ふくしまフェス・各地のお祭り編

さあパレード後編です!

「ディズニーの仲間たち」の後に現れたのは~?

IMGP1382_convert_20120527212449.jpg

「琉球国祭り太鼓」!
はるばる沖縄からの参加です!

IMGP1385_convert_20120527212532.jpg

「琉球国祭り太鼓」は、沖縄の伝統芸能エイサーをベースに、空手の型を取り入れた独自の振り付けと、ダイナミックなバチさばきで、沖縄を代表する創作太鼓集団です。1982年に沖縄市の泡瀬を中心とした若者たちによって結成されて以来、沖縄が大切にしてきた「迎恩」の心を打ち響かせてきました。

IMGP1386_convert_20120527213040.jpg

沖縄好きとしては居ながらにしてエイサー見れるだけでもうれしいのに、さらにコザ好きなもんで「泡瀬」と聞いただけで心ときめくものが
エイサーの本場ですからね~コザは

IMGP1388_convert_20120527213115.jpg

カッコいいバーランクーチームに続くは、大太鼓チーム。
けっこう重そうなのに、女の子がこれ打ちながら軽やかに動き回るのに驚き

IMGP1393_convert_20120527213157.jpg

迫力あります!!

IMGP1394_convert_20120527213220.jpg

一瞬も力を抜かないピタッと決まったパフォーマンスに加え、決して笑顔も忘れないサービス精神が素晴らしい
太鼓抱えたままルートを踊りとおしで休憩も取らず。すっごい疲れると思うんだけど
「見せる」ことに本気で徹してるチームですね~カッコイイ!

IMGP1396_convert_20120527213259.jpg

お次のチームは~?

IMGP1397_convert_20120527213348.jpg

山形県「花笠踊り」です!
山形は確か、福島県からの避難人口第1位の県。
このお祭りにも来てくれて、ほんとにありがたいです

IMGP1402_convert_20120527213426.jpg

農作業の作業風景を菅笠で表現した踊りが、花笠踊りの原点です。本日は各流派の踊りを取り混ぜて披露いたします。
とのこと。
見たことないので普通の盆踊り的なものを想像していたのですが、笠がクルクル回るせいか、けっこう派手で予想よりハードな踊りでした 言われてみれば確かに農作業っぽいです!
ありがとう山形県

IMGP1403_convert_20120527213445.jpg

次は個人的お待ちかね、長崎くんちの龍踊りです。
これ一度見てみたかったんですよね♪

IMGP1405_convert_20120527213529.jpg

「龍」と書いて「じゃ」と読むのか

IMGP1415_convert_20120527213628.jpg

うれしいなあ 思わず目頭が熱くなります(*^^*)
ところでNHK教育の「にほんごであそぼ」や、最近だとCMでもやってるあの歌、長崎のなんですってね
この車見るまで「でんでら龍ば」のとこ、長崎では龍を「リューバ」と呼ぶのかと思ってました。「ば」は助詞なのね

IMGP1416_convert_20120527213709.jpg

龍踊り(じゃおどり)は諏訪神社の秋の大祭おくんちで奉納され、400年の伝統を誇っています。国指定重要無形民族文化になっています。
とのことですが、えっそうなの!?私はまた中華街でやる中国のお祭りかと思ってました
てか実際に見たら、こんなにも中国なのかと驚くほど(だから異国情緒で好きなんですけどね
諏訪神社がらみなのか~。面白いなあ(確かに諏訪神社は蛇系ですよね)

IMGP1417_convert_20120527213747.jpg

服装から楽器まで、すべてが「異国~」って感じの中で、異国情緒・中国情緒を一層かきたてるのが、このラッパ↑
ピュオオ~~~ンって甲高い、切り裂くような。って伝わりますかね~?? これ聞くと個人的には一気に中華街が思い出され♪

IMGP1418_convert_20120527213823.jpg

それとバクチク!ドラが打ち鳴らされ、ラッパが響き渡り、そこにバクチクがパパパパンパパンとかぶさると、なんだか中国旅行気分

IMGP1419_convert_20120527213922.jpg

それら非日常的な音に包まれて、いよいよ竜がやってきました!
玉を追いがてら、観客サービスもしてくれます。
近くで見るとますますカッコいいわ~~

IMGP1421_convert_20120527214000.jpg

尾っぽの人が、ちゃんとグネグネと蛇(龍?)っぽく動かしてたりして、芸が細かい

IMGP1422_convert_20120527214038.jpg

威勢よくとぐろを巻き始める龍。
これがパパパン、ピュオオ~ンなんかの鳴り物の中で始まるともうね、見てるだけでテンションUP

IMGP1424_convert_20120527214112.jpg

さて次に来たのは、うってかわって日本情緒な「佐渡おけさ」です。

IMGP1429_convert_20120527214158.jpg

てか、しずしずと舞う佐渡おけさの後ろで、サンバのお姉さん方がピッピピカンカンと踊り狂ってる光景は、ありえなすぎて笑ってしまいました こんな対比の妙が楽しめるのも、全国のお祭りを結集したこのフェスならではでしょうね~

IMGP1432_convert_20120527214215.jpg

あまりの文化の違い、というかあちらの明るさに「どうせこっちは島流しだよ。冬は雪が横に吹いて日本海の荒波どっぱーんだよ」とか思わず僻んでしまいました(新潟出身者としてつい佐渡へのシンパシーが)
しかしいくら環境が気質を作るとはいえ、日本とブラジルでこれほどお祭りの性質が変わるとは、面白いもんですね~

IMGP1436_convert_20120527214320.jpg

というわけで、次は一転「浅草サンバカーニバル」です!

IMGP1438_convert_20120527214352.jpg

説明不要!ただただ見とれるばかり

IMGP1442_convert_20120527214419.jpg

どうしたら胸だけ成長できるのかしら?胸が重たくないかしら?
とかどうでもいいことを思うばかり

IMGP1445_convert_20120527214510.jpg

リオのカーニバルを目指す精鋭メンバーで構成される。メンバー全員渡伯経験を持ち、ブラジルでのカーニバルやショーへの出演経験も豊富。本場さながらの演奏・衣装・ダンスを華麗に再現。東京近郊を中心に活動中。
だそうです。すごいな~ほとんどプロじゃん!

IMGP1448_convert_20120527214533.jpg

浅草のサンバカーニバルも一度見てみたくなってくるな~これ見てると♪

IMGP1450_convert_20120527214554.jpg

皆さん沿道へも愛想良くて、ほんとに「ショーのプロだな」って感じでした。
てかこのお祭りに出たチーム、皆さんそうでしたけどね。

IMGP1453_convert_20120527214638.jpg

サンバに忘れちゃならないリズム隊。
別名・縁の下の力持ち

IMGP1454_convert_20120527214723.jpg

さてお次は、これまた新潟出身者の血がうずく・・・

IMGP1455_convert_20120527214820.jpg

「新潟下駄総踊り」です!

IMGP1456_convert_20120527214847.jpg

いわゆるよさこいですが、迫力ありますよ~~!
新発田祭りとかで見たんですが、その奇抜なナリと激しいダンスに度肝を抜かれ、一発で覚えちゃいました。
新潟県は新潟市から参加です。

IMGP1464_convert_20120527214907.jpg

なんかこう「バサラ」とか「傾き者」って感じなダンス。統一感よりパワーみたいな。髪もわざとボサボサにしてたり。
「郷人」が戊辰戦争・会津の上級藩士なら、こっちは信長や利家が若かった頃の戦国時代とか、あるい落ちおぼれた武士や町民って感じかな~?
う~んどっちも好きだな~

IMGP1466_convert_20120527215008.jpg

女の子たちもカワイイです
このファッションに惹かれてしまう・・・

IMGP1472_convert_20120527215254.jpg

そして新潟勢は続きます。
次はこれまた個人的お待ちかね・関川村の「大したもん蛇まつり」。

IMGP1474_convert_20120527215330.jpg

キターーーーー

IMGP1475_convert_20120527215401.jpg

「ギネス認定・世界一」です。名前がふざけてるにも関わらず
長さ82.8m。重さ2トン!

IMGP1481_convert_20120527215522.jpg

とぐろを巻く蛇。
毎年8月28日に行われる関川村での「大したもん蛇まつり」では、これがお祭り最大の盛り上がりにしてフィナーレです。
この日付は、昭和42年8月28日の羽越大水害から取ったものだそう。多くの犠牲を出したこの水害の記憶を次世代に引き継ぐため、村に伝わる「大里峠(おおりとうげ)」という大蛇伝説をテーマに、昭和63年から始まったとのことで、ギネス記録の「長さ82.8m」も、この日付に由来します。
この長さがどれくらいかというと、向こう↓が頭で・・・

IMGP1501_convert_20120527215926.jpg

しっぽはあっち↓です。すごい!カメラに入りきらない!
沿道からも「すごーーい!」の声しきりで
「「大したもん蛇」って知名度ないし。。。ここだけ盛り下がったらどうしよう。。。」
と始まる前ひそかにハラハラしていたのは、無用の心配でした

IMGP1491_convert_20120527215635.jpg

てか私自身が実は、村上市(関川村のお隣)にいた頃は最後のとぐろを巻いたところしか見たことなく、「確かにデカいけどさ。デカいだけじゃん」という印象だけだったという
ですがこうして間近で動いてるとこ見ると、それにしてもデカすぎでしょと今更のように。なんか、プロバスケ選手と思ってたら巨神兵来ちゃったみたいな
加えて予想外の荒々しさ!頭が右や左に移動すると、長い胴体が遠心力で振り回されて、ほとんどお神輿担ぎながら全力疾走してる状態に あやうく観客側に雪崩をうちそうになることも数度!
いや~こんなにパワフルなお祭りだったんですね~~ 会津で見れたことで誤解が打ち砕かれてよかったです

IMGP1500_convert_20120527215904.jpg

それまで関川村のお祭りは地区ごとにしかなかったそう。
そこで、何か村全体が参加するお祭りを、ということで作られたのがこの「大したもん蛇まつり」。
関川村の全54集落が、それぞれ54個の胴体を竹とワラで作り、それに頭をつけて、ギネス記録「大したもん蛇」ができあがりました。なので蛇の胴体を見ると、それぞれの集落名が書かれた札がついています。

IMGP1494_convert_20120527215728.jpg

当然のごとく休憩です いや~お疲れ様です。
皆さんとっても気さくで、沿道の人たちとも気軽に会話。
一人足りなくなっちゃった時は「一緒に担いでよ」なんて口々に呼びかけて、私たちも大笑い
み~んな「がんばろう!福島」と書いた鉢巻をしめての参加です。
陸上競技場で写真を撮らせてくれた「忠蔵さん(?)」も、パレード中ずっと「がんばろう福島!」を連呼してました。
関川村の全集落・54コによる胴体を全部組み立て、「がんばろう福島」の鉢巻を締めて、観光バス4台もの人数でわざわざ担ぎに来てくれたのか・・・このおっもい蛇を。福島に見せるために。・・・ヤバイまた目頭が(*^^*)

IMGP1502_convert_20120527220001.jpg

さて大蛇の次は竜です!
遠くに竜が控える中、厳かに先触れがやってまいりました。
「さいたま竜神まつり会」です。

IMGP1509_convert_20120527220209.jpg

さいたま竜神まつり会は岩槻黒奴を先頭に、彩乃宮太鼓、竜舞会、竜神おどり隊、淑徳大学による12mの4号竜、そして最後に50mの1号竜でパレードをします。
てことは、地元のお祭りだと2号や3号竜があるんだな。
今回来てくれたお祭りいずれも、ここでこれだけ迫力なら、地元で本物見たらもっとすごいんだろうな~と思わせるものばかり!

IMGP1505_convert_20120527220108.jpg

これは合併を機に創設されたお祭りだそうで。
だよね~。川口市民だった頃は「たたらまつり」は聞いたことあってもこれは知らなかったもん。てか「さいたま」じゃなくて「岩槻(市)」だったもん。人形の町ね。
(ついでにターミナルな大都会が大宮市で、県庁と浦和高校があるのが浦和市で、アルフィー高見沢さんの出身地が蕨市だったのよね

IMGP1506_convert_20120527220133.jpg

女の子たち(淑徳大学生??)が操る竜の後ろからは、太鼓と踊りが。
これが彩乃宮太鼓、竜舞会、竜神おどり隊かな?

IMGP1510_convert_20120527220236.jpg

なぜか女子率(しかも妙齢の)が高いです。
後ろのなにやら巨大な竜も着々と近づいてきてます。

IMGP1511_convert_20120527220300.jpg

そろそろ辺りは暗くなってきて、竜の体に灯がともりました。キレイ
あっ竜が鎌首(?)をもたげた!

IMGP1512_convert_20120527220328.jpg

天に昇ってく~~!!すごい!!

IMGP1514_convert_20120527220424.jpg

ああ~~~落ちちゃった
それともわざと落としてるのかな?
観客目線だと、ドデカ竜が自分の頭上に落ちてくる時は、上がる時にも増して大迫力で、沿道からはほとんど喜びの悲鳴が

IMGP1515_convert_20120527220537.jpg

こっちにもぶあっさ~~~~~!!
って顔が怖いよ竜
落ちた瞬間、ここぞとばかり竜に触ろうとする手が四方八方から!(もちろん私も

IMGP1516_convert_20120527220603.jpg

下の方では、こんな感じで竜を揚げてます。

IMGP1518_convert_20120527220623.jpg

天に向かう竜。
いやあこれもカッコいいお祭りですね~~~

IMGP1520_convert_20120527220710.jpg

カッコいい竜はまだ続きます!
福岡県・大牟田市の「大牟田「大蛇山」まつり」。
(あっ蛇だった てかこのフェスティバル見る限り、日本の蛇と竜は区別不能

IMGP1523_convert_20120527220731.jpg

これは昼間止まってるのを見た時から「カッコいいな~」と一目ぼれした山車。
蛇のデザインもさることながら、さらに気になったのは紹介文↓
160年の歴史を持つ大蛇山は、祇園のお祭りに伴う行事で、江戸時代に三池地方で始まりました。
そして大牟田の各地に広がりました。今回参加者と山車は歴史と伝統を持つ「おおむた祇園六山振興会」の代表たちが一つの山車を曳きます。炎を噴く大蛇をご覧下さい。

なんと!火を噴くとな!?!?そっそれはぜひ見なければ

IMGP1525_convert_20120527220751.jpg

うおっほんとだ!火が~!てか火花が~~!!
派手~~~~~~

IMGP1526_convert_20120527220835.jpg

上からも後ろからも、ドラゴンの口からも火花が!!(いやスネークか
こういう荒っぽいお祭りは、無条件に血が騒ぎます

IMGP1527_convert_20120527220857.jpg

最後はこれまたお待ちかねの弘前ねぷた!!
・・・なんですが、カメラの電池切れで、やっと1枚撮れただけ・・・
うお~~ん残念だ~~~!!すっごいカッコよかったのに~~~!!
(昼間停まってるのすらカッコよかったのに、それに灯がともされてぐるぐる動き始めるともう!!)

IMGP1528_convert_20120527220911.jpg

東北の1日も早い復興を心より祈り、同じ東北人の絆として、青森県弘前市より弘前ねぷた卍会として、ふくしまフェスティバルに出陣します。
勇気と笑顔という思いから、今回のねぷた絵は会津にふさわしい題材で、鏡絵が「白虎隊」、見送り絵は「勇婦」を描きました。どうぞ豪華絢爛な錦絵の、迫力ある鏡絵と哀愁漂う見送り絵をご覧下さい。何よりも、東北の復興へのエネルギーを感じ取っていただければ幸いに感じます。

わざわざこのお祭り用に、会津用に、ねぷたを用意してくださったんですね~
同日岩手で開催された「東北六魂祭」も、東北6県、心一つに盛り上がったでしょうか

それにしても、見慣れた118号をまばゆいねぷたが通り過ぎていく光景はほんとに不思議で、新鮮でした。
いいお祭りを見れてよかったな~♪
アーンド参加してくださった各県の方々に感謝です
スポンサーサイト

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

ふくしまフェス・ミッキー編

さあいよいよお待ちかねのパレードです!

が、待ちかねていたのはママだけで、パパはもちろん、KKも「友達と遊んでる」。
ミッキーに食いつくかと思ったUすら「19時からしむら動物園見たい」。ぜ~ったいお祭りの方がいいのに~と思うのは、ママがミーハーだからかしら?だって居ながらにしてこれだけのお祭りが見れるなんて機会、まずないわよ~~
と強く思いつつ、今回はママ一人で寂しく観覧です
17時開始なので、16時半ごろ着けばいいかな?
と、お堀端を神明通りに向かって歩いていくと

IMGP1301_convert_20120527204820.jpg

亀発見
いっつも車で通り過ぎてたから、亀がいるなんて気づかなかったな~

IMGP1303_convert_20120527204846.jpg

あちこちに「八重の桜」の旗があります

IMGP1305_convert_20120527204912.jpg

さてパレード開始地点に着いたあたりから、おおっ既にシートがいっぱい!
立ち見1列目は難なく確保ですが、会津まつりなどに比べるとシート率が格段に高いです。それらは圧倒的に家族連れで、子供たちは赤白水玉模様のお洋服だったり、シェリーメイがくっついてたり・・・
こっこれはまさしく、TDRのパレード待ちの光景!
午前中行ったパン屋さんで「夕方から通行止めよ~。ミッキーのパレードがあるから」という会話を小耳に挟んで「いや他にサンバもエイサーも龍も蛇もあるんだけど」と心の中で思ったのですが、ごめんなさいこの沿道を見る限り、これから始まるのは確かに「ミッキーのパレード」でした う~むディズニーおそるべし!

IMGP1310_convert_20120527205137.jpg

待ってる間、後ろを長崎の龍が通っていきました
見慣れた通りを、見慣れない異国の竜が通り過ぎていく眺めは不思議で、一瞬「ここはどこ?」的な感覚に。

IMGP1312_convert_20120527205238.jpg

これからそんなお祭りを続々と見れるんだ!楽しみだな~~~
と、ワクワク待ってると、やってきましたパレードの先頭が!

IMGP1313_convert_20120527205348.jpg

モーガン・スポーツカークラブ・ジャパンです。
すごいですね~これらの車、全部自己所有なのかしら!?

IMGP1315_convert_20120527205411.jpg

創立1972年。今年で40周年を迎えます。北海道から九州まで11支部で組織され、ツーリングやボランティア活動を行うジェントルマン・カークラブです。
とのことです。ジェントルマンって自分で言っちゃいますか

IMGP1318_convert_20120527205459.jpg

あっさっきステージで戦ってた、サムライなんとかが乗ってる~

IMGP1319_convert_20120527205533.jpg

ド派手なスポーツカーがここぞとばかり行進してくるのかと思ってたら、意外と博物館に陳列されてそうなクラシックカー(と素人目には見える)の行列でした。
威厳ありそうな車と、それに乗ってる人のサービス精神旺盛な姿が、差がありすぎて素晴らしい

IMGP1320_convert_20120527205614.jpg

このホスピタリティ、なるほどジェントルマンですね~
基本ミッキー目当ての子供たちも、これには大喜びでしたよ
ちなみに最後尾の運転手は、ゴリラでした

IMGP1326_convert_20120527205653.jpg

横断幕がやってきて、お祭り開始って感じ♪

IMGP1327_convert_20120527205735.jpg

そういえば以前「東北観光博」の広告が、東北向けローカル新聞各誌に、見開きで載ってたことがありました。
「皆様も観光博を作る一員です。難しいことはありません。観光客の人に何か聞かれたら、笑顔で答えたり、皆様が旅行に行ってうれしいと思ったことを、今度は皆様がお客様にすればいいだけです」
みたいな文章が載っていて、押し付けがましいなと思いつつも、うむうむそのとおりだとその気になっちゃったり
やっぱし、好きになって帰ってほしいですもんね、福島、東北のこと。
って言うほど私も福島・東北について知らないので、何か聞かれてもニヤニヤと笑みを浮かべるだけの怪しい奴になってるかもしれませんが、来てくれてうれしいな~とは心底思ってるので、観光客の皆様どうぞ安心しておいでください。ってか私も仙台とか一度行ってみたいな♪

IMGP1328_convert_20120527205804.jpg

次は会津のよさこい2団体。
最初は会津若松市のグループ「WIND」です。

IMGP1330_convert_20120527205923.jpg

・・・が、私たちが見ていた場所は、ちょうど休憩場所だったらしく
向こうの方でカッコいい踊りをしているな~と思ったら、こっちでは一斉にジュース飲み始めるわ汗ふきはじめるわ
ま、まあ踊る人はそれだけハードなんだなと目の当たりにできたのはよかったといえばよかったですが
しかしそのまま目の前を通過して、遠い方で再度踊りを始めたのは、ここで見ていた人たち一同「ええ~~~」でした。せ、せめて休憩した後ここから始めてくれればいいのに・・・

IMGP1332_convert_20120527210006.jpg

「もしかしてこの場所ハズレなんじゃな~い?」「ミッキーもここで休憩してったりして」「それヤダ~~~」
など周囲から聞こえる会話に強くうなづきつつ、次にやってきたのは、会津下郷町を拠点とする「郷人」です。

IMGP1334_convert_20120527210036.jpg

デザイン鮮やかな自前の車の上で、「♪会津~~だましい~~」ってなんとオリジナル・ナマ歌に乗せて踊ってました!
ちなみに会津のお祭りで「会津魂」の文字を見かけたら、たぶん高確率でこの人たちです

IMGP1335_convert_20120527210105.jpg

しかしこのチームも、私たちが見てるはるかかなたの地点で、踊り終了
奴隊も旗をしまいながら通過していって「ああやっぱり・・・」と皆でガッカリしていたら・・・

IMGP1337_convert_20120527210147.jpg

なんと、後に続くメンバーがぴしっと整列を!
(けっこう大人数のチームなので迫力

IMGP1341_convert_20120527210344.jpg

「観客の皆様に、礼!」「よろしくお願いしまっす!」
こ、これはもしかして・・・♪

IMGP1343_convert_20120527210543.jpg

お~~始まった~~~

IMGP1345_convert_20120527210608.jpg

カッコいい~~
この「郷人」のよさこいはご覧のとおり、ひょうきんな奴隊あり、イケメンの上級武士あり、可憐な娘子隊に白虎隊と、まさに「会津!」(ていうか「戊辰戦争!」
単なるよさこいとは一味違った「時代絵巻ショー」って感じです

IMGP1347_convert_20120527210704.jpg

何より目を奪われるのが、旗!

IMGP1349_convert_20120527210733.jpg

「郷人」「会津魂」と書いた旗がひるがえり。
この巨大旗(とそれを扱う人の動き)を見てるだけで「すげーーー」とワクワクします

IMGP1351_convert_20120527210812.jpg

時代絵巻のような着物が舞う中、これらの旗が堂々とひるがえり

IMGP1353_convert_20120527210916.jpg

やがて唐人凧(の旗)も両側から上がり
「おお~~会津だな~~」と口開けて見てると、やがてそれらのバックに「どうだ!」とばかり持ち上がるのは巨大な・・・

IMGP1356_convert_20120527211120.jpg

鶴ヶ城どーーん!!(あ~後ろからですごい残念
「郷人」、実は以前にも一度見たことあるんですが、いやもうこのシーンは鳥肌モノでした~ 個人的にはディズニーシーの「レジェンドオブミシカ」と双璧!ってくらい。
もし機会があったら、「郷人」オススメですよ~

IMGP1358_convert_20120527211205.jpg

お次は同じく会津、金山町の「大蛇退治」です。
奥会津の沼沢湖に伝わる大蛇伝説に基づいて、毎年8月の第1土日に開催の「沼沢湖水まつり」で大蛇退治を再現
とのこと。

IMGP1359_convert_20120527211227.jpg

金山町って、行ったことはないんですが、この町に沸いてるという天然炭酸水がおいしかった記憶が(なんでもモンドセレクション受賞だそう
で「なるほど水=竜神に縁の深い町なのかな~。そういや夏の豪雨災害もひどかったはず」とか思ったのですが、大蛇なら関係ないかな。でもこの蛇、どう見ても竜だけど。

IMGP1360_convert_20120527211335.jpg

ここで第一部終了、いったん休憩です。
次はいよいよ「ミッキーのパレード」です
ただでさえ長く感じる待ち時間、次はディズニーとのことでそりゃもう♪
やがて向こうのほうから手拍子と、そして係員さんの「皆さん拍手お願いしま~す」の声かけが。
うわ~来たよ来たよ!なんかエレクトリカルパレードの前みたい

IMGP1362_convert_20120527211409.jpg

やがて向こうの方から、ブラバンの音楽が聞こえてきて。
ザベリオ学園の中・高等学校吹奏楽部です。
沿道はもう、はるか向こうの方を身を乗り出してガン見
「あっチップとデール!!」という子供の叫びがちらほら聞こえてくる中・・・

IMGP1363_convert_20120527211457.jpg

ついに現れました着ぐるみがじゃなくてミッキーの仲間たちが

IMGP1365_convert_20120527211529.jpg

てっきりBIG5だけだと思ってたよ~~!
予想外にチップとデールを見れてうれし~

IMGP1366_convert_20120527211759.jpg

キャラの後ろからは、地元・会津のダンスチームが続きます。
この赤い服の人たちは、たぶんTDRのダンサーだろうな。

IMGP1369_convert_20120527211840.jpg

動きのキレや表情が、素人目にも一般ダンサーとは全く違うんですよね~

IMGP1371_convert_20120527211909.jpg

おっついにあの耳が見えてきました。
沿道はもうがぶり寄り状態で、なんかこう「ワクワクの塊」といった空気が充満!

IMGP1372_convert_20120527211948.jpg

キターーーーー

IMGP1373_convert_20120527212029.jpg

ほんとに来たーーーーー

IMGP1374_convert_20120527212055.jpg

グーフィーやプルートもいるよーー!!
(隠れてるけどドナルドも

IMGP1376_convert_20120527212126.jpg

こまめに左右を入れ替わり、後ろの方にも気配りを忘れず。
これだからディズニーはすごいといつも思っちゃうのよね

IMGP1378_convert_20120527212209.jpg

ウソみたい、本当に本物のミッキーたちが会津に来てるなんて。
この見慣れた118号を、ディズニーの仲間たちが吉野家バックにパレードしてるなんて。

IMGP1380_convert_20120527212311.jpg

いや~~なんか、ほんとにウソみたいな光景だったなあ(←衝撃のあまり壊れる日本語
ちなみにミッキー&子供たち(子供会の面々?)の後からは、こんな大型覆面ワゴンがしんがりを務めていました。
なるほどこれに乗って中の人が着替・・・(「中の人などいない!」@ディズニー))

IMGP1381_convert_20120527212342.jpg

はあ~~「ミッキーのパレード」、あっという間に終わっちゃった。
しかしながらパレードはまだまだ続きます
後半は、エイサー、サンバ、龍に龍に蛇に蛇と各地のお祭り盛りだくさん!(ってニョロニョロ系多すぎ
しかし長くなったので続きは次回へ!

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

ふくしまフェス・ステージ&屋台編

「全国の有名な伝統文化が会津に集結!!新たな地域文化創造フェスティバル!!」

とのキャッチコピーも力強い、第1回ふくしまフェスティバルin会津、行ってきました

IMGP1258_convert_20120527203050.jpg

昼間の会場は、鶴ヶ城横・陸上競技場。
夜のパレードが私的メインなので、こちらはざっと見で。
入り口に近づくと・・・おっ何やら見慣れないもんがいっぱい!

IMGP1259_convert_20120527203125.jpg

ねぶただ~~~~~~

IMGP1260_convert_20120527203149.jpg

ねぶたって見るの初めてなんですが、いや~カッコいいもんですね~
ところでねぶたって正式名称は「ねぷた」?

IMGP1262_convert_20120527203218.jpg

会場には弘前から参加のねぷた始め、夜のパレード出場チームが色々と!
こちらは福岡県・大牟田市の大蛇です。おおっこれもカッコいいな~~~

IMGP1264_convert_20120527203333.jpg

2つ並ぶとますますカッコいい!
ねぷたには、白虎隊の絵が描いてあります。
弘前のねぷたチーム、このお祭りのためにわざわざ作ってくださったんでしょうか・・・

IMGP1265_convert_20120527203403.jpg

ねぷたの横では、長崎くんちの人たちが練習中。
これも今夜のパレードが楽しみなお祭りの1つですが、初見の目には想像以上に中国テイストでした
「異国~~]」って感じがしていいですね

IMGP1270_convert_20120527203447.jpg

ステージでは、ご当地ヒーローが戦ってました。
名前なんだっけな?「サムライ」がついてた気が(写真は悪役ですが

IMGP1272_convert_20120527203525.jpg

全体的にゆる~い空気の中、ゆるさに拍車をかけるようにどーんと鎮座するのが「大したもん蛇」
いや名前こそダジャレですが「世界一長い蛇」ということで、ギネス認定です一応;
こちらは新潟県・関川村からの参加!
元・村上市民としては懐かし~~いお祭りです

IMGP1274_convert_20120527203632.jpg

このおじさんがまた気さくで、夜のパレードの時も大活躍でした
この長い蛇をかついで歩くだけでも相当な人数がいるので「関川から、観光バス4台で来たよ!」とのことでした
どれくらい長いかというと・・・

IMGP1279_convert_20120527203922.jpg

↑こんなです。画面に入りきりませんでした
って、すっかりベンチがわりになってる~ これは地元・関川村じゃ逆にお目にかかれない光景だわ。ホノボノ~
しかしこのフェスティバル、やたら龍だの蛇だのが多いのはなぜだろう?もしかして島国日本の伝承としては、龍や蛇の話がダントツ1位なのか?
という思いを補強するかのように、大したもん蛇の隣には、子供向けのふわふわドラゴンが。

IMGP1277_convert_20120527203810.jpg

と思ったら、これもれっきとしたパレード参加組でした
さいたま市・岩槻の「竜神まつり」だそう。
わ~~岩槻ってのも、川口育ちとしては懐かしい地名
けどこんなお祭りがあるなんて、知らなかったな~。このふわふわをどうするんだろ?

IMGP1285_convert_20120527204121.jpg

ステージでは、今回のお祭りのキャンペーンソング「ひとりじゃないの」が始まりました。
「石川ひとみさんです」のアナウンスに、帰りかけた私も思わず立ち止まり

IMGP1288_convert_20120527204209.jpg

と言っても、チャゲと歌ってた「夏夏夏夏ココ夏♪」しか知らないのですが;;
舞台の袖に控える佐渡おけさチームを横目に、次は売店へ

IMGP1289_convert_20120527204303.jpg

14時くらいだったのですが、売店は大盛況!!
前を歩いていた中高生とおぼしき男子たちが
「さっきの歌が耳に残って離れねーよー」
と言いつつ「♪ひっとりっじゃないってー」と歌ってました。
天地真理の歌が、平成の男子学生にも浸透力があるとは

IMGP1292_convert_20120527204407.jpg

売店は、会津ソース串カツも・・・

IMGP1295_convert_20120527204517.jpg

青春の味トミーフードも長蛇の列!

IMGP1299_convert_20120527204710.jpg

浪江焼きそばに至っては、既に売り切れ終了でした
すごいぞ浪江町!!人気あるのね~~~

IMGP1296_convert_20120527204551.jpg

こんなのも出てました

IMGP1297_convert_20120527204613.jpg

やっぱり会津名物か・・・そうか・・・(←笹団子にこだわる新潟出身者

IMGP1298_convert_20120527204636.jpg

どこも長蛇の列だった中、唯一空いていたここで、家へのお土産。

IMGP1293_convert_20120527204448.jpg

磐梯町の物なのかしらん??
ご飯の粒が残ってるようなお餅を、こんがり甘辛い味噌ダレで食べるという、ほんとに素朴な味でおいしかったです
焼きたてが特に最高!

IMGP1300_convert_20120527204737.jpg

さて、いっぺん家に戻ったら、いよいよパレードに繰り出しま~す

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報