ばーちゃん入院に関する雑感

新発田の母ことばーちゃんの手術、無事終わりました

手術は、股関節を人工関節に入れ替えるというものです。
ばーちゃん2~3年前から、立ち座りのたびに膝が痛い痛いと言ってたのですが、最近は横になっていても足の付け根が痛くて痛くて寝られないくらいだったそう。
もっとも年寄りにはこういうパターン多いらしくて、痛み止めを飲んでごまかしながらお迎えを待つというパターンもあるそうですが、ばーちゃん体質的に痛み止め薬がダメで(飲むと吐いちゃう)、けっこう周りにも同じ手術をしてピンピンしてる年寄り仲間がいることもあって、手術決意

先生いわく、この足の痛みは確かに年寄りに多いんだけど、もともとは遺伝による、持って生まれた骨の奇形である場合が多いとのことヘエ~~~
「エエ~でも私、子供の頃は何ともなかったですよ~。足なんてすごく速かったんだから」
と、さりげなく自慢こきながらばーちゃんが先生に質問すると、それに対する先生の説明がまた面白かった
そもそもなぜこの痛みが起きるかというと、骨盤にぴったりハマって滑らかにグリグリと動くべきボールみたいな股関節が、ばーちゃんの場合変な形してるせいで、骨盤と変な感じで接触して痛みが生じる・・・みたいな構造らしいのですが、これはけっこうよくあることだそうです。年取ってから痛くなるのはこのパターン、つまり生まれた時から骨が変な形してた場合が多いとか。
ではなぜ若い時は生活に何の支障もなく、年取ると痛くなるのか?。
実はこの骨盤と股関節の間には、軟骨があるそうです。おそらくは滑らかに動かす手助けをするためでしょうかね~??
ですがこの軟骨、年とともにだんだんすりへっていくものだそうで。
昔の時代なら、軟骨がすりへりきる前にお迎えが来たところ、今は長生き時代になったので、軟骨がすりへりきって痛みを訴える年寄り患者増大・・・ということだそうですへ~~面白いなあ(って人ごとみたいに言ってますが、この奇形は遺伝するらしいので将来の自分のことかも

こういう話を聞くとつくづく、人間って(というか生物って)よくできてるなあと感心してしまいます。
曽野綾子さんはこうした人間の体の仕組みをさして「神の手が見える」と小説中で書いてましたが、安易に「神」を持ち出すのは無宗教である私には抵抗あるものの、なんというか「人知を超えてよくできてるシステム」には、両手を挙げて降参する思いです。

んなわけで、このデコボコ股関節を取っ払って、チタン製の銀魂・・・じゃなくて銀玉&それと足の骨を連結させる銀の杖みたいな大腿骨みたいな銀の棒(しかもけっこう重い)を体内に埋め込むわけですが。
これまたすごい話ですね~。人間もよくこういうことを考えて更に実行して成功するもんです。「人知を超えてよくできてるシステム」に対抗しようという人間の情熱=科学には、これまた降参する思い。「ばーちゃん脳髄出血」の時も強く思いましたが。

そんな説明を聞きつつ、手術前に「全身麻酔許可書」だの「輸血承諾書」だの、ま~色んな書類にサインするわけですが。
そうそう輸血の話も面白かったなあ。近親者から輸血不可なんてご存知でしたか!?(え?常識??
昔はそういうこともあったそうですが、今は遺伝子的に近い間柄で輸血すると色々よろしくないことがわかってきたそうで。へ~~じゃあ昔の人とか、そういうので危険な状態になること多々だったんだろうな~(だって普通に考えたら家族間で輸血するのが一番良さそうに思っちゃいますよね)。こういうのをどんどん解明していく人間の情熱には(略)。

そんなこんなでいよいよ入院・手術となったわけですが。手術後数日間はけっこうハラハラでした。
だってばーちゃん、手術前はすっごく元気だったのに、術後はもう「このまま余生は寝たきりになるんじゃ!?」と不安になるくらい、グッタリで
手術前日、及び術後1日半くらいは絶食なのを「ええ~食べることが楽しみなのに~」と残念がるくらい、がっついてるばーちゃんだったのに、手術後の食事はおかゆ一口がやっと。それでも吐いてしまう。食べなくても吐いてしまう。胃から何も出ないのに吐き気だけは常にある。吐き気がない時はウトウトしつつ常に手が動いている。なんか色んな夢見てたそうです。掃除する夢とか(主婦って悲し~)、野馬追いに追っかけられる夢とか(中通り出身のばーちゃん、子供の頃親戚に連れられて見に行ったそうですが、迫力ありすぎてめっちゃ怖かったんだそうです)。つまりは熟睡もできず。

おそらくは全身麻酔がまだ残っていたこと、及びばーちゃんの苦手な痛み止めが術後20時間は点滴投与され続けていたせいだったのでしょうが、術後3日たっても栄養がまったく経口摂取できず、栄養剤の点滴が追加の嵐なのはやっぱり不安でした。
加えて血圧や発熱、及び血糖値がめっちゃ高くなったのもね~~。ばーちゃん毎食前にインシュリン注射するほどの糖尿持ちなんですが、手術前
「人工関節を入れた後危険なのは、まず転倒等による脱臼。それから糖尿の場合は、血糖コントロールがうまくいかないと、人工関節入れたところが膿んできて(だったかな?なんかとにかくその周辺がおかしくなるそうで)、そうすると再手術をしなきゃいけなくなる」
と説明されてたんですよね。それが術後はなんと、何にも食べないのに血糖値300超が続く!(普段は180そこそこです)
お医者さんや看護婦さんは「そういう人もいますよ。術後の体調は個人差がありますから」と、不安な様子はさほどありませんでしたが、家族の場合は「頭ではわかってるけど、でも不安」なんですよね。
食べるのと同じくらい、人と話すのが大好きで、2人でいると大抵「ばーちゃん8、私2」くらいの割合でしゃべりまくってるばーちゃんが、起きてれば吐き気、後は寝っぱなしで(トイレはもちろんオムツ)、どーでもいいけど私はその間に病院併設の図書館で吉田秋生「YASHA」全12巻、「はいからさんが通る」全7巻を借りてきて読破してしまいました(それくらい寝たきり状態だったということで

この不安感を共有してくれたのは、ばーちゃんについていた看護士実習生でした。
新潟市の「国際メディカル専門学校」から来ている男の子で、杉の木のようにスクスク育ったという感じのとってもいい子。新潟では「男と杉の木は育たない」と言われますが、そんなことないですよ~ この子なんかまさに「気は優しくて力持ち」といった印象の、体はデカいけど心は乙女な感じの子で(だって「シフォンケーキ焼くのが好きです」とか言っちゃうし)。将来は高齢者医療の方に行きたいという希望も奇特ですが、「この体格と性格ならピッタリだろうな~」と思えました。
何でも国家試験を受けるまでに、実習8コを修了しなきゃいけないそうで、今回は3コ目、「術前・術後」の実習だったそうで。
実習生なので、何かを判断するにもまず「看護婦さんに聞いてみます」で、やることは血圧や体温測定など、その「手をこまねいて様子を見るしかない」という立場なのが、なんとなく付き添い家族と同じように思えた上に、色んな患者をいっぱい見てきたプロ看護士さんとは違い、「麻酔が残ってるせいだと思いますよ」と言いつつも心配だ~という様子がまた好印象。いやもちろん、プロならではの「それほど心配する状況じゃない」という冷静な姿勢も、付き添い家族には必要なものなので、どっちがいいってわけじゃないんですけど。

術後4~5日くらいからでしょうか。麻酔の影響もすっかり消え、さらに痛み止めの点滴もなくなって2~3日経過したあたりから、吐き気も消え、相変わらず少ないものの食べる量も、起き上がれる時間も増えてきて、胸をなでおろした頃がちょうど実習最後の日だったのですが、その朝いつものようにやってきた実習生さん
「あれっ今日は声の張りが違いますね。えっおかゆも半分も!?よかった~~!!ほんとによかった~~~!!!」
これはほんとにうれしかったです 「おたんこナース」にもこういうエピソードがありましたよね。新人ナースだからこそ、このタイミングで「よかった!」という笑顔が出る。それが患者さんの心を和らげる。という。
ベテランさんはベテランさんならではの、新人さんは新人さんならではの持ち味で、それぞれ役割分担できているってことなんでしょうかね~。病院に限らず、どんな世界でも。

ちなみに国際メディカル専門学校では、毎年5月末の平日、ビッグスワン外の公園(誰でも入園可)にて、戴帽式の予行演習を行うそうです。
「公園に来てる人とかきっとびっくりしますよね いきなり集団で「私たちは~ナイチンゲール精神に」とか始まるから。見てる人もけっこう多いです」とのことですので、お近くの方、興味があったらぜひ5月末のビッグスワンへゴーです。今戴帽式をやる学校は少なくなってるそうですので、見る価値あるかも!?
最終日は「○○君ならきっといい看護士さんになるよ~」「ご家族にも感謝するのよ~」「ハイありがとうございます」と、3人とも笑顔で元気にお別れできたのでした

そんなこんなで、先日はついにおかゆ完食!
血糖も普段どおり180台に落ち着き、話すペースも日に日に「ばーちゃん8」を超える勢いで(もうマンガ読むヒマなし)、こないだからはリハビリも始まりました。
それにしても、あの吐き気はやっぱり麻酔&痛み止めだったんでしょうかね~。痛み止め薬に弱い体質の方は要注意ですね。
あとはくれぐれも転倒とかしませんように、アーンドこの1週間、福島に泊り込みでダンナKKUのお世話をしてくれた白根のジジババちゃんに改めて感謝ですm()m
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

ハババルキターーー!・・・けど

先週だったかな?夏冬と冬服を入れ替えた時、もう着れなくなった子供服をオフハウスに持っていき。
査定の間ヒマだったので、総合予約センターに電話をかけてみたら、ぽこっとバルコニールーム・ハーバービューが出ていて。

我が家の場合、とりあえず行きそうな日をピックアップして、予約センターで見てもらうのですが、この時は「○日は?」「満室です」「じゃ△日は」「この日も満室で・・・」「じゃ□日」「□日もあいにく・・・あっハババルなら」という感じで(会話はかなり短縮形です)、あっぶね~~~見落とされるところだった!?
間髪入れず「そっそれでお願いします」と叫びながら予約番号メモするためにあわてて車に駆け戻り、無事ゲットしました~

・・・がしかし、今年の夏TDRは、今もって行けるかどうか微妙
拾えたのは非常~~~にうれしいけど、その分、行けなかった時のことを考えると悲しみ倍増で、予約取れて以来、そんな天国と地獄のジェットコースター気分が続いています ああこの喜びと悲しみが表裏一体な感覚って、なんだか青春の甘酸っぱい恋心に似ている気がするわ(←もう脳が壊れかけてます
ともあれ、もしもキャンセルするハメになったらお知らせしますので、拾ってやってください。。。

話変わって、新発田の母ことばーちゃんが今度足の手術をすることになったので、1週間ほどブログお休みします。
ではでは

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

松平容保onしゃべくり007

気づくとほぼ毎週のように見ているTV番組が「しゃべくり007」
ネプチューン&くりいむしちゅーという、わりと好きなお笑いグループが揃っているのに加え(あ、チュートリアルももちろんいいですけど)、彼ら独特の、非常に細やかな心遣いをベースに作り出される、あのノリとチームワークが気持ちよくて。見ていて不快になることがないんですよね。
ゲストがアンジャッシュだった時なんかは面白かったなあ。「くりいむしちゅーと仲良かったんだ」とうれしい驚きもあったりして。

また私的には、最近の若手俳優・タレントを知ることができる番組でもあります。この番組で初めて見て「へ~人気あるんだ~」というゲスト多数
てかほんと、この番組見てるとしみじみ、自分はオバチャンになったな~と 昔だったら知ろうとしなくてもいつのまにか情報として入ってきたであろう「人気芸能人」とか、もうさっぱりわからないもん 昔は「誰それ知らない」と言い張るオッサンオバチャンに対し「ええ~だって今大人気じゃん。普通にしてても名前聞くのになんで知らないの~!?」と、心底不思議だったのに  

さて昨日のしゃべくりも、私的にはそんな感じのゲストで。
「またイケメン若手俳優か。やっとこないだ「小栗旬」てのを覚えたばかりなのに(←この始末だ)最近多すぎよ~」
と思ってたのですが、しかし「綾野剛」という名前には聞き覚えが・・・(顔は見覚えないけど

あっそうだ!「八重の桜」の松平容保じゃん!
来年の大河ドラマ「八重の桜」キャスト一覧に「松平容保:綾野剛」と出ていて、「誰だろ?こんな中堅俳優いたっけ?」と謎だったんですよね。なんとなく「松平容保」役なら、シブい重厚な役者なんだろうと勝手に思い込んでて。
そんで昨日初めて「綾野剛」って人を見たら・・・

似てる~~~~~!!!確かに似てるよ~~松平公に

Matudaira_Katamori.jpg

上の写真は鶴ヶ城にも飾ってある松平容保公の写真ですが、この時たぶん20代後半。
戊辰戦争の時に32歳のはずですから、現在30歳(意外とトシだな)という綾野剛さんなら、年齢的にもピッタリなんですよね。
いや~~よく似てる人を見つけてくるもんだな~~NHK。

個人的には、この俳優さんの顔なら高杉晋作もいけそうだと思いました てかイメージ的には高杉の方がよりしっくり来そう。
松平容保って私的には、クレヨンしんちゃんのマサオ君というか、とにかくマジメで線が細くて神経質で・・・ってイメージだったんですよね、鶴ヶ城にある写真や書を見た限りでは。
なので、個性あふれるイケメン俳優はまったく想定外だったのですが、なるほどこの顔ならアリだわ~

とりあえずこの人、会津にロケしに来ないかな~♪と楽しみになった昨日のしゃべくりだったのでした。あ、会津まつり参加でもいいな~

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

いよいよ夏ディズニー

公式HPで、夏ディズニー情報がUPされましたね

東京ディズニーランド・ディズニー夏祭り

「爽涼鼓舞」概要発表!
これ、どう考えても見るなら夜の部でしょう 昼チームもほとんど出てくるし、時間も長いし、なんたって炎が復活ですもんおおうブレイジングの感動再び♪
しかし、これ見るには抽選なのよね。。。昼と夜両方抽選できるのはうれしいけど、昼で当たっちゃったら夜はさりげなくハジかれるとか、そういうことはないのかしら??
思い起こせばブレイジングの時も、昼(タイトル忘れたけど、ミッキー王子の待つ舞踏会にミニーちゃんがみたいなお話だったかと)と夜の両方抽選した気がします。あれも両方当たった人っているのかな?
まあうちは「ショーよりアトラク派」なので、ここら辺はあまり予定に入れず、当たったら・・・という感じになりそう。
とはいえ久しぶりに戻ってきた、季節の抽選キャッスルショー。やっぱし1度は見たい気もしますけどね~♪

東京ディズニーシー・サマーオアシススプラッシュ

シーは「な~んだ去年と同じオアシスか」と若干ガッカリだったんですが(クールサービスDXの曲が好きだったんですよね)、今年はついにミニーちゃんが出ますね!チップとデールが始めたクールサービスも、思えばすっかり乗っ取られ・・・じゃなくてすっかり一大イベントにのし上がりましたね~

そしてプチ情報としては、アクアトピアが!「全コース」びしょぬれですって!
えっ全コース!?しかも水増量って言ってますけど!う~む空恐ろしいな。とりあえずカメラと携帯は濡らさないように注意しなきゃ(←以前びしょぬれコースで携帯壊した前科者

両パークほぼ共通情報としては、カキ氷・・・じゃなくてシェイブアイス情報も載ってますね。
これに関してはいっつもいっつも思うんですけど、どうして夏はフルーツ味ばっかしなのかしら??もっとコーヒー紅茶ココア系もさ~(唯一レモンティー味だけはあるけど)
何年か前のシーにあったシナモンコーヒーシェイブアイスとか、すっごくおいしかったのになあ。求む復活!

そしてパークに行くたびに必ず買うスーベニアカップ、今年はラムネ味。
ええ~~~ラムネ味~~~?もっとコーヒー紅茶ココア系もさ~~。でなきゃ杏仁豆腐とかココナツ系とかさ~~~。ラムネゼリーってな~んかあんまし食べたい気しないわ(と言いつつ買ってる予感も)
唯一「3色に光るコップ」ってのは面白そうだと思いました。てか5歳児Uは既に買う気

ショーのタイムスケジュールなどは今月中旬ごろ発表だそう。
時間が発表されると、また頭の中で1日の行動を考えたりして楽しくなるのよね(まだ行くかどうかもわからんのに
とりあえず個人的には、この公式HP見てるだけで1時間はニヤニヤと過ごせそうな夏ディズニー情報でした。

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

2012会津まつり速報

2012会津まつりのチラシが、こないだ配られました。
もうそんな時期か早いな~

IMGP1529_convert_20120606171029.jpg

今年は2日目が子供たちのパレード、最終日が藩公行列なんですね。
子供たちのパレード、去年KKも出られてよかったな~

今回白虎隊と、中野竹子&娘子隊に扮する当番校は、第二中学と若松商業。
改めて、今なら中高生の子達だったんだよなあと。

ところで今年も有料観覧席が設けられるようですね。
1人千円が高いか安いかは微妙~ですが、遠方から来て確実に見たい方や、ご老体がいるグループなどにはオススメかと。
我が家も去年利用しましたが、場所取りすることなく目の前で各種演舞を見れるのはよかったですよ~ 目線もバッチリくれるし。
(こちらは去年の会津まつりレポです。ご参考までに)

さてこのチラシ、裏にはこんな募集が↓

IMGP1534_convert_20120606171059.jpg

若松市内はもちろん、県内外から毎年多くの方が参加してくれてますね(去年は埼玉や東京などの人がいたような)
こういうのに目がないお祭り男女な方々は、ぜひぜひどうぞ
おそらく大河ドラマにも出てくるであろう、家老・田中土佐や神保内蔵之助などに扮するチャ~ンス!です。
ただし家老の場合は馬代として3万円いるそうですが

個人的に気になるのは「八重の桜」関連。
会津では現在かなりの盛り上がりなんですが(放映前なのに)、チラシではまっったく触れられてないのが期待を高めます
来るよね?来るよね??それともまさかの来年???
あ、でも来年なら来年でもいいな。そのかわり今年は「天地明察」の保科正之=松本幸四郎でひとつ

というわけで、今から9月が楽しみになった会津まつりチラシでした

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

夏ミラコスタの予約

この時期になると始めてしまうのが、夏ミラコスタの予約。
日程も本決まりじゃなく、どころか行くかどうかもまだ確定してないのですが、とりあえず行きそうな日周辺で押さえとこうと

で、5月半ばくらいからちょこちょこと、オンライン予約を眺めたり、予約センターに電話かけたりしてるのですが・・・

今年の夏ミラコは熱い!ような気がします

我が家はKKが小学生になって以来、行けるのは夏休みくらい。
なので、一昨年こそ秋の3連休でしたが、去年、一昨年の前年、さらにその前年と、だいたいこの時期に夏の予約を始めてる気がします。
が、例年に比べると、今年は明らかにミラコスタ予約が取りづらいような
経験では、だいたいこの時期ならいつかけても、トスカーナやヴェネツィアなら常に空きあり状態だったはずなのに、今年はランドホテルにあらゆるタイプの部屋が残っている日でもミラコはスイートのみ、みたいな。

もっとも去年は震災直後だったので、例年とは比べられないかもしれません。何しろパークで一番のお得意様である子供のパスポートを半額にしたり、タダ朝食つけたりするくらい集客に必死な、異常事態でしたもんね。

また一昨年の前年、さらにその前年なんかは、思い起こせばディズニーランドホテル開業。この1~2年はわりとそっちに流れたお客さんも多かったと思います。

それらの理由も今年は軽減し、さらにファンタズミックやトイストーリー・マニアなど、ミラコスタの利用価値を一層UPさせる新要素が加わったことも大きいのでしょうか、体感では今年は「ミラコスタ一人勝ち」状態ですね~
かくいう我が家も、今年のミラコ最大の目的は、トイマニFPを確実に取るためですこういう人はどれくらいいるんだろう?

とりあえず7月後半、8月前半、8月後半とヴェネを押さえてはあるのですが、狙いはやっぱしハーバービュー!
今年の夏ミラコは明らかに混んでいるものの、キャンセルが活発になるのはこれからですからね~ガンバルゾー

余談ですが、宿泊2~3ヶ月前っていうのは比較的キャンセル出にくい時期ですが(私もギリギリにならないとキャンセルしないのでよくわかる)、それでも土日月曜なんかは、若干キャンセルが拾いやすい(宿泊曜日じゃなくて、予約状況が動きやすい曜日という意味で)・・・ような気がします。
キャンセル料金かかるかかからないかという頃ならともかく、比較的日程まで間がある時は「キャンセルしやすい時=休日」にキャンセルする人が多いのかな?
もっとも「私はそんな気がする」というだけで、あまりアテになる法則じゃありませんが

ともあれキャンセルは基本「出る時はどんな時も出る(=出ない時はどんな時も出ない)」ので、お拾い仲間の皆様、お互い地道にがんばりましょうね

テーマ : 東京ディズニーリゾート - ジャンル : 旅行

新潟県の怖い話

こないだ用事があって新発田に行ったら、諏訪神社周辺や商店街に、こんなノボリがずら~りと。

2012053013590000.jpg

この人の名前を知ったのは子供の頃、その名も「新潟県の怖い話」という本によってでした 自衛隊祭りのところにも書いた「新発田連隊の幽霊」などの話が載ってた本です。
「与茂七さま」あるいは「義民・与茂七」。「義民」っていうだけでもう、「一揆の罪をかぶって処刑」とか「磔にされたベロ出しチョンマ」みたいな図が浮かびますが、これはほんとに怖い話でした おかげで個人的には、この名前を見るだけで「うっ」と、いまだにちょっと怖いくらい

新発田藩在住の名主・与茂七さまはとってもいい人で、普段から人々の信望厚く。
折りしも洪水で土手が崩れそうになった時、ご禁制を侵してまでなんとか堤防決壊を防ぎ、大勢を救ったので、ますます慕われたそう。

ところがそのために藩内のお偉いさんに妬まれ、なんと人助けしたっちゅーのに捕まって裁かれるという理不尽に。
しかもその時、余計なことを言わないようにだか拷問だか忘れましたが、歯を全部抜かれるという責め苦にイターーーーーイ!!!!イタタタタ

子供の頃「新潟県の怖い話」で読んだこのエピソードが、もうめっちゃ頭に残っちゃって。
私的には「与茂七=麻酔なしで歯を全部抜かれた人」です って与茂七さまが聞いたら憤慨しそうですが、これはヤだわ~~~~。めちゃめちゃリアルに怖いんですけど
結局そのまま処刑されてしまい、人助けしたのに理不尽にもほどがある目にあわされて人生終わってしまったという。
恨み骨髄で処刑された与茂七は、死後は当然のごとく(?)怨霊化!(と罪悪感に怯える側は受け止め)。
恐れおののいた藩は正式に冤罪を認め、鎮魂のために祀ったのが、現在諏訪神社にある五十志霊神社だそう。

う~むやっぱり、非業の死を遂げたら化けて出なきゃダメね さもないと冤罪も晴れないまま、あっという間に忘れ去られちゃうもん。

というわけで写真はその鎮魂祭のノボリです。
五十志霊神社は、諏訪神社の入り口付近にこじんまりとあります。「義民・与茂七」についての詳しい話も確か神社の立て札にあったかと。
境内には期間中、有志による灯篭がずらっと飾られます。灯篭には与茂七さまエピソードにまつわる色んな場面、もちろん歯を抜かれるシーンも描かれていてぞぞぞぞぞ
しかし現代になってもこうして偲び、お祭りする人たちがいるんですね~。
ちなみに舞台は、現在でいえば長岡市だそうです(なので与茂七さまも今で言えば長岡出身)。へ~新発田藩って大きかったのね

ところでこの話とは無関係なのですが、新発田からの帰り道、あの磐越道での死亡事故があって、会津坂下ICで降ろされてしまい。
で、初めて坂下から若松まで下道で行ったのですが(けっこう遠かった)、途中わりと大きい「安兵衛通り」との道路標識が。おおここら辺が堀部安兵衛の生誕地・会津バージョンの場所か!
もう1つの生誕地・新発田からの帰り道だったので、ますます印象に残りました。いつか機会があったらこちらも行ってみたいです。

テーマ : 新潟県 - ジャンル : 地域情報