラバンカルーセル。
はっきり言って、乗るものがなくなって、時間つぶし状態です
インディFPは15時過ぎまで取れないし(同一アトラクのFPは、それに乗り終わるまで取れません 2時間たったからって発券しても、「これはFPじゃありません」という一見FPみたいな紙が出てくるだけなのでご注意!)、センターやタワテラのFPは、KK&Uともに断固拒否だしなあ
しかしシンドバッドやキャラバンはKK&Uともに未だに好きで、特にUはキャラバンの鳥みたいな四つ足動物↑をかねてから偏愛していて、今回はついに
「キャストさんに「これ何ですか」って聞いて~~~」
ええ~そんなの聞くの恥ずかしいよ~ 自分で聞きなさいよ~~~
突然変なこと聞かれたキャストさんは一瞬ポカーンでしたが(そりゃそうだ)、「アラビアンナイト」に出てくる「グリフィン」という名前の生物(?)だと教えてくれました。すごーーい キャストさんってそんなことも知ってるのね!

IMGP4087_convert_20130806210052.jpg

「あっそうだシャバーンがあったじゃん!」
と、マジックランプシアターのFPを取って、時間まで、サルタンズオアシスでかき氷休憩
ここのスイカかき氷を、出発前からチェックしていたのよね
味はね~スイカバーみたいな(そりゃそうだ)。そして予想より甘かったです。
KKはついでにチャンドウテイルも。こちらもお初でしたが、うきわまんの肉まんバージョンといった感じで、おいしかったです 小腹がすいた時なんかにはぴったりですね

IMGP4088_convert_20130810173139.jpg

やっぱしマジックランプはFPに限りますね~。待ってる間は1歩も進まないアトラクなので、夏の昼下がりなんかは、少しでも待ち時間を減らしたいところです。
「ここは休憩所じゃないんだから大人も参加して~」とシャバーンに言われつつ、のんびり休憩して・・・

P1050232_convert_20130812164130.jpg

待ちに待ったインディジョーンズへ。
はっきり言って、これに乗るためにTDRに来たと言っても過言ではない我が家(特にKK)です。
今回はしかも、U7歳児が初参戦!youtubeで散々見て、去年から乗りたがってたんですが、直前で怖くなったり、さらに身長もほんのちょっぴし足りなかったりで、一年越しのリベンジです
相変わらず、出発前はめちゃくちゃ楽しみにしていながら、直前になったら怖くなったようで、入り口で足が石になりかけるUですが、身長もクリアし、ほとんど皆に押され引っ張られるようにしながら中へ

IMGP4089_convert_20130810173203.jpg

乗ってからも、バーをしっかり握ったお手々の上に顔を伏せてという、懐かしのスタイルでしたが(今のUがこよなく愛するアトラク群も、2~3年前は全部こんな感じで乗ってたもんです)、横から「ほらyoutubeで出てきた稲妻だインディだ骸骨3兄弟だ」とナレーションされるたびに顔を上げて、ついには初回から笑顔でピース写真を物にするという根性発揮 すごーーい!ママKKなんか、初回は顔写すどこじゃなかったのに

というわけで「全然怖くない!もう1回乗りたい!」と、今度はUもハマった、初インディ家族全員乗車だったのでした
KK1歳から始まったTDR旅行も、ついにすべてのアトラクが、家族全員乗車OKになったのだな~~シミジミ・・・
(後は乗る気があるかどうかですが タワテラやスプラッシュが我が家に来るのはいつ;;)

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

2日目はシー

8/2(金)朝。
昨日の疲れが尾を引いているのか、開園時間になってもまだホテルでウダウダしている我が家、特にKK
「8時開園(=混んでる)なんだから、朝一に入ってFP取らないと、アトラクに乗れなくなるぞー
と、口酸っぱくして言っても、動き出す気配なし。まあアトラクに一番執着してるのはKKだから、KKがそれでいいなら無問題なんだけど(「アレにもコレにも乗れなかった~」って後から言われるのが一番ヤなのよね
というわけで、「今日はまったりいきましょう」モードで10時半頃、ミッキーバスでホテルを出て

IMGP4052_convert_20130806162322.jpg

リゾートライナーで着いたのはここです!
(相変わらず、我ながらわけのわからん写真です

IMGP4209_convert_20130810173105.jpg

ここです!!

IMGP4055_convert_20130806162452.jpg

東京ディズニーシーです

IMGP4056_convert_20130806162524.jpg

ママはシー好きなもんで、着くと条件反射的に「うわあ~」と。
しかしアクアスフィアの飾り付けが去年とあんま変わってない気が;;てかそもそも、去年はなんで飾ってあったんだっけ??

IMGP4057_convert_20130806162552.jpg

おお~今年はミラコスタ通りにも飾り付けが
うちらはここ2~3年、夏しか行ってないので、デコレーションを見るのは久しぶりです。
「お祭りだ~」って感じがして、いいですね~♪

IMGP4058_convert_20130806162635.jpg

本日1発目の目標は、インディジョーンズ
8時開園の11時現在なので、さすがにSB5分待ちとは行かないでしょうが、それでもトイマニに流れてないかな~と淡い期待を抱きつつ、ロストリバーデルタを目指します。
インディ近くで、噂のカスト芸人さん(?)を見ました

IMGP4060_convert_20130806162719.jpg

色んな音を出しながら掃除のパントマイムをするという。
目を皿のようにして見ましたが、どこで音を出してるのかさっぱりわかりません!
身のこなしも、上の写真のように、どの一瞬を取ってもキマっていて、プロだなと
インディFPは、11時過ぎに取って15:30~16:30くらい。SBは60分だか80分でした~

IMGP4061_convert_20130806162807.jpg

FPを取った後、レストラン・ミゲルズに寄り道。
ママのお目当てメニューがここにしかないためですが、ロストリバーに来たついでじゃないと、なかなか寄らないお店なのよね。チャンスは逃さずです

IMGP4063_convert_20130806162827.jpg

けっこう広いお店なんですね~~
ママだけチャッと入ってきて買ってきた、お目当てメニューはこれです!

IMGP4066_convert_20130806162917.jpg

フローズンカクテル・ライム味
ライムやシークヮーサーといった、青い夏みかん系の味が好きな人には、ぜったいオススメのおいしさです♪
夏のあっつい日射しもあいまって、うまさひとしおでした~

P1050228_convert_20130812164043.jpg

ちなみにママがフローズン買ってる間、男衆はインディ博士に遭遇したそうです
見たかった~~~

IMGP4069_convert_20130806162953.jpg

ほろよい気分で(?)歩きながら、次に目指すはストームライダー。
我が家大好きアトラク・ストームライダーは、今日も安定の不人気15分待ちです
あれ、FPも出してないってことは、8時開園にもかかわらず今日は比較的空いてるのかな・・・?
スターツアーズは酔っちゃう人でも、こちらはOKだと思います スターツアーズのワープシーンみたいに、ギュオーンとGがかかることがないんですよね(あのシーンは大好きなんだけど

IMGP4070_convert_20130806163044.jpg

ストームライダーから出てきたら、こんなバンドが演奏中でした。
ああこういうアトモス、いいな~~♪ 個人的には、こういうのがシーの(ランドもだけど)良さだと
まだKKがちっちゃかった頃の、空いてた頃のシーでは、「彫刻の人」とか「縄跳び」とか「フラッグ」とか「手品」とかe.t.c.多種多様のアトモスがいっぱいあって、それがまた異国情緒的非日常感&遊び心を演出していて、よかったんですよね~♪

IMGP4071_convert_20130806163107.jpg

こういうコミュニケーションがまたうれしく
さて時刻は12時過ぎ。ここらでお昼食べていきましょうか

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

サーキットで初日は終了

8/1(木)20時過ぎ。
夕食後にランド再入園したものの、イマイチ目的がない私たち
去年ビッグサンダーにハマりまくったKKも、ホーンテッドにハマりまくったUも、「今日はなんだか乗らなくていい」と、FPも取らず、今から並ぶ気もないらしく。
「じゃあフィルハーでも行くか。あれ夜なら空くし」@パパママ
「あっその前にピーターパン乗りたい!」@KK&U
そうね昼間は45分待ちのピーターパンも、夜でしかもエレパレ中の今なら余裕で乗れるかも
というわけで、エレパレ鑑賞しつつファンタジーランドへ向かいます。

IMGP4031_convert_20130806161642.jpg

我が家では、なぜか滞在中1度は座って見ることが義務づけられていたエレクトリカルパレード。
しかし今回、通行止めエリアで時々立ち止まりつつ、基本は移動しながら見ていたら、なんだかこれで充分見た気に
歩きながらなので、それぞれ違った視点&高い視点で見れて、「この見方もアリだな」なんて言いながら眺めてました。

IMGP4033_convert_20130806161658.jpg

しっかしエレパレ中に、入り口からファンタジーランドへ向かうのは至難の業なんですね~
シンデレラ城を突っ切れないから、ウエスタンの方にぐる~~~~~~~っと廻されちゃって、遠い遠い

IMGP4036_convert_20130806161736.jpg

しかも途中途中で足止めされるし
まあおかげでよく見えた&ほどよい休憩にもなりましたが、「エレパレ中なら空いてるぞ」を目指してきたはずなのに、気づけばフロートはイッツアスモールワールド。終わりじゃ~~~ん

IMGP4038_convert_20130806161817.jpg

やっと着いた「ピーターパン」周辺は、すでに人でごった返し
ていうか、パレード直後で人が放出されて、むしろ一番混んでる時なのでは

IMGP4040_convert_20130806161949.jpg

結局30分並びました
ホーンテッドみたいに、最高3人乗りにしてくれれば、かなり待ち時間減るのになあ。
夜になって、涼しくなったのが救いでした。
内容は・・・フィルハーを実写版にしたらしょぼくなっちゃいましたみたいな いや一応こちらが元祖だし、おめでとう30周年な老舗アトラクですから、しょぼいのも無理ないんですが。

IMGP4042_convert_20130806162016.jpg

昭和のロンドンを旅した後は、新進アトラク・フィルハー。
新進アトラクなのに、早くも夜はこのがら空き状態↑。 もっとも劇場型アトラクにつき、どんなに空いてても基本15分くらいは待ちますが。
シャンデリアが管楽器になってることに、今回初めて気づきました!う~んこの芸の細かさはさすがディズニー

IMGP4045_convert_20130806162104.jpg

フィルハーで浮遊感を堪能して、まだまだ行きます 次はスモールワールド。
我が家の誰も、大して好きじゃないアトラクなんですが、「とりあえずコーヒー」的に乗ってしまうアトラクです。
(ここで一番好きなのは、塩素の匂いかも 今回はその匂いがあんまりなくて残念だったな~)

IMGP4046_convert_20130806162129.jpg

そして最後に、グランドサーキットレースウエイ。
昼間あっつくて25分待ちだったここも、今は夜風の中、乗り場までノンストップです。
昼もいいけど、夜もいいですねここは♪ あのエンジンの爆音ときらびやかなライトを思い出すと、「ああ~ランドの夜だ~~」って感覚が、ざわ~っとよみがえります

IMGP4047_convert_20130806162153.jpg

というわけで、今年の夏TDR初日は、サーキットで終了。
明日のシーを楽しみに、おやすみなさ~い

IMGP4051_convert_20130806162252.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

夕飯はシャーウッドで

8/1(木)16時過ぎ。
真夜中の東北道ドライブの疲れを癒すべく、シェラトンでうだうだ。
今回は、例年いち早くバタンQ(←昭和)してしまうパパより早く、KKが爆睡。スカイツリー見るまで起きてたりするから~
ママはその間、コーヒー入れて景色を堪能したり、洗濯したり、1人元気なUの相手したり というか、ほとんど徹夜明けにつき、ベッドに横になってると自然、まぶたが閉じてしまうのですが、するとすかさず「ママ寝ちゃダメーーーーー!!!」と、腹の上にダイブしてきて(ゲホッ)、小学校低学年の力と遠慮の無さでまぶたをぐいぐいこじあけてくるので、おちおち寝ていられません
洗濯は、これもシェラトンならではというか、オアシス棟に洗濯機・乾燥機のコインランドリーがあるんですよね
子連れで、ただでさえ着替えが増える夏、旅先で洗濯できるのは=持っていく荷物及び帰ってからの洗濯量が減るのは、ママ的にはとっても助かるポイントです これも私的シェラトン選択理由の1つなのですが、ただし皆が洗濯したい時間=すなわちパーク閉園後のコイランドリーはものすご~~く混むのでご注意

さてそうこうしているうちに、時刻はそろそろ18時半。
KKを叩き起こして、ディナーをとるべく、リゾートライナーで再びランドへ向かいます。

IMGP4017_convert_20130806161045.jpg

今日の夕飯はここ!

IMGP4016_convert_20130806160938.jpg

ディズニーランドホテルのレストラン「シャーウッドガーデン」です。
今回、1ヶ月くらい前から各種レストランを予約し始めたのですが、時既に遅しで、ブルーバイユーやカナレットなど、ランドやシーのPS対応レストランは軒並み満席
例年「すべり止め要員」だったイーストサイドすら、1ヶ月たっても空いてないという状況で、「今年は(≒8月は)混んでる」をこの時体感したのでした
んがしかーし!パーク内のレストランはそんな感じで軒並み満席でしたが、ランドホテルやミラコスタなど、ホテルのレストランPSは比較的空いてました。場所もほぼパークと言っていいくらい、距離を感じないので(ミラコスタなんかシーの一部ですし)、ピーク時しか来れない同士の方々、パーク内が全滅でもあきらめるなかれです。

IMGP4020_convert_20130806161111.jpg

メニューは・・・ほとんど忘れてるのですが、下の↓変な雑炊みたいなのがおいしかったです。変なって言うなー いやなんか、見た目がいかんせんコレ↓なんで、ええ~~って感じなんですけど、あっさりしていて旨み多々で。

IMGP4021_convert_20130806161140.jpg

他においしかったのは、2色シューマイとか、あとやっぱしデザートでしょうかね。デザートは、見た目のきらびやかさでかな~りごまかすことができますからね いやおいしかったですけど、ほんとに。
あっそうそう、ローストビーフもおいしかったです♪ コックさん手づから切り分けてくれるんですが、そのソースが非常においしかったですね~
肉はまあアレなんですけど(部位によってちょっとスジっぽいのよねでもまあ普通においしいですけど)、ソースが塩&ゆずでサッパリしていて、何度もお代わりしちゃいました

IMGP4022_convert_20130806161250.jpg

というわけで、満腹になって20時ごろ、ランド再入園。
相変わらずピンボケで、さらに浮かれたUまで写りこんでる写真でごめんなさいですが夜のランド入り口はすっごいキレイでした~~~

IMGP4025_convert_20130806161405.jpg

ワールドバザールもキレイでしたね~~~
ハピネスバルーンを持ったキャラがあちこちに♪

IMGP4026_convert_20130806161440.jpg

そういえばこの風船って売ってるのかな?
なんだか今回、風船売りの人を見なかった気が。

IMGP4027_convert_20130806161456.jpg

色とりどりに飾り付けられたバザールの向こうには、これまたカラフルに輝くシンデレラ城が!
う~んすごい仕掛けです

IMGP4028_convert_20130806161513.jpg

時刻はちょうど20時過ぎ。
シンデレラ城をバックに、エレクトリカルパレードが始まってます。
夜空を駆け巡るファンタズミックのサーチライトとあいまって、ワクワクする光景でした♪

IMGP4030_convert_20130806161558.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

今年もシェラトン

8/1(木)15時過ぎ。
リゾートライナーでベイサイドステーションまで行き。
すっかり30周年仕様になってるミッキーバスに乗って・・・

IMGP4013_convert_20130806160859.jpg

着いたホテルはここ!

IMGP4014_convert_20130806160915.jpg

って写真がヘタで判読不可能ですね
シェラトングランデ東京ベイです。
部屋にに比較的当たり外れがないこと、パーク側の景色が比較的いいこと、パークに行かなくてもそれなりに子供を遊ばせられる施設があることe.t.c.から、毎年他のホテルも予約してみるものの、最終的にはいつもここに泊まってる気がするホテルです

IMGP4207_convert_20130809141356.jpg

各種の薬が並んでるドラッグストア=コンビニがあるのもなんとなく心強いです(他のオフィシャルも置いてるのかな?)
もっともこのコンビニは22時で閉まっちゃいますけど、オアシス棟の、薬がない方のコンビニは24時までやってます。

去年はこの時間、フロントがけっこう混み合ってたのですが、今年は意外と空いていて。
部屋もわりと空いていたのか、今年も12階のパーク側にご案内♪
11・12階はクラブフロアなので、アメニティもちょっといいんですよね

IMGP4003_convert_20130806160435.jpg

シャンプーその他が、浴室備え付けじゃなく、昔ながらのミニボトルだったり。
おそらく全部屋に備え付けてあるコーヒーメーカー用の、レギュラーコーヒーもあったり。
(このレギュラーコーヒーも、オアシスのコンビニで売ってますのでご安心
そうそう、いろはすも部屋に置いてありますが、去年は4本だったけど今年は3本でしたね。経費削減?(ま4本も飲めませんが

IMGP4002_convert_20130806160421.jpg

他にも去年と違って、「チェックインが終わったら(ホテルマンと一緒じゃなく)自分で部屋に行ってもいいです」とか「追加料金がなければチェックアウトはしなくていいです(ちなみにシェラトンは前払い制)」とか、効率的になったけどどことなく経費削減ぽくて味気ないと感じる変化がありました。
いえまあフロントで長~く待つことなく部屋に行けるのも、チェックアウトに並ばなくていいのも、本気ですっごく助かるんですけど(特にチェックイン後の待ち時間はね~、長かった;;)、しかしその非効率的な部分が「ゴージャスホテルに泊まるという非日常」って感じでウキウキしたのも一面の真実。ってワガママな客ですね~

IMGP4198_convert_20130809141052.jpg

シェラトンの魅力は、景色がいいこと!
特にシーが近いので、シーの眺めは感動モノです

IMGP4199_convert_20130809141124.jpg

アラビアやマーメイドラグーン、レイジングスピリッツがガタゴト登ってるとことかも、はっきり見えます
「ああこういうセットになってるのか~」という裏側が見えるのも、またツボ♪

IMGP4200_convert_20130809141140.jpg

ランドはシーより遠いですが、ビッグサンダーからシンデレラ城、スペースマウンテンまでよく見えます。
手前のセットはたぶんトゥーンタウン(の裏側)。

IMGP4201_convert_20130809141258.jpg


ランドホテルも見えます。
夜は綺麗でした

IMGP4202_convert_20130809141312.jpg

オフィシャルもずら~り。
1~2年前まではシェラトン、予約時にHPで「海側/パーク側」を指定できるようになっていたのですが、最近予約ページのフォーマットが変わっちゃって
今回はたまたま出発前に問い合わせたいことがあったので直接電話してみたら、「ついでにどちら側を希望か聞いといていいですか?どちら側を希望か指定が無かったので(意訳)」と、向こうから聞いてくださり、おかげで今回も無事こうしてパーク側の部屋になりました~。でも予約ページのどこで指定すればいいのかわかんないぞ

IMGP4204_convert_20130809141341.jpg

というわけで、部屋にいながらにしてパーク散歩できるシェラトンでした。
そうそう、個人的にはバルコニーがあるのも魅力ですね♪

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

八重の桜・京都編

離婚数種、斗南描写と、エピソード盛りだくさんだったらしい先週分は結局見れなくて昨日ひっさしぶりに見た気がする「八重の桜」第32話。

いやあいいじゃないですか 相変わらず緊迫感あって面白いですよ!

第一の衝撃・植村さんってああいう人だったんでしょうか 「怪演」という言葉がぴったりの、アクの強い、個性の強い植村さんでしたね。「舞子さんを揚げてどんちゃん騒ぎだ(意訳)」と言いながら踊り出すに至っては、たまたまチラ見したU7歳児が「キモイー」と言ったくらいです 後にあんつぁまたちと袂を分かつんでしたっけ??

彼らが進めてる京都博覧会、そういえば「八重の桜」展で、この時の外国人ゲスト向けに覚馬が作った京都ガイドブック(もちろん英語)も展示されてましたね~。「三条大橋は京都の起点で、「京都から何キロ」みたいなのは、ここから測った距離である(うろ覚え)」みたいな、現代人の私にも「へ~そうなの」と通用するような文章を覚馬が作って、八重たちが写植の文字を1コ1コ拾って作ったという。ほとんど独学に近かったんでしょうに、すごいな~~と感心しました(ちなみに私の記憶が確かならば、この時に印刷で一役買ったのが、ぽっぺんとスペンサー銃をくれたあのレーマンだとの説明もありました。まだ交友関係が続いていたんですね!)

この植村に対し「長州・・・?」とちょっと引いたり(ていうか長州じゃなくても、あのキャラじゃ引いちゃいますけど)、西郷隆盛と会って会津藩消滅の恨みを爆発させたり、そういうところが「うんうんそうだろう」と、我が意を得たり!って感じでした。あの戦争を体験した人が、たった数年で、そんな簡単に「自分たちが悪かったんだ。敵にも事情があったんだ」なんて、他人事みたいに物わかりのいい心境になれるわけないだろう、というのがリアルで。

で私、あんつぁまは物わかりのいい会津人の筆頭で、それは八重ちゃんが思いの丈をぶつけてたように「あんつぁまは会津戦争の渦中にいなかったから」だと思ってたんですよね。
でも、それ「だけ」じゃなく(けどそれは絶対あるとやっぱり思う)、「会津が復興するには人材が必要だ。ハンデを背負ってしまったのは事実だから、そのハンデを教育によってカバーするしかないんだ」という信念があったのですね。
実際、八重さん捨松さん二葉さん、あれ女ばっかしだなえ~と柴兄弟や山川兄弟や、ハタから見るとハンデを感じさせない会津出身者はいっぱいいますね。これは本人の出来が元から優秀だったってのも大だと思いますが、「教育が重要」っていう考え方も絶対あったと思います。そういえば前にも書いた気がしますが、昭和の時代でも例えばビートたけしの孟母・北野サキさんは「貧乏から脱出するには勉学しかない」という信念を持っていました。いつの世も、逆境から脱げ出すための普遍的な手段なんでしょうね。

そう思うと、特に女だと尚更、「今こうして義務教育が行き渡ってるのはなんとありがたいことか」と、学校の先生が言いたいようなことを思っちゃいますが、悲しいかな理想が行き渡って、現実として皆がそれを甘受できて当たり前の世の中になると、ありがたみが半減してしまうんですよね もったいないことだけど、「行き渡る」「裾野が広がる」っていうのはそういうことでもあって。その中で頭一つ飛び出すためには、八重ちゃんの時代も今も、ごっつい努力を強いられるのは変わらないんでしょうねきっと。

つまりあんつぁまの、そして八重ちゃんの「教育」に対する熱意は、「日本のため」とか「新時代に向けて」とか「だけ」ではなく、「(あの戦争により滅んだ)会津のため」という個人的な感情から出ているんですね。個人的な感情って強いですもんね~。生半可なイデオロギーの刷り込みなんかより、よほど核というか芯になると思います、個人の体験から出たものって。

懐かしの金戒光明寺で、空の上座に向かって、在りし日のように拝礼するあんつぁま&八重ちゃん。
ここの回想シーンはしみじみしました~。殿はまだ殿としてそこにあり、田中土佐や神保父や、そうそう修理もいたな、かつて帝のため徳川のためそして会津のため、必死に戦った、今は亡き人たち。。。
まだチョンマゲだったんですよねー ほんの数年前のことなのに、すごく過去の時代に思えます。ま私にとっては実際大昔ですけど、チョンマゲ時代なんて

またまた太平洋戦争でごめんなさいですがm()mあの戦争の時も、戦後はがらっと変わったそうです。価値観も、ファッションも(まその前は戦時体制でしたからねそっちの方が不自然だったわけですけど)、町も。特に都市部は焼け野原だったので、自然、一から新しく作られるものも多く。
そうした中で迎えた高度経済成長。これまた前にも書いた気がしますが、これは決して上昇気流気分「だけ」があったわけじゃなくて。決して80年代のバブルから今に至る「景気がよくなる=生活が豊かになる」だけじゃなくて。
底には、あの敗戦から立ち上がろうとする思い、すなわち「日本の精神主義が欧米の科学に負けた。これからは科学じゃないとダメなんだ」という、悔しい、無念な、察するにあまりある思い、そして八重ちゃんも言ってた「殺し合うような戦争はもう嫌だ。しかしこのまま踏みにじられたままなんて、そんなのも我慢できない。だからもう1度勝つために」という、強い思いがあったのだと。もちろん国民全員がそうだったなんて言うつもりはありませんが、そういう思いも確かにあったと。
何かの本でちらっと読んだだけなのでうろ覚えなんですが、「ああそういうことだったのか!ただ「安楽な生活をしたい」とか、そういうレベルじゃなかったのか」と、目からウロコだった記憶があります。そうそう福島原発とかもこの時期なんですよね。「未来を背負う新エネルギー」というキャッチコピーは、ただ「未来♪新時代♪」と浮かれていたわけじゃなく、そういう思いを底に秘めて在る言葉だったんだと思うと、何か胸に来るものが。

今回描かれた八重ちゃんあんつぁまの思いは、この時の日本人と同じだったのかもなと、相変わらず思ってしまって、そこがまた印象に残った回でした。
「会津を朝敵として踏みにじられたまま終わらせない」という、そしておそらくその中には、会津のために死んでいったあの人この人たちのためにも、という強い思いがあって、「学問」という武器を手にした彼らですが、しかし実際のとこ、「会津は朝敵」というのが払拭されるには、昭和の勢津子妃ご成婚まで待たなければならなかったんだろうなあ。
同時に、今後出てくるはずの徳富蘇峰たちによる、会津≓会津魂の再評価が、戦争へと向かう時代の空気の中で最大限に高まって。
しかしその戦争にも負け、時代は形を変えた戦い=高度経済成長へ。
人間の歴史は、姿を変え形を変え、しかしどことなーーく似たようなものを根底に秘めながら、どこまでも続いていきますね~。

他にも、フォーマルが異様に似合う木戸ミッチーとか、みねちゃん時栄さん、ジョーに捨松と、印象に残った人たちは多々でしたが、とりあえずこの辺で

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

爽涼鼓舞~ミニー&デイジー

8/1(木)13:40。
夏のキャッスルショー「爽涼鼓舞」に参加です
開演30分前のお城は盛大なミストに包まれていて、いやがおうにも高まる期待

IMGP3975_convert_20130806155701.jpg

今回はD席!しかも前から4列目という好エリア
なのにこの価値をイマイチわかっていない男衆に、抽選に当たるのがいかに難しいか、D席がいかに真ん中前方で水にかかりやすいか(「え~Uは水にかかりたくない~」)、抽選したママが自画自賛を交えながら説教しつつ席を探し歩くと・・・おお~~ここだここだ♪ どわっ!ほんとに前じゃん

IMGP3982_convert_20130806155853.jpg

以下ロクな写真がなくてごめんなさいですがm()m
最初にノリノリなMCさんとともに、プルートが応援ダンスを教えてくれて(プルートの女子ダンスがめっちゃかわいかった
やがて音楽とともに現れたのが、御大ミッキー!

IMGP3985_convert_20130806155925.jpg

このミッキーの現れ方がなんというか、お前何様?ミッキー様さって感じであまりにも堂々としているんで、思わず笑ってしまいました
しっかしこの腹に響く音楽は、やっぱしカッコいいですね~~~!いやミッキー様ももちろんカッコイイですけど

IMGP3987_convert_20130806160001.jpg

なんて言ってられたのはここら辺までで。
いざ始まったら、想像以上に水がすごかったです~~~
お城前方からのロケット砲弾がばんばか飛んできて、あの「身構えて数秒後にドシャーッ」の快感を堪能しました。堪能したんでもうやめてくださいってくらい堪能しました 

IMGP3988_convert_20130806160040.jpg

私のカメラは普通~~のデジカメなので、この砲撃で壊れないかひそかに心配でしたが。
この砲弾のタイミングがまた、音楽と完っ璧に合っているので、予測しやすくて助かったと同時に、ものすごく快感でした。ここだって時にどかーんと水が撃ちあがるのって、無条件に気持ちいいですね~~

IMGP3991_convert_20130806160138.jpg

さてこの回は、ミニーちゃんデイジーちゃんの女子チームです
曲は個人的にはそれほど好きじゃないけど(後で聴き比べた結果、4チームの中ならグーフィー&マックスのが一番いいかな?)、なんと言ってもこのチームはかわいいです踊りというかしぐさが。

IMGP3989_convert_20130806160105.jpg

女子チームのダンスが一通り終わったら、「次はみんなで一緒に~」ってことで、全員立ち上がって、最初にプルートがやってた応援ダンス。
ですがムリムリ速い、覚えられない、水が降ってくるってことで、もう何がなんだか ひたすらハイテンションになるのみです パパKKはもちろん、水にかかるのはやだって言ってたUも、ここでぎゃはははとテンションアップ 
またこの曲がね~、これは「ショーを観てみたい」と思わせる曲ですね~~ 「ソー・リョー・コブコブ!」とか叫ばれると、血が騒ぐものがありますもん♪

P1050168_convert_20130812163658.jpg

というわけで、思いっきり濡れて楽しかった「爽涼鼓舞」でした。
CD買って帰ろっと♪

IMGP3995_convert_20130806160230.jpg

時刻は14時半。
カッパを着ていたにもかかわらずびしょびしょになった服をかわかすため、ワールドバザールをのんびりお散歩しつつ、ホテルに向かいます。
ついでにKKご希望のここと・・・

IMGP3997_convert_20130806160257.jpg

Uご希望のここに寄り道。

IMGP3998_convert_20130806160314.jpg

ペニーアーケードは初めて入ったんですが、意外と混んでてびっくりしました。
まあ今アトラクも混む時間だしね、手軽な避難所かな??
マジックショップでは、手品好きなUがさっそくお買い上げ。「切断されたはずの鉛筆があら不思議」という、たぶん100円ショップでも売ってる気がするシロモノですがディズニーマークが入ってるだけで千円近くします さすが「夢と黒魔法の国」!?

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

リニューアルしたスターツアーズは・・・?

8/1(木)10時過ぎ、FPでプーさん乗車。
FP取った時は5分待ちだったSBも、既に90分待ちになってました。

IMGP3951_convert_20130806154717.jpg

今回はお初のハチミツ大砲コース!
いっつも外れて残念がってた念願コースだったので、「やったあ♪」と盛大に鼻の穴ひろげて待ち構えてるバカ一家です
しかし鼻の穴全開にしても、意外とこれハチミツの香りがしないんですね 出口間際の方がよっぽどハチミツくさかったです;;

IMGP3953_convert_20130806154801.jpg
右側のぬいぐるみ、プーさん出口に売ってなかったら、明らかにパチモンを疑うレベル

さて次はどこへ行こうかな~~
と、U先導で隠れミッキーを探しながらふらふら歩きつつ・・・

IMGP3954_convert_20130806154825.jpg

着いたのはKKご希望「ウエスタンシューティングギャラリー」。
別名「射的屋さん」です。

IMGP3957_convert_20130806154852.jpg

実費200円かかるけど、お祭り屋台よりは確実に安いし、ここならたぶん空いてるし、と思って来たら、意外と混んでました 15分待ち。
会津では「新島八重の生まれ変わり」と呼ばれてないKKの腕前は・・・最後の1発をハズしてしまい、残念無念~~ しかし普段だったら激しく落ち込むか激しく「もう1度」連呼しそうなところ、意外なほどあっさりと気分良く終わったのは、成長したのか、これもTDRの魔法の一種か

IMGP3958_convert_20130806154929.jpg

さ~てじゃあそろそろスターツアーズ乗りに行きましょか♪
と、ウエスタンからトゥモローランドへ向かうべく、シンデレラ城を横切ろうとすると、おおすごい!ショーの音楽がガンガンと!!
かねがね思うことですが、TDRのショーは音が、音楽がとにかくすごいですよね!あたり一帯に囂々と鳴り響く音楽、これがまた理屈抜きでノせる力がある上、その音楽に合わせて噴水がドパーンと打ち上がったりすると、ショーに興味ない一家も思わず「おおっ!」と目を奪われます

IMGP3959_convert_20130806154959.jpg

「水かかるのはヤだけど、確かにちょっと見てみたいな」などと、若干ショーに前向きになりつつ、シンデレラ城を通り過ぎてトゥモローランドへ。
ついに乗りますリニューアルしたスターツアーズ!この時の待ち時間はなんと110分

IMGP3960_convert_20130806155233.jpg

すご~~い大人気じゃん!!トイマニに比べて人気薄とか言ってごめんなさい
でもね~なんかあっという間に「そういやリニューアルしたての頃110分待ちとか言ってたよなあ」って昔話になりそうな気もするのよね 劇場型の宿命というかディズニー色が薄いから仕方ないというかその両方というか。我が家はそれゆえに、たぶんずっと大好きだと思うけど

IMGP3965_convert_20130806155316.jpg

お久しぶりのスターツアーズ待ち通路は・・・いや~~すごいですね~~!前もすごいと思ったけど、今回もすごい気合い入れて作り直しましたね~~~!!
音楽も完璧「スターウォーズ」で。全体的にすご~く壮大な雰囲気 なんだかできたばかりの頃を思い出すというか。
ヒッチハイクロボットとか、こういう遊び心がまた素晴らしい

IMGP3966_convert_20130806155334.jpg

部屋が6つも開いてるなんて!これまた80年代の栄光再びみたいな(でもたぶんあっという間に(略))
ところでママは、たぶんこれ乗るのかれこれ3~4年ぶり。乗るとテキメンに酔っちゃうんで、避けてたんですよね~;;
しかし今回は画面も鮮明だし、3Dなら酔わないはず いや根拠はないけど、だ~ってなんたって未来のテクノロジー3Dだもん、それくらいは。
と、昭和のような期待を抱いて久々に乗ってみたら・・・酔いました~~~
いっくらダースベイダーが飛び出そうと、どんなに砂漠の景色がリアルだろうと、酔う人は相変わらず酔うアトラクですね;;個人的には一番好きなワープシーンで、一番酔うのがとても悲しいです まったく酔わない向きには「車酔いってどんな感覚?Uも一度酔ってみたい」とか余裕な発言ぶっこけるアトラクですが 

IMGP3967_convert_20130806155359.jpg

男3人衆はすっごく面白かったらしくて
「帰るまでにもう1度は乗ろう
と、わいわいしながら、スターツアーズ下のピザ屋さんへ。
これに乗った後「なんか今日のはすっごくうまい!」と言いながらピザを平らげられる車に強い彼らがしみじみうらやましいです ママはサラダがやっと・・・
と言いながら、黒蜜ゼリーだけはしっかり買いました ママお目当てのスーベニアカップだったのでね~♪
「カップだけ買うなんて邪道でしょ」と言いながら、KKが中身を食べ尽くしてくれたので助かりました 味はさっぱりしておいしかったそうです♪

IMGP3968_convert_20130806155416.jpg

さて時刻は13時前。ショーまでまだ時間があるなあ、どうしよっか?
「Uはロジャーかカリブ!」「ええ~ロジャー今乗ると酔いそう~」@ママ、「カリブ落ちるところが怖い~」@KK(中1)e.t.c.などの意見を出し合った結果、パパUとママKに分かれ、ショーまで別行動することに。

IMGP3972_convert_20130806155529.jpg

ママKKが選んだアトラク・サーキットは25分待ち。うわけっこう混んでるな~
雨はだいぶ前に上がってたのですが、ここら辺から時々、真夏の日差しがカッ
腕がジリジリいいそうなほど暑くなってきました。早く水浴びしたい~~♪
こんな暑い中、ず~っと屋外で、しかもエンジンや車の照り返しなど見ただけで暑そうな中働くサーキットのキャストさんがたが、めちゃテンション高くゴーサイン出してくれるのには、KKと2人「すごいね」と感心しました。

IMGP3974_convert_20130806155553.jpg

途中、KKすら驚く美男美女レベルの白雪姫&王子を眺めつつ(KKは美男美女とかに今んとこ興味ない様子)。
「40分待ちでロジャーはキツイ」と、バテバテになったパパと、大好きアトラクに乗れてニコニコなUと無事合流。
さてではいよいよ、座って涼める休憩所・・・じゃなくて夏の祭典「爽涼鼓舞」へ行ってみましょう♪
朝のうちは雨だった天気も、いまや青空が広がって、暑い!いや熱い!!水まき日和になってきました

IMGP3981_convert_20130806155740.jpg

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

日本の一番長い日

今日、お昼の支度をしてたら、会津の町中に突如ぷあーーーーーんとサイレンが鳴り響いて。

一瞬なぜだかわからなかったですね~ 子供の頃は8月6日・9日・15日だけは必ず覚えていたのに
ちょっと考えてからやっと、「ああ今日は長崎の原爆記念日か」と。

山田風太郎さんは「同日同刻」の中で、昭和20年の今日を「日本の一番長い日」と書いてらっしゃいます。
8月15日は有名ですが、この本を読むと8月9日は、ある意味終戦記念日よりも「なるほど確かにこの日は重要だ」という感じで。

まずはもちろん、長崎への原爆投下。
同日、ソ連による突然の満州侵攻。
そして、もちろんこれらを受けてなのでしょうが、同日、昭和天皇によるポツダム宣言受諾意思表明、いわゆる第1回目の「聖断下ル」。

満州や朝鮮半島含め、当時の日本のあちこちで、同時多発的にものすごい阿鼻狂乱が起こっていた1日だったのですね。
そういえば、小田山ふもとにある「満州会津村殉難の碑」にも、この日付が書かれていたような気がします。

おとといTBSの報道ドラマで、「沖縄の島守」島田県知事の話を思いがけず見たせいか(たまたまTVつけたらやってて、そのまま思わず見入ってしまった良質ドラマでした 緒方直人の演技が良かったのもさることながら、KKが小さい頃の沖縄旅行で、TVでも出ていた「島守の塔」を見て以来、気になってた方だったんですよね)、「そうか、今日は「日本の一番長い日」だったんだ」なんて、ふと思い出してしまったのでした。

やっぱり震災・原発事故があったせいなのか、「政府、軍部(今なら東電??要は実際の現場担当部門というか)、自治体、住民等々、様々な立場が絡み合い、相対しながら物事が進んでいく様子」とか、「同日同刻を生きていても、地域により立場により体験したこと=わかりあえることがまったく違う」なんてことが、とてもリアルに思える気がして。

しかし最終的な感想としては、いい人だからって助かるわけでもなければ、頑張ったからって報われるわけでもないんですね、特に非常時は。っていう、何を今更な感想だけですけど

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

朝はFPと抽選から

8/1(木)8:30。
開園とほぼ同時に入園し、ここから、パパKKUはバズのSB,ママはプーさんFP。
2手に分かれ、ママは最奥ファンタジーランド目指して歩きます!(遠い~~

IMGP3922_convert_20130806153554.jpg

通りかかった「爽涼鼓舞」1回目は、こんな感じでまだまだ空席だらけ。雨だからかな?

IMGP3931_convert_20130806153908.jpg

あたりは乗り放題だけど、ひたすらプーさん目指して進みます

IMGP3923_convert_20130806153630.jpg

虚無を監視するキャストさん
(誰も乗ってないけど動いてます)

IMGP3929_convert_20130806153750.jpg

ピノキオのキャストさんもかなり虚無ってましたね~
こちらはまだ雨もやんでいないのに、濡れたベンチを人知れず丹念に拭くキャストさん。
頭が下がります。

IMGP3930_convert_20130806153835.jpg

などなどの朝の光景を横目で通り過ぎながら。
やっと着いた~~~!

IMGP3927_convert_20130806153706.jpg

SBはまだ5分待ち。
そしてFPは、1時間足らずで次のFPが取れちゃう時間帯よしよし♪
今日は雨のせいで空いてるのかな?それともモンスターズインクに流れてるのかな??

トゥーンタウンでパパKKUと無事合流。
バズも5分待ちだったそうで、よかったよかった。去年はなぜか20分待ちだったもんね;;
で、次はどうする?「空いてるうちにアレに乗っちゃおう!」
と、急いで向かった今年1発目のアトラクは~?

IMGP3934_convert_20130806154143.jpg

ロジャーラビット5分待ち!
これは最近Uが克服して、大好きアトラクに昇格した上に、昼間だとなにげに3~40分は優に待つ乗り物なので、今のうちに乗っとかないとです

P1050139_convert_20130812163338.jpg

連続乗りしたがるUを押しとどめ、男衆は次にゴーコースター5分待ちへ。
(ゴーコースターも、しょぼい割りに意外な待ち時間になるアトラクなんですよね~昼間は)
しかしここらで早くも次のFP取得可能時間が近づいたので、ママだけ離脱。

IMGP3946_convert_20130806154501.jpg

次に取る予定のFPは、今回の一大目玉である「スターツアーズアドベンチャーコンティニュー」(やっと名前覚えた
「休止中か!?」と思うほど人影のなかった5分待ち時代から「ランドで一番面白いアトラクはこれ」と言い張ってた我が家の男衆とりわけパパ
ただでさえそうなのに、50種類以上の内容しかも3Dとなっては、観ないわけにはいきません
オープン3ヶ月足らずなのに、余裕で2時間後のFPが残ってるという、トイマニとは大違いの人気のなさですが、そこら辺は考えないことにして
(いや決して人気ないわけじゃなく、単に劇場型&全部屋フル稼働のおかげでハケがいいだけだと思いますええきっと

IMGP3939_convert_20130806154307.jpg

しかしFP発行までもうちょっと時間があるな~。
あ、ちなみにFPは、発行可能時間まで1分でも早いと、発行できません。その際は「これはファストパスじゃありません」と書かれた、一見ファストパスみたいな紙が出てくるのでご注意!パパは昔、これをFPが取れたと思いこんでて、後からあわてたことがあります
折りしもスターツアーズFP発券所の隣が「爽涼鼓舞」の抽選所だったので、FP発券待ちがてらここで運試ししてみることに。
去年、遠くから夜の部を見て(抽選に外れたのです)「これやっぱり座って見たかったね~」と皆で言ってた「爽涼鼓舞」ですが、今年は「抽選するだけで30分待ち」というおっそろしい情報を行く前に仕入れていたので、我が家にはムリムリ 元々ショーにあんまし興味ない一家だし。
と思っていたんですが、この時はこんな感じ↓でけっこう空いてたんですよね♪
こういうのはタイミングなので、見かけたらその時を逃しちゃいけません

IMGP3932_convert_20130806153929.jpg

10分待ちくらいで中に入ると、館内はけっこう人いっぱい
ちょうどキャストさんが抽選機械を開けていて、あのピンクの紙がいっぱい見えました
その紙をくれ~~!ただし印刷したやつね

IMGP3933_convert_20130806154024.jpg

19時台は夕飯のPSがあるので、勝負は21時台!
と気合いを入れてスタートボタンにタッチしたら、あっという間に、ほんともう「ええっ!?」ってくらいタッチしたとたん「はずれてしまいました~」の表示が 早いよ~もうちょっと悩んでよ~~~
ほんとは夜しか抽選しないつもりだったのですが、これで終わるのは悔しすぎる!こうなったら昼の部も抽選じゃあ~
と言っても、え~とたぶん11時はアトラク乗りまくってるし、16時はホテルにいそう。おお14時台なんていいんじゃない?暑くて混んでて疲れてて
「ね~早くホテル行きたい~~」「待ってなさいチェックイン15時からだから。ほらイッツアスモールワールド25分待ち、あれ乗る?」
とかの時間帯になってそう 時間つぶしのために30分並んでスモワ乗るくらいなら、いかなショーに興味ないメンバーでも、座って見れるハデなショーの方が楽しいわよね~??
というわけで、3回目を選んでボタンを押したら、んっ今度は「抽選中・・・」の時間がちょっと長いぞ?なんだか機械がさっきより悩んでるぞ??と思った途端「おめでとうございます」ヤッタ~~~

その後、隣でスターツアーズFP11:30~も取得して。
トゥーンタウンで、再びパパKKUと合流。
「当たったよ~♪」と得意げに報告したら、「ええ~KK別にショー見なくていい」「U水に濡れたくない~」と、案の定な返事が どうせ絶対やることない時間だからさ~、これ見てからホテル行こうよ。
と説得しつつ、ヒューイデューイルーイのお店で軽くブランチ。

IMGP3948_convert_20130806154555.jpg

なんだか毎年1発目はここで食べてる気がするな~
特別お気に入りってわけじゃないんですけど、立地とメニューが、朝にちょうどいいんですよね。
ここに、ママがかねてから飲んでみたかったタピオカゼリー入りジュースがあったので、勇んで頼んでみたのですが・・・う~ん、まずくはないけど、あっまいな~~ 雑誌で見ていたときの方がおいしそうでした

IMGP3950_convert_20130806154651.jpg

最近隠れミッキーにハマってるUが
「ほら隠れミッキー隠れミッキー♪」と、見つけて喜んだり

IMGP3947_convert_20130806154532.jpg

ず~っと下ネタにハマってるKK&Uが
「ほらウ○チウ○チ♪」と、見つけて喜んだり

IMGP3949_convert_20130806154615.jpg

などなど食べながらトゥーンタウンを楽しんだら(?)、さてではプーさんに乗りに行きましょう。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

三たび!東北道からTDRへ

7/31(水)22時。
いよいよ年に1度のTDR家族旅行の時がやってまいりました
スーツケースには4日分の着替え、手持ちのバッグには水筒・カッパ・現金e.t.c.そしてこれだけは忘れちゃいけない新潟のディズニーストアで買い求めた4daysパスポートを詰めこみ、いざ会津若松ICへ

ここで夜の若松IC入り口の写真をバーンと載せたかったのですが、軒並みブレブレ
あの「旅の、出発のワクワク感」をお伝えしきれないのが非常~に残念です
「ああ今まさに会津盆地を出ようとしているんだな~」との実感ヒシヒシな、トンネル多数の磐越道を超え。
「いわき」「仙台」「東京」などの表示がテンション上がる郡山JCTから東北道に入り。
「白河」「須賀川」など、「あっ柳沢慎吾ちゃんがラーメン食ってたとこ」「おおウルトラマンの生誕地」等々、名前だけ知っていて一度行ってみたいと思っていた福島各地を通り過ぎ。
「日光」「黒磯」等々有名観光地の名前が続出するのを見ては「これが東北道の底力か~」と意味不明な感心をしてe.t.c....
ここら辺の高速風景全部撮ったんですけど、全部ピンボケで載せられず
あの「だんだん近づいてってる~!」という、遠方ゲストならではのワクワク感がもうね、たまらないんですよね~~~ KKなんか車中で異様にハイになっちゃって、釣られてハイになるUともども「スカイツリー見るまで寝ない!」と宣言するほどいや寝てお願い、明日のためにも。

IMGP3881_convert_20130806153304.jpg

日付が変わる頃、那須高原SA到着。
ここは真夜中でも食堂やってるくらい大きくて、品揃えも豊富なんですよ~
(ダンナはこんな時間にここでソバ食っていきました
そうそうここにも八重ちゃんがいてびっくり!

IMGP3884_convert_20130806153335.jpg

そうか会津の町を走ってると見かける関東ナンバーは、皆さんこの道を通って来てくださってるんですね~
体感でも、福島と関東は、新潟と関東より近い=つながりが深いという気がします。関越経由でTDRに行くと、新潟を抜けるまでがえっらく長く感じた気がしますが(まあ山の中につき景色が変わらないので、余計に長さを感じるのかもしれませんが)、東北道だと「えっもう関東に入った?」という感じが。とはいえ遠いことは遠いですけど。
新潟と比べると道もいいんですよね。埼玉入るまで基本2車線の関越道と違って、東北道はわりとず~~っと3車線だし。やっぱりこっちは大動脈なんだな~と思います(磐越道ときたら・・・言うまい)。

さて那須高原を出たら、一路TDRです。
「S1C2、S1C2」とつぶやきながら、東北道の終点・川口で首都高S1に乗り、江北JCTで中央環状C2に乗り・・・ここまで来たらもう一安心。以降「堀切JCT」とか「小菅JCT」とか色々出てきますが、基本「C2」を選んで走ってれば無問題です。
ここら辺に来ると、毎回言ってる気がしますが川の向こうに夜景がばーーっと広がって「ああ東京に来たんだなあ♪」と実感します。ここの写真ももちろんピンボケだったのが残念無念
KKもこの、一面光が瞬く景色は大好きみたいで「この赤い光が都会っぽいんだよね~」「あっスカイツリーが見えた!」と、車窓から夜景堪能。ってAM2時過ぎですけど スカイツリーを楽しみにしていたUが爆睡していたのは気の毒でしたが、親的にはそれでよし
最後の分岐点「葛西JCT」で湾岸線に入ったら、見えてきました観覧車、そして高速を降りたらディズニーランドホテルの灯り!
ああ今年も来れたんだな~~~~~~

IMGP3915_convert_20130806153412.jpg

というわけで、AM3時頃、東京ディズニーランド駐車場前到着
今年は既に4列目でした。これは去年より到着時間が遅いせいなのか、それとも混んでいるのか!?
やっとKKが寝てくれたことに安心しつつ、みんなで仮眠して、4時半頃駐車場開門。時間が比較的早い気がするのは、やっぱり混んでいるのか!?!?
8月=混むと信じてるママは、心配になって6時頃並びに。

しかし今年は雨模様のせいか、思ったよりも並んでない印象。いつもより早い時間なせいもありますが、前から2番目でした。
写真は7時前だったと思いますが、まだまだこんな感じです。

IMGP3917_convert_20130806153447.jpg

朝に軽い雨が降るのは、「開園待ちが辛くない」(←晴れた夏の日は、朝っぱらから真夏の日差しで、入園前から熱中症になりそうですマジで)、「近場の人が減る」(←ホテルや日付指定券を完備してやってくる遠方組は減りませんが)などの理由で、ママ的には喜ばしい状況です。ま1日晴れないだろうというザーザー降りだと凹むものがありますが
観光バスの数も「鶴ヶ城会館の方が多くないか!?」という感じで。いやほんとに、八重の桜効果で観光バスが会津に多数来てくださって、本当にありがたいですm()m

IMGP3918_convert_20130806153531.jpg
あっ新潟交通バスだ

今回は、降ったりやんだりのお天気の中、8時ごろパパKKUと合流&朝一でどこに行くかを、開園間際になって家族会議。
今回の目玉・スターツアーズは朝からFP取らなくてもたぶんイケる、モンインはイラネー、朝からビッグサンダーやホーンテッドは乗りたくないe.t.c.の意見が飛び交い、結局「男衆はバズ、ママはプーさんFP」という、去年とまったく同じ廻り方に落ち着いた頃、皆さんわさわさと立ち上がり、やがて開園5分前。あたりに充満する期待の塊、ざわめく空間!
雨につき、ゲート越しにキャラに会えないのだけは残念でしたが、5分アーリーのお知らせもなく(やっぱし空いてるかも!?)、8時半、開園です!

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

帰ってきました~♪

昨日の夜というか今朝というか、夏TDRから帰ってきました~

しっかしTDRに行くと、年々老化を実感しますね~~ ちょっと歩いただけで足は痛いし、アトラクには酔うし;;それでも楽しいんだからさすが夢の国です

今回必ず乗りたかったアトラクは、リニューアルした「スターツアーズ」!
行く前に仕入れた情報では、「待ち時間は若干増えたものの、往年の時代復活はならず、FPも比較的取りやすい」という感じ。で行ってみたら確かにそんな感じでした。SB待ち時間は100分に届くことはなく、FPも午後まで余裕で残っている状態。朝一で入れるんなら、FP取得の順番的には3番目くらいでも間に合う感じでした(お盆とかは2番目くらいに取った方がいいかもですが)
乗ってみた感想は・・・酔います たとえ3Dになろうがダースベイダーが飛び出そうが、旧スターツアーズで酔ってた人は新スターツアーズでも酔います。画面はすごく面白いんだけどなあ、残念だなあ(まったく酔わないうちの男衆は2回乗って2回とも大興奮でした。話が変わると、画面のみならず椅子の揺れも変わるみたいですね)

もう1個のお楽しみ・ホテルは、シェラトンを今年もスタンダードで予約して、今年もやっぱり12階でした♪
これってやっぱし予約のタイミングなんでしょうかね~?スタンダードで予約した人を、順に上の階から埋めていって、ある程度埋まったら本当にスタンダード部屋に廻されるとか??それとも当日の運???いずれにせよ、我が家シェラトンにはたぶん10回近く泊まって、そのほとんどがスタンダードでの予約ですが、スタンダードに泊まったことがありません。なかなか太っ腹なホテルだと(もっともシェラトンは、どの階層でも部屋やベッドの広さに比較的差が無いホテルで、そこもまた個人的に好きなポイントなのですが)

今回は幸い、お天気が猛暑日・真夏日じゃなくて、入園待ちやアトラク待ち等、覚悟していたよりはラクだった気がします(非常ーーに蒸し暑いは暑かったですけど)。
あまりに暑いとかき氷すら食べる気もしなくなるのですが、この天気のおかげで今回はスイカ味、抹茶味、さらにはライムやレモンのフローズンカクテル等、出発前にチェックしていたかき氷軒並み制覇 そうそうリトルグリーンまんの乗っかった抹茶かき氷は、頼むとあずき抜きにしてくれますよ~♪あずき嫌いな方はぜひお願いしてみてください(「グリーンまん増量して」とかのお願いは却下されると思いますが

夏ランドの目玉・爽涼鼓舞は、昼と夜が1回ずつ当たって、両方見ることができました~
昼はミニー&デイジー、夜は2回目で、いや~~~圧倒的に夜がいいですね~!いや女子チームもあらゆるしぐさが超かわいくて良かったですけど、やっぱし花火と火が!特に火が!!一瞬で顔から足まで熱くなりましたから「やっぱり夏はコレだよ~~」っていう
席は昼がD、夜がEで、しかもともに4列目という前方具合グー しかし同じ4列目でもEはまったく水かかりません(塔から出る水でほどよく湿るくらい) しかし以前マイクとサリーの夜ショーの時が同じくらいの前方・ただしA席で、この時はけっこうカッパ必須だったので、基本ステージ向かって左の方が水にかかりやすいのかもしれません。
Dは濡れました!!バカか!?濡らせばいいってもんじゃないでしょってくらい濡れました ステージからのロケット砲が直撃するんですよね。
抽選は午前中、通りかかったらたまたま列がなかった時にすかさず入りました 行く前「抽選するだけで行列30分」などの噂を目にして恐れおののいていたのですが、私の見た限りでは、常時そんな行列ができてるってわけじゃ決してないですね。

シーの女子チームによる水かけ祭りは、ザンビーニ前にて参戦
ここはほんとによく濡れますね!ていうかもうゲストも、ハーバーに背を向けてショーなんか見ちゃいない状態ですから キャストさんのホースもけっこう威力あるので、人でもみくちゃになるほどでもない、ショーの途中からふらっと出入りできるような場所でも充分水浴びできます 気楽に確実に濡れるならシーでしょうかね~?(ただしショー終了後に続出する滝修行僧になるには、それなりにスタンバイする必要があるかもですが

そうそうショーではもう1個、ファンタズミックをオチェーアノから見ました。
いや~~~近いですねオチェーアノ!2階から見るとこんなに近いのかってくらい、船上で踊るキャラが初めてはっきり見えました♪難点は、家族4人の食事で3万近くふっとぶという値段の高さでしょうか
 
細かいことは、また長々~~~と旅行記に書くことにして、とりあえずこんな感じで楽しんできました♪
いや~行ってる間も「夢と魔法の国」だったけど、帰ってきたら本当に、夢のような魔法のような、まさに「夢と魔法の国」になっちゃいました~

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。