スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然ってブキミ

日曜日、子供らにせがまれて、久しぶりの「恐竜公園」。
「恐竜公園」とは、瀬波温泉地域の一角にある、リアル恐竜の滑り台が目印の公園です。
公園からは海も見えて、ひろーい芝生や、プチ登山気分を味わえる遊歩道完備の森林、サンショウウオ目撃情報もある道玄池など、子連れなら半日は遊べるスポット。
もし暖かい日がありましたら、温泉ついでにぜひどうぞ♪(ちなみに、公園の道向かいは「瀬波ビューホテル」、この道をまっすぐ行くと「大観荘」や日帰り温泉「龍泉」などがあります)

とはいえ私はインドア派なもんで、公園では子供たちの動きについていくだけでも息切れ
疲れしらずの子供たちは「次は山に登ろう!」とか言い出し、道玄池近くの林道入り口へ。
も~うママ山登りとか嫌いなのよ~ 泥が靴につくしさ~虫いるしさ~

と、最初は文句ブーブー言いながら子供たちにくっついていきましたが、いやいや山ってなかなかどうしてグー
だーれもいないはずのところで、パキ・・・パキ・・・と音がしたり(←実は枯葉の落ちる音)、まるで「かぐや姫」みたいに、ある木のある一部分だけが陽に当たって輝いていたり(←周囲が鬱蒼としているからより神秘的)、なんだか異世界~って雰囲気。
そしてきわめつけは、木に巻きついたツルあれこれ!
遊歩道をふさぐように、上から下までツルがうねうね伸びていたり、もうほとんど木と同化していたり。巻きつき方も多種多様で、見てるとまるでツルに意志があるかのよう
なんかこう、ツルの方も巻きつかれる木の方も、か弱そうに見えて図太いというか、粘着質なたくましさというか、一言で言えばその「生命力」の現れに、ちょっと圧倒されました。ブキミ~って

2010111415040000.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 新潟県 - ジャンル : 地域情報

遠くて近い つかめない どんな色か わからない

と歌ったのは電気グルーヴでしたが。

こないだご近所の住宅街に虹が出ててびっくり。

あの虹の出ている家から窓の外を見ると、世界はオール虹色かしら~?ウットリ

って虹はそんなアヤシイ幻覚剤じゃないんだから

近くに行くと離れて見えるか、あるいは見えなくなっちゃうんでしょうかね~??

ハタから見れば虹の中にいるのにねみたいな。


IMG_6057[1]_convert_20101106142936

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。